2010年5月28日金曜日

ハマスとイスラエル

ハマスの幹部がドバイで暗殺された事件をめぐり、豪スミス外相は
イスラエル外交官1人の国外追放を発表した。
ドバイ警察は容疑者のほとんどは偽造パスポートで入国し、殺害後に
出国したとみられている。現地当局は、殺害にはイスラエルの情報機関
モサドが関わっているとの見方を示していた。

英国は、すでに、駐英イスラエル外交官を追放している。
豪で二カ国目となる。

イスラエルは、英国、アイルランド、仏、豪と独のパスポートを偽造しな
ければ、バンコクで見つかったヒズボラとハマス行きの北朝鮮製の兵器に
ついての非難は同調されただろう。
もっとも、駐在外交官が入れ替わっただけと言う噂もある。
核兵器の売却の証拠も出てきており、核保有国で暗殺を実行する国を
擁護する国が「世界の警察」を名乗るのはテロ支援国家そのものだろう。

ドバイ ハマスの幹部が暗殺

---豪政府がイスラエル外交官を国外追放「旅券偽造に関与」---
2010.05.25 Web posted at: 14:33 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/world/AIC201005250012.html

メルボルン(CNN) イスラム原理主義組織ハマスの幹部がアラブ首長国連邦(UAE)ドバイで暗殺された事件をめぐり、オーストラリアのスミス外相は24日、イスラエル外交官1人の国外追放を発表した。

スミス外相によると、捜査の結果、暗殺に使われたオーストラリアのパスポート偽造にイスラエルの工作員がかかわっていた。偽造パスポートに名前を使われたオーストラリア人4人は事件とは無関係だったという。

追放の対象となった外交官の名前は公表していないが、英国、米国、UAEの外相と協議のうえ追放を決め、今週中の出国を命じたとしている。

議会で捜査結果を報告したスミス外相は、偽造パスポートは極めて精巧に作られており、国家の情報機関でなければ実行は不可能だと説明。「オーストラリアとイスラエルとの関係は常に相互の尊敬と信頼の上に成り立ってきたが、この件に関するイスラエルの行動は、二国間の尊敬と信頼を損なうものだ」と非難した。

これに対してイスラエル外務省の報道官は「オーストラリアの決定は遺憾であり、われわれの関係の水準と重要性に反する」とコメントしている。

今年1月、ハマス幹部だったマフムード・マブーフ氏がドバイのホテルで殺害され、ドバイ警察は容疑者33人を割り出した。容疑者のほとんどは偽造パスポートで入国し、殺害後に出国したとみられている。現地当局は、殺害にはイスラエルの情報機関モサドが関わっているとの見方を示していた。この犯行にイギリス、アイルランド、フランス、オーストラリア、ドイツの偽造パスポートが使われたとされている。


---豪政府:イスラエル外交官国外追放 ハマス幹部暗殺関与と--
毎日新聞 2010年5月24日 17時22分
http://mainichi.jp/select/world/mideast/news/20100525k0000m030007000c.html

 【ジャカルタ佐藤賢二郎】アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで1月に起きたパレスチナのイスラム原理主義組織ハマス幹部暗殺事件でオーストラリア政府は24日、容疑者グループが所持していたオーストラリア旅券の偽造にイスラエルが関与したとして、駐豪イスラエル外交官1人を国外追放処分にすると発表した。
 AFP通信によると、スミス豪外相は議会で、イスラエルの対外特務機関モサドの関与を示唆し「明確な侮辱行為」と批判した。
 この措置に対しイスラエル外務省は「失望した」とコメントした。イスラエルは事件との関与を否定している。同事件では3月、英政府も英国旅券を偽造したとして駐英イスラエル外交官1人を追放している。


---イスラエル:核売却で合意 75年南アと会談時…英紙報道---
毎日新聞 2010年5月25日 10時48分(最終更新 5月25日 10時49分)
http://mainichi.jp/select/world/news/20100525k0000e030013000c.html

 24日付の英紙ガーディアンは、イスラエルがアパルトヘイト(人種隔離)当時の南アフリカの要求に応じ、核兵器の売却に合意していたことを示す機密文書が見つかったと報じた。同紙は、核兵器保有を肯定も否定もしないイスラエルの核保有を裏付ける「初めての公的文書」だとしている。
 同紙によると、文書は1975年3月31日に南アのボタ国防相(後に大統領)とイスラエルのペレス国防相(後に首相、現大統領)が会談したことを示しており、南ア側が核弾頭の売却を求めたのに対して、イスラエル側が3種類の兵器提供を申し出たとの内容。3種類は通常兵器、化学兵器、核兵器という。
 これに対してペレス大統領の報道官は24日「核売却に関して南ア政府と協議したことはなく、文書が捏造(ねつぞう)なのは疑いがない」として、ガーディアンに強く抗議する意向を表明した。(共同)


---イスラエル外交官を追放 豪「旅券偽造に関与」---
2010.5.24 18:26
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100524/asi1005241829003-n1.htm

 オーストラリアのスミス外相は24日、今年1月に起きたイスラム原理主義組織ハマス幹部暗殺事件で使われたオーストラリアの偽造旅券の作成にイスラエルが関与したとして、イスラエル外交官1人の国外追放を発表した。
 外相は「捜査の結果、4人分のオーストラリア旅券の偽造にイスラエルが関与したことは疑いない」と説明。「友好国の行為とは言えない」と非難した。(共同)


---Australia Expels Israeli Official Over Dubai Killing---
By JACK HEALY
Published: May 24, 2010
http://www.nytimes.com/2010/05/25/world/middleeast/25dubai.html

The diplomatic fallout from the killing of a Hamas operative in his Dubai hotel room expanded Monday as Australia became the latest country to expel an Israeli official, saying that Israel had played a role in falsifying passports used by suspected members of the assassination team.

Meanwhile, police officers investigating the killing of the Hamas official, Mahmoud al-Mabhouh, issued an arrest warrant for a 62-year-old British man. He appears to be the first suspect to be publicly identified by his real name, rather than an alias.

Interpol identified the latest suspect as Christopher Lockwood of Scotland, and said he was wanted in Dubai for “crimes against life and health,” but did not provide any details on how he had been involved. The police in Dubai could not immediately be reached for comment.

Police officials in Dubai have released photographs of more than two dozen people said to be connected to Mr. Mabhouh’s killing, but they have so far named only the suspects using the aliases that were on the forged passports that allowed the assassins and their accomplices to slip out of Dubai after the Jan. 19 killing.

The use of forged passports from Britain, Ireland, Australia and other countries has strained relations between Israel and several of its allies. Israel’s intelligence service, the Mossad, is widely believed to be behind the assassination of Mr. Mabhouh, a founder of Hamas’s military wing.

Investigators trying to unravel his killing have released surveillance video showing suspected members of the assassination team in wigs and fake beards trailing Mr. Mabhouh through the hotel. He was drugged and suffocated, Dubai police officials said.

Israel has not admitted any involvement in the killing. The case has thrown an unwelcome spotlight on Israel’s covert operations, and several countries have condemned the use of the counterfeit passports, which in some cases used the names of dual citizens living in Israel.

European officials have denounced the use of falsified passports in the killing, and Britain in March expelled an Israeli diplomat in a rare rebuke to Israel.

On Monday, Australia’s foreign minister, Stephen Smith, told Parliament that there was “no doubt” Israel was behind the passport forgeries, and said he had asked that a member of the Israeli Embassy in Canberra leave Australia within the week. The Haaretz newspaper said it had learned that the official to be withdrawn was the Mossad representative at the embassy.

“These are not the actions of a friend,” Mr. Smith said in remarks to Parliament. “The government takes this step much more in sorrow than in anger or retaliation.”

In Israel, reaction to Australia’s decision was muted, apparently reflecting a desire to move past the killing. Yigal Palmor, the spokesman for Israel’s Foreign Ministry, said, “We regret the Australian measure, which does not reflect the quality and importance of the relationship between the two countries.”

Isabel Kershner contributed reporting from Jerusalem.


---「兵器をハマスに」イスラエル外相発言、北が否定---
2010年5月16日19時49分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100516-OYT1T00538.htm

 【ソウル=仲川高志】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は15日、イスラエルのリーベルマン外相が先に訪日した際の記者会見で、昨年12月にバンコクの空港で貨物機から発見、押収された北朝鮮製兵器が、「(シリア経由で)パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスなどに渡される予定だった」と述べたことに対し、「ありもしない事実を捏造(ねつぞう)した」と非難した。
 報道官は、大量破壊兵器の拡散に関連し、「共和国(北朝鮮)は全く関係がない」と強調した。


---武器の受け手はハマスとヒズボラ 北朝鮮から、タイ押収---
2010/05/12 12:09
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051201000327.html

 【ニューヨーク共同】イスラエル外務省は11日、昨年12月にバンコクの空港で貨物機から押収された大量の北朝鮮の武器は、シリア経由で、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラ、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスに届けられる予定だったと声明で明らかにした。
 これら武器の最終的な受け取り手について、政府レベルの公式見解が出るのは初めて。イスラエルのリーベルマン外相が11日、東京で鳩山由紀夫首相と会談した際に語った内容としている。
 タイ政府から国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に提出された報告書では、貨物機の最終目的地はイランの空港とされていたが、受け取り手については明らかになっていなかった。
 声明によると、リーベルマン外相は会談で鳩山首相に対し、北朝鮮とシリアの協力関係について言及。特に武器密輸を問題視し、タイでの押収事件を一例として挙げた。
 タイ政府の報告書によると、押収されたのはロケットランチャーの砲身や砲弾、対戦車ロケット砲RPG7など計約36トン。

0 コメント: