2010年7月22日木曜日

MS スパイ天国か

Microsoftはスパイ天国のようだ。
 この人物は Alexey Karetnikov氏といい、FBIは同氏が現在問題になって
いるスパイ活動の「初期段階」にあったと確信しており、そのためロシアに
強制送還する措置がとられたという。
 Karetnikov氏はシアトル周辺に居住し、ソフトウェアのテスターとして
Microsoftに勤務していたという。

Microsoftは、NSAに始まり、NATO、中国政府、露政府とソースコード開示
契約を結んでいるようだ。
Ghostnet、F35、Gmail等への攻撃はMicrosoft製OSのセキュリティホール
を利用したものだったと言われる。共に軍関係者が関与した可能性が高いと
される。
12人目の露スパイと言われるMicrosoftの元従業員は、ソフトウェアテスタ
らしい。Low Levelのテスタとのことだが、テストしたソフトウェアに問題
があることを隠していた場合、現在でも見つけにくいセキュリティホール
が、さらに悪用されることになる。
もしかして、Microsoftが情報保全のための国際規格を取得できないから
だろうか。

米国内では、議員に対して、稼いだ金でロビー活動し、色々な問題に対して
口を封じているのかもしれない。

米政権交代により、米Microsoftの独占禁止法違反は決着したが、EUでは、
違反問題は未だ決着していない。

最近の諜報活動報道
F35 設計情報流出
イラン BBCはMI6メディア
グーグル攻撃 軍関係校が発信か
米露 工作員交換


Spy Chapman stripped of British citizenship ITN NEWS


Ex-MI5 Agent: Russian Spy Story Is Pure Propaganda


The Russian Spy Scandal and the Future of U.S.-Russian Relations

---12人目のロシア人スパイはマイクロソフトに勤務--米報道---
文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、長谷睦2010年7月15日 12時02分
http://japan.cnet.com/news/society/story/0,3800104748,20416854,00.htm

 このほど米政府に特定された12人目のロシア人スパイ容疑者が、ハイテク業界とつながりを持っていたことが明らかになった。この容疑者が Microsoftに勤務していたのだ。
 The Washington Postが米国時間7月14日に報じたところによると、この人物は Alexey Karetnikov氏といい、米連邦捜査当局は同氏が現在問題になっているスパイ活動の「初期段階」にあったと確信しており、そのためロシアに強制送還する措置がとられたという。同紙が引用した匿名の米政府関係筋は、Karetnikov氏が米国滞在中に「情報を入手することは一切なかった」と強調している。
 The Washington Postによると、Karetnikov氏はシアトル周辺に居住し、2009年10月からソフトウェアのテスターとしてMicrosoftに勤務していたという。Microsoftは同紙に対し、Karetnikov氏が実際に10月から従業員として働いていたことを認めた。
 Karetnikov氏は連邦判事と対面し、12日にロシアに帰国するよう命じられたとのことだ。裁判所は、同氏が米政府の許可なく米国に戻って来るようなことがあれば、「刑事および民事上の罰則を科されることになる」と伝えたと、The Washington Postは報じている。


---Russian agent had job at Microsoft---
By Joseph Menn in San Francisco
Published: July 15 2010 02:23 | Last updated: July 15 2010 02:23
http://www.ft.com/cms/s/0/38b02302-8f9f-11df-8df0-00144feab49a.html

A 12th Russian spy acting inside the US worked at Microsoft before his arrest and deportation, suggesting that he and the other Kremlin agents apprehended in the country were seeking inside information on technology as well as personal contacts.

Before Alexey Karetnikov, 23, was picked up for immigration law violations on June 28 he had tested codes at the world’s biggest software company’s headquarters in Redmond, Washington, Microsoft confirmed on Wednesday.

Mr Karetnikov, who was deported on Tuesday, had only been in the junior-level job nine months, and like other spies arrested at the same time apparently collected nothing that would damage US security.

“We’ve uncovered no evidence that he possessed, retained or passed on any sensitive or classified information” said Dean Boyd, a spokesman for the justice department.

Members of the spy ring have been portrayed in the media as ineffective and lacking in high-technology capabilities and objectives.

But Mr Karetnikov’s position, and those of the other 11, suggest that the operation deployed software to capture secrets and sought access to programmes that could have given Russia significant leverage in computerised espionage.

Mr Karetnikov might have been looking for advance word of vulnerabilities in Windows or other Microsoft programmes, which would help agents hacking into computers running that code, according to Dave Aitel, formerly of the National Security Agency and now a private researcher.

“Access to the vulnerabilities external or internal researchers find and are fixing is of key interest to a nation state looking to use those to penetrate into other places,” Mr Aitel said.

Jeffrey Carr, a former Microsoft executive and author of a recent book on cyberwar, said that, once inside Microsoft, Mr Karetnikov “could have worked to get himself into an organisation or product group that offered the most value to the Russian security services”.

Another of the agents earned a master’s degree in public policy at Harvard and founded a company that sold what it described as decision-making software. The system called for executives to input their plans, which could have been valuable if siphoned off to Moscow.


---Russian Spy Microsoft Employee? Software Giant Says Alexey Karetnikov Worked for Them---
July 14, 2010 2:20 PM
Posted by Carlin DeGuerin Miller
http://www.cbsnews.com/8301-504083_162-20010550-504083.html

REDMOND, Wash. (CBS/AP) He's being referred to as the 12th man in the recent spy ring investigation - not directly involved in the game but possibly cheering from the sidelines - and now Microsoft has confirmed that Alexey Karetnikov was an employee of the software giant.

U.S. Investigators have said that Karetnikov was not directly involved with the ten Russian agents who were arrested last month, but they did say that his name came up during the course of their investigation.

Karetnikov was arrested June 28 as part of the largest spy ring bust since the Cold War. He was held in New York until Tuesday, when he admitted that he was present in the United States in violation of immigration law and voluntarily agreed to deportation in lieu of further court proceedings, deputy Homeland Security press secretary Matt Chandler said in a statement Tuesday.

A spokesman for Microsoft, Lou Gellos, confirmed Wednesday that Karetnikov was a low-level software tester for nine months in their Redmond, Wash. headquarters, but wouldn't elaborate further.

Investigators have uncovered no evidence the man possessed, retained or passed on sensitive or classified information to Russia, Law enforcement officials to CBS affiliate KIRO.

Investigators believe Karetnikov entered the U.S. in October 2009, his Facebook page says he was married in March 2009 but there was no indication that his wife came to the U.S. with him.

Once deported, Karetnikov would face criminal and civil penalties if he returned without U.S. government permission, deputy Homeland Security press secretary Matt Chandler said.

Ten Russian agents who infiltrated suburban America were deported last week in exchange for four people convicted of betraying Moscow to the West. They were all living near New York, Washington or Boston. An 11th defendant, the ring's alleged paymaster, has been a fugitive since fleeing authorities in Cyprus following his release on bail.


---マイクロソフト、「Windows 7」などソースコードの提供で露政府と合意--海外報道---
CNET Japan Staff2010年7月9日 12時19分
http://japan.cnet.com/news/business/story/0,3800104746,20416535,00.htm

 Microsoftは、ロシアの情報機関に対して「Windows 7」「Microsoft Windows Server 2008 R2」「Microsoft Office 2010」「Microsoft SQL Server」のソースコードを利用可能にすることでロシア政府と合意した。ロシアの情報サイトVedomostiが現地時間7月8日付けの記事で報じた。
 ロシアのMicrosoftでプレジデントを務めるNikolai Pryanishnikov氏は同記事の中で、これがロシアとMicrosoftの双方にとって意味のある取り組みであると述べている。ロシアは Microsoftのプログラムが同国の国家機関で使用されるうえで要件を満たしていることを確認でき、一方のMicrosoftは公共機関との連携を拡大することに関心を示している。
 Microsoftの広報担当者は、このたびの合意により、政府機関はMicrosoft製品のソースコードを分析可能になると Vedomostiに述べた。さらに、同国の情報セキュリティシステムを開発する連邦政府機関Atlasが分析情報を利用して同社最新製品ライン向けの暗号防御を開発する予定であるという。Pryanishnikov氏はVedomostiに対し、Atlasとロシア連邦保安庁はこうした分析結果をその他の政府機関と共有できると述べた。
 Microsoftは2002年、「Windows XP」「Windows 2000」「Windows Server 2000」のソースコードアクセスに関する合意をロシア政府と結んでいる。
 英ZDNet.co.ukが英国時間8日に英国政府に近い人物から得た情報によれば、この2002年の契約は Microsoftが進める「政府向けセキュリティプログラム」(Government Security Program)の一環として締結されたものだったという。同情報筋は、これには北大西洋条約機構(NATO)も参加していると述べたうえで、複数国の政府がMicrosoftのコードにアクセスできるということは、特定の政府がセキュリティホールを見つけては他国のシステムへの侵入に利用することができることを意味すると述べている。

0 コメント: