2010年5月26日水曜日

アリコ漏洩クレジット情報 不正利用

アリコから漏洩したクレジット情報が不正利用された。
 アリコジャパンから契約者のクレジットカード情報約3万件が外部に
流出した問題に絡み、警視庁は不正に銀行口座を開設したなどとして、
村野太樹と須賀絵里子の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

須賀容疑者
・他人に譲渡した自分名義の銀行口座から、現金10万円を不正に引出した疑い。

村野容疑者
・銀行に、他人に譲渡する目的で口座を開設した疑い。

カード情報が一部悪用されてネットショッピングで家電やゲーム機器等
を購入し、換金。口座に、約550万円。

口座に高額な入金があったので、枝葉末節の犯罪者を逮捕したように思う。
米国のサーバから情報を盗み、その情報がどこに行ったか発表されて
いない。この容疑らは、50回の換金だけなのか、漏洩情報の入手先も
知っているのかが焦点かもしれない。

アリコ 窃盗犯起訴せず売却へ


アリコ情報流出に絡む詐欺容疑、2人逮捕 TBS News-i


50回にわたり振り込み アリコ「情報流出」詐欺事件(10/05/21) テレビ朝日


---50回にわたり振り込み アリコ「情報流出」詐欺事件---
2010/05/21 17:42
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200521038.html

 アリコジャパンから大量のカード情報が流出した問題に絡む詐欺事件で逮捕された男女の口座に、カード情報の不正利用で得たとみられる金が50回にわたって振り込まれていたことが分かりました。
 詐欺の疑いで逮捕された村野太樹容疑者(31)ら2人の口座には、流出したカード情報で不正に購入した家電製品の売却代金550万円が振り込まれていました。その後の警視庁への取材で、金は約50回にわたって口座に振り込まれていたことが分かりました。警視庁は、2人の背後の詐欺グループが繰り返し家電製品を購入しては換金していたとみて調べています。


---アリコ情報流出で2人逮捕…中国企業関係者持ち出し?---
2010年5月21日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/net/security/ryusyutsu/20100521-OYT8T00399.htm

 生命保険大手アリコジャパンから契約者のクレジットカード情報約3万件が外部に流出した問題に絡み、警視庁は20日、不正に銀行口座を開設したなどとして、東京都清瀬市上清戸1、無職村野太樹(31)と埼玉県川越市かわつる三芳野、職業不詳須賀絵里子(32)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。
 同庁では背後に大規模なグループが存在するとみて、情報の流出経路などを調べている。
 発表によると、須賀容疑者は2009年11月、他人に譲渡した自分名義の銀行口座から、現金10万円を不正に引き出した疑い。村野容疑者は08年5月、埼玉県内の銀行に、他人に譲渡する目的で口座を開設した疑い。同庁幹部によると、これらの口座には09年4~10月、都内の家電買い取り業者から約550万円が入金されていた。
 アリコのカード情報流出は09年7月に発覚。同社によると、流出件数は3万2359件に上り、これまでに6600件以上で不正使用の疑いが浮上している。同庁では、2人の名義の口座に入金されていた現金は、こうしたカード情報の一部が悪用されてインターネットショッピングで家電やゲーム機器などを購入し、換金したものとみて調べている。
 同社は、システム開発を委託していた中国企業の関係者が情報を外部に持ち出した可能性が高いとして、中国の警察当局に捜査を依頼している。


---アリコ情報流出 口座不正開設容疑で30代男女逮捕---
2010年5月20日22時53分
http://www.asahi.com/national/update/0520/TKY201005200218.html

 生命保険大手アリコジャパンからクレジットカード情報が流出し、不正利用された問題に絡み、警視庁は20日、銀行口座を不正に取得するなどしたとして、東京都清瀬市、無職村野太樹(たかき)(31)、埼玉県川越市、職業不詳須賀絵里子(32)の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。この問題に関連する立件は初めて。
 捜査2課は両容疑者がカード不正利用グループに口座を提供していたとみており、カード情報が流出した経緯を含め全容解明を目指している。
 同課によると、村野容疑者の逮捕容疑は2008年5月、他人に売却する目的で、埼玉県の銀行で自己名義の口座を不正に開設したもの。須賀容疑者は09年11月、同県の銀行で、自分の口座に振り込まれた、カードの不正使用に伴う利益約10万円を引き出した疑いがある。2人とも容疑を認めているという。
 カードの不正利用の手口は、グループがインターネット通販で、流出したカード番号と有効期限を入力してゲーム機や電化製品を購入。商品を民間の私書箱経由で買い取り業者に送らせた後、売却代金を指定した口座に振り込ませていたという。

 逮捕容疑とは別の村野容疑者名義の口座に約260万円、須賀容疑者の口座に約290万円がそれぞれ買い取り業者から振り込まれていた。両容疑者の口座の金は全額が引き出されており、現金自動出入機(ATM)のカメラには両容疑者とは別の複数の人物が映っているという。


---不正口座開設容疑で2人逮捕 アリコ情報流出に絡み---
2010/05/20 20:02 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052001000400.html

 外資系保険会社アリコジャパン(東京)の顧客のクレジットカード情報が社外流出した問題に絡み、不正に銀行口座を開設し通帳を詐取したなどとして、警視庁捜査2課は20日、詐欺の疑いで、無職村野太樹容疑者(31)=東京都清瀬市=と、職業不詳須賀絵里子容疑者(32)=埼玉県川越市=を逮捕した。この問題に絡む逮捕は初めて。
 捜査2課によると、2人が開設した口座には昨年4月~10月、アリコから流出した複数のカード情報を悪用して購入した商品の売却益約550万円が振り込まれていた。
 同課は、流出情報を入手した何者かが、この2人から口座を譲り受けるなどして、商品の転売の際に利用していたとみて背景を調べている。
 カード情報が悪用されたのは、カード番号と有効期限の入力だけで利用できるインターネットの通販サイト。購入されたゲーム機やカメラは、都内の受け取り代行業者を経て買い取り業者に転送された。買い取り業者は、代金を村野容疑者らの口座に振り込んでいた。


---17万人分 不正の恐れ---
2010年5月20日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010052002000221.html?ref=rank

 アリコジャパンのカード情報流出は昨年七月の発覚当時、カード支払い契約をしている保険加入者約四十六万人のうち、誰のカードの情報が流出したか分からなかった。同社は調査を続けているが、潜在被害は今も増え続けている可能性があるという。
 同社によると、身に覚えのないカード利用明細や引き落としで不正使用に気付いた契約者が、カード会社に問い合わせたことなどが発覚の端緒になった。
 これまでに三万二千人分は、流出を確認した上でカードを切り替えるなどの対策を取った。しかし、最大約二十万人分が流出した可能性があり、残りの約十七万人分は、不正使用される可能性があるという。
 不正使用は既に約六千六百件に上り、同社は「契約者が不正使用に気付いていないケースもある」として、契約者やカード会社に協力を呼び掛けている。
 同社は三月、再発防止策などを盛り込んだ報告書を提出。システム開発を委託していた中国企業の従業員が二〇〇八年三~五月、米国のホストコンピューターに不正アクセスして情報(クレジットカード番号、有効期限)を流出させた、などとする調査結果を公表した。相談を受けた警視庁は、ハイテク犯罪対策総合センターなどが調べていたが、海外での不正アクセス、不正使用の実態解明には至っていない。


---アリコのクレジット情報流出、不正使用容疑2人逮捕へ---
2010/5/20 13:36
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819695E0E2E2E3818DE0E2E2E7E0E2E3E29191E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

 生命保険会社「アリコジャパン」(東京)の顧客のクレジットカード情報が流出した問題で、流出した情報を不正利用し物品を購入した疑いが強まったとして、警視庁捜査2課は20日、30代の男女2人について詐欺容疑で取り調べを始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。
 アリコの情報流出は昨年7月に発覚。流出件数は少なくとも約3万2千件で、カード会社から不正利用の疑いがあるとして照会があったのは約 6600件に上る。電化製品など換金しやすい商品の購入に悪用されたケースが多いとみられる。
 同課は流出情報をもとに他人名義で物品をネット通販サイトなどで購入し、転売しているグループがあるとみて捜査。2人がこのグループに関与したとみて調べるとともに、流出情報の入手経路についても捜査する。
 アリコは情報の流出源について、中国の業務委託先企業のパソコンと同社社員のIDが使われたことを特定。中国の捜査当局に被害を届け出ている。

0 コメント: