2010年6月22日火曜日

中国 原発放射線物質漏れか

中国で原発の放射線物質漏れが報道された。
 中国の原子力発電所をめぐる安全性の確保や情報公開の在り方に対し、
内外で懸念が広がっている。

5/23 広東省で放射性物質漏れ事故が3週間以上たって香港側で確認
   中国側は「外部への影響はない」

中国では現在11基稼働、26基が建設中

隠蔽疑惑、原発関連の人材不足、手抜き工事や発注をめぐる巨額贈収賄事件
の報道も見られるようだ。
誰もが懸念していることを期待を外さずにやるのが中国。
化石燃料、鉱石、食糧等裕福になるにしたがって、必要とする量も増加する。
そのうち、映画のように酸素も売買が始まるのか。

中国発注の旅客機 2年で240機


---中国原発広がる懸念 放射線物質漏れ 香港など「隠蔽か」---
2010.6.16 21:47
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100616/chn1006162150003-n1.htm

 【上海=河崎真澄】中国の原子力発電所をめぐる安全性の確保や情報公開の在り方に対し、内外で懸念が広がっている。広東省深●(土へんに川)市の原発で5月23日に起きた放射性物質漏れ事故が3週間以上たって香港側で確認され、中国側はその後やっと「外部への影響はない」とする声明を出すなどお粗末な対応に終始しているからだ。「隠蔽(いんぺい)工作ではないか」との批判も起きている。
 中国では現在11基の原発が稼働し、26基が建設中。今回は香港の報道で原発事故が明るみに出たが、中国の内陸部で今後、原発事故があってもどこまで公正に情報が伝わり、的確に対処されるか疑念が残る。
 香港のニュースサイト鳳凰(ほうおう)網などは16日、事故が起きた大亜湾原発(発電能力98万4千キロワット)を管轄する中国広東核電集団が、「燃料棒に微少なひびが入った可能性があるが、放射性物質は外部から完全に隔離され、外部にはいかなる影響もない」と発表したと伝えた。国際原子力機関(IAEA)の原子力事案には当たらず、公表の義務はなかったと突っぱねている。
 同原発から電力供給を受けている香港の中華電力も同様の理由で、「事故隠蔽ではない」と反論した。
 今回の事故は14日に香港メディアが「大亜湾原発で重大な事故が発生した」と報じて問題となり、香港政府保安局が中華電力に確認を求めたところ、15日になって中華電力が事故の事実を確認した。その後、ようやく中国側も“弁解”の声明を出す騒ぎとなった。
 だが、情報公開の不透明さも手伝って、深●市や同原発から数十キロしか離れていない香港で住民らの不安をあおる結果になった。同原発は中華電力など香港資本も25%出資して1994年9月に設立、70%は香港側に売電されている。
 中国では稼働中の11基の原発の発電能力が合計で約900万キロワット。さらに電力需要急増に対応し湖北、江西や河南など、内陸部も含め同約2950万キロワット、26基もの原発が建設中だ。今回の隠蔽疑惑に加え、原発関連の人材不足や、過去には手抜き工事や発注をめぐる巨額贈収賄事件も摘発されている。


---中国の原発で放射線漏れ、先月23日発生、事故隠蔽か---
2010.6.15 15:34
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100615/chn1006151536001-n1.htm

 香港のニュースサイト、鳳凰網などによると、香港の中華電力は15日、電力供給を受けている中国広東省深●(土へんに川)市の大亜湾原発内部で5月23日、放射性物質が漏れる事故が起きていたと公表した。中華電力では香港政府保安局に「燃料棒から微量の放射性物質が漏れたが、外部や原発の運転に影響はない」と報告した。人的被害の有無などは不明。一方で中国当局は放射線漏洩について明らかにしておらず、3週間以上も原発事故を隠蔽(いんぺい)していたことになる。大亜湾原発は1994年に稼働した。香港市内から直線距離でわずか50キロほどの位置にある。(上海 河崎真澄)


---Chinese Nuclear Plant Experienced a Small Leak Last Month, a Stakeholder Says---
By KEITH BRADSHER
Published: June 15, 2010
http://www.nytimes.com/2010/06/16/world/asia/16china.html

A fuel rod at a state-owned nuclear power plant in southeastern China last month leaked traces of radioactive iodine into the surrounding cooling fluid, but no radiation escaped the building, a Hong Kong electric utility with a 25 percent stake in the power plant said Tuesday.

The Hong Kong electric utility, CLP, said in a statement that the leak was small and fell below international standards requiring reporting as a safety issue.

CLP’s disclosure on Tuesday followed a report about the leak on Radio Free Asia. Chinese state media were silent on the topic.

China plans to build three-quarters of the world’s new nuclear power plants in the coming decade as part of a broad effort to diversify its sources of electricity and limit pollution from the burning of fossil fuels. China has not announced accidents in its civilian nuclear power program, and no major cases are known to have occurred.

The plant, located on Daya Bay in Shenzhen, adjacent to Hong Kong, continued producing electricity without disruption, CLP said. The Security Bureau of the Hong Kong government said that 10 radiation sensors in Hong Kong had not detected any increases since the leak, which occurred on May 23.

The Daya Bay plant uses two loops of fluid in making power. The fluid in one heats as it circulates around the fuel rods, then transfers the heat to water in a second loop of intertwined pipes.

The steam produced expands through a turbine, spinning it to generate electricity.

The leak occurred when radioactive iodine escaped from at least one of the French-made fuel rods, CLP said, adding that an investigation was under way to identify how that happened. The radioactive iodine, a byproduct of splitting uranium atoms, leaked into the fluid surrounding the fuel rods but did not contaminate the water whose steam powers the turbine, CLP said.

CLP said that the plant - which is 75 percent owned by the China Guangdong Nuclear Power Group, one of the country’s two rival state-owned nuclear power giants - had reported the incident to mainland Chinese regulators. But it was not serious enough to be rated on the International Atomic Energy Agency’s scale for assessing the seriousness of nuclear safety incidents, the company said.

Radioactive iodine is a serious health concern because it is easily ingested by the body, particularly by children. The United States keeps large numbers of iodine tablets ready in case of a leak because people taking small, daily quantities of iodine by tablet are likely to absorb less radioactive iodine.

0 コメント: