2010年10月28日木曜日

米中間選挙 経済対策できず中国叩き

米中間選挙演説があった。
 オバマ米大統領は中間選挙(11月2日投開票)で民主党議席が大幅に減る
ことを念頭に、政権運営の戦略転換を検討し始めた。これまで民主党の
上下両院での多数を後ろ盾に大型景気対策や医療保険改革で党派対立を
辞さない強硬姿勢が目立ったが、選挙後は共和党との超党派合意を模索
する中道路線にかじを切る。

新体制で共和党に歩み寄る準備。
・大統領首席補佐官と国家経済会議委員長ら中枢メンバー交代
・下院議長や委員長ポストを共和党が奪還
・移民政策や地球温暖化対策の法案不成立
・委員会が閣僚を査問

オバマのアジア訪問で中国に立ち寄らないことが中国政府を硬化
「叩頭派」
 米政権内で一貫して中国への和解や譲歩を説くグループ
 スタインバーグ国務副長官、ベーダー国家安全保障会議アジア部長、
 CIAの実務者

「失望派」
 中国の対米態度に反発し、現実的で強固な対中政策を求めるグループ
 クリントン国務長官、パネタCIA長官、キャンベル国務次官補、
 グレグソン国防次官補
 ゲーツ国防長官は傾倒。

中間選挙の演説は、経済対策の効果が出ず、中国叩きでガス抜きをしている
ようだ。
選挙敗北と多くのメディアで報道され、政権内はレームダック状態のようだ。

中国への情報漏えいした青年に有罪判決が出たが、6年前から鼻薬かがされて、
国務省やCIA職員に応募したとのこと。
小泉政権の頃話題になった外務省のチャイナスクール。
研修は台湾と中国で行われているようだ。
米国では、有罪判決を受けたが、日本では情報提供者として外交官になって
いるかもしれない。


---米中間選挙で何が変わるか、来月2日投開票---
2010年10月26日 14:03 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/article/politics/2769505/6363591?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

【10月26日 AFP】2012年の米大統領選まで連邦議会を支配するのはバラク・オバマ(Barack Obama)大統領率いる民主党か、あるいは対立する共和党か――11月2日に投開票される米中間選挙で、米有権者の審判が下される。
 米中間選挙では下院の全435議席、上院の37議席が改選となるほか、30州以上で知事選が行われる。米国有権者の間では、10%近い失業率と景気低迷に民主党への怒りが大きなうねりとなっており、共和党が大きく勝利するとみられている。
 現在、下院は民主党が255議席、共和党が178議席を占め、空席が2議席ある。共和党が下院過半数となるためには、現状よりも39議席多く獲得する必要がある。また、上院は民主党が57議席、独立系で民主党を支持する場合の多い議員が2議席、共和党が41議席で、共和党が上院で過半数となるためには現状よりも10議席多く獲得しなければならない。

■オバマ大統領の公約実現を左右する中間選挙
 共和党は、上下両院のいずれか一方で過半数を獲得すれば、採決する法案の選択に大きな影響力を持つことが可能になる。そうなれば、オバマ大統領が未だに実現していない主要公約は、おそらく審議中断か、あるいは大幅な妥協を余儀なくされることになるだろう。
 2002年のジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)政権の例外はあるものの、米国では歴史的に、任期1期目の大統領の政党が中間選挙で議席を減らしている。


---オバマ氏が戦略転換へ 超党派合意探る政権運営---
2010.10.24 15:37
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101024/amr1010241538003-n1.htm

 オバマ米大統領は中間選挙(11月2日投開票)で民主党議席が大幅に減ることを念頭に、政権運営の戦略転換を検討し始めた。これまで民主党の上下両院での多数を後ろ盾に大型景気対策や医療保険改革で党派対立を辞さない強硬姿勢が目立ったが、選挙後は共和党との超党派合意を模索する中道路線にかじを切る。
 ホワイトハウスでは既にエマニュエル大統領首席補佐官やサマーズ国家経済会議(NEC)委員長ら中枢メンバーの交代が決定、新体制で共和党に歩み寄る準備を始めている。
 米メディアや専門家は中間選挙で下院の多数を共和党が握り、上院も拮抗(きっこう)すると予測。この場合、下院議長や委員長ポストを共和党が奪還、オバマ氏が重要課題とする移民政策や地球温暖化対策の法案成立は絶望的となる。それどころか、委員会が閣僚を査問する舞台となることもありうる。(共同)


---穏健VS強硬 オバマ政権、対中政策めぐり二分---
2010.10.24 00:55
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101024/amr1010240058000-n1.htm

 【ワシントン=古森義久】オバマ米政権が対中国政策をめぐって二分し、激しいやりとりが交わされていることが21日、米紙ワシントン・タイムズの報道で明らかになった。中国関連の取材で定評のあるビル・ガーツ記者が報じた。
 報道によると、オバマ大統領の11月のアジア訪問で中国に立ち寄らないことが中国政府をさらに硬化させ、米政権内部の従来からの意見対立を増幅させた。
 米政権内で一貫して中国への和解や譲歩を説くグループは「叩頭派」と呼ばれ、スタインバーグ国務副長官、ベーダー国家安全保障会議アジア部長、中央情報局(CIA)の実務者たちが主体という。
 これに対し、中国の対米態度に反発し、現実的で強固な対中政策を求めるグループは「失望派」と呼ばれ、クリントン国務長官、パネタCIA長官、キャンベル国務次官補、グレグソン国防次官補らがいる。オバマ大統領とバイデン副大統領はこの対中政策論議には加わっていないが、ゲーツ国防長官は「失望派」に傾いているとされる。
 報道はさらに「叩頭派」主体のオバマ政権のこれまでの対中政策では、イランや北朝鮮の核開発、人民元交換レート、貿易政策、気候変化、韓国哨戒艦沈没など、一連の重要案件で中国の協力を得られなかったことが失敗と指摘している。
 スタインバーグ国務副長官は中国に対し、現在の勢力拡大があくまで平和的であることを「戦略的に再確認」するよう求めたが断られ、和解や譲歩によるアプローチの失敗を印象付けているという。


---GOP and Democrats both predict victories---
By Lisa Mascaro, Tribune Washington Bureau
October 25, 2010
http://www.latimes.com/news/nationworld/nation/la-na-campaign-predictions-20101025,0,979641.story

Republican National Committee Chairman Michael Steele foresees an 'unprecedented wave' of wins Nov. 2. But embattled Democrats say voters are tired of hidden donations.

Reporting from Washington -
Republican National Committee Chairman Michael Steele on Sunday predicted an "unprecedented wave" of GOP victories while Democrats saw signs of voters awakening as both sides made arguments in the final week before the midterm election.

Democrats said voters were souring on the big money being funneled to outside groups supporting Republican candidates, including one organization co-founded by Karl Rove, a former advisor to President George W. Bush. Rove defended the spending Sunday as part of a campaign finance system in need of reform.

"I would like to have a different system, but we have the system we have," Rove said on CBS' "Face the Nation." Some outside groups are structured in a way that requires donor disclosure. "It is what it is, and the choice is whether you fight the battle with one arm tied behind your back or not," he said.

Democrats are in a fight to ensure turnout in battleground states. Dozens of congressional districts are considered too close to call. President Obama is scheduled to make a final campaign blitz next weekend, hitting four states in two days.

Rep. Chris Van Hollen (D-Md.), chairman of the party's House congressional campaign committee, said voters were beginning to connect the dots between outside donors and GOP races.

"These big interests are fighting hard to get back in power, and I think the American people are waking up to that fact," he said. "That's why I think you're seeing a closing of the political energy gap that's been talked about."

Republicans are depending on the enthusiasm of this year's highly motivated conservative voters, many of them associated with the "tea party" movement, to push turnout in their favor.

"You're going to see a wave, an unprecedented wave, on election day," Steele said on NBC's "Meet the Press."

Many political observers expect Republicans to pick up the 39 seats needed to wrest control of the House from Democrats. A GOP takeover of the Senate would be tougher, and neither Steele nor Rove was prepared to say that Republicans would win the 10 seats necessary.

Control of the Senate is likely to hinge on a few battleground states, including Nevada, where Senate Majority Leader Harry Reid hit the campaign trail Sunday in a dead-heat race.

Many states already have early voting underway, and both parties are pressing for an advantage among those casting their ballots before Nov. 2.

Obama is expected to deliver several speeches this week before embarking on his four-state push over the weekend. Obama and Vice President Joe Biden will headline a rally Oct. 31 at Cleveland State University.

Obama drew tens of thousands of voters to rallies last week, somewhat reminiscent of the movement that propelled him into office two years ago. Steele mocked Obama's campaigning as ineffectual.

"It actually sounded more like a pity party than a rally," Steele said.

Steele has faced criticism as RNC chairman, and he declined to say whether he would seek reelection. "I'm not irrelevant," he said in response to his critics.

The president this week also is scheduled to tape an interview with Jon Stewart of "The Daily Show."

Stewart and fellow comedian Stephen Colbert are headlining a rally Saturday on the National Mall in Washington as an alternative to the conservative-themed events held by tea party groups and commentator Glenn Beck.


---Election Day could bring historic split: Democrats lose House, keep Senate---
By Karen Tumulty
Washington Post Staff Writer
Sunday, October 24, 2010; 11:10 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/10/24/AR2010102403202.html?hpid=topnews

The question around Washington today is not whether Nov. 2 will be a difficult day for the Democrats who control Congress, but rather how bad it will be.

Increasingly, it looks like the answer depends on which chamber of Congress you're following.

The nonpartisan Cook Political Report now estimates that more than 90 Democratic House seats are potentially in play; on the Republican side of the aisle, it estimates that only nine appear in jeopardy. As a result, most leading forecasters say it is more likely that Republicans will win the 39 House seats they need to take control.

On the Senate side, however, the battle has narrowed to a handful of true nail-biters in Nevada, Pennsylvania, Illinois and Colorado - all of which are likely to stay close to the end.

It would take a sweep of nearly all of them, improbable but not impossible, for the Republicans to pick up the 10 seats they need to gain control of the chamber. At this point, it's possible that Democrats will end up losing only three or four seats, and they will count that as a good night.

If these trends hold - if the Republicans do gain the House without also taking control of the Senate - that would represent a historic anomaly: Not since the election of 1930 has the House changed hands without the Senate following suit.

Two national party officials, Republican National Committee Chairman Michael S. Steele and Democratic National Committee Chairman Timothy M. Kaine, gave very different predictions Sunday of what would happen on Election Day.

Steele said on NBC's "Meet the Press" that an unprecedented GOP wave would win control of both chambers as well as state legislatures, in a broad condemnation of President Obama and Democratic policies.

"The voters are tired of the fact that the federal government has not listened to them over the past two years, has moved in its own direction, at its own rhythm, and they want to pull back on that," Steele said.

Kaine, speaking on ABC's "This Week" pointed to strengthening poll numbers for his party's candidates as a sign that the Democratic base was getting energized.

"Four or five months ago, the Republicans thought they had a great chance at taking both houses," Kaine said. "For a variety of reasons, the Senate has gotten much more difficult for them. And again, we're seeing this week strong moves in polling for our Senate candidates" in several states.

Reflecting that potential trend, a Los Angeles Times/USC poll released Sunday found Democratic Sen. Barbara Boxer (Calif.) eight points ahead of Republican challenger Carly Fiorina, and a Denver Post/SurveyUSA poll found Democratic Sen. Michael Bennet (Colo.) tied with Republican challenger Ken Buck, whom he had trailed for months.


---米国青年、中国への情報漏洩で有罪---
2010.10.23 17:54
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101023/amr1010231756010-n1.htm

 【ワシントン=古森義久】中国留学中に中国の情報機関から「友好」を説かれ、スパイ活動を求められて応じた米国の青年が22日、バージニア州地裁で有罪を認めた。
 グレン・シュライバー被告(28)は「国家防衛情報を中国情報機関に流そうと意図した」という罪状を認めた。司法省の同日の発表によると、同被告は米国ミシガン州の州立大学を卒業後の2004年に上海に留学し、中国語などの勉強をしながら英語を使っての職を求めた。英字新聞の「英語での政治論文を書く仕事」という広告に応じたところ、「アマンダ」と名乗る中国女性らに接近され、実際に論文を書いて120ドルの報酬を得たという。
 同発表によると、その後、シュライバー被告はアマンダらに個人同士の友好や中国への友好を説かれ、将来、米国政府の国家防衛に関する秘密情報を入手して中国側に流すことを求められた。同被告はアマンダらが中国情報機関の工作員であることを知りながらも、その要求に応じ、06年から07年にかけ、米国政府の国務省や中央情報局(CIA)の職員に応募したという。
 同被告は09年12月にCIAへの採用決定を告げられた後、また上海に飛び、アマンダらとの打ち合わせを重ねた。それまでの過程で数回にわたり、合計7万ドルの協力資金を中国情報機関から受け取っていたという。
 中国は米国に対するスパイ活動を多様な形で強めており、今回のケースもその一端だとされる。


---中国のためCIA就職狙った米ミシガン州の男---
2010.10.23 09:29
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101023/amr1010230929002-n1.htm

 ロイター通信によると、中国政府のためにスパイ活動をする目的で米中央情報局(CIA)に就職しようとしたとして、謀議などの罪に問われた米ミシガン州デトロイトの男(28)が22日、バージニア州の連邦裁判所で開かれた審理で罪を認めた。禁固4年の実刑を受ける見通し。
 男は中国・上海に住んでいた際に知り合った中国の情報当局者らと2004年以降、約20回接触し、計7万ドル(約570万円)を受け取ったと供述した。
 中国側から米政府内での就職を求められ、国務省の外交官試験を2回受けたがいずれも失敗、07年にCIAに応募した。CIAによる採用審査手続きの中で、中国側との接触や金の受領について申告する必要があったが、隠したためにことし6月に訴追された。(共同)


---無人機爆撃めぐり密約否定 パキスタン首相---
2010.10.23 00:29
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/101023/asi1010230030001-n1.htm

 パキスタンのギラニ首相は22日の記者会見で、米国がパキスタン北西部のイスラム武装勢力に対し行っている無人機による爆撃について「ムシャラフ前大統領は偵察飛行は認めたが、攻撃は認めていない」と明らかにした。
 パキスタン政府は爆撃を繰り返し非難しているが、米軍がパキスタン領内で武装勢力を攻撃することを容認する密約を結んでいるとも指摘される。首相の発言はこれを否定した形だ。
 ギラニ首相はムシャラフ前大統領が「テロとの戦い」をめぐる米国との協議で、米無人機がパキスタン領空を飛行することを受け入れたとした上で「無人機攻撃にはうんざりしている。われわれは自らの尊厳を重んじ、主権については決して妥協しない」と述べた。(共同)


---オバマ氏「再選資格ある」39%…米世論調査---
2010年10月22日10時26分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101022-OYT1T00319.htm

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ギャラップ社が21日発表した世論調査によると、2012年の米大統領選でオバマ大統領は「再選の資格がある」とする回答が39%にとどまり、「資格がない」の54%を大きく下回った。
 大統領の支持率は最低だった8月中旬の41%から若干持ち直したものの47%だった。
 同社によれば、大統領の支持率が5割以下の時に実施された過去の中間選挙で、与党は下院で平均36議席失っており、11月2日の中間選挙での民主党の苦境が改めて印象づけられた格好だ。
 それでもクリントン元大統領は、民主党が惨敗した1期目の1994年中間選挙の直前に同社が行った調査で「再選の資格あり」との回答が38%だったにもかかわらず再選を果たしており、オバマ氏にもなお巻き返しの余地はありそうだ。


---Dalmia: China-bashing is for losers---
Last Updated: October 22. 2010 1:29AM
Shikha Dalmia / Forbes.com
http://www.detnews.com/article/20101022/MIVIEW/101022002/1467/opinion01/Dalmia--China-bashing-is-for-losers

China bashing has become a bipartisan sport this election season. But if the bashers won’t heed the economic case for not knocking down America’s second largest trading partner, they ought to consider the political one: Even if they get into office by peddling false economic theories, in order to stay there they will have to produce the right results. This protectionism never has - and never will - deliver.

Every election needs a foreign villain, and with the public ODed on the A-rab threat, our political class has turned its sights further East. And, truth be told, China’s autocracy is not helping itself by choosing this moment to halt shipments of rare metals used in wind mills, solar panels and the like. Still, slashing trade with China will do as much to stimulate America’s moribund economy as a bitch in heat would to stimulate my neutered dog’s libido.

That, however, is not preventing Democrats from pounding the issue. Virg Bernero, the Democratic gubernatorial candidate in Michigan, where I live, has dubbed his opponent, Rick Snyder, Chief Executive Outsourcer (ha, ha). Mr. Snyder’s crime is that he is a successful businessman who invested in a semiconductor company that once employed five - five! - people in Shenzen to sell its products in China. In other words, it is no longer a sin to buy from China. It is also a sin to sell to China! (Where did Bernero get his views on trade theory, anyway? The Kim Jong Il School of Autarky?)

Nor is Bernero alone in the Democratic Party: California Sen. Barbara Boxer is accusing her opponent Carly Fiorina, former CEO of Hewlett Packard, of outsourcing thousands of jobs to “Shanghai instead of San Jose”; Senate Speaker Harry Reid is calling Sharron Angle “a foreign worker’s best friend”; and Richard Blumenthal, Connecticut Attorney General running for Senate, who lied about serving in Vietnam, has the temerity to attack his opponent, the former CEO of World Wrestling Entertainment, for “outsourcing” American jobs because her company got toy action figures manufactured in China instead of America.


---【米中間選挙】不況で目立つ中国たたき 民主、共和両党候補者---
2010.10.19 20:02
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101019/chn1010192004006-n1.htm

 【ワシントン=古森義久】投開票まで2週間となった米国の中間選挙で、多数の候補が中国を「悪役」に位置づけ、その中国とのつながりを対抗馬への攻撃材料に使っている。今回の選挙では国際問題の争点はほとんどないが、経済面などでの中国の膨張ぶりや米中間の摩擦が有権者に負のイメージを与えることから生まれた選挙戦術ともいえそうだ。
 この現象は中国国営新華社通信もワシントン発で「民主、共和両党の政治家たちは突然、中国バッシング(たたき)を始めた」と報じた。東部のペンシルベニア州の上院選では、民主党のセスタック候補が共和党のツーミィ候補が中国の人民元切り上げを促す対中制裁法案に反対であることをとらえ、「中国の友人として地元の労働者を犠牲にしている」と攻撃している。
 オハイオ州の知事選では現職のストリックランド知事(民主)が挑戦者であるケーシック候補(共和)に対し、同候補がかつて下院議員として中国に貿易上の最恵国待遇を与える法案に賛成したことを「中国と結んでオハイオ州の9万1千の職を失わせた」と非難した。
 ミシガン州の知事選でも民主党のバーネロ候補が共和党のスナイダー候補に対し「自分が所有したパソコン企業を中国資本に売って、地元の米国人労働者に大量の失業をもたらした」という攻撃を浴びせた。 米メディアによると、民主党のリーダーであるペロシ下院議長が同党候補たちに選挙戦では中国を非難し、対抗馬を中国に結びつけて批判する方法を指示したという。この指示は民主党側の世論調査で有権者の多くが米国経済の不況や失業を中国の膨張のためだとして、その中国と提携する大企業や政治家に強い反感を持っているとの結果が出たからとされている。
 ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、10月中旬の時点で知事、上下両院議員の全候補のうち計29人が中国の名をネガティブに出して、対立候補の中国とのつながりを批判の標的とする選挙宣伝をテレビなどで行った。29人のうち民主党19、共和党10と、圧倒的に民主党が多いという。
 民主党は労働組合とのきずなが強く、失業対策や国内の生産保持には敏感で、もともと中国に厳しい傾向がある。
 米国の選挙戦で特定の外国が「悪役」として非難の標的となったのは、1980年代の日米経済摩擦での日本が先例としてある。


---【米中間選挙 試練のオバマ】茶会の勢い、本選でどこまで---
2010.10.18 08:03
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101018/amr1010180804004-n1.htm

 「米国は『選択』の国家であり、必要ないものの購入を人々に無理強いする国家ではない」
 カジノや高級ホテルが立ち並ぶ世界有数の歓楽街、ラスベガス。そのラスベガスのテレビ局で14日夜に行われたネバダ州の上院議員選候補者の討論会で、草の根の保守運動「ティーパーティー(茶会)」が支持する共和党の新人、シャロン・アングル候補(61)はきっぱりと言い切った。
 批判の対象はオバマ政権の医療保険制度改革。アングル氏は保険の適用範囲を最小限に抑え、あとは国民一人一人の判断に任せるべきだと主張した。国家の介入をできるだけ排除し、自ら下した判断には責任を負うという茶会の理念を代弁したのだった。

全米随一の激戦区
 ネバダ州は、茶会の「小さな政府」と、オバマ政権の「大きな政府」路線が正面から激突する全米随一の激戦区だ。民主党の候補者は、上院トップとしてオバマ政権を支えたハリー・リード院内総務(70)。最新のラスムセン社の支持率調査では、アングル氏49%、リード氏48%と互角だ。アングル氏が勝利すれば「躍進の象徴」となるだけに、共和党は最重点区のひとつに位置づけている。しかし、アングル氏への支持をめぐって地元の共和党は分裂、事実上の“内戦”状態に陥っているという。
 小さな政府を支持するアングル氏は、低所得者層への学費補助撤廃につながりかねない「教育省の解体」などに言及。あまりに極端な政治姿勢が煙たがられ、一部の共和党員がライバルであるはずのリード氏支持に回っている。
 「共和党員を含む他人との協力に拒絶や抵抗を示すことや、非現実的な政策を見過ごすことはできない」
 ネバダ州の共和党重鎮として知られるビル・ラッジオ州上院院内総務(83)は、アングル氏の政治姿勢をこう批判した。
 茶会は「大きな政府」の推進など、左傾化するオバマ政権に反発する市民運動として勢いをつけてきた。共和党支持者の7割近くが茶会に賛同しているともいわれるが、茶会の勢いにのって勝ち上がってきた一部の新人候補が打ち出す極端な政策が、共和党の中道系の拒否反応を招いている。“次善の選択”としてリード氏支持に転じた共和党員はラッジオ氏を含め州内ですでに200人以上いるという。

失望とため息
 ネバダ州では経済や雇用を牽引(けんいん)してきたカジノなどの観光業や建設業が世界的不況で失速。失業率は14.4%と4年前の3.2倍に達したとされている。
 3週間前、半年ほど働いたホテル建設現場を解雇された電気技術者、ジョゼフ・ハイさん(34)は「ほんの数年前まで、この街は希望にあふれていた。いまは失望が広がるばかりだ」とため息をもらした。
 5千ドル(約41万円)の月収は、失業保険で手にする1200ドル(9万8千円)に替わった。車のローンや離婚で生じた子供2人の養育費は、わずかな貯蓄を切り崩して捻出(ねんしゅつ)する。
 自らを「普通の女性」と称するアングル氏はテレビCMで「首都での生活が長すぎるリード氏は、ネバダの現実を把握できていない」と繰り返し批判した。ベテラン政治家として数々の修羅場をくぐり抜けてきたリード氏は討論会で、「父は炭鉱で働き、給与の支払いが遅れることもあった。不況でもがき苦しむ経験は私もよく知っている」とかわした。
 中間選挙の予備選で勢いを見せつけた茶会が本選でもそれを再び発揮できるのかどうか。ネバダ上院選はそれを見極める重要な舞台となりそうだ。(ネバダ州ラスベガス 犬塚陽介)=おわり


---China-Bashing Gains Bipartisan Support---
OCTOBER 8, 2010
By NAFTALI BENDAVID
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704689804575536283175049718.html?mod=googlenews_wsj

China is emerging as a bogeyman this campaign season, with candidates across the American political spectrum seizing on anxieties about the country's growing economic might to pummel each other on trade, outsourcing and the deficit.

In television ads, China is framed as an ominous foreign influence in a time of economic anxiety, often accompanied by red flags and communist-style stars and sometimes by Asian-sounding music. Democrats say Republicans support tax breaks that reward companies for moving jobs to China; Republicans blame Democrats for a federal budget deficit they say forces the U.S. to borrow money from China.

"Candidates are looking to speak in a visceral way to the fears and concerns of voters about jobs," said Lawrence Jacobs, a political scientist at the University of Minnesota. "Bashing China is safe."

The heated rhetoric puts the White House in a bind. Administration officials often don't mind Congress putting pressure on China, and Treasury Secretary Timothy Geithner himself in a speech Wednesday offered a blunt critique of Beijing's currency policy. But officials also worry that a confrontational approach could backfire.

Both nations may feel compelled by public opinion to engage in "an escalation of rhetoric that is going to be difficult to manage" after the election, said Charles Freeman, chairman of China studies at the Center for Strategic and International Studies in Washington.

Wang Baodong, a spokesman for Beijing's embassy in Washington, criticized candidates' use of his country in campaign messages. "China is committed to promoting strong bilateral trade and economic cooperation, which brings about enormous benefit to the welfare of our two peoples," Mr. Wang said. "So making China an issue in the elections or in any other forms is irrelevant and wrong-targeted."

Mark Schauer, a Michigan Democrat facing a tough re-election fight, has aired an ad against his Republican rival saying, "Tim Walberg made it way too easy for companies to outsource our jobs to China." Mr. Walberg said the ad was misleading and that he considered American products superior to Chinese ones.

In Ohio, Democratic Senate candidate Lee Fisher has focused on GOP opponent Rob Portman's stint as a House member and as U.S. trade representative under President George W. Bush. "Congressman Rob Portman knows how to grow the economy-in China," said a recent Fisher ad.

The Portman campaign rejected these assertions, saying Mr. Portman fought to increase exports and was the first U.S. trade representative to take China to court and win.

Republicans, for their part, cited China in their recently released "Pledge to America." "We now borrow 41 cents of every dollar we spend, much of it from foreign countries, including China, and leave the bill to our kids and grandkids," it said, as it attacked Democrats for "unparalleled recklessness with taxpayer dollars."

Warnings of foreign influence have often been a feature of U.S. elections, especially in times of economic insecurity. And there is little reason to believe the latest ads will have a long-term effect on U.S.-China relations. or on the fate of anti-China legislation, which has struggled in Congress.But with China on the rise, warnings about it seem to have a special resonance this campaign season. The House, with GOP support, passed a bill in September to penalize Beijing's foreign-exchange practices. A few days earlier, Democrats unsuccessfully pushed a measure to end corporate tax deductions for expenses related to shifting jobs overseas.

Meanwhile, in West Virginia, an ad by Republican Spike Maynard against Rep. Nick Rahall featured Asian music and Chinese flags. It cited a Texas wind farm that reportedly planned to apply for federal stimulus funds while obtaining its windmills from China. "It's on our jeans, even our children's toys: 'Made in China,' " the narrator said.

Democrats said the windmill project would have materials manufactured in the U.S. and that the operator hadn't applied for stimulus funds.

A similar back-and-forth is unfolding in Virginia, where an ad by Republican State Sen. Robert Hurt accuses Rep. Tom Perriello (D., Va.) of voting to give tax breaks to foreign companies "creating jobs in China."

That's a reference to a portion of the stimulus package that gives tax breaks for green jobs. The Perriello campaign said Mr. Hurt's pledge not to raise taxes means he'd oppose closing tax loopholes for companies that move jobs overseas.

0 コメント: