2010年8月15日日曜日

お連れ60室 スペイン豪遊

お連れ60室でスペイン豪遊した議員夫人がいた。
 ミシェル・オバマ米大統領夫人と次女サーシャさんが、スペインの
超高級リゾートで休暇を過ごしたことに対し、米メディアから
「失業などで国民が苦しんでいるのに不謹慎だ」との批判が噴出。

個人的な休暇なので、ホテル代や食事代はすべて自己負担らしいが、
往復に使用した政府専用機は、運航費用が約18万ドルに上ったにも
かかわらず、夫人らの負担額は民間機のファーストクラスの運賃
相当額のみ。

ゴルティエに、スペイン訪問と成金のようだ。
カーター夫人は、洋服をリフォーム。ブッシュ夫人は国立公園散策、
と安物の洋服を着たレーガン夫人比較される。
未だに、新自由主義の恩恵を受けているだけある。自分さえよければ、
人が餓死しようが、裸でいようが市場原理なので関係ない。
ペイリンも使いすぎを指摘されたが、ミシェルはもっとすごいようだ。
ミシェルは、新人デザイナの洋服を採用すると報道された時期があったが
今はゴルティエ。新人デザイナの洋服ではスペイン王家には失礼だった
のだろうか。

皇室の関係者も病気を理由に海外旅行を堂々とし、批判されていた。

公務は嫌いでおじゃる
オバマ夫人 初めて国を誇りに
共和党 ペイリン抹殺工作
1500万円の衣装代
オバマ激怒


Raw Video: Michelle Obama Meets Spain's King


Michelle Obama Takes her Depressed Gynecologist on a Trip with 40 Friends to Spain, Visits King


---オバマ夫人、政府専用機でバカンス---
2010年8月10日21時32分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100810-OYT1T00945.htm?from=main6

 【ワシントン=黒瀬悦成】ミシェル・オバマ米大統領夫人(46)と次女サーシャさん(9)が4~8日、スペインの超高級リゾートで休暇を過ごしたことに対し、米メディアから「失業などで国民が苦しんでいるのに不謹慎だ」との批判が噴出。
 その「豪遊」ぶりを「まるで(フランス革命当時の)マリー・アントワネット妃のようだ」と揶揄(やゆ)する報道まで飛び出し、支持率低下に悩む大統領にとって頭痛の種となっている。
 夫人らは、スペイン南部の海辺の町マルベリャに滞在したが、米メディアによると、1泊の宿泊費が6500ドル(約56万円)の超高級リゾートホテルもあった。ホワイトハウスは、「個人的な休暇なので、ホテル代や食事代はすべて自己負担」としているが、往復に使用した政府専用機は、運航費用が約18万ドル(1550万円)に上ったにもかかわらず、夫人らの負担額は民間機のファーストクラスの運賃相当額のみ。公費で賄われるシークレットサービスによる身辺警護の費用への「無頓着」ぶりもやり玉に挙げられた。
 ブッシュ前大統領のローラ夫人は私的休暇で海外旅行をしたことはなく、米国内の国立公園で休暇を過ごすことが多かった。


---Leave Michelle's Clothes Alone---
By Kate Betts at The Daily Beast
Mon Aug 9, 2010 11:40pm EDT
http://www.reuters.com/article/idUS356344758520100810

Photos of the first lady frolicking in Spain wearing Gaultier are sparking media outrage. But critics fail to see the powerful message her appearance carries for young women, says Kate Betts.

Marie Antoinette had Rose Bertin to sort out her wardrobe, and Michelle Obama has the Chicago retailer Ikram Goldman. But that's where the similarities between the two powerful and historically significant women end-although you could also argue that the young dauphine and the first lady both share a certain sartorial boldness.

Over the weekend some in the media called the first lady a modern-day Marie Antoinette for taking her daughter, some friends, and full-time security to Spain for a weekend vacation while Americans struggle with a lousy economy. The sojourn stirred up the first real public criticism of Mrs. Obama since she stepped into her highly scrutinized role a year and a half ago. The issue at hand is the purportedly high cost of the trip at a time when unemployment is stuck at 9.6 percent. Why she took her group on such a lavish tour was relentlessly questioned, until Lynn Sweet of the Chicago Sun-Times revealed that the destination was chosen because a recently widowed family friend from Chicago had promised to take her daughter to Spain for her birthday. Mrs. Obama agreed to join them. It was a private trip.

But nothing about the first lady's life is really private, so it wasn't long before photos of her and daughter Sasha and their entourage romping on the beach and touring the Alhambra were pinging around the Internet. And the much-publicized prices of the five-star hotel rooms at Marbella's Villa Padierna sent columnists and cable talk-show hosts into spasms of sticker shock.

But to my mind the real issue is not hotel room rates or vacation destinations or whether the first lady is politically tone-deaf. The real issue is that Mrs. Obama is not playing the traditional White House hostess role. She's writing her own rules, doing things her way-all with a seemingly effortless sense of style. Whether she's touching the queen, leaping barefoot across the South Lawn, or throwing out the first pitch at a Baltimore Orioles game, she does it with style and confidence and that is rare. She breaks the rules and she looks good doing it, perhaps too good. And therein lies the rub: The public wants their first lady to look good, but not too good. A year ago, critics slammed her for wearing hiking shorts in the Grand Canyon; today they call her glitzy for wearing Gaultier in Spain. Who said fashion wasn't fickle?

Although it seems frivolous to some, the first lady's style is incredibly important because it sets the emotional tone of her husband's administration. This has been true since the earliest days of our Founding Fathers, when style played a crucial if symbolic role in politics. Martha Washington dressed in homespun clothing to differentiate herself from royalty. Dolley Madison used her personal style to convey a mix of democratic warmth and royal opulence. Even Rosalynn Carter, who was pooh-poohed for recycling her drippy inaugural gown during a recession, made a point of showing up at the White House with her own sewing machine, as if to say, "Hey, I make my own clothes," although of course she was more interested in making policy.

Like Mrs. Carter, Mrs. Obama is way too smart to ignore the power of visual communication in our culture. Say what you will about her personal style, but her wardrobe-a canny calculation of high and low fashion-is carefully attuned to our tough economic times. During the campaign she outwitted the free-spending vice-presidential candidate Sarah Palin by showing up on Jay Leno in a $340 J. Crew outfit. Once in the White House, she hosted Nancy Reagan for lunch wearing a floral Gap cardigan that didn't cost more than $40. And, more recently, she stepped off the plane in Mexico in April wearing a $275 Tracy Reese dress. When she does spend the big bucks on clothing-and she was a corporate lawyer and a hospital administrator, so she did make her own money-she splurges on young American fashion designers, promoting them more than anybody else in the fashion firmament does. At the G-20 summit in Pittsburgh last May, she greeted other first wives in Thakoon's $2,075 Ikat print plisse number. She even repeats these pricey outfits. The peach-colored Moschino skirt she wore to lunch with King Juan Carlos was last seen at a joint session of Congress back in September.

Can't we just accept that Michelle Obama is someone who loves fashion? Is that OK, or do we puritans have to make excuses for it? Women who love fashion spend money on fashion. That's no secret. Mrs. Obama knows this-her mother once scolded her for spending all her money on a Coach handbag. And thankfully, times really have changed since Mrs. Reagan was called out for receiving a gift of $45,000 worth of Galanos. Dress codes are much less formal and, thanks to H&M, Zara, and the Gap, fashion is no longer solely the province of modern-day Marie Antoinettes.

Say what you will about her personal style, but her wardrobe-a canny calculation of high and low fashion-is carefully attuned to our tough economic times.

More important, what critics of Mrs. Obama have forgotten is that style matters for women in high-profile positions, not just for the pageantry and the symbolism of it, but also for the lessons it can impart. Perhaps there was nothing to be learned from Laura Bush and Hillary Clinton's $2,000 Oscar de la Renta pantsuits, because they didn't have much invested in the way they looked. But critics of Mrs. Obama fail to see the powerful message of self-possession that her appearance carries for millions of young women, especially African-American women. Style and the care you put into how you present yourself to the world are not just frivolous endeavors, they are powerful tools of communication. Mrs. Obama uses her own image and appearance to connect with other women and to teach them how to take care of themselves, how to improve their lives. That look is not expensive; it's priceless.

Plus: Check out more of the latest entertainment, fashion, and culture coverage on Sexy Beast-photos, videos, features, and Tweets.

Kate Betts is a contributing editor at Time magazine and until this year was also the editor of Time Style & Design, a special supplement to the magazine. Previously, Betts was the editor in chief of Harper's Bazaar and the fashion news director of Vogue. She is the author of the book Everyday Icon: Michelle Obama and the Power of Style, due out February 2011.


---オバマ米大統領、「男だけの週末」で誕生祝い---
2010.08.09 Web posted at: 11:36 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201008090008.html

ワシントン(CNN) 4日に49歳の誕生日を迎えたオバマ米大統領は7日から8日にかけて、友人たちとゴルフやバスケットボールをしたり、ホワイトハウスでバーベキューを楽しんだりして誕生日の週末を過ごした。

ミシェル夫人と娘のサーシャさんは(9)はスペインに旅行中、マリアさん(12)はサマーキャンプに参加中でいずれも不在。オバマ大統領が友人たちと過ごす週末の誕生日パーティーを「男だけの週末」と冗談めかして呼ぶ声も。

7日には出身地のハワイや地元シカゴから集まった友人や同僚たちと米空軍基地でゴルフに興じ、8日にはマジック・ジョンソンなどNBAのスター選手とともに、負傷兵など観衆を前にバスケットボールの試合を行った。

8日夜にはホワイトハウスに戻り、友人やNBA選手とともにシーフードバーベキューを開催。ホワイトハウス側近によると、この日のメニューにはBPの原油流出事故で大きな被害が出たメキシコ湾産のエビも加わっている。


---Michelle Obama returns from Spain amid criticism---
Aug 09, 2010
http://content.usatoday.com/communities/entertainment/post/2010/08/michelle-obama-returns-from-spain-amid-criticism/1

First lady Michelle Obama and her daughter Sasha have wrapped up their Spanish vacation.

They had lunch with Spain's King Juan Carlos and Queen Sofia at their summer palace on the island of Majorca before heading back to the United States.

As our Oval blog notes, Mrs. O. has been under fire from critics who felt her lavish vacation didn't sit well during our trying economic times.

White House officials say that the Obamas and friends paid their own way; taxpayers picked up the security costs.


---海外高級リゾート滞在に批判=国民の経済苦境中-米大統領夫人---
2010/08/07-16:07
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201008/2010080700214

 【ワシントン時事】地中海沿岸の保養地に休暇で滞在中のミシェル・オバマ米大統領夫人に対して、米国内で「国民が高い失業率にあえぐ中で、なぜ税金を使って海外の高級リゾート地で過ごすのか」と批判の声がわき起こっている。ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「ホワイトハウスはちょっとした頭痛の種を抱えた」と報じた。夫人は8日に帰国する。
 オバマ夫人は次女サーシャさん(9)とともに4日からスペイン南部マルベリャの高級ホテルなどに滞在、母娘で旅行を楽しんでいる。
 しかし、米国の失業率は9.5%と高止まりで、政府の経済対策への国民の不満は募っている。それだけに、夫人が側近や同行した知人とともに優雅に保養地を散策する姿が映像で報じられるにつれ、反発が広がった。
 米メディアによると、夫人が宿泊したマルベリャの五つ星ホテルは1泊最低400ドル(約3万4000円)から最高6500ドル(約55万円)。米国とスペイン間の移動にはバイデン副大統領と同じ型の政府専用機を使い、往復で17万8000ドル(約1500万円)の経費が掛かる。
 ホワイトハウスは「宿泊費や食費、移動費は夫人の自己負担」としているが、航空機の費用は、民間機のファーストクラス相当の金額を負担するだけだという。また、多額の警備費は税金で賄われる。
 ニューヨーク・タイムズ紙は、ブッシュ前米大統領のローラ夫人も、大統領夫人時代、単独で毎年、政府専用機を使って休暇旅行したが、「オバマ夫人のような激しい批判を浴びなかった」と指摘。理由の一つとして、ローラ夫人は訪問先に米国内の国立公園を選んだことを挙げた。


---オバマ夫人とサーシャちゃん、スペインで超セレブな夏休み---
2010年08月05日 18:43 発信地:マルベラ/スペイン
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2746047/6045279

 【8月5日 AFP】ミシェル・オバマ(Michelle Obama)米大統領夫人(46)と二女のサーシャ(Sasha Obama)ちゃん(9)は4日、バカンス先のスペイン・マルベラ(Marbella)に到着した。同日に49歳の誕生日を迎えたオバマ大統領(Barack Obama)と、サマーキャンプに参加中の長女マリア(Malia Obama)ちゃん(12)は、米国に残った。
 親子は友人や付き添いらの大集団を引き連れ、大統領専用機エアフォースワン(Air Force One)でマラガ(Malaga)に降り立った。その後、延々と続く車列は地中海沿岸の高級リゾート地、マルベラに入り、高台にある超豪華ホテル「ヴィラ・パディエルナ(Hotel Villa Padierna)」に到着した。一行は合計で60室を予約していたという。
 ホワイトハウスは、4日間のスペイン滞在について「古くからの友人たちをまじえた個人的な母子旅行」と表現しているが、夫人は滞在中、飛行機ですぐのマヨルカ(Majorca)島にあるスペイン王室の夏の宮殿で、フアン・カルロス1世(King Juan Carlos I)とソフィア王妃(Queen Sofia)に謁見する予定。


---オバマ米大統領夫人と次女サーシャさん、スペインで休暇へ---
2010.08.04 Web posted at: 12:15 JST Updated - CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/AIC201008040017.html

(CNN) オバマ米大統領夫人のミシェルさんと次女のサーシャさん(9つ)が4日にスペイン入りし、地中海に面した南部のリゾート地マルベーリャで休暇を過ごす。

ホワイトハウスによると、2人は長年の友人とともに、私的な旅行でスペインを訪れる。オバマ大統領は同行しない。滞在中の行動は非公開だが、スペインのカルロス国王とソフィア王妃のもとを訪れる予定だという。国王と王妃は例年8月にマジョルカ島で休暇を過ごしており、マルベーリャからマジョルカ島へは空路短時間で訪問できる。

ミシェル夫人とサーシャさんの滞在についてはスペイン政府も詳細は公表していない。しかし同国の新聞の中には1面でこのニュースを報じたところもあり、2人が滞在する高級ホテルのオーナーや地元政治家も公言している。

滞在先となるホテル周辺では3日の時点で厳重な警備が敷かれ、治安警察がパトロールしている。ホテル入り口にはスペイン国旗と並んで大きな米国旗が掲げられた。ホテル支配人によれば、米シークレットサービスの要員も多数いるという。

同ホテルはマルベーリャの街を見下ろす丘にあり、サウジアラビアの王族やスペインの富豪、米俳優のショーン・コネリーさんなども利用している。ミシェル夫人らの一行は、ホテルの全160室のうち60~70室を使うとみられる。

0 コメント: