2010年5月19日水曜日

NYテロ未遂事件 2人拘束

NYテロ未遂事件で2人が拘束された。
 FBIはタイムズスクエアで起きたテロ未遂事件に関連して、ニューヨーク、
マサチューセッツ両州にある民家など数カ所を捜索し、2人を拘束した。

ファイサル・シャザド名義の口座に2人の名義が集中していたことから、
逮捕したようだ。

・ファイサル・シャザドと拘束された2人らは、TTPリーダと面会している。
・爆発物を搭載した車両は、拘束された2人が、ファイサルへ資金を提供
 したが、理由を把握していない可能性がある。

FBIは、資金については、中東地下金融組織ハワラが関与していると
推測しているようだ。

ハワラは、非識字者でも取扱いできる地下金融のようだ。
グローバル社会と言われる地域は識字率は高いし、書類によって、契約が
成立する習慣が一般的であるため、非識字者にはなじまない。
ソニー、トヨタやパナソニック等がグローバル企業に成りかけていた頃、
欧米式の商習慣に合わせなければならないと教育し、習慣を変えたと言う
報道があったと記憶している。
しかし、中国では、覇権主義のため、強いものが法律を決めると言う方針
で、中国式取引を押し付けることが多い。イスラムでは税金対策のために、
地下金融が浸透しているとのこと。

グローバル化と説く人がいるが、弱者はのけ者で、経済的に目立って
くれば、グローバル化の一員とみなすと言う枠組みは、経済的優位国の
傲慢と言う説も納得する。

NYテロ未遂

Three Arrests in Multi-state Terror Raids The Associated Press


---NYテロ未遂事件で2人拘束 FBI、米北東部で捜索---
2010年5月14日 01時11分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010051301001234.html

 【ニューヨーク共同】AP通信によると、米連邦捜査局(FBI)は13日朝、ニューヨーク市の繁華街タイムズスクエアで1日に起きたテロ未遂事件に関連して、ニューヨーク、マサチューセッツ両州にある民家など数カ所を捜索し、2人を拘束した。FBI当局者らが明らかにした。
 詳しい容疑などは不明だが、FBIによると、米国内で新たなテロが起きるとの差し迫った脅威があるためではないという。
 テロ未遂事件では、パキスタン生まれの米国人ファイサル・シャザド容疑者(30)がテロ行為の容疑などで訴追されており、ホルダー米司法長官は、イスラム過激派「パキスタンのタリバン運動(TTP)」が関与したとの見方を示した。


---Pakistan arrests man with militant ties who says he aided Times Square bomb suspect---
By Greg Miller
Washington Post Staff Writer
Friday, May 14, 2010
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/05/13/AR2010051305032.html

The Pakistani government has arrested a suspect with connections to a Pakistani militant group who said he acted as an accomplice to the man accused of trying to bomb Times Square, U.S. officials said.

The suspect, whose arrest has not been previously disclosed, provided an "independent stream" of evidence that the Pakistani Taliban were behind the attempt and has admitted helping Faisal Shahzad, the main suspect, travel into Pakistan's tribal belt for bomb training.

Officials familiar with the investigation cautioned about inconsistencies in the two suspects' accounts. Federal authorities expanded their search for evidence Thursday, carrying out raids in four northeastern states, and arresting three people suspected of funneling money to Shahzad.

Indeed, the U.S. determination that the Pakistani Taliban directed the attempted attack is based largely on accounts given by the two men, several U.S. officials said. Authorities have been examining phone records, e-mail and other communication to see whether they contain firmer evidence of links between Shahzad and the Pakistani Taliban.

"What they said has been corroborated by other evidence,'' said a senior law enforcement source, who would not specify that evidence, saying it is classified.

The suspect in Pakistani custody "is believed to have a connection to the TTP," said a U.S. intelligence official, using an acronym for the Pakistani Taliban. Clues have added to authorities' understanding of the plot, the official said, but "what is definitely true is that a lot of this comes from the statements of people directly involved."

Assessing the role of the Pakistani Taliban carries significant stakes. A clear link would move the militant group onto an expanding list of al-Qaeda affiliates that pose a direct threat to the United States. It would also put new pressure on the U.S. relationship with Pakistan at a time when President Obama is pushing the country to expand its military campaign against insurgent groups.

In Islamabad, Pakistani security officials said Thursday that they had made no progress in finding concrete or credible evidence linking Shahzad to any Islamic militant activity in Pakistan or suggesting that he had traveled to the northwest and received training from the Pakistani Taliban.

U.S. officials declined to identify the suspect in Pakistan, but said American investigators have had direct access to him, and described him as a facilitator for the Pakistani Taliban.

U.S. investigators have pieced together their understanding of the Times Square plot largely by comparing the man's accounts with those of Shahzad. The broad outlines of their stories have been consistent, officials said, describing Shahzad's arrival in Karachi last year and his travel north to Waziristan for training with elements of the Pakistani Taliban.

But a second U.S. official briefed on the progress of the case said there are some "conflicts, disconnects" in their accounts. The discrepancies center mainly on the details and chronology of Shahzad's travel and training. Officials said the conflicts have raised some questions about the reliability of the suspects' information, but have not cast significant doubt on the overall understanding of the plot.

U.S. officials said they also think Shahzad and the man may have exaggerated their accounts. Both said they met Pakistani Taliban leader Hakimullah Mehsud while being brought into the organization's inner core. But U.S. analysts are skeptical that Mehsud, who narrowly survived a Predator strike earlier this year, would risk meeting face-to-face with an unproved American recruit.

Although they acknowledged that the investigation is in its initial stages, Obama administration officials are describing an expansive Pakistani Taliban role. In a TV interview Sunday, Attorney General Eric H. Holder Jr. said that "they helped facilitate it . . . they helped direct it . . . and I suspect that we are going to come up with evidence that shows they helped finance it."

The certainty of Holder's comments prompted a pointed response from Sen. Christopher S. Bond (Mo.), the ranking Republican on the Senate intelligence committee, who questioned whether such conclusions are premature. After attending a closed-door hearing on the case Tuesday, Bond said, "I am not convinced by the information I've seen so far."

Other U.S. officials said that even as the emerging evidence points to the Pakistani Taliban, it remains unclear whether it was the militant organization or Shahzad who conceived the plot. "The question becomes: Precisely whose plan?" a U.S. intelligence official said.

Al-Qaeda affiliates have recently demonstrated a new ability to tailor a plot to a new recruit. The group's offshoot in Yemen allegedly used a Nigerian with a U.S. visa to attempt to take down a Detroit-bound plane on Christmas Day. And the Pakistan Taliban was behind a suicide bombing several days later that killed seven CIA employees near the Afghan city of Khost.

Phone records show a series of calls between Shahzad and people in Pakistan in the weeks before the attempted bombing. Authorities have also uncovered other "circumstantial" evidence that links Shahzad to the Pakistani Taliban, according to the U.S. official briefed on the case. Asked whether phone records show contacts with Taliban figures, the official said: "Nothing conclusive, we have seen no conclusive tie."

Pakistani officials said Thursday that they detained for questioning five people from a mosque in Karachi affiliated with the extremist group Jaish-e-Muhammad. Shahzad, a U.S. citizen who made at least a dozen trips to Pakistan over the past decade, is thought to have visited the mosque during a long stay in the country this year.

Sources in the northwest tribal area said again that the Taliban were preparing to release a video but did not say whether they planned to claim any connection to Shahzad or the attempted bombing. The group originally claimed it carried out the plot but later said it had no link to Shahzad.

U.S. investigators have focused on how Shahzad -- who quit his job before leaving for Pakistan last year -- paid for the Nissan Pathfinder and explosives he is accused of using in the failed attempt. Officials have speculated that he used informal Middle East money-transfer networks known as hawala, which are difficult to trace.

The three people arrested Thursday -- two in the Boston area and a third in Maine -- were charged with immigration violations.

They "may have provided money to Shahzad but may not have known what they were doing," a federal law enforcement official said. "The question is: Did they provide money, did they facilitate and were they knowing?"


---中東諸国における政治情勢及び経済等の現状と今後の展望 第6章 中東諸国の金融事情 - イスラーム金融を中心に---
立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋マネジメント学部 教授 武藤幸治
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/tyousa/1702m_e_12.pdf

7.出稼ぎ送金とハワラ
 ハワラ(hawala)とかフンディ(hundi)と呼ばれるインフォーマルな国際送金は非常に便利で安いが故に、中東産油国への出稼ぎ労働者の多くに利用されている。そのメカニズムも単純である。例えばUAE に出稼ぎに来ているパキスタン人がペシャワールの留守宅に送金したければパキスタン系のハワラ取扱店(hawaladar)に送り先を言ってUAE通貨ディルハムを持ち込むだけでよい。店は実勢レートでルピーに換算した金額をその日のうちに送ってくれる。送金依頼書も受領書も要らない。ぺシャワールのhawaladar 名と受付番号(記号)をくれるだけである。送金人は家族に店の名前とその番号(記号)通知すれば翌日か翌々日には家族に届く。利用者にとっては
①面倒でない、
②送金手数料も安いし、為替レートも実勢なので銀行よりも少しは多くのルピーを送れる、
③24 時間営業のところもあり就業後利用できる、送金速度も速い、
それに
④記録に残らないから税金とか為替規制を逃れられる、
といったように利用者には良いところ尽くしである(送金メカニズムついては図表4 参照)。ハワラ業者にとっては小額資本でできる(実際窓口一間ほど小さな事務所で,3,4 人で行っているケースも少なくない)。最大の資産は信用できるネットワークである。従って親戚縁者、地縁をベースにしてコアを作りそれぞれのコアグループが出先で信用確かな別のコアグループの一つを見つけネットワークを広げている。例えばパキスタン北部出身のハワラダールのドバイ店はイランと取引したいときは、在ドバイイラン系同業とコンタクトしてイランやあるいはイラン系ネットワークが持つアメリカ店と取引する。実際に資金を送金するケースと相互勘定を付け替えるケースとがあり、後者については一定期間後、決済業者を通じて精算するともいわれる。筆者は車やカーペットなど商品で決済するケースをドバイのイラン系商人から聞いた。そうした便利なハワラ送金を利用するのは、書類が書けない肉体労働者が圧倒的に多い。銀行では小口送金は丁寧に扱われない。おそらく受け取り側の事情も同じであろう。そして彼らこそ送り出し国の最大の外貨稼ぎ人である。別の機会のドバイでの為替業者(Exchanger,ハワラダールではない)のヒアリングでは、同市からの送金方法には3種類あり、凡そ国ごとに次のような比率になるという。同人によると国による違いはまず国民性にあり、バングラディシュの人はハワラを信用しない。反対にパキスタンは殆どハワラに頼っているが、これは同国の為替規制が厳しい、銀行業務が発達していない反面ハワラが全国に行き渡っているためという。インドは規制が厳しくなったので比率が減ったとも語ってくれた。そして、中東についていえばそのパキスタン人労働者が最も多く、送金額も多いのである。
 パキスタンは、認可された銀行しか外貨送金業務を認められていないので、ハワラ業は違法である。それにも拘らず多いハワラ送金を何とか表に出そうと2002 年6 月、両替商(Money Exchanger)に対し、一定のルールを守り資本を用意して2 年以内に為替ディーラーとして届けて認可されれば、為替送金業務を認める旨の通知を出した15。効果のほどはわからないが、実勢レートとの乖離が大きな要因になっていると考えられるので、為替の一層の自由化とルピー貨の安定が先決であろう。送金国について言えば、最大の出稼ぎ資金送金国サウジアラビアは、ハワラの制度を認めていない。実態はともかく海外送金はすべて銀行か認可された両替商経由となる。UAEにおいては、送金業者(money remitter)として登録すれば、外貨送金業(ハワラ)は合法的である。1 回の送金額が2,000 ディルハム以上のときは送金者本人のパスポートかID カードなど身分証明書の提示が求められるが、2000 ディルハム以下ではそれも必要とされない。9.11 事件以後、米国や世銀・IMF の指導と圧力の下、中央銀行は新たな規制を発表した。テロリスト疑惑のある機関、人物の資産凍結、アンチマネーロンダリング法制定(2002年11 月)、 マネーロンダリング査察官養成、ハワラに関する国際会議の開催(これはハワラ制度の理解を求めたもの)から始めて、2002 年にはハワラ業者の登録義務化16、2,000ディルハム以上の送金記録の保管と4 半期ごとの提出、疑惑取引の即座報告、対ソマリア送金の制限を主な内容とする。それでも米国などからまだ不十分との批判もあるのだが、UAE としてはハワラの廃止は考えていないようだ。スウエイディ中央銀行総裁は、2004年、ハワラ問題国際会議の際インタビューに答えて「ハワラがマネーロンダリングに直結するわけではない。違法な金はUAE の外で生み出されている。そしてテロ等の違法行為もUAE の国外で行われている。まず、違法な金が生み出される国と違法行為が行われる国が一義的に取り締まるべきことである。単なる通過点であるUAE は資金の単なる通過点であり、その金が送金元で不正に生み出されたものか、送金先で違法な目的に使われるかを監視するには限界がある。そしてハワラは伝統的に地域に根付いた送金システムである」と弁護している17。問題の核心を突いている。出稼ぎ送金は送り出し国にとっては投資や援助を上回る外貨収入であるし、ほかに就職がない家族にとっては貴重な収入源である。特に貧困層に所得をもたらす効果は大きく、経済自由化で開きつつある所得格差を解消する機能も積極的に評価すべきであろう。解決は規制強化でより地下に追い遣るのでなく、‘インフォーマル’とされる小口送金システムをフォーマル化する方向で取り組む必要があろう。そのためのルールと組織作りが始まりになろう。労働送金などを扱うマイクロクレジット機関の設立の動きも一つの方向性を示している18。一方で為替が一本化し、銀行の小口送金の改善(手数料引き下げ、インターネットバンキングによる村落での業務展開など)すれば、インドに見るように淘汰されるのかもしれない。

0 コメント: