2010年8月24日火曜日

NDM1

NDM1が広がる。
 多剤耐性細菌がインド、パキスタンから欧州に広がっていることが
わかった。安価な医療などを求めて世界を旅する「メディカルツーリズム」
が拡大を助けたとみられる。英国、インド、パキスタンなどの国際チームが
論文を発表したが、インドからは反発も出ている。

パキスタンを旅行していたベルギー人男性が、この耐性遺伝子を持つ細菌に
感染して死亡。

インド、パキスタン、英国の患者から分離された大腸菌などを分析。
抗生物質カルバペネムに対する耐性遺伝子「NDM1」を持つ細菌の試料を
インド、パキスタンから計143例、英国で37例見つけた。
英国の患者の多くは、美容外科手術などを受けるために、医療費が安い
インドやパキスタンに旅行し、現地で感染し帰国したとみている。

インド人民党の幹部
「論文はインドがメディカルツーリズムの人気目的地となってきた
タイミングで出ており、疑わしい」

世界的に広がる「メディカルツーリズム」。
ビジネスモデルが確立しているようで、国内だけでなく、国際的にも競争
しているようだ。。
医療設備を揃え、資格があれば誰でも同品質の医療を行うことができる
と言う条件に、地域格差による人件費で、格安の医療費を受けられると
言うフレコミ。しかし、実際には、個人により、医療知識や道徳が異なる
ため、「やぶ医者」にあたる可能性もある。

カルバペネム乱用により、耐性遺伝子のNDM1ができたとの報道だが、
北欧で、タミフルを予防薬として服用していたために、耐性タミフル
ウィルスが発見との報道の記憶もある。
日本でもメディカルツーリズムを実践しているところもあるが、ツーリスト
が媒介して、パンデミックにして欲しくない。

インフルエンザ流行


Indian Doctors Cautious over New Superbug


がん難民をなくせ!メディカルツーリズム 西脇邦雄


徳島大学病院/中国からの「医療観光・メディカルツーリズム」


100619未来ビジョン『世界に誇れる日本の医療を』1/2


100619未来ビジョン『世界に誇れる日本の医療を』2/2


Events on the Pulse, August 18, 2010, Puerto Vallarta


Medical-tourism-in-Croatia-rehabilitation-and-weight-loss-testimonial-part2.mov


Inside Business on City 7 TV on 10_08_10.


Medical tourism in India Cheaper & Better than the west


Medical Tourism-US Patients Prefer India


---新型耐性菌の拡大防止へ、WHOが初の勧告---
2010年8月21日10時43分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100821-OYT1T00252.htm

 【ジュネーブ=平本秀樹】ほとんどの抗生物質が効かない新型耐性菌(スーパー細菌)の感染や死亡例が欧米などで報告されている問題で、世界保健機関(WHO)は20日、感染拡大防止に向け、感染状況の監視に加え、抗生物質の適切な使用などの対策を講じるよう各国政府に初めて勧告した。
 抗生物質の安易な使用が耐性菌の発生につながることから、WHOは、医療従事者や一般市民に対する使用法の教育、抗生物質の販売規制を要請。また、よく知られた感染予防策でも感染を効果的に減らせると強調し、医療機関などで、手洗いなどを徹底するよう呼びかけた。


---耐性菌で自治体に注意喚起 厚労省、欧州での報告受け---
2010/08/20 12:32
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082001000363.html

 多くの抗生物質に耐性を示す新種の細菌に感染した患者が欧州を中心に報告された問題を受け、厚生労働省は20日までに、都道府県などに対し、国内での発生に備えて医療機関に情報を提供しておくよう注意喚起した。
 同省によると、いまのところ国内で感染例は確認されていない。
 この耐性菌はNDM1という酵素を作る遺伝子が腸内細菌に入ったもので、遺伝子が別の菌に広がって新たな耐性菌ができる可能性も懸念されている。ただ、健康な人の体内にあるだけなら基本的に無害だとしている。
 医療機関で患者が見つかった場合は他の患者にうつらないよう対処し、症状のない場合は消失するのを待ち、症状がある場合は有効な抗菌薬を使用するなど積極的な治療を求めている。また、海外渡航歴などを聞き、国立感染症研究所へ情報提供するよう要請した。


---耐性菌、医療ツーリズムで?拡大 インドから欧州へ---
2010年8月17日11時2分
http://www.asahi.com/international/update/0817/TKY201008170101.html

 【ワシントン=勝田敏彦】ほとんどの抗生物質が効かない多剤耐性細菌がインド、パキスタンから欧州に広がっていることがわかった。安価な医療などを求めて世界を旅する「メディカルツーリズム」が拡大を助けたとみられる。英国、インド、パキスタンなどの国際チームが論文を発表したが、インドからは反発も出ている。
 英医学誌ランセットの伝染病専門姉妹誌に先週掲載された論文によると、チームはインド、パキスタン、英国の患者から分離された大腸菌などを分析。幅広い抗菌効果を示す抗生物質カルバペネムに対する耐性遺伝子「NDM1」を持つ細菌の試料をインド、パキスタンから計143例、英国で37例見つけた。
 カルバペネムは重症の感染症の治療の「最後のとりで」ともされる重要な薬。耐性菌の発生を防ぐため、乱用は強く戒められているが、論文によると、インドでは処方箋(せん)なしで大量に使われ、耐性遺伝子発生の温床になっているという。
 英国の患者の多くは、美容外科手術などを受けるために、医療費が安いインドやパキスタンに旅行していた。チームは、患者は現地で感染して帰国したとみている。
 今回見つかった細菌は病原性がそれほど高くないと見られるが、チームは、耐性遺伝子がほかの細菌へと飛び移って耐性が広がりやすい性質に注目。ほとんど抗生物質が効かない病原性の高い菌が生まれるおそれがあり、「世界的な医療問題になる可能性がある」と監視の必要性を訴えている。
 こうした指摘に対し、インドは反発している。
 耐性遺伝子の名前が首都ニューデリーにちなむこともあり、現地メディアによると、野党・インド人民党の幹部は「論文はインドがメディカルツーリズムの人気目的地となってきたタイミングで出ており、疑わしい」と述べた。AFP通信によると、パキスタンを旅行していたベルギー人男性が6月、この耐性遺伝子を持つ細菌に感染して死亡した。


---Superbug report not to affect medical tourism: Experts---
2010-08-17 00:00:00
Last Updated: 2010-08-17 10:34:17
http://sify.com/news/superbug-report-not-to-affect-medical-tourism-experts-news-national-kiraaejejib.html

Hyderabad: Medical tourism in the country was not going to be affected much after reports that a new superbug resistant to antibiotics originated from India, a top private hospital said on Monday.

A paper published in scientific journal 'Lancet' has said the new superbug, NDM1, said to be resistant even to most powerful antibiotics, has entered UK hospitals and is travelling with patients who had gone to countries like India and Pakistan for surgical treatments.

Linking India to superbug unfair and wrong, says India

NDM1 threat may have some impact initially, but the threat will go off once the truth is known. It is going to have very little impact on medical tourism, a committee advising the Apollo Hospitals Educational and Research Foundation (AHERF) said.

The committee members held their annual meeting here.

It was unfortunate that the study report arrived at a conclusion based on a small sample size of around 32 people and held a nation responsible for superbug, the panel said.

India rejects charges of exporting superbug

N K Ganguly, a member of the committee, disapproved of naming the superbug after New Delhi.

Indian hospitals have high quality infection monitoring system and it was comparable with international standards, Ganguly, a former Director General of the Indian Council of Medical Research (ICMR), said.


---How to (Super)bug an Aspiring Superpower---
AUGUST 17, 2010
By SADANAND DHUME
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704554104575434761992000100.html

India's sensitivities over a bacterium and a medical journal highlight its lingering insecurities.

It takes an aspiring superpower to lose its cool over an alleged superbug. As India celebrates 63 years of independence from Britain, its politicians and health establishment are up in arms over a British medical journal naming a deadly new gene that makes bacteria immune to antibiotics after the nation's capital. According to Lancet Infectious Diseases, New Delhi Metallo-1 (NDM-1), the troublesome gene, has been found mostly in patients who visited India or Pakistan for surgery. Lancet says the gene has the potential to trigger a "world-wide public health problem."

Oddly enough, the official Indian response has showcased outrage rather than concern. Health Minister Ghulam Nabi Azad, apparently unfamiliar with standard practice in his field, rubbished the offending research for having been partly funded by the pharmaceutical firm Wyeth and the nonprofit Wellcome Trust. Dinesh Trivedi, Mr. Azad's junior minister, said he suspected an "ulterior motive." Not to be outdone, the opposition Bharatiya Janata Party's S.S. Ahluwalia raised the possibility of a "sinister design of multinational companies around the world." Prominent private hospital owners and even doctors-both government and private-struck a similarly conspiratorial note.

The Keystone Kops aspect of Indian officialdom is always worth a laugh or two. And it doesn't take a genius to fathom the prickliness of hospital owners with an interest in attracting overseas customers. (The health secretary estimates that between 400,000 and 600,000 medical tourists visit India each year.) In a self-referential land, people can be forgiven for glossing over the fact that New Delhi has hardly been singled out. Researchers have named similar bacterial genes after Seoul, Sao Paolo and Singapore, among other places.

But the tartness of the Indian response signals something deeper. As the country grows into an unfamiliar role as a global power and economic heavyweight, its ruling classes are becoming increasingly dismissive of anything that suggests an alternative story. The new India strives to be seen as synonymous with sashaying supermodels, bustling call centers and spotless research labs. This leaves little room in the public imagination for the India of underweight children, overcrowded trains and fly-ridden hospitals.

Ironically, the tetchiness of Indian elites, and indeed much of the middle class, springs largely from success. Twenty years ago, when India first embarked upon economic reforms, the country was better known for snake charmers and beggars than for software engineers and billionaires. Since then, propelled in large part by the unshackled ambition of its entrepreneurs, professionals and engineers, Indians have effectively altered the global narrative about the country.

If the old India was where Mother Teresa went to save souls, then the new India is where Western CEOs head to boost the bottom line. Economists and business journalists no longer mention India in the same breath as its dysfunctional separated-at-birth twin Pakistan. Instead they compare it with mighty China.

To be sure, India has earned its new image. Few developing countries can boast of world-class companies like Tata and Reliance Industries, or the depth of scientific talent that has placed cities such as Bangalore and Hyderabad on the global technology map. Moreover, for the most part India's economic achievements have not come at the cost of individual liberties. This remains a land where you don't need to lower your voice to call the prime minister (or anyone else) an idiot.

Nonetheless, there remains a Potemkin village aspect to the India story. Yes, it can claim more billionaires (49 according to Forbes Magazine) than Britain or Canada, but it also houses more poor people than the 26 poorest nations of Africa combined. And while India boasts the resources to send an unmanned mission to the moon, it struggles to place teachers in schools. One in two Indian women can't read. India's vaunted democracy may indeed keep a dizzyingly diverse land together, but it hasn't prevented disgruntled citizens-among them Maoist guerrillas, Islamist terrorists and separatists of various stripes-from taking up arms.

Against this backdrop, NDM-1 becomes a painful reminder that India's glass, though fuller than before, remains significantly empty. It harks back to an older story about the country that has only been partially overwritten. That it questions a proud symbol of the new India-the excellence of its doctors and their capacity to provide quality health care at reasonable prices-makes it especially hard to swallow.

For the region and the world, India's new turbocharged nationalism is hardly cause for alarm. The optimism about the future and relentless striving that underpin it may hold the cultural key to ending centuries of backbreaking poverty. The country's commitment to democracy and status quoist instincts on territorial disputes with its neighbors make a rising India a force for stability rather than disorder.

But for India itself, ensuring that self-confidence doesn't shade into hubris will remain a challenge. Simply put, the country needs to find a way to be proud of its achievements without being blind to its deficiencies. To begin with this means accepting that not everything-least of all peer-reviewed medical research-need be viewed through the narrow prism of India's concerns about its image.


---新型耐性菌、欧米で急増…ベルギーで死者---
2010年8月17日 読売新聞
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=29524

インド・パキスタン発生源か
 【ロンドン=大内佐紀】インドとパキスタンが発生源とみられ、抗生物質がほとんど効かない新たな腸内細菌に感染した患者が、両国のほか、欧米諸国でも急増し、17日までに、ベルギーで1人の死亡が確認された。
 英医学誌ランセットは世界的な感染拡大につながる恐れがあるとして、対策を呼びかけている。
 AFP通信によると、死亡したベルギー人はパキスタンを旅行中、自動車事故に遭い、同国の病院からブリュッセルの病院に移送されたが、すでに新型耐性菌に感染していたという。
 新型耐性菌は「NDM1」という新しく確認された遺伝子を持ち、抗生物質への耐性が著しく高く、「スーパー細菌」の俗称がついている。感染すると、菌や菌の毒素が全身に広がって臓器に重い炎症を起こし、致死率の高い敗血症などになる恐れもある。ランセット誌は、英国で37人の感染者が確認されたとし、AP通信によれば、オランダ、スウェーデン、米国、オーストラリアなどでも感染が確認されている。
 同誌は、感染経路について特に、「インドには、欧州や米国から美容整形を受けに行く人が多い」と言及している。


---薬剤耐性示す細菌の遺伝子、南アジアから世界に拡散の恐れ---
2010年08月11日 21:58 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2747390/6064750

【8月11日 AFP】インドを中心とする南アジアで、形成外科手術や美容整形術を受けた人が薬剤耐性の高い細菌に感染する例が増えており、専門家は注意を呼びかけている。
 英カーディフ大学(Cardiff University)のティモシー・ウォルシュ(Timothy Walsh)氏は2009年、2種類の細菌、すなわち肺炎桿菌(クレブシエラ菌)と大腸菌の中に、異なる種の細菌を行き来できるNDM-1(New Delhi metallo-beta-lactamase-1)という遺伝子を初めて特定した。保菌者はインドの病院で手術を受けたスウェーデン人だった。
 NDM-1をもつ細菌は、多剤耐性菌による症状の救急治療の現場で「最後の手段」とされているカルバペネム系抗生物質にさえ耐性を示すため強く懸念されている。
 11日の英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に掲載されたカーディフ大学とインド・マドラス大学(Madras University)による研究でNDM-1の感染例が報告された。
 インドで疑わしい症状を示した入院患者を調査したところ、同国南部のチェンナイ(Chennai)で44人(検査した患者の1.5%)、北部のハリヤナ(Haryana)で26人(同8%)の感染者が見つかった。さらにバングラデシュとパキスタンに加え、英国でも37人が感染していることが分かった。英国の感染者の一部は最近、インドあるいはパキスタンで美容整形手術を受けていた。
 論文で研究チームは「英国人以外にもインドで整形手術を受ける欧米人は多いため、NDM-1は世界中に広がる恐れがある。航空機による移動が増えた今では、遺伝子は簡単に国境を越える」と警鐘を鳴らしている。
 専門家は、インドで医療処置を受けた人は、自国で治療を受ける際に多剤耐性菌に感染していないか検査を受けるべきだと忠告している。

0 コメント: