2010年12月22日水曜日

米医療保険改革に違憲判断

米医療保険改革に違憲判断が出た。
 米バージニア州の連邦地裁は、3月に成立した医療保険改革法について、
国民に医療保険加入を義務づけ、未加入者に罰金を科す条項を立法権の
逸脱と指摘し、この条項が憲法に違反するとの判決を下した。
医療保険改革法を違憲として20以上の州が提訴しているが、違憲判決が
出たのは初めて。保険加入の義務化は、国民皆保険実現を目指す
「オバマ改革」の根幹を成しており、違憲判決は改革法の撤廃や大幅修正
を求める共和党を勢いづかせることになりそうだ。

違憲になったのは、共和党選出の連邦地方裁判所の判事(連邦裁判官)、
民主党選出の裁判所では合憲となっている。
連邦地方裁判所の次は、米巡回控訴裁判所で取扱れ、ここでは、民主党
選出の判事が多いので、合憲となるらしい。その次は、最高裁判所。
勢力争いしているようにしか見えず、二大政党支持者以外は、いい加減
にして欲しいところだろう。

日本では考えられないことだが、米国人口の1割以上(3200万人)が無保険
とのこと。
米国では不景気に増税し、富裕層だけ減税。富裕層だけに恩恵がある保険
利権は手離さない。
米国でも二大政党支持者以外の人が増えたとの報道もあり、二大政党制は
見放されるのだろうか。

日本の与党の一部議員が、地域主権と言う法案を進めているが、主権と
なれば、米国のように法律が異なり、経済、福祉等を含めた地域格差が
さらに広がり、混乱することになる。理解しているのか。

米医療保険改革成立
米国 子供空腹4人に1人


---米医療保険改革に初の「違憲」判断…連邦地裁---
2010年12月14日22時47分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101214-OYT1T01081.htm

 【ワシントン=黒瀬悦成】米バージニア州の連邦地裁は13日、今年3月に成立した米医療保険制度改革法の主要条項が合衆国憲法に違反するとの判断を下した。
 同法に対する違憲判断は初めて。
 下院で過半数を奪回した共和党が、同法の撤廃を目指し、年明けの新議会で攻勢を強めるのは確実で、オバマ大統領には痛手となりそうだ。
 裁判は、同州の司法長官(共和党)が提訴。同法が2014年から国民に医療保険加入を原則的に義務付けたことの是非が争われた。地裁は、非加入者に罰金を科すとの条項が、民間保険会社から保険商品を購入するかどうかについての個人の判断を束縛し、「議会としての立法権限を超えている」と断じた。一方で、原告が求めていた同法の即時差し止めは認めなかった。


---米医療保険改革法 加入義務化は違憲 米連邦地裁判断 オバマ政権に逆風---
2010.12.14 19:10
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101214/amr1012141916009-n1.htm

 【ワシントン=渡辺浩生】バージニア州の連邦地裁は13日、オバマ政権の最重要課題として今年3月に成立した医療保険改革法について、国民に保険加入を義務づけた条項が合衆国憲法に違反するという判断を下した。国民皆保険を目指す医療保険改革法への違憲判断は初めて。政権は控訴する見通しだが、他州にも同様の判断が広がる可能性もあり、医療保険改革法の撤廃を目指す共和党には追い風となる。
 連邦地裁は、国民の医療保険加入を義務化し、非加入者は罰金を支払うとする「個人強制保険条項」は、「憲法が規定する議会の権限の範囲を超える」と判断した。憲法は、議会に「州間の商取引」を規制する権限を与えているが、その権限を超えるという。そのうえで連邦地裁は、強制条項をめぐる論争が「参加を選択する個人の権利」の問題との見解を示した。
 判決を下したのは、2002年に共和党のブッシュ前大統領に指名されたハドソン地裁判事。医療保険改革法は違憲として提訴したバージニア州のクチネリ司法長官も共和党出身だ。
 違憲と判断された条項は、約320万人の無保険者に保険加入を広げる医療保険改革法の中核で、義務化は14年に開始の予定。しかし、20以上の州で同様の訴訟が起きており、ミシガンなど2州は合憲判断を下している。初の違憲判断が、「個人や企業の医療費負担を増やす」として医療保険改革法の撤廃を唱える共和党を勢いづかせるのは間違いない。
 中間選挙で下院の多数派を奪還する勝利を収めた共和党は1月以降の議会で、14年の義務化開始を阻止する立法措置を審議する方針だ。オバマ大統領に拒否権があるため、「12年の大統領選の勝利によって、撤廃を実現させる」(ハドソン研究所のトロイ上級研究員)目標を掲げている。
 オバマ政権は控訴する見通しで、最終的に最高裁の判断に委ねられるとみられる。今後、医療保険改革法の合憲性をめぐる論議が、次期大統領選とも絡んで政治的な争点となるのは必至だ。


---米国:医療保険改革法、加入義務化は「違憲」…州連邦地裁---
毎日新聞 2010年12月14日 11時58分(最終更新 12月14日 12時12分)
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20101214k0000e030039000c.html

 【ワシントン小松健一】米バージニア州の連邦地裁は13日、3月に成立した医療保険改革法について、国民に医療保険加入を義務づけ、未加入者に罰金を科す条項を立法権の逸脱と指摘し、この条項が憲法に違反するとの判決を下した。医療保険改革法を違憲として20以上の州が提訴しているが、違憲判決が出たのは初めて。保険加入の義務化は、国民皆保険実現を目指す「オバマ改革」の根幹を成しており、違憲判決は改革法の撤廃や大幅修正を求める共和党を勢いづかせることになりそうだ。
 同様の訴訟では、ミシガン州など2カ所の連邦地裁が既に合憲判決を出している。オバマ政権は今回の違憲判決を控訴する方針で、司法省報道官は「最終的に合憲の判断が出そろうと確信している」と語った。
 保険加入義務化は14年に始まる。連邦地裁のハドソン判事は、義務化条項を除く改革法そのものには違憲判断を示さず、改革法に基づき段階的に実施されている諸制度には直接影響しない。
 今回、違憲判断の根拠となったのは、米国独特の医療保険制度の考え方だ。医療保険は民間保険会社が売る商品であって、日本や欧州のような社会保障制度とはほど遠い。オバマ政権の改革法も保険加入者に補助金を支出し、保険会社への規制を強めることで保険を購入しやすくしようとしている。
 ハドソン判事は商品としての側面を重視し、「民間会社から保険を購入するかしないかの個人の決定」を立法措置で縛ることは「憲法上の限界を超える」と判断した。
 この論拠は、11月の中間選挙で共和党が主張していたもので、下院のカンター次期共和党院内総務は違憲判決を受けて「違憲の改革法に対して、あらゆる行動を起こさねばならない」と強調した。共和党が多数派となる下院で、医療保険改革法の存廃や進め方を巡りオバマ政権と共和党の攻防が激しくなることが予想される。


---米医療保険改革法、裁判所が「違憲」 オバマ政権に打撃---
2010年12月14日11時2分
http://www.asahi.com/international/update/1214/TKY201012140130.html

 【ニューヨーク=田中光】オバマ米政権下で3月に成立した医療保険改革法に関し、バージニア州の連邦地裁は13日、保険加入を義務づけた条項について違憲との判断を示した。野党・共和党は11月の中間選挙の際に同法の撤廃を掲げており、オバマ政権にとっては手痛い司法判断だ。
 医療保険改革をめぐっては、各州の共和党系司法長官らが同様の訴訟を20件以上起こしている。これまで、ミシガン州などの連邦地裁では合憲判断が出ていたが、違憲判断は初めて。オバマ政権側は控訴する構えで、最終決着は連邦最高裁の判断に委ねられる見通しだ。
 問題となった条項は「国民皆保険」を目指し、2014年までに加入を事実上、義務づけている。だが、この日の判断は、米国憲法には、ある商品を買わないとする個人の判断を規制する条項は見当たらないとした。原告側が求めていた施行の凍結は認められなかったものの、共和党側が勢いづくのは確実だ。


---Big legal setback for Obama's health care overhaul--
By MARK SHERMAN and ERICA WERNER
The Associated Press
Monday, December 13, 2010; 9:44 PM
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/12/13/AR2010121303629.html

WASHINGTON -- President Barack Obama's historic health care overhaul hit its first major legal roadblock Monday, thrown into doubt by a federal judge's declaration that the heart of the sweeping legislation is unconstitutional. The decision handed Republican foes ammunition for their repeal effort next year as the law heads for almost certain eventual judgment by the U.S. Supreme Court.

The ruling by U.S. District Judge Henry E. Hudson, a Republican appointee in Richmond, Va., marked the first successful court challenge to any portion of the new law, following two earlier rulings in its favor by Democratic-appointed judges.

The law's central requirement for nearly all Americans to carry insurance is unconstitutional, well beyond Congress' power to mandate, Hudson ruled, agreeing with the argument of Virginia's Republican attorney general - and many of the GOP lawmakers who will take control of the U.S. House in January. Hudson denied Virginia's request to strike down the law in its entirety or block it from being implemented while his ruling is appealed by the Obama administration.

"An individual's personal decision to purchase - or decline to purchase - health insurance from a private provider is beyond the historical reach of the Commerce Clause," said Hudson, a 2002 appointee of President George W. Bush.

Nevertheless, the White House predicted it would prevail in the Supreme Court, although it may be a year or two before the health care law gets there. The next step for the Virginia lawsuit is the 4th U.S. Circuit Court of Appeals in Richmond, where Democratic-appointed judges hold a majority.

In an interview with television station WFLA in Tampa, Fla., on Monday, Obama emphasized that other judges had either found the law constitutional or dismissed lawsuits against it.

"Keep in mind this is one ruling by one federal district court. We've already had two federal district courts that have ruled that this is definitely constitutional," Obama said. "You've got one judge who disagreed. That's the nature of these things."

But in the short term, the latest court ruling hands potent ammunition to GOP opponents as they prepare to assert control in the new Congress with promises to repeal the law. Obama in turn has promised to veto any repeal legislation and appears likely to be able to prevail since Democrats retain control of the Senate. Republicans also have discussed trying to starve the law of funding.

Whatever the eventual outcome, Monday's ruling could create uncertainty around the administration's efforts to gradually put into effect the landmark legislation extending health coverage to 32 million uninsured Americans. And it can only increase the public's skepticism, which has not significantly receded in the months since the law's enactment, defying Obama's prediction that it would become more popular as the public got to know it.

Obama aides said implementation would not be affected, noting that the individual insurance requirement and other major portions of the legislation don't take effect until 2014.

Underscoring the potential for Hudson's ruling to become a political cudgel for the new Republican House majority, incoming House Speaker John Boehner, R-Ohio, quickly cautioned states against "investing time and resources in Obamacare's implementation now that its central mandate has been ruled unconstitutional."

"Republicans have made a pledge to America to repeal this job-killing health care law, and that's what we're going to do," said Boehner. Calls to repeal the law were a staple of tea party campaign rallies this year.

Other lawsuits are going forward, including one by 20 states that gets under way Thursday in Florida. That suit also challenges whether the federal government can require states to expand their Medicaid programs.

The suit that was decided on Monday had gained a high profile because it was pursued by Virginia's outspoken attorney general, Ken Cuccinelli. The two earlier cases decided in favor of the administration were brought by little-known legal entities.

In his ruling, Hudson largely agreed with Cuccinelli's argument that Congress exceeded its authority, and he dismissed the Justice Department's argument that the insurance-buying requirement would come under the definition of regulating interstate commerce, a power given to Congress by the Constitution.

The mandate for people to buy insurance "is neither within the letter nor the spirit of the Constitution," the judge said.

Hudson limited his ruling to striking down the so-called individual mandate, leaving intact other portions of the law - something supporters cast as a victory. But administration officials and outside analysts agree that important provisions of the legislation could not go forward without the requirement for everyone to be insured. That's because insurers need to have large pools of healthy people, who are cheap to insure, or it is not financially tenable for them to extend coverage to anyone with a pre-existing condition or guarantee certain policies to nearly all comers.

Some provisions of the law took effect in September, six months after its passage, including free preventive care, an elimination of lifetime limits on coverage and a requirement for insurers to allow adult children to stay on their parents' health plans until age 26.

Hudson recognized that his would not be the last word on the subject.

"The final word will undoubtedly reside with a higher court," he wrote.

White House health reform director Nancy-Ann DeParle said the administration is encouraged by the two other judges - in Virginia and Michigan - who have upheld the law. She said the Justice Department is reviewing Hudson's ruling.

In contrast to Hudson's ruling, the judges in Michigan and Virginia, both appointed by President Bill Clinton, said the purchase requirement was allowable under the Constitution.

---
Associated Press writer Larry O'Dell contributed to this report from Richmond, Va.

0 コメント: