2010年12月30日木曜日

列を作る羊たち

HPVワクチンの副作用報告があった。
 子宮頸(けい)がんワクチンの副作用として、気を失う例の多いことが、
厚労省の調査でわかった。
 接種者の大半が思春期の女子で、このワクチン特有の強い痛みに
ショックを受け、自律神経のバランスが崩れるのが原因とみられる。
同省は「痛みを知ったうえで接種を受け、30分程度は医療機関にとどま
って様子を見るなど、注意してほしい」と呼びかけている。

子宮頸がんワクチン副作用報告
・推計40万人が接種
・副作用81人。
・失神・意識消失21件。失神寸前の状態2件。
・発熱11件。
・注射した部分の痛み9件
・頭痛7件
・その他

副作用報告内容が半分しか報告されておらず、半分は不明だ。
報告になっていない。
地方行政がワクチン接種を資金援助しているが、ワクチン名までは報道
されないので、全て同じワクチンによる副作用なのかも不明。
形ばかりの怪しい報告なのかもしれない。
英国の場合は、ワクチン接種後、数時間で死亡していることから、30分
程度の経過観察でよいのだろうか。

ワクチン接種は、原則、個別接種らしいので、個別接種に切りかえる地域も
あるようだ。

年末になって思い出すのが昨年の派遣村。
行政が対象者に資金援助をしたが、対象者の行動を理解していないために、
遊行費を渡しただけと言うことがあった。

集団接種は、スケジュール調整や医療関係者の拘束時間等を考慮すれば
比較的簡単だが、副作用が多発すれば手に負えなくなる場合もある。
集団接種は、行政が生み出した仕組みかもしれない。

羊たちの沈黙でクラリスが語る「列を作る羊」を思い出す。

HPVワクチンで死亡者
米国 子供空腹4人に1人


The Silence of the Lambs- Trailer


---子宮頸がんワクチンで副作用、失神多発---
2010年12月28日03時02分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101227-OYT1T01223.htm

 子宮頸(けい)がんワクチンの副作用として、気を失う例の多いことが、厚生労働省の調査でわかった。
 接種者の大半が思春期の女子で、このワクチン特有の強い痛みにショックを受け、自律神経のバランスが崩れるのが原因とみられる。転倒して負傷した例もあるという。同省は「痛みを知ったうえで接種を受け、30分程度は医療機関にとどまって様子を見るなど、注意してほしい」と呼びかけている。
 子宮頸がんワクチンは、肩近くの筋肉に注射するため、皮下注射をする他の感染症の予防接種より痛みが強い。昨年12月以降、推計40万人が接種を受けたが、10月末現在の副作用の報告は81人。最も多いのが失神・意識消失の21件で、失神寸前の状態になった例も2件あった。その他は発熱(11件)、注射した部分の痛み(9件)、頭痛(7件)などだった。


---子宮頸がんワクチン、個別接種に…栃木・大田原---
2010年12月21日21時52分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101221-OYT1T00958.htm

 栃木県大田原市は21日、今年5月から小学6年女子児童を対象に実施してきた子宮頸(けい)がん予防(HPV)ワクチンの集団接種をやめると発表した。
 国が同ワクチン接種への補助を決めたのを受け、厚生労働省が11月下旬、小学6年女子児童については、接種意思の確認のため「保護者同伴を原則」としたのが理由。同市では「集団接種時に、保護者全員を学校に集めるのは難しい」と判断した。
 厚労省は、中学1~高校1年までの女子生徒については予診票で保護者の署名を確認できれば、同伴は必要ないとしている。
 同ワクチンは3回接種すれば、7割は子宮頸がんを予防できるとされる。接種料金が3回で約4万5000円と高額のため、同市は今年度、全額公費負担で、全国で初めて小学校で集団接種を始めた。1回目の接種率が98・5%、2回目が97・9%だった。
 厚労省結核感染症課は「副作用の恐れもあるため、特に小学生は保護者の同伴が必要。予防接種法は個別接種を原則としており、集団接種は勧めていない」としている。


---予防接種ガイドライン
予防接種ガイドライン等検討委員会
財団法人 予防接種リサーチセンター
http://www.mhlw.go.jp/topics/bcg/guideline/1.html

目次

第1 予防接種の意義
第2 法律による予防接種
  1 定期接種(一類)
  2 定期接種(二類)
  3 臨時接種
  4 結核予防法
第3 任意の予防接種
第4 予防接種の実施
  1 総論
  2 予診について
  3 予診票の各項目の目的
  4 一般的注意
  5 予診票の紙色について
第5 ワクチンの特徴及び接種上の注意点
  1 ジフテリア・百日せき・破傷風混合(DPT)ワクチン
  2 ジフテリア・破傷風混合(DT)トキソイド
  3 ジフテリアトキソイド
  4 破傷風トキソイド
  5 ポリオワクチン
  6 麻しんワクチン
  7 風しんワクチン
  8 日本脳炎ワクチン
  9 BCG
  10 インフルエンザワクチン
  11 おたふくかぜワクチン
  12 HBワクチン
  13 水痘ワクチン
  14 肺炎球菌ワクチン
  15 A型肝炎ワクチン
  16 狂犬病ワクチン
第6 予防接種の接種間隔
  1 違う種類のワクチンを接種する場合の間隔
  2 疾病罹患後の間隔
第7 予防接種不適当者及び予防接種要注意者
  1 接種を受けることが適当でない者(接種不適当者)
  2 接種の判断を行うに際し,注意を要する者(接種要注意者)
第8 副反応(健康被害)と対策
  1 予防接種後の反応
  2 副反応対策

0 コメント: