2010年9月14日火曜日

温暖化への反論 氷床溶解速度はかなり遅い

温暖化に対して、「氷床溶解速度はかなり遅い」との反論が発表された。
 デンマーク領グリーンランド(Greenland)や南極西部における氷床の
溶解速度は、懸念されているよりも遅いとしたオランダと米国の研究
チームによる論文が、掲載された。

IPCCの「海面は毎年0.3センチ上昇」は、「将来、海水が都市を飲み込む」
と言う刺激的なものだった。
北極海の氷解は、コップに満杯の水を入れ氷を浮かべた時の現象により、
海水が都市を飲み込まないことを証明。
グリーンランド・南極の氷床溶解速度は、かなり遅いことを証明。
ヒマラヤの氷河予測誤報や、ツバルは沈下せず、拡大していると言う
研究も発表されている。
世界規模の詐欺が次第に暴かれているのだろうか。

温暖化疑惑論争
ツバル沈下せず、周辺拡大


STOP!温暖化 ママ&パパ&娘篇


---グリーンランド・南極の氷床溶解速度、試算よりもかなり遅い 英誌---
2010年09月08日 14:46 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2754078/6155613

【9月8日 AFP】デンマーク領グリーンランド(Greenland)や南極西部における氷床の溶解速度は、懸念されているよりも遅いとしたオランダと米国の研究チームによる論文が7日、英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)9月号に掲載された。
 過去2年間にわたって複数の研究チームが実施してきた調査では、毎年、グリーンランドで約2300億トン、南極西部で1320億トンの氷床が溶解しているとされてきた。
 双方の溶解量を合わせると、海面は毎年0.3センチ上昇することになる。1960年代の年間海面上昇レベル0.18センチと比較すると、劇的な変化だ。
 こうした見解に、オランダ・デルフト工科大学(Delft Technical University)のベルト・フェルメールセン(Bert Vermeersen)氏と米航空宇宙局(NASA)の研究チームが異議を唱えた。
 ネイチャー・ジオサイエンス誌に掲載された研究論文によると、これまでの氷床溶解調査では、氷河の均衡調整現象が考慮されていないという。「氷河の均衡調整」とは、後氷河期に起こった地殻の反動を指す言葉だ。
 かつて、南極や北半球の大部分は数キロメートルもの厚みをもつ氷河で覆われていた。この氷の巨大な重みが、地殻の動きを上から押さえつけていた。
 だが、約2万年前に氷河の後退が始まると、地殻は反動を始めた。反動は現在も続いているという。

■寝たあとのマットレスに例える
 フェルメールセン氏はAFPの電話取材に対し、地殻の反動は垂直方向だけではなく横向きにも働くと説明した。
「ベッドのマットレスが良い例でしょう。一晩中、寝ている人を支えた後のマットレスは、人の重みでくぼんでいます。朝になって人が起き上がると、マットレスは元の形に戻ろうと反発します。この反発の動きを間近で見ると、上向きと下向きの動きだけでなく、横向きにも動くことが分かります。これは、圧縮されたマットレスの詰め物が外向きに反発し、元の形に戻ろうと引き合うためです」(フェルメールセン氏)
 フェルメールセン氏の研究チームは、衛星2基が2002年から行っている地表のGPS(衛星利用測位システム)観測画像や海底圧力データを分析し、地球の重力場におけるわずかな変化に着目した。
 その結果、グリーンランド南部の地盤が沈下しつつあることがわかった。北米で起きた後氷河期の地殻反動で、氷床下の地殻が引っ張られているためだ。
研究チームはこれに氷河の均衡調整を加味し、グリーンランドにおける氷床の溶解は年間1040億トンで誤差はプラスマイナス230億トン以内。南極西部の氷床溶解では640億トンで、誤差は320億トン以内と計算した。
 この計算結果から、研究チームはグリーンランドと南極西部における氷床の溶解が進む速度は、これまでに考えられてきた速度の半分程度にすぎないと結論付けた。
 フェルメールセン氏らが導き出した数値が正しければ、この2地域における氷床減少は、地球の氷床全体の50%ではなく30%に相当。残りは、主に海水温の上昇に伴う熱膨張による可能性があるという。


---Climate: New study slashes estimate of icecap loss---
By Richard Ingham (AFP) - 20100907
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iFYPF7wJrj-K5GTv1-oZsHhqrzIg

PARIS - Estimates of the rate of ice loss from Greenland and West Antarctica, one of the most worrying questions in the global warming debate, should be halved, according to Dutch and US scientists.

In the last two years, several teams have estimated Greenland is shedding roughly 230 gigatonnes of ice, or 230 billion tonnes, per year and West Antarctica around 132 gigatonnes annually.

Together, that would account for more than half of the annual three-millimetre (0.2 inch) yearly rise in sea levels, a pace that compares dramatically with 1.8mm (0.07 inches) annually in the early 1960s.

But, according to the new study, published in the September issue of the journal Nature Geoscience, the ice estimates fail to correct for a phenomenon known as glacial isostatic adjustment.

This is the term for the rebounding of Earth's crust following the last Ice Age.

Glaciers that were kilometers (miles) thick smothered Antarctica and most of the northern hemisphere for tens of thousands of years, compressing the elastic crust beneath it with their titanic weight.

When the glaciers started to retreat around 20,000 years ago, the crust started to rebound, and is still doing so.

This movement, though, is not just a single vertical motion, lead researcher Bert Vermeersen of Delft Technical University, in the Netherlands, said in phone interview with AFP.

"A good analogy is that it's like a mattress after someone has been sleeping on it all night," he said.

The weight of the sleeper creates a hollow as the material compress downwards and outwards. When the person gets up, the mattress starts to recover. This movement, seen in close-up, is both upwards and downwards and also sideways, too, as the decompressed material expands outwards and pulls on adjacent stuffing.

Often ignored or considered a minor factor in previous research, post-glacial rebound turns out to be important, says the paper.

It looks at tiny changes in Earth's gravitational field provided by two satellites since 2002, from GPS measurements on land, and from figures for sea floor pressure.

These revealed, among other things, that southern Greenland is in fact subsiding, as the crust beneath it is pulled by the post-glacial rebound from northern America.

With glacial isostatic adjustment modelled in, the loss from Greenland is put at 104 gigatonnes, plus or minus 23 gigatonnes, and 64 gigatonnes from West Antarctica, plus or minus 32 gigatonnes.

These variations show a large degree of uncertainty, but Vermeersen believes that even so a clearer picture is emerging on icesheet loss.

"The corrections for deformations of the Earth's crust have a considerable effect on the amount of ice that is estimated to be melting each year," said Vermeersen, whose team worked with NASA's Jet Propulsation Laboratory and the Netherlands Institute for Space Research.

"We have concluded that the Greenland and West Antarctica ice caps are melting at approximately half the speed originally predicted."

If the figures for overall sea level rise are accurate, icesheet loss would be contribute about 30 percent, rather than roughly half, to the total, said Vermeersen. The rest would come mainly from thermal expansion, meaning that as the sea warms it rises.

The debate is important because of fears that Earth's biggest reservoirs of ice, capable of driving up ocean levels by many metres (feet) if lost, are melting much faster than global-warming scenarios had predicted.

In 2007, the UN's Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) predicted oceans would rise by 18-59 centimeters (7.2 and 23.6 inches) by 2100, a figure that at its upper range means vulnerable coastal cities would become swamped within a few generations.

The increase would depend on warming estimated at between 1.1 and 6.4 degrees Celsius (1.98-11.52 degrees Fahrenheit) this century, the IPCC said. It stressed, though, the uncertainties about icesheet loss.

0 コメント: