2010年4月29日木曜日

GS 倫理の破綻か

倫理の破綻と言われるGS。
 SECが米金融大手ゴールドマン・サックスを証券詐欺の疑いで訴追した
ことが、オバマ政権が目指す金融規制改革法案の採決に追い風になるとの
見方が出ている。訴追によりウォール街の “拝金主義”への批判が改めて
高まっているためだ。一方で市場への政府関与に反発する野党共和党は、
可決阻止の構えを崩していない。月内の上院採決に向け、攻防は天王山を
迎えている。

オバマは、ガス抜きを悟られないためにSECへの関与を否定。
昨年まで大統領法律顧問をしていた弁護士が、GSの顧問弁護士に就任。

米国で訴追された大手金融機関は、GSだけ。確かにやり玉にあがっているが、
AIG救済の際、陰謀説が噂されたのはGS。金持ちの賭博は正当化されるか。
公聴会を通して、米民主党が、中間選挙対策として、支持者へのガス抜きを
行ったようにしか見えない。

GS訴追


オバマ大統領ウォール街で「金融規制改革」大演説(10/04 /23)


Goldman-Sachs Role in Greece's Financial Crisis


U.K.'s Brown on SEC Suit Against Goldman Sachs (UNDERSTANDING NWO ECONOMICS SERIES)


Did Wall Street Firm Commit Fraud? CBS


Goldman Sachs Exec Declares 'I Did Not Mislead' The Associated Press


---ゴールドマンCEOら米公聴会開催 強欲体質の象徴を標的---
2010.4.28 00:56
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100428/fnc1004280108000-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】米証券取引委員会(SEC)に訴追された米金融大手ゴールドマン・サックスへの追及がエスカレートしている。米上院小委員会は、2007年の住宅バブルの崩壊を予想して顧客と反対の取引をし巨額の利益をあげていたとして、27日、ブランクフェイン最高経営責任者(CEO)ら幹部を呼んで公聴会を開催した。金融危機におけるウォール街の“罪と罰”を一手に負わされそうな空気だ。
 「ゴールドマンは、自らの商品を買った顧客が損する方に大金を賭けて、絶好調の時を送った」。上院国土安全保障・政府活動委員会のレビン調査小委員長は、同社の「顧客を犠牲にした」利益追求を批判した。
 「ビッグ・ショート(空売り)」といったトレーダーらの言葉が踊る社内電子メールを同小委が分析した結果、ゴールドマンは07年、住宅ローン関連の金融商品を顧客に売る一方、自らは住宅ローン市場の急落を見越し、大量に売り持ちして、巨額の利益を挙げたという。ブランクフェイン氏も当時のメールで「われわれは失った以上を儲けた」と総括していた。
 実際、他の大手金融機関が軒並み赤字転落した中で、同社は、07年通期で過去最高益を記録。「逆張りで荒稼ぎした」との見方は当時から否定してきた。
 公聴会で議員らは、具体的な取引の違法性を追及するのは避け、高リスクで複雑な金融手法や投資銀行の企業風土を「金融危機の引き金」(レビン委員長)とみなして、その倫理性を追及した。
 冒頭陳述で、ブランクフェイン氏は「大規模な売りは仕掛けていないし、顧客の利益に反するような取引はしていない」とし、逆に07、08年を通じ住宅ローン市場の取引で12億ドルの損失を出したと反論。商品取引で社内で頭角を現し、ウォール街のCEOで最も高額報酬のひとりとされる同氏は、SECの訴追が「わたしの金融プロの人生で最悪の日」と陳述。
 SECが問題視した商品の組成を担当したトレーダーのファブリス・トゥール氏は「商品は損するように設計したわけではない」と戸惑いの表情を浮かべた。
 リーマン・ショック以降の経営難で公的資金を受けたが、真っ先に返済し、高額賞与を復活させた「ウォール街の覇者」が今、「強欲体質」の象徴として、狙い撃ちされている格好だ。米紙ワシントン・ポストの最新世論調査によると、ウォール街への厳格な規制に63%が支持すると答えた。
 26日の上院本会議で、共和党は、金融規制改革法案の審議開始の動議を全員反対で否決させた。しかし、法案自体の反対は「ウォール街改革への抵抗」と見なされ、秋の中間選挙でマイナスとなる可能性もある。
 一方で、米誌ニューズウィーク国際版編集長のファリード・ザカリア氏は26日付のワシントン・ポスト紙のコラムで、「ゴールドマンへの激しい怒りは、本質を見えにくくし、公共政策をゆがめる恐れがある」と、競争力をも奪う過剰な制裁や規制が科される危険性を指摘している。


---Trader's Testimony Raises Legal Issues---
APRIL 28, 2010
By AMIR EFRATI And KARA SCANNELL
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703832204575210610576774470.html?mod=WSJ_business_LeadStoryCollection

Goldman Sachs Group Inc. trader Fabrice Tourre's sworn testimony Tuesday on Capitol Hill could strengthen the Securities and Exchange Commission's civil-fraud case against him and the securities firm, some legal experts said.

The 31-year-old Mr. Tourre's responses to questions from lawmakers on the Senate Permanent Subcommittee on Investigations were largely parallel with Goldman's previous denials of any wrongdoing in the 2007 deal called Abacus 2007-AC1.

But internal documents disclosed during the daylong hearing might weaken several arguments that Goldman has been using since the suit was filed earlier this month, according to some legal experts.

For example, Goldman has said that investors in such transactions created by the firm were "sophisticated," a word Mr. Tourre repeated in his testimony.

During the hearing, though, Sen. Susan Collins (R., Maine) referred to an email sent by Mr. Tourre that discussed a list of buyers for a potential mortgage-related investment that "should include fewer sophisticated hedge funds."

"This sounds like a deliberate attempt to sell your products to less-sophisticated clients," she said. Mr. Tourre responded that the comment reflected his view of hedge funds, which "have a tendency to argue … very, very much about prices."

Michael Perino, a law professor at St. John's University who studies securities litigation, said such emails could help the SEC if the case goes to trial, adding, "Is the jury going to believe these post hoc explanations for 'what we meant' in these internal memos?"

During the hearing, another Goldman email was used against Mr. Tourre, when he repeated Goldman's previous statements that a firm called ACA Management LLC had "sole authority" to select the securities portfolio in the deal, with hedge-fund Paulson & Co. merely suggesting securities to the advisory firm.

Sen. Carl Levin (D., Mich.) noted an email Mr. Tourre wrote to a superior, in which the trader said ACA and Paulson had "selected" the securities used in the deal. "I could have been more accurate," Mr. Tourre responded.

The SEC alleges that Goldman failed to tell investors of the role of Paulson in choosing mortgage securities underlying the Abacus deal. Paulson hasn't been charged in the case.

The SEC also alleges ACA was misled into believing Paulson wanted the deal to perform well. Mr. Tourre said Tuesday he told ACA that Paulson was betting against the deal.

Mr. Tourre's comment was consistent with testimony provided to the SEC by a former Paulson executive who said he had told ACA of Paulson's intention, according to people familiar with the matter.

One of Mr. Tourre's answers on Tuesday could weaken a key Goldman response to the SEC claims-that Goldman had no incentive to structure the deal so it would fail. Goldman has said it was an investor in the deal and lost $90 million when the deal lost value.

But Mr. Tourre told the senators that Goldman tried early on to sell its investment, and couldn't find a buyer.

A Goldman spokesman declined to comment Tuesday on Mr. Tourre's testimony. A lawyer for Mr. Tourre didn't immediately respond to a request for comment.
-Patrick Yoest contributed to this article.


---米ゴールドマン、反論へ 1100億円損失と主張---
2010年4月27日 12時55分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010042701000433.html

 【ニューヨーク共同】金融商品取引をめぐる不正があったとして米証券取引委員会(SEC)から訴えられている金融大手ゴールドマン・サックスは、27日の上院小委員会の公聴会で、同社自体が関連の取引で12億ドル(約1100億円)に達する損失を出しており、そうした金融商品の下落で一方的に利益を得た事実はないと主張する。
 同社が、証言を予定している最高経営責任者(CEO)のブランクファイン氏の冒頭発言を26日に公表した。
 SECから不正があったとして訴えられたことについて「同意できない」と違法性を否定する。


---米国:ゴールドマンCEO、正当性を主張 上院冒頭発言---
2010年4月27日 10時37分 更新:4月27日 11時44分
http://mainichi.jp/select/today/news/20100427k0000e020010000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】米証券取引委員会(SEC)から情報不正開示の疑いで提訴された米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)は26日、米上院常設調査小委員会の公聴会で翌27日に証言するブランクファイン会長兼最高経営責任者(CEO)の冒頭発言を公表した。それによると、ブランクファインCEOは「SECの提訴に強く反論する」と改めて自社の正当性を主張。「顧客からの信用を失うような、顧客の利益に反する取引はなかった」と強調している。
 GSは、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)関連の証券化商品販売に絡み、顧客に開示すべき情報を隠していたとしてSECから訴えられた。これに対しブランクファインCEOは「07年以降の住宅市場の崩壊で、GSも約12億ドル(約1130億円)の損失を出した」と指摘。「住宅市場の下落を見越して大量の売り注文を出して利益を上げたことなどない」と訴えている。
 一方、米上院での審議が大詰めを迎えている金融規制改革法案については「デリバティブ(金融派生商品)取引の透明性向上につながる」と、支持する意向を表明した。
 27日の公聴会では、ブランクファインCEOのほか、同社幹部6人もサブプライム関連商品の取引について証言する。


---On Wall St., Goldman Hearings Rivet Some to TV, but Not All---
By ANDREW MARTIN and ERIC DASH
Published: April 27, 2010
http://www.nytimes.com/2010/04/28/business/28wall.html?src=busln

Maybe it was the deepening debt crisis in Europe. Maybe it was the rare treat of a Mets-Dodgers doubleheader starting just before happy hour. Or maybe it was the lack of a “Holy cow” moment.

Whatever the reason, Wall Street seemed to take little notice of the first public fracas between lawmakers and Goldman Sachs executives on Tuesday. Even as the televised Senate hearing gave viewers their first good look at newly famous figures like Fabrice Tourre and David Viniar, there seemed to be plenty to divert bankers and traders from the day’s scheduled distraction.

“I’m watching it with just with passing interest,” Charles F. Gergel, a 48-year-old corporate lawyer, said during a lunchtime cigarette break near his office at 44 Wall Street. “I’m not glued to the TV.”

Several bankers said that just as Mr. Tourre, the only Goldman employee named in the civil fraud suit filed this month by federal regulators, began his testimony to the Senate panel, their attention was diverted by news that Standard & Poor’s had lowered the rating of Greek debt to junk status and had further downgraded Portugal’s creditworthiness.

At that moment, the debt crisis in Europe and its drag on the euro became a higher priority than listening for the correct pronunciation of Tourre (pronounced simply Tour).

From 11 a.m. to 1 p.m. on Tuesday, a period when trading volume usually dips as Wall Street takes lunch, trading of stocks in the Dow Jones industrial average actually rose slightly and remained steady for the remainder of the day.

“I haven’t been paying too much attention to it,” said Leon Chase, 41, an investment banker. “I can’t look at somebody else’s mistakes. I’m more focused on my own business.”

Of course, there were plenty of exceptions. Interest in the hearing was said to be far more intense on mortgage trading desks - the business at the core of the Securities and Exchange Commission suit against Goldman and at the center of Congressional scrutiny of Wall Street.

Vikram Khanderia, 40, who was visiting from Deutsche Bank’s offices in India, said his colleagues were closely watching the hearings, fearing the federal government would take action against other banks.

“I’m sure everyone is glued to the TV,” he said.

Others said they were keeping close tabs on the proceedings for their historical significance. Bob Sloan, a hedge fund risk management adviser at S3 Partners, said he was riveted by the television all day to watch what he described as a pivotal point for Wall Street.

Before the hearings, he said, Wall Street bankers saw themselves as market makers who profited by bringing buyers and sellers together. Now, senators are calling on them to take on a higher responsibility. “Any time you try to change the standard of care, you change the way the Wall Street works,” he said.

Cable networks like CNBC and C-Span provided live beginning-to-end coverage of the Senate hearing, held by the Permanent Subcommittee on Investigations. But those testifying stuck close to their scripts, and speakers on both sides seemed to talk past one another, making for low drama.

Some moments were moderately buzzworthy by the standards of the Internet age. The committee chairman, Carl Levin of Michigan, used a profane turn of phrase 11 times in four minutes, quoting from an internal Goldman e-mail message, while questioning Daniel Sparks, the former head of Goldman’s mortgage department.

That set the blogosphere ablaze, but by then Wall Street was just about finished yawning.

By the time Goldman’s chief executive, Lloyd C. Blankfein, took the microphone after the closing bell, traders were calling it a day just like any other, and some were filing into bars for happy hour.

Even then, their interest in the hearing was visibly spotty. The flat-panel screens at bars like Harry’s, the Dubliner and the Stone Street Tavern were showing tournament soccer between Bolton and Plymouth and the first game of a doubleheader between the New York Mets and the Los Angeles Dodgers, made necessary by a rainout Monday night.

At the Full Shilling on Pearl Street, a lawyer who would not give his name explained why he thought many people were not joining him as he watched a lone television displaying Mr. Blankfein on the hot seat.

“People don’t come to a bar to watch this kind of stuff,” he said.


--- 利益 37億ドル「GSの説明矛盾」 米上院小委員長---
2010/4/27 9:58
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0E5E2E2878DE0E5E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL

 【ワシントン=大隅隆】米上院国土安全保障・政府活動委員会のレビン小委員長は26日記者会見し、ゴールドマン・サックス(GS)の取引に関する調査結果を公表した。同小委員長は「GSは複数のケースで顧客に住宅ローン関連の有価証券を売る一方で、住宅市場(の下落)に賭け巨額の利益を得た。(こうした行為を否定している)GS側の説明と矛盾している」と語った。
 今回の議会調査では、証券取引委員会(SEC)の提訴対象の案件に限らず、2004年以降のゴールドマンの証券化商品関連の取引を幅広く調べた。レビン氏によると、GSの関連商品の空売りなどによる利益は37億ドル(約3470億円)という。
 同調査によると、ゴールドマンは07年に住宅関連の証券化商品の保有額を減らすと同時に空売りを拡大した。ただ、証券化商品の下落を見込んだ取引を自己勘定で手掛けているにもかかわらず、その事実を投資家や格付け会社に開示せずに関連商品を販売していた。


---Goldman CEO, 'Fabulous Fab' facing Congress---
By MARCY GORDON and ALAN ZIBEL
The Associated Press
Tuesday, April 27, 2010; 3:48 AM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/27/AR2010042700521.html

WASHINGTON -- The CEO of Goldman Sachs and other executives from the Wall Street powerhouse are coming before Congress 10 days after the government accused the firm of fraud. The Senate panel hearing their testimony Tuesday alleges that Goldman used a strategy that allowed it to profit from the housing meltdown and reap billions at the expense of clients.

Goldman executives misled investors in complex mortgage securities that turned toxic, investigators for the Senate subcommittee say. They point to a trove of some 2 million e-mails and other Goldman documents obtained in an 18-month investigation. Excerpts from the documents were released Monday, a day before the hearing bringing CEO Lloyd Blankfein and the others before the Senate Permanent Subcommittee on Investigations.

Blankfein says in his prepared testimony that Goldman didn't bet against its clients and can't survive without their trust.

Also appearing Tuesday: Fabrice Tourre, a Goldman trading executive who, federal regulators say, marketed an investment designed to lose value. Tourre who famously called himself in a January 2007 e-mail "The fabulous Fab ... standing in the middle of all these complex, ... exotic trades he created."

The Securities and Exchange Commission this month filed a civil fraud case against Goldman, saying it misled investors about securities tied to home loans. The SEC says Goldman concocted mortgage investments without telling buyers they had been put together with help from a hedge fund client, Paulson & Co., that was betting on the investments to fail. The agency also charged Tourre.

Goldman disputes the charges and says it will contest them in court.

At the hearing, Blankfein will repeat the company's assertion that it lost $1.2 billion in the residential mortgage meltdown in 2007 and 2008 that touched off the financial crisis and a severe recession.

He also will argue that Goldman wasn't making an aggressive negative bet - or short - on the mortgage market's meltdown.

"We didn't have a massive short against the housing market, and we certainly did not bet against our clients," Blankfein says in the prepared remarks released by Goldman. "Rather, we believe that we managed our risk as our shareholders and our regulators would expect."

But Sen. Carl Levin, D-Mich., the subcommittee chairman, said Monday: "I think they're misleading the country. ... There's no doubt they made huge money betting against the (mortgage) market."

Goldman "knew of Paulson's involvement in the selection" of securities, Levin told reporters. "They knew Paulson was going short."

Goldman has fought back against the fraud charges with a public relations blitz aimed at discrediting the SEC's case and repairing the bank's reputation. Some big clients are publicly backing the firm. But its stock has yet to recover from the fall that followed the SEC lawsuit on April 16.

The subcommittee, which is investigating Goldman's role in the financial crisis, provided excerpts of e-mails showing a progression from late 2006 through the full-blown mortgage crisis a year later. Levin said they show Goldman shifted in early 2007 from neutral to a short position, betting that the mortgage market was likely to collapse.

"That directional change is mighty clear," Levin said. "They decided to go gangbusters selling those securities" while knowing they were toxic.

"We have a big short on ...," Tourre wrote in a December 2006 e-mail.

Daniel Sparks, a former head of Goldman's mortgages department, wrote to other executives in March 2007, "We are trying to close everything down, but stay on the short side." Sparks also is scheduled to testify at Tuesday's hearing.

The issue of how much Goldman executives pushed such policies and were aware of the mortgage trading department's practices is a key one emerging before the Senate hearing.

The 140-year-old investment house's trading strategy in recent years enabled it to weather the financial crisis better than most other big banks. It earned a blowout $3.3 billion in the first quarter of this year.

Even before the SEC filed its fraud charges, Goldman denied that it bet against clients by selling them mortgage-backed securities while reducing its own exposure to them by taking short positions.

By the Senate subcommittee's reckoning, Goldman made about $3.7 billion from its short positions in several complex mortgage securities called collateralized debt obligations in 2006-2007. The short positions made up about 56 percent of its total risk during the period, the investigators found.

But the company says it lost $1.2 billion when it sold home mortgage securities in 2007 and 2008.

According to a November 2007 internal Goldman e-mail: "Of course we didn't dodge the mortgage mess. We lost money, then made more than we lost because of shorts."

In addition to the $2 billion collateralized debt obligation that's the focus of the SEC's charges against Goldman, the subcommittee analyzed five other such transactions, totaling around $4.5 billion. All told, they formed a "Goldman Sachs conveyor belt," the Senate panel said, that dumped toxic mortgage securities into the bloodstream of the financial system.

The firm's correspondence to the SEC dated Oct. 4, 2007, includes this: "During most of 2007, we maintained a net short subprime (mortgage) position and therefore stood to benefit from declining prices in the mortgage market."

In his prepared remarks, Blankfein acknowledges, "We have to do a better job of striking the balance between what an informed client believes is important to his or her investing goals and what the public believes is overly complex and risky."

He adds, "If our clients believe that we don't deserve their trust, we cannot survive."


---米ゴールドマン「上院委は結論ありき」、空売り批判に反論---
2010年04月26日 12:26 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/article/economy/2721386/5662576

【4月26日 AFP】米金融大手ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)は25日、前日に米上院調査小委員会のカール・レビン(Carl Levin)委員長が同社幹部の電子メールを公表し、同社がサブプライム問題によって巨額の利益を得た証拠だと指摘したことについて、「都合のよい情報だけ拾っている」と反論した。

■「失った以上の金を手に入れる」
 レビン委員長は24日、ゴールドマン幹部の電子メール4本を公表し、信用力が低い人向けの「サブプライム住宅ローン」を裏付けとした債務担保証券(collateralized debt obligation 、CDO)の空売りで同社が巨額の利益を上げることができた証拠だと指摘した。
 公表されたメールの1つでは、ロイド・ブランクフェイン(Lloyd Blankfein)会長兼CEOが別の同社幹部に対し、「もちろん、われわれも抵当(市場)の混乱を避けられなかった。損失を出したが、その後の空売りで失った以上の金を手に入れた」などと書き送っていた。
 こうしたメールを元にレビン委員長は、「ゴールドマンら投資銀行は、金融危機を引き起こした危険で複雑な金融商品の自己中心的なプロモーターと化していた」と批判した。

■むしろ12億ドル損失と反論
 これに対しゴールドマン側は25日、同社は2007年~08年に住宅ローン関連の金融商品で12億ドル(約1100億円)の純損失を出したとして、「巨額の利益を得た」との指摘に反論。「提供された2000万ページの文書の中から、都合のよいわずか4本の電子メールを拾っている」「公聴会も開かないうちから結論ありきで動いているようだ」と、調査小委員会を非難した。
 ゴールドマンは16日、サブプライムローン関連の業務で不正があったとして、米証券取引委員会(Securities and Exchange Commission、SEC)から詐欺の疑いで提訴されている。ブランクフェイン会長ら同社幹部は、27 日に小委員会の公聴会に出席し証言する予定。


---ゴールドマンCEOら、米上院公聴会に出席へ---
2010年4月25日19時22分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100425-OYT1T00598.htm

 【ワシントン=岡田章裕】米議会上院常任調査小委員会は24日、米金融大手「ゴールドマン・サックス(GS)」のロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)ら経営陣を呼び、27日に公聴会を開催すると発表した。
 米証券取引委員会(SEC)が証券詐欺容疑で提訴したGSの経営責任を徹底追及する方針だ。
 小委員会のカール・レビン委員長は、調査で把握したGSの社内電子メールを公表した。2007年11月のメールでブランクファインCEOは、低所得者層向け住宅融資「サブプライムローン」に関連し、「市場の混乱で損失を出したが、空売りのおかげで、それ以上にもうけることができた」などと述べていた。別の経営幹部のメールには、空売りによって1日で5000万ドル(47億円)以上の利益を上げたことが記されている。
 レビン委員長は、「これらのメールは、GSがサブプライム関連商品の下落時に、巨額の利益を上げたことを示している」と指摘した。その上で、「GSなどの投資銀行は、金融危機を引き起こした危険で複雑な金融商品を売り歩く自己中心的なプロモーター(興行主)だ」と批判した。


---米上院小委、ゴールドマンを追及へ 「空売りで巨額利益」---
2010.4.25 17:16
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100425/fnc1004251717003-n1.htm

 米上院のレビン調査小委員長は24日、金融大手ゴールドマン・サックス(GS)の経営首脳の電子メールの一部を公表、信用力の低い人向けの「サブプライム住宅ローン」を裏付けとした債務担保証券(CDO)を顧客に販売する一方で、将来の値下がりを見込んで空売りし、巨額の利益を得ていたことを示す証拠だと批判した。
 調査小委員会は27日に開く公聴会で、GSのブランクファイン最高経営責任者(CEO)らを呼び厳しく追及する。
 ブランクファインCEOが2007年11月に出したメールには「もちろん、われわれも住宅ローン市場の混乱から逃れられず損失も出したが、空売りのおかげで損失以上の利益を上げた」と記され、別の幹部のメールには、空売りで一日に5千万ドル(約47億円)超の巨額利益を上げたことが書かれているという。(共同)


---ゴールドマン会長ら証言へ 米上院で潔白主張か--
2010年4月22日 08時29分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010042201000115.html

 【ニューヨーク共同】米証券取引委員会(SEC)が金融商品の販売で不正があったとして金融大手ゴールドマン・サックスを訴えた問題で、同社のブランクファイン会長兼最高経営責任者(CEO)と、問題となった金融商品の販売などに関与した担当者が27日にも上院公聴会で証言することが分かった。米メディアが21日伝えた。
 両者は、SECが指摘する不正行為は一切していないと主張する見通しだが、議員からの激しい追及も予想される。
 ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)などによると、ブランクファインCEOらは、SECから訴えられる前に上院公聴会の出席要請を受け、金融危機における投資銀行の役割について意見を述べることになっていたという。


---ゴールドマン訴追への関与否定 米大統領「SECと話してない」---
2010.4.22 08:28
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100422/fnc1004220829004-n1.htm

 オバマ米大統領は21日、CNBCテレビとのインタビューで、証券取引委員会(SEC)が金融商品の販売で不正があったとして金融大手ゴールドマン・サックスを訴えた問題についてホワイトハウスの関与を否定した。
 オバマ大統領は「SECは完全に独立した機関であり、彼らとは何も話し合っていない」と述べ、中立を強調した。
 この問題をめぐっては、金融危機の再発防止に向け規制強化を進めるオバマ政権の意向をSECが反映したとの見方が出ていた。(共同)


---ホワイトハウスの関与否定 ゴールドマン問題で---
2010年4月22日 07時11分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010042201000080.html

 【ニューヨーク共同】オバマ米大統領は21日、CNBCテレビとのインタビューで、証券取引委員会(SEC)が金融商品の販売で不正があったとして金融大手ゴールドマン・サックスを訴えた問題についてホワイトハウスの関与を否定した。
 オバマ大統領は「SECは完全に独立した機関であり、彼らとは何も話し合っていない」と述べ、中立を強調した。
 この問題をめぐっては、金融危機の再発防止に向け規制強化を進めるオバマ政権の意向をSECが反映したとの見方が出ていた。


---オバマ大統領側近、目の敵の金融大手に寝返り---
2010年4月21日18時16分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100421-OYT1T00917.htm

 【ワシントン=岡田章裕】米証券取引委員会(SEC)から証券詐欺容疑で提訴された米金融大手ゴールドマン・サックスが、訴訟対策として、オバマ大統領の元側近を顧問弁護士として雇ったことが分かった。
 米有力政治専門紙「ポリティコ」が報じた。SECによる提訴は、金融規制強化を狙う大統領が米金融街・ウォール街の象徴とされるゴールドマンを狙い撃ちしたと見られているだけに、今回の「寝返り」人事は波紋を呼びそうだ。
 元側近は、昨年秋まで大統領法律顧問を務めたグレッグ・クレイグ氏。米政府は、ロビイスト政治を一掃するため、政権から離れてから2年間はロビイストになることを禁じているが、クレイグ氏は「ロビイストとしての弁護士ではない」と説明しているという。


---和解拒否し訴えられる ゴールドマンめぐり米紙---
2010年4月20日 17時26分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010042001000636.html

 【ニューヨーク共同】米証券取引委員会(SEC)が金融大手ゴールドマン・サックスを詐欺の疑いで訴えたことについて、ワシントン・ポスト紙(電子版)は20日、SECとゴールドマンが数カ月間、水面下の協議を重ねて妥協点を模索したが、ゴールドマン側が3月、和解を拒否したため訴えられたと報じた。
 金融危機の再発防止に向け規制強化を進めるオバマ米政権に対し、金融機関側が激しく抵抗している構図があらためて浮き彫りとなった。
 ゴールドマンは、信用力の低い個人向けのサブプライム住宅ローン関連の資産を裏付けとした債務担保証券(CDO)の販売で、投資家に重要情報を隠すなどした疑いが持たれている。
 同紙によると、SECは昨年夏、SECが訴えを起こす可能性があることをゴールドマンに通知したが、同社側はSECの主張に反論、譲歩を拒んだ。このため、5人で構成するSECは3対2の小差で同社を訴えることを決めた。


---「実務にそった検証を」 ゴールドマン提訴で日証協会長---
2010.4.20 17:25
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100420/fnc1004201726015-n1.htm

 日本証券業協会の安東俊夫会長は20日の定例会見で、米証券取引委員会(SEC)が金融大手ゴールドマン・サックスを証券詐欺の疑いで提訴した問題について、「現時点で双方の主張は明確に対立しており、いい悪いは判断できないが、実務に沿った検証が行われるべきだ」と述べた。
 また、米国の金融規制強化の動きについて、「規制強化が世界的な潮流になっているが、行き過ぎる可能性もある」とし、「全世界一律に同じような規制をするのではなく、それぞれの国の状況を冷静に判断するべきだ」と強調した。


---ゴールドマン訴追、金融規制法案に追い風 背景に“拝金主義”批判---
2010.4.19 16:57
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100419/fnc1004191700016-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】米証券取引委員会(SEC)が米金融大手ゴールドマン・サックスを証券詐欺の疑いで訴追したことが、オバマ政権が目指す金融規制改革法案の採決に追い風になるとの見方が出ている。訴追によりウォール街の “拝金主義”への批判が改めて高まっているためだ。一方で市場への政府関与に反発する野党共和党は、可決阻止の構えを崩していない。月内の上院採決に向け、攻防は天王山を迎えている。
 「デリバティブ(金融派生商品)市場を暗闇から引き出し、納税者を将来の救済から守る強力な法案が可決されると確信している」
 ガイトナー財務長官は18日、米NBCテレビに出演してこう強調した。
 法案は昨年12月に下院で可決。上院案では、連邦準備制度理事会(FRB)に資産500億ドル以上の大規模金融機関の監督や消費者保護の権限を付与。政府に、システミックリスク(連鎖破(は)綻(たん)の危険)の恐れのある金融機関の破(は)綻(たん)処理の権限を与えることも盛り込まれている。
 これに対し、共和党は「法案は逆に救済を助長する」(マコンネル上院院内総務)と反対の意向を表明している。
 政府・与党民主党と野党の対立が激化する中、SECは16日、低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)に関係する証券化商品の販売に絡み、ゴールドマンを詐欺容疑でニューヨーク連邦地裁に訴追した。
 金融危機の引き金となったサブプライム問題で、投資家を欺き、荒稼ぎしていたウォール街の金融機関が司法の裁きを受けることになり、世論を中心に金融規制強化を求める機運は高まりをみせている。
 さらに、上院のリンカーン農業委員長(民主)が歩調を合わせるように同日、デリバティブ市場の監視強化案を公表。金融規制法案にどう取り込むかが、焦点となっている。
 上院(定数100)の民主党の勢力は59議席で共和党による議事妨害を阻止できる60議席に届かず、可決には最低1人の共和党議員の賛成が必要。先月成立した医療保険改革法を阻止できなかった共和党は締め付けを強めているが、「ウォール街ひいき」との批判を恐れた共和党議員が造反する可能性もある。
 1930年代の大恐慌以来となる米金融規制改革は、昨年の主要20カ国・地域(G20)サミット(首脳会議)での国際公約でもあり、政争の具となり否決されるような事態になれば、米国の信認が低下するのは避けられない。


---欧州でもゴールドマン攻撃 英首相、特別調査を指示---
2010年4月19日 09時24分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010041901000112.html

 【ロンドン共同】ブラウン英首相は18日、英BBC放送の番組で、米証券取引委員会(SEC)に訴追された金融大手ゴールドマン・サックス(GS)を「倫理の破綻」と批判し、監督機関の金融サービス機構に特別調査を指示したことを明らかにした。
 ロイター通信などによると、ドイツ政府も法的措置を講じる構えで、欧州でGSへの攻撃が一気に表面化した。
 ブラウン首相は「この倫理の破綻にショックを受けている。恐らく最悪の事態の一つだ」と語った。
 GSは、信用力の低い個人向けのサブプライム住宅ローン関連の資産を裏付けとした債務担保証券(CDO)の販売で、投資家に重要情報を隠したり誤った情報を伝えたりしたとして訴追された。
 GSは財政危機に陥ったギリシャの債務隠しにかかわった疑惑が持たれており、欧州連合(EU)も調査を検討。欧州には、GSから購入したCDOで多額の損失を被った銀行も多く、銀行が個別に訴訟を起こすケースもありそうだ。


---GS、金融規制のやり玉に サブプライム不当利益でSEC訴追---
2010.4.19 05:00
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100419/mcb1004190503014-n1.htm

 米証券取引委員会(SEC)は16日、米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)がサブプライムローン関連証券で不当に利益を上げたとして証券詐欺罪の容疑でニューヨーク連邦地裁に訴追し、同日の米株式相場は大幅に下落した。週明けの東京市場や、米議会で審議されている金融規制改革法案の行方にも影響しそうだ。
 SECは、住宅市場が崩壊しつつあった2007年初め、GSが低所得者向けサブプライムローンを裏付けとする債務担保証券(CDO)を重要情報の開示なしに投資家に販売し、不当に利益を得たとしている。

容疑は証券詐欺罪
 訴状によると、GSはヘッジファンドのポールソン・アンド・カンパニーとともにデフォルト(債務不履行)の可能性が高い住宅ローンを組み込んだ合成CDO「アバカス」を組成し、投資家に販売。ポールソンはポートフォリオ選定に関与していたことや、これらCDOの下落を見込む取引をしていた事実を開示しなかったという。
 ブルームバーグのデータによるとGSは78億ドル(約7190億円)以上のアバカスを発行しており、投資家のリスクはその何倍もの規模だった。GSは容疑を全面的に否定。ポールソンは同取引で10億ドルを稼いだが、不正行為に問われていない。
 SECの発表を受け、ドイツ政府もGS訴追の検討に入った。ウィルヘルム政府報道官によると、独連邦金融監督庁はSECに情報を求め、同社の告訴を検討する見通しだ。SECはCDOを購入した機関の一つに、独復興金融公庫が08年に約100億ユーロ(約1兆2400億円)を投じて救済したIKBドイツ産業銀行を挙げている。

取り締まり強化懸念
 米ハンティントン・アセット・アドバイザーズの資金運用統括者、ピート・ソレンティーノ氏は、政府による投資銀行の業務慣行に対する取り締まりが強化されるとの懸念から週明けの株式市場は下落すると予想。株式の買いチャンスとみている。
 また米スティフェル・ニコラウスの株式トレーディング部門マネジングディレクター、デビッド・ルッツ氏は「サブプライム関連証券をめぐりほかにも多くの問題があることは誰でも知っているが、やり玉に上がっているのはGSだけ。これが金融株を圧迫している」と指摘。
 米リッジワース・キャピタル・マネジメントのファンドマネジャー、ドン・ワーデル氏は「投資家は現実に引き戻された。(市場の先行きに)懐疑的な見方が広がっている」と述べた。
 オバマ政権はSECのGS告訴をてこに、共和党や金融業界による金融規制改革法案への支持獲得を進める見込みだ。SECは同法案の上院審議を週明けに控えた週末にGS訴追を発表。同日、オバマ大統領は顧問らとデリバティブ(金融派生商品)規制強化を議論し、デリバティブ市場に関する新たな規制が含まれない法案は拒否すると表明している。
 同法案を作成したドッド上院議員(民主、コネティカット州)は、今回の事件により金融規制改革の必要性が鮮明になったと表明。「このような業界慣行を明るみに引き出し、米経済を保護するためにも、法案を成立させなくてはならない」との声明を発表した。
 同法案では大手金融機関の解体や連邦準備制度理事会(FRB)内への消費者保護機関の設置、デリバティブやヘッジファンド取引の監督強化を目指す内容が盛り込まれている。(ブルームバーグ Jody Shenn、Bob Ivry)

0 コメント: