2010年9月6日月曜日

karrar

無人爆撃機カラルが公開された。
 イランが初の国産無人爆撃機「カラル」やミサイル搭載可能な2種類の
新型攻撃用船艇を公開したことに、米政府が警戒を強めている。
イランは原発を初稼働させたばかり。米政府は核兵器開発の阻止とともに、
通常兵器開発についてもイランの動向を注視していく構えだ。

カラル
・航行可能距離 1000キロ
・ステルス巡航ミサイル4本を搭載・発射可能
・115キロの爆弾2個または、230キロの爆弾1個を搭載可能
・イラン仮想敵国のイスラエルは射程圏外
・ペルシャ湾周辺での敵船艇への攻撃や偵察が主な任務

Reza Barun(イランUAV主要開発関係者)が爆撃で暗殺されたとの情報もある。
イスラエルとアラブ諸国がイランの核開発を妨害したとの噂のようだ。

公開されたカラルは、開発機で量産機ではないので、量産するまでには
1年くらいかかるらしい。UAVがイスラム過激派や北朝鮮等制裁国に渡った
ら、軍事バランスが変化し、制裁を続けることができるか疑問だ。

イラン 飛行禁止と給油拒否


Iran Unveils Domestically-built Unmanned Bomber The Associated Press

---イランの無人爆撃機「死の大使」公開に、米国が警戒強める---
2010.8.29 16:37
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100829/mds1008291638001-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】イランが初の国産無人爆撃機「カラル」やミサイル搭載可能な2種類の新型攻撃用船艇を公開したことに、米政府が警戒を強めている。イランは21日に原発を初稼働させたばかり。米政府は核兵器開発の阻止とともに、通常兵器開発についてもイランの動向を注視していく構えだ。
 クローリー国務省報道官は23日の記者会見で、「すべての国は、自国を防衛する権利がある。だが、潜在的に特定の国への脅威となったり、より広範囲に中東地域の平和と安定を脅かすことに対しては、関心を払っていく」と述べた。
 また、米ニュース専門テレビ「MSNBC」に対してクローリー報道官は、無人爆撃機開発について「イランが中東で地域大国を目指していることを示したものだ。われわれは適切に対応する」と強調した。一方で、「米国の最大の関心事は、あくまでもイランの核開発だ」とも語った。
 ゲーツ国防長官は今年3月に議会公聴会で、イランの無人爆撃機について「イラクやアフガンで使用されれば、米軍にとって困難な事態が起きるだろう」と語っている。
 イラン政府が23日に公開した攻撃型船艇は、繊維ガラスを素材とした高速警戒船とミサイル搭載船の2種類。前日の22日には、テヘラン市内のマレク・アシュタル大で無人爆撃機の完成式を行い、アフマディネジャド大統領が出席した。
 大統領は演説で、ペルシャ語で「攻撃者」を意味する爆撃機「カラル」について、別名“死の大使”と命名した。
 フランス通信(AFP)が23日、バヒディ国防軍需相の話として伝えたところによると、カラルの航行可能距離は1000キロで、レーダーに捕(ほ)捉(そく)されにくいステルス巡航ミサイル4本を搭載・発射でき、115キロの爆弾2個を搭載できる。
 ただ、イランが仮想的としているイスラエルは射程圏外。ペルシャ湾周辺での敵船艇への攻撃や偵察が主な任務とみられる。命中精度を含めた品質と量産可能かどうかは不明だ。
 イランは無人爆撃機を公開する前日の21日、南部のブシェール原発を初稼働させた。その前日には、地対地ミサイルの発射実験を実施。今年3月には、新型短距離ミサイル「ナスル(勝利)1号」の生産を開始するなど、通常兵器の開発を活発化させている。


---イラン、初の国産長距離無人爆撃機を公開---
2010.08.23 Mon posted at: 11:11 JST
http://www.cnn.co.jp/world/AIC201008230004.html

(CNN) イランの国営メディアによると、同国は22日、初の国産長距離無人爆撃機を公開した。
「カラル」と呼ばれるこの無人機は、国防産業の日を記念する式典で披露され、アフマディネジャド大統領も立ち会った。
 国営プレスTVによると、カラルは長距離を高速で飛び、地上の標的を爆撃する能力を持つ。ファルス通信によると、同国は今年2月、爆撃、偵察能力のある無人機2機種の製造ラインを立ち上げていた。
 プレスTVによると、イランは1992年以来、国産の戦車や装甲人員輸送車、ミサイル、戦闘機を製造し、昨年6月にはレーダーで探知できない爆撃機の実験に成功した。米軍は昨年3月、イラクでイランの無人偵察機を撃墜したと発表したが、イランの主要メディアは無人機に関連するニュースを一切伝えず、イラクの国家安全保障当局者もコメントを避けていた。
 プレスTVによれば、バヒディ国防相は同日、軍が「非常に重要な」プロジェクトを発表すると予告していた。イラン学生通信は、同国防相が21日、同国の防衛能力について「外国からの援助を必要としないレベルに達した」と述べたと伝えたが、これがカラル公開を指した発言だったのかどうかは明らかでない。
 イランでは21日、ロシアが建設に協力した同国初の原子力発電所に核燃料が搬入され、稼動態勢が整った。欧米は核開発計画との関連を懸念するが、イラン側は民生向けの平和利用を主張している。


---Iran unveils bomber drone that aims to deliver peace and friendship---
Ian Black, Middle East editor
guardian.co.uk, Sunday 22 August 2010 15.58 BST
http://www.guardian.co.uk/world/2010/aug/22/mahmoud-ahmadinejad-iran-bomber-drone

Iran President Mahmoud Ahmadinejad says craft has 'main message of peace and friendship' but is intended to deter aggression

has unveiled an unmanned, long-distance bomber drone described by the country's president, Mahmoud Ahmadinejad, as "an ambassador of death" to Tehran's enemies.

At a ceremony today, Ahmadinejad said the unmanned aerial vehicle (UAV) - named Karrar, meaning "striker" in Persian - had "a main message of peace and friendship" but was intended to deter aggression "and keep the enemy paralysed in his bases".

The presentation came as technicians began fuelling the Islamic republic's first nuclear power station, at Bushehr, in a development Israel has described as "totally unacceptable".

The US and Britain say the Bushehr plant, which is monitored by the UN's nuclear watchdog, poses no proliferation threat because Russia is supplying the nuclear fuel and will remove the spent fuel rods, minimising any risk that they could be used to make nuclear weapons.

Iran is under UN sanctions to force a halt to uranium enrichment because of fears that it secretly plans to build nuclear weapons. It flatly denies having any such intention.

Ahmed Vahidi, the Iranian defence minister, said the Karrar had a range of up to 620 miles, which is not far enough to reach Israel.

Iranian state TV reported that the UAV could carry four cruise missiles, two 250lb bombs or one 500lb bomb.

The drone was the latest item of military hardware to be inaugurated by Iran against a background of continuing tension over the nuclear issue.

On Friday, Tehran test-fired a new surface-to-surface missile called the Qiam (meaning "rising"). It has already developed long-range missiles capable of hitting Israel and eastern Europe and of carrying a nuclear warhead.

Earlier this month, the Debka file website, which appears to have links to Israeli intelligence, reported that the father of Iran's UAV programme, Reza Baruni, had been assassinated in a bomb attack in his home town of Ahwaz, in Khuzestan.

There has been no confirmation of this unattributed claim from any other source.

It is widely believed that western intelligence services, Israel and perhaps Arab countries have been seeking to sabotage the Iranian nuclear programme. Experts say the programme appears to have suffered setbacks.

The Iranian media has previously reported the successful test of a radar-evading "stealth" drone with bombing capabilities. In March 2009, US fighter jets in Iraq shot down an unmanned Iranian spy drone, generating concern in Washington.

Yesterday, Ahmadinejad warned that any attack against Iran would be "suicidal".

Still, the threat of pre-emptive military action that could ignite war across the Middle East may be receding. Obama administration officials were reported last week to have told Israel they believe Iran is still a year away from being able to build a nuclear weapon.

The New York Times quoted Israeli officials as saying that their assessments were coming into line with Washington's view, but they remain suspicious that Iran has a secret uranium enrichment site yet to be discovered - after one was revealed in a mountainside near Qom last September as sanctions moves intensified.

Israel, an undeclared atomic power which, unlike Iran, has not signed the nuclear non-proliferation treaty (NPT), has often warned that it cannot live with a nuclear-armed Iran and hinted that it may attack it, as it did Iraq's nuclear reactor in 1981.

Iran has repeatedly declared a willingness to return to nuclear talks with the EU, but the exact nature of any negotiations has yet to be defined. Nothing has happened since October.

Ahmadinejad was quoted in a Japanese newspaper on Friday as saying Iran would be prepared to stop higher-grade uranium enrichment if it was guaranteed nuclear fuel supplies for a research reactor. But the country's supreme leader, Ayatollah Ali Khamenei - who makes all key national security decisions - said last week that Iran would not talk to the US unless sanctions and military threats were lifted.

0 コメント: