2010年11月8日月曜日

台湾 二重スパイで逮捕

台湾で二重スパイが逮捕された。
 台湾国防部の情報機関である軍事情報局で、中国情報の収集を担当
する上校が中国側から買収され、中国に潜入している台湾の情報要員
リストなどの機密情報を漏らしていたことが分かった。

Lo Pin
台湾ビジネスマンを装った情報要員。
台湾国防部と協力し、中国国内に潜入し情報収集。
2004年に中国福建省で当局に拘束される。
拷問、脅しや金銭により「二重スパイ」となる。
中国側からの多額の金銭を上校に渡したり、台湾の機密を香港で中国
情報部に渡す仲介者。
後に、逮捕。
1回の仲介の見返りにUS$2,000~US$3,000を受取る。

Lo Chi-cheng
情報要員Lo Pinを中国国内に潜入させた。
Lo Pinを仲介して、中国側からの多額の金銭を受取り、台湾の機密を提供。
潜入スパイ名簿や内部の会議録などの機密情報100件以上を提供。
機密資料を保存したUSBメモリを情報要員に渡そうとした現場を発見
され、逮捕。
1回の情報提供の見返りにUS$4,000~US$6,000を受取る。

台湾政府は前回の選挙で親中派政府となった。
台湾から得たインテリジェンスを利用して、選挙工作した可能性が高い。
この推論が正しければ、台湾国防部のカウンターインテリジェンスは
思った程、優秀ではないのか。
敵対国が隣接するため、情報戦と報道された時期があったが、昔のことの
ようだ。

チベット衝突 デモ扇動者は偽装中国警官か


---【外信コラム】台湾有情 諜報戦も中国優勢---
2010.11.5 03:04
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101105/chn1011050304000-n1.htm

 対中諜報(ちょうほう)工作を担当する台湾軍の現役大佐が中国に軍事機密を漏洩(ろうえい)した疑いで逮捕された事件は、中台の諜報戦でも中国が優位にあることを印象づけた。
 逮捕された羅奇正大佐は中国に諜報員を配置する国防部軍事情報局の幹部。中国は同局から派遣された台湾人ビジネスマンを捕まえて寝返らせ、彼を通じて逆に羅大佐を金銭で籠絡(ろうらく)し、機密情報を集めていた。
 軍当局は「影響は限定的」と事態の沈静化に努めているが、台湾の対中諜報網が丸裸にされている懸念もぬぐえない。
 中国が改革・開放政策に移行した1980年代以降は、台湾からあまたの人と資金が流れ込んだ。中国の政府・軍幹部などがビジネスマンを装った台湾諜報員に買収されて機密情報を売り渡し、重刑に処される事件も少なくなかった。
 ところが近年は逆に台湾の現、元軍幹部や技術者などが中国に買収される事件が相次いでいる。経済や軍事力で台湾を追い越した中国が、豊富な資金力を背景に諜報戦でも優位に立ち始めた観がある。
 対策としてスパイ犯への刑罰強化を求める声も聞かれる。しかし一昨年末の三通(中台直接の通商、通航、通信)解禁で中国からのヒトや資金の流入が加速しているだけに、中国の優勢に歯止めをかけることはかなり難しそうだ。(山本勲)


---台湾情報担当官、中国に買収され機密情報漏らす---
2010年11月3日15時12分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101102-OYT1T01011.htm

 【北京=源一秀】台湾国防部軍事情報局に所属する中国情報担当官(大佐に相当)が中国に買収され、中国で活動する台湾側情報員の名簿など機密情報を漏らしていたことが発覚、10月末、台湾当局に逮捕された。
2日付の台湾各紙が伝えた。
 報道によると、この担当官は、中国に買収されて「二重スパイ」となっていた部下を通じ、2007年から12回、機密情報を中国側に提供、約10万米ドル(800万円)の報酬を受け取っていたという。


---MIB officer held as China double agent---
Wed, Nov 03, 2010
By Rich Chang / Staff Reporter, with AFP
http://www.taipeitimes.com/News/front/archives/2010/11/03/2003487579

SPY VERSUS SPY:According to prosecutors, classified information that Colonel Lo Chi-cheng passed to China included a list of Taiwanese spies working in the country

A senior Taiwanese military officer was taken into custody on Monday on charges of leaking confidential intelligence to China, in a case described as the highest level of espionage in the past 20 years and which has put Taiwanese spies operating in China in grave danger.

The officer, who worked for the Military Intelligence Bureau (MIB), was identified as Colonel Lo Chi-cheng (羅奇正). Lo, who reports said was in charge at the bureau of building Taiwan’s spy network in China, is suspected of forwarding classified information and data to unauthorized personnel in violation of national laws.

The Military High Court agreed to a request to keep Lo detained pending further investigation by military judicial authorities on the grounds that Lo could impair national security or collude with witnesses to give false testimony if freed, a press release said.

Newspaper reports said military prosecutors believed Lo collaborated with a China-based Taiwanese businessman, identified as Lo Pin (羅斌), to collect military intelligence for China. Lo Pin has also been detained, pending the progress of the investigation, reports said.

According to the Chinese--language Apple Daily, some of the classified information passed on to China included lists of spies stationed in China.

The information is believed to have compromised crucial Taiwanese intelligence networks in China and the agents were now “running for their lives,” an unnamed military source told the paper.

However, ministry spokesman Major General Yu Sy-tue (虞思祖) told a press conference yesterday that the damage caused to the Taiwanese military was relatively low.

Prosecutors said Lo Pin was recruited by the MIB in 2004 to serve as a source in China, where he went under the cover of a Taiwanese businessman.

However, Lo Pin’s cover was blown, which led to his arrest in Fujian Province by the end of 2004.

Lo Pin told prosecutors he was tortured by Chinese security -officials for 15 days before confessing that Lo Chi-cheng was his handler in Taiwanese intelligence.

Prosecutors said Lo Pin returned to Taiwan to persuade Lo Chi-cheng to collect classified information for China and beginning in 2007, Lo Chi-cheng started to forward classified information to Lo Pin, which he then allegedly handed over to Chinese intelligence in Hong Kong.

Lo Chi-cheng received a payment of between US$4,000 and US$6,000 each time he passed information, while Lo Pin received a payment between US$2,000 and US$3,000, prosecutors said.

Prosecutors said they suspected Lo Chi-cheng leaked classified information to China on at least 12 occasions. Over that period, Lo Chi-cheng is believed to have amassed as much as US$100,000 in payments from Chinese intelligence.

The Chinese-language United Daily News said the MIB had been monitoring Lo Chi-cheng’s actions for “quite some time” and laid the groundwork to collect evidence and witnesses.

Acting on a tipoff that Lo Chi-cheng was about to pass military intelligence to Lo Pin late last month, military prosecutors cooperated with the Taiwan High Prosecutors’ Office and the Ministry of Justice Investigation Bureau (MJIB) to pursue the case, the United Daily News said.

Investigators who searched the residences of the two men found bank passbooks and other data related to the case. MJIB agents have also questioned holders of proxy accounts linked to the case who admitted being asked by Lo Chi-cheng to open them for his intelligence purposes, the paper said.

On Saturday, investigators -followed the two suspects to a post office in Banciao (板橋), where Lo Chi-cheng gave Lo Pin a flash drive believed to contain classified military information.

Commenting on the matter in the legislature yesterday, DPP Legislator Tsai Huang-liang (蔡煌瑯) questioned whether cross-strait espionage had yet to decrease despite warming economic relations with China.

“If the government is so optimistic about cross-strait relations, then why are the espionage battles between the two sides still so heated?” he asked.

He also expressed concern that Taiwan’s spy network in China could have been compromised and said that the government should consider negotiating the protection of Taiwanese spies in China and their safe return to Taiwan.


---中国にスパイ名簿漏えいで逮捕 台湾の情報将校---
2010年11月2日 18時11分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010110201000703.html

 【台北共同】台湾国防部(国防省)の情報機関である軍事情報局で、中国情報の収集を担当する上校(大佐に相当)が中国側から買収され、中国に潜入している台湾の情報要員リストなどの機密情報を漏らしていたことが分かった。2日付の台湾各紙が報じた。
 報道によると、この上校は10月31日に逮捕された。国防部は、軍事情報局の軍人に機密漏えいの疑いがあり逮捕したことを認める発表資料を出したが、詳しい内容は明らかにしていない。
 台湾紙、中国時報などによると、上校は台湾ビジネスマンを装った情報要員を中国国内に潜入させて情報収集していたが、この要員が中国当局に拘束され、脅しや金銭により寝返って「二重スパイ」となった。さらに中国側からの多額の金銭を上校に渡して、台湾の機密を提供するよう要請。
 上校は、潜入スパイ名簿や内部の会議録などの機密情報100件以上を提供。10月末に、機密資料を保存したUSBメモリーを情報要員に渡そうとした現場を発見され、情報要員とともに逮捕された。

0 コメント: