2010年8月27日金曜日

ウィキリークスの波紋

ウィキリークスの波紋が出た。
 スウェーデンの検察当局が民間ウェブサイト「ウィキリークス」の
創設者、ジュリアン・アサンジ氏の逮捕状を請求したことについて、
同氏は「例えば米国防総省が汚いわなを仕掛けようとしているとの警告が
あった」と述べ、背後に陰謀があるとの認識を示した。

ジュリアン・アサンジ
「合意のない性的関係を持ったことはない」
別の痴漢容疑などについても「根拠がない」

メインサーバのあるスウェーデンでは、政府が米国の言いなり
タイ政府は、サイトの閲覧制限
アイスランドは、後押し法案づくり

内部告発を推奨するアイスランド議会が良いとは思わないが、不正を暴く
のであれば、ある程度納得はする。
タイのように、倒閣運動の材料として使うのは良いとは思わない。

寄付社会に寄生する環境団体と称する輩は実行部隊員が多いが、
ウィキリークスは、情報収集は他力本願、灰色の倫理の下、
情報をインテリジェンスに変えている。一種のスパイ活動そのもの。
政府関係者は、民間情報機関と考えているのかもしれない。

倫理は、個人や個人を取り巻く環境によって異なるので、統一はできない
から、今後は、規制しようとなるかもしれない。

米軍機密文書公表


Wikileaks founder slams sexual abuse charges Al Jazeera


---ウィキリークス:CIA秘密文書を公表 広報、流出認める---
2010年8月26日 10時6分 更新:8月26日 10時20分
http://mainichi.jp/select/today/news/20100826k0000e030005000c.html

 【ワシントン古本陽荘】内部告発文書をインターネット上で公開する民間ウェブサイト「ウィキリークス」は25日、米国育ちのテロリストに関する米中央情報局(CIA)の秘密文書を公表した。アフガン戦争に関する米軍の秘密文書を公開して米政府と対立しているさなかだけに、米政府内で情報管理が最も厳格とみられているCIAからの文書流出は論議を呼びそうだ。
 流出したのは「もし米国がテロの輸出国と見られたら」と題された3ページのメモで、今年2月5日付。「秘密」指定のほか、外国人の閲覧を禁じる「NOFORN」に分類されている。
 米国育ちのテロリストに焦点が当たるなか、外国からテロ容疑をかけられた米国人の身柄引き渡しを要求される事態が今後、起きる可能性を指摘。拒否した場合に外国からテロ捜査で協力を拒否される場面が想定されるとの分析を示している。
 作成元は、CIA内で議論を活性化するため、あえて奇抜な分析をすることを任務とする「レッド・セル」と呼ばれる部署。
 CIA広報は毎日新聞に対し「明らかにCIAのレッド・セルから流出したもの」と認めたうえで、「この種の分析は、単に発想の転換を促すことを目的として作成されるものだ」として、文書流出による影響は限定的との認識を示した。


---「米国のわな」に言及 ウィキリークス創設者---
2010/08/23 08:11
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082301000017.html

 【ロンドン共同】スウェーデンの検察当局が民間ウェブサイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ氏の逮捕状を請求したことについて、同氏は「例えば米国防総省が汚いわなを仕掛けようとしているとの警告があった」と述べ、背後に陰謀があるとの認識を示した。スウェーデン紙による同氏のインタビューとしてAP通信が22日報じた。
 米国防総省は「ばかげている」として関与を否定した。
 アサンジ氏は「合意のない性的関係を持ったことはない」と語り、逮捕状の強姦容疑を否定。検察当局が捜査中とされる別の痴漢容疑などについても「根拠がない」と一蹴した。
 アサンジ氏の逮捕状は検察当局が既に取り下げている。


---How WikiLeaks Keeps Its Funding Secret---
AUGUST 23, 2010
By JEANNE WHALEN and DAVID CRAWFORD
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704554104575436231926853198.html?mod=googlenews_wsj

The controversial website WikiLeaks, which argues the cause of openness in leaking classified or confidential documents, has set up an elaborate global financial network to protect a big secret of its own-its funding.

Some governments and corporations angered by the site's publications have already sued WikiLeaks or blocked access to it, and the group fears that its money and infrastructure could be targeted further, founder Julian Assange said in an interview in London shortly after publishing 76,000 classified U.S. documents about the war in Afghanistan in July. The move sparked international controversy and put WikiLeaks in the spotlight.

In response, the site has established a complex system for collecting and disbursing its donations to obscure their origin and use, Mr. Assange said. Anchoring the system is a foundation in Germany established in memory of a computer hacker who died in 2001.

WikiLeaks's financial stability has waxed and waned during its short history. The site shut down briefly late last year, citing a lack of funds, but Mr. Assange said the group has raised about $1 million since the start of 2010.

WikiLeaks's lack of financial transparency stands in contrast to the total transparency it seeks from governments and corporations.

"It's very hard work to run an organization, let alone one that's constantly being spied upon and sued," Mr. Assange said in the interview. "Judicial decisions can have an effect on an organization's operation. … We can't have our cash flow constrained entirely," he said.

Among the cases WikiLeaks has faced, the Swiss bank Julius Baer & Co. in 2008 sued for damages in federal court in California, alleging that the site had published stolen bank documents. The court ordered the disabling of the wikileaks.org domain name, but the bank withdrew its lawsuit after civil-rights advocates protested.

Though Mr. Assange declined to name donors or certain companies through which donations flow, he provided some insight into the funding structure that allows the group to operate.

The linchpin of WikiLeaks's financial network is Germany's Wau Holland Foundation. WikiLeaks encourages donors to contribute to its account at the foundation, which under German law can't publicly disclose the names of donors. Because the foundation "is not an operational concern, it can't be sued for doing anything. So the donors' money is protected, in other words, from lawsuits," Mr. Assange said.

The German foundation is only one piece of the WikiLeaks network.

"We're registered as a library in Australia, we're registered as a foundation in France, we're registered as a newspaper in Sweden," Mr. Assange said. WikiLeaks has two tax-exempt charitable organizations in the U.S., known as 501C3s, that "act as a front" for the website, he said. He declined to give their names, saying they could "lose some of their grant money because of political sensitivities."

Mr. Assange said WikiLeaks gets about half its money from modest donations processed by its website, and the other half from "personal contacts," including "people with some millions who approach us and say 'I'll give you 60,000 or 10,000,' " he said, without specifying a currency.

Retrieving money from the Wau Holland Foundation is a complicated task, he said. WikiLeaks must submit receipts to the foundation, which issues grants to reimburse them. Because German law requires the foundation to publicly disclose its expenditures, WikiLeaks uses "other foundations" to aggregate its bills and send them to Wau Holland, so that some of the companies WikiLeaks does business with remain anonymous, Mr. Assange said. This prevents anyone from seeing whom, for example, WikiLeaks pays for Internet infrastructure, or where that infrastructure is located.

To operate, the website needs several powerful computers linked to high-speed Internet connections. WikiLeaks particularly tries to obscure payments for "basic infrastructure that could be attacked," for "servers that are engaged in source protection," and for "security engineers," Mr. Assange said.

So far, Wau Holland has distributed E50,000 ($64,000) to a WikiLeaks account in Germany, strictly in exchange for receipts, according to Daniel Schmitt, spokesman at WikiLeaks, and Hendrik Fulda, deputy board chairman of the foundation. Mr. Schmitt controls the account.

The average donation to WikiLeaks via the Wau Holland Foundation is about E20, Mr. Fulda said. The largest donation through the foundation-E10,000-arrived from a German donor after the publication of the Afghan war documents, he said, declining to reveal further details.

Mr. Schmitt said WikiLeaks needs about $200,000 a year to cover its operating expenses-mainly network fees, rent and storage costs for the sites where the servers are, and some hardware and travel expenses. Should it decide to pay salaries to its five staff members, as it is now considering, it would need about E600,000 a year, he said.

Paying salaries is a "sensitive subject," he said, noting that outsiders might question the need for them.

Mr. Fulda of the foundation said WikiLeaks needs E10,000 to E15,000 a month to maintain its Web presence. Late last year, when donors were contributing only E2,000 to E3,000 per month, WikiLeaks was struggling to survive, he said. So it shut down its website in December, leaving up only an appeal for donors to transfer money to the group via the Wau Holland Foundation. Soon, donations per month increased 20-fold.

WikiLeaks reopened its website in May, but "within days … donations dropped back to near their former level," Mr. Fulda said.

The fluctuation caught the attention of Wau Holland's banking partners including eBayInc.'s PayPal, which demanded explanations for the surge and fall in donations. "I explained it wasn't money laundering, just WikiLeaks donations," Mr. Fulda said.

A PayPal spokeswoman said the company is "still processing payments for WikiLeaks." She said that she couldn't comment further on a specific account but that in general, PayPal is required by anti-money-laundering laws and its own anti-fraud regulations to investigate accounts when they exceed certain limits.

WikiLeaks has tried to diversify away from PayPal by adding other payment options to its site, including Flattr.com, a payment system based in Sweden, and Moneybookers, a system based in the U.K.

A spokeswoman for Moneybookers said the company used to provide services to WikiLeaks but "as they don't adhere to Moneybookers' standards, the agreement was terminated." She declined to comment further. Flattr didn't respond to a request for comment.


---イラク開戦:「正当性なかった」当時の米国連大使認める---
毎日新聞 2010年8月22日 20時56分(最終更新 8月22日 22時31分)
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20100823k0000m030064000c.html

 【ワシントン草野和彦】イラク戦争開戦時(03年3月)の米国連大使で、後に国務副長官を務めたジョン・ネグロポンテ氏(71)がワシントンで毎日新聞との単独会見に応じた。
 対イラク武力行使容認の国連安全保障理事会決議を欠いたままの開戦について、同氏は「急ぎすぎた」と述べ、幅広い国際社会の支持を得られず、「十分な正当性がなかった」と認めた。
 ネグロポンテ氏は、今月末にイラク駐留米軍の戦闘任務が完了することを踏まえ、会見に応じた。
 米国は武力行使容認決議を得ないまま開戦に踏み切り、「単独行動主義」と非難されたが、同氏は、米国は過去も同様の行動形式をとったことがあると指摘。一方で「私が大統領だったら、(国連による大量破壊兵器)査察にもっと時間を割いただろう」と、ブッシュ前大統領の拙速さを暗に批判した。
 旧フセイン政権崩壊後のイラクは、テロや宗派間抗争が激化。ネグロポンテ氏はブッシュ前政権内には「フセイン政権が崩壊すればすべてうまくいくという、非常に楽観的な想定があった」と指摘した。
 一方でフセイン政権が国連の武器査察に完全に協力しなかったとして、開戦の「合法性」は強調した。同政権は大量破壊兵器の所有・使用の過去があり、ブッシュ前大統領もその存在を信じ、開戦のための情報操作は「なかったと思う」と語った。
◇ジョン・ネグロポンテ氏
 60年に米国務省入省。国連大使(01~04年)、イラク大使(04~05年)、初代国家情報長官(05~07年)、国務副長官(07~09年)を歴任。


---ウィキリークス代表の逮捕状撤回 スウェーデン検察当局---
2010年8月22日 01時24分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010082101000629.html

 【ロンドン共同】スウェーデンからの報道によると、同国検察当局は20日、強姦などの容疑で民間ウェブサイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ氏(39)の逮捕状を出した。しかし、同当局は21日になって「彼(アサンジ氏)が強姦を行ったと疑う根拠はない」との声明を出し、逮捕状を取り下げたことを明らかにした。取り下げの経緯は不明。
 アサンジ氏はツイッターを通じて「容疑には根拠がない」と全面否定していた。同氏は新たな機密文書を公開する直前だった。
 アサンジ氏は今月、ウィキリークスの主要サーバーがあるスウェーデンに滞在。地元メディアによると、逮捕状は17日に首都ストックホルム近郊で強姦事件を起こした容疑だった。
 オーストラリア人のアサンジ氏は元ハッカーで、物理学の博士号を持つ。普段は“放浪生活”を送り、知人宅などを転々としているという。


---ウィキリークス創設者に暴行容疑逮捕状 すぐ取り下げ---
2010年8月22日1時17分
http://www.asahi.com/international/update/0821/TKY201008210207.html

 【ロンドン=土佐茂生】スウェーデンのメディアは21日、アフガニスタン戦争に関する機密情報などを暴露して注目される民間告発ウェブサイト「ウィキリークス」の創設者でオーストラリア人のジュリアン・アサンジュ氏(39)を、スウェーデン検察当局が婦女暴行容疑などで指名手配した、と報じた。
 しかし、同日夕、検察当局は「アサンジュ氏に疑いはないと判断した」として逮捕状を取り下げた。アサンジュ氏もツイッターを通じて「告発は根拠がない」と否定していた。
 現地メディアによると、アサンジュ氏は今月中旬にストックホルム市内で、17日には同市郊外で、それぞれ別の女性と会っていたというもの。同氏は今月中旬、講演活動などでスウェーデンを約1週間訪れていた。
 アサンジュ氏は容疑について、スウェーデン紙にメールを通じて否定。近く、ウィキリークスが、まだ公開していなかった米軍のアフガニスタン戦争に関する機密情報約1万5千点を暴露する予定だったことを指摘しながら、「なぜこのタイミングで告発が行われたのか興味深い疑問だ」と反論していた。
 また、ウィキリークスもツイッターで「我々は『汚いワナ』を警告されていた。その第1弾だ」とし、妨害行為の一環と訴えている。


---ウィキリークス創設者、指名手配取り下げ---
2010年8月22日01時03分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100821-OYT1T00958.htm

 【ロンドン=大内佐紀】スウェーデン検察当局は20日、アフガニスタン戦争に関する米軍機密文書を公開した民間サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏(39)を強姦(ごうかん)などの容疑で指名手配したが、21日に取り下げた。
 検察の広報担当者は21日、同氏から暴行されたとする2人の女性の告発を元に20日夜に逮捕状を出したと述べた。ところが21日夕になり、首席検察官が「強姦があったと考える理由はない」とする声明を出し、撤回した。
 オーストラリア人のアサンジ氏がストックホルムで先に行った記者会見で、ウィキリークスが入手済みの新たな米軍機密文書約1万5000点を近く公開すると発表した直後だけに、検察側の対応に、批判が上がりそうだ。


---スウェーデン検察当局、ウィキリークス創設者への告発を取り下げ---
2010.8.22 01:16
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100822/erp1008220118000-n1.htm

 【ロンドン=木村正人】 スウェーデン検察当局は21日、民間告発ウェブサイト「ウィキリークス」創設者のジュリアン・アサーンジ氏(39)に対するレイプなどの容疑による告発を一転して取り下げた。
 検察当局の出した声明によると、アサーンジ氏がレイプなどを行ったと疑う根拠はない、という。
 同氏は先月、米紙ニューヨーク・タイムズなどと協力して機密文書9万点を公表。今月12日、インターネットを通じてロンドンでの討論会に参加し、さらに1万5千点を公表すると公言しており、簡易ブログ、ツイッターを通じて「告発活動を妨害するための卑劣な策略だ」と反論していた。


---WikiLeaks' Assange Tells Aftonbladet He Never Forced Anyone to Have Sex---
By Niklas Magnusson - Aug 22, 2010 9:50 PM GMT+0900
http://www.bloomberg.com/news/2010-08-22/wikileaks-assange-tells-aftonbladet-he-never-forced-anyone-to-have-sex.html

Julian Assange, founder of the WikiLeaks website, says he has never had sex with anyone against their will, denying rape charges brought against him in Sweden, Aftonbladet reported today, citing an interview with Assange.

“What I can say is that I have never, in Sweden or in any country, had sex with anyone in a way that hasn’t been based on voluntariness by both sides,” Assange told the newspaper.

Assange was arrested in absentia by a Swedish prosecutor on charges of rape and molestation. A second prosecutor later dropped the rape charges against him, which Assange, who started WikiLeaks in July 2007, said were “deeply disturbing” and “without basis.”

Conceived as an electronic dead drop for confidential documents, WikiLeaks.org receives material that governments and businesses seek to keep secret and publishes them so that they remain in the public domain forever. In July, it published more than 91,000 U.S. military reports from Afghanistan, prompting the U.S. Defense Department to demand they were returned and purged, saying they threatened the safety of troops and Afghans.

“I don’t know what is behind all this, but we have been warned that, for example Pentagon, would use dirty tricks to destroy things for us,” Assange told Aftonbladet. “And, I have also been warned about sex traps.”


---スウェーデン検察当局が告発サイト創設者を告発---
2010.8.21 22:30
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100821/erp1008212236010-n1.htm

 【ロンドン=木村正人】アフガニスタンで活動する米軍の機密情報を暴露した民間告発ウェブサイト「ウィキリークス」創設者でオーストラリア人のジュリアン・アサーンジ氏(39)が20日、スウェーデン検察当局によってレイプなどの罪で告発された。米軍からも追われている同氏は簡易ブログ、ツイッターを通じて「告発活動を妨害するための卑劣な策略だ」と反論している。
 スウェーデンのタブロイド紙(電子版)によれば、同氏は講演などのためストックホルムを訪れた14~15日、若い女性に暴行を働き、別の女性にもいたずらしようとしていたとして告発された。検察当局は各メディアに対し起訴された人物名には触れなかったが、報道内容を大筋で認めた。
 同氏は先月、米紙ニューヨーク・タイムズなどと協力し、アフガン駐留米軍の機密文書9万点を公表。今月12日、インターネットを通じてロンドンでの討論会に参加し、さらに1万5千点を公表すると公言した。
 米国防総省や人権団体から「アフガンの協力者らの命が危険にさらされる」との警告を受けたが、「文書公表後、誰も亡くなっていない」などと語っていた。同氏は現在アイスランドなどに活動拠点を移している。


---機密暴露サイトの閲覧制限 タイ政府、理由は明かさず---
2010年8月18日23時53分
http://www.asahi.com/international/update/0818/TKY201008180360.html

 【バンコク=藤谷健】タイ政府は18日までに、各国の機密や企業の秘密情報を暴露する民間ウェブサイト「ウィキリークス」の閲覧制限を始めた。同夕現在、タイ国内からアクセスはほぼできない。タクシン元首相派の反政府デモをきっかけに出されている非常事態令に基づく決定としているが、具体的な理由などは明らかにしていない。
 非常事態令では、治安を脅かしたり、王室を批判したりする情報を流していると治安当局が判断すれば、当該メディアの停止や閉鎖ができる。首都バンコクなどで反政府デモが行われていた今年4月に出されて以降、国内ではテレビやラジオ局、インターネットサイトなどの閉鎖が相次いでいるが、基準などがあいまいなため、政府による言論統制との批判が高まっている。
 タイではこれまでにも同様の理由からインターネットの交流サイトの「フェースブック」や動画投稿サイト「ユーチューブ」のアクセスが一時的に制限されたことがある。


---アイスランドを調査報道の聖地に ウィキリークス後押し---
2010年8月17日10時28分
http://www.asahi.com/international/update/0816/TKY201008160387.html

 【パリ=稲田信司】アフガニスタン駐留米軍の機密文書を暴露して注目を集めたウェブサイト、ウィキリークスが、北欧の小国アイスランドを拠点にして活動を強化しようとしている。情報源保護などの環境を整え、調査報道を進めやすい「聖地」にアイスランドを変えるための立法措置に向け、サイト運営者らが同国の議員を支援している。
 アイスランド議会は今年6月、調査報道の環境整備立法の土台となる政策の指針を、賛成多数で承認した。
 昨年、IT関係者の招きでアイスランドを訪れたウィキリークスの運営者らが「世界で最も報道の自由が保障された国」にするための法案づくりを提案したことが出発点だった。賛同した議員や弁護士らが、法案の骨格となる指針づくりにまず着手していた。
 指針は、報道の自由、特に情報源や内部告発者の保護に関する各国の法律などを参照した形で、体系的な法文としてはまだ整理されていない。推進派の議員らによると、議会の委託を受けて文化省が9月から法案の文面づくりに着手する。法律の形に仕上げるのは1~1年半先になる見通しという。さらに、ノーベル賞に相当するような、世界的に権威のある「言論の自由賞」を創設する構想もある。
 そもそも、ウィキリークスがアイスランドで注目されるようになったのは昨年夏。金融危機で暮らしが深刻な打撃を受けたなか、ウィキリークスは大手銀行の内部文書を公開し、ずさんな融資の実態を暴いた。バブルに酔った銀行への不満を募らせていたアイスランド国民の関心を一気に引きつけた。
 「世界で情報の透明性が最も高い国になることで、金融危機で地に落ちた信頼を回復したい。カネの流れが不透明で脱税の温床となっているタックスヘイブン(租税回避地)と逆の発想だ」。法案の旗振り役、ビルギッタ・ヨンスドティル議員はそう語る。
 ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジュ氏は朝日新聞記者に対し、「巨大メディアが情報の発信源を握る現状では、真実が埋もれてしまう。アイスランドは小さい国だが民主的。ネット先進国でもあり、資金力がないメディアや個人にとって聖地になる潜在力がある」と語った。調査報道で告発された国や企業からの名誉棄損訴訟など、賠償請求で対抗されることを懸念するメディアや情報提供者にとって活動の拠点になり得る、と期待している。
 この夏、ウィキリークスがアフガン駐留米軍の機密を暴露したことを受け、米国政府はウィキリークスの規制を求める声を強めている。だが、アイスランド政府はあくまで法整備を進める構えだ。
 連立与党の一翼である左派・緑の党のオグムンドゥル・ヨーナスソン議員は7月末、地元紙に「我が国は、北大西洋条約機構(NATO)に加盟していることの是非を住民投票で問うべきだ」と語った。批判されるべきなのはウィキリークスではなく、アフガンに駐留を続ける米軍中心のNATOだという主張だ。
 ただし、ウィキリークスのような活動を後押しする法案づくりに懐疑的な専門家もいる。英イーストアングリア大学のマリス教授は「言論の自由の名の下に、インターネットを無法地帯にしてはならない」と指摘する。

0 コメント: