2010年9月11日土曜日

工場出荷される食材

食材が工場出荷されそうだ。
 世界の人口は膨れ、食糧難が避けられないといわれる。農産物の生産性を
高めようと遺伝子組み換え作物の研究が国内外で進んでいる。生産性は
食料自給率にもかかわる問題だが、組み換えには消費者の不安も根強いの
が現状。

 米国の企業が開発した遺伝子組み換え技術により通常の2倍の速さで成長
するサケについて、FDAは、食べても安全性に問題はないとする評価結果を
まとめた。

遺伝子組換え食材が、食糧難を救うと以前から、主張する人達がいるが、
真実は、遺伝子組換え食材を口に入れることで、多くの人を粛清すること
が目的と想像しまう。
食材を選択する権利を唱えるのであれば、まず、10年間毎日欠かさず、
自身や成長期の子供を含めた親族が食べ、問題がないことを証明して
欲しい。

金浩茶油製発がん性物質混入食用油の極秘回収等を見れば、行政が
粛清を黙認しているようにも見える。

牛肉も、クローン化された牛の肉が知らされずに、市場に販売されていた
と言う経緯がある。

西日本では、遺伝子組換えした菜の花が、遺伝子組換えしていない菜の花と
交配し、遺伝子組換えした菜の花になっている報道があった。
遺伝子組換え食品と表示されても、100%でないことも不審を抱く。
FDAの評価結果も、提出された資料に基づいたもので、不審は変わらない。
菜の花もサケも、いわゆる食物連鎖の下位の部分に属しており、遺伝子
組換えにより、生態系全てが大きく変わることも考えられ、自分の欲望の
ために、他の者を巻き込まないで欲しいものだ。

そのうち、食糧難対策として、工場で効率が図られ、遺伝子操作した食材が
食べやすい形となって、出回りそうだ。

米国産牛肉 BSE牛だけでなくクローン牛も販売へ
ビール 遺伝子組換材料採用か
FDA 遺伝子組換え生物の規制指針案
米 鶏卵サルモネラ菌汚染の疑い


Genetically Modified Salmon Soon Available?


GMO Salmon What Next? Genetically Modified Food


[参考] Planet 100: Top 5 Franken Animals


---「急成長するサケ…食べても安全」 遺伝子組み換え---
2010.9.4 10:23
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100904/amr1009041026006-n1.htm

 米国のバイオベンチャー企業が開発した遺伝子組み換え技術により通常の2倍の速さで成長するサケについて、米食品医薬品局(FDA)は3日、食べても安全性に問題はないとする評価結果をまとめた。ロイター通信が報じた。
 FDAは近く、専門家や関係者が集まる公聴会を開き、承認の是非を検討する。世界では、さまざまな遺伝子組み換え作物が栽培されているが、食用の動物の承認例はないという。
 サケは米マサチューセッツ州のアクアバウンティ・テクノロジー社が開発し、FDAに承認申請している。外見は通常の大西洋サケとほぼ同じだが、成長が速く、少ない量の餌で効率よく育てることができるのが特徴。
 FDAの分析では、ビタミンやミネラル、脂肪酸などの成分は通常の大西洋サケと変わらず問題はない。(共同)


---遺伝子組み換えサケは安全 FDAが評価結果---
2010年9月4日 10時22分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010090401000174.html

 【ワシントン共同】米国のバイオベンチャー企業が開発した遺伝子組み換え技術により通常の2倍の速さで成長するサケについて、米食品医薬品局(FDA)は3日、食べても安全性に問題はないとする評価結果をまとめた。ロイター通信が報じた。
 FDAは近く、専門家や関係者が集まる公聴会を開き、承認の是非を検討する。世界では、さまざまな遺伝子組み換え作物が栽培されているが、食用の動物の承認例はないという。
 サケは米マサチューセッツ州のアクアバウンティ・テクノロジー社が開発し、FDAに承認申請している。外見は通常の大西洋サケとほぼ同じだが、成長が速く、少ない量の餌で効率よく育てることができるのが特徴。
 FDAの分析では、ビタミンやミネラル、脂肪酸などの成分は通常の大西洋サケと変わらず問題はない。基本的に不妊になるため、いけすから逃げて自然環境の中で繁殖し、在来種を駆逐する可能性も極めて小さいという。
 FDAの動きに対し、食品安全の専門家や環境保護団体は「長期的に食べた場合の安全性が分からない」などとして、承認反対に向けた活動を予定しているという。


---食用油に発がん性物質 メーカーが事実公表せず、密かに回収 中国---
2010.9.3 12:21
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100903/chn1009031222001-n1.htm

 中国湖南省の食用油メーカー「金浩茶油」が、同社製品に基準値を超える発がん性物質が含まれていたことが分かったのに公表せず、ひそかに製品の回収を進めていたことが分かった。3日付の中国紙、北京青年報などが伝えた。
 湖南省当局も発がん性物質の検出を把握していたが「社会の安定のため」として公表しておらず、中国メディアは同社と省当局の対応を批判している。
 同紙などによると、2009年12月からことし3月までに生産した同社製品から基準値以上の発がん性物質、ベンゾ(a)ピレンが検出された。しかし同社は事実を公表せず、ことし3月から製品の回収を始めた。
 対象製品の生産量は42トン余りだが、うち約9トンが回収しきれずに既に消費者の手に渡るなどした可能性があるという。
 8月にはネット上で発がん性物質の検出を指摘する情報が流れたが、同社は「デマ」だと事実を否定していた。(共同)


---Modified Salmon Is Safe, F.D.A. Says---
By ANDREW POLLACK
Published: September 3, 2010
http://www.nytimes.com/2010/09/04/health/policy/04salmon.html

A salmon genetically engineered to grow quickly is safe to eat and poses little risk to the environment, the Food and Drug Administration said Friday.

The assessment makes it more likely that the fish will become the first genetically modified animal to enter the American food supply.

Food from the salmon “is as safe as food from conventional Atlantic salmon,” the F.D.A. said in its analysis, which was posted on its Web site Friday. “There is a reasonable certainty of no harm from consumption of food from this animal.”

The salmon can grow to market size in 16 to 18 months instead of the 30 required for a regular farmed Atlantic salmon, according to its developer, AquaBounty Technologies of Waltham, Mass.

AquaBounty has been trying for years to win approval for the salmon, a goal that now appears within reach. The analysis by the F.D.A. staff was in preparation for three days of public meetings on the salmon that will start on Sept. 19.

The F.D.A. is expected to make a final decision on approval in the weeks after the meetings. The company has said it will take two to three years after approval for the fish to reach American supermarkets.

A coalition of 31 consumer, animal welfare, environmental and fisheries groups announced opposition to the approval last week, citing, in particular, concerns that the salmon could escape and possibly outcompete wild salmon for food or mates.

But AquaBounty said the fish would be grown only inland. And only sterile females will be sold, limiting any ability to reproduce. The F.D.A., in its analysis, basically agreed that the chance of escape or ecological disruption was small. The salmon “are not expected to have a significant impact on the quality of the human environment,” it concluded.

But the analysis is not likely to satisfy critics, in part because much of the data upon which the F.D.A. based its conclusions was submitted by AquaBounty.

Jaydee Hanson, a policy analyst at the Center for Food Safety, a Washington advocacy group, said that only a handful to a few dozen fish were used for some of the studies on the safety of the fish flesh or its potential to cause allergic reactions.

“We’re actually pretty amazed at how small their samples were,” he said. He also pointed to information in the documents suggesting that up to 5 percent of the fish might not be sterile because the process is not perfect.

The AquAdvantage Atlantic salmon contains a growth hormone gene from the Chinook salmon that is kept active all year round by a genetic on-switch from a different fish, the ocean pout. Normally, salmon produce growth hormone only in warm weather. So with the hormone produced year round, the AquAdvantage salmon grow faster.

One issue that might attract some discussion at the public meetings is that the engineered salmon have slightly higher levels of insulinlike growth factor 1, a hormone related to growth hormone. Some studies suggest that high levels of the insulinlike hormone in the bloodstream are associated with greater cancer risk, though it is not clear how much food contributes to hormone levels in the blood.

However, the F.D.A. did an analysis that concluded that even if people ate a lot of the salmon, it would not make a significant difference in the amount of the hormone they would consume.

Genetically engineered animals are regulated by the F.D.A. under rules covering animal drugs. The agency’s Veterinary Medicine Advisory Committee will discuss the application on Sept. 19 and 20 in Rockville, Md. The next day the agency will hold a public meeting to discuss whether or how food from the salmon should be labeled.


---【はぐくもう日本の食】遺伝子組み換え作物 生産性アップと「選ぶ権利」確保と---
2010.9.2 07:45
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100902/biz1009020751005-n1.htm

 40年後に世界の人口は現在の68億人から90億人に膨れ、食糧難が避けられないといわれる。農産物の生産性を高めようと遺伝子組み換え作物の研究が国内外で進んでいる。生産性は食料自給率にもかかわる問題だが、組み換えには消費者の不安も根強いのが現状。研究者は「一般の人に組み換えか、非組み換えかを選ぶ権利がある。情報提供や議論を通じ、技術への認識が深まってほしい」とアピールする。(草下健夫)

考える契機を
 独立行政法人「農業生物資源研究所」(茨城県つくば市)にある見学用の圃場(ほじょう)の一角に、特定の除草剤に耐えるようにした遺伝子組み換え大豆が展示されている。除草しない区画は雑草だらけだが、特定の除草剤を撒(ま)いた区画は雑草もなく、大豆がすくすくと育っている。除草剤に加え、害虫にも強い組み換えトウモロコシもある。
 ここには年間2千人ほどの見学者が訪れる。「組み換え作物はまだ一般の理解が進んでいない。見学者に『納得してください』『必要です』とは言わないが、なぜ開発・利用されているのか、考えるきっかけをつかんでもらえれば」と、田部井豊・遺伝子組換え研究推進室長は説明し、普及活動の難しさをにじませた。
 内閣府食品安全委員会「食品の安全性に関する意識等について」(平成21年7月)によると、組み換え食品に安全上の不安を感じる人は「非常に不安」「ある程度不安」を合わせて64・6%で、「あまり不安を感じない」と「まったく不安を感じない」を合わせた34・2%の倍近くだ。

効率的に改良
 農産物の品種改良は味の向上のほか、病気や害虫に強い、乾燥に強いといった、より栽培に適したものを目指し、交配を重ねて行われる。ただ、偶然に頼るなどして、目的の性質を持つ品種を作るのに長い年月がかかってしまう。遺伝子組み換え技術なら別の生物の役立つ遺伝子を組み込むことで、短期間で効率的に品種改良ができる。
 遺伝子組換え研究推進室の土門英司主任研究員は「世界的には既にトウモロコシ、大豆、綿、菜種を中心に組み換え作物が栽培され、栽培面積は日本国土の3・5倍ほどに及ぶ」と話す。国内でも安全基準が定められ、制度的には栽培できるものの、商業栽培には至っていない。
 一方で飼料用のトウモロコシや大豆の多くは輸入で、これらの組み換え作物が米国などから輸入されているのが現状だ。
 土門主任研究員は「組み換え作物の需要は伸びるかもしれないが、食べたくない人の権利も保障されるべきだ」としたうえで、「生物多様性を守りながら食糧を確保していくには、栽培面積を増やさずに生産性を上げることが課題。組み換え作物にはポテンシャル(潜在的な可能性)がある」と提起する。

「食べるのに抵抗がある」7割
 農林水産省「平成19年度遺伝子組換え農作物等に関する意識調査」では、71.5%が組み換え作物を食べることに抵抗があると回答。その理由(複数回答)として、「何となく不安」60.8%、「これまでの情報では安全性の不安が解消されない」60.4%のほか、「(食品の原材料欄などに)『遺伝子組み換えでない』という表示をよく見かけるため」も41.4%に上った。
 「遺伝子組み換えでない」との表示は、特定の農産物を使った食品についてJAS法で表示できることが定められたもの。土門主任研究員は「(組み換え食品を)食べたくない人のための表示だが、これが不安を招いてもいる」と指摘する。

国産の飼料用稲に競争力を
 ≪独立行政法人農研機構・作物研究所の岩永勝所長の話≫ 日本の自給率で一番問題なのは、飼料自給率が25%と低いこと。例えば、国内コメ生産量の2倍の約1600万トンもの飼料用トウモロコシを輸入し、世界最大のトウモロコシ輸入国となっている。
 対策の一つとして、国産の飼料用稲の競争力を高めていく必要があり、遺伝子組み換え技術の貢献が期待される。作物研究所では、栄養価が高い飼料用稲の開発や、稲の光合成能力を高める試みを、組み換え技術を活用して続けている。
 輸入されている飼料用トウモロコシの85%は遺伝子組み換え。これを遺伝子組み換えの稲で置き換えようというのだから、社会的に受け入れられやすいと思う。耕作放棄地や休耕田を利用し、飼料用稲の栽培を拡大すれば、日本が誇る水田の利用率も高められる。


---How I Learned to Love Farmed Fish---
By Josh Ozersky Wednesday, Sep. 01, 2010
http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,2015134,00.html

Farmed salmon is never as good as wild salmon. Everybody knows that. The taste is duller, the flesh flabbier, the finish forgettable. If I could, I would only eat wild salmon. But I can't in good conscience, any more than I can keep eating wild bluefin tuna. With wild populations getting wiped out by overfishing, I know that I have to start eating farmed salmon if I want to gobble its rich, vivid, ineffable flavor in my dotage. I just want it to taste better. So every advance in salmon farming comes as good news to me. That was my thought when I read, in predictably sensationalistic terms, of the new genetically modified chinook being looked at by the FDA. The salmon, which contains DNA from an eel-like critter called an ocean pout, grows twice as fast as an ordinary salmon. If the FDA gives it a green light, it will be the first genetically modified animal approved for human consumption. But if the FDA bans it, future genetic-aquaculture research might be discouraged. Naturally, the idea of a fast-growing fish with modified DNA inspired hysteria in the media, with both Gawker and the Huffington Post using the Frankenfish moniker in their headlines. (Like -zilla or from hell, Franken- is a lazy gag that has been on borrowed time for years, kept alive only by the unimaginative.)

In the kind of felicitous coincidence all too rare in the life of writers, as I was musing on genetically modified salmon I happened to come across a story in the New York Times about another advance in aquaculture, the science of raising fish. A major advance had been found in the breeding of the very beast that I had held up as aquaculture's reason for being: the direly threatened bluefin itself. Tellingly, even this breakthrough, which was free from any scary DNA techniques - or even, for that matter, hormones - prompted the usual grave predictions. The Times quotes Saskia Richartz of Greenpeace as saying bluefin tuna "is a luxury product, and this is tantamount to breeding elephants in captivity for their ivory." Which misses the point completely - had somebody bred elephants for their ivory, there would be a hell of a lot more elephants around today. Richartz appears to object to aquaculture generally, saying it "would rely on huge amounts of feed and antibiotics to keep farmed tuna from pests, which is not good for the environment." (See "The Price of Chilean Salmon.")

She might well be right about that. To get that conscience-free slice of sashimi, semiopaque, slicked with soy and quivering with rich mouthfeel, a lot of technical problems have to be solved. Tuna are hard to feed. Maybe fish farms will create a new niche for an environmentally destructive organism, like the evil varoa mite that has been threatening the world's population of honeybees. Genetic engineering has a way of backfiring, even if it's not in the Island of Dr. Moreau scenarios conjured up by critics.

But the fact is that, whether through DNA modification, artificial insemination, antibiotics or any other technique, high-tech aquaculture is the only way to save the planet's marine life. The genetically modified salmon aren't going to jump into the rivers and take over native ecosystems; they're bred inland, in tanks; even if one engineered a Finding Nemo-style escape to the open ocean, it couldn't do anything, since they're all bred to be sterile. A lot of experts see no other way. "I think the wave of the future is land-based, recirculating self-cleaning systems," says Martin Schreibman, a City University of New York biologist who studies aquaculture. "We still have issues, we still have problems, and they should be looked at very closely. The FDA is right to do that. But [aquaculture] is the only way to go," he says. "We don't have a choice anymore." (See TIME's article on learning to love the jellyfish.)

His basis for these statements is well established. Fish species are the foundation for all ocean life, and no one can say what will happen to the world food chain if 90% of ocean life forms collapse, which is likely to happen by 2048, according to a study in the immensely prestigious journal Science. The main reason the study gave wasn't global warming, or the great Pacific garbage patch or toxic runoff from industrial production. The reason was overfishing. If fish can be bred in hatcheries on a commercially viable scale, it will help stave off a food-scarcity crisis larger than any the world has ever known. So it might be in our interest not to scoff and sneer quite so reflexively. (Comment on this story.)

There's nothing wrong with modifying food to make it easier for us to grow. There are no black Angus cows grazing in the wild; they're the product of breeding for size, marbling and fast growth, not unlike the genetically modified salmon. If a farmed fish is bad for people, it needs to be banned until the problem is solved; but farming fish, in and of itself, is something that needs to be worked out - and soon. Eating the so-called "Frankenfish," however scary it may sound, is a small price to pay for saving the world. And who knows? Some day it might even taste as good as its wild cousins.

Josh Ozersky is a James Beard Award-winning food writer and the author of The Hamburger: A History. His food video site, Ozersky.TV, is updated daily. He is currently at work on a biography of Colonel Sanders.


---農民連食品分析センター---
2010年8月22日掲載
http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/display/7599/

 1996年、輸入食品などの安全性をチェックするため、農家や消費者の募金で設立。所在地は東京都板橋区。これまで、輸入小麦を使った学校給食用のパンや漢方薬、ベビーフードなどから残留農薬を検出。98年には中国産冷凍ホウレンソウから日本では禁止されている農薬が含まれていたことを突き止め、国が食品衛生法を改定するきっかけをつくった。一般からの、残留農薬や遺伝子組み換え作物、細菌の検出・分析依頼にも有料で応じている。同センター=03(3959)5660。
遺伝子組み換え菜種 自生次々 全国で確認 農民連食品分析センター 10港を調査 拡大や交雑 懸念の声

●農水省も把握「安全性確認」
 米国やカナダでは盛んに商業栽培が行われている半面、その安全性や、種子情報を企業が独占することの是非、人為的に遺伝子を操作することの倫理的問題など、評価が分かれる遺伝子組み換え(GM)作物。日本では試験栽培は行われていても、商業的に栽培されている食用・飼料作物はないのだが、福岡市の博多港など菜種を輸入する全国の港湾では、こぼれ落ちた種から発芽し、自生したGM菜種が次々に見つかっている。

■雑草交じりに点在
 大型の倉庫が立ち並ぶ、福岡市東区の博多港・箱崎埠頭(ふとう)。入港した貨物船の荷を運ぶため、普段はトラックが激しく行き交う物流拠点だ。ただ、この日はゴールデンウイーク中とあって、ほとんど人影はない。
 「あそこを見てください」。八田純人さん(36)が道端に生えていた黄色の花を見つけ、西洋菜種であることを確認すると写真に撮影。正確な位置を衛星利用測位システム(GPS)で登録し、根元から抜き取って採取袋に収めた。
 八田さんは、農家らでつくる農民運動全国連合会(東京)が設立した食品分析センターの研究員。2005年から調査隊を組織し、GM菜種を輸入している主要な港をめぐってGM菜種の拡大状況を調べている。
 埠頭を歩いていると、突然、倉庫の前にいたハトが飛び立った。八田さんがそのあたりの土を払うと、そこかしこに茶色の菜種の種が落ちていた。
 菜種を倉庫に移し替えるときにこぼしたか、トラックの荷台に残った菜種をほうきで払った残りか。ハトが餌にしているようだ。
 「以前と比べると改善されたという情報もありますが、ずさんな管理をしている業者もいるようです」
 路側帯、穀物倉庫の前、ガードレールの下…。車で通ると気付きにくいが、歩いてみると、雑草に交じり、菜の花が点在しているのがわかる。中央分離帯に1本だけ生えていた小麦も、こぼれた種から自生したものだろう。

■約3分の2がGM
 財務省貿易統計によると09年、菜種の輸入量は約207万トン。日本の主要輸入先、カナダの生産量の93%はGM菜種で、東京、名古屋、福岡など12港で陸揚げされている。
 八田さんらは今年3月から6月にかけ、博多港など10港で、陸揚げが予想される場所や運搬路など、種がこぼれ落ちそうな地点を中心に調査。採取した西洋菜種に、GM菜種が持つ除草剤(成分名グリホサートもしくはグルホシネート)に対する耐性遺伝子があるかどうかを、検出試験紙を使った簡易検査と、PCR法と呼ばれる分析機械による検査で確認した。
 結果は、全国で採取した86個体のうち58個体がGM菜種。福岡は15個体中9個体が該当。約3分の2がGMだったことになる。

■“想定の範囲内”か
国の対応はどうか。
 農林水産省は、国内でGM作物の栽培や流通を手掛ける場合、あらかじめ品種ごとに、食品や飼料としての安全性や、生物多様性に影響を及ぼす恐れがないことの科学的確認を義務付け。こうしたこぼれ種問題についても06年度から、菜種の輸入実績がある12港を中心に、おおむね半径5キロ以内に生育している西洋菜種、カラシナ、在来菜種の3種類を対象に調査を行い、自生や交雑の状況を報告書にまとめている。
 07年度の調査では、GM菜種とカラシナ、在来菜種との交雑は見つからなかったものの、6地域62地点でGM菜種が発見された。ただ、それらについては、人手がほとんど加えられない環境下では自生化するのは困難という理由などから、「国内で流通しているGM菜種は、学識経験者たちの検討によって安全性は確認済み」と説明する。
 港で発見されても、この程度なら“想定の範囲内”というわけだ。

■港湾部に収まらず
 だが、同省のそうした姿勢に疑問を抱く人もいる。
 一つは、採取したGM菜種から、グリホサートと、グルホシネートの両方の耐性を持つものや、組み換え遺伝子は持っているものの、遺伝子配列が何らかの理由で変わった可能性があるものが見つかること。
 「前者はGM作物同士を交雑した結果で、後者は国内で世代交代が進む過程で、突然変異が起こったからではないか」(八田さん)
 もう一つは、GM菜種の自生が港湾という限られた地域で収まっていないことだ。八田さんが福岡で採取したGM菜種の中には、箱崎埠頭から国道3号沿いに15キロほど南下した地点にあった個体も含まれる。
 筑波大農林学系の元教授、生井兵治さん(72)は「GM菜種は、在来種の非GM菜種はもちろん、アブラナ科のカブ、白菜と容易に交配する。置かれた環境によっては、遺伝子が近縁植物に移入する事例は、自然界ではよくある。こぼれ落ちた種の問題を見過ごすわけにはいかない」と、その危険性を指摘する。
 10月、名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)と、カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)。3週間にわたるこの二つの会議では、GM作物による損害が起きた場合の責任と救済に関する国際ルールづくりも議題に上るという。
 気が付いたら、道端に生えていた在来種が外来種に席巻されていたタンポポのように、一度、広がった植物の状態を元に戻すのは極めて難しい。まして見た目では区別のつかない遺伝子なら、なおさらその利用には慎重さが求められてもよいのではないか。遺伝子はその世代の人や一企業のものではないのだから。

0 コメント: