2010年9月11日土曜日

露イスラエル 軍事協力で合意

露イスラエルは、軍事協力で合意した。
 モスクワを訪問中のイスラエルのバラク国防相は、露のセルジュコフ
国防相と会談し、両国の軍事協力に関する枠組み合意文書に調印した。
 セルジュコフ国防相は、イスラエルから無人偵察機12機を購入したこと
を挙げ、露軍の近代化に際し「イスラエル軍の経験を活用することは
とても重要だ」と強調した。

イスラエルの無人偵察機は、実用化され、露軍に売却するようだ。
イランは、飛行距離がイスラエルまで届かないkarrarのロールアウトを
したばかり。
イスラエルの懸念は、露がシリアにP-800を供給することのようだ。

仏は、NATOに加盟してから、露軍に揚陸艦を売却しているようで、
NATOは黙認したようだ。露は、上海協力機構(SCO)にも属しているし、
経緯からNATOには加盟できないと思う。
露は、中国とも装備品のライセンス契約でもめていたから、余計NATOに
近づくのだろうか。

露 ライセンス契約破棄か
karrar


Obama, Russia and Iran S-300 air defence systems


Freedom of Warship: France agrees Mistral carrier sale to Russia


Infolive.tv Headlines - Russia Seeks To Buy Spy Drones From


Boost Deal: Russia buys Israeli drones RT


---ロシアとイスラエル、軍事協力で合意---
2010.9.6 20:41
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100906/mds1009062042004-n1.htm

 タス通信などによると、モスクワを訪問中のイスラエルのバラク国防相は6日、ロシアのセルジュコフ国防相と会談し、両国の軍事協力に関する枠組み合意文書に調印した。
 セルジュコフ国防相は会談後、イスラエルから無人偵察機12機を購入したことを挙げ、ロシア軍の近代化に際し「イスラエル軍の経験を活用することはとても重要だ」と強調した。
 合意の詳細は不明。ロシアは軍の近代化に向け、フランス製のミストラル級強襲揚陸艦など外国製武器の導入を図っている。
 イスラエルは、ロシアによる高性能対空ミサイルシステム「S300」の対イラン供与に反対。ロシアは6月、国連安全保障理事会の対イラン追加制裁決議を機に、供与を見送ると表明していた。(共同)


---プーチン氏「イスラエル無人機に露製レーザーを」---
6.09.2010, 21:34
http://japanese.ruvr.ru/2010/09/06/19076923.html

 ロシアのセルジュコフ国防相は6日、イスラエルのバラク国防相とモスクワで会談し、今後5年間を対象にした軍事協力協定を締結した。レンタ・ルーが報じた。
 セルジュコフ氏は会談後の声明で、ロシア軍の再編に言及し、「イスラエル軍の経験を活用したい」と述べた。また、現在までにイスラエルから12機の無人機を購入し、50人が操作を学んでいることを明らかにした。
 その後、バラク氏は南部のソチでプーチン首相と会談。政府広報部によると、首相は会談でイスラエルの無人機にレーザー技術を提供する可能性に言及。ロシア版GPSグロナスの枠内でイスラエル領内にレーザー基地を設置する案が進められていることも指摘したとのこと。 


--- Barak signs military deal with Russia---
By YAAKOV KATZ
09/07/2010 05:31
http://www.jpost.com/International/Article.aspx?id=187362

Nations to join in fighting terror and nuclear proliferation; agreement could also lead to Israeli weaponry being sold to Russian military.

Israel and Russia made history on Monday, signing for the first time a military agreement that will increase cooperation on combating terrorism and the proliferation of nuclear weapons, but also could lead to the sale of Israeli weaponry to the Russian military.

Defense Minister Ehud Barak and his Russian counterpart, Anatoly Serdyukov, signed the agreement during a ceremony in Moscow. Later in the day, Barak met with Prime Minister Vladimir Putin at his private residence in Sochi.

Russia is particularly interested in acquiring Israeli unmanned aerial vehicles (UAVs). In 2009, Russia bought 12 drones from Israel Aerospace Industries, following its war with Georgia, during which Georgian military forces used Israeli Elbit Systems Hermes 450 UAVs.

The Russian army is training 50 soldiers to operate the 12 pilotless aircraft, Interfax reported.

Israel recently put plans to establish a joint venture with Russia to manufacture UAVs on hold, amid concerns regarding the transfer of sensitive technology.

On Monday, Serdyukov said, following his meeting with Barak, that it was important to borrow experience and know-how from the Israeli armed forces for the modernization of Russian armed forces.

Barak’s visit to Russia comes amid Israeli concerns regarding Moscow’s sale of advanced military technology to Syria and Iran.

Israel is particularly worried by a deal to supply Syria with advanced supersonic P-800 Yakhont cruise missiles, which would pose a major threat to Israel Navy ships if transferred to Hizbullah. During the 2006 Second Lebanon War, Hizbullah hit the Israel Navy missile corvette ‘Hanit’ with an Iranian-supplied surface-to-sea missile, killing four sailors.

Barak said that Russia was an important world power and played a dominant and influential role in the Middle East. He briefed Serdyukov and Putin on Israel’s strategic standing in the region and the way it views the various threats it faces, particularly from Iran, Syria and Lebanon.

The two defense ministers agreed to meet again soon, either in Israel or Russia.

“Security issues are our No. 1 priority,” Barak said. “We will not compromise on Israel’s security.”


---仏が露に強襲揚陸艦を売却 NATO加盟国から初の大型兵器輸出---
2010.2.9 23:20
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100209/erp1002092321009-n1.htm

 フランス外務省報道官は9日、ロシアへミストラル級強襲揚陸艦1隻を売却することで両国が「原則合意した」と表明した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国からロシアへの初の大型兵器輸出となる。
 強襲揚陸艦輸出に関しては、バルト3国やグルジアなどロシア周辺国が警戒感を示しており、今後NATO内などで波紋が広がる可能性もある。
 報道官は「仏ロ双方の間で、細かな仕様に関する議論は継続中だ」とし、引き渡しまでは時間を要するとの考えを示した。(共同)

0 コメント: