2010年8月12日木曜日

ハマコー 背任で逮捕

ハマコーが背任で逮捕された。
 知人が経営する会社に借金の担保として差し出した株券を勝手に売却し、
同社に2億円の損害を与えたとして千葉県警は、元衆院議員の浜田幸一
容疑者を背任容疑で逮捕した。

浜田容疑者(県警による)
 答える意思はありません

ハマコーの「芸者殺し」発言は、過去の話だが、金銭トラブルは、一昨年
あたりから噂になっていたが、ついに81才で詐欺行為(?)で逮捕となった
ようだ。
知ってか知らずか多くのメディアは、破産前後から出演を控えていたようだ。

森祐喜は、事故現場にいたのになぜか、現行犯ではなく、翌日に酒気帯び
運転で逮捕、その後書類送検。
噂では、森祐喜は保護責任者遺棄致死容疑で起訴されている元俳優と薬友達。

森喜朗親族のスキャンダル隠しにハマコーが使われたと言う噂も出始めた。
ハマコーは、逮捕数日前から千葉県警(?)で任意の事情聴取との報道だった
から、噂は噂でしかないと思う。


森元総理長男の石川県議を逮捕 酒気帯び運転容疑(10/08/07)


森元総理の長男、釈放され謝罪 飲酒運転で事故(10/08/08)


浜田幸一容疑者逮捕 事件の構図は?


浜田幸一容疑者 株の売却で2億円背任の疑い


逮捕の浜田幸一容疑者 数回の聴取にも供述拒否(10/08/10)


元衆院議員の浜田幸一容疑者を背任容疑で逮捕(10/08/10)


---海外投資で借金か 浜田容疑者---
2010年8月11日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010081102000197.html?ref=rank

 担保に差し入れた株券を無断で売却し、融資元に二億円の損害を与えたとして背任容疑で千葉県警に逮捕された元衆院議員浜田幸一容疑者(81)が、借金の理由について海外への投資を示唆していたことが十一日、複数の関係者の話で分かった。
 関係者によると「投資先はモンゴルだと聞いた」という。また、金のやりとりには、浜田容疑者が代表を務める東京都千代田区永田町の出版会社「ハマコー」が使われたとされる。同容疑者は、供述を依然拒否しているといい、県警は融資の経緯について調べている。
 また、融資元の産廃処理会社=千葉市稲毛区=の会長(65)は過去に三回、無利子・無担保で浜田容疑者に最高五千万円を貸し付けたことがあったが、いずれも全額返済を受けていた。この時も金のやりとりは永田町の事務所で行われたという。
 県警は十一日午前、永田町の浜田容疑者の会社事務所など数カ所を家宅捜索した。


---浜田幸一元議員を逮捕 2億円背任の疑い---
2010年8月11日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010081102000036.html

 借金の担保に差し出した株券を無断で売却したとして、千葉県警捜査二課などは十日、背任の疑いで元自民党衆院議員浜田幸一容疑者(81)=同県富津市大堀=を逮捕した。県警によると「答える意思はない」と供述を拒否しているという。
 逮捕容疑では、二〇〇五年六月下旬ごろ、知人男性(65)が代表取締役を務める千葉市稲毛区の産廃処理会社から二億円の融資を受けた際、他人名義の株券を担保として差し出したが、〇六年三~四月ごろに計二億二千万円で無断売却。同社に損害を与えたとされる。
 同課によると、株券は上場された情報通信企業株で、浜田容疑者は〇五年十月中旬ごろ、自分名義に変更するとして、一時返還を受けていたという。県警は今年二月、男性からの告訴状を受理していた。
 浜田容疑者は、県議などを経て一九六九年に衆院議員に初当選。七期務め、自民党広報委員長や衆院予算委員長などを歴任した。九三年の政界引退後も、テレビのコメンテーターなどで活動し、「ハマコー」の愛称で呼ばれた。
 長男で前防衛相の浜田靖一衆院議員は「事実関係を確認していないが、お騒がせして親族として申し訳ない」と談話を発表した。

◆昨年自己破産を申請
 浜田容疑者は、衆院議員時代、暴言や歯に衣(きぬ)着せぬ発言で「政界の暴れん坊」として知られた。
 一九七九年の自民党内抗争で党本部につくられたバリケードを取り壊した。八〇年には、米ラスベガスの賭博で大負けしていたことが発覚し、議員辞職した。
 八三年に返り咲いたが、八八年には委員長を務めた衆院予算委員会で、共産党の故宮本顕治議長を「殺人者」と発言するなど物議を醸した。
 引退後、「日本をダメにした九人の政治家」を執筆しベストセラーに。九人の一人には自身の名を挙げた。
 二〇〇四年分の千葉県内高額納税者に名を連ねたが、後援会員だった男性は「二、三年前からモンゴルの投資話にお金をつぎ込んでいた。昨年、自己破産を申請したが、この資金繰りができなくなったためでは」と話す。
 浜田容疑者を知る会社経営者も、浜田容疑者の親族会社の社員から「金をたびたび持っていって困る」という話を聞いたという。


---背任:容疑で浜田幸一元議員を逮捕 担保株勝手に売却---
毎日新聞 2010年8月11日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100811ddm041040011000c.html

 知人が経営する会社に借金の担保として差し出した株券を勝手に売却し、同社に2億円の損害を与えたとして千葉県警は10日、元衆院議員の浜田幸一容疑者(81)を背任容疑で逮捕した。県警によると、浜田容疑者は「答える意思はありません」と供述を拒否しているという。
 逮捕容疑は、知人が経営する千葉市稲毛区の産業廃棄物処理会社から2億円の融資を受ける際に担保として差し出した株券を名義変更を理由に一時返還してもらったが、無断で06年3~4月に数百株を売却し、この会社に2億円の損害を与えたとしている。
 浜田容疑者に融資した知人の会社会長(65)によると、担保として差し出されたのは、東証マザーズ上場の情報通信会社「アドバンスト・メディア」(東京都豊島区)800株。05年6月に借金の申し出があり、2億円を貸したという。浜田容疑者から「名義変更する」との申し出があったため、同年に預かり証と引き換えに株券を渡した。年末までに返す約束だったのに浜田容疑者が返さなかったため、今年2月、県警千葉北署に告訴したという。【中川聡子、駒木智一】


---「政界の暴れん坊」 過激な“履歴書” 浜田幸一容疑者---
2010.8.10 22:49
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100810/crm1008102250028-n1.htm

 「政界の暴れん坊」と形容され、派手な言動で知られる浜田幸一容疑者。政界引退後もテレビ番組などで“ハマコー節”を炸(さく)裂(れつ)させ、人気を集めていた。
 昭和44年に旧千葉県3区から衆院選に出馬して初当選。閣僚経験はないが、当選7回の中で自民党副幹事長などの要職を歴任。平成5年に長男の靖一氏に地盤を譲り政界を引退した。
 注目を集めたのは、過激な言動や行動だった。
 昭和55年には米ラスベガスのカジノで、150万ドル(約4億5千万円)負けたことなどが明るみに出て、議員辞職。58年の総選挙で返り咲いてからも法相を平手打ちしたり、予算委員会で共産党議長を「殺人者」と発言、同委員長を辞任した。政界引退時には一番の思い出として、「(党内の派閥抗争で)党本部のホールが、いすでバリケード封鎖された時(54年)。やくざ者だったおれが党のために役に立った」と語っている。
 政界引退後も、テレビ番組などで精力的に活躍。最近では流行中のミニブログ「ツイッター」でのつぶやきを集めた「ハマコーだう!ツイッターの言葉力」(講談社)を発売している。


---森元首相の長男釈放「期待に応えられず申し訳ない」---
2010年8月10日11時58分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100810-OYT1T00288.htm

 森喜朗元首相の長男、森祐喜元県議(45)が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕された事件で、石川県警小松署は8日、森元県議を釈放した。
 同署は任意捜査に切り替え、書類送検する方針。
 8日午後6時55分頃、グレーのスーツ姿で同署から出てきた森元県議は、報道陣の前で深々と頭を下げ、「この度は申し訳ございませんでした。県民の期待に応えられず、大変申し訳なく思っています」と話した。
 森元県議は7日午前10時10分頃、小松市大島町の県道を酒気帯び状態で乗用車を運転した疑い。コンビニ店に突っ込み、通報を受けて駆けつけた同署員に逮捕された。捜査関係者によると、森元県議は「昨夜(6日)は、店で飲んでいた」と供述し、事故当時については、「ブレーキを踏もうと思って、アクセルを踏んでしまった」とも話しているという。
 森元県議は7日、秘書を通じ県議会議長に辞職願を提出し、受理された。関係者によると、釈放された森元県議は車に乗り込み、県内の親類の家に身を寄せた。車中では、同乗者に「今からどこに行くのかな」とだけ尋ね、終始無言。肩を落とした様子だったという。


---森祐喜容疑者を釈放 小松署、書類送検の方針---
2010年8月10日
http://mytown.asahi.com/areanews/ishikawa/OSK201008090124.html

 小松署は8日、酒気帯び運転容疑で7日に逮捕した森喜朗元首相の長男で元自民県議の森祐喜容疑者(45)を「証拠隠滅や逃亡の恐れがない」として釈放した。今後、任意で取り調べを進め、同容疑で書類送検する方針。
 逮捕から約26時間後の8日午後7時前、釈放されて小松署の正面玄関から出てきた森容疑者は、報道各社のカメラの前で頭を下げ、「このたびは申し訳ございませんでした。県民の期待に応えられず大変申し訳なく思っています。大変申し訳ありませんでした」とだけ話した。その後は質問に一切答えず、森元首相の秘書が手配した車に乗り込んで同署を後にした。
 森容疑者は7日午前10時10分ごろ、小松市大島町のコンビニ店のガラス壁に車をぶつける事故を起こし、呼気から基準値を超すアルコールが検出されたため、同日夕、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕された。容疑を認め、同日付で議員辞職願を県議会に提出して即日受理された。

0 コメント: