2010年7月30日金曜日

米軍機密文書公表

米軍機密文書が公表された。
 民間ウェブサイト「ウィキリークス」がアフガニスタン駐留米軍の
膨大な機密文書を公表した問題で、ギブズ米大統領報道官は定例会見で、
機密情報流出が連邦法違反にあたるとし、先週末から情報の流出元の
捜査に着手していることを明らかにした。

情報源
米軍ヘリコプターがイラク市民を銃撃する映像がウィキリークスに
流出した件に絡み、機密情報漏えいの容疑でクウェートの軍事刑務所に
拘束されている米軍の情報分析員、ブラッドレー・マニング
(Bradley Manning)特技兵の関与が疑われる。

流出したとされる情報は、軍関係者であれば誰でも入手可能なもので
最高機密ではないとのこと。
噂だったイラン政府のタリバンへの手助けも書類から確認できるようだ。
wikileaksは、初年度500万ドルを集めた。
wikileaksからの金銭目当てで、情報を収集した可能性もある。
内部からの持ち出しとなれば犯罪となる。
自衛隊幹部は未だに情報を持ち出しているようだが、情報が表に出ない
だけで、裏ではもう流れているのだろうか。

Afghan War Diary, 2004-2010


DN! US Intel Analyst Arrested for Leaking Wikileaks Video


Rumored Manhunt for Wikileaks Founder Julian Assange 1 of 4


Rumored Manhunt for Wikileaks Founder Julian Assange 2 of 4


Rumored Manhunt for Wikileaks Founder Julian Assange 3 of 4


Rumored Manhunt for Wikileaks Founder Julian Assange 4 of 4


WikiLeaks founder Julian Assange ITN NEWS


---イランがタリバン支援の可能性も 機密文書流出で浮上 英紙報道---
2010.7.27 18:48
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100727/amr1007271850007-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】民間の内部告発サイト「ウィキリークス」によるアフガニスタン関連機密文書の流出で、イランがイスラム原理主義勢力タリバンを、金銭面や軍事面などで後押ししている可能性が浮上している。事前に文書を入手していた英紙ガーディアン(電子版)が26日までに伝えた。イラン政府が直接関与しているのかどうかなど、情報の信憑(しんぴよう)性は不明だが、事実ならタリバンはイランの手助けで勢力を維持していることになる。
 ガーディアンが機密文書の内容として報じたところでは、イランは2004年からタリバンとの結びつきを強めており、タリバン幹部をイランに居住させているほか、金銭援助も続けているという。
 国際治安支援部隊(ISAF)が05年2月に作成したとされる機密文書によると、タリバン指導層の一部はイランに住み、国境を越えてアフガンでテロリストの勧誘やテロ作戦の実行におよんでいるという。この文書は「イラン政府がアフガン兵士の殺害に約1740ドル(約15万円)、政府関係者の殺害に約3481ドル(約30万円)を提供している」とタリバン側に報奨金が支払われている可能性を示唆した。
 別の文書では、イランがアフガンの国会議員にわいろを渡したり、戦闘で負傷したタリバン兵をイランで治療したりするなど、水面下での影響力強化の可能性が指摘されている。ただ、ガーディアンは、イランのタリバン支援を裏付ける具体的証拠はなく、仮に事実でもイラン指導層がどこまで情報を把握しているかは不透明としている。
 タリバンへの支援をめぐっては、機密文書を入手した米紙ニューヨーク・タイムズが、パキスタンの三軍統合情報部(ISI)の関与の可能性を指摘していた。同紙の報道によると、ISIのハミード・グル元長官が昨年1月、タリバン側と接触し、テロ行為に目をつぶる代わりに活動をアフガン国内に限定するよう伝えるなどしたという。
 しかし、パキスタンのハッカニ駐米大使は、公表された機密文書は「現状を反映していない」と述べ、事実関係を否定している。


---米軍機密流出で浮かぶ、情報セキュリティーの新脅威---
2010年07月27日 15:43 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2743521/6015267

【7月27日 AFP】米軍によるアフガニスタンでの軍事作戦に関する機密情報がインターネットの内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」に大量流出した問題で、盗まれた膨大なデータが瞬時のうちに公開されてしまうデジタル時代における情報セキュリティの脅威が浮き彫りにされた。
 今回の流出を、1971年に暴露されたベトナム戦争に関する機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ(Pentagon Papers)」の一件になぞらえるのは、米シンクタンク「戦略国際問題研究所(Center for Strategic and International Studies、CSIS)」のサイバーセキュリティー専門家、ジェームズ・ルイス(James Lewis)氏だが、同文書をリークした元国防総省職員ダニエル・エルズバーグ(Daniel Ellsberg)氏が文字通り紙の山を持ち出して新聞記者に手渡したのに対し、「今ならば彼よりも大量の文書を全世界に知らしめることだって可能だ」と指摘する。
 ウィキリークスは今回の情報源を明かしていないが、米軍ヘリコプターがイラク市民を銃撃する映像がウィキリークスに流出した件に絡み、機密情報漏えいの容疑でクウェートの軍事刑務所に拘束されている米軍の情報分析員、ブラッドレー・マニング(Bradley Manning)特技兵の関与が疑われる。米国防総省は6月、同兵が26万点もの秘密外交文書をウィキリークスに渡したとみて捜査中だとしていた。
 ルイス氏はどの組織にも「雇い主」に対する背信行為を働く「有害分子」がいるものだが、「彼らにとってそうした行為を働くことは、以前よりもずっと容易になった」と述べる。

■セキュリティーと機能性はバランスの問題
 ある元国防総省高官は、デジタル革命によってデジタルメディアやソーシャル・ソフトウエアが普及し、社会全体が多大な恩恵を得た一方で、セキュリティーの脅威も増大したと懸念する。「便利さや機能性をとるか、セキュリティーを重んじるかは常にバランスの問題だが、機能のほうが優先されがちだ」
「紙の時代は、極秘文書のスタンプが押された文書を受け取ったら持ち出したり、ほかの人間に見せたりしないという、政府と個人間の信用の問題だった。デジタル時代はそうはいかない。誰でもデータベースにアクセスし、情報を目にすることができるよう情報共有しているのに、アクセス管理については、個人的な信頼関係に基づくという旧モデルから脱却していない」とルイス氏は指摘する。「国防総省は職員を信用しているが、それだけでは足りない。大量の文書をダウンロードしている人物がいたら、それを自動検知し停止するような、もっと成熟したシステムがあるのではないか」

■数秒ですべてが白日の下にさらされうるネット時代
 米情報セキュリティー企業セキュア・ワークス(SecureWorks)のドン・ジャクソン(Don Jackson)氏は、米軍が機密情報に設定するアクセス権限や要件は、最悪、新聞にすっぱ抜かれることを警戒する程度の「アナログ的な時代遅れのものだ」と批判する。「インターネットの登場以前は、ウィキリークスのようなものを警戒する必要はなかった。しかし新聞は一度に9万件の機密文書を暴露することなどできないが、ウィキリークスならばわずか数秒ですべてが白日の下にさらされうる」


---米軍機密文書流出「捜査に着手」 米大統領報道官---
2010年7月27日10時40分
http://www.asahi.com/international/update/0727/TKY201007270097.html

 【ワシントン=村山祐介】民間ウェブサイト「ウィキリークス」がアフガニスタン駐留米軍の膨大な機密文書を公表した問題で、ギブズ米大統領報道官は26日の定例会見で、機密情報流出が連邦法違反にあたるとし、先週末から情報の流出元の捜査に着手していることを明らかにした。
 ギブズ氏は、機密文書の公開が「米軍やその協力者、米国民の安全を守っている人々に非常に害を及ぼす可能性がある」と懸念を表明。ただ、公開された情報に目新しいものはないと述べた。文書の信頼性については「我々は(文書が)本物であるかのように対応してきた」とし、本物とみていることを示唆した。
 また、国防総省当局者は同日、記者団に対し、文書は「機密扱いではあるが、最高機密ではない」とし、米軍関係者の多くが閲覧ができたと指摘。部隊レベルで戦術立案に使われる一般的な報告書と説明した。


---WikiLeaks founder speaks out about leaked Afghan war documents---
By the CNN Wire Staff
July 27, 2010 -- Updated 0928 GMT (1728 HKT)
http://edition.cnn.com/2010/TECH/web/07/26/wikileaks.founder.lkl/?hpt=C2#fbid=1w-PFgTh4T5

(CNN) -- As his website sparks debate about classified information and what the public should know, WikiLeaks founder Julian Assange talked to Larry King Monday night about the more than 75,000 documents his site recently made public reportedly detailing U.S. war efforts in Afghanistan.

Assange said the documents could contain evidence of war crimes by U.S. forces.

"We see events that are very suspicious," Assange said. For example, "We see an incident in August 2006 where U.S. forces, in one report, kill 181 what they say are insurgents. There's one wounded and zero captured. Those sort of reports have sort of this flavor of a lot of people killed, but no people taken prisoner, and no people left wounded give a deeply suspicious feeling of what happened during these events."

In the end, Assange said, "it will take a court to really look at the full range of evidence to decide if a crime has occurred."

The documents -- first released to The New York Times, the British daily The Guardian and German magazine Der Spiegel -- suggest a grimmer portrait of the Afghan war than the official public assessment and include allegations that Pakistan's intelligence services have been helping the Taliban kill U.S. troops. Both ideas have been speculated about in the past.

CNN has not independently confirmed the authenticity of the documents.

In response to accusations that the disclosure was "irresponsible" and could jeopardize U.S. lives and national security, Assange said WikiLeaks was judicious in the release.

"We have withheld approximately 15,000 reports for further harm minimization process," he said. "We don't see anything here that is of tactical significance. What we see is a lot of reports of evidentiary significance that describe the cut-and-thrust of the entire war over the last six years."

Assange has not identified the source or sources of the leaked documents.

"We usually always do not know who the sources are," Assange said. "We are specialized in not knowing who our sources are. We are specialized instead of verifying sources, verifying the documents themselves. That is how we are able to protect our sources."

President Barack Obama learned of the pending WikiLeaks posting of classified military documents last week, White House Press Secretary Robert Gibbs said Monday.

Gibbs said the public release of the documents was "a breach of federal law."

"Whenever you have the potential for names and operations and programs to be out there in the public domain, besides being against the law, it has the potential to be very harmful" to military personnel and others, Gibbs said.

Gibbs said Monday the United States' relationship with Pakistan is "not markedly changed" by information in classified military documents posted by WikiLeaks.

The WikiLeaks.org site promotes the benefits of what it calls "principled leaking." It mentions the importance of the Pentagon Papers, which the New York Times reported about in 1971. The papers, leaked by government insider Daniel Ellsberg, revealed the true depth of U.S. involvement in Southeast Asia and the ways in which the public had been misled by the government.

Asked by reporters during Monday's White House briefing about the analogy between the recent WikiLeaks release and the Pentagon Papers, the White House press secretary said the two are not comparable.

"The Pentagon Papers are different in the sense that you are talking about policy documents, these are sort of on-the-ground reporting of different events. I don't see in any way how they are really comparable," Gibbs said.

Gibbs also said the classified military documents posted by WikiLeaks contained no major new revelations.

John Young, a WikiLeaks co-founder who left the whistle-blower website in a dispute over credibility, told CNN's Jim Clancy people should be cautious of WikiLeaks document dump.

"They revealed that they were continuing to raise $5 million in the first year, and I had a problem with that scale of money raising," Young said. "So I criticized it ... the only way you could raise that kind of money that fast would be for some corrupt source of money or some government agency. So they booted me off the list."

Sen. Diane Feinstein, chair of the Senate Intelligence Committee, called for the Department of Defense to investigate who leaked the documents.

"These leaks are a serious breach of national security," said Feinstein, D-California. "This was a clear and pronounced effort to secure several years' worth of communications, e-mails and reports, and without any approval put it out to the world. I ask the Secretary of Defense to launch a major investigation and bring the individual or individuals responsible for this to account."

Assange defends the site as an "international public service" that has brought about public change and human rights reform.

"We authenticate everything," Assange said. "To our knowledge, we've never been wrong. There's no allegations by the rest of the press that we've been wrong. We've never lost a source through the process we go through."


---米軍機密文書9万点超が流出 アフガンめぐり民間サイト---
2010年7月26日 11時32分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010072601000121.html

 【ワシントン共同】アフガニスタンでの軍事作戦や情報活動の内情を示す機密文書9万点以上を、民間のウェブサイト「ウィキリークス」が25日公表し、ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は同日「機密情報の開示を強く非難する。米国の安全保障が脅かされる」との声明を発表した。
 ウィキリークスは政府や企業関係者に内部告発を呼び掛け、提供情報を公開するサイト。
 流出源は明らかになっていないが、軍の情報管理に対する批判が高まりそうだ。文書は2004年1月~09年12月に米兵や米中央情報局(CIA)など情報機関の担当官が上官への報告として書いたとされるが、情報の確度は不明。
 数週間前に提供を受け分析した米紙ニューヨーク・タイムズによると、文書の一部はパキスタンの情報機関3軍統合情報部(ISI)元長官が09年、アフガン反政府武装勢力タリバンの代表と会談し、武装活動はアフガン国内だけに限定するよう求めたと指摘した。
 国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の部下が、武器を購入するためイランと北朝鮮を訪問したとの内容もあるが、同紙は間接情報として信頼性に疑問を呈した。


---米民間サイト、軍の機密文書等9万点公表---
2010年7月26日11時15分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100726-OYT1T00348.htm

 【ワシントン=黒瀬悦成】政府機関や企業の内部告発情報を公開する米民間ウェブサイト「ウィキリークス」は25日、アフガニスタン戦争に関する米軍や米政府機関などが作成した機密文書約9万2000点を公表した。
 文書には、米国の同盟国であるはずのパキスタン軍情報当局が裏で旧支配勢力タリバンを支援している実態などが記載されているとされ、米世論の厭戦気分に拍車をかける恐れもある。
 公開された文書は、2004年1月から09年12月までの6年間にわたるもので、事前に同サイトから文書を提供されたニューヨーク・タイムズ紙などによると、タリバンがアフガンで作戦行動中の北大西洋条約機構(NATO)軍機に対し、高性能の熱線追尾式対空ミサイルを使用しているなどの「新事実」も含まれているという。
 ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は同日、「機密情報の開示は米国の安全保障を脅かす」として、同サイトを強く非難する声明を発表した。


---米軍機密文書9万点超が流出 アフガンめぐり民間サイトが公表---
2010.7.26 09:59
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100726/amr1007261000004-n1.htm

 アフガニスタンでの戦闘に関する駐留米軍などの機密文書9万点以上を民間のウェブサイト「ウィキリークス」が25日公表し、ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は同日「機密情報の開示を強く非難する。米国の安全保障が脅かされる」との声明を発表した。
 事前に文書の提供を受けた米紙ニューヨーク・タイムズなどによると、米中央情報局(CIA)がアフガン情報機関の予算を支出し事実上支配下に置いていることや、反政府武装勢力タリバンが熱探知型ミサイルを使用していることなどが示されている。
 ウィキリークスは政府や企業関係者に内部告発を呼び掛け、提供情報を公開するサイト。今回の情報流出源は明らかになっていない。(共同)

0 コメント: