2010年5月11日火曜日

ムンバイ同時テロ犯 死刑判決

ムンバイ同時テロ犯に死刑判決がでた。
ムンバイで起きたイスラム過激派による同時多発テロで、同市の特別
法廷は量刑判決公判で、実行犯10人のうち唯一生き残ったパキスタン人
のアジマール・カサブ被告に死刑を言い渡した。絞首刑に処される。

ラシュカレトイバ
ラシュカレトイバは、ニューデリーでの国会議事堂襲撃事件後、
パキスタンで非合法団体に指定されたが、名称を変えるなどして活動を維持。
アルカイダとの関係も指摘されるが、ムンバイでのテロ関与は否定。

インド政府は、パキスタン政府にラシュカレトイバ指導者の逮捕、
身柄送還などを求めたが拒否。

現行犯で逮捕されたからなんだろうけど、ついた弁護士は、依頼者に
死刑判決が言い渡されてもでても、「弁護は困難だったが、満足して
いる」と話している。この言葉だけを見れば、弁護士も検事の見方の
ようだ。正当な裁判だったのだろうか。

ムンバイテロ 評決待ち


Ajmal Kasab gets death sentence for 26/11 Mumbai attacks Asian News International (ANI)


---容疑者の同意なしでのうそ発見器使用は違憲、インド---
2010.05.08 Web posted at: 11:41 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/world/AIC201005080003.html

ニューデリー(CNN) インド最高裁は5日、容疑者の同意なくうそ発見器などを使用することを違憲とする判断を示した。強制的な使用は憲法20条が保障する取り調べなどで個人が黙秘出来る権利の侵害に相当するとしている。

うそ発見器や自白剤などの同意なき使用禁止を求めてきた弁護士グループは、最高裁の違憲判断を受け、禁止は法制化されるべきだとも主張している。

うそ発見器などの使用について最高裁はまた、容疑者の同意を取り付けて利用されたとしてもテスト結果は証拠として採用されるべきではないとの判断も示した。

人権擁護活動家らは最高裁の見解を歓迎し、インドは英国の植民地時代に構築された司法システムに決別すべき時機を迎えたと主張。うそ発見器を使用しても事件の解明で決定的な証拠を得られるわけでもないとも指摘している。

インドの警察関連の法体制は、英国の植民統治への反対闘争が高まった後の1861年に制定された法律にさかのぼる。インドは1947年に英国から独立している。国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは昨年、インドの警察は英国植民地時代の強権的な捜査手法から依然脱却していないとの報告書を公表していた。

一方、インド政府当局は公正な裁判維持に努力していると反論。チダムバラム内相は3日、インド西部ムンバイで2008年に起きた同時多発テロ事件の裁判に関連し、実行犯で唯一生き残ったパキスタン人のアジマール・カサブ被告に十分な弁論の機会が与えられるなどインドの法の統治は機能していると主張した。この裁判ではインド人の容疑者2人が無罪の判決を受けている。


---ムンバイテロ実行犯被告に死刑 司法当局---
2010年5月6日 20時06分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010050601000757.html

 【バンコク共同】日本人を含む約160人が犠牲になった2008年11月のムンバイ同時テロで、実行犯としてインド政府が唯一拘束し、殺人などの罪に問われたパキスタン人アジュマル・カサブ被告の判決公判が6日開かれ、ムンバイの裁判所は死刑を言い渡した。
 裁判所は国内最悪のテロを起こした実行犯への極刑を選択することで、同テロへの関与が指摘されているパキスタン過激派と、パキスタン政府に対しテロを許さない断固たる意思を示した。
 被告側は控訴する可能性がある。
 昨年3月の初公判以降、計約660人が証言。カサブ被告はムンバイの駅構内などで共犯者とともに銃を乱射して多数を死傷させたとして、裁判所は今月3日、問われた約80の罪で有罪を宣告した。
 カサブ被告は昨年7月、従来の無罪主張を一転させてテロ行為を認めたが、その後再び否認に転じた。
 ムンバイ同時テロでは、被告を除く9人の実行犯全員が殺害された。
 インド国内では同テロ以降目立ったテロはないが、パキスタン側から「テロリスト」が流入、インドを標的にしたテロの脅威は消えておらず、印パ関係も冷却化したままとなっている。


---生き残った実行犯に死刑判決、インドのムンバイ同時テロ---
2010.05.06 Web posted at: 19:33 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/world/AIC201005060026.html

インド・ムンバイ(CNN) インド西部の商都ムンバイで2008年11月に起きたイスラム過激派による同時多発テロで、同市の特別法廷は6日の量刑判決公判で、実行犯10人のうち唯一生き残ったパキスタン人のアジマール・カサブ被告に死刑を言い渡した。絞首刑に処される。

被告は今月3日、殺人、テロ謀議やインドに対する戦争行為で有罪の判決を言い渡されていた。特別法廷は被告に対し罪名5件で死刑判決、別の5件で終身刑の判決を下した。

このテロはホテル3カ所、鉄道駅やユダヤ教文化センターを標的にしたもので、3日の間、銃撃戦や爆発などが続き、ホテルの宿泊客ら160人以上が死亡した。カサブ被告はこの襲撃で武器を構えている姿などが映像に収められていた。実行犯の残り9人はインド治安部隊の掃討作戦で銃殺されるなどした。

インド政府はテロの実行組織をパキスタンに拠点があるイスラム過激派「ラシュカレトイバ」と断定。パキスタン政府に対し、同組織の指導者逮捕、インドへの身柄送還などを求めた。パキスタン政府はこれに難色を示し、両国関係がきしむ一因ともなっている。

ラシュカレトイバは2002年、インドの首都ニューデリーでの国会議事堂襲撃事件後、パキスタンで非合法団体に指定されたが、名称を変えるなどして活動を維持してきたともされる。国際テロ組織アルカイダとの関係も指摘される。だが、ムンバイでのテロ関与は否定している。

インド捜査当局は、カサブ被告はラシュカレトイバの軍事訓練を受けてムンバイに送り込まれたと主張していた。同被告はインド当局の取り調べに、ラシュカレトイバの関与を認めたが、その後、捜査当局に自白を強要されたなどとして供述を覆していた。

テロ事件ではインド人容疑者2人も起訴されたが、裁判で無罪となっている。


---No chance of reformation of such a person: judge
Friday, May 07, 2010
http://www.thehindu.com/2010/05/07/stories/2010050762191200.htm

Staff Reporter

“He was anxious to attack India. He asked the wanted accused [of Lashkar] why there was a delay”

“When he fired indiscriminately, it was without any regard; children and women were killed”

Today we have been successful in giving justice to the victims of 26/11, says Nikam

Mumbai:The “brutality” of offences committed by Mohammad Ajmal Amir Kasab, the “depravity” of his mind and his “voluntary” act of becoming a terrorist as per the prosecution's case formed the basis for awarding the death sentence to the lone surviving attacker of 26/11.

The special sessions court in its reasoning for the sentence stated: “There is no evidence of mental or emotional disturbance. On the contrary, he [Kasab] appeared to be mentally prepared. The court has taken note that this man [Kasab] voluntarily went to the office of the Lashkar-e-Taiba. No leader took him there. He along with his friend Muzaffar went from place to place without being accompanied by anybody [from Lashkar]. He [Kasab] offered to become a mujahid. He was prepared to face all kinds of training. He refused the option of returning to his relatives' place and preferred to [remain at the training camp]. There is no chance of reformation or rehabilitation of such a person. The way he has committed the offence gives the court no scope for considering his reformation or rehabilitation.”

The court rejected the defence argument of moral justification for Kasab's crimes as it found it to be “frivolous.” It also rejected defence lawyer K.P. Pawar's contention that his client was acting under duress and domination of the Lashkar bosses.

“Where is the duress,” the court asked. “He and Muzaffar knocked on the door of the Lashkar office. He has shown no duress or domination. Instead, the delay in the attack [upset] him. He was anxious to attack India. He asked the wanted accused [of Lashkar] why there was a delay.”

The criterion of young age was rejected by the court in the light of “the aggravating factors as argued by Special Public Prosecutor Ujjwal Nikam on behalf of the State.”

“The murders were committed after previous planning. Not only was there previous planning, but meticulous and systematic planning with all the modern equipment available. All possible precautions were taken to see to it that the attack was a success. The court has accepted Mr. Nikam's argument,” judge M.L. Tahaliyani said.

Unimaginable brutality

In agreement with the prosecution's argument of unimaginable brutality, the court noted, “[The memory of] brutality was writ large on the faces of the witnesses. When you read the evidence of witnesses at CST [Chhatrapati Shivaji Terminus], see the photographs of [photographer] Sebastian D'Souza, I don't think any words are required to describe the brutality. Some witnesses were not even ready to be police witnesses although having seen the incident, and some were not ready to come to court although their statement had been recorded by the police.”

Commenting on the incident, Mr. Tahaliyani said, “There are no words to explain the exceptional depravity seen in the initial stages of commission of offence. When he fired indiscriminately, it was without any regard; children and women were killed.”

The court also took into consideration that police officers and public servants were “assaulted, injured and killed” by Kasab and his associates.

Having listed the observations, Mr. Tahaliyani said, “It is difficult for me to prepare a balance sheet of aggravating and mitigating circumstances. The balance is totally in favour of the prosecution.”

The court took into account the observations made by the Supreme Court in Bacchan Singh vs. State of Punjab, 1980. However, it noted that the nature of crimes committed by Kasab and the other attackers were not in the sight of the apex court. “The facts of this case are very different. The circumstances are so aggravating that it is impossible to mitigate any of the circumstances.”

The judge also drew upon the principles of jurisprudence by jurist Salmond: “To enjoy an effective system of law we have to impose a penalty which [befits] the crime committed by the accused.” Referring to the case of Ankush Maruti vs. State of Maharashtra, he said, “Undue sympathy to give less penalty will do more harm to the justice system.” With reference to the case of Dhananjay Chatterjee alias Dhana vs. State of West Bengal, the court observed the rights of people at large need also to be considered along with the rights of the convict.

Mr. Nikam expressed his happiness for the verdict before the media. “Today we have been successful in giving justice to the victims of 26/11 and the departed souls. I also feel relieved on being discharged from Arthur Road jail. We did not fall for the foul games Kasab was trying to play. I think the Crime Branch officers, they deserve all the praise.”

Kasab's lawyer on the other hand said he was satisfied with the work he had done. “It was very difficult for me to defend; the evidence was voluminous. I did my job successfully and the court appreciated my efforts. The way I placed my case was the most important thing for me. I could find many good points. It's the court's jurisdiction whether to accept or reject the arguments. I am satisfied with my endeavours,” he said.

The court sentenced Kasab to life imprisonment for offences committed under the Indian Penal Code (IPC) sections 307 (attempt to murder), 307 read with 109 (abetment) and 120 B (criminal conspiracy), 364 (kidnapping or abducting), 121 A (conspiracy to wage war), 122 (collecting arms with the intention of waging war), and Section 3 of the Explosive Substances Act.

---ムンバイ同時テロ、唯一生き残りの被告に有罪---
2010年5月3日21時44分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100503-OYT1T00656.htm

 【ニューデリー=新居益】インド西部ムンバイに設置された特別法廷は3日、2008年11月のムンバイ同時テロの実行犯10人で唯一生き残って逮捕されたパキスタン人、アジマル・カサブ被告(22)に対し、殺人などの罪で有罪とする判決を下した。
 量刑は4日に明らかにされる。
 ムンバイ同時テロでは、市内の高級ホテルやレストラン、駅などが次々襲撃され、日本人1人を含む166人が死亡した。カサブ被告は、別の実行犯と2人で駅を襲撃。銃の乱射や手榴(しゅりゅう)弾で52人を殺害、100人以上を負傷させたとされる。
 カサブ被告は公判でいったん罪を認めたが、その後撤回。警察の拷問で自白を強要されたと主張して今も犯行を否認している。
 インド政府は、ムンバイ同時テロにはパキスタンを拠点とするイスラム過激派「ラシュカレ・タイバ」が関与したと主張している。

0 コメント: