2010年9月3日金曜日

ナイジェリア詐欺被害金の資金洗浄

ナイジェリア詐欺被害金を資金洗浄したようだ。
 米国の犯罪グループの資金洗浄のため、送金された犯罪収益を「機械を
輸出した代金」などと偽って口座に入金させたとして、警視庁などは
FBIの協力を得て、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)疑いで、
ナイジェリア人や日本人など男女6人を逮捕した。

犯罪グループが米国内の詐欺事件で得た金計約28億円を7カ国に送金して
いたことが発覚。うち日本の口座にも送金されていたことが判明したこと
から、FBIが、警察庁に捜査依頼していた。

いくつかの国でナイジェリア詐欺に関与した容疑者が逮捕され、判決を
受けているようだ。

ナイジェリア詐欺は、十数年前(?)からあり、手口は変化しているようだ。
もしかしたら、複数の詐欺グループが活動しているのかもしれない。
TBSがナイジェリア詐欺に関与した者の逃亡を幇助した可能性が、以前に
報道された記憶がある。

あぶく銭をもてあましている人が、よく詐欺にあると聞いたことがあるが、
世界には、あぶく銭をもてあましている人が多いと言うことらしい。

サププライム詐欺 GS陰謀説


Nigerian arrested for Internet fraud


Nigerian Conman Caught Doing The "Black Money" Scam


Nigerian Internet Scam Disclosure (Part 1)


Nigerian Internet Scam Disclosure (Part 2)


The Ultimate Nigerian Scam - $400K Over 2 Years


「マネロン」でナイジェリア人や日本人男女ら逮捕(10/09/02)


5億7,000万円入金させたナイジェリア人らのグループ逮捕


---資金洗浄容疑6人逮捕 ナイジェリア人ら 5億7000万円送金---
2010年9月2日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010090202000194.html

 ナイジェリア人詐欺団が米シティバンクをだまし約二十八億円を日本などの複数の銀行口座に振り込ませてマネーロンダリング(資金洗浄)していたことが分かり、警視庁組織犯罪対策一課と中央署は、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)容疑で、日本国内で資金洗浄に関与したナイジェリア人三人とガーナ人一人、日本人二人の計六人を逮捕した。
 逮捕したのは、ナイジェリア国籍の埼玉県桶川市下日出谷西二、自動車部品販売会社役員ニェーチェ・オベネメ(36)と同県越谷市越ケ谷五、建設会社役員本間由美(44)の両容疑者ら。逮捕容疑では六人は二〇〇八年十月、詐欺団が大規模な商談を持ち掛けて資金を詐取する「ナイジェリア詐欺」と呼ばれる手口でシティバンクをだまし、日本国内の都市銀行などの四口座に振り込ませた犯罪収益約五億七千万円を、建設機械の販売代金などと偽って入金させ、資金洗浄を図ったとされる。
 同課によると、詐欺団はシティバンクに偽造した送金指示書を提出。六人は引き出した金を日本国内の別の金融機関を経由して海外に送金したとみられる。詐欺団は日本と中国、韓国など七カ国に当時の為替レートで計約二十八億円を振り込ませており、同課は逮捕した六人と詐欺団の関係を調べている。
<ナイジェリア詐欺> 大規模な商談や資金洗浄を持ち掛け、前渡し金や商品をだまし取る手口で、ナイジェリアを主な拠点として世界規模で発生している詐欺事件。ナイジェリア刑法で詐欺罪は419条に当たることから「419詐欺」とも呼ばれている。


---米から犯罪収益5.7億円、資金洗浄容疑で6人逮捕---
2010年9月2日12時10分
http://www.asahi.com/national/update/0902/TKY201009020170.html

 犯罪収益と知りながら米国から送金された約5億7千万円を受け取り、資金洗浄(マネーロンダリング)をしたとして警視庁は、埼玉県桶川市下日出谷西2丁目、会社役員ニェーチェ・オベネメ容疑者(36)らナイジェリア人の男3人、ガーナ人の男1人、日本人の男女の計6人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)容疑で逮捕したと2日、発表した。警視庁は、ナイジェリア人を中心とする国際的な犯罪組織が犯罪収益を隠す目的で日本に送金したとみている。
 2年前に米国シティバンクに開設されたエチオピア中央銀行名義の口座から、偽の指示書に基づき計28億円が日本、中国、オーストラリア、韓国など6カ国に送金される詐欺事件があり、日本には計7億7千万円が送金されていた。警視庁は、米連邦捜査局(FBI)から情報提供を受けて捜査を進めていた。
 組織犯罪対策1課によると、逮捕容疑は、2008年10月、国内の都市銀行に開設した4口座にシティバンクの口座から送金された9千万~2億円の計約5億7千万円が犯罪収益であると知りながら受け取ったもの。銀行の担当者に送金を受けた理由を尋ねられ、「建設機械を輸出した代金」と虚偽の説明をしたという。送金された金のほぼ全額が引き出され、一部は海外に送金されたことが確認された。
 一部の容疑者は「引き出した金は知り合いに渡した」と供述。逮捕された外国人4人のうち2人は「300万~700万円の手数料をもらい、受け皿の口座を開設した」と供述しているという。


---詐欺で得た5億7千万円資金洗浄 米国から送金 ナイジェリア人ら6人逮捕---
2010.9.2 11:55
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100902/crm1009021158014-n1.htm

 米国の犯罪グループのマネーロンダリング(資金洗浄)のため、送金された犯罪収益を「機械を輸出した代金」などと偽って口座に入金させたとして、警視庁などは米連邦捜査局(FBI)の協力を得て、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)疑いで、ナイジェリア人や日本人など男女6人を逮捕した。
 同庁組織犯罪対策1課によると、米国の犯罪グループからは総額約7億7千万円が日本国内の口座に送金されていたことが確認されており、同課は振り込まれた犯罪収益金の流れなど全容解明を進める。
 同課は6人の認否を明らかにしていないが、うち2人は「300万~700万円の手数料をもらって自分の口座を貸した」と話しているという。
 逮捕容疑は平成20年10月、日本国内の法人名義で開設したそれぞれの銀行口座に、米国内の口座から送金された9千万~約2億円計約5億7千万円について、米国内の詐欺事件で得られた金と知りながら、「貿易で得た金」とうその申告をして入金させたなどとしている。
 同課によると、犯罪グループが米国内の詐欺事件で得た金計約28億円を7カ国に送金していたことが発覚。うち日本の口座にも送金されていたことが判明したことから、FBIが20年10月、警察庁に捜査依頼していた。
 国内の金融機関を舞台にしたマネーロンダリングをめぐっては、19年に計約8億5千万円を資金洗浄した同種の事件で埼玉県のナイジェリア人の男らが摘発された。


---5億7000万円不正受領、外国人ら6人逮捕---
2010年9月2日11時42分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100902-OYT1T00479.htm?from=y10

 米国から日本に不正送金された金を受け取ったとして、警視庁は2日、埼玉県桶川市下日出谷西、ナイジェリア国籍の会社役員ニエーチェ・オベネメ容疑者(36)らナイジェリア人、ガーナ人、日本人の男女6人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)容疑で逮捕したと発表した。
 逮捕は1日。米国では2008年、シティバンク本店の口座からだまし取った約28億円を日本など世界7か国に不正送金する事件があり、今回、受け取ったのはこの一部とされる。同庁はナイジェリア人グループによる国際的なマネーロンダリング(資金洗浄)事件とみて捜査している。
 発表によると、ニエーチェ容疑者らは08年10月頃、米シティバンク本店の口座から日本国内の銀行の5口座に送金された計5億7000万円を、詐欺事件の犯罪収益と知りながら不正に受け取った疑い。その際に、銀行側には「建設機械の輸出代金」などと虚偽の説明をしていたという。


---Nigerian citizen sentenced in US to more than 12 years for advance fee fraud scheme---
By The Associated Press (CP) - 20100902
http://www.google.com/hostednews/canadianpress/article/ALeqM5jkBApsPOZsCfDnKyuyBqllmEx45w

BRIDGEPORT, Conn. - A Nigerian citizen has been sentenced to more than 12 years in prison for a scheme in which he promised millions to his victims in return for advance fees to help transfer the money to the United States.

Thirty-one-year-old Okpako Mike Diamreyan was sentenced Wednesday in federal court after he was convicted of three counts of wire fraud in February. He was ordered to pay more than $1 million in restitution.

Prosecutors say he and his accomplices ripped off 67 victims around the world, most of them older people, of more than $1.3 million and left many in financial ruin. Federal authorities said Diamreyan was a Nigerian citizen who also had lived in Accra, Ghana.

Diamreyan's attorney has said there was no proof Diamreyan caused the losses, except for four people involving about $30,000.


---Nigerian man gets prison time for e-mail scam---
Michael P. Mayko, Staff Writer
Published: 07:59 p.m., Wednesday, September 1, 2010
http://www.ctpost.com/news/article/Nigerian-man-gets-prison-time-for-e-mail-scam-641246.php



BRIDGEPORT -- For the past six years, Okapo Mike Diamreyan portrayed a doctor, an airport director, a diplomat and a prince in scamming at least 64 victims out of $1.3 million.

On Wednesday, U.S. District Judge Janet C. Hall handed Diamreyan another title -- federal inmate.

The judge sentenced Diamreyan, the first Nigerian e-mail scammer caught by federal authorities in Connecticut, to 12 years and seven months in prison. She also ordered him to pay $1,021,560 in restitution to his victims.

However, the mostly elderly victims -- who thought they would earn a good payout by helping move millions from an African bank, company, custom office or warehouse into their accounts -- probably will never see any restitution.

That's because once Diamreyan is released from prison he will be deported back to Africa. He owns what has been described as a comfortable house with a car in Ghana.

And the U.S. government can't access his bank accounts there.

Hall noted that it "is very difficult to catch someone involved in these scams" because "its all done facelessly" over the Internet.

"They'll throw out a net to hundreds of thousands by hitting the send button on the computer and they only need to catch one or two," the judge said.

Diamreyan was caught because he married a woman in Massachusetts, which allowed him to come to the U.S. His mistake was continuing to commit these crimes, particularly by victimizing Michael Pandelos, an elderly, infirm Shelton man.

When advised of the term imposed, Antje Pandelos, Pandelos's wife happily remarked "good" and then "this is wonderful ... I am very grateful."

But she doubts the sentence will give other scammers second thoughts. "It's too profitable," she said of the Advance Fee frauds also known as 419 scams. "They learned a lesson, but that is not to come here."

Her husband, who underwent eye surgery Wednesday, lost $71,587 over several years to various schemes involving Diamreyan.

She said the only way she could stop her husband from sending money was by shutting down her home phone, disconnecting the internet and giving away their computer.

During the sentencing, Hall did hear from a Connecticut doctor identified only as victim 49 who lost $92,142 to schemes in which he thought he was helping African refugees. The doctor, who spoke with a German accent, said he was a refugee during World War II.

"I began to fantasize that I could start a foundation for refugees ... I stopped sending money, but I still have a problem giving up that idea," he said, adding that he became "a laughingstock" among friends and colleagues.

Diamreyan, speaking through an interpreter, showed little remorse for his conviction on three wire fraud charges all involving Pandelos. Instead he took Assistant U.S. Attorney Edward Chang and agents from the U.S. Defense Criminal Investigative Service to task. DCIS became involved because one of the scams involved money allegedly stolen by U.S. soldiers in Iraq.

E-mails seized by Richard Lauria and Christopher Mehring of DCIS disclose that Diamreyan has portrayed himself as a government secretary, a doctor, an airport director, a diplomat and even a prince in the schemes. They offer to share millions in oil contracts, inheritances or boxes of stolen money. All the victim has to do is provide upfront fees to help process the movement. Except after the initial payment is made, the fee request never ends. There's money needed for transportation, lawyers, documents, custom costs and more.

Diamreyan claimed rules were bent to force and intimidate his ex-wife to provide information and testify against him. He further took issue with Chang's claim that for people like Diamreyan "America is a land of opportunity -- for fraud."

Jonathan Einhorn, Diamreyan's court-appointed lawyer, said he will appeal both the conviction and the sentence.

The defendant said he would not be inclined to make "such distasteful comments against this country."

But when Einhorn claimed his client was indigent both Hall and Chang took issue with that.

"I don't know where the proof is to rely on the claim, he's indigent," Hall shot back. "I don't believe it." She cited testimony from the defendant's ex-wife that he owns a "comfortable home" and a car in Ghana.

Additionally, Chang pointed to an e-mail where Diamreyan told his workers he hoped to make "a half million to a million himself."

"This defendant hoped to be come fabulously wealthy and take it back home with him," the prosecutor said. "We know he was a leader of this scheme."

Chang said others referred to Diamreyan as the chairman -- which in these scams, is a high position of respect.


---「ブラック円」詐欺ナイジェリア人を、TBSが警察に通報せずに国外逃亡させた、「その深層」---
松村テクノロジー社長 松村喜秀
まとめ/吉村克己
2010年 3月11日
http://www.nikkeibp.co.jp/article/sj/20100310/215137/

テレビ局のせいで、「詐欺犯人が逃げた」事件の顛末
 昨2009年12月、「ブラック円」に関わる詐欺事件で、TBSが番組作りを優先して犯行現場を取材しながら警察に通報せず、「犯人を国外に逃走させてしまった」不祥事が起きた。
 ブラック円については、このコラムでも書いたので、覚えていらっしゃる方も多いだろう。「なぜこの黒い紙が紙幣なのか」という詐欺師「口上」のキモについては繰り返しになるので、そちらで読んでほしい。
 要するにただの黒い紙切れを「100ドル札」「1万円札」と偽って、大量に売りつけたり、紙幣に戻す特殊な薬品という名目で液体を高価な値で買わせる詐欺だ。
 番組は、ナイジェリア人の犯人にブラックドルで30万ドルもだまし取られた60代の男性に、密着取材していた。
 この犯人、性懲りもなくだました男性に再度近づき、今度は「ブラック円」を持ち出した。ここで取材スタッフが男性に代わって接触、そのウソを暴いたところ、犯人はそのまま国外に逃亡した。――という顛末だ。
 なぜ「詐欺とわかった時点で警察に報道しなかったのか」と、TBSの姿勢が批判された事件。警察を外で待たせておいて取材し、「その後踏み込ませればいい」ということなわけだ。

私にも持ち込まれた、犯人の「白い紙」
 おそらく同じ犯人だと思うが、私の所にブラック円ならぬ「ホワイト円」が、その事件と前後して持ち込まれていた。
 この「ホワイト円」は、もちろん単なる白い紙だ。
 犯人は「今までブラックドルやブラック円などという詐欺があったが、これは本物」といけしゃあしゃあと言ったそうだから、だます方もだます方だが、だまされる方も相当だ。
 被害者がこれ以上増えないよう、ホワイト円詐欺の手口を、ここで全部暴露しておこう。
 まず、本物の1万円札を、だます相手から借りる。
 次に、詐欺犯がホワイト円(ただの紙)を取り出す。これで本物を両側からはさみ、「謎の薬」を垂らして電子レンジでチンする。と、両側も1万円札に変わるというわけだ。
 つまりこれは要は簡単な手品の類。もとは1枚10円とかの紙切れが5000円とかで売れるのだから、詐欺師には堪えられないだろう。

「ブラックドル用薬液売ります」Webサイトまである現状
 ホワイトだけでなく、これまでも、真っ赤な「レッドドル」詐欺まであった。
 黒だろうと白だろうと赤だろうと、紙切れが紙幣に変わることなどあり得ないのだから、絶対に話に乗らないことだ。
 インターネット上では、ブラックドル用の偽薬液を売る英文サイトまである。「博士号を持っている有能な技術者が作った本物」などと書いてあるが、興味本位でもそんなサイトにアクセスしないほうがいい。
 下手をすると、個人情報を盗み出すウイルスを送り込まれるかもしれない。
 詐欺師は言葉巧みだ。「なぜこの黒い紙が100ドルなのか」「なぜ100ドル札を赤の他人に50ドルで売るのか」、カモの疑問は全部解消するように物語を作っている。
 こうした詐欺に引っ掛からないための、万能の対策がある。
 それは、「そんなうまい話があるはずがない」という事実だ。百歩譲ってもしかしてあったとしても、それがあなたのところに来るはずはない。それを肝に銘じておくことだ。

0 コメント: