2010年7月17日土曜日

米損保 GSに賠償請求

米損保が、GSに賠償請求した。
 リバティーミューチュアル保険は、米証券大手GSが将来実質的に無価値
となることを知りながら、ファニーメイの優先株を売り付けたとして
米マサチューセッツ州の裁判所に訴え、賠償を求めていることが分かった。

サブプライムローン問題の波及で、訴訟が続いているが、またGSが賠償請求
された。
リバティーミューチュアル保険は、GSが勧めた6250万ドル相当のファニー
メイ株を購入したが、株はほとんど価値を失ったとして賠償を求めた。

一時、金融立国としてもてはやされた国は、現在では、多くの賠償請求を
民間金融機関にしているし、金融機関も請求されたり、したりしている。
合法賭博の成れの果てか、賠償請求は決算次第で決まるようだ。

GS 嫌がらせは北朝鮮以上か


News Update: Liberty Mutual Sues Goldman Sachs Over 2007 Fannie Mae Offering


Goldman Sachs is Controlling our Government - Are we Now an Oligarchy.mp4

---米損保がゴールドマン訴え 巨額賠償求める---
2010.7.10 11:05
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100710/fnc1007101105005-n1.htm

 米損保大手リバティーミューチュアル保険は、米証券大手ゴールドマン・サックス(GS)が将来実質的に無価値となることを知りながら、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)の優先株を売り付けたとして米マサチューセッツ州の裁判所に訴え、賠償を求めていることが9日分かった。ロイター通信が伝えた。
 同保険は2007年後半、GSの勧めで6250万ドル(約55億4千万円)相当のファニーメイ株を購入。米住宅市場の低迷でファニーメイが巨額の損失を計上し、株はほとんど価値を失ったとして賠償を求めている。
 ファニーメイが極端な資本不足に陥っていたことを把握しながら、GSは同保険を欺いて株を販売したと主張している。(共同)


---UPDATE 1-Goldman sued by Liberty Mutual over Fannie stock---
Fri Jul 9, 2010 3:28pm EDT
By Jonathan Stempel
http://www.reuters.com/article/idUSN0915845220100709

* Liberty Mutual says investment "virtually worthless"
* Insurer says Goldman hid details on mortgage market
* Goldman says lawsuit without merit
* Goldman shares rise; Fannie Mae rises on Bulletin Board (Rewrites first paragraph, adds stock activity)


NEW YORK, July 9 (Reuters) - Goldman Sachs Group Inc (GS.N) was sued by Liberty Mutual Insurance Co, which accused the Wall Street bank of fraudulently misleading it into buying preferred stock of mortgage financier Fannie Mae (FNMA.OB) that would become "virtually worthless."

In a lawsuit filed Thursday in Boston federal court, Liberty Mutual said it deserves to be reimbursed for losses on the $62.5 million of Fannie Mae preferred stock it had bought in late 2007 through offerings underwritten by Goldman.

Liberty Mutual, one of the nation's largest insurers, said Goldman knew of "significant problems" in subprime and other risky mortgages in late 2006 and throughout 2007, and generated large profits for itself by betting against the market.

It also said Goldman falsely stated that the purpose of the offerings was to let Fannie Mae raise excess capital, when in fact Fannie Mae "was severely undercapitalized" and needed to raise money to stay in business.

"As a knowledgeable and sophisticated investor in the U.S. real estate financial markets, and with access to Fannie Mae's financial records, Goldman Sachs knew or recklessly disregarded the actual status of Fannie Mae's capital structure," Boston-based Liberty Mutual said. "As a result of plaintiffs' reliance on Goldman Sachs' material misrepresentations, plaintiffs' investments are virtually worthless."

The U.S. Treasury Department in September 2008 effectively nationalized Fannie Mae and Freddie Mac (FMCC.OB), which together owned or guaranteed nearly half of all U.S. mortgages, by putting them into a conservatorship.

Preferred stock investors, including many large banks, suffered losses because the bailout ended dividend payouts and included the issuance to the government of new preferred shares that were senior to the existing preferred stock.

"We think the suit is entirely without merit and we will contest it vigorously," a Goldman spokesman said in an e-mail.

On April 16, the U.S. Securities and Exchange Commission filed a civil fraud lawsuit accusing Goldman of creating and marketing collateralized debt obligations linked to subprime mortgages in early 2007, without telling investors that hedge fund Paulson & Co helped choose and was betting against them.

Goldman has denied wrongdoing. At least 18 shareholder lawsuits have been filed against Goldman and its officials arising out of that arrangement, known as Abacus.

In afternoon trading, Goldman shares were up $2.65, or 2 percent, at $138.11 on the New York Stock Exchange. Fannie Mae shares rose about 6.5 cents to 25.5 cents in their second day of OTC Bulletin Board trading, after moving from the Big Board.

The latest case is Liberty Mutual Insurance Co et al v. Goldman Sachs & Co, U.S. District Court, District of Massachusetts, No. 10-11150. (Reporting by Jonathan Stempel; Additional reporting by Steve Eder and Al Yoon; Editing by Gerald E. McCormick)


---米ゴールドマン:危機に演じた役割、低流動性資産の評価が鍵---
更新日時: 2010/07/02 16:02 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=auXiOHLp9Occ

 7月2日(ブルームバーグ):米投資銀行ゴールドマン・サックス・グループに金融危機を悪化させた責任があるかどうかは、流動性の低い住宅ローン関連デリバティブ(金融派生商品)資産についての同社の価格評価をどう見るかが鍵となりそうだ。同社幹部は2日にわたった公聴会で、自社の行動を擁護した。
 ゲーリー・コーン社長兼最高執行責任者(COO)とデービッド・ビニアー最高財務責任者(CFO)は2007-08年にかけての同社の価格評価は、市場を分析した結果を反映したものだと主張。これに対し金融危機調査委員会(FCIC)の委員らは、同社が米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン証券の下落によって利益の出る取引を行っていたために、相場押し下げを狙って故意に低い価格評価をしたのではないかとの疑いを幹部らにただした。
 FCICのフィル・アンジェリーズ委員長は1日の公聴会で、ビニアーCFOに「貴社は相場下落で利益の出る取引をしていた。そして価格を押し下げた。これは自社の予想を自ら実現させたことになるのではないか」と問い掛けた。
 「実際に、貴社が価格を押し下げたのではないか」との問いに同CFOは「われわれは誰にも、評価額を下げろと指示したことはない。当社は市場が示すところに従って価格を評価している」と答えた。
 このやりとりの背景には、保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が破たんの淵に追い詰められた一因がゴールドマンの行動だったのではないかとの疑問がある。ゴールドマンは自社の行動をリスク管理の一環と主張する。
 ゴールドマンはいち早く米サブプライムローン商品の下落を予想し、そのような証券のデフォルト(債務不履行)に備える保険をAIGから大量に購入。価格下落に伴いAIGに担保差し出しを要求していた。
 スターリング・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、デービッド・キリアン氏は、07年半ばごろに存在したような流動性の低い市場ではゴールドマンに相場を押し下げる力があったかもしれないとする一方で、同社が自社の利益のために故意に価格を低く評価したという証拠は何もないと指摘した。
 「ゴールドマン陰謀説の証拠になるような電子メールか何かが現れない限り、ゴールドマンが相場押し下げを狙ったと断じることはできないだろう。リスク管理は彼らの仕事なのだから」と同氏は述べた。

0 コメント: