2010年6月1日火曜日

パキスタン ムンバイ同時テロ関与者無罪

パキスタンで、ムンバイテロ関与者が無罪となった。
 パキスタン最高裁は、ムンバイ同時テロに関与したとされるイスラム
過激派「ラシュカレトイバ」のハフィズ・サイード最高幹部について、
同国政府による自宅軟禁措置は違法と判断、同国政府の上告を棄却した。

パキスタンでは、ムンバイテロに関与した証拠が不十分と言うことで、
最高幹部は無罪となった。

ムンバイ同時テロを起こしたテロリストは、10人の"fidayeen"と呼ばれる
パキスタンから支援を受けた組織であることがパキスタン政府から発表さ
れていた。

1987年に、ハフィズ・サイードは慈善団体Abdullah Azzam設立。
オサマ=ビン=ラデン等好戦的な聖戦戦士グループと知り合う。
その後、慈善団体ラシュカレトイバを設立し、カシミールの対印向けに
軍事設備と訓練用に資金を助成。
ISI情報部やアナリストの間では、アルカイーダよりもラシュカレトイバ
の方が信用できる世界的な脅威になると思われている。

ハフィズ・サイードは、ラシュカレトイバとの関係を否定。
現在は、慈善団体Jamat ud Dawaを設立し、貧困者向けの学校や病院を
を経営。

以前、パキスタン大地震の際、一部地域で、支援しながら、テロ参加を
呼びかけているとの報道があったが、ラシュカレトイバだったのかも
知れない。イスラム教過激派の訓練地帯は、パキスタンと言われ、多く
国から訓練に来ているとの報道があった。

夏休み頃になると、時折、大学生との身分証を見せる複数人の訪問販売が
あり、発展途上国(アフリカ、パキスタン、インドネシア等の諸外国)の
貧困撲滅、学校設立や飲料水設備設置等のために、訪問販売員の免許や
市町村の販売許可証もなく、家に訪問し、寄付と称しながら、物品を
販売しようとしたことがあった。
現地の詳細や慈善団体の趣旨を聞くと、マニュアルの丸暗記のように、
まったく同じ内容が帰ってくるかまったく答えられない場合が多い。
断っても、後日、経過報告する人も中にはいた。
この人達の多くは、現地の状況と世界的な批判の意味を理解しているの
だろうか。

ムンバイ同時テロ犯 死刑判決


---過激派幹部の軟禁は違法とパキスタン最高裁 インドは「失望」---
2010.5.26 08:20
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100526/asi1005260820001-n1.htm

 パキスタン最高裁は25日、2008年11月に起きたインド西部ムンバイ同時テロに関与したとされるイスラム過激派「ラシュカレトイバ」のハフィズ・サイード最高幹部について、同国政府による自宅軟禁措置は違法と判断、同国政府の上告を棄却した。
 判決の詳細は不明だが、東部ラホールの高裁が昨年6月、証拠不足として同幹部の軟禁解除を政府に命じた判決を支持した。
 ムンバイ同時テロで冷却化した両国関係の修復に向け、インドのクリシュナ外相は7月にパキスタンを訪問する予定だが、今回の判決が両国関係に悪影響を与える可能性も否定できない。
 PTI通信によると、インドのラオ外務次官は判決を受けて「インド国民の誰もが失望している」と述べた。 テロでは日本人1人を含む約160人が犠牲となった。(共同)


---Mumbai mastermind suspect freed by Pakistan Supreme Court---
Dean Nelson in New Delhi
Published: 11:57PM BST 25 May 2010
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/pakistan/7764191/Mumbai-mastermind-suspect-freed-by-Pakistan-Supreme-Court.html

A veteran jihadi, who is thought to be the mastermind behind the 2008 terror attack on Mumbai in which 166 civilians were killed, has been freed by Pakistan's Supreme Court.

Hafiz Saeed, who is believed to be the founder of the Lashkar e Taiba terrorist group, was arrested in December 2008, weeks after the attacks when the United Nations declared his Jamat ud Dawa charity a front for the LeT.

It came as the Pakistan government came under unprecedented international pressure amid compelling evidence that the attacks by ten 'fidayeen' terrorist commandos had been plotted and supported from Pakistan.

Interrogations of the sole surviving gunman, Ajmal Kasab revealed that the gunmen had received special forces-style marine commando training before being put to sea from Karachi.

Mr Saeed was released from house arrest in June last year when the Lahore High Court ruled his detention unconstitutional. He was rearrested in September last year but released once again the following month by another court order which said there was no evidence against him.

The verdict had been challenged by Pakistan's federal and Punjab provincial governments, but the country's highest court ruled yesterday there was insufficient evidence the 60-year-old should be detained.

The decision was criticised by India's Foreign Secretary who described it as a "disappointment." It was made a day after prime minister Manmohan Singh said a lack of trust between the two countries was the greatest obstacle to improving relations between the nuclear neighbours and rivals. "The trust gap is the biggest problem," he said.

Mr Singh had earlier accused sections of Pakistan's security establishment of providing support for the Mumbai attacks.

The decision was also likely to ruffle Washington, which sees the charity as a terror group and has put pressure on Pakistan to round up Jamat ud Dawa members.

Mr Saeed's links to militant jihadi groups date back to 1987 when he formed an Islamic charity with Abdullah Azzam, once a mentor to Osama bin Laden. The 'charity' is believed to have spawned Lashkar e Taiba, a terrorist group trained and funded by Pakistan's security establishment to fight Indian troops in Kashmir.

Since then it has asserted its independence from Pakistan's ISI intelligence agency and analysts believe LeT now poses a more credible global threat than al-Qaeda. Mr Saeed denies involvement in LeT and remains popular in Pakistan through the work of his Jamat ud Dawa charity which runs schools and hospitals for the poor.

India's foreign secretary Nirupama Rao yesterday the whole country would share her "sense of disappointment especially when we regard Hafiz Saeed as one of the masterminds of the Mumbai terror attacks and he has openly urged jihad against India," she said.

0 コメント: