2010年4月24日土曜日

若年性パーキンソン病 異常ミトコンドリア蓄積

若年性パーキンソン病は、異常ミトコンドリア蓄積によるらしい。
 20~30代で発症する神経難病「若年性パーキンソン病」が起きる原因を、
東京都臨床医学総合研究所の田中啓二所長代行と松田憲之研究員らが突き
止めた。二つの遺伝子が働かず、細胞内の小器官「ミトコンドリア」の
不良品が蓄積することで発症している可能性が高いという。
 国内のパーキンソン病の患者は約15万人。大半は高齢になって発症する
が、若くして発症する若年性パーキンソン病もある。

ミトコンドリアに異常が起きると
正常マウス
・ParkinとPINK1の2種類の遺伝子が関連して働き、異常ミトコンドリアが
 分解される。

病気マウス
・ParkinとPINK1の遺伝子が働かず、異常ミトコンドリアが細胞内に蓄積。

若年性パーキンソン病では知られていたが、具体的な働きは不明。
高齢患者の発症と若年性は症状が似ているため、発症原因には共通性が
あるとのこと。

ミトコンドリアの成長が、神経系物質・細胞の修復や生存に影響することが
あらためて証明されたようだ。

昔、日本人の祖先を追跡し、ミトコンドリアDNAを解析していき、母系を
たどることで、複数の民族が、日本に移動し住み着き、生活を始めたと言う
番組を見たが、この時くらいしかミトコンドリアを聞いたことがない。

パーキンソン病の報道
・ニコチンで、症状を遅らせる
・初期に嗅覚が感度が落ちる

パーキンソン病と関連する遺伝子は、alpha-synuclein, Parkin, DJ-1,
PINK1やLRRK2と言われ、今回は、Parkin、PINK1が原因でミトコンドリアが
分解されないとのこと。現在は、ドーパミン補助や阻害する薬を症状に
合わせて調合しているようだが、もっと効果的な薬が出てくるかもしれない。


---若年性パーキンソン病、発症の仕組み解明---
2010年4月21日00時30分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100420-OYT1T01431.htm

 若年性パーキンソン病が発症する仕組みを、東京都臨床医学総合研究所と順天堂大の研究チームが解明し、米科学誌「ジャーナル・オブ・セルバイオロジー」で発表した。
 予防法などの開発につながると期待される。
 パーキンソン病は神経難病で、患者は国内に約15万人いる。20~30代で発症する若年性パーキンソン病は、「Parkin(パーキン)」と「PINK1(ピンク・ワン)」という2種類のたんぱく質を作る遺伝子のうち、いずれかが変異していることがわかっていた。
 同研究所の松田憲之・主席研究員らがヒトやマウスの細胞を使って解析したところ、2種類のたんぱく質は細胞内でエネルギーを作り出しているミトコンドリアという小器官が故障すると、連動して分解処理することがわかった。
 ミトコンドリアは活性酸素などの有害物質も作るため、故障を放置すると細胞は死ぬ。松田研究員は「脳の神経細胞は死んだらほとんど再生しない。若年性以外のパーキンソン病も同様の仕組みで発症するのではないか」と話している。


---若年性パーキンソン病:異常ミトコンドリア蓄積が原因---
毎日新聞 2010年4月19日 23時29分
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100420k0000m040088000c.html

 20~30代で発症する神経難病「若年性パーキンソン病」が起きる原因を、東京都臨床医学総合研究所の田中啓二所長代行と松田憲之研究員らが突き止めた。二つの遺伝子が働かず、細胞内の小器官「ミトコンドリア」の不良品が蓄積することで発症している可能性が高いという。19日付の米科学誌ジャーナル・オブ・セル・バイオロジーに発表した。【永山悦子】
 国内のパーキンソン病の患者は約15万人。大半は高齢になって発症するが、若くして発症する若年性パーキンソン病もある。研究チームは、若年性パーキンソン病の特徴を持つマウスから採取した細胞と、正常マウスで遺伝子などの働きを比較した。
 その結果、正常マウスでは、ミトコンドリアに異常が起きると2種類の遺伝子が関連して働き、異常ミトコンドリアが分解されることが分かった。しかし、病気マウスの細胞では遺伝子が働かず、異常ミトコンドリアが細胞内に蓄積した。
 これらの2遺伝子が異常になると、若年性パーキンソン病が起きることが知られているが、具体的な働きは分かっていなかった。
 高齢患者の発症と若年性は症状が似ているため、発症原因には共通性があると考えられている。松田さんは「二つの遺伝子が、ミトコンドリアの品質管理に不可欠であることが分かった。この発見がパーキンソン病全般の新たな治療法につながってほしい」と話す。


--- Loss of Smell a Sign of Parkinson’s Disease---
Submitted by Prakash Sharma on Mon, 04/19/2010 - 11:39
http://topnews.us/content/217277-loss-smell-sign-parkinson-s-disease

It has been revealed that if one experiences a loss of smell, then it may be an early indication of being afflicted with some kind of neurological disorder, including Parkinson’s disease.

It has been reported that the chronic, degenerative neurological disorder, which was discovered by Britain’s Dr. James Parkinson in 1817, affects 100,000 Canadians. It is anticipated that the number of people afflicted with the disease will increase in the next 30 years from 11.6% to 23.6%.

It is reported that across the world an estimated five million people live with Parkinson’s.

The brain cells of that produce a chemical called dopamine cease to function in a person afflicted with Parkinson’s. The disease is debilitating since it impinges on a person’s quality of life and overall health.

A person afflicted with Parkinson’s experiences involuntary trembling, stiff and rigid muscles, stooped posture. They may also undergo a change in facial expression like the absence of blinking. This continuous and fixed expression is alluded to as the Parkinson’s stare.

Researchers are of the belief that if you are afflicted with Parkinson’s you will have an altered sense of smell.

They state, “If we can spot Parkinson’s in its earlier stages, there is much less damage to the brain. The earlier the better means we can stop the deterioration that eventually robs Parkinson patients of a good quality of life”.


---Impaired mitochondrial dynamics and function in the pathogenesis of Parkinson's disease---
Experimental Neurology
Volume 218, Issue 2, August 2009, Pages 235-246
Mitochondria and Neurodegeneration
http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6WFG-4VVXSY6-1&_user=10&_coverDate=08%2F31%2F2009&_rdoc=1&_fmt=high&_orig=search&_sort=d&_docanchor=&view=c&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=2dc31c69126fc172c3f1962a4c1d8530

Hansruedi Buelera,
aDepartment of Anatomy and Neurobiology University of Kentucky 800 Rose Street Lexington, KY 40536, USA
Received 22 January 2009;
revised 26 February 2009;
accepted 3 March 2009.
Available online 18 March 2009.

Abstract

Parkinson's disease (PD), the most frequent movement disorder, is caused by the progressive loss of the dopamine neurons within the substantia nigra pars compacta (SNc) and the associated deficiency of the neurotransmitter dopamine in the striatum. Most cases of PD occur sporadically with unknown cause, but mutations in several genes have been linked to genetic forms of PD (α-synuclein, Parkin, DJ-1, PINK1, and LRRK2). These genes have provided exciting new avenues to study PD pathogenesis and the mechanisms underlying the selective dopaminergic neuron death in PD. Epidemiological studies in humans, as well as molecular studies in toxin-induced and genetic animal models of PD show that mitochondrial dysfunction is a defect occurring early in the pathogenesis of both sporadic and familial PD. Mitochondrial dynamics (fission, fusion, migration) is important for neurotransmission, synaptic maintenance and neuronal survival. Recent studies have shown that PINK1 and Parkin play crucial roles in the regulation of mitochondrial dynamics and function. Mutations in DJ-1 and Parkin render animals more susceptible to oxidative stress and mitochondrial toxins implicated in sporadic PD, lending support to the hypothesis that some PD cases may be caused by gene-environmental factor interactions. A small proportion of α-synuclein is imported into mitochondria, where it accumulates in the brains of PD patients and may impair respiratory complex I activity. Accumulation of clonal, somatic mitochondrial DNA deletions has been observed in the substantia nigra during aging and in PD, suggesting that mitochondrial DNA mutations in some instances may pre-dispose to dopamine neuron death by impairing respiration. Besides compromising cellular energy production, mitochondrial dysfunction is associated with the generation of oxidative stress, and dysfunctional mitochondria more readily mediate the induction of apoptosis, especially in the face of cellular stress. Collectively, the studies examined and summarized here reveal an important causal role for mitochondrial dysfunction in PD pathogenesis, and suggest that drugs and genetic approaches with the ability to modulate mitochondrial dynamics, function and biogenesis may have important clinical applications in the future treatment of PD.

0 コメント: