2010年3月25日木曜日

Google 北京から香港へ

Googleは、北京から香港へ移管した。
 中国でのインターネット事業をめぐり、当局が要求する検閲にはこれ
以上従わない姿勢を示している米グーグルは、中国本土でのネット検索
サービスから撤退し、代わって同日から香港を拠点とする同社サイトで
検閲抜きの中国語版検索サービスを始めたと発表した。

Googleは政治を利用したようだ。
高収益を見込める中国から撤退せずに、検閲なしの検索サービスの提供を
するため、北京から香港にサーバー(?)を移管したようだ、
中国政府は、香港に対して一国二制度の方針により、言論・表現の規制、
統制、監視を行なわないことを明言しているので、完全合法化。
しかし、中国政府は、Google.comを接続禁止にしているらしいので、
将来Google.com.hkも接続禁止になるかもしれないとのこと。
中途半端なことをしていると米中両政府から、「政治化したグーグルは
いらない」と言われそう。こうもり状態が「邪悪」とも思う。

報道によれば、NYTimesは読めるし、アダルトサイトにもアクセスできる
とのこと。
中国政府のアクセス禁止方式は、ドメイン登録と言う単純な方法だと
思っていたが、フレーム単位でもできるらしい。htmlのソース解析で
キーワード探して、自動登録と言う手法のようだ。
Google.cnのITエンジニアは、中国にいながら、ソフトウェア検証の
ために、無検閲の情報を受取ることになると思うが、法令順守している
のか。


米グーグルが中国での検索サービスを香港経由に変更(10/03/23)テレビ朝日


Google China guardian.co.uk


---グーグル撤退の中国、ネット検閲にも抜け穴は存在---
2010年 03月 24日 12:52 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-14482920100324

 [北京 23日 ロイター] 世界最大のユーザー数を抱える中国本土のインターネット上では、ソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)「フェースブック」やミニブログ・サービス「ツィッター」、動画共有サイト「ユーチューブ」の閲覧は制限されているが、ニューヨーク・タイムズ紙を自由に読んだり、ポルノサイトを見ることもできる。
 米グーグルは(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート) は22日、中国語のネット検索サービスを香港を経由して行うとし、中国本土の検索事業からの事実上の撤退を発表した。中国政府が求めている自主検閲を回避するための措置だが、こうした報道を耳にすれば、外から中国を見ている人は、殺風景で退屈なネット生活を想像しがちだ。
 しかし、実際はかなり違う。
 中国のネット人口は世界最大の3億8400万人。そこでは、ゲームや有名人のゴシップサイト、ティーンエージャーたちのチャットルーム、学究的なフォーラム、違法なファイル共有サイトも利用されている。中国政府に批判的な英語報道や、当局が取り締まりを明言している性描写の露骨なポルノサイトも見ることができる。
 しかし、ツイッターやフェースブック、海外のブログサイトなどは、急速な情報共有につながり、政府が懸念する大規模な社会不安を引き起こしかねないため、アクセスが制限されている。また、1989年の天安門事件に関する話題や、非合法化された気功集団「法輪功」に関することも通常は閲覧できない。
 メディアやウェブサイトの編集者は、インターネットに関する政府の方針について感覚が敏感になっており、取り扱いの微妙な問題については、さらに一段と細かい指示が当局から出される。
 特定の話題をサイトのフロントページから削除したり、問題になりそうな記事のコメント機能を使えなくしたり、一部のニュースには当局の公式見解しか使わないよう指示が出る場合もある。
 また専門家の間には、中国当局が大人数を雇い、歩合制の手数料を払って政府寄りのコメントを投稿させているとの見方もある。
 しかし、こうした当局の取り組みは、ユーチューブでお気に入りの動画を探したり、公務員の汚職問題を検索しようとするネットユーザーの多くには、軽く受け流されているという側面もある。
 当局が取り締まるよりも早くブロガーが記事を投稿しようとするなど、ネット上では「いたちごっこ」が繰り返されている。意欲と経済力がある人であれば、有料の仮想プライベートネットワーク(VPN)を使って、検閲が及ばないインターネットの世界に出て行くことも可能だ。


---米グーグル、中国版サイト検閲停止-香港への自動転送開始(Update2)---
更新日時: 2010/03/23 11:06 JST
Editors: Nick Turner, Cesca Antonelli, Lisa Wolfson
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=aseexaNF_kJ4

 3月22日(ブルームバーグ):インターネット検索最大手の米グーグルは 22日、中国における検索結果の検閲停止の方針に沿って、中国本土版ウェブサイト「Google.cn」のユーザーを、検閲なしの香港版サイト「Google.com.hk」に自動転送する措置を開始したことを明らかにした。中国政府が阻止に動く可能性もある。
 香港は中国の検閲関連法の適用対象外となっている。中国国営新華社通信は、グーグルの措置は「完全に間違っている」と報じた。
 グーグルは、ユーザーを香港版サイトに自動転送することで、本土での存在感を維持しながら検閲関連法への対応方法を模索したい考え。中国政府はすでに同社の主要サイト「Google.com」へのアクセスを遮断しており、香港版も阻止する可能性が高いため、今回の措置の効力は短命に終わるかもしれないと、ブロードポイント・アムテック(サンフランシスコ)のアナリスト、ベン・シャクター氏は語る。
 グーグルは1月、中国版サイトの検索結果の検閲を取りやめる計画を発表。中国政府の対応次第では同国からの撤退も辞さない構えを示した。同社の中国従業員は約600人。

完全に合法的な措置
 グーグルは公式ブログで「中国政府は一連の協議で、自主検閲は法律上の義務であり交渉の余地はないとの姿勢を貫いてきた」と説明。「検閲なしの検索結果を Google.com.hkを通じて簡体中国語で提供するこの新たな措置は、われわれが直面する課題の理にかなった解決策だと信じている。完全に合法的な措置であり、中国の人々の情報アクセスは大いに増える」との考えを強調した。
 中国国務院新聞司によると、グーグルは中国版サイトの検閲を停止したことにより、同国参入時の政府との合意に反したという。新華社が報じた。
 米国家安全保障会議(NSC)のスポークスマン、マイク・ハマー氏は、オバマ政権は中国政府とグーグルが本土版サイトの運営継続に関して合意できなかったことに失望していると述べた。
 グーグルの22日株価終値は、前週末比2.50ドル安の557.50ドル。年初からの下落率は10%。


---グーグル、中国本土から香港に「撤退」 さらなる対立も---
2010.3.23 07:21
http://sankei.jp.msn.com/economy/it/100323/its1003230723000-n1.htm

 【ニューヨーク=松尾理也】中国でのインターネット事業をめぐり、当局が要求する検閲にはこれ以上従わない姿勢を示している米グーグルは22日、中国本土でのネット検索サービスから撤退し、代わって同日から香港を拠点とする同社サイトで検閲抜きの中国語版検索サービスを始めたと発表した。
 このところ厳しさを増している米中間の対立の火種のひとつにもなっているこの問題で、グーグルはいったん打ち出した言論の自由を重視する立場を貫きつつも、同社が当初警告していた全面撤退を回避し、巨大な中国市場に一定の足場を残しておく選択を行ったといえる。しかし、中国の国営通信社、新華社は早くも「グーグルは中国に事業参入する際に行った誓約を破った」と批判する中国のネット担当者のコメントを伝えており、今後米中間での駆け引きはさらに激化しそうだ。
 グーグルの発表によると、中国本土の検索サイト利用者は自動的に香港のサイトに転送され、検閲のないサービスを利用できる。22日から、転送先の香港のサイトには「中国のグーグル検索の新しい家にようこそ」とのメッセージが表示された。
 香港のグーグルサイトでは、中国当局が要求する検閲は行われないとされる。しかし一方で、中国本土からアクセスする大多数の利用者にとっては、自らが利用する接続業者の段階で検閲がかけられる。このため、無検閲のグーグル香港サイトを利用したとしても、結果的に検閲の網がかぶせられることになる。
 同社のドラモンド上級副社長は発表の中で、「検閲をめぐっては中国政府は極めてかたくなで、交渉の余地はまるでなかった」と指摘。香港を代替拠点とするグーグルの「賢明な解決策」(同副社長)を尊重するよう訴えたが、同時に「中国当局はいつなんどきでも、アクセスを遮断することができる」と、さらなる混乱の可能性にも触れた。


---中国メディアの論調、グーグルの「政治性」を批判---
2010.03.22 Web posted at: 16:13 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/business/CNN201003220010.html

香港(CNN) サイバー攻撃を理由に中国からの撤退を示唆している米ネット検索最大手グーグルに対し、中国国営メディアが批判的な論調を強めている。中国英字紙チャイナ・デーリーは3日間連続で、同社の「政治性」を非難する論説を掲載した。

20日付の同紙は「政治化したグーグルはいらない」と題した論説で、同社が「ビジネスの原則を捨て、完全に政治化した顔を世界に見せている」と批判した。

また21日付の紙面では、2008年の米大統領選で同社がオバマ氏を支持したことや、同社の元幹部らが政権入りしていることを理由に、米政府と同社の「深い関係」を指摘。同社が米外交政策の影響下にあるとの主張を展開した。

同紙はさらに22日、「郷に入っては郷に従え」に始まる論説を掲載。植民地時代に欧州国家をしのぐ権力を握った東インド会社の例を挙げ、「現代の外国企業は、進出先の国の法律や規制に従って行動することになっている」と力説した。

新華社通信も21日、「グーグルの政治化」に抗議する論説を出した。

グーグルは今年1月、自社を含む欧米企業20社余りが中国からのサイバー攻撃を受けたとして、中国当局が義務付けているサイト検閲を一時停止し、撤退の可能性を警告した。チャイナ・ビジネス・ニュースは先週、同社が22日に撤退計画を正式発表するとの見通しを伝えた。


---Google Uncensors China Search Engine---
By Ryan Singel March 22, 2010 4:05 pm
http://www.wired.com/epicenter/2010/03/google-uncensors-china-search-engine/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+wired%2Findex+(Wired%3A+Index+3+(Top+Stories+2))

Google made good Monday on its promise to stop filtering search results in China, and is redirecting all visitors to Google.cn to its unfiltered Chinese search engine in Hong Kong. But China is certain to get the last word by blocking Mainland users from reaching the Hong Kong servers or even more drastically, taking back control of the internet address Google has used there for four years.

Now a search on June 4, the day of the 1989 Tiananmen massacre, returns 226 million results. Formerly that search, and thousands of other terms like it, had limited results and a notification to users that search results had been hidden due to the rules of China’s Communist government.

Google shocked the business world on Jan. 12 when it publicly announced it was no longer willing to abide by its 2006 deal with the Chinese government after it was the target of hacker attacks the company attributed to China. Google went into China with hopes that censorship would lessen over time, but in 2009, China’s leadership instead increased demands on search companies and tried to mandate state-run filtering software on all PCs.

Google attempted to negotiate with the Chinese government, hoping to horse trade increased filtering of pornography and gambling sites for removal of political filters. But according to a blog post from Google vice president David Drummond, that was not acceptable.

Drummond wrote Monday:

Figuring out how to make good on our promise to stop censoring search on Google.cn has been hard. We want as many people in the world as possible to have access to our services, including users in mainland China, yet the Chinese government has been crystal clear throughout our discussions that self-censorship is a non-negotiable legal requirement. We believe this new approach of providing uncensored search in simplified Chinese from Google.com.hk is a sensible solution to the challenges we’ve faced-it’s entirely legal and will meaningfully increase access to information for people in China. We very much hope that the Chinese government respects our decision, though we are well aware that it could at any time block access to our services.

China, which controls the .cn top level domain, will likely respond by revoking Google’s .cn domain name. That would end the current redirect to the servers in Hong Kong at www.google.com.hk. China blocked YouTube last spring in response to videos of its crackdown in Tibet, and also blocks popular social networking services such as Facebook.

Though Hong Kong reunited with China in 1997, it retains a large measure of independence. The government could use its firewalls to block direct access to Google’s Hong Kong servers.

But Google’s decision to redirect to .hk rather than to .com puts the Chinese government in an interesting bind. Google hasn’t technically violated the rules by uncensoring results on .cn, so it would be very aggressive of the government to revoke the domain name.

The redirect puts the onus on the Chinese government to act - and it would be seen as banning Google. Moreover, in order to prevent uncensored results, China would have to block a Hong Kong-based service, which is politically harder since Hong Kong is technically part of China.

While many have applauded Google’s principled stance, even the staunchest opponents of the Chinese regime acknowledge that Google’s exit has drawbacks for the Chinese people, since its results were markedly less censored than rivals like Baidu.

Leslie Harris, the president of the Center for Democracy and Technology in Washington D.C., applauded Google’s commitment to “enable China’s people with unfiltered access to robust sources of information from all over the world.

“Whether the Chinese people will be able to take advantage of Google search now rests squarely with the Chinese government,” Harris said. “If China allows access to unfiltered search, it will be a substantial win for global internet freedom and for the Chinese people. If China blocks access, it will finally make clear to the Chinese people who is pulling the levers of censorship in the country.”

Google.cn had about 20 percent of the market in China, trailing Baidu. Revenue for China is estimated at around $500 million a year, a not insubstantial chunk of Google’s $20 billion annual revenue from ad sales. Google said it intends to keep its ad sales business, as well as a research arm, in China.

Initial shareholder response was muted: The announcement was made nearly 90 minutes before the stock market closed, and Google shares closed down less a fraction of one percent - $2.50 - on a marginally up day. In after-hours trading, they were down another $1.50.

The company also launched a censorship monitoring page that lets people see which Google services are available in China that day.

1 コメント:

ぴんくきらぶるー さんのコメント...

初めまして。
こんなことも起きてたんですね。
知りませんでした。
こちらの記事を私のブログに転載させていただきます。
私のブログ記事は下記になります。
           ↓
http://ameblo.jp/mirakurumiraidematane

お時間あります時にでも、ご訪問下さい。