2010年7月24日土曜日

BP 資産売却とロビー活動

BPが話題。
・メキシコ湾の流出箇所に密封ふたを被せたが、最終確認中とのことだ
・台湾海陸運輸公司のクジラA号は役立たず
・エジプト政府とは、深海ガス田開発を合意した
・BPは、加のガス田など複数の権益を米独立系石油・ガス大手アパッチへ
 計70億ドルで売却すると発表
・三井物産系会社は、BPへ負担拒否
・BPがリビアで原油採掘を行うため、パンナム機爆破事件の犯人とされる
 リビア人の釈放希求疑惑。

大きな問題が発生し、継続することで、被害者との信頼がなくなり、異な
った問題がどんどん波及する。BPは典型的。英国の多くの人は個人年金の
受給額が減る。

BP資本増強へ


British PM Condemns Release of Lockerbie Bomber The Associated Press


---原油流出「危険知らされていた」 米公聴会で三井系企業---
2010年7月23日11時8分
http://www.asahi.com/international/update/0723/TKY201007230137.html

 【ワシントン=勝田敏彦】メキシコ湾の原油流出で、油井の10%の権益を持つ三井物産系の石油開発会社「MOEXオフショア2007」の石井直樹社長が22日、米上院国土安全保障・政府活動委員会小委員会の公聴会で証言した。国際石油資本の英BPから求められている対策費の負担については「原因究明が先」と明言を避ける一方、事故前にBPから油井の危険性を知らされていたことも明らかにした。
 石井社長は、MOEXの役割について「操業は行わないシェアの小さい出資者」「米政府が承認済みの掘削計画をBPがしっかりと実行するという前提で参画した」などと述べ、操業主体はあくまでBPとの認識を示した。
 流出防止などの費用として約1億1100万ドル(約97億円)を負担するようBPから求められていることについては「事故の原因が分かる前の議論は時期尚早」とした。ただ、回収した原油の売却益は放棄し、被害の回復などに当てることや、何らかの「法的責任」を負う姿勢も見せた。
 一方、BPから掘削状況の報告を毎日、受けていたことや、事故が起きた4月20日の1週間ほど前に「安全の観点からこれ以上の掘削は難しい。掘削を止めたい」との電子メールがBPから届いていたことを明らかにした。
 しかし、「経験豊富なBPを信頼していた」とし、掘削を続けるかどうかなど操業上の一切の意思決定にかかわっていないことを強調した。
 公聴会には油井の25%の権益を持つ米アナダルコ・ペトロリアムの幹部も出席。やはり「操業は行っておらず、費用負担には応じられない」などと証言した。


---英BP、ガス田権益など70億ドルで売却---
2010 年7月21日9時58分
http://www.asahi.com/business/update/0721/TKY201007210103.html

 【ロンドン=有田哲文】メキシコ湾の原油流出事故で苦境に陥っている国際石油資本の英BPは20日、カナダのガス田など複数の権益を米独立系石油・ガス大手アパッチへ計70億ドル(6千億円)で売却すると発表した。4月に事故を起こして以来、初の大規模な資産売却で、BPは手元資金を厚くすることができるとしている。
 売却するのはカナダのガス田のほか、米テキサス州やニューメキシコ州の油田、エジプトの砂漠での事業権益など。BPは原油流出の被害補償のために200億ドル(1兆7千億円)の基金をつくることで米政府と合意しており、現金を工面する必要に迫られている。


---BP CEO reported to leave soon---
By Karolina Tagaris and Anna Driver
LONDON/HOUSTON | Tue Jul 20, 2010 11:50pm EDT
http://www.reuters.com/article/idUSTRE65O5TA20100721

A BP spokesman told Reuters that Hayward had the full support of the board and would stay in office.

Hayward has been criticized for a series of PR gaffes and a failure to quickly stem the leak in the Gulf of Mexico, prompting speculation he would be removed.

Hayward would have to step down so that BP could shore up its defenses against a potential buyout threat by ExxonMobil or Royal Dutch Shell, the Times cited a person close to the matter as saying.

Citing sources close to the company, The Times said there was a growing expectation that Hayward would announce his departure in late August or September.

Robert Dudley, chief of BP's Gulf Coast restoration efforts, is viewed as the front-runner to replace Hayward, The Times said.

BP is also selling assets around the world to help shore up its finances after pledging to set aside $20 billion to meet the costs of the spill.

The company said on Tuesday it reached a $7 billion deal with Apache Corp, a large part of its planned sale of $10 billion in assets.

BP said Apache would pay a $5 billion cash deposit on July 30 as part of the deal for exploration and production facilities in North America and Egypt. The company said the deal would include assets in New Mexico, natural gas in western Canada and concessions in Egypt.

Earlier, it announced it would sell $1.7 billion worth of assets in Vietnam and Pakistan.

BP's share price ended 1.5 percent lower in New York at $35.20.

The continuing disaster in the Gulf remains high on the American and British political agendas and dominated a visit to Washington by British Prime Minister David Cameron.

Cameron praised BP for steps it has taken to plug the leak and pay for damages suffered by Gulf residents. U.S. officials on Tuesday gave BP's latest effort, a cap that has stopped the flow, another 24 hours for pressure tests on the seal.

The Gulf's tourism and fishing industries have been devastated by the millions of gallons of oil that have hit coastal beaches and marshes. The spill also has hurt President Barack Obama's approval ratings.

About 1.6 million barrels of oil remain in the Gulf, Louisiana Governor Bobby Jindal said, citing U.S. government data. [nN20103248]

Rig operator Ensco Plc filed a lawsuit on Tuesday challenging the Obama administration's new deepwater oil drilling moratorium, saying it was mostly the same as the first ban that a U.S. court already put on hold.

The BP asset sales were announced exactly three months after an explosion on an offshore rig killed 11 workers and caused the crude to flow into the Gulf of Mexico.

BP, which said on Monday it had spent about $3.95 billion so far on the oil spill, agreed under intense U.S. pressure from last month to set up an independently administered $20 billion escrow fund for damage claims. The Obama administration has stressed that is not a cap on the company's liabilities.

During a visit with Obama, Cameron said he understood U.S. anger at BP because of the oil spill. He also said it was important to both the U.S. and British economies that the company stay strong and stable.

TEST TO CONTINUE; "STATIC KILL"?

The U.S. government on Tuesday approved another 24-hour extension of a pressure test of the well. The broken well was capped last week -- at least temporarily -- after spilling up to 60,000 barrels a day of crude for three months.

The well test, which has been extended in 24-hour increments by the U.S. government, will continue until Wednesday afternoon and then be re-evaluated.

Scientists are now weighing another option -- a "static kill" to help smother and plug the leak.

The top U.S. oil spill official, retired Coast Guard Admiral Thad Allen, said BP could have a plan to proceed with the static kill option within 24 hours. This would involve pumping heavy drilling mud and possibly cement into the well, much like BP's failed "top kill" in May.

Kent Wells, BP's senior vice president of exploration and production, said the static kill would be different because the well is no longer spewing oil, thanks to the sealed cap. During the top kill effort, drilling mud pumped into the blowout preventer shot out of an uncovered pipe at the top along with leaking crude.

Such containment efforts are keenly eyed by investors as BP's ultimate costs from the spill may hinge on how much oil is determined to have been spilled into the Gulf.

Louisiana residents remain cautiously optimistic about the seal that has stopped the flow for now, but concerns remain.

"I am happy it's stopped the flow," said New Orleans resident Barbara McGuinness. "But do I worry about this thing blowing? Yes. We don't need any more bad news."


---BP sells $7 billion in oil and gas assets to Apache Corp.---
By Steven Mufson
Wednesday, July 21, 2010
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/07/20/AR2010072004581.html?hpid=topnews

BP has sold oil and gas properties in the United States, Egypt and Canada to Houston-based Apache Corp. for $7 billion as part of the oil giant's effort to raise cash to cover oil spill expenses and bolster its financial position, the two companies announced Tuesday.

The sale takes BP most of the way toward its goal of raising $10 billion over the next year by selling exploration and production assets. Those asset sales would cover half of the $20 billion BP has pledged to put in an escrow fund to cover claims resulting from the spill.

The deal includes oil and gas reserves in Texas and southeastern New Mexico, natural gas reserves in western Canada, and the Western Desert business concessions and East Badr El-din exploration concession in Egypt.

"It is a win-win situation. BP is a motivated seller, and Apache is an opportunist. Both are happy with the deal," said Fadel Gheit, an oil analyst at Oppenheimer & Co. Gheit said the transaction involved "marginal assets for BP but core business areas for Apache."

He said Apache paid "reasonable prices" of $18 per barrel of proven reserves of oil or the natural gas equivalent.

"I think Apache got a fair deal," said Pavel Molchanov, an oil analyst at Raymond James. "But it is not a fire-sale price. Far from it."

BP shares had fallen 1.5 percent to close at $35.20 before the announcement but recovered most of that ground in after-hours trading.

This is the fourth deal between the two companies in the past six years, Gheit said.

Apache said it would acquire the equivalent of 385 million barrels of oil reserves, which Molchanov said was about 2 percent of BP's proven reserves. The properties currently produce 28,000 barrels of oil and 331 million cubic feet of gas a day.

The purchase price includes $3.1 billion for 10 areas in West Texas's Permian Basin, an oil and gas region where Apache already has substantial production. G. Steven Farris, Apache's chief executive, said in a statement that they were "under-exploited assets." The package also includes $3.25 billion for gas and unconventional gas properties in western Canada. The rest covers concessions for exploration and some infrastructure in Egypt.

BP Chairman Carl-Henric Svanberg said in a statement that "over the last two months the Board has considered BP's options for generating the cash necessary to meet the obligations likely to arise from the Gulf of Mexico oil spill." He said that the company sought "to divest assets which are strategically more valuable to other parties than they are to BP."

Apache's Farris said that "this is a rare opportunity to acquire legacy positions from a major oil company." He added: "We seldom have an opportunity like this in one of our core areas, let alone three."

The deal did not include a share of BP's Alaska holdings, which sources close to the company said might be sold. A failure to reach agreement on Alaska might explain why the package fell short of the $10 billion to $12 billion figure that had been widely reported.


---BPの原油事故とロッカビー問題を混同すべきでない=英首相---
2010年 07月 21日 09:09 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-16366120100721

 [ワシントン 20日 ロイター] 訪米中のキャメロン英首相はオバマ米大統領と会談し、メキシコ湾で大規模な原油流出事故で起こしたBP(BP.N: 株価, 企業情報, レポート)(BP.N: 株価, 企業情報, レポート) に対する米国の怒りに理解を示しながらも、この問題をスコットランドのロッカビー上空で起きたパンナム機爆破事件の犯人釈放と関連付けるべきではない、と主張した。
 米議員の一部では、BPがリビアで原油採掘を行うため、1988年にロッカビー上空で起きたパンナム機爆破事件の犯人とされるリビア人の釈放を求めたのではないかと疑う声が出ている。昨年、スコットランド当局が犯人釈放に踏み切った際、英米政府を巻き込んだ外交問題となった。
 それに対し、キャメロン首相は、原油流出事故に対する米国民の怒りに理解を示しながらも、BPがロッカビー問題に関与したかどうかに関する調査を拒否する考えを示した。
 キャメロン首相は「原油漏れを食い止め、汚染された環境を修復し、適切な補償金を支払うのはBPの役割だ」としたうえで、「原油流出事故とロッカビー問題を混同すべきではない」と述べ、BPが強力な企業として存続することが英米双方にとって利益になる、と訴えた。


---Senators meet with British leader on Lockerbie convict's release---
By the CNN Wire Staff
July 21, 2010 -- Updated 0125 GMT (0925 HKT)
http://edition.cnn.com/2010/POLITICS/07/20/senators.cameron.lockerbie/#fbid=lQqWVFNHsZP

Washington (CNN) -- Four U.S. senators who met Tuesday with Prime Minister David Cameron said the British leader could still call for an independent investigation of last year's release by Scotland of a Libyan man convicted in the 1988 Lockerbie bombing that killed 270 people.

The senators from New York and New Jersey said Cameron spent 45 minutes discussing the matter with them in a meeting that was added to his schedule the night before.

"Our request for an independent investigation was still on the table," said Sen. Charles Schumer of New York. "It was not case-closed."

Cameron is in the United States on his first visit as Britain's leader. He met earlier Tuesday with President Barack Obama.

Most of the victims in the 1988 bombing of Pan Am Flight 103 were Americans. The flight was headed from Frankfurt, West Germany, to New York via London, England, when it exploded in the air.

Abdelbaset Ali Mohmed al Megrahi was convicted in the case and sentenced to life in prison. The Scottish government released al Megrahi on compassionate grounds last August after doctors said he had terminal prostate cancer and just three months to live.

Al Megrahi is still alive, and news reports in recent days have questioned whether he was as sick as depicted. Questions also have been raised about whether a deal was cut to release him to protect British business interests in Libya, possibly involving oil giant BP.

Under the Scotland Act 1998, Scotland has its own government that is responsible for most of the day-to-day issues there, including the justice system.

At a joint news conference earlier Tuesday, both Obama and Cameron blasted the decision by Scottish authorities to release al Megrahi.

Cameron promised that the British government will cooperate with a U.S. congressional investigation into the controversy, though he stressed that the decision to release al Megrahi was made by the Scottish government without any involvement from BP.

"There is absolutely no harm to be done in giving the fullest possible explanation" regarding the decision to release al Megrahi, Cameron said. He called the release a "misguided decision" by Scottish authorities.

Obama said most Americans were "surprised, disappointed and angry" about the decision to let al Megrahi go.

"We should have all the facts," he said, adding that the decision "ran contrary to how we should be treating terrorists."

The four senators said that questions over how al Megrahi could have survived almost a year and whether BP exerted influence in the case need to be answered. The Scottish government has insisted that BP never lobbied to free al Megrahi.

"We say there is a lot of circumstantial evidence -- no smoking gun -- strong circumstantial evidence, that something wrong happened here," Schumer said. "We don't think all the facts have come out."

Schumer was joined by fellow New York Sen. Kirsten Gillibrand and New Jersey Sens. Frank Lautenberg and Robert Menendez. All are Democrats.

The senators released a letter Monday calling for the United Kingdom to launch a full investigation into al Megrahi's release and whether BP was involved.

BP has said it expressed concern to the British government in late 2007 about the slow progress of a prisoner transfer agreement that Britain and Libya were negotiating, saying it could have had a "negative impact" on British commercial interests.

But the company has denied involvement in any talks with either the British or Scottish governments specifically about al Megrahi's release.

At the senators' urging, the U.S. Senate Foreign Relations Committee has set a hearing date of July 29 to investigate all the circumstances surrounding the release of al Megrahi, including whether BP played a role. Gillibrand and Menendez serve on the Foreign Relations Committee. Menendez will chair the hearing.


--- BP、米社に資産6200億円売却 原油流出補償原資に---
2010/7/21 7:56
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE0E3E2E2E78DE0E3E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

北米・エジプトの石油・ガス施設などをアパッチに
 【ロンドン=石井一乗】英石油大手BPは20日、同社が北米やエジプトで保有する石油・ガス生産施設など70億ドル(約6200億円)相当の資産を、米石油・ガス大手アパッチに売却すると発表した。BPは米メキシコ湾での原油流出事故に絡み、被害地域への補償原資にあてるため今後1年間で 100億ドル規模の資産売却を進める方針。今回の合意で同計画が大きく進むことになる。
 売却対象は、BPが米テキサス州とニューメキシコ州にまたがって保有する石油・ガス生産施設(31億ドル相当)と、カナダ西部のガス生産施設(32億5000万ドル相当)、さらにエジプトで保有する2カ所の採掘権など(6億5000万ドル相当)。これらの資産を通じて、BPは2009年12 月期に計1億6600万ドルの税引き前利益を稼ぎ出していた。
 BPのスバンベリ会長は声明で「BPが保有するより他社が持つ方が戦略的価値を高められる資産を売却していく。今回の取引はその第1弾だ」と述べ、今後も資産売却を進めていく考えを示した。
 BPはメキシコ湾での原油流出事故に絡み、被害地域の住民や企業への補償の原資にあてるため200億ドルの資金を拠出することで米政府と合意している。その資金を捻出(ねんしゅつ)するため、昨年は1年間で計105億ドルを支払っていた四半期配当を少なくとも3四半期取りやめることを決めたほか、今後1年間で100億ドル規模の資産売却を進める方針を6月に公表していた。
 今回のアパッチへの資産売却で、BPは一連の売却計画の半分以上を達成することになる。BPは引き続き、自社にとって戦略的に重要でない資産の売却を急ぐ方針。ロイター通信は、BPがベトナムやパキスタンでも資産売却を検討していると報じた。


---英BP、ベトナムのガス田売却を検討---
2010年 07月 21日 05:05 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-16363420100720

 [ロンドン 20日 ロイター] 英BP(BP.L: 株価, 企業情報, レポート) の広報担当者は20日、BPは資産価値推計10億ドルのベトナムのガス田、および関連するパイプラインとガスターミナルの売却を検討していることを明らかにした。
 対象となっているのは、ランタイ・ランドガス田と関連する施設。広報担当者はBPはこれらを「売却する選択肢を検討している」と述べた。
 BPは、メキシコ湾の原油流出事故の賠償金と清掃費用の支払いのため、資産売却を通して向こう1年間で100億ドルの財源を確保したい考え。同日、BPのパキスタンの広報担当者は、BPは同国でも資産の売却を計画していることを明らかにしている。


---BPがパンナム機爆破実行犯恩赦に圧力? リビア利権絡み米で疑惑再燃---
2010.7.20 20:34
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100720/erp1007202034002-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】メキシコ湾の原油流出事故を引き起こした英メジャー(国際石油資本)BPが、油田採掘権にからんで米パンナム機爆破事件の実行犯に恩赦を与えるよう英スコットランド司法当局に働きかけたとの疑惑が米国で再燃している。英政府とBPは事実関係を全面否定しているが、米上院外交委員会は29日の公聴会開催を決定。20日にワシントンで開かれる米英首脳会談でも問題が協議される可能性が高まっており、米英関係への悪影響を懸念する声も出始めている。
 「スコットランドと英国の両当局に再調査を促している」
 クリントン国務長官は19日、疑惑の調査を求める米民主党の4上院議員に送付した書簡を公開し、米政府として恩赦に至った事実関係を洗い直すよう求めていることを明らかにした。
 爆破実行犯のアブデル・バセト・アルメグラヒ元受刑者は、スコットランドの刑務所で服役していた昨年8月、前立腺がんで余命3カ月と診断され、スコットランド司法当局が温情措置でリビアに送還していた。
 だが、元受刑者は現在もリビアで生存。診断を下した医師がリビア政府から金銭を得ていた疑惑のほか、BPが油田開発利権に絡んでスコットランド当局に“口利き”した疑いが浮上した。
 BPは疑惑を全面否定。キャメロン英政権側も「釈放の判断は誤り」との認識だが、BPの関与を示す証拠はないとして、再調査を否定している。
 ただ、リビア政府と9億ドル(約783億円)の油田開発契約を締結していたBPが2007年、英国とリビアの囚人引き渡し交渉の際にリビア側に立って英国に早期合意を働きかけていたことも判明し、疑念を深める要因となっている。
 20日の米英首脳会談でもオバマ大統領が問題に言及する見通しだが、元受刑者を再び収監することは不可能で、リビアを巻き込んで外交問題化することへの懸念も生まれている。
 一方、両首脳はアフガニスタン情勢を重点的に協議する方針で、両国の協調態勢を改めて確認する。


---英BP、パキスタンの探査・生産事業を売却する方針=関係筋---
2010年 07月 20日 19:04 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-16360020100720

 [カラチ 20日 ロイター] 業界関係者によると、石油メジャーの英BP(BP.N: 株価, 企業情報, レポート)(BP.N: 株価, 企業情報, レポート) はパキスタンの探査・生産事業を売却する方針。関係者は、BPは「パキスタンからの撤退を望んでいる」と述べた。
 BPは、メキシコ湾の原油流出事故の賠償金支払いに向け資産を売却する方針で、先月には約100億ドルの資産売却計画を発表した。


---密閉ぶたには異常なし メキシコ湾の原油流出---
2010.7.20 12:14
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100720/amr1007201216009-n1.htm

 米メキシコ湾原油流出事故の対策を指揮するアレン元沿岸警備隊司令官は19日、流出源に装着した密閉ぶたから約3キロ離れた海底で原油が染み出していることについて「密閉実験と関係があるとは思わない」と述べて異常はないとの認識を示し、実験をさらに24時間延長することを認めた。
 英石油大手BPは密閉ぶたを装着した現状を維持するよう求めているが、アレン氏は油井内の圧力安定が確認され次第、海上の船に油を吸い上げるべきだとの考えを示している。(共同)


---原油流出口の密閉テスト、さらに24時間延長---
2010.07.20 Web posted at: 11:32 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201007200007.html

ワシントン(CNN) メキシコ湾の原油流出事故で、政府の対策を指揮する元沿岸警備隊司令官のアレン氏は19日、流出口に設置した新たなキャップによる密閉テストをさらに24時間延長すると発表した。テストは18日にも延長されていた。

アレン氏によると、流出口が密閉されてから4日間、内部の圧力は予想より低く、油井の周囲などからメタンガスが漏出している可能性があるという。ただ同氏は、現時点で重大な問題が起きていることを示すものではないと述べている。

アレン氏によると、18日に政府とBPが電話会議を行い、漏出の問題などを話し合った。同氏はBPに対し、テストにより状況が悪化することのないよう徹底した監視を続けることを指示したとしている。

現在、エンジニアや科学者がロボットや音波探知機などを通じて収集した映像やデータを観察し、油井の監視を行っている。また、メタンガスを検出する装備を取り付けた政府の船も監視にあたっている。

原油回収にあたってBPは、現在2隻ある原油回収船をさらに2隻増やし、回収容量を、想定最大流出量を上回る1日8万バレルに引き上げる計画だという。

さらにBPは、最終的な解決策となる「救助井」の1つでテストを実施することも計画している。BPによるとこの救助井は7月末までに、流出している油井に到達する可能性がある。

一方、原油流出の一時停止は、政府の補償金支払いも円滑化させている。BPが拠出した200億ドルの補償金を管理するケネス・ファインバーグ氏は19日、流出が停止することで全体の予算が把握しやすくなると述べている。


---原油封じ込め作業で「漏れ」発見 米メキシコ湾流出事故---
2010年7月20日0時23分
http://www.asahi.com/international/update/0719/TKY201007190366.html

 【ニューヨーク=田中光】米南部メキシコ湾の原油流出事故で対策本部のアレン本部長は18日、海底の油井から離れたところで「漏れ」が見つかったことを明らかにした。流出源に新たに設置した密閉性の高いキャップが原油流出の封じ込めに成功したとみられていたが、作業が見直される可能性が出てきた。
 アレン本部長が、国際石油資本の英BPに対する公開書簡で明らかにした。それによると、漏れのほかに油井の近辺で「異常が見つかった」としている。書簡では、「漏れ」や「異常」の中身や程度については詳述していない。
 封じ込め作業は現在、海底から噴き出そうとする油の圧力に耐えられるか、経過観察が続いている。原油の流出防止に成功したものの、キャップに設置された圧力計が当初予想よりも低い数値を示したため、油田の埋蔵量減や別の場所での漏れなどが原因として指摘されていた。
 キャップそのものではなく、新たに漏れが生じた場合、流出源の特定と修復は困難になる。これ以上油井を傷つけないために、アレン本部長はBPに対して、キャップを外して原油を海上に吸い上げる作戦など、対策を早急に検討するよう求めている。


---英石油大手BP:深海ガス田開発でエジプト政府と合意---
毎日新聞 2010年7月19日 22時43分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100720k0000m020091000c.html

 英石油大手BPは19日、エジプト北部の地中海深海にある大規模ガス田の開発で同国政府と合意したと発表した。開発に成功し、メキシコ湾の原油流出事故で失墜した信用の回復を目指す。
 投資総額は90億ドル(約7800億円)で、2014年中の生産開始を見込む。エジプト向けに供給する。
 BPはエジプト石油公社などと組み、同国の石油・ガス生産の約40%を担っている。(共同)


---油井周辺の海底、新たな原油流出見つかる---
2010年7月19日20時38分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100719-OYT1T00492.htm

 【ワシントン=山田哲朗】米ルイジアナ州沖のメキシコ湾での原油流出事故で、米政府対策本部のサッド・アレン本部長は19日、声明を発表、油井付近での原油漏出や、15日に設置した新型ふた付近でメタンガスが確認されたとしたうえで、英石油大手BPに対し、油井付近の監視活動を強化するよう指示した。
 新たな原油漏出の場所や規模、新型ふたの実験との因果関係は不明という。
 米政府は当面は新型ふたの試験を続ける方針で、新たな漏えいが確認された場合は、試験を打ち切って弁を開き、再び海上への原油回収を始める。弁を再び開いた場合、原油回収船の能力が追いつかず、3日間ほど原油が再び海中に噴き出すと見られる。
 油井を完全閉鎖するためのセメント注入に向けた作業井戸の掘削も並行して進んでいる。注入は8月中旬に完了するとみられる。


---流出原油回収の切り札…台湾系巨大改造タンカー 「油回収できず」---
2010.7.17 17:50
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100717/amr1007171753008-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】米南部メキシコ湾の原油流出事故で、英メジャー(国際石油資本)BPの原油除去作戦の“切り札”として台湾企業が売り込みをかけていた巨大改造タンカーについて、米沿岸警備隊は16日、試験の結果、期待したほどの性能はないと判断した。一時は米メディアの注目を集めた巨大タンカーは近く同湾から“撤退”する見込み。
 このタンカーは海運大手TMT(台湾海陸運輸公司)の「クジラA号」で、大きさはフットボール競技場3個半分。先月ポルトガル・リスボンの造船所で改造された後、メキシコ湾に到着。1日50万バレル(約7950万リットル)の海水を浄化できると米政府にアピールし、沿岸警備隊による試験を受けていた。
 油混じりの海水を船体に開いた穴から吸い込み、油だけ船内に残して、水を排水する仕組みだったが、約2週間の試験で微量の原油しか回収できず、同隊は、原油除去作業の「必要性には適さない」と判断した。
 現場海域は油が薄く広く拡散しており、小回りのきかない巨大船では対処が困難だったとみられる。沿岸警備隊は従来通り、小型船を大量投入して原油すくい取りを続ける。
 TMTは約70隻を保有する有数の海運会社で、最高経営責任者(CEO)の蘇信吉氏が株式の51%を保有。海上運賃の先物市場で積極的な売買を展開する投資家としても知られている。しかし、自費でタンカーを改造して、史上最大の流出事故の対処に名乗りを上げた「大ばくち」は失敗に終わったようだ。


---米ルイジアナ州沖原油流出:原油流出止まる 破損パイプ交換--BP発表---
毎日新聞 2010年7月16日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100716dde001030002000c.html

 【ロサンゼルス吉富裕倫】米メキシコ湾沖の海底油田事故で、石油メジャーの英BPは15日、油井からの原油流出が止まったと発表した。4月20日の事故以来約3カ月続いた流出が止まったのは初めて。新しく流出個所に取り付けた吸い上げ口の弁を閉じる整合試験を行っており、噴出圧力などを監視して流出を止め続けられるかどうか判断する。
 これまでに流出した原油の量は、東京ドームの容積の半分強にあたる最大438万バレルとみられている。
 原油は、噴出防止装置の破損したパイプから流出。BPは、このパイプにチューブ付きのふたをかぶせて原油を吸い上げていた。しかし、これでも、すき間から原油が漏れ出ていたことから、破損パイプを外し新しい吸い上げ口としてすき間のできない遮断弁付きのパイプに交換した。
 今回は、事故後に噴出防止装置に取り付けられて原油を吸い上げてきた2本のチューブの弁と、交換したパイプの遮断弁を順次閉じて油井からの原油流出を止めた。6時間おきに噴出圧力を監視し、原油が漏出しないかどうか最長48時間試験を続ける。整合試験で原油の遮断が危険と判断されれば、弁を開放して原油を海上に吸い上げることになる。2カ所で掘り進めている予備油井から泥とセメントを注入して油井を封印する最終解決策に変更はない。
 オバマ大統領は「前向きの兆候だ」と歓迎のコメントを出した。


---米原油流出、英BP「封じ込め成功」 経過観察なお必要---
2010年7月16日12時47分
http://www.asahi.com/eco/TKY201007160223.html

 米南部メキシコ湾の原油流出事故で、国際石油資本の英BPは15日、海底からの流出が止まったと発表した。流出源に新たに設置した密閉性の高いキャップが封じ込めに成功したためで、流出が止まったのは4月20日に掘削基地が爆発事故を起こして以来、初めてだ。
 米史上最悪といわれる流出事故は3カ月近くが経過し、流出量は最大で約54万キロリットルに達していると推定されている。沿岸各州は、自然環境だけでなく、経済面でも甚大な被害を受けている。
 BPは、新たなキャップが海底から噴き出そうとする原油の圧力に耐えられるかどうか、最大で48時間の経過観察が必要だとしている。オバマ大統領も15日、「明るい兆しだが、まだテスト段階だ」とコメントした。
 原油流出をめぐっては、これまで安全弁(暴噴防止装置)に泥状のものを流し込む「トップキル作戦」や、噴出口を覆う「巨大ドーム作戦」など、数々の対策が取られてきたが、相次いで失敗してきた。抜本的な対策となる救助井が完成するのは8月の見通し。(田中光)


---米ルイジアナ州沖原油流出:三井物産系会社、BPへ負担拒否---
毎日新聞 2010年7月14日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20100714dde007030026000c.html

 【ニューヨーク共同】メキシコ湾の原油流出事故が起きた油田の権益の一部を持つ三井物産子会社の三井石油開発側が、英BPが要請した事故処理に関する費用負担を拒否していることが13日分かった。BPが公表した。
 BPの広報担当者によると、同社が負担を求めた約1億1160万ドル(約100億円)について、三井石油開発の子会社から「支払いを保留する」と12日に連絡があった。

0 コメント: