2010年7月31日土曜日

ベル市長 任期無報酬

ベル市長の無報酬が決まった。
 米加州ベル市の幹部らが不当に高額の年収を得ていた問題で、市長の
責任などを追及する市民ら200人以上が、市内で抗議のデモを行った。

この問題では事務方トップの幹部職員が、オバマ米大統領の倍に当たる
年収約80万ドルを得ていたことが発覚し、同幹部ら3人が辞職に追い込
まれていた。

不正報酬
市長     Oscar Hernandez 年96,000ドル
副市長    Teresa Jacobo 年96,000ドル
元事務長(?)  Robert Rizzo   年787,637ドル
元警察署長  Charlie Beck  年457,000ドル
元都市副課長 Angela Spaccia 年376,288ドル

改正後報酬
市長と副市長は、任期内は無報酬
議員は月673ドル

Bell Cityは、市人口1/4が貧困層と言われるが、Rizzoは、高額年金積立
のため、83才までに、3000万ドルの年金が受取ることになるらしい。
昔の日銀総裁や大蔵省幹部のようだ。

一部の評論家は、米国は、入り口の条件が同じかどうかを気にするが、
経過では文句言わないと言っていたが、実際には、経過でも文句を
言う人はいるわけで、入り口の条件を気にする米国の方がもっと
ひどいと言うことになる。


Anger Remains in Bell After City Resignations The Associated Press


---Bell council members cut salaries 90%; some will forgo pay---
By Ruben Vives and Jeff Gottlieb, Los Angeles Times
July 27, 2010
http://www.latimes.com/news/local/la-me-bell-salaries-20100727,0,1970663.story

Council members agree to take $8,000 a month, and the mayor and vice mayor say they'll finish their terms without pay. Meanwhile, attorney general subpoenas documents and D.A. continues its probe.

City Council members in Bell unanimously agreed Monday to give up their controversial $96,000-a-year salaries and instead draw $673 a month - a 90% decrease.

Council members in the small, working-class city southeast of downtown Los Angeles have been under mounting pressure since the salaries for the part-time jobs were reported in The Times this month.

Mayor Oscar Hernandez and Vice Mayor Teresa Jacobo went a step further Monday and said they will finish off their terms without pay.

>> Don't miss a thing. Get breaking news alerts delivered to your inbox.

Hernandez also apologized to residents for the high salaries the city paid to administrators, a reversal from the defiant tone he struck last week.

"Since my first day as mayor, my priority has been to make Bell a city its residents can be proud to call home," he said. "I apologize that the council's past decisions with regard to the indefensible administrative salaries have failed to meet that test." Hernandez said he will not seek another stint as mayor.

A Times report revealed that the city's top officials received some of the highest municipal wages in the nation. City Administrative Officer Robert Rizzo made $787,637 a year, almost twice the salary of President Obama; Police Chief Randy Adams made $457,000, 50% more than Los Angeles Police Chief Charlie Beck; and Assistant City Manager Spaccia made $376,288, more than the top administrator for Los Angeles County.

All three resigned last week.

In agreeing to sweep back their salaries, Councilmen Luis Artiga and George Mirabal put themselves on par with Lorenzo Velez, who has been paid $673 a month since he was appointed to the council last summer. Velez said he was unaware his colleagues were making so much.

Ali Saleh, a member of the Bell Assn. to Stop The Abuse said Monday that the group welcomes the salary cut. But he added, "It's not enough. The people don't trust them anymore. They lost complete trust from the community, and for the better of the community, they should resign."

The group also demands "a full disclosure of administrative salaries, and any retainers or project contracts provided by outside consultants, followed by a forensic audit by a neutral third party."

Saleh threatened council members with a recall effort if they did not order a forensic audit of the city's books and disclose administrative salaries as well as contracts awarded to outside consultants.

Council members drove up their salaries by earning stipends for serving on various boards or commissions, all of which generally met - often very briefly - during council meetings. In their agreement Monday, council members said the $673-a-month salary will reflect their total pay.

Earlier Monday, state Atty. Gen. Jerry Brown had subpoenaed hundreds of documents from Bell as part of his office's investigation into the high salaries.

"How did they come to the conclusion that public officials should make that much money?" Brown said at a news conference at his Los Angeles office.

Among the documents Brown has demanded are e-mails, employment contracts, ordinances and resolutions, some going back to January 2003. Some must be turned in by Wednesday, and others by Aug. 6.

"Hundreds of thousands of public dollars were paid out under suspicious circumstances," said Brown, the Democratic nominee for governor.

The Los Angeles County district attorney began an inquiry into the council's salaries several weeks ago. Former Councilman Victor Bello, who resigned in August for undisclosed reasons, said district attorney investigators took documents from his home Monday.

Almost immediately after he left the council, Bello became the only full-time employee at the city food bank, the first person to hold the job, Rizzo said.

Documents show that Bello was being paid $96,000 a year there, roughly the same salary paid to most council members. He has continued to be paid for sitting on four city boards, even though city resolutions say commissioners must be council members.

Bello last week showed The Times the three white boxes he said the district attorney took from him. He said they included council agendas, a list that showed payments the city had made to vendors and contractors, fliers of community events and other documents.

Dave Demerjian, head of the district attorney's Public Integrity Unit, said he could not comment.

The mayor's apology was a turnaround from his comments last week when he praised Rizzo, even after the council announced that the city manager, Adams and Spaccia were resigning. Hernandez said Rizzo's salary was appropriate considering the excellent job he did.

He also sharply criticized The Times' reporting of the issue.

Over the weekend, Velez called on fellow council members to reduce their salaries to the $8,000 a year he is receiving. Jacobo, the vice mayor, has said Velez was being paid substantially less because he had been appointed to finish Bello's unexpired term and had not been elected to office.

Velez said if council members refused to cut their salaries, they should resign immediately. He also called for an independent accounting of business dealings council members have had with the city and argued that they should reveal how much they will earn from their city pensions.


---大統領の倍…幹部の高給に200人抗議デモ 米カリフォルニア州ベル市---
2010.7.26 13:58
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100726/amr1007261400009-n1.htm

 米カリフォルニア州ベル市の幹部らが不当に高額の年収を得ていた問題で、市長の責任などを追及する市民ら200人以上が25日、市内で抗議のデモを行った。ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)が伝えた。
 デモ参加者はエルナンデズ市長が所有するスーパーや市長宅を訪れ、辞任を迫ったほか、市議会議員の自宅前で抗議のスローガンを叫んだ。
 この問題では事務方トップの幹部職員が、オバマ米大統領の倍に当たる年収約80万ドル(約7千万円)を得ていたことが発覚し、同幹部ら3人が辞職に追い込まれていた。
 ベル市は人口約4万人の半数をメキシコなどの移民が占めている。(共同)


---California city official quits nearly $800,000 post---
By Jim Christie
SAN FRANCISCO | Fri Jul 23, 2010 5:05pm EDT
http://www.reuters.com/article/idUSTRE66M5A420100723?type=domesticNews

(Reuters) - A local official in California earning close to $800,000 a year as the manager of a city with nearly a quarter of its population in poverty has quit following a public uproar, the mayor said on Friday.

Robert Rizzo, chief administrative officer of Bell, California, resigned along with an assistant and Bell's police chief, Mayor Oscar Hernandez said in a statement.

Rizzo's $787,637 salary was nearly twice that of U.S. President Barack Obama, a considerable expense for a city of 37,000 people operating its own food bank for impoverished residents.

Assistant city administrator Angela Spaccia's pay exceeded that of the top administrator in Los Angeles County, and Bell was paying police chief Randy Adams 50 percent more than what his counterpart earns in neighboring Los Angeles, the nation's second largest city.

Bell residents have been clamoring for answers to questions about the city's financial management since The Los Angeles Times reported the compensation of the three city employees -- along with reporting that many members of Bell's city council earn nearly $100,000 a year.

Hernandez criticized the Times' "skewed view of the facts" and praised Rizzo's service.

INVESTIGATION LAUNCHED

The Los Angeles County district attorney's office is probing them and California Attorney General Jerry Brown and the California Public Employees' Retirement System, the pension giant known as Calpers, have opened a joint investigation.

Calpers has an interest in the compensation Bell provided because of the pension payments it must make.

Rizzo could amass pension payments of more than $30 million in retirement if he lives until age 83, according to an analysis by the California Foundation for Fiscal Responsibility, a group calling for an overhaul of the state's public pension system.

Brown's office said it plans to look beyond Bell in its probe, which will coincide with his campaign as the Democratic nominee to succeed Republican Governor Arnold Schwarzenegger.

Schwarzenegger is making pension reform a condition for his signature on a state budget, a challenge purely on fiscal terms because he must negotiate a spending plan that closes a $19 billion shortfall with the Democrat-led legislature.

Former eBay Inc chief executive Meg Whitman is the Republican nominee for governor and is for pension reform. It could include providing new public employees less generous benefits or even putting them into retirement accounts like the 401(k)s in the private sector.

Brown has proposed limits on public pensions and in his office's statement said the salaries at issue in Bell are "shocking and outrageous."

2010年7月30日金曜日

米軍機密文書公表

米軍機密文書が公表された。
 民間ウェブサイト「ウィキリークス」がアフガニスタン駐留米軍の
膨大な機密文書を公表した問題で、ギブズ米大統領報道官は定例会見で、
機密情報流出が連邦法違反にあたるとし、先週末から情報の流出元の
捜査に着手していることを明らかにした。

情報源
米軍ヘリコプターがイラク市民を銃撃する映像がウィキリークスに
流出した件に絡み、機密情報漏えいの容疑でクウェートの軍事刑務所に
拘束されている米軍の情報分析員、ブラッドレー・マニング
(Bradley Manning)特技兵の関与が疑われる。

流出したとされる情報は、軍関係者であれば誰でも入手可能なもので
最高機密ではないとのこと。
噂だったイラン政府のタリバンへの手助けも書類から確認できるようだ。
wikileaksは、初年度500万ドルを集めた。
wikileaksからの金銭目当てで、情報を収集した可能性もある。
内部からの持ち出しとなれば犯罪となる。
自衛隊幹部は未だに情報を持ち出しているようだが、情報が表に出ない
だけで、裏ではもう流れているのだろうか。

Afghan War Diary, 2004-2010


DN! US Intel Analyst Arrested for Leaking Wikileaks Video


Rumored Manhunt for Wikileaks Founder Julian Assange 1 of 4


Rumored Manhunt for Wikileaks Founder Julian Assange 2 of 4


Rumored Manhunt for Wikileaks Founder Julian Assange 3 of 4


Rumored Manhunt for Wikileaks Founder Julian Assange 4 of 4


WikiLeaks founder Julian Assange ITN NEWS


---イランがタリバン支援の可能性も 機密文書流出で浮上 英紙報道---
2010.7.27 18:48
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100727/amr1007271850007-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】民間の内部告発サイト「ウィキリークス」によるアフガニスタン関連機密文書の流出で、イランがイスラム原理主義勢力タリバンを、金銭面や軍事面などで後押ししている可能性が浮上している。事前に文書を入手していた英紙ガーディアン(電子版)が26日までに伝えた。イラン政府が直接関与しているのかどうかなど、情報の信憑(しんぴよう)性は不明だが、事実ならタリバンはイランの手助けで勢力を維持していることになる。
 ガーディアンが機密文書の内容として報じたところでは、イランは2004年からタリバンとの結びつきを強めており、タリバン幹部をイランに居住させているほか、金銭援助も続けているという。
 国際治安支援部隊(ISAF)が05年2月に作成したとされる機密文書によると、タリバン指導層の一部はイランに住み、国境を越えてアフガンでテロリストの勧誘やテロ作戦の実行におよんでいるという。この文書は「イラン政府がアフガン兵士の殺害に約1740ドル(約15万円)、政府関係者の殺害に約3481ドル(約30万円)を提供している」とタリバン側に報奨金が支払われている可能性を示唆した。
 別の文書では、イランがアフガンの国会議員にわいろを渡したり、戦闘で負傷したタリバン兵をイランで治療したりするなど、水面下での影響力強化の可能性が指摘されている。ただ、ガーディアンは、イランのタリバン支援を裏付ける具体的証拠はなく、仮に事実でもイラン指導層がどこまで情報を把握しているかは不透明としている。
 タリバンへの支援をめぐっては、機密文書を入手した米紙ニューヨーク・タイムズが、パキスタンの三軍統合情報部(ISI)の関与の可能性を指摘していた。同紙の報道によると、ISIのハミード・グル元長官が昨年1月、タリバン側と接触し、テロ行為に目をつぶる代わりに活動をアフガン国内に限定するよう伝えるなどしたという。
 しかし、パキスタンのハッカニ駐米大使は、公表された機密文書は「現状を反映していない」と述べ、事実関係を否定している。


---米軍機密流出で浮かぶ、情報セキュリティーの新脅威---
2010年07月27日 15:43 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2743521/6015267

【7月27日 AFP】米軍によるアフガニスタンでの軍事作戦に関する機密情報がインターネットの内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」に大量流出した問題で、盗まれた膨大なデータが瞬時のうちに公開されてしまうデジタル時代における情報セキュリティの脅威が浮き彫りにされた。
 今回の流出を、1971年に暴露されたベトナム戦争に関する機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ(Pentagon Papers)」の一件になぞらえるのは、米シンクタンク「戦略国際問題研究所(Center for Strategic and International Studies、CSIS)」のサイバーセキュリティー専門家、ジェームズ・ルイス(James Lewis)氏だが、同文書をリークした元国防総省職員ダニエル・エルズバーグ(Daniel Ellsberg)氏が文字通り紙の山を持ち出して新聞記者に手渡したのに対し、「今ならば彼よりも大量の文書を全世界に知らしめることだって可能だ」と指摘する。
 ウィキリークスは今回の情報源を明かしていないが、米軍ヘリコプターがイラク市民を銃撃する映像がウィキリークスに流出した件に絡み、機密情報漏えいの容疑でクウェートの軍事刑務所に拘束されている米軍の情報分析員、ブラッドレー・マニング(Bradley Manning)特技兵の関与が疑われる。米国防総省は6月、同兵が26万点もの秘密外交文書をウィキリークスに渡したとみて捜査中だとしていた。
 ルイス氏はどの組織にも「雇い主」に対する背信行為を働く「有害分子」がいるものだが、「彼らにとってそうした行為を働くことは、以前よりもずっと容易になった」と述べる。

■セキュリティーと機能性はバランスの問題
 ある元国防総省高官は、デジタル革命によってデジタルメディアやソーシャル・ソフトウエアが普及し、社会全体が多大な恩恵を得た一方で、セキュリティーの脅威も増大したと懸念する。「便利さや機能性をとるか、セキュリティーを重んじるかは常にバランスの問題だが、機能のほうが優先されがちだ」
「紙の時代は、極秘文書のスタンプが押された文書を受け取ったら持ち出したり、ほかの人間に見せたりしないという、政府と個人間の信用の問題だった。デジタル時代はそうはいかない。誰でもデータベースにアクセスし、情報を目にすることができるよう情報共有しているのに、アクセス管理については、個人的な信頼関係に基づくという旧モデルから脱却していない」とルイス氏は指摘する。「国防総省は職員を信用しているが、それだけでは足りない。大量の文書をダウンロードしている人物がいたら、それを自動検知し停止するような、もっと成熟したシステムがあるのではないか」

■数秒ですべてが白日の下にさらされうるネット時代
 米情報セキュリティー企業セキュア・ワークス(SecureWorks)のドン・ジャクソン(Don Jackson)氏は、米軍が機密情報に設定するアクセス権限や要件は、最悪、新聞にすっぱ抜かれることを警戒する程度の「アナログ的な時代遅れのものだ」と批判する。「インターネットの登場以前は、ウィキリークスのようなものを警戒する必要はなかった。しかし新聞は一度に9万件の機密文書を暴露することなどできないが、ウィキリークスならばわずか数秒ですべてが白日の下にさらされうる」


---米軍機密文書流出「捜査に着手」 米大統領報道官---
2010年7月27日10時40分
http://www.asahi.com/international/update/0727/TKY201007270097.html

 【ワシントン=村山祐介】民間ウェブサイト「ウィキリークス」がアフガニスタン駐留米軍の膨大な機密文書を公表した問題で、ギブズ米大統領報道官は26日の定例会見で、機密情報流出が連邦法違反にあたるとし、先週末から情報の流出元の捜査に着手していることを明らかにした。
 ギブズ氏は、機密文書の公開が「米軍やその協力者、米国民の安全を守っている人々に非常に害を及ぼす可能性がある」と懸念を表明。ただ、公開された情報に目新しいものはないと述べた。文書の信頼性については「我々は(文書が)本物であるかのように対応してきた」とし、本物とみていることを示唆した。
 また、国防総省当局者は同日、記者団に対し、文書は「機密扱いではあるが、最高機密ではない」とし、米軍関係者の多くが閲覧ができたと指摘。部隊レベルで戦術立案に使われる一般的な報告書と説明した。


---WikiLeaks founder speaks out about leaked Afghan war documents---
By the CNN Wire Staff
July 27, 2010 -- Updated 0928 GMT (1728 HKT)
http://edition.cnn.com/2010/TECH/web/07/26/wikileaks.founder.lkl/?hpt=C2#fbid=1w-PFgTh4T5

(CNN) -- As his website sparks debate about classified information and what the public should know, WikiLeaks founder Julian Assange talked to Larry King Monday night about the more than 75,000 documents his site recently made public reportedly detailing U.S. war efforts in Afghanistan.

Assange said the documents could contain evidence of war crimes by U.S. forces.

"We see events that are very suspicious," Assange said. For example, "We see an incident in August 2006 where U.S. forces, in one report, kill 181 what they say are insurgents. There's one wounded and zero captured. Those sort of reports have sort of this flavor of a lot of people killed, but no people taken prisoner, and no people left wounded give a deeply suspicious feeling of what happened during these events."

In the end, Assange said, "it will take a court to really look at the full range of evidence to decide if a crime has occurred."

The documents -- first released to The New York Times, the British daily The Guardian and German magazine Der Spiegel -- suggest a grimmer portrait of the Afghan war than the official public assessment and include allegations that Pakistan's intelligence services have been helping the Taliban kill U.S. troops. Both ideas have been speculated about in the past.

CNN has not independently confirmed the authenticity of the documents.

In response to accusations that the disclosure was "irresponsible" and could jeopardize U.S. lives and national security, Assange said WikiLeaks was judicious in the release.

"We have withheld approximately 15,000 reports for further harm minimization process," he said. "We don't see anything here that is of tactical significance. What we see is a lot of reports of evidentiary significance that describe the cut-and-thrust of the entire war over the last six years."

Assange has not identified the source or sources of the leaked documents.

"We usually always do not know who the sources are," Assange said. "We are specialized in not knowing who our sources are. We are specialized instead of verifying sources, verifying the documents themselves. That is how we are able to protect our sources."

President Barack Obama learned of the pending WikiLeaks posting of classified military documents last week, White House Press Secretary Robert Gibbs said Monday.

Gibbs said the public release of the documents was "a breach of federal law."

"Whenever you have the potential for names and operations and programs to be out there in the public domain, besides being against the law, it has the potential to be very harmful" to military personnel and others, Gibbs said.

Gibbs said Monday the United States' relationship with Pakistan is "not markedly changed" by information in classified military documents posted by WikiLeaks.

The WikiLeaks.org site promotes the benefits of what it calls "principled leaking." It mentions the importance of the Pentagon Papers, which the New York Times reported about in 1971. The papers, leaked by government insider Daniel Ellsberg, revealed the true depth of U.S. involvement in Southeast Asia and the ways in which the public had been misled by the government.

Asked by reporters during Monday's White House briefing about the analogy between the recent WikiLeaks release and the Pentagon Papers, the White House press secretary said the two are not comparable.

"The Pentagon Papers are different in the sense that you are talking about policy documents, these are sort of on-the-ground reporting of different events. I don't see in any way how they are really comparable," Gibbs said.

Gibbs also said the classified military documents posted by WikiLeaks contained no major new revelations.

John Young, a WikiLeaks co-founder who left the whistle-blower website in a dispute over credibility, told CNN's Jim Clancy people should be cautious of WikiLeaks document dump.

"They revealed that they were continuing to raise $5 million in the first year, and I had a problem with that scale of money raising," Young said. "So I criticized it ... the only way you could raise that kind of money that fast would be for some corrupt source of money or some government agency. So they booted me off the list."

Sen. Diane Feinstein, chair of the Senate Intelligence Committee, called for the Department of Defense to investigate who leaked the documents.

"These leaks are a serious breach of national security," said Feinstein, D-California. "This was a clear and pronounced effort to secure several years' worth of communications, e-mails and reports, and without any approval put it out to the world. I ask the Secretary of Defense to launch a major investigation and bring the individual or individuals responsible for this to account."

Assange defends the site as an "international public service" that has brought about public change and human rights reform.

"We authenticate everything," Assange said. "To our knowledge, we've never been wrong. There's no allegations by the rest of the press that we've been wrong. We've never lost a source through the process we go through."


---米軍機密文書9万点超が流出 アフガンめぐり民間サイト---
2010年7月26日 11時32分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010072601000121.html

 【ワシントン共同】アフガニスタンでの軍事作戦や情報活動の内情を示す機密文書9万点以上を、民間のウェブサイト「ウィキリークス」が25日公表し、ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は同日「機密情報の開示を強く非難する。米国の安全保障が脅かされる」との声明を発表した。
 ウィキリークスは政府や企業関係者に内部告発を呼び掛け、提供情報を公開するサイト。
 流出源は明らかになっていないが、軍の情報管理に対する批判が高まりそうだ。文書は2004年1月~09年12月に米兵や米中央情報局(CIA)など情報機関の担当官が上官への報告として書いたとされるが、情報の確度は不明。
 数週間前に提供を受け分析した米紙ニューヨーク・タイムズによると、文書の一部はパキスタンの情報機関3軍統合情報部(ISI)元長官が09年、アフガン反政府武装勢力タリバンの代表と会談し、武装活動はアフガン国内だけに限定するよう求めたと指摘した。
 国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の部下が、武器を購入するためイランと北朝鮮を訪問したとの内容もあるが、同紙は間接情報として信頼性に疑問を呈した。


---米民間サイト、軍の機密文書等9万点公表---
2010年7月26日11時15分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100726-OYT1T00348.htm

 【ワシントン=黒瀬悦成】政府機関や企業の内部告発情報を公開する米民間ウェブサイト「ウィキリークス」は25日、アフガニスタン戦争に関する米軍や米政府機関などが作成した機密文書約9万2000点を公表した。
 文書には、米国の同盟国であるはずのパキスタン軍情報当局が裏で旧支配勢力タリバンを支援している実態などが記載されているとされ、米世論の厭戦気分に拍車をかける恐れもある。
 公開された文書は、2004年1月から09年12月までの6年間にわたるもので、事前に同サイトから文書を提供されたニューヨーク・タイムズ紙などによると、タリバンがアフガンで作戦行動中の北大西洋条約機構(NATO)軍機に対し、高性能の熱線追尾式対空ミサイルを使用しているなどの「新事実」も含まれているという。
 ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は同日、「機密情報の開示は米国の安全保障を脅かす」として、同サイトを強く非難する声明を発表した。


---米軍機密文書9万点超が流出 アフガンめぐり民間サイトが公表---
2010.7.26 09:59
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100726/amr1007261000004-n1.htm

 アフガニスタンでの戦闘に関する駐留米軍などの機密文書9万点以上を民間のウェブサイト「ウィキリークス」が25日公表し、ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は同日「機密情報の開示を強く非難する。米国の安全保障が脅かされる」との声明を発表した。
 事前に文書の提供を受けた米紙ニューヨーク・タイムズなどによると、米中央情報局(CIA)がアフガン情報機関の予算を支出し事実上支配下に置いていることや、反政府武装勢力タリバンが熱探知型ミサイルを使用していることなどが示されている。
 ウィキリークスは政府や企業関係者に内部告発を呼び掛け、提供情報を公開するサイト。今回の情報流出源は明らかになっていない。(共同)

2010年7月29日木曜日

バンカメ 損害賠償請求

バンカメが損害賠償請求された。
 米ニューヨーク州は、バンカメによる証券大手メリルリンチ買収に絡んで、
両社が株主に正確な情報を開示しなかったため損害を受けたとして、両社と
元経営トップらを相手に賠償を求める訴えをニューヨークの連邦地方裁判所
に起こした。

請求理由
バンカメはメリルの経営が悪化していることを株主に非公開
メリルはサブプライムローン関連の取扱状況等について株主に非公開
両社の株式に投資していたNY州年金基金が不当な損害を受けた

New York State Common Retirement Fundが訴訟を起こした。
100万人以上の加入し、1236億ドル以上の取扱資金。
カルパースと同様であれば、役人、教師、消防士、警官等の州職員の退職金
を資金として投資を行い、資産運用していたが、投資した株式の株価が低下、
経営状態を株主に非公開だったため、損害賠償請求したようだ。
AIGは、和解金を支払い和解するようだが、バンカメも同様にするのだろうか。
公的支援が終了した金融機関から、順次、賠償請求訴訟が行われ、和解金を
支払って和解となるケースが多い。賭博でまた儲けているようだから、
対して負担とは考えていないのかもしれない。
金融規制法案が施工されても変わらないか。

ケネス・ルイス 詐欺で訴追
AIG 和解

---損害賠償求めNY州、バンカメとメリル訴え 株価下落で---
2010.7.23 12:18
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100723/fnc1007231219011-n1.htm

 米ニューヨーク州は22日、金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)による証券大手メリルリンチ買収に絡んで、両社が株主に正確な情報を開示しなかったため損害を受けたとして、両社と元経営トップらを相手に賠償を求める訴えをニューヨークの連邦地方裁判所に起こした。
 訴えによると、バンカメはメリル買収に際しメリルの経営が悪化していることを株主に伝えず、メリルはサブプライム住宅ローン関連の金融商品の取り扱い状況などについて株主に伝えなかったとされる。これによって両社の株式に投資していたニューヨーク州年金基金が不当な損害を受けたと主張している。
 バンカメは2008年9月、経営危機に陥ったメリルの救済合併を決定。買収手続きを昨年1月に完了した。(共同)


---バンカメとメリル訴え 損害賠償求めNY州---
2010年7月23日 07時07分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010072301000090.html

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク州は22日、金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)による証券大手メリルリンチ買収に絡んで、両社が株主に正確な情報を開示しなかったため損害を受けたとして、両社と元経営トップらを相手に賠償を求める訴えをニューヨークの連邦地方裁判所に起こした。
 訴えによると、バンカメはメリル買収に際しメリルの経営が悪化していることを株主に伝えず、メリルはサブプライム住宅ローン関連の金融商品の取り扱い状況などについて株主に伝えなかったとされる。これによって両社の株式に投資していたニューヨーク州年金基金が不当な損害を受けたと主張している。
 バンカメは2008年9月、経営危機に陥ったメリルの救済合併を決定。買収手続きを昨年1月に完了した。


---Bank Of America, Merrill Lynch Unit Sued By New York Comptroller - Update---
7/22/2010 11:54 PM ET
http://www.rttnews.com/Content/BreakingNews.aspx?Id=1368154&SM=1

(RTTNews) - Financial services giant Bank of America Corp. (BAC: News ) and its Merrill Lynch & Co. unit have been sued separately in two lawsuits by the New York State Comptroller Thomas DiNapoli for violating federal securities laws, according to a release from the office of the New York State Comptroller.

The law suits were filed in the U.S. District Court for the Southern District of New York in order to protect the interests of the New York State Common Retirement Fund, the state's largest pension fund. DiNapoli is the sole trustee of the fund, worth about $132.6 billion, that handles pensions for more than one million members, beneficiaries and retirees, which is funded by millions of New York taxpayers.

In a statement, DiNapoli said, "These companies thought they could get away with profiting at the expense of New York's pensioners and taxpayers through fraudulent activities and misleading public disclosures, and they were mistaken. Today, these companies have been served notice that they will be held accountable for losses caused through their misconduct."

DiNapoli decided to pursue his own lawsuits after dropping out of the existing class-action suit against the companies in order have a better chance to get a higher recovery. DiNapoli filed the lawsuits as the administrative head of the New York State Retirement Systems and as trustee of the Fund. The law firm of Entwistle & Cappucci LLP is managing the lawsuits.

DiNapoli seeks from Bank of America the recovery of losses the fund incurred based upon the company's misrepresentation and concealment of material facts in connection with its acquisition of Merrill Lynch. It also seeks from Merrill Lynch the recovery of losses the fund suffered from fraud and deception related to Merrill's exposure to securities backed by risky subprime mortgages.

In February, U.S. District Judge for the Southern District of New York, Jed Rakoff, granted approval to Bank of America for a $150 million settlement with the Securities and Exchange Commission over charges that the bank failed to properly disclose employee bonuses and financial losses at Merrill Lynch before shareholders approved the merger of the companies.

The New York Attorney General Andrew Cuomo has also filed separate civil fraud charges against Bank of America.

BAC closed Thursday's regular trading session at $13.66, up $0.30 or 2.25% on a volume of 185.76 million shares, marginally higher than the three-month average volume of 182.78 million shares.


---米大手金融6社、そろって黒字確保 個人向けの焦げ付き減少---
2010.7.21 23:24
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100721/fnc1007212325017-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】米金融大手6社の2010年4~6月期決算が21日までに出そろい、全社が最終黒字を確保した。貸し倒れ引当金の大幅な減少で個人向け部門が回復した。ただ、欧州の信用不安による金融市場の不安定化で、投資銀行業務は全般的に不調だった。金融規制の強化や景気の減速が今後の収益を圧迫する懸念もある。
 市場環境の悪化が直撃したのは、証券の自己売買など投資銀行業務を主力に置き、前期まで快進撃を続けてきたゴールドマン・サックス。金融商品販売の情報開示をめぐる係争で証券取引委員会(SEC)に支払った5億5000万ドルの和解金も影響し、82%減の大幅減益となった。
 半面、JPモルガン・チェースは景気改善に伴う融資の焦げ付きの減少で個人向け部門の収益が回復。低調な投資銀行部門を補った。モルガン・スタンレーもシティグループと事業統合した個人向け証券業務が収益に貢献し、大幅な増益となり、ゴールドマンを追い抜いた。ウェルズ・ファーゴは貸し倒れ引当金が21%減少したが、3%の減益。バンク・オブ・アメリカ、シティは2四半期連続で黒字を確保した。

---バンカメ・メリルなど、ゴールドマンの投資判断を最高位に引き上げ---
2010年 07月 17日 00:25 JST
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-16330520100716

 [16日 ロイター] バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチとオッペンハイマーは、金融大手ゴールドマン・サックス(GS.N: 株価, 企業情報, レポート)の投資判断をそれぞれ最高位に引き上げた。
 サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)商品に絡む証券詐欺の容疑で米証券取引委員会(SEC)がゴールドマンを民事提訴していた問題で、SECがゴールドマンと和解したと発表したことを受けたもの。
 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチはゴールドマンの投資判断を「バイ」に、オッペンハイマーは「アウトパフォーム」に引き上げた。

2010年7月28日水曜日

パッチワクチン

動物実験でパッチによるワクチン接種の確認ができたようだ。
 微小な針が多数ついたパッチを皮膚にはるだけで接種できるインフル
ワクチンを、米ジョージア工科大などの研究チームが開発し、動物実験で
効果を確認した。

パッチは、生体に吸収されやすい物質でできた高さ0.7mmの針が100本。
針の中に、液体ワクチンを凍結乾燥させた粉末が封入。
豚の皮膚を使った実験で、親指でパッチを皮膚に押しつけただけで表皮に
刺さり、数分以内に溶け、ワクチンと針が皮膚に吸収されることを確認。
マウス6匹にインフルウイルスを感染させたところ、すべて生き残り、体重も
5%以下しか減らなかった。
実用化すれば、自分でも接種でき、輸送や保存も簡便になり、接種費用が
抑えられる。

ワクチンの種類が書いていないし、詳細は不明。
過去に注射針で奇形が生じたこともあり、皮膚近くであれば、問題は少ない
かもしれないが、実際にはワクチンの成分の方が問題になるのだろう。

動物細胞でワクチン開発


US scientists invent new vaccine patch Al Jazeera


---パッチはるだけでインフルワクチン接種 米研究チーム---
2010年7月20日1時0分
http://www.asahi.com/science/update/0719/TKY201007190310.html

 微小な針が多数ついたパッチを皮膚にはるだけで接種できるインフルエンザワクチンを、米ジョージア工科大などの研究チームが開発し、動物実験で効果を確認した。針は皮膚に刺さると溶け、ワクチンと共に吸収される。実用化すれば、自分でも接種でき、輸送や保存も簡便になり、接種費用が抑えられる。米医学誌ネイチャー・メディシン(電子版)で発表した。
 開発したパッチは、生体に吸収されやすい物質でできた高さ0.7ミリの針が100本ついている。針の中に、液体ワクチンを凍結乾燥させた粉末が入っている。
 人の皮膚に似た豚の皮膚を使った実験で、親指でパッチを皮膚に押しつけただけで表皮に刺さり、数分以内に溶け、ワクチンと針が皮膚に吸収されることを確認した。深く刺さらないため、研究チームは「痛くはないはずだ」としている。
 このワクチンを接種したマウス6匹にインフルウイルスを感染させたところ、すべて生き残り、体重も5%以下しか減らなかった。通常のワクチンを注射したマウスも同様だったが、接種しないマウスは6日以内にすべて死んだ。
 研究チームは「通常のワクチンと同等の効果がある。製造費用も同程度だが、接種に医師や看護師が必要なく、注射針の処理もいらず、費用は安くなる」とみている。(大岩ゆり)


---Dissolving Vaccine Patch Might Eliminate Flu Shots---
20 July 2010
Jessica Berman
http://www1.voanews.com/english/news/health/Dissolving-Vaccine-Patch-Might-Eliminate-Flu-Shots-98867364.html

Researchers have developed a skin patch that could painlessly deliver vaccines through the skin, replacing hypodermic needles. Scientists say the invention could simplify flu immunization programs by allowing patients to administer vaccines themselves.

Unlike a hypodermic needle that injects a vaccine into muscle tissue, the patch contains microscopic needles that painlessly deliver a vaccine into the outer layer of the skin within minutes after being applied. "It takes about 10 minutes for the microneedles to fully dissolve and to release the vaccine," said Mark Prausnitz, a chemical and biomedical engineer at Georgia Institute of Technology in Atlanta, who led a study of the microneedle patch in mice.

Researchers developed a prototype of the vaccine delivery system, a .65 millimeter patch with an array of 100 microneedles carrying a single dose of an influenza vaccine, which they applied to the skin of mice. A second group of mice received the same flu vaccine through a conventional hypodermic needle injection.

A month later, both groups were exposed to the influenza virus. Investigators found that the vaccine patch offered as much protection against the flu as the vaccine administered by injection.

Prausnitz says that there is evidence that the microneedle patch offers better protection against the flu than injected immunizations.

In a different group of animals, researchers found that after three months, the mice that wore the vaccine patch cleared the virus from their lungs more effectively than those that received a shot.

Prausnitz says that there is a reason why inoculation through the skin might be more effective than vaccination by injection. "The body's immune system has sentry cells that exist throughout the body looking for foreign things that have come to the body that require an immune response. The cells that are in the skin are different kinds of cells than ones that are in the muscle. So it is reasonable to expect that the immune response would be different when the vaccine is given to different tissues. We found that it is not only different, but it is better," he said.

Prausnitz says that after the patch is used, it can be thrown away because all of the microscopic needles dissolve quickly into the fluids in the skin and what remains is only the water-soluble backing.

The researchers are now working on a microneedle patch that can deliver other immunization drugs within a minute or two of being applied to the skin.

In many parts of the world, Prausnitz says, there are not enough hypodermic needles to go around, so needles frequently are reused. That increases the risk of spreading the AIDS virus and other diseases such as hepatitis B. He says there would be no such problem with single-use skin patches.

Prausnitz adds that vaccination campaigns would likely be less costly, particularly in countries where there are few clinics and medical personnel to administer the programs. He says people could simply get the patches at drug dispensaries or through the mail and then apply them to their own skin.

The Georgia Institute of Technology researchers are seeking funds to conduct clinical trials as soon as possible.

A study describing the microneedle technology is published in the journal Nature Medicine.

2010年7月27日火曜日

詐称日系中国人 生活保護打切り決定

詐称日系中国人の生活保護が打切りになるようだ。
 中国人46人が残留邦人の親族として入国直後、大阪市に生活保護を申請
した問題で、市は、「身元引受人の保証実態がないのは明白。生活保護の
受給目的で入国したと見なさざるを得ない」とし、支給を打ち切る方針を
決めた。

フィリピンやインドネシアの看護士、介護士、留学生等は無条件に近い
条件で受け入れているのに、入国を規制。
リーマンショックの頃に派遣社員で、入国していた日系ブラジル人等には、
生活費が稼げないのだから、生活保護申請を推奨。
感傷で政策を報道したから、問題が起きたのかもしれない。

今回の一部の中国人はたかりだったようだ。
生活保護の基準は市単位のようだから、今回のケースが前例となる。
戦争残留邦人の処遇は100年経っても継続するのだろうか。


中国人帰化夫婦の親戚48人来日、現状32人が生活保護受給①


中国人帰化夫婦の親戚48人来日、現状32人が生活保護受給②


---【社会部オンデマンド】なぜ外国人がこれほど増えたのか? 甘い入管当局の姿勢、“優しい社会”がさらに呼び込み…---
2010.7.24 18:00
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100724/plc1007241801011-n1.htm

 「最近、身近に外国人の急増ぶりを実感します。ニュースでも大阪市で中国人が生活保護を大量申請した騒ぎがありました。一体、なぜ外国人、特に中国人がこれほど増えたのでしょう。理由があるのでしょうか」=川崎市多摩区の主婦(37)

政令市を超える規模
 法務省の入国管理統計でも外国人は増加し続けている。入国管理統計を取り始めた昭和25年、年間1万8000人だった日本への入国者数は平成20年に914万人にまで増えた。1千万人近い外国人が一年間で日本を訪れる計算だ。
 このうち、日本で暮らす登録外国人数で見ると中国人の動きが突出している。10年に外国人登録のトップは韓国・朝鮮人で63万8828人。中国は27万2230人に過ぎなかった。ところが、中国人は14年に40万人、17年には50万人とハイペースで増加。19年には60万6889人になり、韓国・朝鮮人を抜きトップに立った。20年には65万5377人で70万を超える勢い。人口70万といえば政令市の人口要件を上回る規模だ。
 永住が認められた永住者も年間約6万人増の49万2056人に。ここでも中国人の伸びは目立っており、10年の3万1591人から、20年には14万2469人にまで急増した。
 こうした背景の大きな要因として、10年2月に永住者の認定要件が大幅に緩和されたことが挙げられる。
 それまで永住者となるには(1)素行が善良である(2)独立の生計を営むに足りる資産または技能を備えている(3)永住認定が日本国の利益になる-とする要件に加えて、おおむね20年の在日歴が必要だった。これを一気に10年に短縮したことを契機に永住者は増加の一途をたどり、10年間で5倍にまで膨れあがった。
 在日中国人の推移を見ると、20年で14万2469人にのぼる永住者に加え、日本人を配偶者に持つ中国人は5万7336人おり、永住者を配偶者などに持つ中国人も6170人。このほか、法務大臣が一定の在留期間を示して在留を認める「定住者」という在留資格もある。就労に制限がなく、永住者と変わらないメリットがある中国人「定住者」も3万3600人にのぼる=グラフ参照。

生活保護の大量申請
 来日する中国人の場合、観光や出張といった短期滞在より就労や留学など一定の目的のもとに日本を訪れ、長期滞在する傾向が顕著だ。また、日本人や居住資格を持つ者だけでなく、家族を呼んで暮らす来日形態が目立つのも中国人に特徴的な傾向だ。
 これらを合計すると24万人弱に達する。法務省内で永住資格の認定に必要な在日歴のさらなる短縮が検討される中、いずれ永住者になると予想される永住“予備軍”が約10万人にのぼる点も中国人の急増ぶりを論じる際、見逃せない点だ。
 大阪市で6月、中国・福建省出身の残留日本人孤児姉妹の親族とされる中国人48人が生活保護を大量申請し、区役所幹部の指摘で表面化した。もともと法律では生活保護の支給対象は日本国民に限定。しかし、「永住」と「定住」の外国人に限っては予算措置で準用、生活保護の支給対象とする判断が続いてきた。
 入管難民法ではわが国への入国を認めるかどうかは「国、地方自治体に負担をかけない」ことが条件となっている。大阪市では入国後、わずか数日で生活保護が申請された点を重視。入管難民法に加え、原則として外国人を適用対象としていない生活保護法の趣旨に反するとして厚生労働省に見解を求めた結果、同省は「生活保護の受給を目的とした入国であることが明らかな場合や、そう見なさざるを得ない場合は、生活保護の受給対象から除外できる」と回答した。
 48人の中にはすでに騒動後、申請を取り下げた中国人がいる一方、26人は生活保護が認められて支給を受けているが、8月以降は打ち切りの見通しだ。
 ただ、国会質疑では生活保護を受給している外国人は全国で5万1441人にのぼることが明らかになっており、大阪市で今回発覚した生活保護の大量申請は氷山の一角ともいわれる。
 中国人の急増と、外国人に無警戒なまま門戸開放を続ける入管当局の甘い姿勢は見逃せない。また、性善説に立って書類が整ってさえいれば、受給を認める“お役所仕事”の行政窓口も多く、外国人に“優しい社会”が外国人をさらに呼び込んでいる面は否めない。
 今回の大阪市のケースは本来、国民のために維持されているはずの「社会のセーフティーネット」が脅かされていることを裏付けており、外国人に対するわが国のあまりの無警戒ぶりに警鐘を鳴らしたともいえそうだ。(安藤慶太)


---中国人48人保護打ち切り、厚労相が大阪市方針を支持---
2010年7月24日 読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100724-OYO1T00409.htm?from=main1

限定ケース、一般適用は否定
 日本人の親族として入国直後に生活保護を申請した中国人48人に対し、大阪市が保護の打ち切り方針を決めたことについて、23日の閣議後の記者会見で、閣僚から発言が相次いだ。このうち、長妻厚生労働相は「人数が非常に多く、かつ目的が生活保護に直結する疑いが見られるのではないかということを勘案し、大阪市に(厚労省の)考えを伝えた。最終的には大阪市が判断した」と述べ、市の判断を支持する意向を示した。
 厚労省は市の問い合わせに対し、「生活保護目的の入国と見なさざるを得ない場合は、保護対象から除外できる」と文書で回答したが、長妻厚労相は「大阪市から意見を求められた案件に限定して協議し、意見を申し上げた」との見解を示し、一般的な適用は考えていないことも明らかにした。
 また、在留資格の再調査を進めている大阪入国管理局を所管する千葉法相は、「調査に基づき厳正、適正な判断を出す」とし、在留資格取り消しの可能性については「結果をきちんと見ないと何とも言えない」と述べるにとどまった。

平松市長「孤児家族ら処遇国が別制度を」
 一方、大阪市の平松邦夫市長は同日の記者会見で、「中国残留孤児、残留邦人の家族、係累の処遇について、国の責任で別の制度を設け、対応すべきだ」と強調。「国に示してもらえなければ、我々は同じ対応でいかざるを得ない」と述べ、今後も同様のケースでは生活保護を適用しない考えを示唆した。


---中国人生活保護大量申請は平松大阪市長の「完勝」---
2010.7.23 00:22
http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/100723/wlf1007230029000-n1.htm

 中国人48人が生活保護を大量申請した問題で、22日に支給打ち切りの方針を決めた大阪市。入国直後に生活保護申請をするなど「極めて不自然」な経過が浮上する中、市は国に、在留資格が認められれば保護制度を適用せざるを得ない現行の法運用の見直しを粘り強く要望し、市独自で支給の是非を判断できる“裁量権”を手にした。一方、48人の在留資格申請にかかわった弁護士は「生活保護目的の入国という市の判断は明らかに間違い」と反発している。
 「異常事態という判断は間違っていなかった」。大阪市の平松邦夫市長は言い切り、「あとは毅(き)然(ぜん)たる態度で臨む」と強調した。
 中国・福建省出身の残留日本人孤児姉妹の親族とされる中国人48人が大阪市に生活保護を大量申請した今回の問題が発覚したのは先月29日。市のプロジェクトチームの会合で、区役所幹部の指摘で表面化した。
 その後、入国直後の外国人登録から最短3日で生活保護申請するなど、不自然な経過が浮上した。
 産経新聞の取材に応じた日本人姉妹は、「親族と一緒に日本で暮らしたかった」と生活保護目的を否定した。しかし、48人の在留資格を認めた大阪入国管理局に市が照会した結果、48人の身元引受(保証)人はわずか2人と判明。申請者と身元引受人の数のあまりの格差に、市の担当者も、身元引受人の当初からの扶養の意思や保証能力に疑問を抱いた。
 こうした事情に加え、財政難の大阪市では、膨らむ一方の生活保護関連の予算が財政を圧迫している。市では再三にわたり厚生労働省に対して、在留資格が認められれば自治体の意向にかかわらず生活保護を支給しなければならない現在の生活保護法などの運用見直しを要望し、今月21日に「結果的に生活保護の受給を目的として入国したと見なさざるを得ない場合」などは、市が独自に打ち切りを判断できるとの回答を得た。
 市の担当者は今回の厚労省見解について、「ここまで踏み込んだ意思決定をしてくれるとは期待していなかった。正直言って驚きだ」と評価する。
 一方、48人の在留資格申請にかかわった弁護士は「生活保護目的というなら市にはそれを立証する責任がある。今回は中国残留邦人の親族が永住帰国し、仕事がみつかるまで援助してほしいと申し出たにすぎない」と市の対応を批判している。


---シロアリ改め「大阪市は働きアリ」…知事、生活保護対応を称賛---
2010年7月23日 読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/20100723-OYO8T00636.htm?from=tokusyu

 大阪府の橋下徹知事は23日、日本人の親族として入国直後に生活保護を申請した中国人48人に対し、大阪市が保護の打ち切り方針を決めたことについて、「市がこうしたケースを見つけ出し、厚生労働省の画一的な壁を突破して打ち切り方針を決めるなど、対応は素晴らしかった。平松邦夫市長に、『すごい働きアリですね』とメールしようと思う」と報道陣に語った。
 橋下知事は今月5日、大阪市議補選の応援演説で、「大阪市役所は税金をむさぼり食うシロアリだ」と発言し、平松市長から反発を受けており、こうした発言を修正する意図とみられる。


---中国人生活保護打ち切りへ 「受給目的で入国」大阪市---
2010年7月22日 20時36分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010072201000882.html

 中国人46人が残留邦人の親族として入国直後、大阪市に生活保護を申請した問題で、市は22日、「身元引受人の保証実態がないのは明白。生活保護の受給目的で入国したと見なさざるを得ない」とし、支給を打ち切る方針を決めた。
 市が厚生労働省に生活保護法の準用の可否を照会。21日に「受給目的で入国したのが明らかだったり、そう見なさざるを得ない場合は準用対象にならない」との回答を受け判断した。
 平松邦夫市長は「根拠がないものを続けるわけにはいかない」と話した。現在大阪入国管理局が在留資格について再調査中で、市は結果を待って最終決定する。
 一方で、平松市長は残留邦人の親族を支援する制度創設を国に求め「それまでの間、困窮している人には人道的措置を取らないといけない」とも述べた。(共同)


---生活保護大量申請の中国人、12人が取り下げ「就職決まった」---
2010.7.17 10:25
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100717/lcl1007171026001-n1.htm

 中国・福建省出身の日本人姉妹の親族とされる中国人48人が入国直後、大阪市に生活保護の受給を申請した問題で、うち12人が申請の取り下げを市に申し出たことが16日、分かった。世帯主らの就職が決まったことを理由に挙げたという。
 市は15日、申請の審査期限を16日に迎える東淀川区の2世帯6人について、判断を1週間先送りする方針を発表している。
 この方針を16日、区役所で申請者に伝えたところ、2世帯とも口頭で取り下げの意思を伝えた。一方、市が支給決定したものの支払いを保留していた港区の3世帯6人も同日、書面で取り下げを申し出たという。
 市は、今回申請を取り下げた5世帯12人が生計を維持できるか確認したうえで、20日以降、正式に取り下げを受理する方針。
 東淀川区の中国人の男性(42)は産経新聞の取材に対し、「仕事が決まったら生活保護申請は取り下げたい」と話していた。


---中国人生活保護問題、12人が申請取り下げ…「仕事決まった」---
2010年7月17日 読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100717-OYO1T00349.htm?from=main2

 日本人の親族として入国した中国人48人が大阪市に生活保護を申請した問題で、このうち5世帯12人が16日、「仕事が決まった」として申請の取り下げを市に申し出ていたことがわかった。市は、世帯の収入などを確認したうえで、週明けにも保護を廃止するかどうかを判断する。
 市によると、すでに保護費の受給が決まっている港区の3世帯6人が書面で申請取り下げの意向を市側に伝えた。保護決定の判断が保留されている東淀川区の2世帯6人も口頭で取り下げを申し出たという。


---中国人ら生活保護費目的で入国か 雇用予定先を入管に提出---
2010/07/16 20:04 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071601000950.html

 中国人46人が残留邦人の親族として入国後、大阪市に生活保護を申請した問題で、在留資格を取得する際、来日後の雇用予定先を記載した陳述書を大阪入国管理局に提出していたことが16日、入国手続きにかかわった弁護士の話で分かった。
 入管難民法は「国または地方公共団体の負担となる恐れのある者は入国できない」と規定。入国後すぐに中国人が「仕事がない」と生活保護を申請していることから、在留資格の申請に問題がなかったか入管が再調査している。
 市は当初から保護費目的で入国した可能性を指摘。身元引受人に扶養する意思があるかどうかや資産状況について独自に聞き取り調査を進めている。
 弁護士によると、在留資格は2009年1~2月に申請し、ことし3月に認定された。雇用予定の企業は大阪府内の5社で、外国人の受け入れ実績がある。弁護士は「審査に時間がかかるうち、不況で業績が悪くなり雇用できなくなった」と説明。現在も、雇用するよう求めているという。
 生活保護を受けている中国人男性の1人は取材に「不景気で仕事が見つからない」と受給目的での来日を否定している。


---身元引受人わずか2人 中国人の生活保護大量申請 大阪市が「実効性ない」と独自調査へ---
2010.7.15 01:30
http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/100715/wlf1007150130000-n1.htm

 大阪市に住む中国・福建省出身の日本人姉妹の親族とされる中国人48人が入国直後、市に生活保護の受給を申請した問題で、大阪入国管理局による在留資格の審査手続きで48人の扶養を約束した身元引受(保証)人はわずか2人だったことが14日、関係者への取材で分かった。2人はいずれも福建省出身の中国人とみられる。市は当初から48人の身元保証に実効性がなかったとみて、独自調査に乗り出す方針。
 大阪入管は現在、市の要請に応じて在留資格を再審査している。関係者によると、これまで詳細が不明だった48人の身元引受人が、わずか2人しかいないことが判明したという。
 連絡を受けた市は「申請者と身元引受人の数が違いすぎる」と判断。今後の調査で、身元引受人本人だけでなく、周辺の関係者や生活保護の申請者からも事情を聴くなどして、実際の保証能力を詳細に把握していく。
 その結果、当初から身元引受人に扶養意思がなかったと判断した場合は、大阪入管の判断とは別に、在留資格認定申請に虚偽があったとして生活保護の支給決定取り消しも検討するという。
 これに対し、姉妹が日本国籍を取得する際に代理人を務めた空野佳弘弁護士は「身元保証人には形式的な側面があり、厳密に審査すると資力のない中国残留邦人の親族や難民は入国できなくなる。国による支援制度の整備こそが必要だ」と反論している。


---生活保護のススメ? 中国人大量申請、華字紙が特集---
2010.7.10 14:46
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100710/lcl1007101446001-n1.htm

 大阪市西区に住む中国福建省出身の日本人姉妹の親族とされる中国人48人が入国直後、市に生活保護を申請した問題が、国内の中国人ら向けの新聞(華字紙)で大きく報じられている。不況の中、生活に困窮する在日外国人は多く、生活保護に対する関心の高まりが背景にあるとみられる。ただ、中には受給ノウハウを指南するような特集記事もみられ、“生活保護のススメ”とも取られかねない内容が波紋を呼びそうだ。
 週12万部を発行している華字紙「東方時報」(東京)は、8日付の1面トップで今回の問題を報じた。主に日本の報道機関が伝えた内容を紹介したほか、2ページにわたって「在日華人はどのように生活保護を申請すればよいか」と題する特集記事を掲載。厚生労働省や法務省入国管理局に直接取材して得た回答を一問一答形式で紹介している。

具体的に記述
 この中で、外国人の生活保護受給の可否について「生活保護法の対象外だが、昭和29年に出された当時の厚生省通知に基づき、生活が困窮している外国人には法が準用される」と記載。申請条件として、原則10年以上の日本在留など、一定の要件を満たせば許可される一般永住者や日系・難民などの定住者-といった在留資格が必要と説明しているほか、「原則は本人申請」「扶養義務者や同居する親族も申請できる」などと具体的に伝えている。
 在日中国人が親族らを日本に呼び寄せるケースは多く、法務省によると、国内の外国人登録者は近年中国籍が急増。平成19年に韓国・朝鮮籍を抜きトップとなり、21年末で68万518人と全体の3割超を占める。
 一方、大阪市によると、在日外国人の4月現在の生活保護受給率は、市全体の受給率(5・3%)を上回る8・3%。在日外国人の生活支援に取り組む同市のNPO関係者は「外国人は生活基盤が脆弱(ぜいじゃく)で不況などの影響も受けやすい」と指摘する。
 特集を担当した東方時報の男性記者によると、定住の在留資格を得て来日しながら、派遣切りや雇い止めで職を失うなど生活に困窮する中国人らは多いという。記者は「今回の問題が発覚する前から特集記事の掲載は決まっていた。(日本社会では)生活保護の受給に厳しい意見も多いが、外国人でも本当に困窮すれば受給の権利があることを知らせたかった」と話す。

高い関心
 また、週10万部発行の「中文導報」(東京)も、8日付の1面記事で大量申請問題を報じた。申請を受け付けた西区役所にも電話取材し、「定住者の資格があり生活が困窮している以上、支給を認めざるを得なかった」とする職員の談話を掲載。大阪市の今年度の生活保護費は2863億円で、市税収入の5割近くに迫ることにもふれ、「不正受給に敏感」と解説した。楊文凱編集長は「大量申請問題は中国国内でも高い関心を集めている」と話す。
 ただ、生活保護の受給を推奨しているとも受け取られかねない記事には厳しい声もある。日中情勢などに詳しい中国出身の評論家、石平氏は「中国国内では生活に困窮している人は何億人もいる。華字紙の特集には、中国人永住者や帰化した人らに対し『中国からどんどん家族や配偶者らを呼び寄せ、すきを突いて生活保護をもらえ』というメッセージや発想が感じられる」と話している。


---中国人生活保護大量申請 入管「身元引受人虚偽でも取り消しは困難」---
2010.7.1 23:29
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100701/lcl1007012329004-n1.htm

 大阪市内在住者の親族とされる中国人48人が入国直後、市に生活保護の受給を申請していた問題で、大阪入国管理局が「(入国審査での)身元引受人による扶養の申し出が虚偽だったとしても、入国許可の取り消しは考えていない」と市に伝えていたことが1日、分かった。平松邦夫市長が定例会見で明らかにした。
 市によると、入国許可が取り消されなければ生活保護を適用せざるを得ないという。市は入管の見解を不服として、厚生労働省を通じて法務省に許可取り消しなどを申し入れている。
 48人は5~6月、中国残留孤児とみられる西区在住の70代の姉妹の親族として中国・福建省から来日。入国審査の際、48人を扶養する第三者の身元引受人を用意し、1年以上の在留資格を得た。その直後、46人が市内5区に「扶養してもらえない」と生活保護を申請。市は既に32人への支給を決定し、残り14人分を審査中だ。
 入管難民法は「生活上、国または地方公共団体の負担となる恐れのある者は上陸を拒否する」と規定しており、市は先月21日、入管の入国審査が甘かったとみて入国許可取り消しを法務省に申し入れるよう厚労省に要請。入管にも24日、身元引受人の審査の厳格化を直接求めた。
 これに対し入管は30日、今回の認定について「日本国籍を持つ人の親族という身分に基づくものだった」と妥当性を強調し、入国許可取り消しは困難と市に回答した。担当者は「身元引受人がきちんと扶養しているかどうかを継続的にチェックする制度はない。悪質な虚偽申請と見抜き、許可を取り消すのは現実的に難しい」としている。
 平松市長は会見で「何をどのように審査したのか不思議でならない」と入管の対応を批判した。


---中国人48人が来日直後に生活保護申請 大阪市、受給32人---
2010.6.29 13:42
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100629/crm1006291343019-n1.htm

 大阪市西区に住む70代の姉妹2人の親族の中国人48人が5~6月に入国した直後、市に生活保護の受給を申請し、32人がすでに受給していることが29日、分かった。市は「入国直後の外国人がこれほど大量に申請した例は初めて。非常に不自然」として調査を始めるとともに、法務省入国管理局に対して入国管理の厳正な審査を求める。
 市によると、姉妹2人は残留孤児とみられ、平成20年7月、中国・福建省から来日、11月に日本国籍を取得した。今年5~6月、姉妹の介護名目で同省から親族48人を呼び寄せ、大阪入国管理局が審査した結果、48人は1年以上の定住資格を得たという。
 48人は外国人登録後、平均6日間で市内5区に生活保護の受給を申請。いずれも日本語は話せず、申請窓口には同じ不動産業者が付き添っていたという。

2010年7月26日月曜日

欧州銀行 多数合格

欧州銀行のストレステストは多数が合格した。
 EU加盟国の金融監督当局で構成するCEBSは、域内銀行の健全性を審査する
「ストレステスト」の結果、財政危機に陥ったギリシャの国債価格が大幅
下落するなどした場合、審査対象の91行で計5659億ユーロの損失が発生する
見込みだと発表した。

審査結果
合格
多数

不合格
Hypo Real Estate Holding
Agricultural Bank of Greece
Diada
Espiga
Banca Civica
Unnim
Caja de Ahorros

審査への批評
基準が甘いとの指摘

ギリシャ財際破綻を契機にストレステストを実施。
以前から、噂があったところばかり。
合格ラインぎりぎりが10行弱。
二回目のストレステスト実施も報道されている。
円高が大分進んだが、欧州のストレステストは影響が少なかった。
デフレ、円高で景気がさらに後退。
政府は、参院選で、在日米軍基地移転問題を隠すために、増税を話題に
したと噂される。日本国民を守れない政府はいらない。

Summary of the 91 bank-by-bank results, by country (pdf 5MB)

役人放漫財政でアテネ暴動


Most European banks pass stress test Al Jazeera


---ストレステスト、EU銀行システム全体の底堅さ確認=欧州当局---
2010年 07月 24日 05:08 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-16426720100723

 [ブリュッセル 23日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)と欧州銀行監督者委員会(CEBS)、および欧州委員会は23日、銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果公表を受け共同声明を発表し、テストの結果によってEUの銀行システムの底堅さが確認されたとの見解を表明した。
 この日公表されたストレステストの結果によると、対象となった91行のうち、最も厳しいシナリオの下で、7行が不合格となった。
 ECBとCEBSは声明で「ストレステストの結果で、マクロ経済、および財政上のネガティブなショックに対するEUの銀行システムの全般的な底堅さが確認された。これは市場の信頼回復に向けた重要な一歩となる」との見解を示した。
 その上で、同テストに不合格となった銀行は、先ず民間部門からの資金調達を通して資本金増強に努めるべきで、その後、EUが定める政府による支援に関する規定を順守しながら、それぞれの国の政府に必要に応じて支援を求めるべきとの立場を示した。


---91行で総額64兆円の損失も 監督委、健全性確認と声明---
2010年7月24日 06時56分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010072401000037.html

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)加盟国の金融監督当局で構成する欧州銀行監督委員会(CEBS)は23日、域内銀行の健全性を審査する「ストレステスト」の結果、財政危機に陥ったギリシャの国債価格が大幅下落するなどした場合、審査対象の91行で計5659億ユーロ(約64兆円)の損失が発生する見込みだと発表した。
 CEBSは欧州中央銀行(ECB)、EU欧州委員会と共同で「審査の結果、欧州の金融システムの健全性が確認された」との声明を発表した。ただ、審査基準が甘いとの指摘もあり、市場の不安を解消できるかどうかはなお判然としない。
 91行は、EUの銀行分野が抱える総資産の65%を占める。
 審査で「不合格」となったのはスペインのカハスールなど貯蓄銀行5行、ドイツの不動産金融大手ハイポ・リアル・エステート、ギリシャ農業銀行の計7行で、資本増強を迫られる。
 スペイン政府は公的資金を使って貯蓄銀行の再編成を推進。ハイポは既に国有化され、ギリシャ政府系の農業銀行も、同国のピレウス・バンク・グループが政府保有株を買い取って統合することが決まっている。このため、金融システムや市場への影響は限定的とみられる。


---欧州銀7行が「不合格」 健全性審査の結果公表---
2010年7月24日 01時48分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010072301001153.html

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)加盟国の金融監督当局で構成する欧州銀行監督委員会(CEBS)は23日夕(日本時間24日未明)、域内の91銀行の健全性を審査する「ストレステスト」の結果を公表した。スペインの中小金融機関、ドイツの不動産金融大手ハイポ・リアル・エステートなど7行が「不合格」となった。
 ギリシャの財政危機をきっかけに、同国などの国債を保有する欧州の金融システムに対する不安が高まったため、厳格な検査を実施し必要な対応を取る姿勢をアピールする狙い。ただ、市場から甘い審査と受け止められる恐れもあり、不安を解消できるか不透明だ。
 資本不足は総額約35億ユーロ(約3900億円)。
 スペインのカハスールなど「貯蓄銀行」と呼ばれる中小機関が「不合格」で、公的資金による資本増強を迫られる。一方、大手銀行などは「合格」となった。
 欧米メディアによると、審査は欧州経済の成長率が予想を3%下回り、ギリシャの国債価格の下落幅を20%超などと仮定して影響を調査。普通株を中心とする自己資本の比率が6%を下回る銀行は、増資が必要になる。


---欧州91行の大半「合格」か 「手ぬるい」健全性審査 欧米メディア---
2010.7.23 09:55
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100723/fnc1007230956005-n1.htm

 欧州の91銀行の健全性を審査した「ストレステスト」について、英国、フランス、ドイツなどの主要国に加え、財政危機のギリシャなど南欧諸国でも大部分の銀行が「合格」するとの観測が強まっている。市場で「手ぬるい審査」と批判される恐れもある。審査結果は23日夕(日本時間24日未明)に公表される予定。まずは23日の米国市場で信認を問われる。
 欧米メディアによると、ギリシャでは、ギリシャ国立銀行など大手5銀行が審査に「合格」する見通し。スペインでは、貯蓄銀行と呼ばれる中小金融機関の資本不足が焦点。
 一方、ドイツでは、国有化された不動産金融大手ハイポ・リアル・エステートには「不合格」の観測があるのに対し、経営難が指摘される州立銀行は資本不足を回避するとの見方が出ている。(共同)


---欧州の銀行ストレステスト:91行の査定結果の詳細(一覧表)---
更新日時: 2010/07/24 10:48 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920015&sid=ahoYN4cM0IAI

7月23日(ブルームバーグ):欧州連合(EU)の監督当局は23日、91銀行を対象とするストレステスト(健全性審査)の結果を発表した。対象行の一覧と各行の査定結果は以下の通り。

  テストは、銀行がリセッション(景気後退)やソブリン債危機に見舞われた場合に中核的自己資本(Tier1)比率を最低でも6%に維持できる財務基盤があるかどうかを査定した。

「不合格」とされた銀行:

銀行名        景気悪化  ソブリン債危機 資本不足
       Tier 1 Tier 1 (100万ユーロ)

Hypo Real Estate 5.3% 4.7% 1,245
Holding

Agricultural Bank 8.9% 4.36% 242.6
of Greece

Diada (See note 1) 4.5% 3.9% 1,032

Espiga (See note 2) 6.1% 5.6% 127

Banca Civica 5.2% 4.7% 406

Unnim (See note 3) 5.1% 4.5% 270

Caja de Ahorros 4.9% 4.3% 208
Y M.P. de Cordoba


「合格」とされた銀行:

銀行名        景気悪化  ソブリン債危機
   Tier 1 Tier 1

オーストリア

Erste Group Bank 8.1% 8%

Raiffeisen Zentralbank 7.9% 7.8%
Oesterreich

ベルギー

KBC Bank 9.79% 9.4%

Dexia 11.2% 10.9%

キプロス

Marfin Popular Bank 8.5% 7.1%

Bank of Cyprus 9.4% 8%

デンマーク

Danske Bank 10.8% 10%

Jyske Bank 12.8% 12.5%

Sydbank 13.4% 13.2%

フィンランド

Op-Pohjola Group 12.5% 12.3%

フランス

BNP Paribas 9.7% 9.6%

Credit Agricole 9.2% 9%

BPCE 8.7% 8.5%

Societe Generale 10.2% 10%

ドイツ

Deutsche Bank 10.3% 9.7%

Commerzbank 9.3% 9.1%

LBBW 8.4% 8.1%

Bayerische Landesbank 9.1% 8.8%

DZ Bank 9.2% 8.7%

Norddeutsche Landesbank 6.4% 6.2%

Deutsche Postbank 6.7% 6.6%

WestLB 8.9% 7.1%

HSH Nordbank 9.9% 9.7%

Landesbank Hessen- 7.9% 7.3%
Thueringen

Landesbank Berlin 11.3% 11.2%

Dekabank Deutsche 9.5% 8.4%
Girozentrale

WGZ Bank 9.5% 9.1%

ギリシャ

National Bank of 9.6% 7.4%
Greece

EFG Eurobank Ergasias 10.2% 8.17%

Alpha Bank 10.9% 8.22%

Piraeus Bank Group 8.3% 6%

TT Hellenic Postbank 15% 10.1%

ハンガリー

OTP Bank 16.8% 16.2%

FHB Jelzalogbank 10.8% 10.6%
Nyilvanosan

アイルランド

Bank of Ireland 7.6% 7.1%

Allied Irish Banks 7.2% 6.5%

イタリア

UniCredit 8.1% 7.8%

Intesa Sanpaolo 8.8% 8.2%

Monte Dei Paschi 6.8% 6.2%
di Siena

Banco Popolare 7.4% 7%

Unione di Banche 7.1% 6.8%
Italiane

ルクセンブルク

Banque et Caisse 11.5% 11.3%
D’Epargne de L’Etat

Banque Raiffeisen 8.4% 8.2%

マルタ

Bank of Valletta 11% 9.3%

オランダ

ING Bank 9.1% 8.8%

Rabobank Groep 12.7% 12.5%

ABN Amro Bank 10.3% 9.9%

SNS Bank 10.8% 10.5%

ポーランド

PKO Bank Polski 15.7% 15.4%

ポルトガル

Caixa Geral de 8.4% 8.2%
Depositos

Banco Comercial 8.4% 8.4%
Portugues

Espirito Santo 7.4% 6.9%
Financial Group

Banco BPI 10.3% 10.2%

スロベニア:

Nova Ljubljanska 7.4% 6.3%
Banka

スペイン

Banco Santander 10.2% 10%

BBVA 9.6% 9.3%

Banco Popular Espanol 7.5% 7%

Banco de Sabadell 7.7% 7.2%

Bankinter 7.6% 6.8%

Bilbao Bizkaia Kutxa 14.7% 14.1%

Banco Pastor 6.8% 6%

Banca March 19.5% 19%

Banco Guipuzcoano 6.6% 6.1%

Caja de Ahorros 7.3% 6.7%
Y M.P. de Zaragoza

Caja de Ahorros 11.1% 10.6%
Y M.P. de Gipuzkoa

Caja de Ahorros 7.5% 7%
de Vitoria

Caja de Ahorros 6.6% 6.6%
Y M.P. de Ontinyent

Colonya - Caixa
D’Estalvis de Pollensa 6.6% 6.2%

Unicaja 9.6% 9%

Jupiter (See note 4) 6.8% 6.3%

Caixa (See note 5) 8.5% 7.7%

CAM (See note 6) 8.4% 7.8%

Breogan (See note 7) 7.8% 7.2%

Mare Nostrum (See note 8) 7.6% 7%

Cajasol (See note 9) 6.6% 6%

CAI (See note 10) 6.6% 6.1%

スウェーデン

Nordea Bank 10.2% 10.1%

Skandinaviska Enskilda 10.7% 10.3%
Banken

Svenska Handelsbanken 9.1% 8.9%

Swedbank 10.5% 9.9%

英国

Royal Bank of Scotland 11.7% 11.2%

HSBC Holdings 10.4% 10.2%

Barclays 13.9% 13.7%

Lloyds Banking Group 9.4% 9.2%

情報源: 欧州銀行監督者委員会(CEBS)

注を入れたスペインの貯蓄銀行は合併のプロセスが進行中または合併が計画されている。*1: Caixa Catalunya, Caixa Manresa and Caixa Tarragona*2: Caja Duero and Caja Espana*3: Caixa Manlleu, Caixa Sabadell and Caixa Terrasa*4: Caja Madrid, Bancaja, Caixa Laietana, Caja Insular deCanarias, Caja de Avila, Caja Segovia and Caja Rioja*5: La Caixa and Caixa Girona*6: Caja de Ahorros del Mediterraneo, Cajastur, Caja Cantabriaand Caja Extremadura*7: Caixanova and Caixa Galicia*8: Caja Murcia, Caixa Penedes, Sa Nostra and Caja Granada*9: Caja Guadalajara and Cajasol*10: Caja Circulo, CAI, Monte de Piedad y Caja General deAhorros de Badajoz


---Joint statement: EU, ECB, CEBS on bank stress tests---
Published on Fri, Jul 23, 2010 at 22:59
Updated at Sat, Jul 24, 2010 at 09:15
Source : Reuters
http://www.moneycontrol.com/news/world-news/joint-statement-eu-ecb-cebsbank-stress-tests_472094.html

Following is the joint statement of the European Commission, Committee of European Banking Supervisors and the European Central Bank on the results of stress tests, as released by the Commission on Friday:

"The Committee of European Banking Supervisors (CEBS), the European Central Bank (ECB) and the European Commission welcome the publication of the results of the EU-wide stress-testing exercise, which was prepared and conducted by the CEBS and national supervisory authorities, in close cooperation with the ECB.

"We support, in particular, the transparency of this exercise, given the specific market circumstances under which banks currently operate.

"We therefore welcome the publication of banks' individual results, particularly their respective capital positions and loss estimates under an adverse scenario, as well as detailed information on banks' exposures to EU/EEA central and local government debt. Such disclosures ensure transparency regarding conditions in the EU banking sector.

"The adverse scenarios used in the stress test are designed as "what-if" scenarios reflecting severe assumptions which are therefore not very likely to materialise in practice. Accordingly, the results of the test confirm the overall resilience of the EU banking system to negative macroeconomic and financial shocks, and are an important step forward in restoring market confidence.

"Where the results of the exercise indicate that individual banks require additional capital, these banks should take the necessary steps to reinforce their capital positions through private-sector means and by resorting, if necessary, to facilities set up by Member State governments, in full compliance with EU state-aid rules."

More information can be obtained on the CEBS website: www.c-ebs.org


---欧州銀健全性テスト、10~20行が不合格も 不安払拭は不透明、23日公表---
2010.7.21 17:07
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100721/fnc1007211711015-n1.htm

 【ロンドン=木村正人】欧州連合(EU)は、財政危機に端を発する信用不安を受け、域内91銀行の健全性を審査する「ストレステスト」の結果を23日午後5時(日本時間24日午前1時)に公表する。不合格は10~20行で、資本注入を受けるとの観測もあり、EU関係者は「欧州の金融システムの健全性が証明される」と強調している。ただ、市場には「審査基準や資本注入の仕組みも不透明」などと、不安払拭(ふつしよく)を疑問視する声も多い。
 EUの銀行監督当局でつくる欧州銀行監督委員会(CEBS)は昨年、2008年の金融危機を受け、1回目のテストを実施したが、その後、ギリシャ財政危機で南欧諸国などの国債が急落。国債を保有する金融機関に多額の損失が出るとの信用不安が広がり、金融危機が再燃する恐れが生じた。
 これを受け、米国が、金融危機後にストレステストで不合格となった銀行の資本を増強し不安を一掃した教訓を盾に、欧州に対し再テストの実施と結果の公表を強く求めていた。EUは先月の首脳会議では結果公表で合意。ユーロが対ドルで急上昇するなど、金融システムへの不安は今のところ後退している。
 市場では、ドイツの不動産金融大手ハイポ・リアル・エステートやスペインの貯蓄銀行が不合格になる可能性があるとの観測が広がっている。ただ、結果をめぐっては、「不合格なしならテストの信憑(しんぴよう)性が疑われる。逆に不合格ばかりだと金融システムに影響を与えかねない。最初から落とし所が決まっている」(ロンドンの邦銀関係者)との懐疑的な見方が多い。
 欧州のテストは、米国の場合と異なり、銀行の自己資本の評価基準のほか、想定される国債の下落率などの悪化シナリオは明らかにされていない。不合格になった銀行への資本注入と不良債権の切り離しをどう進めるのかもはっきりしないままだ。
 13日のEU財務相理事会で公表方法について、「23日は概要の公表だけにとどめ、詳細の公表は8月上旬に遅らせる」との案が浮上するなど、EUの足並みはいまだにそろわない。
 ドイツの金融筋は「欧州中央銀行(ECB)の国債買い取り額が少しずつ減少しており、一時の緊張は和らいだ。今は小康状態」と分析する。問題の根源であるギリシャなどの財政状況の改善には時間がかり、火種はくすぶり続けそうだ。

2010年7月25日日曜日

AIG 和解

AIGが630億円を支払い、和解したようだ。
 米保険大手AIGは、同社の不正会計や株価操作をめぐる集団訴訟で、
総額7億2500を株主に支払うことで和解が成立したと発表した。

米オハイオ州の年金基金など株主が、AIGが行った反競争的行為、会計上
の規則違反、株価操作など「広範な詐欺的行為」が株主に損害を与えた
として提訴。

年金基金は、消防士、教諭、司書等の地方公務員が加盟する基金のようだ。
最近は話題にならないが、加州が財政破綻寸前と報道された時に、
カルパースも3割減となり、いくつかの格付け機関を提訴していた。
賭博で、資金調達はあぶく銭と思うが、日本でも未だに続く。

ガイトナー AIG救済で隠蔽工作か
カルパース 3割減


---米AIG:株主に630億円支払いで和解 集団訴訟で---
毎日新聞 2010年7月17日 17時59分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100718k0000m020013000c.html

 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は16日、同社の不正会計や株価操作をめぐる集団訴訟で、総額7億2500万ドル(約630億円)を株主に支払うことで和解が成立したと発表した。
 米オハイオ州の年金基金など株主は、AIGが1999~2005年にかけて行った反競争的行為、会計上の規則違反、株価操作など「広範な詐欺的行為」が株主に損害を与えたとして提訴していた。
 AIGは06年、不正があったことを認めて米証券取引委員会(SEC)などと和解している。(共同)


---A.I.G. to Pay $725 Million in Ohio Case---
By MICHAEL POWELL and MARY WILLIAMS WALSH
Published: July 16, 2010
http://www.nytimes.com/2010/07/17/business/17aig.html?src=mv

The American International Group, once the nation’s largest insurance group before it nearly collapsed in 2008, has agreed to pay $725 million to three Ohio pension funds to settle six-year-old claims of accounting fraud, stock manipulation and bid-rigging.

Taken together with earlier settlements, A.I.G. will ladle out more than $1 billion to Ohio investors, money that will go to firefighters, teachers, librarians and other pensioners. The state’s attorney general, Richard Cordray, said Friday, that it was the 10th largest securities class-action settlement in United States history.

“No privileged few are entitled to play by different rules than the rest of us,” Mr. Cordray said during a news conference. “Ohio is determined to send a strong message to the marketplace that companies who don’t play by the rules will pay a steep price.”

A.I.G. disclosed the terms of the settlement in a filing with the Securities and Exchange Commission.

How A.I.G. will pay for this settlement is an open question. It has agreed to a two-step payment, in no small part to give it time to figure out how to raise the money.

Executives are well aware that taxpayers and legislators would cry foul if it paid the lawsuit with any portion of the $22 billion in federal rescue money still available from the United States Treasury.

Instead, the company intends to pay $175 million within 10 days of court approval of its settlement. It plans to raise $550 million through a stock offering in the spring of 2011. That prospect struck some market analysts as a long shot.

“There’s still a lot of question marks hanging over A.I.G.,” said Chris Whalen, a co-founder of Institutional Risk Analytics, a research firm. “How would you write a prospectus for it?

“The document,” he said, “would be quite appalling when it described the risks.”

A.I.G.’s former chief executive, Maurice R. Greenberg, and other executives agreed to pay $115 million in an earlier settlement with Ohio, which filed its lawsuit in 2004.

State attorneys general often have proved more aggressive than federal regulators in going after financial houses in the wake of the 2008 crisis. And A.I.G. could face new legal headaches. For instance New York’s attorney general, Andrew M. Cuomo, has stepped up his investigation of the company in the last few weeks, according to a person with direct knowledge of the case.

The Ohio settlement allows “A.I.G. to continue to focus its efforts on paying back taxpayers and restoring the value of our franchise,” Mark Herr, a company spokesman, said in a news release.

The Ohio case was filed on behalf of pension funds in the state that had suffered significant losses in their holdings of A.I.G. when its share price plummeted after it restated results for years before 2004. Those restatements followed an investigation by Eliot L. Spitzer, Mr. Cuomo's predecessor, into accounting irregularities at the company and the subsequent resignation of Mr. Greenberg.

But the company faces a long and uncertain road, say Wall Street analysts.

Its stock, after adjusting for a reverse split, once traded at $1,446.80 a share; it stands now at $35.64.

A.I.G. has become the definition of turmoil. Its chairman resigned this week after a fierce feud with the chief executive, who has referred dismissively to “all those crazies down in Washington.”

Those crazies presumably include the federal government, which over the last two years gave A.I.G. the largest bailout in United States history, making $182 billion available to the company.

And the company’s proposed stock offering next year is rife with uncertainties. Such an offering would by definition dilute the value of the government’s holdings.

A.I.G. has struggled of late to sell off subsidiaries to repay the Federal Reserve Bank of New York. This year the company failed in its attempts to turn its Asian life insurance subsidiary over to Prudential of Britain. This week the company’s directors voted to proceed with an initial public offering of the same subsidiary, with the proceeds intended for the Federal Reserve.

Should the company fail to raise the $550 million, Ohio has the right to resume its litigation.

The fall of the world’s largest insurance company began in the autumn of 2008, when a sudden downgrade in its credit worthiness set off something like a bank run. It turned out that the company had sold questionable derivatives that were used to prop up the portfolios of other financial institutions.

Federal officials moved quickly to bail out the company, fearing that if A.I.G. toppled, dozens of financial institutions would quickly fall as well. Havoc seemed in the offing.

Federal investigators have since examined many aspects of the company’s behavior, even convening a grand jury in New York. But they have never brought charges against the company or its top officials.

“The states are too often the only ones to watch out for this misconduct,” Mr. Cordray said Friday. “For years, people have been asleep at the switch.”

Louise Story contributed reporting.

2010年7月24日土曜日

BP 資産売却とロビー活動

BPが話題。
・メキシコ湾の流出箇所に密封ふたを被せたが、最終確認中とのことだ
・台湾海陸運輸公司のクジラA号は役立たず
・エジプト政府とは、深海ガス田開発を合意した
・BPは、加のガス田など複数の権益を米独立系石油・ガス大手アパッチへ
 計70億ドルで売却すると発表
・三井物産系会社は、BPへ負担拒否
・BPがリビアで原油採掘を行うため、パンナム機爆破事件の犯人とされる
 リビア人の釈放希求疑惑。

大きな問題が発生し、継続することで、被害者との信頼がなくなり、異な
った問題がどんどん波及する。BPは典型的。英国の多くの人は個人年金の
受給額が減る。

BP資本増強へ


British PM Condemns Release of Lockerbie Bomber The Associated Press


---原油流出「危険知らされていた」 米公聴会で三井系企業---
2010年7月23日11時8分
http://www.asahi.com/international/update/0723/TKY201007230137.html

 【ワシントン=勝田敏彦】メキシコ湾の原油流出で、油井の10%の権益を持つ三井物産系の石油開発会社「MOEXオフショア2007」の石井直樹社長が22日、米上院国土安全保障・政府活動委員会小委員会の公聴会で証言した。国際石油資本の英BPから求められている対策費の負担については「原因究明が先」と明言を避ける一方、事故前にBPから油井の危険性を知らされていたことも明らかにした。
 石井社長は、MOEXの役割について「操業は行わないシェアの小さい出資者」「米政府が承認済みの掘削計画をBPがしっかりと実行するという前提で参画した」などと述べ、操業主体はあくまでBPとの認識を示した。
 流出防止などの費用として約1億1100万ドル(約97億円)を負担するようBPから求められていることについては「事故の原因が分かる前の議論は時期尚早」とした。ただ、回収した原油の売却益は放棄し、被害の回復などに当てることや、何らかの「法的責任」を負う姿勢も見せた。
 一方、BPから掘削状況の報告を毎日、受けていたことや、事故が起きた4月20日の1週間ほど前に「安全の観点からこれ以上の掘削は難しい。掘削を止めたい」との電子メールがBPから届いていたことを明らかにした。
 しかし、「経験豊富なBPを信頼していた」とし、掘削を続けるかどうかなど操業上の一切の意思決定にかかわっていないことを強調した。
 公聴会には油井の25%の権益を持つ米アナダルコ・ペトロリアムの幹部も出席。やはり「操業は行っておらず、費用負担には応じられない」などと証言した。


---英BP、ガス田権益など70億ドルで売却---
2010 年7月21日9時58分
http://www.asahi.com/business/update/0721/TKY201007210103.html

 【ロンドン=有田哲文】メキシコ湾の原油流出事故で苦境に陥っている国際石油資本の英BPは20日、カナダのガス田など複数の権益を米独立系石油・ガス大手アパッチへ計70億ドル(6千億円)で売却すると発表した。4月に事故を起こして以来、初の大規模な資産売却で、BPは手元資金を厚くすることができるとしている。
 売却するのはカナダのガス田のほか、米テキサス州やニューメキシコ州の油田、エジプトの砂漠での事業権益など。BPは原油流出の被害補償のために200億ドル(1兆7千億円)の基金をつくることで米政府と合意しており、現金を工面する必要に迫られている。


---BP CEO reported to leave soon---
By Karolina Tagaris and Anna Driver
LONDON/HOUSTON | Tue Jul 20, 2010 11:50pm EDT
http://www.reuters.com/article/idUSTRE65O5TA20100721

A BP spokesman told Reuters that Hayward had the full support of the board and would stay in office.

Hayward has been criticized for a series of PR gaffes and a failure to quickly stem the leak in the Gulf of Mexico, prompting speculation he would be removed.

Hayward would have to step down so that BP could shore up its defenses against a potential buyout threat by ExxonMobil or Royal Dutch Shell, the Times cited a person close to the matter as saying.

Citing sources close to the company, The Times said there was a growing expectation that Hayward would announce his departure in late August or September.

Robert Dudley, chief of BP's Gulf Coast restoration efforts, is viewed as the front-runner to replace Hayward, The Times said.

BP is also selling assets around the world to help shore up its finances after pledging to set aside $20 billion to meet the costs of the spill.

The company said on Tuesday it reached a $7 billion deal with Apache Corp, a large part of its planned sale of $10 billion in assets.

BP said Apache would pay a $5 billion cash deposit on July 30 as part of the deal for exploration and production facilities in North America and Egypt. The company said the deal would include assets in New Mexico, natural gas in western Canada and concessions in Egypt.

Earlier, it announced it would sell $1.7 billion worth of assets in Vietnam and Pakistan.

BP's share price ended 1.5 percent lower in New York at $35.20.

The continuing disaster in the Gulf remains high on the American and British political agendas and dominated a visit to Washington by British Prime Minister David Cameron.

Cameron praised BP for steps it has taken to plug the leak and pay for damages suffered by Gulf residents. U.S. officials on Tuesday gave BP's latest effort, a cap that has stopped the flow, another 24 hours for pressure tests on the seal.

The Gulf's tourism and fishing industries have been devastated by the millions of gallons of oil that have hit coastal beaches and marshes. The spill also has hurt President Barack Obama's approval ratings.

About 1.6 million barrels of oil remain in the Gulf, Louisiana Governor Bobby Jindal said, citing U.S. government data. [nN20103248]

Rig operator Ensco Plc filed a lawsuit on Tuesday challenging the Obama administration's new deepwater oil drilling moratorium, saying it was mostly the same as the first ban that a U.S. court already put on hold.

The BP asset sales were announced exactly three months after an explosion on an offshore rig killed 11 workers and caused the crude to flow into the Gulf of Mexico.

BP, which said on Monday it had spent about $3.95 billion so far on the oil spill, agreed under intense U.S. pressure from last month to set up an independently administered $20 billion escrow fund for damage claims. The Obama administration has stressed that is not a cap on the company's liabilities.

During a visit with Obama, Cameron said he understood U.S. anger at BP because of the oil spill. He also said it was important to both the U.S. and British economies that the company stay strong and stable.

TEST TO CONTINUE; "STATIC KILL"?

The U.S. government on Tuesday approved another 24-hour extension of a pressure test of the well. The broken well was capped last week -- at least temporarily -- after spilling up to 60,000 barrels a day of crude for three months.

The well test, which has been extended in 24-hour increments by the U.S. government, will continue until Wednesday afternoon and then be re-evaluated.

Scientists are now weighing another option -- a "static kill" to help smother and plug the leak.

The top U.S. oil spill official, retired Coast Guard Admiral Thad Allen, said BP could have a plan to proceed with the static kill option within 24 hours. This would involve pumping heavy drilling mud and possibly cement into the well, much like BP's failed "top kill" in May.

Kent Wells, BP's senior vice president of exploration and production, said the static kill would be different because the well is no longer spewing oil, thanks to the sealed cap. During the top kill effort, drilling mud pumped into the blowout preventer shot out of an uncovered pipe at the top along with leaking crude.

Such containment efforts are keenly eyed by investors as BP's ultimate costs from the spill may hinge on how much oil is determined to have been spilled into the Gulf.

Louisiana residents remain cautiously optimistic about the seal that has stopped the flow for now, but concerns remain.

"I am happy it's stopped the flow," said New Orleans resident Barbara McGuinness. "But do I worry about this thing blowing? Yes. We don't need any more bad news."


---BP sells $7 billion in oil and gas assets to Apache Corp.---
By Steven Mufson
Wednesday, July 21, 2010
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/07/20/AR2010072004581.html?hpid=topnews

BP has sold oil and gas properties in the United States, Egypt and Canada to Houston-based Apache Corp. for $7 billion as part of the oil giant's effort to raise cash to cover oil spill expenses and bolster its financial position, the two companies announced Tuesday.

The sale takes BP most of the way toward its goal of raising $10 billion over the next year by selling exploration and production assets. Those asset sales would cover half of the $20 billion BP has pledged to put in an escrow fund to cover claims resulting from the spill.

The deal includes oil and gas reserves in Texas and southeastern New Mexico, natural gas reserves in western Canada, and the Western Desert business concessions and East Badr El-din exploration concession in Egypt.

"It is a win-win situation. BP is a motivated seller, and Apache is an opportunist. Both are happy with the deal," said Fadel Gheit, an oil analyst at Oppenheimer & Co. Gheit said the transaction involved "marginal assets for BP but core business areas for Apache."

He said Apache paid "reasonable prices" of $18 per barrel of proven reserves of oil or the natural gas equivalent.

"I think Apache got a fair deal," said Pavel Molchanov, an oil analyst at Raymond James. "But it is not a fire-sale price. Far from it."

BP shares had fallen 1.5 percent to close at $35.20 before the announcement but recovered most of that ground in after-hours trading.

This is the fourth deal between the two companies in the past six years, Gheit said.

Apache said it would acquire the equivalent of 385 million barrels of oil reserves, which Molchanov said was about 2 percent of BP's proven reserves. The properties currently produce 28,000 barrels of oil and 331 million cubic feet of gas a day.

The purchase price includes $3.1 billion for 10 areas in West Texas's Permian Basin, an oil and gas region where Apache already has substantial production. G. Steven Farris, Apache's chief executive, said in a statement that they were "under-exploited assets." The package also includes $3.25 billion for gas and unconventional gas properties in western Canada. The rest covers concessions for exploration and some infrastructure in Egypt.

BP Chairman Carl-Henric Svanberg said in a statement that "over the last two months the Board has considered BP's options for generating the cash necessary to meet the obligations likely to arise from the Gulf of Mexico oil spill." He said that the company sought "to divest assets which are strategically more valuable to other parties than they are to BP."

Apache's Farris said that "this is a rare opportunity to acquire legacy positions from a major oil company." He added: "We seldom have an opportunity like this in one of our core areas, let alone three."

The deal did not include a share of BP's Alaska holdings, which sources close to the company said might be sold. A failure to reach agreement on Alaska might explain why the package fell short of the $10 billion to $12 billion figure that had been widely reported.


---BPの原油事故とロッカビー問題を混同すべきでない=英首相---
2010年 07月 21日 09:09 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-16366120100721

 [ワシントン 20日 ロイター] 訪米中のキャメロン英首相はオバマ米大統領と会談し、メキシコ湾で大規模な原油流出事故で起こしたBP(BP.N: 株価, 企業情報, レポート)(BP.N: 株価, 企業情報, レポート) に対する米国の怒りに理解を示しながらも、この問題をスコットランドのロッカビー上空で起きたパンナム機爆破事件の犯人釈放と関連付けるべきではない、と主張した。
 米議員の一部では、BPがリビアで原油採掘を行うため、1988年にロッカビー上空で起きたパンナム機爆破事件の犯人とされるリビア人の釈放を求めたのではないかと疑う声が出ている。昨年、スコットランド当局が犯人釈放に踏み切った際、英米政府を巻き込んだ外交問題となった。
 それに対し、キャメロン首相は、原油流出事故に対する米国民の怒りに理解を示しながらも、BPがロッカビー問題に関与したかどうかに関する調査を拒否する考えを示した。
 キャメロン首相は「原油漏れを食い止め、汚染された環境を修復し、適切な補償金を支払うのはBPの役割だ」としたうえで、「原油流出事故とロッカビー問題を混同すべきではない」と述べ、BPが強力な企業として存続することが英米双方にとって利益になる、と訴えた。


---Senators meet with British leader on Lockerbie convict's release---
By the CNN Wire Staff
July 21, 2010 -- Updated 0125 GMT (0925 HKT)
http://edition.cnn.com/2010/POLITICS/07/20/senators.cameron.lockerbie/#fbid=lQqWVFNHsZP

Washington (CNN) -- Four U.S. senators who met Tuesday with Prime Minister David Cameron said the British leader could still call for an independent investigation of last year's release by Scotland of a Libyan man convicted in the 1988 Lockerbie bombing that killed 270 people.

The senators from New York and New Jersey said Cameron spent 45 minutes discussing the matter with them in a meeting that was added to his schedule the night before.

"Our request for an independent investigation was still on the table," said Sen. Charles Schumer of New York. "It was not case-closed."

Cameron is in the United States on his first visit as Britain's leader. He met earlier Tuesday with President Barack Obama.

Most of the victims in the 1988 bombing of Pan Am Flight 103 were Americans. The flight was headed from Frankfurt, West Germany, to New York via London, England, when it exploded in the air.

Abdelbaset Ali Mohmed al Megrahi was convicted in the case and sentenced to life in prison. The Scottish government released al Megrahi on compassionate grounds last August after doctors said he had terminal prostate cancer and just three months to live.

Al Megrahi is still alive, and news reports in recent days have questioned whether he was as sick as depicted. Questions also have been raised about whether a deal was cut to release him to protect British business interests in Libya, possibly involving oil giant BP.

Under the Scotland Act 1998, Scotland has its own government that is responsible for most of the day-to-day issues there, including the justice system.

At a joint news conference earlier Tuesday, both Obama and Cameron blasted the decision by Scottish authorities to release al Megrahi.

Cameron promised that the British government will cooperate with a U.S. congressional investigation into the controversy, though he stressed that the decision to release al Megrahi was made by the Scottish government without any involvement from BP.

"There is absolutely no harm to be done in giving the fullest possible explanation" regarding the decision to release al Megrahi, Cameron said. He called the release a "misguided decision" by Scottish authorities.

Obama said most Americans were "surprised, disappointed and angry" about the decision to let al Megrahi go.

"We should have all the facts," he said, adding that the decision "ran contrary to how we should be treating terrorists."

The four senators said that questions over how al Megrahi could have survived almost a year and whether BP exerted influence in the case need to be answered. The Scottish government has insisted that BP never lobbied to free al Megrahi.

"We say there is a lot of circumstantial evidence -- no smoking gun -- strong circumstantial evidence, that something wrong happened here," Schumer said. "We don't think all the facts have come out."

Schumer was joined by fellow New York Sen. Kirsten Gillibrand and New Jersey Sens. Frank Lautenberg and Robert Menendez. All are Democrats.

The senators released a letter Monday calling for the United Kingdom to launch a full investigation into al Megrahi's release and whether BP was involved.

BP has said it expressed concern to the British government in late 2007 about the slow progress of a prisoner transfer agreement that Britain and Libya were negotiating, saying it could have had a "negative impact" on British commercial interests.

But the company has denied involvement in any talks with either the British or Scottish governments specifically about al Megrahi's release.

At the senators' urging, the U.S. Senate Foreign Relations Committee has set a hearing date of July 29 to investigate all the circumstances surrounding the release of al Megrahi, including whether BP played a role. Gillibrand and Menendez serve on the Foreign Relations Committee. Menendez will chair the hearing.


--- BP、米社に資産6200億円売却 原油流出補償原資に---
2010/7/21 7:56
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE0E3E2E2E78DE0E3E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

北米・エジプトの石油・ガス施設などをアパッチに
 【ロンドン=石井一乗】英石油大手BPは20日、同社が北米やエジプトで保有する石油・ガス生産施設など70億ドル(約6200億円)相当の資産を、米石油・ガス大手アパッチに売却すると発表した。BPは米メキシコ湾での原油流出事故に絡み、被害地域への補償原資にあてるため今後1年間で 100億ドル規模の資産売却を進める方針。今回の合意で同計画が大きく進むことになる。
 売却対象は、BPが米テキサス州とニューメキシコ州にまたがって保有する石油・ガス生産施設(31億ドル相当)と、カナダ西部のガス生産施設(32億5000万ドル相当)、さらにエジプトで保有する2カ所の採掘権など(6億5000万ドル相当)。これらの資産を通じて、BPは2009年12 月期に計1億6600万ドルの税引き前利益を稼ぎ出していた。
 BPのスバンベリ会長は声明で「BPが保有するより他社が持つ方が戦略的価値を高められる資産を売却していく。今回の取引はその第1弾だ」と述べ、今後も資産売却を進めていく考えを示した。
 BPはメキシコ湾での原油流出事故に絡み、被害地域の住民や企業への補償の原資にあてるため200億ドルの資金を拠出することで米政府と合意している。その資金を捻出(ねんしゅつ)するため、昨年は1年間で計105億ドルを支払っていた四半期配当を少なくとも3四半期取りやめることを決めたほか、今後1年間で100億ドル規模の資産売却を進める方針を6月に公表していた。
 今回のアパッチへの資産売却で、BPは一連の売却計画の半分以上を達成することになる。BPは引き続き、自社にとって戦略的に重要でない資産の売却を急ぐ方針。ロイター通信は、BPがベトナムやパキスタンでも資産売却を検討していると報じた。


---英BP、ベトナムのガス田売却を検討---
2010年 07月 21日 05:05 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-16363420100720

 [ロンドン 20日 ロイター] 英BP(BP.L: 株価, 企業情報, レポート) の広報担当者は20日、BPは資産価値推計10億ドルのベトナムのガス田、および関連するパイプラインとガスターミナルの売却を検討していることを明らかにした。
 対象となっているのは、ランタイ・ランドガス田と関連する施設。広報担当者はBPはこれらを「売却する選択肢を検討している」と述べた。
 BPは、メキシコ湾の原油流出事故の賠償金と清掃費用の支払いのため、資産売却を通して向こう1年間で100億ドルの財源を確保したい考え。同日、BPのパキスタンの広報担当者は、BPは同国でも資産の売却を計画していることを明らかにしている。


---BPがパンナム機爆破実行犯恩赦に圧力? リビア利権絡み米で疑惑再燃---
2010.7.20 20:34
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100720/erp1007202034002-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】メキシコ湾の原油流出事故を引き起こした英メジャー(国際石油資本)BPが、油田採掘権にからんで米パンナム機爆破事件の実行犯に恩赦を与えるよう英スコットランド司法当局に働きかけたとの疑惑が米国で再燃している。英政府とBPは事実関係を全面否定しているが、米上院外交委員会は29日の公聴会開催を決定。20日にワシントンで開かれる米英首脳会談でも問題が協議される可能性が高まっており、米英関係への悪影響を懸念する声も出始めている。
 「スコットランドと英国の両当局に再調査を促している」
 クリントン国務長官は19日、疑惑の調査を求める米民主党の4上院議員に送付した書簡を公開し、米政府として恩赦に至った事実関係を洗い直すよう求めていることを明らかにした。
 爆破実行犯のアブデル・バセト・アルメグラヒ元受刑者は、スコットランドの刑務所で服役していた昨年8月、前立腺がんで余命3カ月と診断され、スコットランド司法当局が温情措置でリビアに送還していた。
 だが、元受刑者は現在もリビアで生存。診断を下した医師がリビア政府から金銭を得ていた疑惑のほか、BPが油田開発利権に絡んでスコットランド当局に“口利き”した疑いが浮上した。
 BPは疑惑を全面否定。キャメロン英政権側も「釈放の判断は誤り」との認識だが、BPの関与を示す証拠はないとして、再調査を否定している。
 ただ、リビア政府と9億ドル(約783億円)の油田開発契約を締結していたBPが2007年、英国とリビアの囚人引き渡し交渉の際にリビア側に立って英国に早期合意を働きかけていたことも判明し、疑念を深める要因となっている。
 20日の米英首脳会談でもオバマ大統領が問題に言及する見通しだが、元受刑者を再び収監することは不可能で、リビアを巻き込んで外交問題化することへの懸念も生まれている。
 一方、両首脳はアフガニスタン情勢を重点的に協議する方針で、両国の協調態勢を改めて確認する。


---英BP、パキスタンの探査・生産事業を売却する方針=関係筋---
2010年 07月 20日 19:04 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-16360020100720

 [カラチ 20日 ロイター] 業界関係者によると、石油メジャーの英BP(BP.N: 株価, 企業情報, レポート)(BP.N: 株価, 企業情報, レポート) はパキスタンの探査・生産事業を売却する方針。関係者は、BPは「パキスタンからの撤退を望んでいる」と述べた。
 BPは、メキシコ湾の原油流出事故の賠償金支払いに向け資産を売却する方針で、先月には約100億ドルの資産売却計画を発表した。


---密閉ぶたには異常なし メキシコ湾の原油流出---
2010.7.20 12:14
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100720/amr1007201216009-n1.htm

 米メキシコ湾原油流出事故の対策を指揮するアレン元沿岸警備隊司令官は19日、流出源に装着した密閉ぶたから約3キロ離れた海底で原油が染み出していることについて「密閉実験と関係があるとは思わない」と述べて異常はないとの認識を示し、実験をさらに24時間延長することを認めた。
 英石油大手BPは密閉ぶたを装着した現状を維持するよう求めているが、アレン氏は油井内の圧力安定が確認され次第、海上の船に油を吸い上げるべきだとの考えを示している。(共同)


---原油流出口の密閉テスト、さらに24時間延長---
2010.07.20 Web posted at: 11:32 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201007200007.html

ワシントン(CNN) メキシコ湾の原油流出事故で、政府の対策を指揮する元沿岸警備隊司令官のアレン氏は19日、流出口に設置した新たなキャップによる密閉テストをさらに24時間延長すると発表した。テストは18日にも延長されていた。

アレン氏によると、流出口が密閉されてから4日間、内部の圧力は予想より低く、油井の周囲などからメタンガスが漏出している可能性があるという。ただ同氏は、現時点で重大な問題が起きていることを示すものではないと述べている。

アレン氏によると、18日に政府とBPが電話会議を行い、漏出の問題などを話し合った。同氏はBPに対し、テストにより状況が悪化することのないよう徹底した監視を続けることを指示したとしている。

現在、エンジニアや科学者がロボットや音波探知機などを通じて収集した映像やデータを観察し、油井の監視を行っている。また、メタンガスを検出する装備を取り付けた政府の船も監視にあたっている。

原油回収にあたってBPは、現在2隻ある原油回収船をさらに2隻増やし、回収容量を、想定最大流出量を上回る1日8万バレルに引き上げる計画だという。

さらにBPは、最終的な解決策となる「救助井」の1つでテストを実施することも計画している。BPによるとこの救助井は7月末までに、流出している油井に到達する可能性がある。

一方、原油流出の一時停止は、政府の補償金支払いも円滑化させている。BPが拠出した200億ドルの補償金を管理するケネス・ファインバーグ氏は19日、流出が停止することで全体の予算が把握しやすくなると述べている。


---原油封じ込め作業で「漏れ」発見 米メキシコ湾流出事故---
2010年7月20日0時23分
http://www.asahi.com/international/update/0719/TKY201007190366.html

 【ニューヨーク=田中光】米南部メキシコ湾の原油流出事故で対策本部のアレン本部長は18日、海底の油井から離れたところで「漏れ」が見つかったことを明らかにした。流出源に新たに設置した密閉性の高いキャップが原油流出の封じ込めに成功したとみられていたが、作業が見直される可能性が出てきた。
 アレン本部長が、国際石油資本の英BPに対する公開書簡で明らかにした。それによると、漏れのほかに油井の近辺で「異常が見つかった」としている。書簡では、「漏れ」や「異常」の中身や程度については詳述していない。
 封じ込め作業は現在、海底から噴き出そうとする油の圧力に耐えられるか、経過観察が続いている。原油の流出防止に成功したものの、キャップに設置された圧力計が当初予想よりも低い数値を示したため、油田の埋蔵量減や別の場所での漏れなどが原因として指摘されていた。
 キャップそのものではなく、新たに漏れが生じた場合、流出源の特定と修復は困難になる。これ以上油井を傷つけないために、アレン本部長はBPに対して、キャップを外して原油を海上に吸い上げる作戦など、対策を早急に検討するよう求めている。


---英石油大手BP:深海ガス田開発でエジプト政府と合意---
毎日新聞 2010年7月19日 22時43分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100720k0000m020091000c.html

 英石油大手BPは19日、エジプト北部の地中海深海にある大規模ガス田の開発で同国政府と合意したと発表した。開発に成功し、メキシコ湾の原油流出事故で失墜した信用の回復を目指す。
 投資総額は90億ドル(約7800億円)で、2014年中の生産開始を見込む。エジプト向けに供給する。
 BPはエジプト石油公社などと組み、同国の石油・ガス生産の約40%を担っている。(共同)


---油井周辺の海底、新たな原油流出見つかる---
2010年7月19日20時38分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100719-OYT1T00492.htm

 【ワシントン=山田哲朗】米ルイジアナ州沖のメキシコ湾での原油流出事故で、米政府対策本部のサッド・アレン本部長は19日、声明を発表、油井付近での原油漏出や、15日に設置した新型ふた付近でメタンガスが確認されたとしたうえで、英石油大手BPに対し、油井付近の監視活動を強化するよう指示した。
 新たな原油漏出の場所や規模、新型ふたの実験との因果関係は不明という。
 米政府は当面は新型ふたの試験を続ける方針で、新たな漏えいが確認された場合は、試験を打ち切って弁を開き、再び海上への原油回収を始める。弁を再び開いた場合、原油回収船の能力が追いつかず、3日間ほど原油が再び海中に噴き出すと見られる。
 油井を完全閉鎖するためのセメント注入に向けた作業井戸の掘削も並行して進んでいる。注入は8月中旬に完了するとみられる。


---流出原油回収の切り札…台湾系巨大改造タンカー 「油回収できず」---
2010.7.17 17:50
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100717/amr1007171753008-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】米南部メキシコ湾の原油流出事故で、英メジャー(国際石油資本)BPの原油除去作戦の“切り札”として台湾企業が売り込みをかけていた巨大改造タンカーについて、米沿岸警備隊は16日、試験の結果、期待したほどの性能はないと判断した。一時は米メディアの注目を集めた巨大タンカーは近く同湾から“撤退”する見込み。
 このタンカーは海運大手TMT(台湾海陸運輸公司)の「クジラA号」で、大きさはフットボール競技場3個半分。先月ポルトガル・リスボンの造船所で改造された後、メキシコ湾に到着。1日50万バレル(約7950万リットル)の海水を浄化できると米政府にアピールし、沿岸警備隊による試験を受けていた。
 油混じりの海水を船体に開いた穴から吸い込み、油だけ船内に残して、水を排水する仕組みだったが、約2週間の試験で微量の原油しか回収できず、同隊は、原油除去作業の「必要性には適さない」と判断した。
 現場海域は油が薄く広く拡散しており、小回りのきかない巨大船では対処が困難だったとみられる。沿岸警備隊は従来通り、小型船を大量投入して原油すくい取りを続ける。
 TMTは約70隻を保有する有数の海運会社で、最高経営責任者(CEO)の蘇信吉氏が株式の51%を保有。海上運賃の先物市場で積極的な売買を展開する投資家としても知られている。しかし、自費でタンカーを改造して、史上最大の流出事故の対処に名乗りを上げた「大ばくち」は失敗に終わったようだ。


---米ルイジアナ州沖原油流出:原油流出止まる 破損パイプ交換--BP発表---
毎日新聞 2010年7月16日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100716dde001030002000c.html

 【ロサンゼルス吉富裕倫】米メキシコ湾沖の海底油田事故で、石油メジャーの英BPは15日、油井からの原油流出が止まったと発表した。4月20日の事故以来約3カ月続いた流出が止まったのは初めて。新しく流出個所に取り付けた吸い上げ口の弁を閉じる整合試験を行っており、噴出圧力などを監視して流出を止め続けられるかどうか判断する。
 これまでに流出した原油の量は、東京ドームの容積の半分強にあたる最大438万バレルとみられている。
 原油は、噴出防止装置の破損したパイプから流出。BPは、このパイプにチューブ付きのふたをかぶせて原油を吸い上げていた。しかし、これでも、すき間から原油が漏れ出ていたことから、破損パイプを外し新しい吸い上げ口としてすき間のできない遮断弁付きのパイプに交換した。
 今回は、事故後に噴出防止装置に取り付けられて原油を吸い上げてきた2本のチューブの弁と、交換したパイプの遮断弁を順次閉じて油井からの原油流出を止めた。6時間おきに噴出圧力を監視し、原油が漏出しないかどうか最長48時間試験を続ける。整合試験で原油の遮断が危険と判断されれば、弁を開放して原油を海上に吸い上げることになる。2カ所で掘り進めている予備油井から泥とセメントを注入して油井を封印する最終解決策に変更はない。
 オバマ大統領は「前向きの兆候だ」と歓迎のコメントを出した。


---米原油流出、英BP「封じ込め成功」 経過観察なお必要---
2010年7月16日12時47分
http://www.asahi.com/eco/TKY201007160223.html

 米南部メキシコ湾の原油流出事故で、国際石油資本の英BPは15日、海底からの流出が止まったと発表した。流出源に新たに設置した密閉性の高いキャップが封じ込めに成功したためで、流出が止まったのは4月20日に掘削基地が爆発事故を起こして以来、初めてだ。
 米史上最悪といわれる流出事故は3カ月近くが経過し、流出量は最大で約54万キロリットルに達していると推定されている。沿岸各州は、自然環境だけでなく、経済面でも甚大な被害を受けている。
 BPは、新たなキャップが海底から噴き出そうとする原油の圧力に耐えられるかどうか、最大で48時間の経過観察が必要だとしている。オバマ大統領も15日、「明るい兆しだが、まだテスト段階だ」とコメントした。
 原油流出をめぐっては、これまで安全弁(暴噴防止装置)に泥状のものを流し込む「トップキル作戦」や、噴出口を覆う「巨大ドーム作戦」など、数々の対策が取られてきたが、相次いで失敗してきた。抜本的な対策となる救助井が完成するのは8月の見通し。(田中光)


---米ルイジアナ州沖原油流出:三井物産系会社、BPへ負担拒否---
毎日新聞 2010年7月14日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20100714dde007030026000c.html

 【ニューヨーク共同】メキシコ湾の原油流出事故が起きた油田の権益の一部を持つ三井物産子会社の三井石油開発側が、英BPが要請した事故処理に関する費用負担を拒否していることが13日分かった。BPが公表した。
 BPの広報担当者によると、同社が負担を求めた約1億1160万ドル(約100億円)について、三井石油開発の子会社から「支払いを保留する」と12日に連絡があった。

2010年7月23日金曜日

金融規制改革法案 米大統領署名

金融規制改革法案が米大統領の署名した。
 米ホワイトハウスは、オバマ大統領が金融行政を抜本的に見直す金融規制
改革法案に署名、同法を成立させる予定だと発表した。
 金融危機の再発防止を目指す2300ページに及ぶ同法は、ウォール街の巨大
金融機関や金融市場を徹底監視し、独立機関を創設して消費者保護を強化す
るのが特徴だ。法案は議会で可決、大統領に送付された。

規制されたことに米商工会議所が大統領への公開書簡を出したり、米経済界
から批判があがっている。

経営者からの大口献金がなくなる可能性もあり、民主党にとっては痛手と
なるかもしれない。
金融機関の破綻も容認されるらしいので、評判により取付け騒ぎがまた、
起こりそうだ。

金融規制改革案


Financial Reform Bill Ready for President to Sign into Law


Republican Address: Obama Hypocrisy The Associated Press


News Update: Goldman, Citigroup May Have Over 10 Years to Comply With Rules Curbing Hedge Fund SmarTrend News


Obama Hails Passage of Financial Reform The Associated Press

Obama Signs Financial Reform Into Law


Gerald Celente: 'This isn't reform, its depression'


---オバマ米大統領が金融規制改革法案に署名、同法が成立---
2010年 07月 22日 10:11 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-16388120100722

 [ワシントン 21日 ロイター] オバマ米大統領は21日、金融規制改革法案に署名し、同法は成立した。有力業界団体はこの新たな法律を相次いで批判し、オバマ大統領と米実業界との緊張した関係を浮き彫りにした。
 ただ、ウォール街では同法により透明感が高まったことを歓迎する声も聞かれた。
 前週、上院の最終承認を得た同法は、2007―09年の世界的な金融危機につながった金融機関のリスク取引を規制し、消費者保護の強化を目指す。
 大統領は、ウォール街の一部の銀行家や財界首脳らが参列した署名式で「この法律により、米国民は金融機関の過ちのために負担を強いられることは二度とない。納税者負担による銀行救済は二度と起きない」と強調。
 同法は「銀行家から農業従事者、企業経営者まですべての人々」に確実性を提供するとし、「あなた方のビジネスモデルが手を抜くことや顧客を欺くことに依存しているのでなければ、この改革で恐れることは何もない」と語った。
 オバマ大統領の経済政策をしばしば批判してきた有力業界団体の米商工会議所はこの法律について、逆の効果があると指摘。
 商工会議所のトーマス・ドノヒュー会頭は「そのような広範囲にわたる包括的な法案は、米国のビジネスに一段の不透明感をもたらすことになる意図しない結果を伴う法律の典型だ」と語った。
 米銀行協会(ABA)も同法に対する失望感を表明。同法は「そもそも金融危機の原因とまったく関係のない従来の銀行への多くの新規則を盛り込んでいる」と指摘した。
 一方、米商品先物取引委員会(CFTC)のバート・チルトン委員は、金融規制改革法による影響のほとんどは同法がどのように実行されるかに左右されると指摘。同法は透明性を高め、規制当局に市場の規制に向けたより良いツールを与えるとの見解を示した。ただ、多くの問題が解決されないままだとも述べた。
 「これは多くの面を持つ広範囲にわたる法案で、規制当局がさらに肉付けしなければならない部分がまだ多くある。いつ、どのようにそれを行うのかという問題が、実際にこの法律が支持者の期待に沿うものかどうかを明らかにするだろう」と語った。
 21日に発表した第2・四半期決算が市場予想を上回ったモルガン・スタンレー(MS.N: 株価, 企業情報, レポート)のルース・ポラット最高財務責任者(CFO)は、法案が署名されたことについて、ある程度の透明性を提供するとして歓迎する姿勢を示した。


---米ゴールドマンがロビー活動費を倍増-金融規制改革やSECの提訴で---
更新日時: 2010/07/22 06:49 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=a6h5LvMW_znw

 7月21日(ブルームバーグ):米ゴールドマン・サックス・グループは、2010年1-6月(上期)にロビー活動費を倍増させた。議会での金融規制改革法案の審議や米証券取引委員会(SEC)による提訴への対応が背景にある。
 新たな議会資料によると、ゴールドマンのロビー活動費は270万ドル(約2億3500万円)と、前年同期の130万ドルの2倍強に上った。ゴールドマンは、投資家を欺いたとして同社を提訴したSECと先週和解合意し、5億5000万ドルの支払いに同意している。
 ほかの金融機関も今年は、大恐慌後で最も大幅な金融規制改革が議会承認されるのをにらみ、ロビー活動費を増やした。改革法案は21日にオバマ大統領が署名して成立した。米銀上位10行のうち6行は上期のロビー活動費が前年同期を上回ったと報告した。
 バンク・オブ・アメリカ(BOA)は200万ドルと、前年同期の150万ドルから33%増加。ウェルズ・ファーゴは230万ドル(前年同期140万ドル)に増額。モルガン・スタンレーは160万ドル(同140万ドル)。


---米金融規制改革法が成立、世界の市場に影響---
2010年7月22日01時00分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100722-OYT1T00096.htm

 【ワシントン=岡田章裕】1930年代以来の抜本改革となる米国の金融監督・規制改革法は、オバマ米大統領が21日午前(日本時間22日未明)、法案に署名して成立した。
 米金融機関は、これまでの利益優先の経営手法の大幅な見直しを迫られることになり、世界の金融市場や規制改革の動向にも大きな影響を与えそうだ。オバマ大統領は「この改革は経済を上向かせ、我々をより力強く繁栄する未来に導くだろう」と述べ、法案成立の意義を強調した。
 改革法は、2008年秋の世界を揺るがした金融危機の再発を防止するため、銀行以外も含めた主要金融機関の監督権限は米連邦準備制度理事会(FRB)に集約し、混乱なく破綻(はたん)処理するための法制度も整えた。金融機関の高リスク取引も抑制して、危機の未然防止も徹底する。
 ただ、規制の細部についてはこれから決めることになり、積み残しの課題も残っている。米規制当局は、改革法の成立を受けて膨大な細則の策定に力を注ぐことになるが、今後は規制の具体的な内容が大きな焦点となる。


---銀行規制の議論、現実とかけ離れてはいけない=全銀協---
2010年 07月 20日 17:20 JST
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-16357420100720

 [東京 20日 ロイター] 全国銀行協会の奥正之会長(三井住友銀行頭取)は20日の定例会見で、バーゼル銀行監督委員会の新たな銀行規制などをめぐる国際議論について、現実とかけ離れてはいけないと主張した。
 リーマン・ショック後の金融危機が生じたことは事実として反省し「どのように再発を防ぎ、(危機が)起きた場合にどのように破たん処理するかを議論するのは当たり前」と指摘したが「それが現実の問題とあまりかけ離れた議論になってはいけない」と述べた。
 米金融規制改革は「邦銀にすぐ影響があるとは思わない。当初の案よりかなり緩和された現実味のある形になってきているとは思う。良く検証する必要がある」と話した。足元の欧州市場は「一応落ち着いている。各国が財政の緊縮財政を組むことによる先行き景気不安と、(23日発表予定の欧州金融機関の)ストレステストの結果を見極めたい気分がある」としたが、流動性に問題はないとの見方を示した。
 日銀の成長分野に関する新貸出制度は「資金供給のレートが安く、期間が長くできるというインセンティブがある。(成長の)呼び水としていかに使っていくか。各銀行それぞれが創意工夫を重ねて努力していくことだと思う」と述べ、「本来の融資のあるべき姿を追求しつつ、日本の成長につなげていかないといけない」とした。
 一方、郵政改革法案にも言及。参院選で与党が大敗したことを受け「今後の国会において、議論を深めていただきたい。選挙結果を踏まえ(法案の)内容について、われわれが従来から主張している線に戻していくことを望んでいる」と注文した。郵政改革をめぐって全銀協は、日本郵政グループに対する政府出資が残ったまま郵貯の預入額上限を引き上げる政府方針に対し、民業圧迫になると反対している。
 足元のマクロ経済動向は「アジアの成長にけん引された外需が日本の景気を引っ張っている」と指摘。「緩やかだが、景気回復の初期段階が続いていると思っている。リスクファクターは当然あるが、1―3月、4―6月と成長を続けている。しばらく、緩慢な成長が続くのではないか」との見方を示した。


---「オバマ政権はアンチビジネスだ!」米経済界で不満噴出---
2010.7.18 21:00
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100718/fnc1007182101003-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】医療保険改革法や金融規制改革法案などオバマ政権が次々に打ち出す政策に対し、米経済界から、企業負担を増やす「アンチビジネス」だという不満が噴出している。米商工会議所が「雇用創出という最優先事項を無視している」との書簡を出すなど対立する動きも拡大。中間選挙を控え関係悪化を避けたいホワイトハウスは対応に苦慮している。
 米商工会議所が大統領への公開書簡を出したのは14日。増税や規制強化で「産業界を傷つけている」とした上で、「先行き不安感は経済成長や投資、雇用の敵だが、政府と議会多数派(民主党)は企業の経営判断に多大な不安感を与えている」と攻撃した。
 エマニュエル大統領首席補佐官らは同日、素早く書簡を返信。「われわれは正しい方向に向かっている」とした上で、政府と経済界は雇用回復の目標を共有し「対立することはできない」と火消しに回った。
 先月中旬には、通信大手ベライゾン・コミュニケーションズのセイデンバーグ最高経営責任者(CEO)が「政府とビジネス界の分断された関係に悩まされている」と述べ、政治不信が投資や雇用を妨げていると強調。同氏は大統領選でオバマ氏を支持しており、その発言は反響を呼んだ。
 オバマ政権は医療保険改革法を今春に実現。金融規制改革法案も近く成立するほか、温暖化対策法案への意欲も捨てていない。大統領の手腕を評価する声もあるが、企業にすれば、医療費やエネルギーコストなど「負担を増やす事実上の増税」(米商工会議所)だ。
 さらに金融危機の発信源となったウォール街や、原油流出事故を起こした英メジャー(国際石油資本)BPを舌鋒(ぜつぽう)鋭く批判する大統領の姿勢が「アンチビジネス」の印象を強めている。
 米企業は利益を設備投資や雇用に回さず、3月末時点で1・8兆ドル(約155兆円)と過去最大規模の現金をため込んでおり、保守系シンクタンク、ヘリテージ財団のシャーク研究員は「将来の増税や規制強化を見極めようと様子見の姿勢になっているためだ」と指摘する。
 もちろん「経営判断は経済情勢に基づいて行われるもので、大統領の好き嫌いとは関係ない」(スタンフォード大経営大学院のフェファー教授)との擁護論もあるが、民主党の資金集めが低調な中、「オバマ対大企業」(米紙ワシントン・ポスト)という図式は避けたいところで、政権は対話促進の糸口を探っている。


---21日に米金融改革法が成立 オバマ大統領が署名---
2010.7.17 10:24
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100717/fnc1007171028009-n1.htm

 米ホワイトハウスは16日、オバマ大統領が金融行政を抜本的に見直す金融規制改革法案に21日に署名、同法を成立させる予定だと発表した。
 金融危機の再発防止を目指す2300ページに及ぶ同法は、ウォール街の巨大金融機関や金融市場を徹底監視し、独立機関を創設して消費者保護を強化するのが特徴だ。法案は15日に議会で可決、大統領に送付された。
 法律成立後半年から1年程度をかけて、新組織を設立したりトップの人選を行う。金融当局は具体的な規制・監督指針の策定などの対応を急ピッチで進める方針だ。(共同)


---「大手金融機関の破綻容認」に懸念 米金融規制改革法案---
2010.7.17 01:31
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100717/fnc1007170132005-n1.htm

 米上院が15日可決した金融規制改革法案に対し、日本の民間エコノミストは金融危機の再発防止策として一定の評価を示しながらも、大手金融機関の破綻を容認したことには懐疑的な見方も出ている。
 みずほ総合研究所の小野亮シニアエコノミストは「金融危機の引き金になった(多額の資金を借りて投資する)レバレッジ取引などにブレーキがかかることは大きな一歩」と評価。シティグループ証券の野崎浩成マネジングディレクターは「一定の範囲内で自己勘定投資を認めるなど原案よりマイルド。金融界に甘くなったというよりは、より現実的な対応になった」とみる。
 日本の金融界への影響について野崎氏は「レバレッジ規制の点などで全く無視はできないが、邦銀のビジネスモデルは伝統的な銀行業が中心で影響は限定的」と分析する。
 一方で法案は、公的資金で大手金融機関を救済しないことを明記。税金で救済された金融機関の幹部が、高額報酬を得ていたことに対する国民の不満に応えたものだが、野崎氏は「金融不安が増大する中で破綻を容認するのは危機時の実効性で疑問が残る」と懸念した。


---金融規制改革法 逆風の中の金字塔---
2010.7.17 01:24
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100717/fnc1007170126003-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】米上院は15日、1930年代以来の抜本的改革となる金融規制改革法案を賛成多数で可決した。法案はすでに下院を通過しており、近くオバマ大統領の署名を経て成立する。金融危機の再発防止のため、大規模金融機関の監督強化や高リスク取引の制限などを柱とし、金融界の今後の収益モデルや国際的な金融規制にも影響を与える内容。オバマ大統領にとっては内政上の大きな勝利となったが、金融危機再発を阻止し、経済の安定に貢献できるかどうかは、当局者の強い決意と規制の運用に委ねられている。
 金融規制改革法案は、作成を主導した民主党のドッド上院銀行委員会委員長、フランク下院金融サービス委員長の名前をとって「ドッド・フランク法」と呼ばれる。1930年代に銀行と証券の業務を分離した「グラス・スティーガル法」以来の大改革となる。
 「われわれの金融システムのある種の防護となる機会をつくったにすぎない」。ドッド委員長は15日、控えめに成果を語った。
 1年の審議を経て上下両院を通過した法案は、大規模金融機関の無秩序な破綻(はたん)が経営危機の連鎖と巨額の税金救済を招いた先の金融危機の教訓を最大限に生かすことに神経が注がれた。
 システミックリスク(連鎖破綻)の芽を早期に摘み取り、危機に陥った大手金融機関の処理に解体の権限を当局に付与。「新たなリーマン・ブラザーズもアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)もない」とオバマ大統領は宣言した。
 2300ページに及ぶ法案は、銀行の自己勘定による高リスク取引を制限する「ボルカールール」、デリバティブ市場の規制、住宅ローンなど金融商品の消費者保護など、投資銀行のトレーダーから地域金融機関のローン業務まで、金融界に広範囲な規制の網をかぶせるのが特徴だ。
 「ビジネスの大部分に変化を迫る」(米紙ウォールストリート・ジャーナル)ことになり、「収益への影響は避けられない」とウォール街の経営トップも悲鳴を上げている。
 ただ、具体的なルールの作成と運用は、財務省、連邦準備制度理事会(FRB)、証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)など業態ごとに分かれた各金融当局に委ねられていて、金融界のロビー活動はさらに活発化する見通しで取引制限は骨抜きになる可能性も指摘される。
 しかし、「大恐慌以来の経済危機に導いた金融界のゆるんだ規制の時代に戻るわけにはいかない」と政府高官は話す。
 雇用情勢が改善せず、自らの経済政策運営に対する支持が不支持を下回る逆風の中で、金字塔を打ち立てたオバマ大統領だが、次の金融危機を防ぐに足る法律か否かは専門家の意見が分かれている。国際的な規制の本格的な調整もこれからだ。「プロセスの終わりではなく、始まり」(ガイトナー財務長官)であり、改革の正念場はこれからだ。


---米金融規制法案成立へ---
2010年7月17日(土)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-17/2010071701_03_1.html

上院が可決 緩和路線を転換
 【ワシントン=小林俊哉】米上院は15日、金融危機の再発防止と消費者・納税者保護を目指す金融規制改革法案を賛成60、反対39で可決しました。下院でも可決済みで、オバマ大統領の署名を経て近日中に成立します。金融規制緩和を推進してきた米国にとって、大きな転換となります。
 同法案は、大手金融機関に対する監督を強化し、財務長官を責任者とする協議会によって金融システム全体を監視することで、金融危機の再発防止を目指します。また、金融派生商品などリスクの高い商品取引にも規制を強化します。
 金融機関の破たんに際しては、当局による新しい清算処理に従うことで、公的資金による救済は行わないとしています。
 また、連邦準備制度理事会(FRB)内に消費者保護を担当する専門部署を設け、クレジットカードによる高利被害や、金融危機の背景となったサブプライム(低信用層向け高金利型)住宅ローンによる被害などへの規制を目指します。
 オバマ米大統領は、規制強化を内政の重要課題にしてきました。一方、米金融業界は、激しいロビー活動を展開し、野党・共和党を中心に反対世論の喚起に奔走しました。それでも、共和党から3人の上院議員が賛成に回りました。
 オバマ大統領は同日、ホワイトハウス内で声明を発表し、同法案の成立によって、消費者保護、ウォール街による投機の抑制、税金を投入しない金融破たん処理など目標が達成されると強調しました。

解説
米金融規制改革
高リスク投資を制限
 米上院が15日可決した金融規制改革法案は、一時もてはやされた「金融自由化」の流れを転換し、過度のリスクをとる投資活動に制限を加えるものです。
 それを象徴的に示しているのが「ボルカールール」です。オバマ政権の経済諮問会議を率いるボルカー元連邦準備制度理事会(FRB)議長の名前からとっているもので、「預金保護と流動性の提供という商業銀行の必須業務のために『セーフティーネット』を提供し、公共的利益を保全する」(2月2日、上院銀行住宅都市委員会公聴会でボルカー氏)というのが基本精神で、顧客サービスから離れた投資活動への規制が内容でした。
 これには金融界から根強い抵抗があり、その意を受けた共和党議員の反対もあり、修正を重ねましたが、基本線は貫かれました。ヘッジファンドなどへの投資は完全規制にはならなかったものの、「銀行の中核的資本の3%を上限」とするとしました。顧客注文に基づかない銀行による自己勘定取引も規制されます。
 金融危機を誘発したデリバティブ(金融派生商品)取引に関する規制もすすめ、一部残したものも「透明性の確保」を条件とし、最もリスクが高い分野は銀行本体から切り離すこととしました。
 これまで大手銀行は「大きすぎてつぶせない」と経営破たんしても救済され、それが失敗を改めず、さらなるリスクをとる経営幹部の道徳的節度の欠如(モラルハザード)を生むことも指摘されていました。今回の改革は、こうした問題への対処も考慮されたものです。
 米国では1999年に、商業銀行業務と投資銀行業務の機能分離を定めていた「グラス・スティーガル法」が廃止され、規制緩和につながりました。クリントン政権末期のこの緩和によって、続くブッシュ政権下では、投機マネーの暴走が野放しにされました。
 2008年9月の証券大手リーマン・ブラザーズの破たんを機に表面化した米国発の金融危機は、世界中を揺るがしました。「米国型資本主義と米国金融覇権の終えんの始まり」との指摘もあり、09年1月に発足したオバマ政権にとっても、再発防止のための金融規制改革は最重要課題の一つになっていました。(ワシントン=西村央)


---ウォール街、第1幕は敗北 金融改革法案可決、ルール作りで駆け引きへ---
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100717/mcb1007170505013-n1.htm

 大恐慌以後で最も抜本的にウォール街(米金融街)の規制の在り方を変える金融規制改革法案が15日、米上院で可決され、成立する運びとなった。金融業界の注目は、金融規制改革法を実際に施行する規則の制定に責任を持つ各監督機関の動向に移りそうだ。
 上院本会議は賛成60、反対39の賛成多数で可決。消費者と投資家の保護をめぐって続いていた党派間の争いに終止符が打たれた。法案はリーマン・ブラザーズやワシントン・ミューチュアルの破綻(はたん)を招き、7000億ドル(約61兆1000億円)規模の金融安定化資金によるアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)やシティグループの救済につながった金融危機の再発防止を目指す。
 オバマ大統領はホワイトハウスで15日、同法案には「これまでで最も強力な金融分野での消費者保護」が盛り込まれているとした上で、「米国民が、ウォール街の間違いのつけを払うよう求められることは二度とないだろう」と指摘した。
 15日の上院可決を受けて、法案はオバマ大統領の元に送られた。来週行われるとみられる大統領の署名が終われば、ルールづくりに業界の意向を少しでも反映させようとする新たな駆け引きが始まる公算が大きい。
 米銀行協会(ABA)のプレジデント、エドワード・イングリング氏は15日、業界団体として法案の可決に失望の意を表明。同氏は発表文で「金融規制改革法の施行では監督当局の手腕が問われる。規制プロセスのできるだけ効果的かつ効率的な実行を確実なものとするために必要な情報が得られるよう、監督当局と協力する用意がある」との立場を明らかにした。
 法案取りまとめに携わった上院銀行委員会のドッド委員長(民主、コネティカット州)は15日の記者会見で、規則制定の過程でウォール街のロビイストが法案の条項の効力を弱めることに成功する「可能性は常に存在する」と説明。新たな規則をどのように実施する考えかについて、議会として監督機関に説明を求める予定だと語った。
 2300ページにわたる金融規制革法案には、破綻した場合に市場が著しく動揺しかねない金融機関の整理メカニズムのほか、経済システム全体に対する脅威について企業を監視する金融安定監視協議会(FSOC)、連邦準備制度理事会(FRB)の下に置かれる消費者保護局の創設が盛り込まれている。一部の条項は、監督機関による研究や解釈が終わるのに数年かかる可能性もある。(ブルームバーグ Alison Vekshin)


---米金融規制改革法案の概要---
2010年 7月 16日 17:27 JST
http://jp.wsj.com/US/node_83075

米議員は金融規制改革法案の最終的な内容で合意した。金融規制の抜本的な見直しは、1930年代以来となる。

政府権限が拡大
接収・清算権限: 破綻(はたん)すれば広範囲に打撃を及ぼし得る、経営危機に陥った金融機関の経営権掌握、もしくは解体の権限を連邦規制当局に与える。連邦預金保険公社(FDIC)が実行する破綻処理策を当局は策定する。財務省は前払いコストに充てるための資金を提供し得るが、政府は返済計画の策定が必要。規制当局は資産500億ドル超を保有する金融機関に対する手数料を算定することで、損失を埋め合わせ得る。

金融安定化監督評議会: 金融の安定を脅かすリスクを監視・対処するための10人編成の金融安定化監督評議会を設立する。金融システムに脅威を及ぼすと判断される大規模、かつ複雑な業務を行う金融機関に、より厳格な規則を適用するよう、連邦準備理事会(FRB)に推奨が可能。究極的なケースでは、評議会が金融機関を解体する権限を持つ場合がある。

FRB: 金融危機時にFRBが実施した緊急融資について、1度限りの監査を認める。FRBは銀行に対する融資の詳細を、2年の遅延をもって開示し得る。12地区連銀の総裁選任時の銀行の役割を排除する。また、FRBの緊急時の融資権限も制限する。

監督面の変更: 貯蓄機関監督庁(OTS)を廃止し、通貨監督庁(OCC)が役割を継承する。

大手金融機関の監督強化

ボルカー・ルール: 大手金融機関の自己勘定取引を概して禁止する。資本の3%以下でのヘッジファンドやプライベートエクイティ・ファンドへの投資は可能。

デリバティブ: 店頭デリバティブ市場に対する包括的規制を初めて設ける。デリバティブ商品の取引や、デリバティブ商品を販売する企業も規制の対象となる。多くの通常のデリバティブについては取引所、あるいは類似する電子プラットフォームでの取引と、クリアリングハウスでの清算を求める。
 カスタマイズされたスワップについては引き続き、店頭市場での取引が容認される可能性があるが、規制当局が取引を把握できるよう、中央管理機関への報告が義務付けられる見通しだ。デリバティブを扱う企業に対しては、資本、マージン、報告、記録の保管、事業慣行などに関する新たな規則が適用される可能性がある。

デリバティブ事業の分離: 銀行に対し、リスクの最も大きいデリバティブ取引事業のみ、別会社に委譲することを容認する見通し。

銀行資本: 大手銀行持ち株会社のトラスト型優先証券の使用を禁じるなど、より厳格な資本規制を導入する。

TARPの終了: 7000億ドルの不良資産救済プログラム(TARP)の早期終了により、新規制導入に伴うコストの不足を賄う。TARPの残りの資金を用いて財務省が新規プログラムを実施することを禁じる。

銀行口座・クレジットカードを保有する消費者への影響

消費者金融保護局: FRBに消費者金融保護局を新設。住宅ローンなどに関する規制に関して権限を持つ。資産100億ドル超の銀行とクレジット・ユニオン、またノンバンクなどが監督の対象だが、自動車ディーラーは除外される。

先取特権: 複数の州で業務を行う銀行に対し、連邦政府の基準よりも厳格な消費者保護法の適用を州政府に認める。消費者金融保護局が策定する一部規則を施行する権限を州司法長官に与える。

預金保険: 銀行と貯蓄金融機関、クレジット・ユニオンに対する預金保険の上限を25万ドルとし、2008年1月1日にさかのぼって実施する。

住宅ローン: 住宅ローンの貸し手は、借り手の収入、信用履歴、職業の属性などを調べ、借り手にローンを返済能力があることを確認することを初めて求められる。

投資家の保護

投資アドバイス:投資アドバイスを与えるブローカー・ディーラーの資格基準を引き上げる権限を証券取引委員会(SEC)に与える。

証券化: 証券化業務を行う銀行に対し、クレジットリスクの5%を自行のバランスシートに残すよう求める。一定の最低基準を満たすリスクの低い住宅ローンは対象外となる見通し。

信用格付け会社: 利害相反に対処するよう設計された準政府機関の設立などで、格付け業界の改革を狙う。SECはこの種の機関の設立に向けた調査を行う。格付け会社の過失に対する投資家の訴訟を容認する。格付け会社に罰金を科す権限を持つ監督部局をSECに設立する。さらにSECに対し、長期間に正当とみなされない格付けを多数行った企業の登録を抹消する権限を付与する。

企業統治: 上場企業の株主に対し、幹部報酬や「ゴールデン・パラシュート(敵対的買収の標的にされた会社の経営陣が経営の座を譲り渡す代わりに多額の割増退職金を受け取る取り決め)」に対する拘束力を持たない投票権を与える。

ヘッジファンド: ヘッジファンドとプライベートエクイティ・ファンドにSECへの投資アドバイザーとしての登録を求める。また、規制当局によるシステミックリスクの監視に協力するべく、取引情報の提供を求める。

保険:財務省に保険業界を監督するための連邦保険局を創設する。どの保険会社をシステムに大きな影響を及ぼし得る会社として扱うべきかを同局が決定する。


---米国:上院可決、金融規制法案成立へ 自由化路線から転換---
毎日新聞 2010年7月16日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100716dde001030006000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】米上院本会議は15日、金融危機の再発防止に向けた金融規制改革法案を賛成60、反対39の賛成多数で可決した。米下院はすでに可決済みで、オバマ大統領の署名を経て週明けにも成立する。世界大恐慌後の1930年代以来の金融制度の抜本的な改革で、08年秋のリーマン・ショックなど大規模な金融危機を教訓にウォール街に対する規制を大幅に強化する。
 米国がこれまでの金融自由化路線から転換することで、日本を含む他の先進国の金融行政や大手金融機関の経営にも影響を与えそうだ。
 オバマ大統領は「米国民と企業に大きな安心をもたらす」との声明を発表。3月に成立した医療保険制度改革法とともに、最重要課題と位置づけた金融規制改革法案の成立を歓迎した。
 法案は約2300ページにも及び、(1)金融危機対応(2)リスク取引の制限(3)消費者保護--が3本柱。財務長官をトップに米連邦準備制度理事会(FRB)など当局が連携、金融システム全体を監視する金融安定監視評議会を政府内に新設。FRBは大手ノンバンクへの監督も強化し、金融危機防止を徹底する。また、大手金融機関が経営危機に陥った際、税金で救済せず、当局が整理、清算業務を行う新たな破綻(はたん)処理制度も整備する。
 さらに、銀行に対しては、自己資金で行うリスクの高い取引を制限、デリバティブ(金融派生商品)取引やヘッジファンドへの投資も制約する。自己資本規制では、優先株の自己資本への算入を認めず、損失吸収力の高い普通株による資本増強を求める。FRBに消費者金融保護局を新設し、住宅ローンなどに関し、悪質業者からの借り手保護を図る方針も打ち出した。規制の詳細は金融監督指針などで定める。


---米金融規制法案が成立へ…ウォール街に大転換---
2010年7月16日14時14分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100716-OYT1T00421.htm

 【ワシントン=岡田章裕】米上院本会議は15日、1930年代以来の抜本改革となる金融監督・規制改革法案を、60対39の賛成多数で可決した。
 オバマ米大統領が来週、署名して成立する。
 オバマ政権は、深刻な景気後退をもたらした金融危機の再発防止が不可欠と判断し、同法案を最優先課題と位置づけてきた。米国の金融制度は大幅に見直されることになり、高収益を享受していた米金融業界のあり方が変わる可能性が高い。
 オバマ大統領は15日、「米国民が米ウォール街(金融街)の失敗の尻ぬぐいをさせられることは、これで二度とない」と改革法の意義を強調した。
 改革法は、主要金融機関の監督・規制権限を米連邦準備制度理事会(FRB)に集約した上で、金融監督当局で構成する金融安定監督協議会を新設する。連鎖破綻(はたん)につながる懸念のあるリスクを早期に発見し、危機を未然に防止する監督体制を整備するのが狙いだ。金融機関が経営危機に陥っても、公的資金を使わず混乱なく破綻させる制度も整備した。消費者保護の組織をFRBの傘下に新設し、サブプライムローンなどの危機を拡大させた複雑な商品への監督も徹底する。
 一方、高い利益を求めて過度にリスクを取る経営は金融システムを揺るがす懸念があることから、元FRBの議長の名前から取った「ボルカー・ルール」と称される規制を導入し、大手銀行によるヘッジファンドや高リスク商品への投資に大幅に制約を加えた。