2010年9月25日土曜日

AIG保険2社 プルデンシャルが買収か

AIG傘下の保険2社をプルデンシャルが買収するようだ。
 米保険大手プルデンシャルが、経営再建中の米保険大手AIGから、
傘下のAIGスター生命保険(旧千代田生命保険)とAIGエジソン生命保険
(旧東邦生命保険)を買収することで合意に近づいたと報じた。

買収額
計40億~50億ドル

プルデンシャル
旧協栄生命保険の事業基盤を引き継いだジブラルタ生命保険を日本で運営

アリコをメットライフへ売却し、社名を変更することが報道されたが、
AIGは公的資金の早期返済に向けて資産売却を急いでいると言う。

公的資金融資総額 1823億ドル
融資残高      150億ドル(20100828現在)

アリコの売却額が155億ドルらしいので、スターとエジソンを売却して、
融資残高を無くすことを考えているようだ。しかし、他の金融機関から
借りて、補填しているのようなので、債務残高の支払いはまだ先なの
だろう。また、賭博で一攫千金狙いかな。


---米プルデンシャルが買収か AIG傘下の日本の2生保---
2010年9月22日 09時48分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010092201000185.html

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は21日、米保険大手プルデンシャルが、経営再建中の米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)から、傘下のAIGスター生命保険(旧千代田生命保険)とAIGエジソン生命保険(旧東邦生命保険)を買収することで合意に近づいたと報じた。
 プルデンシャルは旧協栄生命保険の事業基盤を引き継いだジブラルタ生命保険を日本で運営しており、AIG傘下の両社の獲得で一気に日本での事業基盤を強化。日本の生保業界で大手の一角を占めることになる。
 両社の買収額は計40億~50億ドル(約3400億~4300億円)で、同紙は数日以内に最終合意に達する可能性があるとした。
 金融危機で2008年9月に経営が行き詰まり米政府に救済されたAIGは、公的資金の早期返済に向けて資産売却を急いでいる。ことし3月には日本でも事業展開している傘下生保のアリコを、米生保大手メットライフへ売却することで合意した。


---米AIGのアジア部門、IPOの仮申請書を香港証取に提出-関係者---
更新日時: 2010/09/03 09:29 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aeuVX7X_7aBg

 9月2日(ブルームバーグ):米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の主要アジア部門であるAIAグループは、香港証券取引所に新規株式公開(IPO)の仮申請書を提出した。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。
 関係者の1人が情報は非公開だとして匿名を条件に語ったところによると、この申請はAIGが10月後半か11月前半にもIPOの実施を目指す可能性を意味するものだという。AIAの香港在勤広報担当者パトリシア・チュア氏とAIGの広報担当のクリスティーナ・プレット氏はいずれもコメントを控えている。
 AIGは7月、IPOを準備しているAIAの最高経営責任者(CEO)に英保険プルーデンシャルのCEOだったマーク・タッカー氏を迎えた。AIGのロバート・ベンモシュCEOは政府から受けた1823億ドル(約15兆4000億円)規模の支援返済に向け部門売却を進めており、3月には別の米国外事業部門アメリカン・ライフ・インシュアランス(アリコ)をメットライフに約155億ドルで売却することで合意している。

1 コメント:

生命保険の選び方 さんのコメント...

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。