2010年4月28日水曜日

リーマン 野村証券の請求無効提訴

リーマンは、野村証券の請求無効を提訴した。
 経営破綻したリーマン・ブラザーズの破産管財人は、野村証券グループ
の3社を相手取り、過去のデリバティブ取引に基づいて野村が求めている
約10億ドル(約940億円)の支払いは無効だとしてニューヨークの破産裁
判所に提訴した。

訴えられたのはNomura International PLC、Nomura Global Financial
Products とNomura Securities Co. Ltd.のグループ会社。
野村グループは、10億ドル要求とのことだが、法廷資料によると
20億ドルとのこと。

日本政府が支援した破綻企業を米国の金融機関が安値で買取り、米金融機関
をハゲタカと呼ぶ時期もあったが、リーマンに関しては、野村がハゲタカ
となっている。ハゲタカは肉を食べ、肉以外のものを残すが、ハイエナは
すべて食べつくす。野村は、ハイエナと言う表現が近いかもしれない。

野村証券成果主義優先へ
ジャパンマネーの攻勢
野村 リーマン欧州を買収か


Fuld Finds a Buyer - Bloomberg


Ward Says Fuld `In Denial' Over Lehman's Use of Repo 105: Video


Fuld Says He Didnt Assume Lehman Would Be Bailed Out: Video


---米リーマン側、野村証券を提訴「940億円の請求無効」---
2010年4月25日20時 52分
http://www.asahi.com/business/update/0425/TKY201004250184.html

 【ニューヨーク=山川一基】経営破綻(はたん)した米金融大手リーマン・ブラザーズの破産管財人は、野村証券グループの3社を相手取り、過去のデリバティブ(金融派生商品)取引に基づいて野村が求めている約10億ドル(約940億円)の支払いは無効だとしてニューヨークの破産裁判所に提訴した。
 訴えられたのは日本の野村証券と米、英のグループ会社。3社はリーマンの破綻前に結んだ契約に基づき、リーマンに対し、計約10億ドルの支払いを求めている。
 しかしリーマン側は、2008年9月の連邦破産法の適用申請でこの契約は終了し、支払う必要はないと主張している。米国野村証券は「リーマンの主張には同意できず、予定通り支払われると期待する」とのコメントを出した。


---米リーマン:巨額請求撤回求め、野村証券を提訴---
毎日新聞 2010年4月24日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100424dde035020062000c.html

 【ニューヨーク共同】経営破綻(はたん)し法的管理下にある米証券大手リーマン・ブラザーズは23日、野村証券とその米国子会社などから金融派生商品の契約解約に絡んで巨額の支払いを求められ、この請求に根拠がないとして野村側に撤回を求める訴えをニューヨーク破産裁判所に起こした。米紙ウォールストリート・ジャーナルが伝えた。
 08年9月のリーマンの経営破綻で両社間の金融派生商品に絡む契約が解約され、野村側は10億ドル(約940億円)以上の払い戻しを要求。リーマン側は、請求額が実態から懸け離れているなどとして野村側は「1セントも受け取る資格がない」と主張。むしろ野村側がリーマンに数百万ドルの借りがあるとしている。野村側の広報担当者は「主張には同意しない。全額が支払われると期待している」としている。


---Lehman Estate Seeks to Undo Nomura Claims---
By MIKE SPECTOR
APRIL 24, 2010
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703709804575202170700127144.html?mod=WSJ_latestheadlines

Lehman Brothers Holdings Inc.'s bankruptcy estate sued three arms of Japanese investment bank Nomura Holdings Inc. in an attempt to wipe out more than $2 billion of claims related to derivatives contracts.

Lehman filed legal complaints Friday afternoon against Nomura International PLC, Nomura Global Financial Products and Nomura Securities Co. Ltd., seeking to invalidate large claims the companies made against the investment bank after it filed for bankruptcy in September 2008.

As it did with banks around the world, Lehman entered into derivatives contracts with Nomura, many of which were tied to interest rates, bonds, currencies, commodities and stocks. Under the terms of many contracts, Lehman's bankruptcy triggered defaults that created big losses for banks like Nomura. Now Nomura and other banks have filed claims against Lehman's bankruptcy estate in an effort to collect on those losses. Lehman disputes many of the losses calculated by its former bank trading partners.

Via different affiliates, Nomura demanded more than $2 billion in claims from Lehman, according to court filings.

Friday, Lehman sued Nomura, saying the claims were inflated and that Normura failed to follow the original rules of the contracts.

Lehman said the Nomura claims "are premised on purported valuations and calculations that are commercially unreasonable, divorced from economic reality, and bear no relation to any actual damages or losses suffered by" the companies.

A Nomura spokesman said: "We disagree with their arguments and fully expect to be paid in due course."

Friday's complaints mark the first litigation brought by Lehman's bankruptcy estate against securities firms that have made more than $50 billion in claims related to derivatives trades.

Many trading partners exercised rights to terminate their derivatives contracts when Lehman filed for bankruptcy, including large Wall Street banks. Lehman's bankruptcy administrators believe many of the claims were calculated during volatile markets, making them not reflective of actual losses. Bryan Marsal, the co-founder of turnaround firm Alvarez & Marsal and Lehman's current chief executive, has signaled he intends to get tough on the banks, which include some of Wall Street's best-known names.

Nomura's claims are "egregious" and "grossly overstate actual damages," said Daniel Ehrmann, co-head of Lehman's derivatives team, in a statement. "Other financial institutions have filed claims that are similarly excessive. The estate will negotiate vociferously for fair value, resorting to litigation where needed."


---米リーマン:公的救済は想定していなかった-元CEOが下院委で証言---
更新日時: 2010/04/21 12:05 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aUZ8x0OYZF8o

 4月20日(ブルームバーグ):米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのリチャード・ファルド元最高経営責任者(CEO)は20日、下院金融委員会の公聴会で証言し、2008年9月の経営破たんについて、米政府による救済を想定していなかったことを明らかにした。
 ファルド氏(63)は「われわれには資本的な救済は必要なかった」と説明。必要だったのは、身売りまでの時間を稼ぐ「つなぎの流動性」だったと語った。
 リーマンの破たんは市場を混乱させ、世界的な金融危機を一段と悪化させた。公聴会は、破たんにつながった可能性がある経営陣や監督当局の怠慢を解明するのが目的。議員からは、ファルド氏が政府救済を期待して過度のリスクを取ったかどうかなどの質問が出た。
 ファルド氏はまた、08年にガイトナー・ニューヨーク連銀総裁(当時)とリーマンへの投資を検討している企業について協議したことを明らかにした。破たん理由に関する質問には「信頼が欠如していた。われわれが置かれていた状況を世間に納得させることができなかった。われわれには確固たるプランがあった」と回答した。
 同氏はさらに、「今回の金融危機の深度と凶暴性」を自らも把握していなかったと説明。リーマンは「リスクを嫌っていた」ものの、商業用不動産への投資を拡大する「タイミングがひどかった」と語った。
-- Editors: Brett Miller, James Gunsalus

0 コメント: