2010年11月17日水曜日

露ツポレフ 哨戒飛行

露ツポレフが哨戒飛行をした。
 露国防省は、露空軍の長距離戦略爆撃機「ツポレフ95MS」4機が同日、
太平洋と北極海の上空を哨戒飛行し、日本の自衛隊と韓国軍、ノルウェー
軍の戦闘機計10機の追尾を受けたことを明らかにした。
 飛行は空中で給油を受けながら計約15時間にわたって公海上で行われ、
領空侵犯はしていないとしている。

2年前には、領空侵犯を頻繁にしていたことが、報道されていたが、
今年は露首相の北方領土訪問に変わった。
空自、韓国空軍、ノルウェー、英空軍等が緊急発進したようだ。
空自、英空軍は緊急発進する回数が増えたと発表している。
露政府は、投資する場所を間違えているように思う。

露爆撃機が領空侵犯
領空侵犯の露爆撃機編隊 ニミッツも挑発
TU142接近
Tu95 アラスカ遊覧飛行


---ロシア爆撃機を自衛隊機などが追尾---
2010.11.13 00:17
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/101113/erp1011130021000-n1.htm

 インタファクス通信によると、ロシア国防省は12日、ロシア空軍の長距離戦略爆撃機「ツポレフ95MS」4機が同日、太平洋と北極海の上空を哨戒飛行し、日本の自衛隊と韓国軍、ノルウェー軍の戦闘機計10機の追尾を受けたことを明らかにした。
 飛行は空中で給油を受けながら計約15時間にわたって公海上で行われ、領空侵犯はしていないとしている。(共同)


---今年度上半期緊急発進回数 対ロシア機急増---
2010/10/28日付
http://www.asagumo-news.com/news/201010/101028/10102810.html

日本海から太平洋へ 長距離周回目立つ
 統幕は10月21日、空自機による22年度上半期の緊急発進(スクランブル)回数を発表した。
 それによると、今年4月1日から9月30日までの緊急発進回数は186回(昨年度同期146回)で、領空侵犯はなかった。各方面隊別の回数は、北空78回(同61回)、中空50回(同22回)、西空22回(同13回)、南混団36回(同50回)で、南混団を除いて軒並み増加した。
 対象機の国籍別(推定を含む)発進回数は、対ロシア機が149回(同84回)と急増、依然として全体の約80%を占めて最多で、対中国機が24回(約13%、同22回)、対台湾機が4回(約2%、同12回)、民間機などと見られる判別困難な「その他」が9回(約5%、同20回)だった。昨年同期は、長距離弾道ミサイル発射に際して日本領空に接近してきた北朝鮮機に対する緊急発進があったが、今年度はない。
 上半期186回のうち、第2四半期のみの回数は121回で、方面隊別の内訳は北空45回、中空34回、西空18回、南混団24回。国籍別では対ロシア機97回、対中国機15回、対台湾機2回、その他7回と、露軍機の急増が目立った。
 今期の特徴は、露軍機がわが国領空に沿った日本海から太平洋に至る特異な長距離飛行で、15件の事例が公表された。
 うち6月10日に北海道周辺を飛行した露空軍のツポレフTu160超音速戦略爆撃機(ブラックジャック)は、空自戦闘機によって今回初めて目視確認と写真撮影が行われたほか、6月29日から7月8日まで北方領土を含む極東とシベリアの両軍管区の陸海空域で2万人が参加して行われた大規模軍事演習「ボストーク2010」では、露海軍のイリューシンIL38型対潜哨戒機や露空軍のツポレフTu95型長距離爆撃機が相次いで日本周辺空域を飛行した。
 昭和33年に対領空侵犯措置任務が開始されて以来の緊急発進回数は、昭和59年度の944回をピークに平成元年以降は減少していたが、最近5年間では露軍機や中国機によるわが国周辺での飛行が目立ち、年間200~300回程度と再び増加傾向にある。


---RAF jets scrambled twice in one week to intercept Russian nuclear bombers---
By Daily Mail Reporter
Last updated at 2:59 PM on 27th October 2010
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1324147/RAF-jets-scrambled-twice-week-intercept-Russian-nuclear-bombers.html?ito=feeds-newsxml

RAF fighter jets have been scrambled to intercept Russian nuclear bombers near British airspace twice in the last week, it emerged today.

The alarm was raised after the huge Tupolev Tu95 'Bears' were spotted on Monday and Tuesday, flying in a Nato-policed zone close to the UK.

Tornados from RAF Leuchars in Fife were despatched to identify and escort the bombers back to international air space.

The incident is the the latest in a long line of cat-and-mouse engagements between RAF fighters and Russian aircraft, as the Kremlin seeks to test Western response times.

Earlier this year, it emerged that the RAF's elite 'Quick Reaction Alert' force had taken to the air 64 times since 2006 - at least once a month - to head off Russian aircraft.

A Ministry of Defence spokesman said: 'Tornado aircraft from RAF Leuchars were launched last week to determine the identity of aircraft that entered the Nato Air Policing Area and which could not be identified by other means.

'The aircraft were identified as Russian military aircraft.'

Reports of the latest engagements emerged as Scotland's First Minister Alex Salmond hit out at the 'lack of clarity' from the Coalition Government over the future of two RAF bases threatened with closure.

The fates of RAF Kinloss and RAF Lossiemouth in Moray are hanging in the balance as a result of the sweeping military cuts announced by Prime Minister David Cameron last week.

An order for nine Nimrod MRA4 surveillance aircraft, due to have been based at Kinloss, was cancelled as part of the defence review.

Lossiemouth is home to part of the UK's Tornado strike force, which is being reduced and could be moved to a single base in England.

Mr Salmond said: 'We will not take this lying down. To close RAF Lossiemouth would be catastrophic for an area for which defence has been a vital component for 70 years. Together the RAF bases represent around a quarter of Scotland's defence footprint.'

Locals - backed by Colin McGregor, the former jet-pilot brother of Hollywood star Ewan - have launched campaigns to save the two bases from the axe.

The bases employ about 4,000 people directly and are worth some L158 million annually to the local economy.

McGregor, 41, who spent his flying career at Lossiemouth and left the RAF three years ago, told reporters that closing the base would 'have a devastating effect on my family and Moray'.

0 コメント: