2010年12月21日火曜日

日本空襲デジタルアーカイブ

日本空襲デジタルアーカイブができたとのこと。
 太平洋戦争中の空襲について日米両国の資料を集めたインターネットの
サイト「日本空襲デジタルアーカイブ」が開設された。
「空襲で何が起きたのか」を米国人はあまり知らない、などと感じた在日
米国人らが作成。空襲被害者の証言動画も字幕付きで紹介、日本にいながら
米国側公文書も閲覧できる新たな取り組みだ。

大東亜戦争中の米機による空襲は、各地であったため、資料は報道記事の
他、体験記や言い伝えはかなりある。記事や体験記をデジタルアーカイブ化
するには、著作権の問題があり、簡単ではないだろう。
九条の会の方が、言い伝えを重視しているようだから、整理した内容がある
かもしれない。

日本のマスメディアは、核投下や核開発、核密約が中心だから、空襲は
事実を列記するのみで、その先は期待できないだろう。

日本空襲デジタルアーカイブ

日独 核保有秘密協議


空襲で破壊された日本の大都市


終戦直後の農村風景


東京事変×火垂るの墓


語りを未来へ予告編HPVER.avi


硫黄島決戦 ~暁に祈る~


平和の誓い新たに 東京大空襲から65年、都慰霊堂で大法要


---日本空襲デジタルアーカイブ:空襲の惨状、世界に 日米資料収集、米国人がサイト開設---
毎日新聞 2010年12月6日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20101206dde041040006000c.html

◇写真や日本語の体験記英訳
 太平洋戦争中の空襲について日米両国の資料を集めたインターネットのサイト「日本空襲デジタルアーカイブ」が11月末開設された。「空襲で何が起きたのか」を米国人はあまり知らない、などと感じた在日米国人らが作成。空襲被害者の証言動画も字幕付きで紹介、日本にいながら米国側公文書も閲覧できる新たな取り組みだ。「空襲の実態を世界に広めたい」と意気込み、日本人研究者の支援も求めている。【森禎行】
 作成したのは、20年近く前に来日し、神奈川県小田原市で英会話教室を経営するブレット・フィスクさん(37)と、日本近代史などを研究するニューヨーク市立大のケリー・カラカス准教授(39)。
 フィスクさんは、太平洋戦争が題材の日本語小説を執筆しており、空襲体験記を読み、子供をかばって火の手に包まれた父の姿など残酷な記録に心を痛めた。「米国では空軍の視点からの情報しかない。地上の市民の実態を知ることが重要」と考えたという。
 研究のため来日中にフィスクさんと知り合ったカラカス准教授が、今夏から米国立公文書館(ワシントン)などに通い詰め、資料のデジタル化を進めている。
 掲載した米国側公文書は、空襲の包括的調査記録「戦略爆撃調査団報告書」▽B29乗組員用マニュアルや作戦任務報告書▽空爆時に撮影された東京、名古屋、大阪など主要都市の写真--など。大量の爆弾が投下され、白煙を噴き上げる福岡の街並みや、原爆で破壊された範囲を示す広島の写真など生々しい資料が並ぶ。
 その一方で、その時に地上で何があったのかを伝える空襲被害者の証言も撮影。1945(昭和20)年3月10日の東京大空襲などの体験者4人の動画を字幕付きで載せた。日本語の空襲関連書籍も紹介する。今後、資料を充実させたいという。
 東京大空襲で父と姉を亡くした体験などを語った清岡美知子さん(87)=東京都練馬区=は「一夜で約10万人が死亡し、特に女性や子供が多く犠牲になった実態を、米国人には知ってもらいたい」と話し、海外へ発信できることを喜ぶ。
 フィスクさんは「空襲体験者は高齢化して次々と亡くなっていく。1人で証言者を捜して撮影していくのは限界がある」と話し、空襲資料の提供などについて同サイト(http://www.japanairraids.org/)で協力を呼び掛けている。

0 コメント: