2010年6月25日金曜日

オバマ激怒

オバマは怒っていると言う。
 アフガニスタン駐留米軍のスタンリー・マクリスタル司令官が、
「ローリング・ストーン」のインタビュー記事でオバマ政権のアフガン政策
を批判する発言を展開。
 ホワイトハウスで大統領に直接釈明する異例の事態となったが、司令官
更迭を求める声が広がっている。

司令官らの記事
関係者
 Stanley McChrystal
 David Rodriguez
 William Caldwell
 James Mattis
・オバマにアフガンへの大規模追加増派を進言したが、聞き入れられず、
 「つらい思いをした」
・カール・アイケンベリー駐アフガン米大使が、増派戦略の効果を疑問視
 する公電をワシントンに送っていたことに関し、「何年もの付き合い
 なのに我々には何も言わなかった。裏切られた」
・軍側近が政権高官について「役に立たない(ピエロ、傷ついた動物)」
・バイデン副大統領について「誰のことだ」
・ホルブルック特別代表からのメールを「開きたくもない」
・「大統領が(アフガン戦争に)あまり関心があるようには見えず、
 とてもがっかりしていた」
・ジムジョーンズ安保担当補佐官は、「1985年の動けないピエロ」

ローリングストーンズ誌の記者によると、米軍幹部に不満があり、政府と
軍との関係を示す証拠だと言う。
思っていても、公言しないのが、良識者だろう。
だから判断を誤って謝罪か。結局、辞職した。

政府に不満を持つ軍に就いた愛国心による志願者や生活困窮者で志願した人
や軍関係者の家族は、両者に対してどう感じているのだろうか。
人命は部品にあらず、反戦運動はさらに拡大する。

米軍の委託するアフガンの民間事業者が、トラックの安全確保のために
現地の警備会社と契約し、トラックが攻撃を受けないよう上納金を
支払っているという報道もある。
米軍に物資が届き、タリバンに資金が入り、民間業者は命拾いする。
でも、戦争は長引くし、武器で亡くなる人は増える。

アフガニスタン 埋蔵鉱脈92兆円


アフガニスタン司令官 召還へ


US General in Afghan War Risks Losing Job The Associated Press


Barbara Starr on McChrystal Rolling Stone article


McChrystal called to DC to explain Rolling Stone


General McChrystal Apologizes For Rolling Stone Interview


---駐アフガン司令官を解任=文民統制強調、政権批判で-後任にペトレアス氏・米大統領---
2010/06/24-06:54
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010062400102

 【ワシントン時事】アフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官がアフガン戦略をめぐり政権高官を批判した問題で、オバマ大統領は23日、ホワイトハウスで、同司令官の辞任を認め、後任にアフガンやイラクなどを管轄するペトレアス中央軍司令官を充てると発表した。マクリスタル司令官は事実上、解任された。
 オバマ大統領は、マクリスタル司令官による批判を「民主主義の根幹をなすシビリアンコントロール(文民統制)を傷つける」と非難するとともに、「アフガンでの目標を一丸となって達成するために必要な信頼を損なう」と指弾した。
 同司令官と側近は、雑誌のインタビュー記事の中で、戦略をめぐり意見が対立したバイデン副大統領を軽視したり、ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障担当)を「冷戦時代の思考から抜け出せない道化」と表現したりしていた。
 マクリスタル司令官は、駐留米軍と国際治安支援部隊(ISAF)司令官就任から1年で解任された。アフガンのカルザイ大統領と太いパイプを持ち、治安回復から統治機能確立まで、オバマ大統領のアフガン出口戦略に深く関与した司令官の更迭は、厳しい局面が続いている反政府勢力タリバン掃討に影響を与えそうだ。


---アフガン駐留司令官がオバマ政権批判、進退問題に発展---
2010年 06月 23日 12:28 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15956020100623

 [ワシントン 22日 ロイター] アフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官が、米ローリング・ストーン誌とのインタビューでオバマ政権に批判的な発言をしていたことが分かり、オバマ大統領は22日、司令官と会談した上で処遇を決める考えを明らかにした。
 米軍と北大西洋条約機構(NATO)軍のアフガン駐留部隊を指揮するマクリスタル司令官は、「The Runaway General(逃亡する将軍)」と題された記事で、軍側近が政権高官について「役に立たない」などと述べたことを明かし、自らもバイデン副大統領やホルブルック特別代表(アフガン・パキスタン担当)を批判する発言をしていた。
 オバマ大統領は閣議後、記者団に対し「記事がお粗末な判断を披露しているのは明らかだと思う」とコメントしたが、「最終的な結論を出す前に直接話をしたい」と、司令官に真意を問う意向も示した。
 マクリスタル司令官は記事の内容について謝罪しているが、政権高官は、司令官が辞表を提出する見通しを示している。
 同司令官が就任から1年で退任することになれば、オバマ政権のアフガン戦略の先行きがさらに不透明になるとみられる。


---「大統領怒ってる」オバマ政権批判の司令官更迭か---
2010年6月23日11時48分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100623-OYT1T00439.htm

 【ワシントン=黒瀬悦成】アフガニスタン駐留米軍のスタンリー・マクリスタル司令官が、25日発売の米誌「ローリング・ストーン」のインタビュー記事でオバマ政権のアフガン政策を批判する発言を展開。
 23日にホワイトハウスで大統領に直接釈明する異例の事態となったが、司令官更迭を求める声が広がっている。
 司令官は記事で、昨年オバマ大統領にアフガンへの大規模追加増派を進言したがすぐには聞き入れられず、「つらい思いをした」と述べた。また、カール・アイケンベリー駐アフガン米大使が昨秋、増派戦略の効果を疑問視する公電をワシントンに送っていたことに関し、「裏切られた」と批判した。
 記事についてギブス大統領報道官は22日の記者会見で、「マクリスタル司令官は重大な間違いを犯した。大統領は怒っている」と明言。一部メディアは、司令官は辞任の意向を固めたと報じている。
 マクリスタル司令官は特殊作戦の専門家で、アフガン安定化の「切り札」として投入された。更迭となれば、今後のアフガン戦略への支障も懸念される。


---アフガン駐留米軍のマクリスタル司令官 退任へ---
2010.06.23 Web posted at: 11:37 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201006230006.html

(CNN) 25日発売予定の米ローリングストーン誌上のインタビューでオバマ政権のアフガニスタン政策を批判したアフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官が退任する見通しであることが明らかになった。

マクリスタル司令官に近い国防総省の情報筋によれば、23日付けで退任の見通し。同司令官は4月にパリで行われたインタビューで、オバマ米政権の対アフガニスタン政策にかかわる高官らを批判していた。

その後マクリスタル司令官は22日に国防総省を通じて、インタビューは「間違いだった」と謝罪し、「オバマ大統領と安全保障スタッフには大きな尊敬と称賛の念を抱いている」とする声明を出した。

オバマ大統領は記事の内容に「怒り」を示し、23日にはホワイトハウスでマクリスタル司令官と面会して事情を聴く予定だった。


---米大統領、雑誌での発言めぐり駐留米軍司令官を召還---
2010.06.23 Web posted at: 10:35 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201006230004.html

(CNN) アフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官が米誌ローリングストーンとのインタビューで、オバマ米政権の対アフガニスタン政策にかかわる高官らへの侮辱発言を連発していたことが明らかになった。

ギブズ大統領報道官によると、オバマ大統領は記事の内容に「怒り」を示し、同司令官をワシントンに召還した。大統領は23日、ホワイトハウスでマクリスタル司令官と面会して事情を聴く予定だ。司令官の進退は不明だが、「あらゆる選択肢」が検討されているという。

問題の記事は25日付の同誌に掲載される。執筆者のマイケル・ヘイスティングズ氏によると、同司令官は4月にパリで行われたインタビューで、側近らとともにオバマ政権を批判した。

対テロ戦略で意見が分かれていたバイデン副大統領についての質問を「誰のことだ」とかわす冗談を飛ばし、アイケンベリー駐アフガン大使やジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対しても辛らつな言葉を並べたという。アフガン問題を担当するホルブルック特別代表からのメールを、同司令官が「開きたくもない」などとあしらったエピソードも紹介されている。

オバマ大統領を直接批判する発言はなかったが、2009年の司令官就任当初から不協和音があったようだと、ヘイスティングズ氏は書いている。

マクリスタル司令官は22日、国防総省を通して、インタビューは「間違いだった」と謝罪し、「オバマ大統領と安全保障スタッフには大きな尊敬と称賛の念を抱いている」とする声明を出した。司令官がすでに辞表を提出したとの情報もあるが、確認されていない。

アフガニスタンのカルザイ大統領は、同司令官の留任を望む立場を示した。一方、ローリングストーンの編集責任者、エリック・ベイツ氏はCNNとのインタビューで、「その場限りの発言ではなかった」と主張。記事によって政権内部の「深い亀裂」が露呈したと述べた。


---アフガン司令官:文民批判、オバマ政権に痛手 処分焦点に---
毎日新聞 2010年6月23日 11時29分
http://mainichi.jp/select/world/news/20100623k0000e030033000c.html

 【ワシントン古本陽荘】アフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官と側近が、米誌の取材に対しオバマ政権の文民高官らを批判した問題で、オバマ米大統領は23日、マクリスタル氏から事情を聴取したうえで、進退問題の判断を下す。更迭すればアフガン戦争の混迷ぶりを象徴するものとなる一方、続投を認めれば軍を統制できない大統領との印象を与え、オバマ大統領にとってはいずれも痛手となる厳しい選択を迫られる。
 オバマ大統領は22日、ホワイトハウスで「更迭するのか」との記者の質問に「マクリスタル司令官と彼のチームが、粗末な判断を下したのは記事で明白だ。決定を下す前に彼と直接、話をしたい」と語った。
 これに先立ち、ゲーツ国防長官は声明を発表し、「マクリスタル司令官は重大な過ちを犯した」と批判した。ホワイトハウスのギブス報道官も同日の記者会見で、「予断を与えるようなことは言いたくないがテーブルの上にはすべての選択肢がある」と述べ、更迭の可能性を排除しないとの姿勢を提示。そのうえで、21日夜に大統領に記事を渡した際、「大統領は怒っていた」と明かした。政権内からはマクリスタル氏を擁護する言葉は一切なく、批判一色となっている。
 マクリスタル氏は、昨年5月にゲーツ長官と米軍の増強方針などを巡り対立し更迭されたマキャナン司令官の後任。議会から更迭を求める声が出ており、「マクリスタル氏は辞任の覚悟をしている」との報道もあるが、2代続いての司令官の更迭となれば、アフガン戦争の泥沼化を裏付けるものと受け取られる可能性がある。
 オバマ大統領は昨年12月に3万人の米軍増派を決断。増派は今夏に完了し10万5000人規模となる予定。


---Obama to confront McChrystal at White House---
Matt Spetalnick
WASHINGTON
Wed Jun 23, 2010 1:29am EDT
http://www.reuters.com/article/idUSTRE65L3BL20100623?type=politicsNews

Summoned from Afghanistan to meet with Obama, Gen. Stanley McChrystal will be asked to explain remarks he and his aides made in a Rolling Stone magazine article that disparaged the president and mocked other senior civilian leaders.

The situation poses a tough dilemma for Obama, who faces the choice of either being seen as tolerating insubordination from the military or shaking up the chain of command at a perilous moment in the unpopular nine-year-old war.

Obama, described as furious about the article in private but speaking in measured tones in public, issued a stern rebuke to McChrystal and said he would talk directly to the general before making a final decision.

"I think it's clear that the article in which he and his team appeared showed poor judgment," Obama told reporters after a cabinet meeting on Tuesday.

U.S. officials said they expected McChrystal, the U.S. and NATO commander in Afghanistan and architect of Obama's war strategy, to offer his resignation and allow the president to decide whether to accept it.

With his career on the line, the 55-year-old general has apologized. "It was a mistake reflecting poor judgment and should never have happened," McChrystal said in a statement.

In the article entitled "The Runaway General" -- here -- McChrystal himself makes belittling remarks about Vice President Joe Biden and the U.S. special envoy to Afghanistan and Pakistan, Richard Holbrooke. His aides are quoted as calling one top Obama official a "clown" and another a "wounded animal."

Afghanistan had slipped down Obama's policy agenda recently as he focused on domestic challenges like high unemployment and the devastating BP Plc oil spill, seen as critical to avoiding big losses for his Democratic Party in November's pivotal congressional elections.

But the furor surrounding McChrystal comes amid growing doubts in Congress and declining support among the public for the war effort in Afghanistan, where the Taliban is resurgent despite a troop buildup ordered by Obama six months ago.

Obama is mindful that success or failure in Afghanistan will be a major part of his foreign policy legacy.

CALLED ON THE CARPET

The article surfaced on the eve of Obama's monthly meeting with his Afghan war council. McChrystal typically joins by teleconference but Obama ordered him to fly in and participate directly and also meet one-on-one in the Oval Office.

The broader meeting, including many of the Obama aides denigrated by McChrystal and his staff in the article, was scheduled for 11:35 a.m. EDT.

White House spokesman Robert Gibbs said McChrystal made a "profound" mistake and "all options were on the table" with regard to his fate.

Obama was more cautious, saying the success of the war effort in Afghanistan would be uppermost in any decision.

McChrystal's departure would add to uncertainty about the course of the war. The controversy could also weaken Obama, making him look soft on insubordination if he lets McChrystal stay or irresponsible if he fires the top general assigned to implement his own strategy.

Lawmakers were split over whether McChrystal should go, but Afghan President Hamid Karzai fully backed the general.

Defense officials say they have confidence that a suitable replacement could be found if he is sacked. Possible successors include Lieutenant-General David Rodriguez, who is now McChrystal's No. 2; Lieutenant-General William Caldwell, who runs the NATO training mission for Afghan forces; and General James Mattis, the commander of U.S. Joint Forces Command.

The article quotes a member of McChrystal's team making jokes about Biden, who had favored a more limited counter-terrorism approach than the general wanted.

One of McChrystal's aides called White House National Security Adviser Jim Jones a "clown" who was "stuck in 1985."

The article also quoted an adviser to McChrystal dismissing an early meeting with Obama as a "10-minute photo op" and saying the general was "disappointed" that the president seemed disengaged.

The episode has evoked memories of military-civilian tensions when President Harry Truman stripped Gen. Douglas MacArthur of his Far East command in 1951 for flouting U.S. policy and openly advocating expansion of the Korean conflict to China.

(Additional reporting by Phil Stewart, Adam Entous, Alister Bull, Will Dunham, Jeff Mason, Susan Cornwell and Deborah Charles in Washington, David Fox and Jonathon Burch in Kabul, editing by Jackie Frank)


---Gen. McChrystal Ready to Resign, Officials Say---
Published June 23, 2010
http://www.foxnews.com/politics/2010/06/23/gen-mcchrystal-ready-resign-officials-say/

General Stanley McChrystal, the top U.S. commander and strategist of the Afghan war, is prepared to offer his resignation Wednesday for mocking and disparaging President Barack Obama and his national security team in a Rolling Stone interview, two military officials said Tuesday.

Obama will meet with McChrystal on Wednesday at the White House where the general is expected to be armed with a letter of resignation.

"I think it's clear that the article in which he and his team appeared showed a poor -- showed poor judgment," the president said in his first comments on the matter, surrounded by members of his Cabinet at the close of their meeting. "But I also want to make sure that I talk to him directly before I make any final decisions."

If not insubordination, the remarks in a forthcoming Rolling Stone magazine article were at least an indirect challenge to civilian management of the war in Washington by its top military commander.

Military leaders rarely challenge their commander in chief publicly, and when they do, consequences tend to be more severe than a scolding.

A senior U.S. military official in Afghanistan told The Associated Press the general has been given no indication that he would be fired but no assurance he would not be. The official spoke on condition of anonymity to describe internal discussions between Washington and the general's office in Kabul.

"I want everybody to keep in mind what our central focus is -- and that is success in making sure that Al Qaeda and its affiliates cannot attack the United States and its allies," Obama said. "And we've got young men and women there who are making enormous sacrifices, families back home who are making enormous sacrifices."

McChrystal will also meet separately with Defense Secretary Robert Gates, who issued a stern scolding to McChrystal on Tuesday that contains no endorsement for him to remain in his job. Gates hand-picked McChrystal to take over the war last year, calling him a driven visionary with the fortitude and intelligence to turn the war around. Obama fired the previous commander at Gates' recommendation.

White House spokesman Robert Gibbs said that "all options are on the table" for Obama as he decides how to punish McChrystal, including firing him.

At a White House daily briefing, Gibbs repeatedly declined to say McChrystal's job was safe.

"The magnitude and greatness of the mistake here are profound," he said.

In the Rolling Stone article, McChrystal and his staff described the president as unprepared for their first one-on-one encounter.

McChrystal also said he felt betrayed and blind-sided by his diplomatic partner, Ambassador Karl Eikenberry.

It characterized the general as unable to convince some of his own soldiers that his strategy can win the nation's longest-running war, and dejected that the president didn't know about his commendable military record.

In Kabul on Tuesday, McChrystal issued a statement saying: "I extend my sincerest apology for this profile. It was a mistake reflecting poor judgment and should never have happened."

The general was making a flurry of calls and decisions in the wake of the article's publication. Fox News has learned that he fired the press aide, Duncan Boothby, who booked the interview. McChrystal also called Defense Secretary Gates and Chairman of the Joint Chiefs of Staff Adm. Mike Mullen late Monday to apologize. Mullen told the general he was deeply disappointed, according to a senior military official at the Pentagon.

Several names circulated among Pentagon and Capitol Hill aides as potential successors. Military officials, speaking on condition of anonymity ahead of the White House meeting, said the administration has not talked to possible successors but might do so on Wednesday.

"We all serve at the pleasure of the president," said Gen. James Mattis, one of those mentioned. "I have a pretty full plate here" in his current job as Joint Forces Command chief, Mattis told AP.

Other names include Lt. Gen. John Allen, the No. 2 at U.S. Central Command; Lt. Gen. David Rodriguez, McChrystal's No. 2 in Afghanistan; Gen. Martin Dempsey, commander of the Army Training and Doctrine Command; and Adm. James Stavridis, the top NATO commander in Europe.

McChrystal has since spoken with Sen. John McCain, R-Ariz., and Sen. John Kerry, D-Mass., both of whom were described as attention-seekers by an aide in the article. Kerry said afterward that he has "enormous respect" for the general, while a spokesman for Afghan President Hamid Karzai reportedly said Karzai "strongly supports" McChrystal and his strategy.

Click for a blow-by-blow on which officials were criticized by McChrystal and his staff.

The article says that although McChrystal voted for Obama, the two failed to connect from the start. Obama called McChrystal on the carpet last fall for speaking too bluntly about his desire for more troops.

"I found that time painful," McChrystal said in the article, on newsstands Friday. "I was selling an unsellable position."

It quoted an adviser to McChrystal dismissing the early meeting with Obama as a "10-minute photo-op."

"Obama clearly didn't know anything about him, who he was. The boss was pretty disappointed," the adviser told the magazine.

Obama agreed to dispatch an additional 30,000 U.S. troops to Afghanistan only after months of study that many in the military found frustrating. The White House's troop commitment was coupled with a pledge to begin bringing troops home in July 2011, in what counterinsurgency strategists advising McChrystal regarded as an arbitrary deadline.

McChrystal said Tuesday, "I have enormous respect and admiration for President Obama and his national security team, and for the civilian leaders and troops fighting this war and I remain committed to ensuring its successful outcome."

The profile, titled "The Runaway General," emerged from several weeks of interviews and travel with McChrystal's tight circle of aides this spring.

It includes a list of administration figures said to back McChrystal, including Gates and Secretary of State Hillary Rodham Clinton, and puts Vice President Joe Biden at the top of a list of those who don't.

The article claims McChrystal has seized control of the war "by never taking his eye off the real enemy: The wimps in the White House."

Asked by the Rolling Stone reporter about what he now feels of the war strategy advocated by Biden last fall - fewer troops, more drone attacks - McChrystal and his aides reportedly attempted to come up with a good one-liner to dismiss the question. "Are you asking about Vice President Biden?" McChrystal reportedly joked. "Who's that?"

Biden initially opposed McChrystal's proposal for additional forces last year. He favored a narrower focus on hunting terrorists.

"Biden?" one aide was quoted as saying. "Did you say: Bite me?"

Another aide reportedly called White House National Security Adviser Jim Jones, a retired four-star general, a "clown" who was "stuck in 1985."

Some of the strongest criticism, however, was reserved for Richard Holbrooke, Obama's special envoy to Afghanistan and Pakistan.

"The boss says he's like a wounded animal," one of the general's aides was quoted as saying. "Holbrooke keeps hearing rumors that he's going to get fired, so that makes him dangerous."

If Eikenberry had doubts about the troop buildup, McChrystal said he never expressed them until a leaked internal document threw a wild card into the debate over whether to add more troops last November. In the document, Eikenberry said Afghan President Hamid Karzai was not a reliable partner for the counterinsurgency strategy McChrystal was hired to execute.

McChrystal said he felt "betrayed" and accused the ambassador of giving himself cover.

"Here's one that covers his flank for the history books," McChrystal told the magazine. "Now, if we fail, they can say 'I told you so."'

Eikenberry remains in his post in Kabul, and although both men publicly say they are friends, their rift is on full display.

McChrystal and Eikenberry, himself a retired Army general, stood as far apart as the speakers' platform would allow during a White House news conference last month.

Fox News' Justin Fishel and The Associated Press contributed to this report.


---米国:アフガン駐留のマクリスタル司令官を召還---
毎日新聞 2010年6月22日 23時29分(最終更新 6月23日 0時46分)
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20100623k0000m030122000c.html

 【ワシントン古本陽荘】アフガニスタン駐留米軍の指揮を執るマクリスタル司令官と側近が、米誌の取材に対し、オバマ政権の文民高官らを公然と批判していたことが発覚し、オバマ大統領は説明を求めるためマクリスタル司令官に一時帰国するよう命じた。米主要メディアが22日、一斉に報じた。
 マクリスタル氏らの発言はアフガン政策をめぐり、政権内での意見対立が依然、深刻であることを裏付けるもので、米軍増派に踏み切った大統領への評価や来年7月とされた米軍の撤退開始の是非をめぐる議論への影響は必至。また、文民統制の観点からも批判が出そうだ。
 問題となった記事は、アフガン駐留米軍に同行取材したフリーランスのヘイスティング記者が25日に発売予定のローリングストーン誌に寄稿したもの。
 米CNNテレビが公表した記事の抜粋によると、09年1月の大統領就任約1週間後に国防総省で米軍幹部と会ったオバマ大統領の印象について、マクリスタル氏側近は、「(大統領は)不快でおびえたように見えたとマクリスタル氏は感じた」と証言。さらに側近は、その4カ月後にホワイトハウス執務室で大統領と会談したマクリスタル氏について、「大統領が(アフガン戦争に)あまり関心があるようには見えず、とてもがっかりしていた」と暴露した。
 また、増派に反対したバイデン副大統領については、マクリスタル氏自身が「バイデン副大統領のことを聞くのかい? バイデンって誰だっけ」と笑いながら不快感を示した発言を引用している。
 「カルザイ大統領は信用できない」として増派に反対する公電を送った米陸軍出身のアイケンベリー駐アフガン大使について、マクリスタル氏は、「何年もの付き合いなのに我々には何も言わなかった。裏切られた」と露骨に批判した。
 記事の掲載が分かり、マクリスタル氏は「心からのおわびを申し上げる。浅はかな判断による誤りで二度と起きない。オバマ大統領と安全保障スタッフには敬服している」との声明を発表した。
 アフガンに関する定例情勢報告が23日に予定され、マクリスタル氏は急きょ、帰国して出席するよう命じられた。この際、オバマ大統領と会談する。
 オバマ大統領は昨年12月に3万人の増派を決定。今夏に増派が完了すると10万5000人規模となる。だが、治安の改善は進まず、この夏に予定されていた南部カンダハルでの大規模なタリバン掃討作戦はずれ込んでいる。米連邦議会の公聴会では、オバマ大統領が表明している来年7月の撤退開始への賛否をめぐり議論が続いている。


---米国防費がタリバーンに? 輸送業者めぐる疑惑が浮上---
2010.06.22 Web posted at: 16:53 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201006220018.html

ワシントン(CNN) アフガニスタン駐留米軍の物資輸送を請け負う現地の業者を通して、米政府の国防費がイスラム強硬派勢力タリバーンなどの手に渡っているとの疑惑が浮上している。

匿名の軍当局者が21日までに語ったところによると、軍が内部調査を進めているという。同当局者によると、米軍が物資の輸送を委託するアフガンの民間事業者は、トラックの安全確保のために現地の警備会社と契約している。こうした警備会社はタリバーンや地方の武装勢力司令官とつながりを持ち、トラックが攻撃を受けないよう上納金を支払っている疑いがあるという。

同当局者は、軍による調査が進行中だとして、具体的な金額や地域には言及しなかった。一方で陸軍犯罪捜査部門の報道担当者は、該当する調査はないと述べた。

米軍は、パキスタン経由でバグラム空軍基地に運び込まれる食料や燃料、装備、弾薬などの物資をアフガン国内数百カ所の拠点へ届けるために、現地の運送会社8社との間で総額20億ドル余りの契約を結んでいる。

米下院の小委員会で昨年末に同様の問題を指摘したジョン・ティアニー議員は、「米国は戦闘の相手である武装勢力に、自らの意図ではないにせよ間接的に資金を提供している可能性がある」と指摘していた。小委員会では22日、この問題に関する公聴会が開かれる。

0 コメント: