2010年4月6日火曜日

モスクワ地下鉄自爆テロ犯判明か

モスクワ地下鉄自爆テロ犯が判明したようだ。
 3月29日に発生したモスクワ地下鉄の連続爆破テロで、ロシアのリベラル
紙、ノーバヤ・ガゼータは、ルビャンカ駅で自爆した女性について南部
ダゲスタン共和国の情報科学教師(28)だと報じた。女性の父親、ラスル・
マゴメドフさんが同紙に、容疑者とされる遺体の写真を娘だと認めた。

治安当局の発表
2ヶ所の地下鉄自爆テロの被害 死亡40人、負傷121人以上
ルビャンカ駅テロ実行犯
 ダゲスタン共和国情報科学教師Balakhany地域イスラム過激派妻(?)
  Maryam Sharilova(Maryam Magomedov?) 28才
両親に内緒でイスラム過激派と結婚(内縁?)し、2年前に弟(?)が武装
 グループに所属と告訴され拷問を受けていたとのこと
 姓が報道によって異なる。

パルククリトゥールイ駅テロ実行犯
 ダゲスタン共和国イスラム過激派ウマラト・マゴメドフ妻
  Dzhennet Abdurakhmanova 17才
 夫は、昨年末にロシア軍により戦死。

露マスメディアは、北コーカサスの「黒い未亡人」と呼ぶ。
「黒い未亡人」は、FSBの掃討作戦などで夫や肉親を失った女性が多いと
され、恨みを犯行に駆り立て、テロ犯の遺族には3000~5000ドルが与えら
れるという。組織に入ると自爆テロがいかに尊敬されるかを心に植え付ける
儀式があり、薬漬けするようだ。

北コーカサス地域のグルジア、アゼルバイシャン、アルメニアは、露より
独立したが、北コーカサス地域は独立していない。
武力的独立運動を続けるチェチェンと隣接するダゲスタンは、独立運動
とは別に、イスラム州設立に向けて、内戦状態とのこと。

イスラム過激派が、殉教者思想教育や薬漬けをしていることで、聖戦では
ないだろう。

自爆テロ犯が成人に達していないと海外であっても、氏名を出せないもの
なのだろうか。

ロシア 人権団体メンバー暗殺か


Moscow metro explosion - Female suicide bomber


Suicide bombers strike again in Russia ITN NEWS


Train derails in Dagestan, police suspect link to Moscow bombings RT


Hilary Clinton condemns Moscow attacks ITN NEWS


One of Moscow Subway Suicide Bombers Identified. She is Widow of Leader of Radical Islamists


Moscow Subway Suicide Bomber 17 Year Old Female


---【モスクワ地下鉄テロ】もうひとりの自爆犯は28歳女性教師 ロシア紙が報道---
2010.4.5 08:47
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100405/erp1004050850002-n1.htm

 【モスクワ=遠藤良介】3月29日に発生したモスクワ地下鉄の連続爆破テロで、ロシアのリベラル紙、ノーバヤ・ガゼータ(電子版)は4日、ルビャンカ駅で自爆した女性について南部ダゲスタン共和国の情報科学教師(28)だと報じた。女性の父親、ラスル・マゴメドフさんが同紙に、容疑者とされる遺体の写真を娘だと認めた。
 マゴメドフさんによれば、女性は2005年、数学と心理学を専攻してダゲスタン教育大を卒業。以後は地元の学校に勤めながら親元で暮らしていた。28日、共和国首都のマハチカラにある市場に母親と出かけてから行方が分からなくなったという。マゴメドフさんは「娘がなぜモスクワに行ったのか全く分からない」などと話している。
 治安当局の発表によると、いま一つの現場、パルククリトゥールイ駅での実行犯は、昨年12月のテロリスト掃討作戦で殺害された同共和国のイスラム過激派、ウマラト・マゴメドフ容疑者の妻(17)と断定されている。
 2件の地下鉄自爆テロでは計40人が死亡、80人以上が負傷した。

---Second 'Black Widow' Moscow metro bomber named as Maryam Magomedov---
April 5, 2010
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/europe/article7087762.ece

A 28-year-old computer science teacher has been identified by her family as the second of two female suicide bombers who killed dozens of people on the Moscow metro a week ago, a newspaper has reported.

Rasul Magomedov recognised his missing daughter Maryam after being shown photos of the remains of the unidentified suicide bomber, the novayagazeta.ru website said.

More than 50 people have been killed in suicide attacks in Russia over the past week, both in the Moscow metro by bombers Russian media have dubbed “black widows”, and in a town in the turbulent North Caucasus region of Dagestan.

Fears of a new bombing campaign against the Russian heartland increased after a double bomb attack on a railway line on Sunday which security forces said was linked to the earlier attacks.

“My wife and I immediately recognised our daughter Maryam. When my wife last saw our daughter she was wearing the same red scarf we saw in the pictures,” Mr Magomedov, a teacher from the village of Balakhany in Dagestan, told Novaya Gazeta.

Mr Magomedov said his daughter graduated with a degree in mathematics and psychology from the Dagestan Pedagogical University in 2005. She returned to her village, lived at home and taught computer science at a local school.

“I would really like the investigation to uncover the true picture of what happened. We cannot even suggest how Maryam could get to Moscow. Yes, she was religious. But she never expressed any radical beliefs,” he said.

Mr Magomedov said that his daughter had denied to him local security force allegations that she had links to insurgents in the region or had married a local separatist leader.

The family came under the scrutiny of the security forces two years ago, when a brother of Maryam was charged with belonging to an armed group and allegedly tortured in custody before most charges were dropped.

The first bomb, which Mr Magomedov believes was carried by his daughter, tore through a packed Moscow metro train just before 8am on Monday as it stood at Lubyanka station, close to the headquarters of the FSB security services. It killed at least 23 people.

A second bomb was detonated less than 40 minutes later in a train waiting at the Park Kultury metro station, killing at least 12 people. More than 70 people were taken to hospital after the two attacks.

“Maryam was a calm and self-confident person who always loved to learn. She co-authored three scientific works. No one ever noticed any extremist expression or inappropriate conduct by her,” a person close to her family was quoted by the newspaper as saying.

Photographs of a second young woman, obtained by Reuters from a law-enforcement official in Dagestan, showed her dressed in a black hijab and holding a grenade. Another photograph showed this other woman holding a pistol.

She was named on Friday as Dagestani-born Dzhennet Abdurakhmanova, the widow of 30-year-old Umalat Magomedov, a prominent insurgent killed by Russian forces on December 31, according to sources who did not want to be identified.

Alexander Bortnikov, Russia’s FSB security chief, blamed militant groups linked to the North Caucasus for the attacks but has given no further details on the investigation.

Islamist Chechen rebels claimed responsibility on Wednesday for the Moscow metro bombings and threatened further attacks against Russian cities.


---Report: 2nd Moscow suicide bomber was teacher---
By LYNN BERRY (AP) - 20100405
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5hpi7t1Fh0QS4w8EMaN65mDObRiOAD9ESF5HG1

MOSCOW - The second Moscow suicide bomber may have been a 28-year-old school teacher from the southern province of Dagestan, a Russian newspaper reported Sunday, quoting the woman's father as saying he recognized her in a photograph.

Rasul Magomedov told Novaya Gazeta that an acquaintance sent him a photograph of the subway suicide bomber that has been widely circulated on the Internet.

"My wife and I immediately recognized our daughter Maryam," the newspaper quotes him as saying. "The last time my wife saw our daughter she was wearing the same red scarf as in the photograph."

Magomedov said his daughter, Maryam Sharilova, disappeared the day before the March 29 bombings that shocked Moscow, though he has no idea how she got to the city from their home in southern Russia.

The attack by two female suicide bombers killed 40 rush-hour commuters and wounded at least 121.

One of the bombers has been identified as the 17-year-old widow of a slain Islamic militant, also from Dagestan, one of several predominantly Muslim provinces in the North Caucasus.

Investigators were still trying to identify the second bomber and track down the organizers of the attack, for which a Chechen militant leader has claimed responsibility.

No officials were available to comment on the Novaya Gazeta report late Sunday.

The newspaper Kommersant, the first to identify the teenage bomber and publish her photograph, reported Friday that the second bomber had been tentatively identified as a 20-year-old woman from Chechnya, the widow of another militant leader who had recently been killed by security forces.

Magomedov told Novaya Gazeta that security forces recently told him his daughter was the wife of an Islamic militant. But when he asked his daughter, she told him she would never marry without his consent.

His daughter was a school teacher like both of her parents in their hometown of Balakhani and lived at home, he told the newspaper.

"She was religious, but she never expressed any radical beliefs," Magomedov was quoted as saying.

The subway suicide bombings were the first such attacks in Moscow since 2004 and refocused attention on the Islamic insurgency that for years has been confined to the North Caucasus.

Dagestan was the site of two suicide bombings on Wednesday that killed 12 people, mostly police officers. Another explosion there Thursday killed two suspected militants.

On Sunday, two powerful explosions derailed a cargo train, but no one was injured.

Dagestan has been an epicenter of the almost daily violence that continues to rock the North Caucasus following two separatist wars in neighboring Chechnya. The militants are now seeking to create an Islamic state across the region.

Prime Minister Vladimir Putin has vowed to "drag out of the sewer" the organizers of the subway bombings, and Prime Minister Dmitry Medvedev promised "crueler" measures to crack down on terrorism.

Human rights groups accuse Russian security forces and police of fueling the insurgency through extrajudicial killings, abductions and abuses in the North Caucasus.
(This version CORRECTS name of village.)


---ソチ五輪 テロが影 近くにイスラム勢力本拠地---
2010年4月4日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010040402000059.html

 モスクワの地下鉄2駅で先月29日に起きた連続爆破テロが、2014年、ロシア南部ソチで開催される冬季五輪に暗い影を落としている。テロ実行犯とみられるイスラム武装勢力は北カフカスに本拠があり、ソチはその近隣地。治安面での不安があらためてクローズアップされたうえ、プーチン首相ばりに「強いリーダー」像をアピールするメドベージェフ大統領への懸念も出始めている。 (モスクワ・酒井和人)
 「ロシア人は自身の暮らしと肌で戦争を感じるだろう」。先月三十一日、イスラム武装勢力の司令官が犯行声明の中で、テロ拡大を予告した。
 声明の真偽はともかく注目されたのは、司令官が北カフカスで続くロシアの残虐行為を動機に挙げ、その首謀者としてプーチン首相を名指ししたことだ。
 ソチ五輪は大統領時代のプーチン首相が招致を先導し、開催を勝ち取った。コザク副首相(五輪専任)ら関連の主要ポストを側近で固め、五輪事業に投資する民間企業にも首相の口利きがあったとされる。
 プーチン首相は一二年の大統領選で返り咲き、再び国家元首として五輪本番を迎えるつもり、との見方がロシアでは根強い。
 それだけに、武装勢力にとって「プーチン五輪」はテロの格好の標的となり得る。社会評論家のカガリツキー氏は「今回のテロはソチもテロに狙われる可能性があることを広く印象づけた」と語る。
 ソチは〇八年八月にロシアと軍事衝突したグルジアとの国境に近く、軍事的緊張からも遠くはない。また、年間二百万人以上の観光客が訪れるリゾート地で、警備が難しい点も不安視される。
 〇七年の開催決定以降、既にソチやその近郊で少なくとも六件のテロ事件があり、ロシア連邦保安局(FSB)は、北カフカスのイスラム武装勢力との連携も指摘される国際テロ組織「アルカイダ」が関与した疑いがあるとみている。
 メドベージェフ大統領は今年一月、実業家のフロポニン氏を北カフカス連邦管区の大統領全権代表に任命。同地域の経済振興を打ち出したが、これはソチ五輪へ向け、政情安定化を図る“太陽政策”ともみられていた。
 しかし、今回のテロ事件後、大統領の発言で目立つのは「すべてのテロリストの首をはねる」など強硬姿勢ばかり。この先、北カフカスでの武力闘争が激化するのは確実で、経済振興という“アメ”がどれだけ効果を発揮できるのか心もとない。
 さらに、大統領が五輪事業自体で強権体質を発揮する可能性も指摘されている。
 大統領は先月二十六日、史上最低の成績だったバンクーバー五輪の責任を問い、五輪に関係する各競技連盟の半数以上でトップの更迭を言明。各連盟の会計調査も実施し、スポーツ界で自身の影響力を一気に拡大する構えをみせた。
 「更迭は大統領が国民の怒りにこたえると印象付けるため犠牲が必要だったからだ」。スポーツ評論家のボイツォフ氏が解説する。
 地下鉄テロが大統領の強権姿勢に拍車をかける事態も想像に難くない。ボイツォフ氏は「ロシアのスポーツ界に改革は必要だが、性急すぎるとかえって混乱や反発を招く。国民へのアピールよりも五輪事業の着実な進展を優先すべきだ」と話している。
<ソチ五輪> 旧ソ連時代を含めロシア初の冬季五輪。2007年の最終選考ではプーチン大統領(当時)が異例の英語演説までして平昌(韓国)などを破った。競技場など関連207施設のほか、空港、鉄道などの交通インフラ、火力発電所なども建設する一大プロジェクト。当初の総予算は約3300億ルーブル(約1兆700億円)。治安や自国競技力の強化などが課題。国連環境計画(UNEP)は強引な開発による自然破壊を警告している。


---ロシア初の高速列車に投石多発 モスクワ-ペテルブルクは危険?沿線住民に不満多く---
2010.4.3 21:01
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100403/erp1004032102001-n1.htm

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア国鉄が昨年12月、モスクワ-サンクトペテルブルク間で1日3往復の運行を始めたロシア初の高速列車「サプサン」(最高時速250キロ)に、石や氷片が投げつけられる被害が相次いでいる。2007年と09年には同じ路線の在来急行が爆弾テロに遭ってもおり、国内随一の大動脈に“危険路線”との烙印(らくいん)が押されかねない。
 報道によると、サプサンへの投石・投氷は警察が3月10日までに把握しただけで9件。犯行はテロリストでなく、高速列車の運行に不満を抱く沿線住民によるものとみられる。最大の問題は、サプサンの運行によって同じ線路を走るローカル列車の本数が減らされたことだ。沿線のトベリ州では「とても不便になり、仕事や学校にも行けない」(国営ロシア・テレビ)といった声が強い。
 サプサンが通過する駅のホームや踏切では危険な思いをする沿線住民も多い。高速列車を利用できる富裕層への反感も指摘されている。このほど器物損壊罪で起訴された無職の男(35)は「線路近くでサプサンの突風にあおられたことがある」と供述。1月には、酔って「復讐(ふくしゅう)」のために氷片を投げ、列車の窓ガラスを割ったという。
 サプサンは「はやぶさ」の意。ドイツ・シーメンス社製で、モスクワ-サンクトペテルブルクを最速3時間45分で結ぶ。今後は増発や他路線への投入も予定されており、露国鉄には安全対策が求められている。


---【モスクワ地下鉄テロ】自爆犯は17歳の少女 夫殺害の報復か---
2010.4.2 23:36
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100402/erp1004022337006-n1.htm

 2日付のロシア有力紙コメルサントは、ロシア治安当局が、先月29日に起きたモスクワ地下鉄連続爆破テロの実行犯の1人を南部ダゲスタン共和国の17歳の少女とほぼ特定したと報じた。
 同紙によると、少女はダゲスタンを拠点とするイスラム武装勢力メンバーで昨年12月に治安当局に殺害されたウマラト・マゴメドフ容疑者の妻。ロシア連邦検察捜査委員会は、ダゲスタン警察当局から自爆犯の遺体特定のための資料提供を受け、この少女が連邦保安局に近い地下鉄ルビャンカ駅での自爆テロを実行したとほぼ特定した。夫を殺害された報復の可能性があるという。
 またパルククリトゥールイ駅で自爆したもう1人の実行犯は、昨年10月に殺害されたチェチェン共和国の武装勢力メンバーの妻(20)である可能性が高いという。
 インタファクスによると、司法当局筋はテロの共犯者らが借り、部品を持ち込んで爆発物を組み立てたモスクワ中心部のアパートを突き止めたと説明。自爆犯の少女ともう1人の女に男2人がそれぞれ付き添い、遠隔操作で爆破を行ったと述べた。
 当局はルビャンカ駅での最初の自爆犯についても身元の特定作業を進めている。インタファクスによると、司法当局筋はテロの共犯者らが借り、部品を持ち込んで爆発物を組み立てたモスクワ中心部のアパートを突き止めたと説明。自爆犯の少女ともう1人の女に男2人がそれぞれ付き添い、遠隔操作で爆破を行ったと述べた。
 当局はルビャンカ駅での最初の自爆犯についても身元の特定作業を進めている。(共同)


---ロシアテロ 武装勢力の関与確認---
2010年4月2日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010040202000065.html

 【モスクワ=酒井和人】モスクワの地下鉄爆破テロやロシア南部ダゲスタン共和国で三月三十一日に起きた連続自爆テロで、ロシア連邦保安局(FSB)のボルトニコフ長官は一日、北カフカスのイスラム武装勢力とみられるグループが関与したことを確認し、関係する数人を拘束したと明らかにした。
 ダゲスタンの首都マハチカラで開かれた北カフカスの安全保障に関する緊急会合で、同長官がメドベージェフ大統領に報告した。大統領は「われわれは名の知れたテロリストの首をはねてきたが、まだ足りない。全員を処罰する」と話した。地下鉄爆破テロではチェチェン独立派武装勢力のドク・ウマロフ司令官が犯行声明を出しているが、会合では触れられなかった。
 一方、ロシアのプーチン首相を支持する民族派青年組織「ナーシ(友軍)」のメンバーら約三千人が三十一日、モスクワ中心部で集会を開き、テロとの戦いへの国民糾合などを訴えた。政権の意向により、北カフカスでの武装勢力への弾圧強化に向けた世論形成を図ったとみられる。
 またロシア内務省によると、ダゲスタン東部で三十一日深夜、乗用車が爆発し、乗っていた二人が死亡、一人が重傷を負った。積んでいた爆発物が誤爆した可能性がある。
 一部のロシア紙は一日、治安当局筋などの話として、複数の自爆テロリストが依然モスクワに潜伏しているとの見方を伝えた。


---【モスクワ地下鉄テロ】さらなるテロ警告 犯行声明のイスラム過激派---
2010.4.1 21:10
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100401/erp1004012111011-n1.htm

 【モスクワ=遠藤良介】モスクワの地下鉄で39人が死亡した連続自爆テロをめぐり、チェチェン独立派のインターネットサイト「カフカス・センター」は1日までに、イスラム過激派のドク・ウマロフ容疑者(45)が犯行を命じたと認めるビデオ声明を掲載した。声明は地下鉄爆破を「ロシア人占領者による虐殺への報復」とし、さらなるテロを警告している。
 ウマロフ容疑者はチェチェン独立派の武装勢力出身。2007年以降は「カフカス首長国」を名乗るイスラム過激派グループを率い、ロシア南部から中東にいたる“イスラム帝国”の建設を目指しているとされる。声明の内容が事実とすれば、テロの構図が2度のチェチェン独立紛争のころから変質し、露政権がそれに対応できていない現実を改めて裏付ける形となる。
 声明でウマロフ容疑者は、ロシア南部イングーシ共和国で2月、連邦保安局(FSB)の作戦行動によって貧しい住民が多数殺害されたと主張。「FSBという名のギャング」を送り込むロシア人は「テレビの前でカフカス地方の戦争を眺めていることはできなくなる」などと述べた。
 政権は昨年4月、チェチェン共和国の「対テロ作戦地域」指定を解除し、独立派武装勢力の掃討終了を宣言したばかり。ウマロフ容疑者はロシアでの多数のテロの首謀者とみられており、昨年11月に起きたモスクワ-サンクトペテルブルク間の急行列車爆破事件でも犯行声明を出している。
 モスクワの地下鉄連続テロは3月29日に発生。捜査当局は北カフカス出身の女2人による自爆テロと断定し、共犯の行方を追っている。ロシアでは31日、南部のダゲスタン共和国でも連続自爆テロがあり、12人が死亡した。


---【モスクワ地下鉄テロ】再び忍び寄る「黒い未亡人」---
2010.3.30 20:47
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100330/erp1003302049006-n1.htm

 【モスクワ=佐藤貴生】モスクワの地下鉄駅で29日に起きた連続爆破テロで、ロシアの治安当局は南部・北カフカス地方とつながりがある女2人の自爆テロと断定した。「黒い未亡人」とも呼ばれる北カフカスの女のテロ犯は2000年代前半、イスラム過激派に加わりモスクワなどで多くのテロを実行した。自爆テロの「予備軍」はさらに20人以上いるとの情報もある。
 今回のテロによる死者は39人、負傷者は70人以上に上った。メドベージェフ大統領は29日夜、現場のルビャンカ駅を訪れ犠牲者に弔意を示し、「犯人を必ず見つけ出して殲滅(せんめつ)する」と述べた。モスクワ市は30日を服喪の日とした。
 当局の調べなどによると、実行犯の女2人は18~25歳ぐらい。黒ずくめで、肩からバッグを下げ爆発物は手元に隠し持っていた。同時に地下鉄駅に向かい、時間をずらして別々の地下鉄に乗車したようだ。
 2人には男女3人が同行していたが、警官に制止されるなど不測の事態に備え、携帯電話などで確実に起爆させる「見届け役」とみられる。北カフカスのテロ組織の常套(じようとう)手段という。
 「黒い未亡人」は、連邦保安局(FSB)の掃討作戦などで夫や肉親を失った女性が多いとされる。連邦政府に対する恨みが犯行に駆り立てる一方、寡婦への社会的支援が不十分なことも一因との見方もある。
 30日付の露ガゼータ紙によると、実行犯に選ばれた女はテロの1、2日前に現場の街に到着し、支援者が借りた部屋に入る。支援者は爆発物を作り、テロ実行直後には北カフカスに舞い戻る。1回の予算は1万ドル以下で、テロ犯の遺族には3000~5000ドルが与えられるという。組織に入ると自爆テロがいかに尊敬されるかを心に植え付ける儀式があるほか、翻意しないよう麻薬や精神安定剤なども与えられる。
 一方、露紙コメルサントは30日付で、3月上旬に北カフカス・イングーシ共和国でFSBに殺害されたイスラム武装勢力の有力司令官、ティホミロフ容疑者が30人の自爆テロ候補者を北カフカスでリクルートしていたと伝えた。性別は不明だが、同容疑者は全員をトルコのマドラサ(イスラム神学校)に送り思想教育し、帰国させた。うち9人が要人襲撃などで自爆、すでに死亡したという。当局者は残る全員がモスクワに送られた可能性もあるとしている。


---【モスクワ地下鉄テロ】浸透する過激イスラム思想 「テロの時代」暗示---
2010.3.29 20:07
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100329/erp1003292009005-n1.htm

 【モスクワ=佐藤貴生】モスクワの地下鉄駅2カ所で起きた連続爆破テロは、プーチン前大統領期の2000年代前半にロシアで吹き荒れた「テロの時代」をまざまざと思い起こさせた。捜査当局は同国南部・北カフカス地方のイスラム過激思想を持つ武装勢力が、ロシアによる相次ぐ掃討作戦を受け首都での報復テロに出たとの見方を強めている。
 今回のテロは、昨年11月下旬、モスクワ-サンクトペテルブルク間を走行中の旅客列車「ネフスキー急行」が狙われ、120人が死傷したテロ以来の大規模なものとなった。連邦保安局(FSB)はこの事件を受け3月、北カフカス地方で相次いで掃討作戦を実施し、チェチェン共和国に隣接するイングーシ共和国では重要人物としてマークしていたティホミロフ容疑者を殺害したと発表した。
 同容疑者は海外のマドラサ(イスラム神学校)で学んだ経歴があり、過激なイスラム思想に基づきテロ組織を主導していたといわれ、イングーシ共和国大統領が昨年6月、襲撃され一時、重体に陥った事件など、数々の事件に関与していたとされる。
 今回のテロにイスラム過激派が関与していたとすれば、北カフカス地方一帯に拡大するテロ集団は、なおも十分な資金力や組織力を維持していたことを裏付けるものとなる。現場の一つとなったルビャンカは、ソ連を牛耳った巨大情報機関、国家保安委員会(KGB)と、その後継組織であるFSBの本拠として知られており、連邦政府に敵対する組織の“挑戦状”とも解釈できる。
 1999年にモスクワなどで起こった連続アパート爆破事件を機に、連邦軍は当時のプーチン首相の陣頭指揮で南部チェチェン共和国に侵攻した(第2次チェチェン紛争)。以来、モスクワの劇場占拠事件(2002年)やモスクワの地下鉄爆破テロ(04年)、南部北オセチアの学校占拠事件(同)などが頻発した。
 事態の収束を目指す連邦政府はチェチェン共和国に親ロシアのカディロフ政権を樹立。同時に北カフカス地方一帯の各共和国に巨額の連邦予算を投入した。この結果、チェチェンは昨年4月に約10年ぶりに「対テロ作戦地域」から除外された。
 しかし、こうした懐柔政策は裏目に出た可能性が強い。モスクワから注ぎ込まれた金の大半は地方の役人のわいろに消え、北カフカス地方では、実質的な失業率が5割に達する地域もあるとされる。連邦政府は1月、南部連邦管区から北カフカス地方を分離し、副首相兼大統領全権代表を新たに置いたばかりだった。
 武装勢力は「北カフカス地方一帯のイスラム国家建設」を目的にテロを展開しているとされ、連邦政府との戦いを「もはや内戦状態」とみる評論家も出ている。貧困や汚職の蔓延(まんえん)を背景に、拝金主義や華美な生活を忌み嫌う過激なイスラム思想が浸透している実態は、ロシアが再び「テロの時代」を迎えたことを暗示しているようにもみえる。


---モスクワ地下鉄で連続爆発 37人以上死亡、自爆テロか 旧KGB本部近く---
2010.3.29 14:29
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100329/erp1003291334001-n1.htm

 タス通信によると、ロシアの首都モスクワ中心部の地下鉄ルビャンカ駅の地下鉄車両で29日朝に爆発があった。ロシア非常事態省の報道官は計25人が死亡したと述べた。インタファクス通信によると、ロシア治安当局者は中心部のパルククリトゥールイ駅でも爆発があり、12~15人が死亡したと述べた。原因などは不明だが、同時テロの可能性もある。
 インタファクス通信は治安当局者の話として、自爆テロの可能性があると伝えた。在モスクワ日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は今のところない。
 現場はクレムリンに近いモスクワの中心部で、地下鉄構内は朝の通勤ラッシュで混雑していたとみられる。ルビャンカ駅は旧ソ連国家保安委員会(KGB)本部近くにあり、同本部は現在、連邦保安局(FSB)本部として使用されている。(共同)

0 コメント: