2010年4月17日土曜日

核と普天間、両方ともパー

核と普天間の両方ともパーになった。
 世界47か国の首脳級が参加した「核安全サミット」は、「核テロ」阻止
のため、核物質の安全を「4年以内に徹底させる」ことをうたう共同声明と、
そのための具体的作業内容を示す「作業計画」を採択して閉幕した。
◆共同声明の骨子◆
▽核テロは国際的な安全保障に対する最も重大な脅威の一つ
▽4年以内に、管理の不備な核物質の防護を徹底
▽ 高濃縮ウランの使用最小化を促進
▽国際原子力機関(IAEA)が果たす役割の重要性を再確認
▽核物質の違法取引阻止に向けた協力が必要
▽ 核の平和利用に関する各国の権利を確認
▽次回核安全サミットを2012年に韓国で開催

核セキュリティサミットでは、冷戦時代の工作員による核攻撃の手法が
いくつか紹介された。また、アルカイダは90年代から核兵器を探して
いたとのこと。アルカイダは核兵器使用を公表しているが、実際には
まだ製造することはできないとしている。

ワシントンポストの"loopy Hatoyama"が話題だが、loopyは口語体で言えば、
パーが意味は近いと思う。
ワシントンポストは、民主党支持派で大統領選挙でオバマを支援していたし、
米政府からは、反米と見られているようだから、日本叩きではなく、鳩山
叩きと言ったところだろう。文面からは、悪い軽口の分野のようだ。

核安全サミットを利用して、普天間交渉を計画し、両方ともパー(計画失敗)。
「恵まれた家庭に育ってので、嘘をつくのは当たり前」と振舞っていたが、
米国で生まれ、「恵まれた家庭に育った」者はうそをすぐに見破った。

米軍系新聞で、徳之島市長がオバマに嘆願書提出予定と記事がせいぜい。
オバマを利用した小浜市や小浜温泉は、在日米軍基地のことを何もアピール
しないけど、やっぱり、自分が一番大事なんだろう。

「国民の生活第一」の国民は誰か。
サービス後退、増税へ「日本をチェンジ」しても反感が増すだけだ。
政権末期とつくづく思う。

眠チュ~党
話題にならないオバマの暗闇


US nuclear summit: China agrees to increase pressure on Iran France 24


民主党が斬る!ニッポンの今


民主党が斬る!「日本をチェンジ!」篇


【自民党ネットCM】ラーメン篇


イー・モバイルにCHANGE!


---鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」---
2010.4.16 15:04
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100416/plc1004161506008-n1.htm

 鳩山由紀夫首相は16日、国会内で自らの後援者らと懇談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「普天間なんてみなさん知らなかったでしょう。それ(普天間問題)が国民の一番の関心事になること自体が、何かメディアがいろいろと動きすぎているなと思っている」と述べた。
 普天間問題で、首相自ら5月末までの「決着」を繰り返し明言しながら混迷を続けている要因は、マスコミの報道にあると言いたかったようだが、普天間問題が国民の関心を集めることを疑問視する姿勢は批判も呼びそうだ。
 首相は「『どうせ鳩山なんだから、できないだろう』とメディアが書いているが、心配なさらないで結構です」とも述べた。


---「一国の首相に失礼だ」 藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感---
2010.4.16 08:40
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100416/plc1004160843004-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】藤崎一郎駐米大使は15日の記者会見で、核安全保障サミットに出席した鳩山由紀夫首相に関し、米紙ワシントン・ポストが14日付のコラムで「首相が最大の敗者」などと報じたことについて、「一国の首相に対して失礼だ」と不快感を示した。
 藤崎大使は「記事はコラムであり、ポスト紙の考え方を反映しているとは思わない」としながらも、同紙に対して抗議するのではなく、日本の立場を説明する機会を設けるかどうか検討する考えを示した。
 記事は風刺調のコラムとして掲載された。この中で鳩山首相を「不運で愚かな日本の首相」と紹介。米軍普天間飛行場の移設問題で首相のことを「まったくあてにならない」とこきおろし、「あなたは同盟国の首相ではなかったか。首相を相手にしたのは中国の胡錦濤国家主席だけだ」と皮肉った。


---在日米軍再編:普天間移設 5月末決着は米と地元の合意必要 首相決意…周辺は予防線
毎日新聞 2010年4月16日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20100416ddm002010050000c.html

<分析>
◇連立内から「5月末無理」
 鳩山由紀夫首相は15日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で「5月末決着」について、(1)米国(2)地元(3)連立--の合意が必要と指摘、重ねて決意を示した。しかし野党はオバマ大統領との「10分間」の会談を経た米側の反応が厳しいなどと追及。連立を組む社民党からも「このままでは5月末決着は無理」との指摘が公然とあがった。平野博文官房長官は火消しに努めたが後手に回った感は否めず「首相責任論」が現実味を帯び始めた。【上野央絵】
 「オバマ米大統領は、鳩山さんと会談するのは本当に嫌だ、顔も見たくないというような表現までしたそうだ」。町村信孝元外相は15日、自民党町村派の総会あいさつで自ら得た米側関係者の情報として明かした。
 鳩山首相とオバマ大統領が米ワシントンで12日(日本時間13日)行った非公式会談を巡り、米側から厳しい反応が示されたとの観測が出ている。外相経験者は「米国は今回の会談でいらだちを一層強めている」と指摘。日米両首脳の会談を受けて岡田克也外相とルース駐日米大使は14日夜、電話で協議したが、実務者協議には入らず、岡田、ルース両氏間での協議継続を確認するにとどまった。
 「野党はこの問題を最大限に利用してくる。今政府が検討している内容では無理だ。『5月末』といってもできない。発想を転換しないと」。社民党の重野安正幹事長は15日、首相官邸で滝野欣弥官房副長官に訴えた。その上で「我々の提案の方向で検討する方が費やすエネルギーは小さい」として、米領グアムや米自治領北マリアナ連邦テニアン島への移設を求めた。鳩山首相も同日、国会内で社民党の照屋寛徳国対委員長から直接提案を受け取った。
 一向に政府・与党内で「決着」に向けて方向性が集約されない現状に、平野氏は15日の記者会見で「5月末までにすべてのことが納得、理解してとはなかなか運んでいかない」「書面ができないと理解、合意でないというのは本質論でない」などと予防線を張った。
 しかし首相は同日夜、首相官邸で記者団に「米国と沖縄だけでなく国民も『この方向でいこう』と理解を示すことが前提。連立としても合意が必要で、3点が満たされれば決着だ」と説明。「最前線の官房長官だから、もう少し穏やかなものを考えておられるかもしれないが、私としてはそれが必要だと思っている」と述べ、自らハードルを上げた。
 自民党の谷垣禎一総裁は15日の記者会見で「5月決着は絶望的だ」と指摘。決着できなかった場合には「当然退陣されるべきだ」と語った。


---5月末「決着」の意味は3者合意---
2010/04/16 00:58
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4405421.html

 依然、行方の見えない沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題ですが、鳩山総理は自らが明言する「5月末までの決着」の意味は、アメリカ・沖縄・連立与党の3者の合意だと改めて強調しました。
 「決着というのはアメリカ、沖縄だけではありません。国民の皆さんもこの方向でいこうと理解を示すことが前提。その前提としては連立内閣ですから連立としても合意が必要」(鳩山首相)
 鳩山総理はこのように述べ、「アメリカ」と「地元沖縄」、「連立与党」の3者の合意を得る考えを重ねて表明しました。
 また、ワシントンで行われた日米首脳の非公式会談で、オバマ大統領が普天間基地の移設問題について、「きちんと責任をとれるのか」と発言したという一部報道について、鳩山総理は「そんな話は一切ない」と否定しています。


---報道は「事実誤認」=鳩山首相---
2010/04/16-00:36
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041600013

 鳩山由紀夫首相は15日夜、オバマ米大統領が先のワシントンでの非公式会談の際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の5月決着に疑問を呈したことについて「(報道は)全く事実誤認の記事だ。『進展がない』とか『5月末までに厳しく決着を求めた』とか、そんな話は一切ない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相はこの後、首相公邸で民主党の参院予算委員会メンバーと懇談し、「全く事実と異なる報道がされているが、オバマ大統領からはマスコミに書かれているような反応は一言もなかった。安心してほしい」などと説明した。


---Nuclear Fear of Cold War Now Applies to Terrorists---
By SCOTT SHANE
Published: April 15, 2010
http://www.nytimes.com/2010/04/16/world/16memo.html

WASHINGTON - The top secret National Intelligence Estimate did not mince words. The United States faced an enemy with “no scruples about employing any weapon or tactic,” it said, and nuclear weapons smuggled across porous borders threatened to devastate American cities. Sleeper cells, the document warned, might already be inside the country.

Or so the Central Intelligence Agency told President Harry S. Truman. The year was 1951.

It has become conventional wisdom, repeated by President Obama at the nuclear summit meeting this week, that the cold war danger of huge strikes by thousands of nuclear missiles has given way to a new threat: terrorists killing tens of thousands of Americans with a stolen or homemade nuclear device. A broad range of security experts agree that nuclear terrorism may well be the most serious danger the United States faces today.

But it is not new. In fact, almost from the invention of the atomic bomb, government officials were alarmed by the threat that compact nukes would be smuggled into the United States by Soviet agents and detonated.

“Officials regard the possibility of atomic sabotage as the gravest threat of subversion that this country, with its virtually unpatrolled borders, has ever faced,” The New York Times reported in 1953, telling readers that the Eisenhower administration was preparing to alert the public to the danger from “valise bombs.”

Hundreds of pages of declassified documents from the 1950s, obtained by The New York Times from the F.B.I. under the Freedom of Information Act, lay out a strikingly familiar story, in which Communist agents played the role of today’s Al Qaeda.

Then, as now, investigators searched for agents they feared were in the United States awaiting orders to attack. Then, too, the government spent millions to install radiation detectors at airports and seaports despite doubts about their effectiveness. (In those days, false nuclear alarms were set off by radium watch dials, once hidden in a woman’s corset.)

Nor is the worry in recent years about nuclear material crossing the permeable Mexican border new. An F.B.I. memo from 1953 warned that “a saboteur could easily pose as a Mexican ‘wetback’ and get into the country without detection, presumably carrying an atomic weapon in his luggage.”

Micah Zenko, a fellow at the Council on Foreign Relations who has written on nuclear history, said: “The fear of a clandestine nuclear attack on American soil goes back to the very beginning of the nuclear era. There’s certainly nothing new here, even if they didn’t call it terrorism back in the ’50s.”

Even before the Soviet Union detonated its first atomic bomb in 1949, security officials studied the threat from smuggled weapons. But secret reports concluded that the Soviet Union was likely to try such an attack only as a prelude to total war. An all-out attack, American experts believed, might even begin with the detonation of nuclear weapons smuggled into Soviet diplomatic offices in New York and Washington.

Intelligence officials feared that bomb parts might be delivered in diplomatic mail pouches, carried by international air travelers in their luggage or delivered by boat or submarine to an isolated beach.

Communist agents already in the country might then assemble, plant and detonate the weapons. “Surveillance of all Communist Party members and sympathizers is impossible and impractical since numerically they exceed by many times the total Special Agent force of the F.B.I.,” a bureau memo complained. J. Edgar Hoover, the F.B.I. director, who was intensely focused on the smuggling threat, proposed increasing manpower to cope.

Among many potential nuclear saboteurs, F.B.I. field offices identified the proprietor of a left-wing bookstore in Seattle, a reporter for the Soviet news agency Tass and even a representative of the American Council for a Democratic Greece.

When the Polish consul to Detroit arrived in the United States in the mid-1950s with four big boxes, F.B.I. agents surreptitiously searched them for nuclear material. They found 24 bottles of cherry cordial but “no article or part thereof that could be construed as a portion of a weapon of mass destruction,” their secret report solemnly declared.

The press, too, got in on the act. In 1954, a reporter for The Los Angeles Mirror, a tabloid newspaper, wrote a splashy story headlined “I Smuggled Mock A-Bombs into L.A.,” accompanied by a diagram of a man carrying a “baby A-bomb” in a suitcase.

The smuggling fears began to fade in the late 1950s with the advent of intercontinental ballistic missiles, which posed an incomparably greater threat of surprise attack. But in the half-century that followed, the worry never entirely went away.

Security officials later speculated about whether China might set off a smuggled nuke in the United States and make it look like a Soviet attack, provoking devastating war between its rivals. Later, as portable tactical nuclear weapons proliferated in both Eastern and Western Europe, there were periodic alarms about their security.

After the murder of Israeli athletes by Palestinian agents at the 1972 Olympics in Munich, American officials shifted their focus to terrorists. Their concern increased immeasurably after the Sept. 11 attacks in 2001, when reports that Al Qaeda had actively sought a nuclear weapon since the early 1990s took on a chilling significance.

In the 1950s the United States knew its adversaries had weapons; the mystery was whether they might use them. Today, said Jeffrey T. Richelson, a historian of nuclear weapons, the situation is reversed: Qaeda leaders have suggested publicly that they would use a nuclear weapon, “but as far as we know, Al Qaeda hasn’t even come close to building a bomb.”

Most security experts believe the focus in recent years on destroying or locking up nuclear material is far more effective than sealing American borders. The global effort to reduce the threat was advanced at the summit meeting in Washington this week, with commitments from many countries to destroy or secure supplies of plutonium and highly enriched uranium.

Knowing the history of periodic panics about smuggled nukes offers a kind of reassurance in the face of a horrifying danger, said Mr. Zenko of the Council on Foreign Relations.

“If you consider that the threat has been around for more than 60 years,” he said, “you don’t get overwhelmed by fear.”


---Tokunoshima Island mayors plan to send anti-base statement straight to Obama---
By David Allen and Chiyomi Sumida, Stars and Stripes
Pacific edition, Saturday, April 17, 2010
http://www.stripes.com/article.asp?section=104&article=69386

GINOWAN, Okinawa - Upset with Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama, mayors of tiny Tokunoshima Island plan to take their opposition to the possibility of hosting a new Marine air station directly to President Barack Obama.

Although Hatoyama hasn’t publicly announced his candidates for possible alternate sites for the Marine Corps Air Station Futenma, Okinawa, air units and assets, Japanese media - citing unnamed officials - reported that his focus is narrowing on Tokunoshima, located about 125 miles north of Okinawa in Kagoshima Prefecture.

“We, all the islanders, protest against the Futenma air base relocation to Tokunoshima,” the mayors of the three towns on the island of 26,000 residents said in a written statement. They intend to send Obama their statement as a letter, along with photographs of a protest rally scheduled for Sunday.

“The letter is to deliver to him our united will to oppose a military base,” Akira Okubo, the mayor of Isen Town, told Stars and Stripes on Thursday.

Hatoyama has been struggling since he took office in September to keep his campaign promise to close Futenma and find an alternative location for Marine air operations, preferably outside Okinawa. A ministerial committee studying the issue has rejected a 2006 U.S.-Japan agreement to build a new Marine air facility on Camp Schwab and reclaimed land in adjacent Oura Bay on the rural northeast coast of Okinawa.

Okubo expects more than a third of the island’s residents to attend Sunday’s rally.

“Tokunoshima is an island of longevity and enjoys the highest birth rates in the country,” he said. “The rich, natural environment is something the island residents take pride in.”

Okubo said he rejects the suggested influx of subsidies the community could expect from Tokyo if it accepts a base.

“Easy money will deprive people of their self-reliance,” he said. “We don’t want subsidies that will bring no benefits and will divide the community.”


---「私の主張が1週間で変わるはずない」15日の鳩山首相---
2010年4月15日22時16分
http://www.asahi.com/politics/update/0415/TKY201004150453.html

鳩山由紀夫首相が15日夕、首相官邸で記者団に語った内容は、以下の通り。
(秘書官:すいません。あと日程がありますので、ご協力お願いします)
――総理、よろしくお願いします。
 「よろしく」
【普天間問題・その1】
――オバマ大統領との非公式会談で、普天間問題について「きちんと責任が取れるのか」などと言われたとする報道があるが、総理は不信感を示されたという認識はあるのか。
 「いや、ありません。何かきょうの夕刊に全く事実誤認の記事がたくさん載っています。全くわかりません。進展がないじゃないかとかですね、5月末までに決着を厳しく求めたとか、そんな話は一切ありません」
――各社の世論調査で、普天間問題で決着できなかった時に総理が辞任すべきだという声が、辞任する必要はないという声を上回り始めているが。
 「それは、わたくしとしてもこの問題に対しては最善を尽くす。おー、やはり、いー、特に沖縄の皆さんの今日までの過重な負担を、何としてもなるべく減らさなきゃならんと。おー、そして全国の皆さん方にもある意味で同調をいただきながらですね、5月末までに決着をするというのは、わたくしは何度も言明しておりますからね。それに対して国民の皆さんも、ならば、というお気持ちなんでしょう。わたくしとしても、これは覚悟を決めて臨んでいる話ですから、努力をするのは言うまでもありません。必ず、わたくしが申し上げた通りに結論を出します」
――それに職を賭するという考えは。
 「わたくしは今、申し上げた通りです。もう最善を尽くす、これしかありません」

【消費税】
――首相の訪米中に仙谷由人国家戦略相らが消費税増税を掲げて任期前に解散総選挙もありうると発言した。総理の了承の元だったのか。増税の前に無駄を削減することが最優先という考えに変わりないか。
 「はい。まず仙谷大臣、ま、ご自身の思いから述べられたんだろうとは思いますけれども、わたくしが事前に了解していたとかいう話ではありません。あの、消費税の議論というのは国民の皆さん、大変関心がある話ですから、大きく取り上げておりますが、基本的にわたくしとしては、今お話がありましたように、まだまだ国民の皆さんから見て無駄がそこらにあるじゃないかと、それを無駄を徹底的に排除しろと、排除するまで消費税を上げるという議論はね、これは国民の皆さんとしてはなかなか納得していただけないと。だから徹底的に歳出削減に努めるという気持ちは一切変わっておりません」

【マニフェスト】
――きょう党本部でマニフェスト企画委が開かれた。総理がつくった「マニフェスト作成にあたっての基本概念の整理」というのをもとに今後議論することが決まった。だが、(党側が具体的にして欲しいと求めたのに)先週に示されたものと変わらなかったが、理由は何か。また、その中に「総予算の組み替え」が入っていないが方針を変えたのか。
 「うん。ま、当然わたくしの主張がそんな1週間の間に変わるはずがありませんから、わたくしの思いは前に申し上げた通りで、マニフェスト検討委員会にもそれをベースに議論していただけるということだと思います。えー、ただ、わたくしの考え方はある意味での、おー、マニフェストというのはどうしても国民の皆さんから見れば具体的な、例えば子ども手当どうなんだというところに関心が高まるわけですけれども、大事なことはこの国をどういう風に導くかというね、理念の中でマニフェストの一つ一つの項目というものが重視されるべきだと。その意味での理念というものを、やはり国民の皆さんにもっと訴えていく必要があるのではないかということで、あのようなものをお示しをしたと。それをベースに大いにたたいていただいて結構だと思います。で、後半の部分は何でしたっけ」
――総予算の組み替えについて。
 「総予算の組み替え、当然これは予算の組み替えに基づいて議論を今日までしてきたわけでありますから、あー、これは旧の予算に対して、大いにそれを見直すのは当然のことだと思っておりまして、もうすでにそれをおこなっておりますから、必ずしも欠いておるわけではありませんが、予算を見直すことは当然だと思います」
(秘書官「はい、ありがとうございました。じゃ、最後1問」)

【普天間問題・その2】
――総理が言う5月末決着の定義は何か、いま一度わかりやすく説明を。
 「いや、皆さんが、皆さんがこれを報道するたびに、何かさもこちらが混乱しているように、えー、報道されるんで、必ずしもうれしい話じゃありません。で、わたくしは当然、このことを、すなわち決着というのは、あーアメリカも、それから沖縄だけではありません。国民の皆さんもこの方向で行こうと、理解を示すということが前提で、その前の前提としては連立内閣ですから、連立としても合意をするということが必要になります。で、それ、その、ある意味で基本的に3点が満たされれば決着だという風にわたくしは考えています」
(秘書官「ありがとうございます。終わります。あと日程があります」)
――総理、総理。
(秘書官「あと日程がありますので、終わります」)
――官房長官は合意という言葉の解釈に、総理と自分自身で幅があると記者会見で発言した。具体的に詰めていこうという土俵ができれば合意だと。総理との考え方の幅があるのがわかりにくいが。
 「ま、官房長官はある意味で最前線に立っておられますから、ご苦労多いかと思いますが、決着というのはやはり、国民の皆さま方も『よしわかった』と。『これで行こうじゃないか』と。おー、アメリカもですね、『よしこれで行けるな』という判断がなされることが、そりゃ当然、すべてがですよ、すべての国民の皆さんが、あー、おー、賛成という風になるとはなかなか、これは基地の問題ですから難しいと思います。これは基地の問題ですからね。国が相当の責任を負うのは言うまでもありません。しかしその中で、わたくしの言う決着というのは、まさに今申し上げた通りのことで、あー、最前線の官房長官ですから、もう少し、ある意味での穏やかなものを考えておられるかも知れませんが、わたくしとしてはそれが必要だと思ってます」
(秘書官「終わります」)


---米紙コラム、「一国の首脳に非礼」官房長官---
2010年4月15日19時01分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100415-OYT1T00928.htm

 平野官房長官は15日の記者会見で、米紙ワシントン・ポストが先の核安全サミットでの鳩山首相を「最大の敗北者」「哀れでますますいかれている」などと酷評するコラムを掲載したことについて、「一国の首脳に対する表現として、いささか非礼な面があるのではないか」と不快感を示した。
 コラムは首相とオバマ米大統領との非公式会談について「慰めとして与えられた」と指摘したが、平野長官は「たとえ10分であろうが、有意義な機会だった」と強調した。


---鳩山政権への対応、一層硬化へ=現実性なき「5月決着」に不信-米政府---
2010/04/15-17:13
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041500686

 【ワシントン時事】オバマ米大統領が先の日米首脳による非公式会談で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、移設先の同意を得る見込みがないなど現実性を欠きながら「5月決着」を約束し続ける鳩山由紀夫首相への不信を自ら直接伝えていたことが明らかになった。大統領発言を受け、米政府は問題解決能力の欠如を露呈した鳩山政権への対応を一層硬化させる構えだ。
 「日本政府は国内の政治情勢と米軍の運用上の要求の双方に合致するよう注意深く代替案を作らなければならない」。キャンベル国務次官補は14日、ワシントン市内で記者団に、同県名護市のキャンプ・シュワブ陸上部へのヘリコプター離着陸帯建設と鹿児島県徳之島へのヘリ部隊一部移転を組み合わせる日本側の案は協議の対象にならないとの立場を示した。
 米政府は昨年9月の鳩山政権発足後、基本的には、前政権時代の方針を再検討するのはやむを得ないとして、忍耐強く日本側の対応を見守る姿勢を示してきた。時間をかければ「いずれ(シュワブ沿岸部に移設する)現行計画に落ち着く」との期待を寄せていたためだ。
 ところが、公約の5月末が近づく中で検討されているのは、米側にとっては受け入れられない非現実的な案。ある米政府関係者は「日本に対するこれまでの対応が甘かったという声が強まっている」と解説する。既に長期化を覚悟し、仕切り直しの時機を探り始めたオバマ政権が本腰を入れて交渉に応じる可能性は極めて低い。


---「5月末決着」厳しく迫っていたオバマ大統領---
2010年4月15日14時49分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100415-OYT1T00652.htm

 【ワシントン=小川聡】ワシントンで12日夜(日本時間13日午前)に行われた鳩山首相とオバマ米大統領との非公式会談で、米軍普天間飛行場移設で首相が目指す「5月末決着」について、オバマ大統領が確実に実現するよう首相に厳しく迫っていたことが明らかになった。
 日米両政府の複数の関係者が14日、明らかにした。
 関係者によると、会談で首相は大統領に対し、「日米同盟は大変大事で、その考えの中で努力している。5月末までに決着する」と述べ、強い決意を示すとともに、大統領に協力を求めた。
 これに対し、大統領は、首相が言う通りに必ず決着させるよう「厳しく求めた」(関係筋)という。首相は再度、5月末までに決着させる考えを示したという。
 首相は昨年11月の東京での大統領との首脳会談の際、普天間問題の早期決着について「トラスト・ミー(私を信じて)」と述べたが、結局、年内の決着は見送られた。大統領をはじめ、米政府内では、こうした首相の姿勢に強い不信感が広がっているとされ、12日の会談での大統領の厳しい態度につながったようだ。


---「哀れでますますいかれた鳩山首相」…米紙酷評---
2010年4月15日11時12分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100415-OYT1T00362.htm

 【ワシントン=小川聡】14日付の米ワシントン・ポスト紙は人気コラムの中で、13日に終わった核安全サミットに出席した36人の各国首脳たちがオバマ米大統領との近さを競い合ったとしたうえで、「このショーの最大の敗北者は断然、哀れでますますいかれた日本の鳩山由紀夫首相だった」と鳩山首相を酷評した。
 コラムは看板記者のアル・カーメン氏の執筆で、「首相はオバマ大統領との公式会談を望んだとされるが、夕食会の席での非公式な会談が慰めとして与えられただけだった」と解説。
 米政府のこうした対応の理由について、「日米を分断している沖縄の米軍普天間飛行場問題を通じ、鳩山首相はオバマ政権の高官たちに、信頼できないという印象を植え付けた」と指摘した。さらに、「ますますいかれた」との表現は、「オバマ政権高官たちの評価」だとした。
 一方で、「オバマ大統領と90分にわたって会談した胡錦濤・中国国家主席は、勝者リストのトップに位置した」と指摘し、大統領が胡主席に握手をしながらお辞儀する写真を掲載した。


---普天間移設先「日本から正式提案ない」 米国務次官補---
2010年4月15日10時58分
http://www.asahi.com/international/update/0415/TKY201004150113.html

 【ワシントン=伊藤宏】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、キャンベル米国務次官補は14日、日本政府が現行計画以外の新たな移設先を検討していることについて「我々が聞いているのは日本側の考え方であり、正式な提案は受け取っていない」と述べた。ワシントン市内で記者団の質問に答えた。
 日本政府は、岡田克也外相がルース駐日米大使と会った際に、日本側の移設案を説明したとしている。だが、米政府はこうした説明を正式な提案とは受け止めておらず、日本側の移設案を検討する段階にはないという認識を示したものだ。
 キャンベル氏はまた、日本側が新たな提案をする場合は「国内の政治力学や、我々の作戦運用上の要請を反映させたものとなるよう注意を払わなくてはならない」と指摘し、移設先の地元合意をとりつけることが必要との考えを示した。そのうえで「我々は今も現行案が最善と非常に強く思っている」とも述べ、米側の姿勢に変わりがないことも強調した。


---「最大の敗者は鳩山首相」 核サミット、米紙が皮肉---
2010 年4月15日10時39分
http://www.asahi.com/international/update/0415/TKY201004150114.html

 【ワシントン=伊藤宏】米紙ワシントン・ポストは14日付のコラムで、12、13両日にワシントンで開かれた核保安サミットに出席した各国首脳を論評し、その中でオバマ米大統領と公式の首脳会談を行えなかった鳩山由紀夫首相を「間違いなく最大の敗者」と皮肉った。
 筆者は著名なコラムニストのアル・カメン氏。鳩山首相がオバマ氏との首脳会談を要請したのに、夕食会での短時間の非公式会談しかできなかったと指摘。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐる首相の迷走ぶりが、オバマ政権の高官らに「信頼できない印象を与えている」とした。
 さらに、鳩山政権側から移設問題の再検討を求め、5月中に結論を出すとしたのに「今のところ何の提案もない」と指摘。首相に対し「ユキオ、同盟国のはずだろう。米国の核の傘で何十億ドルも節約しているだろう」と皮肉を込めて呼びかけた。
 一方、オバマ氏と約90分にわたり会談した中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席については「勝者の筆頭格」と評した。


---最大の敗者」は鳩山氏、米紙 核サミットで---
2010年4月15日 08時56分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010041501000139.html

 【ワシントン共同】「哀れなハトヤマが最大の敗者」。14日付の米紙ワシントン・ポストは3面のコラムで、核安全保障サミットでの各国首脳外交を総括し、オバマ米大統領と公式の首脳会談を行えなかった鳩山由紀夫首相を皮肉った。
 筆者は著名コラムニストのアル・カメン氏。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐる迷走の結果、米政権で鳩山氏に対し「変わり者」「信頼できない」との評価が広まっていると紹介。
 首脳会談を申し込んだが受け入れられず「残念賞が夕食会での“非公式”会談。メーンディッシュとデザートの間にやったのだろうか」とこき下ろした。
 さらに普天間問題を5月中に解決すると約束しながら実現しそうにない現状に触れ「ユキオ、盟友のはずだろう? 米国の核の傘で何十億ドルも節約しただろう?」と畳み掛けた。
 一方で“勝者”の筆頭には、首脳会談が1時間半に及び主役の座を手にした中国の胡錦濤国家主席を挙げ、オバマ大統領が握手をしながら胡主席に頭を下げている写真が掲載された。


---普天間問題 米国務次官補、「オバマ大統領は鳩山首相を信頼している」と強調---
2010/04/15 06:40
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00175520.html

 5月末までの決着に向け難航している普天間基地の移設問題で、アメリカ国務省の高官は14日、「オバマ大統領は、鳩山首相を信頼している」と述べ、日本側との協議を急ぐ考えを示した。
キャンベル国務次官補は「オバマ大統領は、鳩山首相を信頼している」と述べた。
国務省のキャンベル次官補は、オバマ大統領と鳩山首相の非公式協議に関連して、普天間問題の解決は、アメリカにとっても最重要課題だと強調した。
そのうえでキャンベル次官補は、「日本から正式な提案はまだ受けていないが、次の段階に進めたい」として、5月末までの決着に向け、日本側との協議を急ぐ考えを示した。


---「衆参ダブル選の可能性高い」と石破氏 「たちあがれ日本」との連携も模索---
2010.4.14 20:43
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100414/stt1004142044010-n1.htm

 自民党の石破茂政調会長は14日、都内で講演し、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で行き詰まり、5月末にも退陣に追い込まれる可能性が高いと指摘。その上で「民主党は、自民党による首相のたらい回しを『けしからん』と言ってきたから、選挙をやるのは当然だ。衆参同日選の可能性は高い」と述べた。
 新党「たちあがれ日本」との関係については、「ともに民主党を倒すという思いなら、罵詈(ばり)雑言や裏切り者などという前に、どうやって共闘するか考えるのが大事だ」と述べ、後半国会や参院選での連携を模索すべきだとの考えを示した。


---「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判---
2010.4.14 12:15
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100414/stt1004141219004-n1.htm

 自民党の石破茂政調会長は14日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領との非公式会談で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が進展しなかったことについて「議論に値する案を示さない以上、起こるべくして起こったとしかいいようがない」と批判した。
 石破氏は「素人である政治家でなく、(軍事)運用に通用した者が議論に値する案を示さなければ意味がない。オバマ氏は日本の政治的パフォーマンスに時間を取っている余裕はないということだ」と指摘した。


---「核テロ」阻止に管理徹底…核安全サミット閉幕---
2010年4月14日11時16分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100414-OYT1T00385.htm

 【ワシントン=本間圭一、山口香子】世界47か国の首脳級が参加した「核安全サミット」は13日夕(日本時間14日早朝)、「核テロ」阻止のため、核物質の安全を「4年以内に徹底させる」ことをうたう共同声明と、そのための具体的作業内容を示す「作業計画」を採択して閉幕した。
 議長を務めたオバマ米大統領は閉幕後の記者会見で参加各国を代表して「核物質を決してテロリストの手に渡さない」と決意表明した。
 オバマ大統領は会見で核拡散防止条約(NPT)の強化も訴えており、大統領が目指す「核なき世界」に向けた次の焦点は、5月にニューヨークで開催される同条約再検討会議に移る。
 サミットでは、新たにメキシコが、保有する高濃縮ウランの放棄を表明するなど、参加国から提案が相次いだ。共同声明は、「対話と協力で核の安全を強化する」と述べ、核物質管理のため、参加47か国が核兵器の原料となる高濃縮ウランとプルトニウムの「適切な管理」や「核物質の違法取引阻止のため協力」など12の行動を取ることを確認した。
 「作業計画」では、高濃縮ウランから低濃縮ウランへの燃料転換や、核の安全保障を明記した法整備、核テロ防止のための情報交換などの具体策が示された。オバマ大統領は会見で、「各国指導者は協議のためでなく行動を起こすために集まったのだ」と強調した。
 クリントン米国務長官とラブロフ露外相は13日、核軍縮で不要となった両国の兵器級プルトニウム各34トン、計68トンを原発用核燃料に転用、処分する協定に署名した。ラブロフ外相は「核軍縮の共通目標に向けた前進だ」と意義を語った。
 大統領は、サミットに招待されなかった核開発国のイランについて、強力な制裁の結果、核の放棄に向かうことに期待感を表明。北朝鮮については、核問題を巡る6か国協議への復帰が重要との認識を示した。
 「核安全サミット」は次回、2012年に韓国で開催されることが決まった。

◆共同声明の骨子◆
▽核テロは国際的な安全保障に対する最も重大な脅威の一つ
▽4年以内に、管理の不備な核物質の防護を徹底
▽ 高濃縮ウランの使用最小化を促進
▽国際原子力機関(IAEA)が果たす役割の重要性を再確認
▽核物質の違法取引阻止に向けた協力が必要
▽ 核の平和利用に関する各国の権利を確認
▽次回核安全サミットを2012年に韓国で開催


---Among leaders at summit, Hu's first---
By Al Kamen
Wednesday, April 14, 2010
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/13/AR2010041304461.html

After all the chatter about nukes, loose and otherwise, 36 heads of state are heading home from Washington to tout their world leadership chops and their influence with the Obama administration.

The winners at this week's nuclear summit were easily identified: They were the ones who got bilats with President Obama -- not a bodybuilding term, it stands for bilateral, or one-on-one, chat -- showing their prestige and importance. Chinese President Hu Jintao obviously heads the list, having chatted with Obama for 90 minutes. (And what is with this bowing business? [See photo below.] Okay, so Obama's a natural bower. And Hu owns the U.S. economy. But really.)

The other winners include King Abdullah II of Jordan, Prime Minister Najib Razak of Malaysia, President Viktor Yanukovich of Ukraine and President Serzh Sargsian of Armenia, all of whom got a private meet, as did acting Nigerian President Goodluck Jonathan, here because the elected president is gravely ill, who got a meeting with Obama on Sunday.

Included in the winner group is Ahmed Aboul Gheit of Egypt, who is not really a world leader but only a foreign minister.

By far the biggest loser of the extravaganza was the hapless and (in the opinion of some Obama administration officials) increasingly loopy Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama. He reportedly requested but got no bilat. The only consolation prize was that he got an "unofficial" meeting during Monday night's working dinner. Maybe somewhere between the main course and dessert?

A rich man's son, Hatoyama has impressed Obama administration officials with his unreliability on a major issue dividing Japan and the United States: the future of a Marine Corps air station in Okinawa. Hatoyama promised Obama twice that he'd solve the issue. According to a long-standing agreement with Japan, the Futenma air base is supposed to be moved to an isolated part of Okinawa. (It now sits in the middle of a city of more than 80,000.)

But Hatoyama's party, the Democratic Party of Japan, said it wanted to reexamine the agreement and to propose a different plan. It is supposed to do that by May. So far, nothing has come in over the transom. Uh, Yukio, you're supposed to be an ally, remember? Saved you countless billions with that expensive U.S. nuclear umbrella? Still buy Toyotas and such?

Meanwhile, who did give Hatoyama some love at the nuclear summit? Hu did. Yes, China's president met privately with the Japanese prime minister on Monday.

Czech? Check.

The last great open embassy job -- we're speaking here of the exquisite ambassadorial residence in beautiful Prague -- goes to Obama's law school pal, mega-bundler and White House ethics czar Norm Eisen. Eisen is a Washington lawyer and founder of the government watchdog group Citizens for Responsibility and Ethics in Washington.

Eisen, whose parents were Holocaust survivors -- his mother came from Czechoslovakia and his father from Poland -- was part of the group that accompanied Obama to Prague on Thursday for the signing of a new nuclear arms reduction treaty with Russian President Dmitry Medvedev.

The next day, Obama met with Czech President Vaclav Klaus, and the Czech media reported that Washington had "officially proposed its new ambassador to the Czech Republic," naming Eisen as the pick.

The embassy has been leaderless for the last 15 months because the first pick, former Broadcasting Board of Governors chairman Marc Nathanson, apparently ran into some vetting difficulties. Vetting is overseen by the White House counsel's office, where Eisen is counsel for ethics. Unclear who's going to vet Eisen's nomination.

Judge not

The White House is upset about an item last week pointing out that Obama has a decent shot at nominating, and putting the robes on, the fewest federal judges in recent administrations. "The President has nominated more appellate judicial candidates than Clinton had at this point in his presidency (18 to 12)," an e-mail said, and "has had as many circuit judges confirmed as Bush did at this point," and substantially more than Clinton had gotten confirmed. Omitting this was a "glaring oversight."

Well, we'll update the numbers later this year and try to avoid the glare.

The art of diplomacy

Also last week, Attorney General Eric H. Holder Jr. and Homeland Security Secretary Janet Napolitano were in Madrid, heading the U.S. delegation to an important meeting with the Euros about tracking terrorists' financing systems. Holder went on to Algiers, to sign an agreement whereby Algeria would cooperate with the United States on prosecuting money laundering, cybercrime and terrorist financing.

While in Madrid, word is, Holder arranged to have a museum, apparently the Reina Sofia, opened so he could see it, even though it was closed at the desired time -- and then he didn't show. He managed to slip away from a meeting early to hit the museum, home to Picasso's extraordinary Guernica and some great stuff by Miro, Dali, Gris and others.

Some BBG progress

And getting back to the Broadcasting Board of Governors, the Senate Foreign Relations Committee on Tuesday approved three Democrats and three Republicans to run U.S. overseas broadcasting units such as the Voice of America and Radio Free Europe.

By unanimous voice vote, the committee sent the nominations of Walter Isaacson as chairman, and Dennis Mulhaupt, Victor H. Ashe, Michael Lynton, S. Enders Wimbush and Susan McCue as members, to the Senate floor.

But it held on to two of the eight hostages nominated five months ago. Democrat Michael Meehan and Republican Dana Perino still await committee action.

Research editor Alice Crites contributed to this column.

0 コメント: