2010年5月20日木曜日

携帯電話は盗聴されているか

印政府は、中国製スパイ部品締め出した。
 印政府は、一部の中国製通信設備・機器を、盗聴のための“スパイ部品”
が組み込まれているとして、安全検査を厳格化するなど締め出している。
 印政府の措置の対象となっているのは、中国の通信機器最大手、
華為技術や中興通訊など。関係者によると、華為などが製造する電話交換機
といった通信設備・機器には、盗聴機能などが備わったチップが組み込まれ
ており、遠隔操作で機密性が高いネットワークへの侵入も可能になるという。

印、パキスタンやバングラデシュは、中国を「治安上の脅威」に指定。
米FBIは、シスコシステムズのルータ偽Cisco1721にバックドアを設けた
可能性があるとしていた。

携帯電話の通信方式が、技術的に盗聴可能との発表があったが、Huawei
Technologyの場合は、設備に直接手を加えるようだ。詳細は不明。

携帯電話会社は、設備会社だったが、ほとんどの設備は社外製作らしい。
Huawei Technologyは、イー・モバイルとソフトバンクモバイル及び
NTTドコモに端末を供給している。交換機を供給しているか不明。
携帯電話各社や総務省から安全検査の項目や結果を聞いたことがない。

印の主張が正しければ、一般の携帯電話を使用した会話はすべて
筒抜けとなり、工作も可能となる。
親中派政権下では、政府指導で設備導入を工作してくるだろうし、
それを利用する第三者も出てくる。

米国は、治安当局が、秘匿情報を盗聴できる仕組みを法律で制定している
し、民間会社は、個人情報を資金に任せて集め放題。それを治安当局に
提供していると報道されていた。
日本は、産業スパイ、軍事機密や国家機密等は盗聴し放題。
Huaweiは、米豪に対して、緩和工作(?)をしている模様。

携帯盗聴可能か
米政府 中国製品はゴミ


---インド、中国製通信設備・機器を締め出し “スパイ部品”組み込まれ---
2010.5.18 21:03
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100518/asi1005182103007-n1.htm

 【ニューデリー=田北真樹子】インド政府は3月から、一部の中国製通信設備・機器を、盗聴のための“スパイ部品”が組み込まれているとして、安全検査を厳格化するなど締め出している。国境をめぐりかつて戦火を交え不信感が根強いインドと中国は近年、経済関係を拡大させており、今回の措置によってインド国内の関連産業にも影響が出る。この問題は両国の貿易摩擦を誘発しかねず、波紋は大きい。
 インド政府の措置の対象となっているのは、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)など。関係者によると、華為などが製造する電話交換機といった通信設備・機器には、盗聴機能などが備わったチップが組み込まれており、遠隔操作で機密性が高いネットワークへの侵入も可能になるという。このため、インド政府は安全保障上の重大な問題だと受け止め、対策を講じた。
 華為などの“スパイ部品”の存在は欧米でも指摘され、特に華為は経営陣に人民解放軍関係者がいるとして、中国政府との関係が問題視されてきた。
 にもかかわらず、インド政府はここ数年で複数の中国通信企業にインド市場への参入を許可。インド携帯電話市場の爆発的な拡大を背景に、昨年、華為の年間売り上げの11%をインドが占め、中国企業にとって重要な市場となっている。
 一方、インド国内の関連産業からは、締め出しにより、安価な中国製部品を購入できなければ製品の低価格を維持できないと、悲鳴があがる。
 華為などは現地スタッフの採用枠を拡大し、中国人幹部は「ラジーブ」「アミット」などのインド人名を名乗り、心証を良くしようとしている。一方で中国側は、インドの措置は世界貿易機関(WTO)の協定違反だとし、提訴もちらつかせる。しかし、インド政府の姿勢は固く、中国に対する措置は安全保障上の例外的なものであり、協定には抵触しないとの立場だ。
 ジャワハルラル・ネール大のスリカント・コンダパリ教授(中国専門)によると、インドは2006年に、パキスタンやバングラデシュと同様、中国を「治安上の脅威」に指定し、中国からの投資を厳密な監視下に置く方針を決定しており、今回の措置もこの方針に沿ったものだと説明。そのうえで「今後、中印間で貿易摩擦が起こる可能性がある」と指摘する。
 こうした中、親中派とされるラメシュ環境相は今月上旬、訪問先の北京で「(インド政府は)存在しない悪魔を想像して不必要な規制をかけている」と自国の措置を批判した。
 これに対し、閣内などから非難の声があがり、シン首相が環境相を叱責(しつせき)し火消しに当たった。環境相の発言を放置しておけば、逆に反中派が勢いづき中国との外交関係にも悪影響が及びかねない、と懸念してのことだ。来月に行われる上院選へのラメシュ氏の出馬は困難視されている。


---Huawei rejects “faceless” espionage talk---
By Renai LeMay
Thursday, 08 April 2010 16:15
http://www.itwire.com/it-industry-news/strategy/38158-huawei-rejects-faceless-espionage-talk

The Australian arm of Chinese networking vendor today again defended itself against what it described by "faceless accusations" of espionage in foreign countries by "one newspaper".

The Australian arm of Chinese networking vendor Huawei today again defended itself against what it described by “faceless accusations” of espionage in foreign countries by “one newspaper”.

National newspaper The Australian today reported Huawei’s pitch for work supplying hardware to the National Broadband Network rollout would be “another test” in Australia’s relationship with China, depending on whether the company could “overcome the security taint of its links with the People’s Liberation Army” in its home country.

The newspaper has previously published investigations into the Chinese vendor’s Australian activities.

But in an interview with Sky News today, Huawei’s local director of Corporate and Public Affairs Jeremy Mitchell - who has held a similar position at Telstra - pointed out the company boasted 45 of the top 50 global telco operators as partners.

“It’s upsetting and disappointing that these sort of faceless accusations get made, but we know that those in the telecom industry know us, they know our reputation, and as I said, you know, you don’t get to the position that we get - number one in fixed networks across the globe - unless you deliver,” he said.

Asked about the Australian’s investigations into the vendor, Mitchell said: “Well it’s one newspaper in the whole of our operations globally.”

The news comes as Huawei continues to garner interest from Australian telcos, the latest being Telstra - which has included the company in trials of Long Term Evolution technology on its Next G mobile network, alongside European vendors Nokia Siemens Networks and Ericsson, which built Next G.

It is also one vendor in contention for a large network management deal at VHA, the company formed from the merger of mobile carriers Vodafone and Hutchison - again, with NSN and Ericsson.

Internationally, the vendor has a strong presence and is currently seeking to expand its power through bidding for a unit of US mobile giant Motorola. According to the Financial Times, Huawei is in talks with US defence and intelligence agencies to assuage espionage fears - going so far as to negotiate a ‘mitigation agreement’ in order to address any security concerns.


---Huawei Denies Espionage Claims---
By Catalin Cimpanu, Web News Editor
9th of September 2009, 09:39 GMT
http://news.softpedia.com/news/Huawei-Denies-Espionage-Claims-121221.shtml

Huawei dismisses accusations made by Australian newspaper

Huawei's Managing Director, Guo Fulin, addressed and replied to accusations launched by Australian newspaper “The Weekend Australian,” which stated that several of Huawei's new employees in Australia had Government ties with China's People's Liberation Army. The newspaper also added that the company was under ASIO's (Australian Security Intelligence Organisation) investigations at the moment, for possible espionage charges against some of its employees.

In a letter to the newspaper, Mr. Fulin wrote, “The articles falsely accuse Huawei of engaging in espionage activities and offer no proof to support this charge […] We are not aware of any investigation. However, we can be certain that any review would find the allegations that are the focus of your articles to be baseless.”

Mr. Fulin does not disregard any relations with ASIO, but goes to state that these encounters have been made only to display and present activity reports, as many other externally owned companies do the same.

The newspaper seems to have severely exaggerated in its accusations, since many developments in this story have been inflated or reported from a different and non-realistic point of view.

The whole scandal started when Huawei fired several native Australian employees, replacing them with Chinese workforce (because it's cheaper). It is not known if any of these employees went to ASIO to report any suspicious activity on behalf of Huawei, or if they simply went to the newspaper with some bogus facts. For sure is the fact that, from Huawei's initial 120 Australian employees, the majority of them were fired.

Soon after this event, the article was printed in the newspaper. For Huawei, this was not the first time it faced this kind of allegations, formerly being falsely accused of espionage in countries like India, Great Britain and the USA.

The problem with Huawei is the fact that its owner and founder was a former People's Liberation Army officer, placing it on many internal security agencies' security-threat lists around the world. This preconception and its dark past have even ruined good business opportunities, as a partnership with Sigtel Optus and an acquisition of US-based 3Com have failed due to internal security concerns from local Government officials.

0 コメント: