2010年6月26日土曜日

Youtube著作権侵害訴訟

Youtube著作権侵害訴訟の判決があった。
 「ユーチューブ」が著作権を侵害しているとしてサイトを運営する
インターネット検索最大手、米グーグルを米メディア大手バイアコムが
訴えていた裁判で、ニューヨーク連邦地裁は、グーグル側の主張を認める
判決を言い渡した。
グーグルが著作権者の要請に基づいて違法な動画を削除していることなど
を評価、同社による侵害行為はなかったと結論づけた。

 京都府警(生活経済課ハイテク犯罪対策室、五条署、七条署、堀川署)
と佐賀県警生活経済課、沖縄県警生活保安課の合同捜査班は、動画共有
サイト「YouTube」を通じて週刊少年誌に掲載されたマンガを動画ファイル
として、権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、
愛知県中区の男子中学生を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕した。

米国では、サービスプロバイダーであるYoutube(Google)側が勝利となり、
日本では、直接uploadした者が容疑者として逮捕された。
バイアコムの賠償請求額は約900億円、マンガの被害総額は約20億円と言う。

マンガのuploadは、皆と共有したかったと話しているようだが、広告料を
使って自腹で買ったマンガを無加工で無料で共有化しかったようだ。
オマージュ、リミックス等の加工を施し、著作権を共有(?)する意見も
あると報道があったが、詳細は不明。
平均的な家庭であれば、20億円請求されても親は支払いできないだろう。


--- 「ユーチューブ」著作権侵害訴訟、米グーグルが勝訴---
2010/6/24 19:02
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0E6E2E19E8DE0E6E2E4E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL

 【シリコンバレー=奥平和行】動画共有サイト「ユーチューブ」が著作権を侵害しているとしてサイトを運営するインターネット検索最大手、米グーグルを米メディア大手バイアコムが訴えていた裁判で、ニューヨーク連邦地裁は23日、グーグル側の主張を認める判決を言い渡した。グーグルが著作権者の要請に基づいて違法な動画を削除していることなどを評価、同社による侵害行為はなかったと結論づけた。
 音楽専門テレビ局「MTV」や映画のパラマウント・ピクチャーズなどを傘下に持つバイアコムは2007年3月、グーグルに10億ドル(約900億円)以上の損害賠償を求める訴訟を起こしていた。地裁は、グーグルが一定の条件を満たせば著作権侵害を問われないとする「デジタルミレニアム著作権法」の対象になると判断した。バイアコムは判決を不服として控訴する。
 グーグルは23日「判決は当社だけでなくネットをコミュニケーションに使う多くの人にとっての勝利だ」とのコメントを発表した。今回の裁判は新旧メディアの対決として注目を集めたが、現在はグーグルが著作権保護を徹底したことなどもあって、既存メディアもユーチューブを活用する方針に転じている。


---Google’s YouTube Didn’t Infringe Viacom Copyrights, Judge Says---
June 24, 2010, 12:04 AM EDT
By Andrew M. Harris and Donald Jeffrey
http://www.businessweek.com/news/2010-06-24/google-s-youtube-didn-t-infringe-viacom-copyrights-judge-says.html

June 24 (Bloomberg) -- Google Inc.’s YouTube didn’t violate Viacom Inc. copyrights when content including clips from its MTV and Comedy Central cable television channels were posted on the video-sharing website, a judge ruled.

U.S. District Judge Louis Stanton in New York yesterday said YouTube wasn’t liable for infringement. Viacom, controlled by Sumner Redstone, had sought at least $1 billion in damages, according to a revised complaint filed in April 2008.

Stanton agreed with YouTube that it was protected by the safe-harbor provision of the federal Digital Millennium Copyright Act, which says a service provider isn’t liable for infringement if it removes material from its site when notified by the copyright owner.

“The provider must know of the particular case before he can control it,” Stanton said in the ruling. “The provider need not monitor or seek out facts indicating such activity.”

More than 24 hours worth of video is uploaded to the YouTube site every minute, the judge said. YouTube had a policy of removing infringing content from its site and banning users after three such offenses, according to the ruling.

Both companies asked Stanton in March to decide the case in their favor without a trial. Viacom said YouTube benefited financially by allowing users to post and share programs including “The Daily Show With Jon Stewart” and “South Park” on its website without authorization.

Appeal Planned

Viacom, based in New York, said in an e-mailed statement that it plans to appeal yesterday’s ruling.

“We believe that this ruling by the lower court is fundamentally flawed and contrary to the language of the Digital Millennium Copyright Act, the intent of Congress, and the views of the Supreme Court as expressed in its most recent decisions,” Viacom said in the statement.

“This is a win for YouTube and for Google and for the Internet,” Kent Walker, vice president and general counsel for Google, said in a phone interview. “The decision empowers a new generation of creators and artists who are just starting to share their work.”

The decision followed established judicial consensus that online services such as YouTube are protected from infringements claims when they work with copyright holders to manage their rights online, Walker said in an Internet blog posting.

Google, based in Mountain View, California, acquired YouTube for $1.65 billion in 2006.

Premier League

Viacom’s lawsuit was initially filed in 2007. Stanton’s decision also disposes of a parallel case brought by England’s Football Association Premier League Ltd. later that year, accusing YouTube of infringing its copyrighted British soccer league matches.

An attorney for the league, Max Berger of the New York law firm of Bernstein Litowitz Berger & Grossmann LLP, didn’t immediately return a call seeking comment after regular business hours yesterday.

Stanton, last year, dismissed the league’s demand for punitive damages, ruling the U.S. Copyright Act of 1976 didn’t allow for them. He also threw out the association’s claim for damages arising from the alleged infringement of foreign works not registered in the U.S.

The case is Viacom International Inc. v. Youtube Inc., 07- cv-02103, U.S. District Court, Southern District of New York (Manhattan). The soccer case is The Football Association Premier League Ltd. v. Youtube Inc., 07-cv-03582.

--With assistance from Brian Womack in San Francisco and Sarah Rabil in New York. Editors: Michael Hytha, Peter Blumberg.


---「広告収入が目的」ユーチューブ違法公開の少年---
2010年6月25日20時16分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100625-OYT1T00890.htm

 米国の動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で発売日前の人気漫画が無断で公開された事件で、京都地検は25日、著作権法違反容疑で逮捕された少年(14)を同法違反の非行事実で京都家裁に送致。
 同家裁は少年を、実家のある名古屋市の名古屋家裁に移送する決定をした。
 捜査関係者によると、少年は昨年12月に投稿を開始。発売日前の漫画を違法に公開しているサイトから、データをパソコンに取り込み、加工して投稿したという。「(無断公開を宣伝していた)自分のブログを多くの人に見てもらいたかった。広告収入が目的だった」と供述。少年のブログは、閲覧数に応じて広告収入が入るなどの仕組みだった。


---著作権法違反:中学生、週刊少年誌のマンガを動画としてYouTubeで公開---
吉澤亨史2010年6月16日 12時42分
http://japan.cnet.com/news/society/story/0,3800104748,20415230,00.htm

 京都府警(生活経済課ハイテク犯罪対策室、五条署、七条署、堀川署)と佐賀県警生活経済課、沖縄県警生活保安課の合同捜査班は6月14日、動画共有サイト「YouTube」を通じて週刊少年誌に掲載されたマンガを動画ファイルとして、権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、愛知県中区の男子中学生(14歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕した。社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が6月14日に発表した。
 この少年は、2009年12月22日から2010年2月9日までの間、前後4回にわたり、集英社が出版する「少年ジャンプ」掲載の「銀魂」「NARUTO-ナルト-」「ONE PIECE-ワンピース-」の3作品、小学館が出版する「週刊少年サンデー」掲載の「MAJOR」の1作品をYouTubeを通じて権利者に無断でアップロードしていた。
 少年はYouTubeに動画をアップロードした後、ブログやTwitterを通じて更新情報を通知していた。警察の調べによると、少年がアップロードしていた動画の再生合計は、2010年4月末時点で合計約800万回に上っていた。YouTubeのユーザーが著作権侵害で逮捕されたのは今回が初めてとなる。

0 コメント: