2010年5月11日火曜日

在日米軍に抑止力はあるのか

在日米軍の抑止力が話題。
米軍の抑止力は、中国軍に影響を与えていない。
最近の中国の軍事示威行動を見れば、日本に展開する在日米軍は無力と
言うことを理解できるだろう。
日本の国会議員の一部が中国に軍事情報を流しているため、米国のように
議員は、軍事機密を知るとこができないようにする条約を結ぶことが、
検討されていた記憶がある。結果は不明。
海兵隊の優先的救出対象者に、日本人は含まれない。
米国防大臣もは、北朝鮮の弾道ミサイルについて、
「もしハワイ(米国)に向かってくるようなら迎撃も考慮するが、現時点で
われわれにはその計画はない」
と言っている。
これが現実。
戦争を仕掛けてこないことが抑止力と言う話もあるが、米軍の抑止力では
なく、西側の抑止力だろう。
数年前の自民党の集団的自衛権関係のテレビ広報の際、親米派と反米派
の間で主張された内容だったと記憶がある。
自民党に抑止力あると唱える人が多いが、それは、米CIAのロッキード
収賄工作に怯えて震えているからと噂される。
現実を見直すべきだろう。
信仰で、弾は防げないだろう。

2006年 宋級改良型潜水艦039A型による空母キティ・ホークへの挑発
    上海総領事館員へもの美人局事件
    ガス田白樺開運用開始(一部報道)
2007年 米空母キティホーク香港寄港拒否
    ヤマハ製無人ヘリ中国へ10機不正輸出
     2001年~2005年 逮捕者は起訴猶予、
     法人は略式起訴100万円の罰金+1ヶ月の入札禁止
    中国軍キネテックミサイルで自国人工衛星破壊
    海自イージス艦情報漏えい事件
2008年 中国863計画実施
    中国コピー兵器で軍備増強
    中国スホイ27の複製製造に成功
2009年 米国防長官はテポドン試射の際、「米国関係しか保護しない」発言。
    中国海軍空母建造宣言
    中国海軍が初の国際観艦式
    米戦闘機F35設計情報不当搾取
    Ghostnetで情報収集
    中国公海上の米潜水艦探査拒否
    米ビクトリアスが黄海で中国から妨害
2010年 初めて沖縄本島と宮古島の間を中国海軍艦船軍計10隻通過
    中国海軍艦載ヘリが護衛艦異常接近
    日本EEZにおいて、海保に示威行動

キティホーク香港寄港拒否で第二次中台危機か
神奈川県警 イージス艦情報隊外へ「流出なし」
海自 中国863計画に加担
中国 露製戦闘機複製製造完了
米偵察衛星SM3で撃墜
中国 コピー兵器の実力
中国空母建造本格化へ
公海上 中国潜水艦探査拒否
周辺国軍事的摩擦米国防長官 日米同盟無効を示唆か
F35 設計情報流出
最近の諜報活動報道
ビクトリアス 黄海で妨害受ける
米国 中国の報復に困惑か


Sukhoi SU-33 aborted landing on a Russian carrier WICKED


Sukhoi Su-33 Naval Flanker


Anti-Ship Missiles - ROC(Taiwan) Hsiung-Feng II Missile System 雄風二型反艦飛彈

---中国、国産の艦載機製造 カナダの軍事専門誌---
2010年5月10日 19時24分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010051001000431.html

 【北京共同】中国の軍事動向に詳しい専門誌「漢和防務評論」(本部カナダ)最新号(5月号)によると、中国が昨年10月、将来の航空母艦に搭載する国産戦闘機「殲15」の試作機を製造したことが分かった。
 中国の空母開発では、艦載機が技術上、最大の障害の一つとされているが、実用化できれば国産空母建造へ大きく前進する。
 同紙によると、殲15を製造したのは遼寧省瀋陽市にある中国軍系の航空機会社。試作機は主翼は折り畳み式で、外見はロシアの艦載用戦闘機「スホイ33」にそっくりという。今年テスト飛行を開始する計画だが、まだ実際の飛行は確認されていない。
 中国は艦載機製造技術がないため、ロシアからスホイ33を14機購入しようとしたが、技術を盗用されることを恐れたロシア側が拒否、交渉は暗礁に乗り上げていた。
 しかし、中国はウクライナからスホイ33と同型の艦載機「T10K」1機を既に購入しており、この技術を基に製造したとみられる。


---中国、国産の艦載機製造 空母開発へ技術克服か---
2010.5.10 16:57
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100510/chn1005101659004-n1.htm

 中国の軍事動向に詳しい専門誌「漢和防務評論」(本部カナダ)最新号(5月号)によると、中国が昨年10月、将来の航空母艦に搭載する国産戦闘機「J15」の試作機を製造したことが分かった。
 中国の空母開発では、艦載機が技術上、最大の障害の一つとされているが、実用化できれば国産空母建造へ大きく前進する。
 同紙によると、J15を製造したのは遼寧省瀋陽市にある中国軍系の航空機会社。試作機は主翼は折り畳み式で、外見はロシアの艦載用戦闘機「スホイ33」にそっくりという。今年テスト飛行を開始する計画だが、まだ実際の飛行は確認されていない。
 中国は艦載機製造技術がないため、ロシアからスホイ33を14機購入しようとしたが、技術を盗用されることを恐れたロシア側が拒否、交渉は暗礁に乗り上げていた。(共同)


---中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 外務省が厳重抗議---
2010.5.4 21:03
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100504/crm1005042111013-n1.htm

 海上保安庁は4日、中国の国家海洋局の海洋調査船「海監51」が3日午後、奄美大島北西沖約320キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、海上保安庁の測量船「昭洋」に接近、約3時間45分にわたり追跡してきたと発表した。海監51が調査の中止を要求したため、日本の外務省は4日、中国政府に厳重抗議した。
 海上保安庁によると、現場は日本のEEZ内で、地理的中間線から日本側に約40キロの東シナ海。同庁の測量船が活動中に外国船に接近され、調査中止を求められたのは初めてという。
 昭洋が地殻構造調査を行っていた3日午後2時ごろ、海監51が徐々に接近。最接近時は約1キロ弱の距離になった。同3時半ごろには、海監51が無線で「この海域は中国の規制が適用される海域だ」と主張し、昭洋に調査を中止するよう呼びかけた。
 昭洋は「日本の大陸棚であり国際的に正当な調査を行っている」と応答したが、その後も海監51は追跡をやめず、調査継続に支障が出たため、昭洋が予定を変更して奄美群島方向に向かうと、同5時45分にレーダーから消えたという。
 先月8日と21日には、中国海軍艦艇の艦載ヘリコプターが公海上で海上自衛隊の護衛艦に接近し、外務省が中国側に抗議している。


---Taiwan unveils 'carrier killer'---
April 15, 7:38 AMNY Military Headlines ExaminerJohn Signoriello
http://www.examiner.com/x-36464-NY-Military-Headlines-Examiner~y2010m4d15-Taiwan-unveils-carrier-killer

Taiwan unveiled plans earlier this week for a high-tech missile corvette designed to counter the threat of Chinese aircraft carriers.

A computer-generated image of a 'carrier killer' corvette appeared in the Taiwan edition of the Apple Daily newspaper.

The vessel will be able to cruise at speeds of up to 55 kilometers (34 miles) an hour and will have stealth technology to help it evade radar detection, according to reports from UPI, AFP, and elsewhere.

The navy plans to arm the corvette with the Taiwanese Hsiungfeng III supersonic ship-to-ship missile, according to numerous reports

The image of the corvette is reportedly available for public viewing at the Armed Forces Museum in Taipei, as well as in a booklet accompanying the museum's naval exhibition, which opened April 1, according to a Mainichi Daily News article.

UPI noted that news of Taiwan's vessel follows revelations by Taiwan's National Security Bureau that China is building its first aircraft carrier.

Plans for the Taiwanese ship have been kept confidential for months, according to UPI.

The future of the Taiwanese 'carrier killer' project is far from assured, according to the Mainichi Daily News.

"Taiwan has no experience in building this kind of ship," the Mainichi Daily News quoted a defense source as saying. "It's a problem we might have to conquer."

According to Defense News,Taiwanese military analysts expect it will take China at least 10 years to build its first operating carrier group, complete with carrier-based fighters and escort warships.


---中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過---
2010.4.13 11:43
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100413/plc1004131143009-n1.htm

 防衛省統合幕僚監部は13日午前、中国海軍のキロ級潜水艦2隻、ソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦2隻など計10隻が10日夜、沖縄本島の西南西約140キロの公海を東シナ海から太平洋に向けて通過したことを発表した。近年、これほど大規模な活動はまれだという。
 防衛省によると、中国人民解放軍の機関紙が、中国海軍「東海艦隊」による東シナ海での大規模な合同訓練の実施を発表していた。7日から9日まで東シナ海中部海域で艦載ヘリコプターの飛行訓練などを行ったことを確認。沖縄本島と宮古島の間を通過後は、沖縄南方海域で11日、補給艦による洋上補給が実施された。
 また、8日には警戒・監視にあたった海上自衛隊護衛艦「すずなみ」に艦載ヘリが約90メートルまで接近した。
 北沢俊美防衛相は13日午前の記者会見で「公海だが、今までになかった事態だ。詳細な分析をし、わが国に対する意図があるのかないのかを含め、調査したい」と語った。


---台湾、新型「対空母」ミサイル艇のCG画像公開---
2010年04月12日 18:55 発信地:台北/台湾
http://www.afpbb.com/article/politics/2718102/5602567

【4月12日 AFP】台湾当局は、中国が配備を予定している空母の脅威に対抗するハイテクミサイル艇のイメージ画像を公開した。台湾の当局者やメディアが12日、伝えた。
 このイメージ画像は、これまで非公開にされてきた「対空母」ミサイル艇(1000トン級)のもので、台湾国防部(国防省)が運営する台北(Taipei)の軍事博物館に展示された。
 台湾紙・蘋果日報(Apple Daily)は、軍当局者の話として、この艦艇は、レーダーに探知されずに最高速度時速55キロで航行することができると伝えた。同艦艇には台湾産の超音速対艦ミサイル「雄風3型(Hsiungfeng III)」が搭載される方針だという。

0 コメント: