2010年10月18日月曜日

親中米国 人権批判してもC130輸出許可へ

 オバマ米大統領は、天安門事件後に米国内法で定めた対中武器禁輸措置を
一部緩和し、C130輸送機の対中輸出を一時的に認める方針を議会に伝達した。
ホワイトハウスが議会あての書簡を公表した。
 オバマ大統領は書簡で「海上の油流出に対応するためのC130」の禁輸措置
緩和が「米国の国益にかなう」と指摘した。

オバマは、「中国では、遼寧省大連市の港で石油パイプラインが爆発、
大量の油が海に流出」を理由に中国にC130を輸出許可するようだ。
核廃絶と演説をしてノーベル平和賞もらったのに、核実験を実施。
チリの落盤事故救出中にどさくさに紛れて発表した。
オバマは演説はうまいが、政治家としての能力が決して高くないとの評価は
正しい。

C130は、海自の軍事調査でも使われたように、長時間の航行と輸送に
適している。日本海の工作船監視やイラクの軍関係者輸送等の後方支援が
よく報道された。

海自と同等のものが、中国に輸出されると複製され、輸出されるだろうし、
東シナ海から東南アジア沿岸にかけて、中国の監視を行われることになる。

プロ民主主義活動家夫妻の人権問題にしても、制裁をと社交辞令で言うだけ
で、実際には、武器を売るようだ。報道官は「売っていない」と言うが、
ゲーツは、輸出契約に署名した。中国の美人局で恐喝されたのだろうか。

中国「国家政権転覆扇動罪」増加
イラクのC130 主輸送品は米兵
米国 中国の報復に困惑か


---米国:抑止力維持、方針崩さず オバマ政権初の核実験---
毎日新聞 2010年10月13日 20時50分
http://mainichi.jp/select/world/news/20101014k0000m030083000c.html

 【ワシントン草野和彦、テヘラン鵜塚健】オバマ米政権が先月、06年以来となる24回目の臨界前核実験を実施していたことが明らかになった。「核兵器のない世界」を目指すオバマ大統領が09年の就任後、初めて実施した実験は、他国に核兵器が存在する限りは、米国は核抑止力を維持するという大統領の方針を踏襲したものだ。米国内に根強い「核抑止力低下」への懸念を払しょくする狙いもありそうだ。
 エネルギー省傘下の核安全保障局(NNSA)によると、今回の実験は、原爆開発で知られるニューメキシコ州の核開発研究機関ロスアラモス国立研究所が担当。9月15日夕、ネバダ州の地下約300メートルにある実験室で実施された。
 オバマ大統領が「核なき世界」を訴えたのは09年4月の「プラハ演説」だが、その目的は「核テロの防止」だ。演説でも「世界に核兵器が存在するうちは、米国は安全な方法で核兵器を維持する」と明言している。
 これを具体化したのが、核戦略の指針として今年4月に発表した「核態勢見直し」(NPR)だ。核兵器の役割について、通常兵器の能力向上により削減させる一方、「米国と同盟国に対する核攻撃の抑止」という基本路線は崩さなかった。
 また、新たな核兵器開発はしないが、研究や、現有する核兵器の使用期限の延長を継続することも明らかにした。今回の実験はその一環であり、NNSAによると、実験データは「保有する核兵器の安全性と効率性を測定する」ために使用され、あと2回の実験が近く予定されている。
 今年2月発表の11会計年度の予算教書では、NNSAの核兵器性能維持の関連費として、10会計年度予算から11%増の70億ドル(約5700億円)が盛り込まれた。さらにバイデン副大統領は、核兵器関連費を次の5年間でさらに50億ドル増額すると表明している。
 「核抑止力維持」の一連の措置は、NPRだけでなく、今年4月にロシアと締結した新戦略兵器削減条約(新START)を巡る動きとも連動する。共和党から「核抑止力の低下につながる」との反発が出ているためだ。
 条約批准には、上院(定数100)で67人以上の賛成が必要だ。現在は与党民主が59(無所属2を含む)、共和党が41だが、11月の中間選挙では民主の議席減が予想され、選挙結果が反映される来年1月以降は、さらに批准が難しくなる。今回の実験でオバマ大統領は核抑止を重視する姿勢を見せることで、「共和党票固め」を狙ったものといえる。
 一方、核開発疑惑で非難されるイランからは反発の声が上がった。女性NGO「平和友好協会」のスサン・サファベルディ代表は「根拠のないイランの核兵器開発疑惑を指摘する一方で、核実験を続けていたことは明らかな二重基準であり、米国が今も『世界の警察官』気どりであることの表れだ」とオバマ政権を批判。「平和を築くには、相互の尊重に基づく対話が基本だが、米国は勝手な独り芝居を続けているようだ」と非難した。


---【劉氏に平和賞】妻の霞さん、軟禁状態に 米人権団体が声明---
2010.10.11 09:39
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101011/chn1010110941004-n1.htm

 米国の民間人権団体「フリーダムナウ」は10日、ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏(54)の妻、劉霞さんが中国の治安当局によって北京の自宅アパートで軟禁状態に置かれているとの声明を発表した。
 同団体によると、劉霞さんは携帯電話の使用を禁じられているほか、友人やメディアが劉霞さんの自宅を訪ねることも禁止されているという。(共同)


---米大統領、対中武器禁輸を一部緩和 原油流出対策でオバマ政権---
2010.10.9 10:55
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101009/chn1010091102006-n1.htm

 オバマ米大統領は8日、1989年の天安門事件後に米国内法で定めた対中武器禁輸措置を一部緩和し、C130輸送機の対中輸出を一時的に認める方針を議会に伝達した。ホワイトハウスが議会あての書簡を公表した。
 ゲーツ米国防長官がベトナムの首都ハノイで中国の梁光烈国防相と会談を予定するなど、中断していた米中の軍事交流は再開に向かっており、禁輸緩和はこれに合わせた措置の可能性がある。
 オバマ大統領は書簡で「海上の油流出に対応するためのC130」の禁輸措置緩和が「米国の国益にかなう」と指摘した。中国では7月、遼寧省大連市の港で石油パイプラインが爆発、大量の油が海に流出した。(共同)


---Obama loosens sanctions on C-130s to China---
By Bill Gertz
The Washington Times
8:04 p.m., Monday, October 11, 2010
http://www.washingtontimes.com/news/2010/oct/11/obama-loosens-sanctions-on-c-130s-to-china/

Timing of waiver questioned by critics
President Obama issued a waiver loosening Tiananmen arms sanctions for C-130 military transports for China a day after the Nobel Peace Prize was awarded to an imprisoned Chinese dissident who dedicated the prize this past weekend to the victims of the 1989 crackdown.

Chinese state-run news media on Monday hailed the White House waiver announcement as a sign Washington is moving to lift the 11-year-old arms embargo.

However, White House National Security Council spokesman Michael Hammer said the waiver issued on Saturday will not allow C-130s sales. "Under this announcement, we are not selling any aircraft to anyone," he stated in an e-mail.

Mr. Obama's letter to House Speaker Nancy Pelosi announcing the waiver states that it is lifting a ban on "temporary munitions export licenses" for C-130s that currently is banned by the fiscal 1990 Foreign Relations Act. The law bars sales to China of "any defense item on the U.S. Munitions Control list" unless "the president makes a report" waiving the restriction.

Mr. Hammer said the waiver is intended to assist companies in Southeast Asia that use C-130s for cleaning up oil spills. The waiver will permit C-130s to land in China to refuel, or take on chemicals used in dispersing oil spills, after first obtaining a U.S. export license, he said.

Sharon Hom, executive director of Human Rights in China, said the lack of any urgent oil spill emergency and the timing of the waiver so close to the Nobel award "sends a mixed signal to the Chinese leadership and undercuts President Obama's call for Liu Xiaobo's release, especially in light of the June 4 genesis of the U.S. export ban."

The waiver announcement and China's view of it also raised concerns among some specialists who view it as a step by the Obama administration toward eventually lifting the arms embargo.

"The C-130 proposal is obviously a toe in the water and, as such, should be rejected," said John Bolton, former undersecretary of state for international security. "This administration seems to have two messages about America for foreign governments: weak and weaker."

Edward Timperlake, a former Pentagon technology security official, agreed: "This will ultimately undermine Tiananmen sanctions because the Chinese state-controlled media is hyping that as their objective."

"A very courageous Chinese citizen just received the Nobel Prize, and his wife has been placed under house arrest - announcing this waiver now makes a mockery of any administration pretense of supporting human rights, regardless of the expedient environmental fig-leaf justification," Mr. Timperlake said.

An administration official said the waiver covers all C-130s, military or civilian, "but is intended for those used by oil spill companies, which routinely use them."

"This waiver doesn't lift the U.S. license requirement and doesn't provide any kind of blanket authorization," the official said. "We would still process license applications on a case-by-case basis. This is merely for contingency plans - to get material to the site wherever an environmental disaster occurs."

Chinese human rights advocate Liu Xiaobo, who was awarded the Nobel Peace Prize on Friday, said over the weekend that he dedicated the prize to the victims of Tiananmen Square, according to his wife, Liu Xia.

Mrs. Liu told reporters that Mr. Liu said on Sunday of the prize: "This is for the lost souls of June 4" - the date used to described the events of the 1989 massacre in which hundreds and perhaps thousands of Chinese were killed when military tanks and armored vehicles fired on pro-democracy protesters in Beijing's main square.

The waiver also appears linked to the current visit to Vietnam by Defense Secretary Robert M. Gates, who on Monday repeated U.S. concerns about growing Chinese assertiveness over the South China Sea. "The U.S. has a long-standing national interest in freedom of navigation and open access to Asia's maritime commons," Mr. Gates said.

Vietnam is said by U.S. officials to be worried about growing Chinese territorial encroachment in the resource-rich South China Sea, which China has in the past declared off-limits to non-Chinese fishing vessels.

China also set off alarms among governments in the region in August by announcing it has planted a Chinese flag on the floor of the South China Sea, using a mini-submarine.

The China Times report quoted Chinese Col. Zhao Xiaozhuo of the Academy of Military Science as saying the U.S. should sell military goods like C-130s to China.

"As a tactical transport, C-130 cargo aircraft serve for middle-ranged deliveries - that is, the distance is within the [battlefield] theater," said Col. Zhao.

The C-130, first flown in 1954, is considered one of the world's premier military transports that can take off and land on rough airstrips. The aircraft is used widely by U.S. special forces commandos, for parachute troops, to launch drones and for dropping 10,000-pound bombs.

John Tkacik, a former State Department China affairs specialist, said the C-130 waiver and China's response appeared linked to Mr. Gates' visit to the region.

"It sends the wrong message to the Southeast Asians, its send the wrong message to the Chinese," Mr. Tkacik said. "We should not be encouraging the Chinese to have long-range air-lift capabilities for their military."

China currently operates a fleet of similar Y-8 Shaanxi transports and is building a Y-9 transport that closely resembles the C-130.

0 コメント: