2011年1月31日月曜日

多剤耐性菌 国内定着か

多剤耐性菌が国内定着の恐れがあるとのこと。
 厚労省は、多くの抗生物質を分解し無効にしてしまう酵素「NDM1」を持つ
新型の多剤耐性肺炎桿菌が昨秋、埼玉県内の病院に入院していた80代女性
から検出されたと発表した。

多剤耐性菌の実態調査に関する調査結果
・NDM1産生型の多剤耐性肺炎桿菌が2例発見。同菌の国内報告は合計3例。
・感染研
 計153株の耐性遺伝子を検査
 IMP-1型メタロ-β-ラクタマーゼ産生型が72株
 KPC型カルバペネマーゼ産生型が2株
 NDM1型メタロ-β-ラクタマーゼ産生型が2株
 残り77株はIMP-2型やVIM-2型を含む5種類の耐性遺伝子が全て陰性。
・多剤耐性肺炎桿菌が発見された埼玉県内の医療機関の患者は別の疾患で
 死亡。
 同病院に入院する患者から検出されず。

多剤耐性菌の「終息宣言が出せない」と報道されていたが、半年にもなると
定着となるようだ。
新たな抗生物質も開発され、臨床試験に入るようだが、特殊条件下での
臨床試験だから、サンプル数を考えると実用化になるまでにかなり時間が
かかりそうだ。

コリスチン 希少疾病用医薬品認定へ
USA300


---【NDM-1産生耐性菌】肺炎桿菌から2例検出---
2011年1月24日 (月)
http://www.yakuji.co.jp/entry21739.html

 厚生労働省は、昨年9月から年末まで実施した、新たな多剤耐性菌の実態調査に関する調査結果を取りまとめた。NDM‐1産生型の多剤耐性肺炎桿菌が2例見つかった。同菌の国内報告は合計3例となる。
 実態調査は、医療機関が通常診療の中で確認した、腸内細菌科の多剤耐性菌の検体を、国立感染症研究所が解析する方式で行った。
 感染研が受け入れた計153株の耐性遺伝子は、IMP‐1型メタロ‐β‐ラクタマーゼ産生型が72株、KPC型カルバペネマーゼ産生型が2株、NDM‐1型メタロ‐β‐ラクタマーゼ産生型が2株で、残り77株はIMP‐2型やVIM‐2型を含む5種類の耐性遺伝子が全て陰性だった。
 NDM‐1型は、11月の途中集計の段階では1株だったが、その後、埼玉県内の医療機関に、消化管出血の治療で入院した80代の女性患者で新たに見つかった。
 この症例は、最近の海外渡航歴がなく、症状が軽快して10月下旬に退院した後に、別の疾患で死亡している。12月下旬に連絡を受けて感染研で分析し、今月21日に結果が確定した。同じ病院に入院する他の患者からは、同様の多剤耐性肺炎桿菌は検出されていないという。
 また、KPC型の2株は、大阪府の医療機関に入院中の40代の男性から検出した同一患者の菌株で、11月時点で明らかになっていた。


---抗生物質を壊す多剤耐性菌、国内定着の恐れ---
2011年1月23日16時05分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110123-OYT1T00355.htm

 厚生労働省は21日、多くの抗生物質を分解し無効にしてしまう酵素「NDM1」を持つ新型の多剤耐性肺炎桿(かん)菌が昨秋、埼玉県内の病院に入院していた80代女性から検出されたと発表した。
 NDM1を持つ細菌はインドや欧米で広がっており、国内での確認は3例目。そのうち2例は感染経路が不明で、厚労省は「すでに国内に定着している可能性もある」として、とくに抵抗力の弱い患者が集まる医療機関に注意を呼びかけている。厚労省が昨年9~12月に実施した多剤耐性菌の全国実態調査でわかった。
 女性は昨年10月、消化管出血で入院。退院後に別の病気で再入院し、12月に亡くなった。10月の入院時に採取した尿を国立感染症研究所が分析した。


---緑十字、日本のアリジェン製薬と供給契約---
2011/01/22 08:15:22
李吉星(イ・ギルソン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20110122000002

 緑十字は、日本のアリジェン製薬とスーパー抗生物質「WAP-8294A2」に関する韓国内臨床および独占供給契約を締結したことを21日、発表した。
 WAP-8294A2は抗生物質に耐性を持つ「スーパー細菌」を退治できる「スーパー抗生物質」候補物質で、開発会社であるアリジェン製薬は現在、動物実験を終え、今年上半期中に米国で臨床1床を行う計画だ。緑十字は臨床2床と3床に参加し、特に臨床2床は緑十字の主管で韓国でだけ行われる。
 新薬開発に成功した際は、特許権はアリジェン製薬が持つが、臨床に寄与した緑十字は新薬の韓国独占販売権を持ち、日本国内の売り上げの一部分をロイヤルティーとして受け取ることになると緑十字側は明らかにした。
 緑十字のイ・ソンヨル常務(開発本部長)は「動物実験の結果、WAP-8294A2は『最後の抗生物質』と呼ばれているバンコマイシンより薬効や治療期間の面で優れていた」と話している。

2011年1月30日日曜日

Welcome Hu $165也

胡錦濤の出迎えに$165が支払われた。
 中国の胡錦濤国家主席は、専用機でワシントン郊外の空軍基地に到着。
滞在先までの沿道で出迎えた約千人の中国人のうち、留学生の一部は
現金をもらって動員されていたことが同日、分かった。

「熱烈歓迎」に動員された大学生たちは、在米中国大使館から、大学から
沿道までは無料バスが用意され、$20-$165の手当てが出たようだ。
中国メディアは、「自発的な行動」と強調し、愛国心高揚を狙い一斉に報道。

北京五輪の聖火リレーの際、現地の留学生が動員されていた報道があったが、
手当ては同額だったのだろうか。
相変わらず、金で解決の方針は変わらない。
愛国心も金次第らしい。

五輪 民族主義デモ
金魚のフン行進 政府が動員
殲20のメディア戦略


China's Hu visits Washington


---Chinese Embassy in US Pays students to Welcome Hu---
Monday, 24 January 2011 14:49 Carly Selby-James, The Tibet Post International
Last Updated ( Monday, 24 January 2011 15:18 )
http://www.thetibetpost.com/en/news/international/1397-chinese-embassy-in-us-pays-students-to-welcome-hu

Dharamshala: The visit of Chinese President Hu Jintao to Washington, D.C. last week was heralded as a major step in China-U.S. relations, with the State dinner held in his honour being the first of its kind in thirteen years. The President's four-day trip was the subject of much planning and anticipation for the White House, and as it has been revealed, also caused a few headaches for the Chinese authorities.

The Chinese Embassy in Wasington was forced to pay between US$20-$80 to each of a large number of Chinese students to convince them to show up and welcome their own President, reports have revealed. Photos taken by Tibetan activists and posted by The Epoch Times (TET) show students receiving money from Chinese officials, and interviews with students by undercover journalists revealed that they had been paid to wave flags and chant slogans. One young man even claimed he was fearful of consequences for his family back in China, and only agreed to come to Washington so as not to displease the Chinese authorities.

It was established by TET journalists in phone conversations with Chinese Student and Scholar Associations (CSSA) that the Chinese government also paid the students' transportation and food costs, though officials kept this information secret, as they wanted the welcoming to seem natural and spontaneous. It is not clear if U.S. authorities actively cooperated in the farce or simply allowed it so that Hu's arrival would go smoothly.

Organising convincing welcome parties for their political envoys is obviously an important job for the Chinese authorities. Photos of a joyful and festive nature are needed as fuel for the Xinhua propoganda machine within China's borders, and photos of angry protesters holding placards and waving Tibetan flags would cause a great deal of embarrassment for the Chinese leader.

In a democratic country, however, you cannot control the views of the public nor prevent them from being expressed. As the bribed Chinese students put on their best false welcoming faces, the Tibetan activists who witnessed the transaction held up the incriminating photos, shouting "Shame! You were paid!" as a number of other protestors were shielded from the President's view.

The high profile of Hu's visit clearly made the Chinese Embassy nervous, knowing that on foreign soil they could not control public opinion as they can in China. They know well that Hu is largely seen outside of China as a communist dictator, albeit a slightly awkward and ridiculous one. Obama and Hu may have shaken hands, posed for lovely photos, and made a bold statement of cooperation to the world, but the people waiting voluntarily to greet the State visitor showed a far different reaction.

While Obama was cautious with his words on the subjects of Tibet and Taiwan and failed to engage with Hu on any real issue, the protesting public voiced their true opinions and opposition to China's continued human rights violations. It is not the first time a State visit from China has caused problems, for both American organisers and the Chinese Embassy, and it certainly won't be the last. After all, fooling 1.3 billion people is not an easy thing to do.


---「歓迎」はアルバイト 中国人留学生 4500円で動員---
2011年1月20日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011012002000043.html

 【ワシントン=朝田憲祐】「熱烈歓迎」はアルバイト-。中国の胡錦濤国家主席は十八日、専用機でワシントン郊外の空軍基地に到着。滞在先までの沿道で出迎えた約千人の中国人のうち、留学生の一部は現金をもらって動員されていたことが同日、分かった。
 「胡錦濤主席の訪米を熱烈に歓迎します」。氷点下近い寒空の下、胡主席らの車列に向かって横断幕を掲げ、中国旗を振る若者たちの中に、地元メリーランド大学やアメリカン大学の留学生の姿があった。
 学生らによると、大学から沿道までは無料バスが用意され、現金五十五ドル(約四千五百円)の“報酬”が支払われたという。ある男子学生は「百六十五ドル(約一万三千五百円)もらえる」と漏らし、金額はまちまち。「自発的な行動」と強調する中国メディアは、国民の愛国心高揚を狙い国内で一斉に報道した。
 胡主席の滞在先近くの沿道で中国旗を振っていた男子学生(23)は「中国の“伝統”かもしれないが、カネを払ってまでやることじゃないよ」と声をひそめて話していた。

2011年1月29日土曜日

温暖化詐欺でピンハネ

温暖化詐欺のピンハネをしたようだ。
 EUは、複数の加盟国の温室効果ガス排出枠登録システムにハッカーが
侵入、排出枠を盗み出し市場で売却する事件が起きたとして、EUの排出量
取引システム(EU-ETS)による取引を1週間停止すると発表した。

2010年1月
・ドイツで不正アクセス

2010年11月
・ルーマニアで不正アクセス

2011年1月
・不正アクセスによる取引で、チェコの会社が700万ユーロ相当が盗難。

相変わらず、排出量取引システムの胡散臭さは残り、賭博にも懲りて
いないようだ。不正アクセスによる詐欺で巻き上げた金を横取りした
不正アクセスは、ペイリンやipadのEmail窃盗とは異なって感じる。

排出量取引システムは最大3ヶ月有効なパスワードのみで、最近では
当たり前のオンライン個人認証システムではないようだ。
早急に対策するとのこと。
取引成立で、資金移動も完了なのだろうか。

欧州 排出量取引で白詐欺か


---EU Carbon Trading Declines After Alleged Hacking Suspends Spot Market---
By Ewa Krukowska and Mathew Carr - Jan 20, 2011 9:28 PM GMT+0900
http://www.bloomberg.com/news/2011-01-20/carbon-trading-declines-as-eu-regulator-halts-spot-market-on-hacking-probe.html

Trading in European Union carbon permits fell and the BlueNext SA exchange proposed “isolation accounts” after an alleged hacking raised doubts about security in the world’s biggest emissions market.

The European Commission, the Brussels-based regulator, suspended most operations yesterday at all 30 of the region’s greenhouse-gas emissions registries after a Czech firm reported about 6.8 million euros of carbon allowances stolen. Replacing national registries, now used to track emission allowances in each member state, with a central clearinghouse will resolve the “security problem” in the Emissions Trading System, Maria Kokkonen, climate spokeswoman for the EU, said today.

“Security is the responsibility of the national member states for their own registries,” Kokkonen told reporters today. “But we of course, as market regulator, have to act here and remind member states to take measures.”

Futures trading in December carbon allowances fell to a pace of about 475,000 tons an hour as of 11 a.m. London time on the ICE Futures Europe exchange in London, compared with yesterday’s 1.2 million tons an hour. Prices for EU futures, which fell yesterday the most in a week, were little changed today at 14.43 euros ($19.46) a ton.

BlueNext and its members want regulators to show “some courage and commitment,” said Francois-Xavier Saint-Macary, chief executive officer of BlueNext, the Paris-based exchange owned by NYSE EuroNext that last year had the biggest share of spot carbon trading. Under a plan the bourse proposed today, members that may have unwittingly purchased allegedly stolen permits would be required to establish an “isolation account,” which would hold those permits and prevent trade until ownership is settled, he said today on a call with reporters.

‘Safe Harbor’

BlueNext’s “safe harbor” initiative, proposed after consultation with members, calls for registries, police and governments to distribute official lists of stolen permits and credits, Saint-Macary said. BlueNext also proposed a European Union-wide notice board to speed communication about thefts.

ICE Futures Europe in London, the biggest exchange for carbon trading, yesterday suspended trading effective today through Jan. 27 of its daily futures for EU contracts and United Nations’ overseen Certified Emission Reductions.

The International Emissions Trading Association said it’s “very concerned” about disruption to business following the theft. It called for “speedy” action from the bloc’s regulator. “There are arguments, at least in the longer term, that centralized EU decisions need to be taken on the status of stolen certificates,” according to the statement. Oversight is currently administered by nations.

Detailed Explanation

The Geneva-based IETA is ready to help the European Commission with the “identification of issues and solutions” and expects that the EU regulator will be able quickly to provide a more detailed explanation and propose further steps.

The halt of the registries, which track ownership of allowances, will last at least until Jan. 26, according to the commission. It said it will work with national authorities to determine what “minimum” security measures need to be put in place before the suspension of a registry can be lifted.

Blackstone Global Ventures, a trader based in Brno, Czech Republic, lost 470,000 allowances yesterday, according to Daniel Butler, the company’s broker at Wallich & Matthes BV in Prague.

The reported theft followed at least two incidents in the past months in which permits, used by more than 11,000 European factories and power stations to lawfully emit carbon dioxide, were stolen from accounts in attempts to profit from resale.

Hacker Attacks

In November, Romania’s registry was accessed without authorization, prompting a statement of regret from Jos Delbeke, director general for the commission’s climate department, which supervises the carbon market. Last week the Austrian registry blocked access to accounts after a hacker attack on January 10.

The European emissions trading system includes the EU’s 27 member states as well as Norway, Iceland and Liechtenstein. It was set up in 2005 as a cornerstone of the bloc’s efforts to tackle the heat waves, storms and floods that scientists have linked to emissions of greenhouse gases.

According to EU law, the single registry for the emissions-trading system has to be operational at the start of 2012 and work on this is continuing in the Brussels-based commission, Peter Zapfel, head of policy co-ordination in the climate department, said in November.


---ハッカーが排出枠盗む、EU 取引市場を緊急停止---
2011年1月20日 10時34分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011012001000199.html

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は19日、複数の加盟国の温室効果ガス排出枠登録システムにハッカーが侵入、排出枠を盗み出し市場で売却する事件が起きたとして、EUの排出量取引システム(EU―ETS)による取引を1週間停止すると発表した。
 EU欧州委員会によると、過去2カ月に複数のEU加盟国が被害を受けており、このうちチェコ1国で盗まれた排出枠だけで700万ユーロ(約7億7300万円)相当に上るという。
 欧州委当局者は「一部加盟国の安全上の対策が十分でなかった」と指摘、早急に対策を講じる方針だ。


---Czech carbon registry closed indefinitely---
PRAGUE | Thu Jan 20, 2011 4:54am EST
http://www.reuters.com/article/idUSTRE70J1R820110120

(Reuters) - The Czech carbon registry will remain closed for an indefinite period of time after data of account holders was manipulated and EU allowances vanished, the official who runs the registry said on Thursday.

Miroslav Rehor, who runs the registry for Czech market operator OTE, told Reuters more than one account holder was affected by what he described a likely hacker attack.

"We don't see a time when the registry will be open again because the attack was very serious and the situation is quite complex now," he said in a telephone interview.

"Somebody definitely manipulated the data in the registry of other account users. It was probably a hacker."

The European Union, seeking to protect the battered reputation of the EU's main weapon against climate change, froze spot trade in its carbon market for a week on Wednesday after the Czech security breach.

The decision followed the theft of at least 7 million euros of emissions permits from the Czech Republic's carbon registry. It allowed trade in derivative markets to continue.


---Hacking Theft Forces EU to Suspend Carbon Registries---
January 19, 2011, 2:44 PM EST
By Mathew Carr and Ewa Krukowska
http://www.businessweek.com/news/2011-01-19/hacking-theft-forces-eu-to-suspend-carbon-registries.html

Jan. 19 (Bloomberg) -- The European Union suspended operations at all 30 of the region’s greenhouse-gas emissions registries after a Czech firm reported about 6.8 million euros ($9.2 million) of carbon allowances stolen in a hacking attack.

The halt, which started today at 7 p.m. Brussels time, will last at least until Jan. 26, the European Commission, the bloc’s regulatory arm, said in a statement on its website. Carbon prices in the world’s largest emissions market dropped to the lowest in six days on the ICE Futures Europe exchange in London.

“This is certainly a good decision toward preventing the problem from spreading,” said Emmanuel Fages, the Paris-based head of carbon research at Orbeo, the emissions-trading venture of Societe Generale SA and Rhodia SA. “This means that we will have no trading or delivery of spot permits. You can still trade forwards or futures.”

The reported theft follows at least two incidents in which allowances, used by more than 11,000 European factories and power stations to lawfully emit carbon dioxide, were stolen from accounts in attempts to profit from resale. Blackstone Global Ventures, a trader based in Brno, Czech Republic, lost 470,000 allowances yesterday, according to Daniel Butler, the company’s broker at Wallich & Matthes BV in Prague.

The EU market, intended to be a model for a future global carbon program, had trading volume of 80 billion euros last year, according Bloomberg New Energy Finance.

Credibility Gap

“If the EU emissions trading system wants some credibility, they need to beef up their infrastructure,” said Chris Allison, an operations manager at CF Partners (U.K.) LLP, the London environmental adviser. “There also needs to be more communication and openness from the registries as to when there are problems and what they are doing to solve the problems.”

Blackstone, which isn’t affiliated with the New York-based asset manager of that name, contacted Czech registry OTE AS yesterday after noticing an unauthorized trade on its account, Butler said. The registry closed operations and began an investigation, said Miroslav Rehor, an OTE representative. He didn’t say when it will open.

Paris-based BlueNext SA, operator of the world’s biggest spot exchange for permits, halted all trading after earlier limiting transactions at about 10 a.m. London time. Registries, which track ownership of allowances, closed in Poland, the Czech Republic and Estonia before the EU imposed a region-wide halt.

The EU regulator said in a statement on its website that the “transitional measure” will affect all transactions except for allocation and surrender of allowances.

‘Minimum Security Measures’

“The commission will proceed to determine together with national authorities what minimum security measures need to be put in place before the suspension of a registry can be lifted,” it said.

Yesterday’s attack follows a theft last January in Germany and a case in November in which Romania’s registry was accessed without authorization, prompting a statement of regret from Jos Delbeke, director general for the commission’s climate department, which supervises the carbon market. He also asked companies to ensure they have adequate internal safeguards.

Even so, questions were raised last week about security of transactions after the Austrian registry blocked access to accounts because of a hacker attack on January 10.

“Following a first such security breach in early 2010, the commission has worked closely with national authorities responsible for registries to ensure that adequate security measures are put in place in all registries,” the EU said in today’s statement. “The incidents over the last weeks have underlined the urgent need for all registries to ensure that these measures are speedily implemented.”

Biggest Carbon Market

The European emissions trading system, the world’s biggest carbon market, includes the EU’s 27 member states as well as Norway, Iceland and Liechtenstein. It was set up in 2005 as a cornerstone of the bloc’s efforts to tackle the heat waves, storms and floods that scientists have linked to emissions of greenhouse gases.

EU carbon prices closed 1.6 percent lower today at 14.38 euros a ton on the ICE exchange, the lowest since Jan. 13. The commission said it plans to make further announcements “early next week” and will work to ensure that the suspension can be lifted “swiftly” for all registries with adequate security measures.

Registries can boost security by requiring passwords that change every three months or less, improving know-you-customer rules and requiring physical security device like the ones banks use for their online portals to verify individuals, CF Partners’ Allison said today by e-mail.

“If my bank does it for the millions of its depositors, why don’t the registries do it for commodities worth millions?” he said.

--With assistance from Catherine Airlie in London and Ladka Bauerova in Prague. Editors: Mike Anderson, John Buckley.


---米司法当局、ハッカー2人を訴追 iPadアドレス流出で---
2011年1月19日 07時25分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011011901000083.html

 【ニューヨーク共同】米アップルの多機能端末iPad(アイパッド)所有者の電子メールアドレスが大量流出した事件で、米司法当局は18日、ハッカーの男2人を詐欺とコンピューター不正アクセスの疑いで訴追した。米メディアが伝えた。
 昨年6月に米通信大手AT&Tと通信契約している約11万4千人のiPad利用者のアドレスが盗まれたことが発覚。政府高官や軍人、著名人のアドレスも含まれており、米連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出していた。
 当局者は2人がネット上で技量を競うゲーム感覚で犯行に及んだと指摘。盗んだアドレスを犯罪に利用した形跡はないという。


---サラ・ペイリンの電子メールハッカー、1年の刑期に入る---
末岡洋子 2011/01/14
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/01/14/078/

 米国の政治家 Sarah Palin氏の電子メールアカウントが2008年にハッキングされ、電子メールの内容が流出した事件で、2010年秋に有罪判決となっていた大学生David Kernell氏(23歳)が刑務所に入所、1年の刑期に入った。連邦刑務所局が1月13日、Reutersらに語った。
 Kernell氏はPalin氏が共和党の副大統領候補だった2008年9月、Palin氏のYahoo!電子メールアカウント「gov.palin@yahoo.com」をハッキングした。当時20歳でテネシー大学学生だったKernell氏は、秘密の質問(高校名)に答えてパスワードをリセットし、電子メールボックス内のデータをWikiLeaksに送った。リークしたメールからは私用の電子メールを業務に使っていることがわかったが、プライバシー侵害、不正アクセスなどの罪に問われ、2010年11月に有罪判決が下りた。
 Kernell氏は、テネシー州の民主党議員Mike Kernell氏の息子。弁護側はKernell氏の年齢などを考慮するよう求めたが、1年と1日の懲役がおりた。当時、判事は更正訓練施設を示唆していたが、連邦刑務所局はKernell氏が1月10日にケンタッキーにある連邦刑務所に入所したことを認めた。BBCによると、Kernell氏がなぜ更正訓練施設ではなく刑務所に入所することになったのかの理由について、連邦刑務所局はコメントしていないという。

タミフル耐性は薬剤から

タミフル耐性は薬剤性質のようだ。
 インフルエンザの治療薬として広く使われているタミフルは、別タイプ
の治療薬リレンザに比べ、子どもの患者では薬が効かない耐性ウイルスが
できやすいとの研究結果を、東京大医科学研究所の河岡義裕教授と、
けいゆう病院(横浜市)の小児科医、菅谷憲夫参事らが発表した。

タミフル
・72人に投与。
・6人から耐性ウイルスを確認。
・耐性ウイルスは増殖力が比較的弱い。

リレンザ
・72人に投与。
・耐性ウイルスを確認しなかった。

タミフルとリレンザは、同種の原料を元にしているため、大量投与された
タミフルに変わり、リレンザでも耐性が起きると言われていたが、報告に
よると、タミフルの性質によるとのこと。
インフルには他の処方薬もあり、耐性報告が増えれば順次変わるのだろう。

HPV、Hib、小児用肺炎球菌の3ワクチン接種について、公費で補助をする
予定の市区町村は全体の99.7%になったようだ。
国内外で、副作用が報告されているワクチンに公費で補助する意図は
なんだろうか。

抗インフル薬開発
インフル・ワクチンの副作用
HPVワクチンで死亡者
ワクチン禍再来か
インフル新薬
2010インフル流行入り


---ほぼ全自治体で3ワクチン補助 厚労省が公表---
2011年1月20日 16時46分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011012001000432.html

 子宮頸がん予防、インフルエンザ菌b型(Hib)、小児用肺炎球菌の3ワクチンすべてについて、接種を受ける人に公費で補助をしているか、する予定の市区町村は全体の99・7%に上るとの調査結果を、厚生労働省が20日、公表した。
 調査は昨年12月半ば。11月下旬の調査では、3ワクチンに補助との回答は85・1%だったが、ほぼ全てで補助することになった。
 全市区町村1750のうち残りは5で、うち3自治体は2ワクチン、2自治体は1ワクチンに補助する。
 日本小児科学会は、特に乳児期にワクチン接種回数が増えるため「複数のワクチンの同時接種を一般的な医療行為として行う必要がある」との見解を公表している。(共同)


---タミフルは耐性できやすい 薬の性質か、研究報告---
2011年1月20日 15時19分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011012001000421.html

 インフルエンザの治療薬として広く使われているタミフルは、別タイプの治療薬リレンザに比べ、子どもの患者では薬が効かない耐性ウイルスができやすいとの研究結果を、東京大医科学研究所の河岡義裕教授と、けいゆう病院(横浜市)の小児科医、菅谷憲夫参事らが米医学誌電子版に20日、発表した。
 タミフルに耐性があるインフルエンザウイルスの検出例は多い一方で、リレンザではまれ。タミフルの使用量の方が多いのが原因の可能性もあったが、今回の研究結果は、耐性ウイルスのできやすさは薬の性質の違いによる可能性が大きいことを示した。
 河岡教授らは、2005~09年にかけ4つの病院で、タミフルとリレンザを投与された72人を、一定の条件のもとで比較調査した。(共同)


---タミフル:投与患者、8%に耐性ウイルス 治療に影響、懸念--東大など調査---
毎日新聞 2011年1月20日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/science/news/20110120ddm012040002000c.html

 インフルエンザ治療薬「タミフル」を投与した患者のうち約8%で耐性ウイルスが現れていることが、東京大医科学研究所などの調査で明らかになった。タミフルが他の治療薬と比べ、臨床現場での治療により耐性ウイルスを出しやすいことが分かったのは初めて。19日、感染症の米専門誌電子版に発表した。【関東晋慈】
 河岡義裕・同研究所教授(ウイルス学)らの研究チームは05~09年の過去4シーズン、けいゆう病院(横浜市)でタミフルと治療薬「リレンザ」を投与した患者各72人計144人を調べた。その結果、タミフルで治療した患者6人から耐性ウイルスが確認されたが、リレンザで治療した患者からは現れなかった。
 患者はいずれもタミフルの投与で回復したが、体内でインフルエンザウイルスが増殖する過程で一部が耐性を獲得した可能性があるという。こうした耐性ウイルスは増殖力が比較的弱いとされ、これまで治療が原因による感染拡大は起きていない。だが、感染力や増殖力が強まれば、タミフルが治療に使えなくなるなど、今後の治療に影響する懸念がある。
 同病院の菅谷憲夫小児科部長は「国内では経口薬のタミフルのほか、吸入薬のリレンザ、イナビル、点滴薬のラピアクタの計4種類のインフルエンザ治療薬がある。バランスよく使っていくことが大切だ」と話している。

2011年1月28日金曜日

B2情報流出 判決禁固32年

B2情報を流出した元技術者に禁固32年の判決がでた。
 米ハワイ州の連邦裁判所は、巡航ミサイルをレーダーに探知されにくく
するステルス能力に関する軍事情報を違法に中国政府に提供したとして、
元技術者ノシル・ゴワディア被告に対し禁錮32年の判決を言い渡した。

Noshir Gowadia
・当時ノースロップ社に勤務し、B-2爆撃機の推進システムを設計

・ミサイル技術を中国に漏洩した罪で禁固32年
・中国の巡航ミサイル排気ノズルの低排熱化を支援するため11万ドル受取る。
 排気ノズル低排熱化により、赤外線探知と熱追尾ミサイルの回避となった。
・控訴する予定

ステルス機と言うから、電磁波で探知されにくいと思い込んでいたが、
赤外線で探知されにくと言うことらしい。
殲20の排気ノズルは、赤外線の探知がされにくい設計のようだ。
追尾ミサイルは、赤外線から多種の追尾方式に変わりつつあるから、
脅威は低いと思うが、再配備は必要になる。

J20 F117墜落機を複製か


中国への米国のステルス機デザイナーリークが言い渡される


---中国の次世代ステルス機「殲20」に「主張する性能が本当か不明」と米報道官---
2011.1.27 14:31
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110127/amr11012714400077-n1.htm

 米国防総省のモレル報道官は26日の記者会見で、レーダーに捕捉されにくい中国の次世代ステルス戦闘機「殲20」について「彼ら(中国側)が主張するようなステルス性が本当にあるのかも分からない」と述べて実像の不透明さを強調。試験飛行に成功したと断じるのは時期尚早だと述べた。
 また報道官は、1999年のコソボ紛争の際に撃墜された米軍ステルス攻撃機の技術を中国が盗用して殲20を開発したとの報道について、内容を裏付ける証拠はないと指摘した。(共同)


---Stealth-Espionage Claims Disputed in China---
JANUARY 26, 2011
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704013604576103873339685848.html

BEIJING-Chinese military experts disputed that China obtained secret U.S. technology to develop its new stealth fighter, saying the country relied on homegrown innovation to produce a plane that has drawn new international attention to its military advances.

Speculation that China obtained U.S. stealth technology has been circulating since aviation experts noted that the J-20 stealth-fighter prototype looked like a larger version of the U.S. F-22 Raptor, currently the world's only fully operational stealth fighter. The twin-engine J-20 made its first public test flight two weeks ago during a visit to China by U.S. Defense Secretary Robert Gates.

On Sunday, the Associated Press quoted Balkan military officials saying China likely learned some of its stealth technology from pieces its agents obtained of the wreckage of a U.S. F-117 shot down by a Serbian antiaircraft missile during the 1999 Kosovo war. The F-117 Nighthawk was the first U.S. stealth fighter.

Then, on on Monday, a former U.S. B-2 stealth bomber engineer, Noshir Gowadia was sentenced by a U.S. court in Hawaii to 32 years in prison for selling stealth-missile technology, with potential applications on fighter jets, to China. Mr. Gowadia's son, Ashton Gowadia, said his father plans to appeal.

The elder Mr. Gowadia moved from India to the U.S. for postgraduate work in the 1960s and became a U.S. citizen about a decade later.He helped to design the B-2 propulsion system when he worked at Northrop Corp., now known as Northrop Grumman Corp., in 1968 to 1986. He was arrested in 2005. A federal jury in Honolulu found that he pocketed about $110,000 to help China design a cruise-missile exhaust nozzle that would give off less heat, letting it evade infrared radar detection and U.S. heat-seeking missiles.

He wasn't accused of assisting with the J-20 program, though prosecutors said he visited an aviation design facility in Chengdu, the western city where the stealth fighter was tested. Aviation experts have noted that the J-20 prototype that made the test flight had unusual exhaust nozzles, which appear to be designed to prevent it from emitting enough heat to be detected by infrared radar.

The Chinese experts rejected the idea that China obtained American technology either from espionage or from the wreckage of the F-117-which they said used less advanced technology than what China has developed-although some acknowledged that China may have used publicly available source materials.

"China is completely capable of making its own stealth fighter jet," said Li Daguang, a professor at the People's Liberation Army's National Defense University. "I think we developed the J-20 largely on our own research, but at the same time learning from existing foreign models. Many countries have already possessed stealth-jet technology....Stealth materials are not considered highly sophisticated or confidential at all."

China's Defense Ministry and Air Force declined to comment on any of the reports, as did China Aviation Industry Corp., which is developing the J-20, and the Chengdu Aircraft and Design Institute, where it is being tested. Asked about the reports at a routine briefing, Foreign Ministry spokesman Hong Lei said, "I am not aware of relevant information."

Current and former U.S. officials also said in 2009 that computer spies had repeatedly broken into the program to develop the F-35, the next generation of U.S. stealth fighter. The former officials said at the time they thought the attacks came from China. Beijing has denied involvement in such cyberattacks.

Song Xiaojun, a former naval officer who is now a military commentator for Chinese state television, attributed the reports that China appropriated its stealth technology to those who "just envy and hate us for having developed the jet, for we made something they thought we'd never be able to make. I'm saying that I'm sure the technology is 100% Chinese."

The F-117 was developed in secrecy in the 1970s and began service in 1983. It was not completely invisible to radar, but was very hard to detect because of its unique radar-absorbent coating. The one shot down over Serbia was the first to be hit. The F-117 was retired in 2008.

The AP quoted Adm. Davor Domazet-Loso, Croatia's military chief of staff during the Kosovo war, as saying intelligence reports in 1999 described Chinese agents "criss-crossing" the region where the F-117 went down, and buying bits of wreckage from local farmers.

"We believe the Chinese used those materials to gain an insight into secret stealth technologies ... and to reverse-engineer them," he was quoted as saying.

Parts of the F-117 are still exhibited at Belgrade's aviation museum.

Wang Yanan, associate editor in chief at China's Aerospace Knowledge magazine, said there was no point in China acquiring wreckage parts of the F-117, as its technology was already outdated in 1999.

Still, other analysts point to signs of Chinese interest in the F-117. Andrei Chang, the Hong Kong-based editor of Kanwa Defense, an online publication about military affairs, said China had also built a scale model of the F-117 at an aviation research institute in the city of Luoyang in Henan province.

"This is the fundamental reason why it took China only a very short period of time to develop several types of stealth materials in Beijing," he said.

He included in an emailed statement what he said was a satellite photograph of the F-117 model, taken in May 2010.

The B-2, which was developed in the 1980s and first unveiled in 1988, is still used as a long-range strategic bomber and has never been shot down.
-Yoli Zhang and Juliet Ye contributed to this article.


---米元技師、中国にステルス情報 違法提供に禁錮32年---
2011年1月25日 17時10分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011012501000555.html

 【ロサンゼルス共同】米ハワイ州の連邦裁判所は24日、巡航ミサイルをレーダーに探知されにくくするステルス能力に関する軍事情報を違法に中国政府に提供したとして、元技術者ノシル・ゴワディア被告に対し禁錮32年の判決を言い渡した。AP通信が報じた。
 APは23日、中国がこのほど開発した次世代ステルス戦闘機「殲20」について、1999年のコソボ紛争で撃墜された米軍のステルス攻撃機の技術が盗用された可能性が高いと報道。中国がなりふり構わず米国のステルス技術の獲得を目指していた様子を連日伝えた。
 ゴワディア被告は、APによると66歳。03~05年、情報を中国政府に伝え、見返りに少なくとも11万ドル(約900万円)を受け取ったとされる。

2011年1月27日木曜日

エジプト教会爆弾テロ 過激派を逮捕

エジプト教会爆弾テロで、過激派一人を逮捕した。
 エジプト内務省は、北部アレクサンドリアで起きたキリスト教会での
爆弾テロで主要な役割を果たした容疑者として、パレスチナ自治区ガザの
過激派「イスラム軍」のメンバーで、アレクサンドリア在住のエジプト人
の男を逮捕したとの声明を出した。中東通信が伝えた。

Ahmed Lotfy Ibrahim 26歳 アレクサンドリア在住
・2008年ガザでイスラム軍(The Palestinian Islamic Army)の勧誘を
 受けた。
 キリスト教やユダヤ教施設の監視を命じられ、テロ現場となった教会等
 の写真を提供。

イスラム軍
・関与を否定。

ハマス(ガザの主武装組織)
・関与を否定。
・エジプト当局に全面的調査協力を申し出た。
・ガザにアルカイダを存在せず、パレスチナ派閥と抵抗組織はシオン
 主義者のみに銃を向けると断言。

逮捕された容疑者は、情報提供によるテロ幇助で逮捕されたようだ。
関与したとされるイスラム軍は関与を否定しているが、末端組織が
実行した可能性もある。
イスラム軍とハマスは共闘していたようだが、今は分離している。
欧米でのテロ容疑者が「怪しい人から逮捕」と言うのと似ている。
エジプトは、ジャスミン革命に影響を受けているのに、外相は
「波及はない」と言う。
犯罪捜査と民主主義が葛藤するのか。

教会テロ
ナポレオン親衛隊活動中


---教会爆弾テロでエジプト人逮捕 26歳、ガザ過激派メンバー---
2011年1月24日 09時27分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011012401000101.html

 【カイロ共同】エジプト内務省は23日、北部アレクサンドリアで1日に起きたキリスト教会での爆弾テロで主要な役割を果たした容疑者として、パレスチナ自治区ガザの過激派「イスラム軍」のメンバーで、アレクサンドリア在住のエジプト人の男(26)を逮捕したとの声明を出した。中東通信が伝えた。
 声明が伝えた自供内容によると、男はネットを通じて過激派思想に感化され、2008年にガザでイスラム軍の勧誘を受けた。男はキリスト教やユダヤ教施設の監視を命じられ、テロ現場となった教会などの写真を提供。イスラム軍は昨年12月、実行犯をエジプトに送り込んだ。


---パレスチナ過激派の犯行か 教会テロでエジプト内相---
2011.1.23 20:33
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110123/mds1101232037056-n1.htm

 エジプトのアドリ内相は23日の演説で、今月1日に北部アレクサンドリアのキリスト教会で起きた爆弾テロについて、パレスチナ自治区ガザの過激派「イスラム軍」が関与したという明確な証拠があると述べた。
 イスラム軍は国際テロ組織アルカイダに共鳴しているとされる小規模な武装組織。2006年6月のイスラエル兵拉致事件で、イスラム原理主義組織ハマスとともに犯行声明を出したが、最近はハマスと対立しているという。
 内相は「こうした邪悪な行為に関与、支持した者は処罰を免れない」と強く警告した。
 1日の事件は、キリスト教の一派、コプト教の教会で発生。新年ミサに出席した信徒ら23人が死亡した。(共同)


---Church attack alien to Egypt---
Updated on: 25/01/2011
http://www.arabtimesonline.com/NewsDetails/tabid/96/smid/414/ArticleID/164713/t/Church-attack-alien-to-Egypt/Default.aspx

PRESIDENT Hosni Mubarak has deduced from investigations conducted by police that Egypt is actually capable of foiling all attempts aimed at disrupting the country’s security. He expressed this due to revelations proving that the Alexandria Coptic Church massacre early this year was alien to Egypt.
President Hosni Mubarak knows the right place and time to approach his people and unveil ambiguities. He chose the Police Force Day to reiterate the unity of Egyptians and reaffirmed that terrorism does not have a place among Egyptians. He said this based on his wealth of experience in the war against terrorism.

Mubarak promised early this month to expose perpetrators of the church bombing because he was sure that the security apparatus was capable of handling the investigation. Egypt is at the forefront of the war against terrorism as a result of national cooperation and alertness of security agencies. Additionally, the recent bombing was a unique litmus test for Egypt to repel external attacks aimed at destabilizing the largest Arab nation and planting the tunnel of discord. Now, the blood of martyrs who were praying at the Coptic Church when the incident occurred has extinguished the fire of discord. A country which has maintained homogeneity and unity for the past 7,000 years is strong enough to repel unruly activities.

Every society grows stronger and unites during difficulties, so the leadership understood from the beginning that the criminal activity cannot affect the national unity and it cannot drag Egypt into undue civil war, because such a term does not exist in the Egyptian dictionary.
The speech delivered by President Hosni Mubarak on the recent terrorist activity highlighted the failed attempt of terrorists to return to Egypt in a different manner and method. They attempted this time to pit Muslims against Christians which is a strange attempt in our society and it has foreign undertones.

There are indications of grand conspiracy against Egypt and the entire region because whatever happens within the territory of the largest Arab concentration will transcend that place and cover the entire Middle East. Hence, the discovery of perpetrators of the cruel crime will save the region from evil.
Egypt, through its president, has prevented external aggressors from executing their plans inside the country and silenced those clamoring for international interference in internal issues concerning freedom of religion, which was never a problem in Egypt.

The Coptic Church massacre has exposed plans of regional suspects who perpetually engage in destabilizing societies. It is clear that perpetrators of the crime belong to the so-called terrorist group ‘Palestinian Islamic Army,’ headquartered in Gaza and closely linked to the al-Qaeda group. It is impossible to ignore activities of Israeli spies in that place, so we cannot rule out Israeli complicity in disruption of Egyptian security and attempt to weaken the country. Egypt is alert and wise enough, while the leadership knows the right time to deliver speeches to allay fear of its citizens concerning their fate and stability. Therefore, with sincere determination, the entire Arab world can overcome terrorism that has been spreading chaos within the region.


---Egypt Links Palestinians to Attack at Church---
By MICHAEL SLACKMAN
Published: January 23, 2011
http://www.nytimes.com/2011/01/24/world/middleeast/24egypt.html?partner=rss&emc=rss

CAIRO - Egypt’s interior minister charged Sunday that a Palestinian extremist group with links to Al Qaeda was behind the Dec. 31 bombing outside a church in Alexandria that killed 21 people and set off days of sectarian rioting around the nation.

In a nationally televised speech, the minister, Habib el-Adly, said the authorities had “conclusive evidence” linking the attack on Egyptian Christians to the Army of Islam, a militant group based in the Gaza Strip.

Mr. Adly said that investigators had arrested several Egyptian men connected to the attack and that they had provided details about how they were recruited by the Gaza group.

“These despicable terrorist acts will not get the better of the will of the nation and the nobility of Egypt, where the principles of moderation and the values of tolerance and acceptance of others and renouncing violence and terrorism has taken root in the consciousness of its people through the centuries,” Mr. Adly said in a speech that marked Police Day, which will be observed Tuesday.

Late Sunday, the Interior Ministry identified one of those arrested as Ahmed Lotfy Ibrahim, 26, from Alexandria. A ministry statement said he had visited Gaza in 2008, where he met members of the extremist group who influenced him to attack churches in Egypt. The authorities said Mr. Ibrahim maintained contact with the group until the time of the attack.

A spokesman for the group interviewed by telephone denied any involvement in the terrorist strike in Alexandria.

The Army of Islam is believed to have participated in the cross-border raid in 2006 to capture the Israeli soldier Gilad Shalit, who remains a prisoner.

A spokesman for Hamas, the militant group controlling Gaza, also denied the charge and said that it had asked mediators to contact the Egyptian authorities to offer full cooperation with the investigation.

“We affirm that there is no Al Qaeda in Gaza and that all Palestinian factions and the resistance direct their guns to the Zionist enemy only,” said a government spokesman, Taher Al-Nounou.

The bomb attack occurred as worshipers left a New Year’s Eve Mass in Alexandria. No one has claimed responsibility for the bombing, but immediately afterward, government officials said they detected “foreign hands” behind the explosion.

That charge was immediately criticized by many Christians and Muslims alike, who said it demonstrated that the government was continuing to deny what had become evident: that serious tensions existed between the Muslim majority and the Christian minority, which is about 10 percent of the population.

The government struggled for three days after the attack to quell rock-throwing protests by Christians and their supporters in cities around the country.

Since then, the authorities have moved with uncommon speed to resolve some issues that have angered Christians. A man who had fired on a crowd of worshipers leaving a Christmas Mass in Nag Hammadi a year ago, killing seven people, was sentenced to death. The government also quickly put on trial a police officer who opened fire on a train, killing a Christian man and wounding several others, after the bombing in Alexandria.

“I think it’s more to relieve the pressure that is on them and to show that they are doing something,” said Mona Makram-Ebeid, a former member of Parliament from a prominent Christian family in Cairo. “It’s not convincing, it’s not enough, but we should encourage any step they take in this direction.”

The effort to defuse sectarian tensions came as Egypt faced the prospects of more civil unrest as early as this week. Government opponents have organized a demonstration for Tuesday in Cairo and while such protests are generally not well attended, usually under pressure from security services, more than 75,000 individuals noted on a Facebook page that they planned to participate.

Fares Akram contributed reporting from Gaza, and Mona El-Naggar from Cairo.


---チュニジア:ジャスミン革命、道半ば 前大統領派と戦闘続く 新3閣僚は辞任---
毎日新聞 2011年1月19日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20110119ddm001030190000c.html

 一人の若者の焼身自殺が23年続いた独裁政権の崩壊につながった、北アフリカ・チュニジアの未曽有の政変は、国花から「ジャスミン革命」と呼ばれ始めた。しかし、かれんな呼び名とは裏腹に、ベンアリ前大統領の警護隊残党と国軍との銃撃戦が首都チュニスや観光地カルタゴで続き、前大統領派の排除を求める国民は、17日発足の新政権を「旧政権の継承」と反発する。18日には治安部隊が抗議デモの参加者に暴行する場面も見られ、治安も政情も「革命」と呼ぶにはほど遠い状況にある。【カルタゴ(チュニジア北部)で和田浩明】(3面に「質問なるほドリ」)
 チュニスから車で約30分。古代ローマに滅ぼされた都市国家遺跡を擁し、政変前は観光客でにぎわっていたカルタゴに17日入ると、銃撃音が散発的に響きわたる戦場だった。
 大統領宮殿に至る道は国軍戦車が封鎖していた。道路脇には、焼き打ちされた乗用車があちこちでひっくり返っていた。市内中心部のベンアリ氏の巨大看板は、顔の部分が破り取られていた。
 国軍とベンアリ前大統領の警護隊の残党との銃撃戦は、16日夜から始まった。大学生のオマルさん(20)によると、一部住居の屋根から前大統領派の狙撃手が発砲を続けている。「ヘリコプターから狙撃手を狙い撃ちしやすいよう、部屋の明かりを消して」と国軍から要請された。
 住民が集まるカフェで取材中、「パン、パン」と乾いた銃声が聞こえた。上空には軍のヘリコプターが旋回。戦闘が続いた約1時間、「ドン」という腹に響く砲声が建物を震わせた。宮殿や周辺に前大統領警護隊が潜伏しているためだ。
 政変前に約3000人いたとみられる前大統領警護隊は今も武装したまま。前大統領が孤児らを引き取って育てたとされ、忠誠心が厚い。武力抵抗を続ける可能性が高く、治安回復の道は多難だ。
 17日に発表された新内閣メンバーは、メバザア暫定大統領が「挙国一致内閣」を約束した。だが、ガンヌーシ首相ら主要閣僚が残留し、野党から閣僚入りした3人が18日に抗議の辞任を表明。新政権は旧政権と似た顔ぶれとなり、全国で市民数千人が抗議デモを実施。チュニスでは鎮圧を図った治安部隊が、デモ参加者に暴行したり催涙弾を発射した。
 カルタゴのカフェにいた医師、スガイヤさん(44)が「ベンアリ関係者が政府に残ることは受け入れられない」と語ると、周りの人々もうなずいた。憲法が定める60日以内の大統領選実施も実現は不透明で、国民の新政権への失望感が新たな怒りに変わりつつある。
 一方、長期専制や富の偏在などチュニジアと状況が似ているアラブ諸国は、政変の飛び火を警戒している。エジプトやアルジェリアでは政府に抗議する焼身自殺未遂が相次いだ。隣国リビアの最高指導者、カダフィ大佐は「ベンアリ氏は14年の大統領選不出馬を約束していた。なぜ(国民は)待てなかったのか」と不快感を表明。エジプトのアブルゲイト外相は「波及はない」と断言してみせた。
 しかし、アラブ連盟のムーサ事務局長は17日、「アラブ社会には(今回の政変と)共通する要因がある」と語った。

2011年1月26日水曜日

のだめは反米か

のだめは反米だったようだ。
のだめのピアノ吹き替えをしたラン・ランがホワイトハウスの公式晩餐会
(来賓胡錦濤)で、中国の反米宣伝曲「わが祖国」を演奏した。

ラン・ラン
・フェニックステレビ
 「この曲をホワイトハウスの晩餐会で演奏することは、中国人に
  とって大変な誇りになると思った」
・CBS
 「子供のころから好きな曲の一つだった。メロディーが美しいという
  以外の選曲理由はない」
・私の目標は、音楽の美しさと印象を通して文化の橋渡し、
 米国と中国は私の二つの祖国。

ホワイトハウス報道官
・曲は、そのメロディーのため、中国では、広く知られた人気のある曲

「わが祖国」は、朝鮮戦争の戦闘の中で、中国軍が困難を乗り越えながら、
米国に勝利する映画の主題歌らしい。

米国では、演奏する楽曲が何であれ、表現の自由が保障されているので、
政治的な問題となるだけだが、報道官の発表からするとNSCも了承済みの
ようだ。

対中輸出規制については報道されていないが、ウェスチングハウスや
ハネウェルとの契約も合意。詳細は不明だが、米国は、プルトニウム精製
原子炉や軍事装備品の複製も容認したようだ。
中国の原潜や戦闘機の機能性能がまた急激に上がる。

ボーイングは、前回の契約でも大型契約と報道されたが、契約機数全てが
ストライキと開発遅延の問題で、契約破棄(?)となっている。
今回は再契約しただけ。

新米派のフジサンケイグループの中で、フジテレビ系は、のだめのピアノ
吹き替えとしてラン・ランを絶賛しており、現在も対応は変わっていない。
米国への日本売りがひどいと陰口を叩かれるフジサンケイグループだが、
グループ内で矛盾を抱えることになるのだろうか。

中国 180機解約か

ラン・ラン、めざましライブ出演!!
のだめカンタービレ最終楽章 音楽製作レポート(ラン・ラン編その3)
映画「のだめカンタービレ 最終楽章」でのだめのピアノ演奏をふき替えたピアニスト、ラン・ランの3Dスペシャルコンサートが期間限定で開催されます。
期間限定イベント ラン・ラン3D スペシャルコンサート|ソニービル


Chinese musician (Lang Lang) perfoms anti-American song at the White House


---ホワイトハウスで反米ソング 米政権が大恥---
2011.1.25 21:47
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110125/amr11012521500129-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】中国の胡錦濤国家主席を招いて19日夜、ホワイトハウスで行われた公式晩(ばん)餐(さん)会で、国際的な中国人男性ピアニスト、ラン・ラン(郎朗)氏(28)が演奏した曲が、反米宣伝映画の主題曲だったと分かり、米国内で波紋を広げている。
 ラン・ラン氏は、中国生まれでニューヨーク在住。演奏したのは、朝鮮戦争(1950~53年)を舞台にした中国共産党の反米映画「上甘嶺(じょうかんれい)」(56年)の主題曲「わが祖国」だ。
 「わが祖国」は中国人に広く知られており、共産党が数十年の間、反米宣伝曲として利用してきた。映画は、中国人民解放軍「義勇軍」と米軍の激戦の様子を残虐に描いている。
 米CBSニュースによると、ラン・ラン氏は、この曲を選んだ理由について、晩餐会の前に収録した香港のフェニックステレビに、「この曲をホワイトハウスの晩餐会で演奏することは、中国人にとって大変な誇りになると思った」と語っていた。
 だが、演奏後に波紋が広がると「子供のころから好きな曲の一つだった。メロディーが美しいという以外の選曲理由はない」とのコメントを出した。
 演目などは通常、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)のスタッフが事前にチェックするはずだが、ギブズ大統領報道官はコメントを避けている。
 一方、米メディアによると、中国系ブログには「米国人は曲に酔っていた。本当に間抜けだ」といった書き込みがあふれている。


---Chinese-born pianist denies he played song to insult U.S.---
By Paul Richter, Tribune Washington Bureau
January 25, 2011
http://www.latimes.com/news/nationworld/nation/la-na-white-house-pianist-20110125,0,52927.story

Lang Lang said he chose 'My Motherland' for a White House dinner because of its beauty. But U.S. conservatives and some mainland Chinese say the piece, known from a 1956 anti-American film, was a slap.

Reporting from Washington -
Chinese-born pianist Lang Lang denied Monday that he sought to insult the United States with the choice of a song he played at a White House state dinner last week, despite the claims of some mainland Chinese and conservatives in the U.S.

Lang Lang, the 28-year-old virtuoso who performed at a dinner for Chinese President Hu Jintao on Wednesday, said he played "My Motherland" not because of its anti-American associations but entirely "for the beauty of its melody."

The piece was featured in a 1956 Chinese movie about soldiers in the Korean War that expresses strong anti-American sentiments. The film tells the story of the Battle of Triangle Hill, in which Chinese troops suffer hardship, but ultimately triumph over their American adversaries.

American conservatives and some mainland Chinese, in a rare convergence of views, have been asserting online that the pianist intended to insult the United States.

Lang Lang, who lives in both the U.S. and China, issued a statement saying: "I selected this song because it has been a favorite of mine since I was a child. It was selected for no other reason but for the beauty of its melody."

He said his goal was to "bridge cultures together through the beauty and inspiration of music … America and China are my two homes. I am most grateful to the United States for providing me with such wonderful opportunities, both in my musical studies and for furthering my career."

Lang Lang will be in Southern California on Tuesday, performing with the Pacific Symphony in Costa Mesa.

Tommy Vietor, a White House spokesman, said the song is "widely known and popular in China for its melody. Lang Lang played the song without lyrics or reference to any political theme .... Any suggestion that this was an insult to the United States is just flat wrong."

One Chinese blogger posted an item on the Sina news portal saying that it was "deeply meaningful to play this in the United States. But I don't know if the Americans can understand. Ha ha."


---White House Says Chinese Folk Song Played During State Dinner Was Not An Insult; Experts Divided---
January 24, 2011 6:23 PM
http://blogs.abcnews.com/politicalpunch/2011/01/white-house-says-chinese-folk-song-played-during-state-dinner-was-not-an-insult-experts-divided.html

Ivories that were tickled last Wednesday night at the White House are, to some conservative media, no laughing matter.

At the White House State Dinner for Chinese President Hu Jintao, pianist Lang Lang played, among other ditties, the song “My Motherland.”

My Motherland was written for the 1956 Chinese war film “Battle on Shangganling Mountain,” about the Korean War, in which the People’s Republic of China soldiers are the heroes and the bad guys are Americans.

The U.S. lost this fight, known here as the Battle of Triangle Hill.

Though there was no lyrical accompaniment when Lang Lang performed the song last week, one lyric translates as “When friends are here, there is fine wine /But if the wolves (or jackals) come /What greets it is the hunting rifle.”

A writer for the conservative website Human Events says: “Playing this song at a White House state dinner is the rough equivalent of an American president providing music from Rambo II during a state visit to Vietnam.”

And conservative U.S. media are joined in their interpretation of the music selection by their Communist Chinese equivalents.

“Chinese web users are acclaiming pianist Lang Lang's choice of tune for a White House state dinner given in honour of President Hu Jintao - a patriotic theme song from an anti-US war film,” writes China One News, quoting one anonymous commenter on the website sina.com writing: "It's deeply meaningful to play this in the United States, but I don't know if the Americans can understand? Ha ha."

White House spokesman Tommy Vietor told ABC News that “any suggestion that this was an insult to the United States is just flat wrong. As Lang Lang has stated before, he plays this song regularly because it is one of his favorite Chinese melodies, which is very widely known and popular in China for its melody. Lang Lang played the song without lyrics or reference to any political themes during the entertainment portion of the State Dinner. He simply stated the song’s title and noted it was well known in China.”

Lang has issued a statement saying that he “selected this song because it has been a favorite of mine since I was a child. It was selected for no other reason but for the beauty of its melody.” His goal is to “bridge cultures together through the beauty and inspiration of music.”

Asked what he thought of the controversy, Kenneth Lieberthal -- director of the John L. Thornton China Center at the Brookings Institution and a former special assistant to President Clinton for national security affairs and senior director for Asia on the National Security Council - said “I have enough confidence to be easily able to accept Lang lang’s assertion that this is simply a favorite melody of his, that is obviously a Chinese melody, and that he used it without any thought that it might have a political resonance for some that simply never occurred to him.”

Lieberthal added that “It did occur to me that had the situation been reversed I can easily imagine many Chinese bloggers weighing in along the same way some of our more conservative media have weighed in, but frankly it’s ridiculous. If a musician had no such intent I don’t feel compelled to assign intent to him. The US is confident enough, secure enough and open enough to easily accept his assurance that he didn’t mean anything by it.”

But Nick Eberstadt, a researcher at the American Enterprise Institute, tells ABC News that the song is “classic Mao-era anti-American invective and it’s astonishing that none of the China experts on the American side called it out before it was put into the program for the banquet.”

Said Eberstadt, a senior adviser to the National Board of Asian Research and a member of the Global Leadership Council at the World Economic Forum. “we have quite a few people who are considered China hands who were at the banquet themselves and the idea that this wouldn’t have rung any alarm bells seems quite astonishing. It’s not quite as familiar to Chinese ears as ‘the Halls of Montezuma and the shores of Tripoli’ but it’s kind of along the same lines.”

-Jake Tapper


---米中首脳会談、「国民冷遇」胡錦濤主席に自由の“洗礼”---
2011.1.20 22:28
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110120/amr11012022300073-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】19日に行われた米中首脳会談は、オバマ米大統領が人権問題を主要議題に取り上げ、中国の民主活動家、劉暁波氏の釈放やチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世との対話を要請した。人権問題に関する踏み込んだ姿勢は、対中強硬派が主要ポストを占める米議会を意識したためとも指摘されている。
 会談後、ホワイトハウスのイーストルーム(東の間)で開かれた共同記者会見は、一般的な同時通訳ではなく、米国人通訳が英語を中国語に、中国人通訳が中国語を英語に訳す逐語通訳方式が採用された。
 「共同会見を嫌がっていた」(米メディア)という中国側の希望で、会見慣れしていない胡氏が回答する時間を稼ぐ狙いもあったとみられる。
 「大統領! 国民を冷遇していることで知られる国とどうしたら協力していけるのか米国民に説明してほしい」
 会見の冒頭、AP通信の記者がこう質問すると、会場の一部に陣取った中国人記者団が凍り付き、胡氏の顔も引きつった。報道の自由を掲げる民主国家の“洗礼”だ。
 オバマ氏は、「米国はすべての人々にとって人権が普遍的な権利であることを再確認した」と強調。国賓である胡氏を横目に見ながら、中国が最も嫌がる人権問題でここまで踏み込んだのは異例だ。
 一方の胡氏は、冒頭の人権問題に関する質問に答えなかったことを別の米国人記者から指摘された際、「通訳の技術的な関係で質問が聞こえなかった」と釈明した。
 アジア関係のシンクタンク「プロジェクト2049」のケリー・カリー上級研究員は「胡氏は2年後に国家主席を退くレームダック(死に体)状態で、オバマ氏は再選を目指す立場。会談ではその差が如実に出た」などと語った。


---米中、総額450億ドルの契約で合意=米政府高官---
2011年 01月 20日 05:10 JST
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-19099420110119

 [ワシントン 19日 ロイター] 米中両国は、米航空機大手ボーイングからの航空機調達案件を含む、総額450億ドルの契約で合意した。米政府高官が19日、明らかにした。
 中国はボーイングから200機の航空機を190億ドルで購入するほか、ハネウェル・インターナショナル、キャタピラー、東芝傘下のウェスチングハウス(WH)との契約も結んだ。
 同高官は匿名を条件に記者団に対し、政府調達、知的財産権、および中国政府の自主開発政策など、対中貿易の主要分野においても何らかの進展があったことを明らかにした。
 中国の胡錦濤国家主席は18―21日の日程で米国を公式訪問中。

J20 F117墜落機を複製か

J20はF117墜落機を複製した可能性があるとのこと。
 中国が開発した次世代ステルス戦闘機「殲20」には、墜落して流出した
米空軍のステルス攻撃機の機密技術が使われているのではないか-。
AP通信は、1999年3月のNATO軍による旧ユーゴスラビア空爆の事情に詳しい
クロアチア軍高官の指摘として報じた。

クロアチア軍高官
・墜落した同機の残がいは地元農民らが回収していた
・「中国の外交関係者らが当時、農民から残がいを買い上げた。中国は
 こうした素材をステルス技術の解明と戦闘機開発のために使ったに
 違いない」

別のセルビア軍幹部
「ステルス機の破片は、いくつの大使館の防衛武官(外国の軍)の手に
渡った」

コソボ紛争で対戦したクロアチア軍とセルビア軍の関係者による取材が
記事となっているが、推論を報道しただけ。
破損した機体の素材や塗料の分析をしても、量産時に加工可能な材料が
購入できるかは別の話。
ステルス機能は、素材と塗料だけで性能が決まるわけではないので、B-2
の情報も手に入れ、開発中なのだろう。
米ステルス機が、初めて国外に飛行した際、対象国から、レーダーに
映っていると報道されたことがあった。
中国以外の国が、中国製ステルス機のステルス性能ついて、報道して
いない。周辺国は情報を入手しているはずだから、秘匿扱いなのだろう。

中国は、海洋覇権の手法について、「やりすぎだった」と米国元補佐官
に言わせたが、国外の中国人らが、6月に尖閣諸島上陸と言う説もある。
軍事産業スパイも中国はいつか誰かに謝罪してもらうのか。

F117 完全退役
米軍事費削減 F22生産中止か
矛盾する政府
殲20のメディア戦略


China's New Stealth Fighter May Use US Tech The Associated Press


---中国 ステルスもコピー? 米墜落機収集か---
2011年1月24日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011012402000028.html

 【ロンドン=松井学】中国が開発した次世代ステルス戦闘機「殲(せん)20」には、墜落して流出した米空軍のステルス攻撃機の機密技術が使われているのではないか-。AP通信は二十三日、一九九九年三月の北大西洋条約機構(NATO)軍による旧ユーゴスラビア空爆の事情に詳しいクロアチア軍高官の指摘として報じた。
 レーダーに捕捉されにくい米空軍のF117ステルス攻撃機だが、九九年三月下旬の同空爆時に旧ユーゴ領内で墜落したことから作戦に参加していたことが明らかになった。クロアチア軍高官は、墜落した同機の残がいは地元農民らが回収していたと説明したうえで、「中国の外交関係者らが当時、農民から残がいを買い上げた。中国はこうした素材をステルス技術の解明と戦闘機開発のために使ったに違いない」と述べた。別のセルビア軍幹部も「ステルス機の破片は外国の軍の手に渡った」と説明しているという。
 米空軍ステルス機が墜落した当時、多くの欧州メディアは同機の残がいが輸送機でロシアに運ばれたとも伝えていた。


---中国は「やりすぎだった」と反省 漁船衝突事件で元米大統領補佐官---
2011.1.24 10:48
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110124/amr11012410490068-n1.htm

 米外交界の重鎮、ブレジンスキー元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は23日放送のCNNテレビで、昨年の沖縄県・尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件などを念頭に、中国が東シナ海や南シナ海での対応を「やりすぎだった上に、まずかった」と反省しているとの見方を示した。
 ブレジンスキー氏は「日本や(南シナ海で中国と深刻な領有権紛争を抱える)ベトナムを刺激した」と指摘した上で「中国は罪悪感は感じていないだろうが、別のやり方があったと考えていると思う」と述べた。(共同)


---China used downed U.S. fighter to develop first stealth jet---
By Mail Foreign Service
Last updated at 10:18 PM on 23rd January 2011
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1349906/China-used-downed-U-S-fighter-develop-stealth-jet.html

China was able to build its first stealth bomber using technology gleaned from a downed U.S. fighter, it has been claimed.
Beijing unveiled its state-of-the-art jet - the Chengdu J-20 - earlier this month.

Military officials say it is likely the Chinese were able to develop the stealth technology from parts of an American F-117 Nighthawk that was shot down over Serbia in 1999.

During Nato’s aerial bombing of the country during the Kosovo war, a Serbian anti-aircraft missile shot the Nighthawk. It was the first time one of the ‘invisible’ fighters had ever been hit.

The Pentagon believed a combination of clever tactics and luck had allowed a Soviet-built SA-3 missile to bring down the jet.

The pilot ejected and was rescued but the wreckage was strewn over a wide area of farmland.

Civilians collected the parts - some the size of small cars - as souvenirs.

‘At the time, our intelligence reports told of Chinese agents crisscrossing the region where the F-117 disintegrated, buying up parts of the plane from local farmers,’ says Admiral Davor Domazet-Loso, Croatia’s military chief of staff during the Kosovo war.

‘We believe the Chinese used those materials to gain an insight into secret stealth technologies... and to reverse-engineer them.’

A senior Serbian military official confirmed that pieces of the wreckage were removed by souvenir collectors, and that some ended up ‘in the hands of foreign military attaches’.

In what appears to be a clear message of its military might, China staged the first test flight of the new stealth jet earlier this month - at the same time that U.S. defence chief Robert Gates was in Beijing on the second day of an official visit.
The fighter jet's successful test follows reports that China is planning to launch its first aircraft carrier and has tested a ballistic missile capable of sinking U.S. vessels in the Pacific.
The prototype jet was shown in flight, with civilians and air force personnel watching on, in pictures on several unofficial Chinese military websites, after local media outlets had claimed a successful test flight had taken place.
While the Chinese government is renowned for its stringent approach to state secrets, photos and reports of the J-20's test have remained online.
According to international agencies, the scheduling of the test flight to coincide with Mr Gates' visit to China, coupled with the seemingly relaxed approach to reports about the flight, indicated Beijing's willingness to be more open about its military intentions.
Nonetheless, reports of the stealth's successful test will do little to quell anxieties about the speed of China's military progress.
The U.S. F-22 Raptor is currently the only operational stealth fighter in the world, while Russia's Sukhoi T-50 jet is expected to enter active service in the next four years.
But pictures of China's J-20, which looks larger than the F-22 or T-50, will be of concern to the Taiwanese government, whose antiquated aircraft and radar systems would provide little resistance to radar-evading Chinese jets.
The U.S. has claimed China would not be capable of developing a stealth jet for years and production of the F-22 was recently capped.
But the J-20's successful test, coupled with reports of the development of an aircraft carrier and missile system, confirms China's growing military might.

SPY TECH: HOW THE J-20 SHAPES UP AGAINST ITS RIVALS
A study of photographs of the aircraft by industry journal Aviation Week revealed the J20...
*is a single seat, twin-engine aircraft.
*is bigger and heavier than its Russian (Sukhoi T-50) and U.S. (F-22) equivalents.
*is around 75ft long with a wingspan of 45ft
*has landing gear that retracts into body-side bays, indicating the likely presence of F-22-style side weapons.
*could be loaded with larger weapons including air-to-surface munitions because of the distance of its base from the ground.
*likely weighs 75,000-80,000lb, with no external load, suggesting a generous fuel capacity.
*is compatible with newly developed air-to-ground weapons revealed by Chinese engineers at the Zhuhai air show in November.

The F-22 Raptor...
*is also a single seat-twin engine stealth fighter.
*is 62 feet long with a wingspan of 44ft 6in, making it lighter and more maneuverable.
*It stands 16ft, 5in off the ground.
*can carry medium and short range air-to-air missiles in three internal weapons bays on the bottom and sides of the fuselage.
*It weighs 43,430lb when empty, and around weight: 64,460lb when loaded. Its maximum takeoff weight is 83,500lb.
*Its fuel capacity is 18,000lb internally, or 26,000lb when it uses two optional external fuel tanks,
*While many are still operational, the F22 is coming towards the end of its shelf-life, with the 2010 National Defense Authorization Act containing no funding for F-22 production.

The Sukhoi T50...
*is currently being developed for the Russian Air Force by Moscow defence company Sukhoi.
*had, by November 2010, made 40 test flights. The second prototype is due to start its flight test this year.
*will replace the MiG-29 Fulcrum and Su-27 Flanker and directly compete with the F-22 Raptor.
*is a one-seat twin engine stealth fighter.
*is 65.9ft long with a wingspan of 46.6ft and stands 19.8ft high.
*weighs 40,785lb when empty and 57,320lb fully loaded with a fuel capacity of 22,711lb.
*has a top speed of Mach 2, 1,560mph.
*does not yet have armaments but there is apparent provision for two 30mm cannons with two internal bays for guns and missile.


---China's new stealth fighter may use US technology---
Published January 23, 2011
http://www.foxnews.com/world/2011/01/23/chinas-new-stealth-fighter-use-technology/?test=latestnews

BRUSSELS - Chinese officials recently unveiled a new, high-tech stealth fighter that could pose a significant threat to American air superiority - and some of its technology, it turns out, may well have come from the U.S. itself.

Balkan military officials and other experts have told The Associated Press that in all probability the Chinese gleaned some of their technological know-how from an American F-117 Nighthawk that was shot down over Serbia in 1999.

Nighthawks were the world's first stealth fighters, planes that were very hard for radar to detect. But on March 27, 1999, during NATO's aerial bombing of Serbia in the Kosovo war, a Serbian anti-aircraft missile shot one of the Nighthawks down. The pilot ejected and was rescued.

It was the first time one of the much-touted "invisible" fighters had ever been hit. The Pentagon believed a combination of clever tactics and sheer luck had allowed a Soviet-built SA-3 missile to bring down the jet.

The wreckage was strewn over a wide area of flat farmlands, and civilians collected the parts - some the size of small cars - as souvenirs.

"At the time, our intelligence reports told of Chinese agents crisscrossing the region where the F-117 disintegrated, buying up parts of the plane from local farmers," says Adm. Davor Domazet-Loso, Croatia's military chief of staff during the Kosovo war.

"We believe the Chinese used those materials to gain an insight into secret stealth technologies ... and to reverse-engineer them," Domazet-Loso said in a telephone interview.

A senior Serbian military official confirmed that pieces of the wreckage were removed by souvenir collectors, and that some ended up "in the hands of foreign military attaches."

In Washington, an Air Force official said the service was unaware of any connection between the downed F-117 plane and development of Chinese stealth technology for the J-20. The official spoke on condition of anonymity because the subject involves classified information.

Efforts to get comment from China's defense ministry were unsuccessful.

China's multi-role stealth fighter - known as the Chengdu J-20 - made its inaugural flight Jan. 11, revealing dramatic progress in the country's efforts to develop cutting-edge military technologies.

Although the twin-engine J-20 is at least eight or nine years from entering air force inventory, it could become a rival to America's top-of-the-line F-22 Raptor, the successor to the Nighthawk and the only stealth fighter currently in service.

China rolled out the J-20 just days before a visit to Beijing by U.S. Defense Secretary Robert Gates, leading some analysts to speculate that the timing was intended to demonstrate the growing might of China's armed forces.

Despite Chinese President Hu Jintao's high-profile visit to the United States this week, many in Washington see China as an economic threat to the U.S. and worry as well about Beijing's military might.

Parts of the downed F-117 wreckage - such as the left wing with US Air Force insignia, the cockpit canopy, ejection seat, pilot's helmet and radio - are exhibited at Belgrade's aviation museum.

"I don't know what happened to the rest of the plane," said Zoran Milicevic, deputy director of the museum. "A lot of delegations visited us in the past, including the Chinese, Russians and Americans ... but no one showed any interest in taking any part of the jet."

Zoran Kusovac, a Rome-based military consultant, said the regime of former Serbian President Slobodan Milosevic routinely shared captured Western equipment with its Chinese and Russian allies.

"The destroyed F-117 topped that wish-list for both the Russians and Chinese," Kusovac said.

Russia's Sukhoi T-50 prototype stealth fighter made its maiden flight last year and is due to enter service in about four years. It is likely that the Russians also gleaned knowledge of stealth technology from the downed Nighthawk.

The F-117, developed in great secrecy in the 1970s, began service in 1983.

While not completely invisible to radar, its shape and radar-absorbent coating made detection extremely difficult. The radar cross-section was further reduced because the wings' leading and trailing edges were composed of nonmetallic honeycomb structures that do not reflect radar rays.

Kusovac said insight into this critical technology, and particularly the plane's secret radiation-absorbent exterior coating, would have significantly enhanced China's stealth know-how.

Alexander Huang of Taipei's Tamkang University said the J-20 represented a major step forward for China. He described Domazet-Loso's claim as "a logical assessment."

"There is no other stronger source for the origin of the J-20's stealthy technology," said Huang, an expert on China's air force. "The argument the Croatian chief-of-staff makes is legitimate and cannot be ruled out."

The Chinese are well-known perpetrators of industrial espionage in Western Europe and the United States, where the administration has also been increasingly aggressive in prosecuting cases of Chinese espionage.

Western diplomats have said China maintained an intelligence post in its Belgrade embassy during the Kosovo war. The building was mistakenly struck by U.S. bombers that May, killing three people inside.

"What that means is that the Serbs and Chinese would have been sharing their intelligence," said Alexander Neill, head of the Asia security program at the Royal United Services Institute, a defense think tank in London. "It's very likely that they shared the technology they recovered from the F-117, and it's very plausible that elements of the F-117 got to China."
___
Stojanovic reported from Belgrade. Snjezana Vukic in Zagreb, Robert Burns in Washington and Peter Enav in Taipei contributed to this report.

2011年1月25日火曜日

ナポレオン親衛隊活動中

民主党公的親衛隊が活動中。
 自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる事務次官通達問題に続き、
「自衛隊情報保全隊」の不当調査が明らかになった。調査の実態は、民主党
政権に批判的な自衛隊OBの言動から現職自衛官を遮断するものだ。防衛相
直轄の防諜部隊を政治主導で恣意的に利用している疑いもあり、民主党政権
が進める「秘密国家」化は加速している。

「隊員の政治的中立性の確保について」通達
通達は防衛省政務三役が主導。
民間人に自衛隊行事での「言論統制」を強いる一方、自衛官が部外の行事に
参加することについても、政権批判が予想される場合は参加を控えるよう
求めている。

自民党時代の情報を公開しても、民主党政権の情報は公開せず、批判を
避けるために、多くの情報を秘密とするようだ。
パパラッチに追いかけられるアイドルの方がまだ強い。

保全隊は、主任務から外れ、民主党の公的親衛隊として活動を増し、
現在は、監視だけだが、ナチスの親衛隊同様、反党分子の監視、諜報、
摘発、収容を行う軍隊として発展する可能性がある。
軍部の独走を防止するための文民統制だが、文民が独裁を望めば、軍部が
指揮どおり、遂行することになる。
そもそも民主主義社会の文民は、選挙で内閣で働く与党議員を投票して
おり、結果的に、現与党に投票した国民は利口ではなかったことを証明
してしまった。
自民党時代、権力の亡者と報道されたことがあったが、民主党は、未だ
権力の使い方がわからず、権力に酔っている状態。

チュニジアから始まった市民革命による民主主義運動は、中東の多くの
国に影響を与えている。しかし、日本の民主主義は、多くのプロパガンダ
により対米覇権政争に勝利したナポレオンまがいを誕生させ、親衛隊に
よる護衛を始めさせてしまったのかも知れない。皇帝気取り議員が親衛
隊活動を指示した旨の報道もあり、これから、国民は多くの血を流す
ことで、市民革命による日本式の民主主義が確立するのかもしれない。
米国も中国も介入してくるから、現実的には無理か。

日中尖閣デモ
軟弱政府に鼓舞する国民


---国会議員講演会に防諜部隊投入、自衛隊員監視、防衛相直轄部隊が「不当調査」---
2011.1.24 01:30
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110124/plc11012401310015-n1.htm

 北沢俊美防衛相直轄の防諜部隊「自衛隊情報保全隊」が、陸上自衛隊OBの佐藤正久自民党参院議員や田母神俊雄元航空幕僚長の講演に潜入し、現職自衛官の参加状況を監視していることが23日、分かった。複数の防衛省・自衛隊幹部が明らかにした。本来任務とは乖離(かいり)した不当調査の疑いがあり、憲法で保障された思想・信条の自由を侵害する監視活動との指摘も出ている。
 自民党は24日召集の通常国会で、自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる昨年11月の「事務次官通達」問題と合わせ、保全隊の監視活動についても政府を追及する方針。
 保全隊は佐藤、田母神両氏の講演のほか、田母神氏が会長を務める保守系民間団体「頑張れ日本! 全国行動委員会」の集会にも隊員を派遣。また、陸上自衛隊唯一の特殊部隊「特殊作戦群」の初代群長を務めた陸自OBの会合なども監視対象にしている。
 監視目的は現職自衛官の参加の有無を確認し、参加している場合は氏名も特定する。佐藤、田母神両氏の発言内容もチェックし、報告書の形でまとめ、提出させている。
 陸自朝霞駐屯地(東京都など)に本部を置く東部情報保全隊の隊員が投入されるケースが多いとされる。保全隊は陸海空3自衛隊の統合部隊で、監視実態が発覚しないよう、空自隊員の参加が想定される田母神氏の講演には隊員同士の面識がない陸自の保全隊員を派遣することもあるという。
 保全隊は外国情報機関によるスパイ活動などから自衛隊の保有情報を防護するのが主任務。自民党政権時代には「日本赤軍」や「オウム真理教」のほか、「暴力革命の方針」(警察庁公表文書)を掲げた共産党が自衛隊を侵食するのを防ぐため、それらの監視活動も行っていた。ただ、保守系の議員や自衛隊OBを監視対象にしたことはない。
 防衛相経験者の石破茂自民党政調会長は「保全隊は自衛隊の安全を守る組織で在任中は恣(し)意(い)的に運用しないよう徹底させていた。何を目的にした監視活動か追及する」と話している。
 監視対象とされていた佐藤氏は「自衛隊への破壊活動とそれを目的とした浸透活動をはかる団体の情報収集は必要だが、対象を際限なく拡大するのは問題だ。自衛隊員は国家に忠誠を尽くすことは求められるが、政党や政治家の私兵ではない」と指摘している。

 自衛隊情報保全隊 平成21年8月、陸海空3自衛隊の情報保全隊を統合し、大臣直轄部隊として新編。ネット上での情報流出やイージス艦情報漏(ろう)洩(えい)事件を受け、機密保全強化と自衛隊へのスパイ活動に関する情報収集の効率化のための措置。実動部隊は中央情報保全隊と北部、東北、東部、中部、西部の地域ごとの保全隊で構成する。駐屯地や基地ごとに派遣隊も置き、隊員は約1千人。


---狙いは「反民主OBと現職遮断」政治主導で部隊利用の疑い、防諜部隊の不当調査---
2011.1.24 01:30
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110124/plc11012401300014-n1.htm

 自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる事務次官通達問題に続き、「自衛隊情報保全隊」の不当調査が明らかになった。調査の実態は、民主党政権に批判的な自衛隊OBの言動から現職自衛官を遮断するものだ。防衛相直轄の防諜部隊を政治主導で恣意(しい)的に利用している疑いもあり、民主党政権が進める「秘密国家」化は加速している。(半沢尚久)
 「自衛隊各種行事における国会議員の招待について」。そう題され、右上に「注意」「平成21年12月」「大臣官房文書課」と書かれた防衛省の内部文書がある。自衛隊の駐屯地や基地がある都道府県が選挙区だったり、議員事務所を置いていたりする国会議員以外は、行事への代理出席などを認めない「統一基準」を設けるためのものだ。
 文書は起案どまりで発出されることはなかったが、同年9月の政権交代直後から基準策定が検討された形跡を示している。自民党幹部は「比例選出の佐藤正久参院議員の関係者を自衛隊行事から締め出すことを狙ったのでは」と指摘する。政権に批判的な野党議員の主張に現職自衛官を触れさせない意図があるという。
 昨年11月に事務次官名で出された「隊員の政治的中立性の確保について」と題する通達にも、同じ意図がみえる。通達は民間人に自衛隊行事での「言論統制」を強いる一方、自衛官が部外の行事に参加することについても、政権批判が予想される場合は参加を控えるよう求めている。
 この規定は、現職自衛官が佐藤氏や田母神俊雄元航空幕僚長の講演会に参加することを監視する「根拠」とも位置づけられる。
 通達後、保全隊による監視も強化された。昨年12月、田母神氏が会長の保守系民間団体「頑張れ日本! 全国行動委員会」が都内で開いた政府・民主党に対する抗議集会について「自衛官の参加を厳重に確認するよう改めて指示が出された」(防衛省幹部)という。自衛官の間にも保全隊が調査に入っているとの情報は拡散しつつある。
 通達は防衛省政務三役が主導したとされる。保全隊による監視も「官僚の判断で部隊を動かすとは考えにくい」(自衛隊幹部)との見方が大勢だ。
 田母神氏は「国家と国民のことを考えて発言し、行動しているのを監視するのは不当極まりない。通達と同様、民主党政権はひたすら自分たちへの批判を封じ込めようとしているだけだ」と話している。


---チュニジア情勢 周辺国に影響---
2011年1月24日 9時33分
http://www.nhk.or.jp/news/html/20110124/t10013578861000.html

 北アフリカのチュニジアで、市民の抗議行動によって独裁的な政権が崩壊したことを受けて、中東のイエメンでも、連日、反政府デモが行われるなど、チュニジア情勢の影響が周辺の国へも広がりを見せています。
 イエメンでは、22日、首都・サヌアの大学に学生や活動家などおよそ2500人が集まり、32年にわたる長期政権の座にあるサレハ大統領に退陣を求めました。これに先立って行われた16日のデモでは、名指しで大統領を批判することはありませんでしたが、AP通信によりますと、22日はサレハ大統領の名前を挙げたうえで、「友達であるチュニジアのベンアリ前大統領の下へ行け」などと声を上げていたということです。続く23日に行われたデモでは、取材していたカメラマンが、一時、拘束されるなど、イエメン政府が情報の管理に神経をとがらせていることがうかがえます。このほか、チュニジアの隣のアルジェリアや中東のヨルダンなどでも、現政権への不満が市民のデモという形で噴出しており、チュニジアから始まった市民の抗議行動の影響が、周辺の国にも広がりを見せています。


---From:チュニジア 中東揺らす、覚悟の「革命」---
毎日新聞 2011年1月24日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20110124ddm007070097000c.html

 全く予想していなかった。チュニジアを23年支配してきたベンアリ独裁政権の崩壊の件だ。中東担当者としては失格だが、国民に聞いても軒並み「まさかと思った」と言う未曽有の事態だ。
 民主国家なら、全国的な反政府デモや暴動が1カ月も続き、治安部隊との衝突でおよそ80人も死者が出れば、指導者は早晩、辞任することになるだろう。しかし、アラブの状況はかなり異なる。
 長期独裁政権が一般的で、政治的自由が厳しく制限されてきた。政権は秘密警察を駆使し、反政府勢力を監視・けん制する。デモが起これば大量の治安部隊を投入し鎮圧する。国民は、越えてはならない「レッドライン」の中に閉じこもる。
 その「政治的安定」ぶりは、中東情勢を考える際の前提条件だった。昨年7月に日本の外務省が出したチュニジア概況も「ベンアリ大統領は強力なリーダーシップを発揮し、近代化・西欧化を推進する一方で、社会主義運動及びイスラム過激主義運動を弾圧し、政治的安定を維持してきた」と書いている。
 だが、チュニジア各地のデモ参加者には壮年や高齢の男女も多い。守るべきものの多い彼らさえ街頭に繰り出し、催涙ガスにもひるまない。本物の覚悟を感じる。背景には、独裁への怒り、民主化への切望、弾圧を許してきた慚愧(ざんき)の念が入り交じった思いがあるようだ。
 チュニジアの「革命」は「独裁体制下の政治的安定」という「常識」を変えるのか。民主化ドミノが中東全体に広がるのか。私には、まだ分からない。ただ、予兆らしき事態も生じている。エジプトやアルジェリアなどで政府への抗議の意味を込めた焼身自殺を図る事例が連続している。
 チュニジア革命の引き金を引いた若者の焼身自殺に影響されたことは明らかだ。ヨルダン、イエメン、リビアでもチュニジアとの連帯をうたう反政府デモが起きている。
 これに加え、中東和平交渉の停滞やレバノンの政治危機など、以前から存在した中東の不安定要因が深刻化していることも気になる。この地域に大変革をもたらす環境が静かに醸成されつつあるのかもしれない。
 アラブ諸国は、状況を不安げに眺めている。リビアの最高指導者カダフィ大佐は、「親友」とされるベンアリ氏の追放に強い嫌悪感を表明した。各国は相次いで食料品の値下げを発表するなど国民懐柔に躍起だ。
 事態を注視しているのは中東政治に深く関与する米欧も同じだ。オバマ米大統領はチュニジアの民主化支援の姿勢を早期に打ち出し、クリントン国務長官は「古い支配形態は機能しない」と他の中東諸国にも変革を促した。「中東での民主化拡大を狙っている」と見る外交官もいる。
 未来の姿はまだ判然としない。だが、中東情勢が動き始めたのは、確かに思える。【和田浩明】


---防衛事務次官通達「隊員の政治的中立性の確保について」に関する質問に対する答弁書---
http://www.mod.go.jp/j/presiding/touben/176kai/san/tou160.html

答弁書第一六〇号
内閣参質一七六第一六〇号
平成二十二年十二月十日

内閣総理大臣 菅   直  人
参議院議長 西 岡 武 夫 殿

参議院議員佐藤正久君提出防衛事務次官通達「隊員の政治的中立性の確保について」に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

参議院議員佐藤正久君提出防衛事務次官通達「隊員の政治的中立性の確保について」に関する質問に対する答弁書

一について

 御指摘の事務次官通達「隊員の政治的中立性の確保について」(以下「本通達」という。)は、防衛省・自衛隊の施設を管理する部隊又は機関の長等である隊員(自衛隊法(昭和二十九年法律第百六十五号)第二条第五項に規定する隊員をいう。以下同じ。)に対し、当該隊員が自衛隊法第六十一条第一項の規定により禁止されている政治的行為を行ったとの誤解を招くようなことのないよう、当該隊員自らが留意すべきことを示したものであって、一般の国民の行為を規制しようとするものではなく、また、通達という性質上、一般の国民の行為を規制する効力を有しないことは当然である。さらに、本通達で示された隊員の対応については、あくまで本通達の趣旨・目的の範囲内で行い、いやしくも一般の国民の行為を規制しようとするものとの疑念を生じさせることがないようにすることとしており、問題はないと考えている。

二について

 隊員の行為が、自衛隊法第六十一条第一項の規定により禁止されている政治的行為に該当するか否かについては、事案に即して個別具体的に判断すべきものであるが、お尋ねの「政治的目的が存在しない自衛隊協力団体等の会合に参加し、他者が政治的発言を行い、そこに同席していた」ことは、そのことのみをもって直ちに当該政治的行為に該当するものとは考えられない。

三について

 防衛省としては、御指摘の行事に参集した多数の人々の前で、御指摘の者により、一刻も早く菅政権を打倒して自民党政権にしなければならない旨の発言が行われたことは、当該行事の会場となった自衛隊の施設を管理する立場にある隊員が政治的目的をもって当該発言者にそのような発言をさせるために施設の利用を容認したとの誤解を招くおそれのある事態であったと考えており、これを受けて本通達の発出に至ったものである。


---防衛事務次官通達「隊員の政治的中立性の確保について」に関する質問主意書---
http://www.mod.go.jp/j/presiding/touben/176kai/san/situ160.html

質問第一六〇号
防衛事務次官通達「隊員の政治的中立性の確保について」に関する質問主意書
右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

平成二十二年十二月一日
佐藤正久
参議院議長 西 岡 武 夫 殿

防衛事務次官通達「隊員の政治的中立性の確保について」に関する質問主意書

 平成二十二年十一月十日に、防衛事務次官名で発出された「隊員の政治的中立性の確保について」とする通達は、憲法の趣旨に抵触する可能性もあると認識している。 またこれまで長きにわたり、全国の基地・駐屯地等の協力団体から、様々な場面において、自衛隊の活動に対して物心両面の御支援をいただいてきた。今回の通達は、通達を受けた部隊等の捉え方、対応によって、その協力団体との信頼関係を損なうものであり、断じて看過できるものではない。
 右の点を踏まえ、以下質問する。

一 当該通達は自衛隊員へ向けて発出されたものであり、通達自体は協力団体等部外の民間人を拘束するものではなく、何ら法的に問題はないとされている。しかし、その通達に基づき、自衛隊の部隊等が実施した対応の結果、民間人に対して会合への「参加を控えるよう」要請したり、部外における協力団体等の会合に隊員を「参加させない」ということを以て、それが有形無形の「圧力」となり、結果的に民間人を拘束することとなれば、問題であると認識しているが、政府の見解如何。

二 自衛隊員が職務において、特定の政党または内閣を支持し、またはこれに反対する目的をもつ集会等に参加し、挨拶または紹介を伴った場合、自衛隊法施行令第八十七条に抵触することは当然であるが、政治的目的が存在しない自衛隊協力団体等の会合に参加し、他者が政治的発言を行い、そこに同席していただけでも、自衛隊法施行令第八十七条第一項第一号に規定する「官職、職種その他公私の影響力を利用」または同条第二項第一号に規定する「公然又は内密に隊員以外の者と共同して行う場合」に抵触するのか。政府の見解如何。

三 当該通達発出に至る要因は、自衛隊施設内で実施された行事における自衛隊協力団体の長による挨拶であるとされているが、当該通達の問題認識は、その自衛隊協力団体の長による挨拶の内容であるのか、または政治的目的のために自衛隊の施設を使用させたとされることであるのか。政府の見解如何。

右質問する。

2011年1月24日月曜日

スーダン南部分離独立へ

スーダン南部分離独立するようだ。
 スーダンでは、1週間にわたって行われた南部の独立の是非を問う
住民投票が終わり、これまでに明らかになった開票結果では、独立支持が
圧倒的多数を占めていることから、早ければことし7月にもスーダン南部が
独立し、アフリカで54番目の国家が誕生する見通しとなりました。

ジュバ市の開票結果 独立支持 98%

米国や中国による石油資源争奪と宗教対立で、内戦が拡大した経緯がある。
7月から、アフリカ54番目の国家が誕生するが、油田の分配に始まり、
医療、教育、道路・水道等の公共インフラや住宅の建設は遠い先のようだ。
内戦のため、世界でもっとも貧困な地方となり、安心して食物を作り、
食事することから始めなければならない。
油田利権で、インフラや安全が建設できればよいが、米欧中の大国が入
れば、搾取されることは目に見えている。

胡錦濤来日 チベット人権より常任理事国が大切
シンディ・マケイン スーダン関連株式売却
米国 スーダンのテロ支援国家指定解除へ

The world's newest country? ITN NEWS


---South Sudan’s new state will face challenges over people’s high expectation - official---
Wednesday 19 January 2011
http://www.sudantribune.com/South-Sudan-s-new-state-will-face,37676

January 18, 2011 (JUBA) - As preliminary official results of the South Sudan referendum on secession from the north indicate an overwhelming vote in favour of secession, senior members of the government have begun to shift focus on what is expected of the new nation.

Official preliminary results from the centres in South Sudan, north Sudan and the Diaspora have shown overwhelming vote for secession; most of them are above 97%.

Meeting with potential foreign investors in the region’s capital, Juba, on 18 January, the Vice President of the semi-autonomous government, Riek Machar, said the next challenge after the referendum is meeting or managing the high expectations which the people of South Sudan have attached to independence.

"The referendum is finished. When the flag is raised [if the result announced in July is in favour of secession] and we tell our people that you are now independent, they will say, well, independence; we want to see its fruits,” he told the Chinese investors." Machar said the Government of Southern Sudan would continue to provide an enabling environment, which will attract investors in all sectors of development, in order to speedily meet the people’s expectations in the new independent state.

The oil producing region is lacking in almost every sector of development, but has promising riches in natural resources and arable land.

The newly independent state, currently among the world’s poorest regions in terms of development, will have to face the challenges of building new hospitals, schools, roads, decent housing, producing food to feed its populations while providing security and a peaceful political environment.


---スーダン住民投票 独立が多数---
2011年1月18日 5時7分
http://www.nhk.or.jp/news/html/20110118/t10013462721000.html

 アフリカのスーダンでは、1週間にわたって行われた南部の独立の是非を問う住民投票が終わり、これまでに明らかになった開票結果では、独立支持が圧倒的多数を占めていることから、早ければことし7月にもスーダン南部が独立し、アフリカで54番目の国家が誕生する見通しとなりました。
 スーダンでは、北部のアラブ系の政府と南部のアフリカ系の反政府勢力の間で20年以上続いた内戦が6年前に終結し、当時の和平合意に基いて9日から1週間にわたって南部の独立の是非を問う住民投票が行われました。開票作業は15日の投票終了後から始まり、南部の中心都市ジュバではこれまでの開票の結果、独立支持が98%を占めたということです。最終的な開票結果は今月中にも発表されますが、独立支持が過半数を占めるのは確実であることから、和平合意の期限が切れることし7月にもスーダン南部が独立し、アフリカで54番目の国家が誕生する見通しとなりました。しかし、南部の独立に向けては、南部に集中する石油資源を南北でどう分配するかや、境界付近にある油田地帯をどちらに帰属させるかなど、解決すべき課題が多く、南北の間で再び緊張が高まる可能性も指摘されています。


---割り切れぬ“独立”:スーダン南部住民投票/下 初代首相の子孫、複雑---
毎日新聞 2011年1月18日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20110118ddm007030133000c.html

◇平和な「再統一」夢見て
 スーダンの首都ハルツーム中心部。1956年の独立後、初代首相や大統領を務めた故イスマイル・アル・アズハリ氏(1900~69年)の家の白壁は、同国の独立記念日の今月1日以降、黒い布に包まれたままだ。
 南部の分離独立の是非を問う住民投票で独立が決まれば、「これが統一スーダンとして最後の独立記念日になる。兄弟姉妹が離ればなれになる。身を切られる複雑な思いを国民と共有したかった」とイスマイル氏の孫娘の国会議員、オスマンさん(41)は涙を流す。
 家に掲げられてきた青・黄・緑の旧国旗は半旗となった。69年、陸軍のヌメイリ議長率いる革命評議会がクーデターで全権を掌握。イスマイル氏は追放され、国旗のデザインも変わった。
 イスマイル氏の娘の国会議員、ジャラさん(55)は「父は自由と民主主義、スーダンの統合を掲げた。私は南部の住民投票を尊重し、決して非難はしない。しかし、民族や宗教など多様性を包含する国としての誇りもある。南部が切り離される悲しみが心に交錯している」と話す。
 イスマイル氏の親族が求める「統一スーダン」は北部・中央政府を率いる軍出身のバシル現大統領が目指す力による「統一」とは異なる。親族らは南北内戦や西部ダルフール紛争で暴力をふるい続けてきたバシル政権を批判する。圧政や差別から自由な国にしたいと願うからだ。
 南部の分離独立はスーダン中央政府の間違いを確認させるものだとジャラさんらは主張する。そして、南部の独立後に憲法を改正し、南北住民がいずれも二重国籍を取ることを可能にするよう提言している。
 植民地支配からの脱却を願い、イスマイル氏は「脱」の意味を持つ「ジャラ」を娘に命名した。しかし、ジャラさんが生まれてから55年間、大半は軍政支配や内戦が続いた。「平和な時は11年しかなかった。この国の課題は軍政支配にある。市民社会はそれなりに民主化してきたのに」と残念がる。
 自宅の壁には56年に英国とエジプトの共同統治からの権限移譲式典で、旗を引き継ぐイスマイル氏の写真が飾られていた。ジャラさんは政治と軍隊が完全に切り離された新たな国として「再統一」するスーダンを思い描いている。【ハルツームで高尾具成】


---中国の変化で安保理に奇妙な協調 スーダン住民投票---
2011.1.7 20:58
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110107/mds1101072059041-n1.htm

 【ニューヨーク=松尾理也】スーダン南部の分離独立の是非を問う住民投票の開始を9日に控え、国連安保理は6日、投票の平和的な実行を求める報道向け声明を出した。南部寄りの欧米と北部に拠点を置く中央政府寄りの中国の対立という構図が消えてしまったかのような声明は、住民投票を前に安保理で生まれた奇妙な協調ムードを象徴している。背景にあるのは、中国の急激な姿勢変化だ。
 昨年10月、安保理の視察団がスーダン南部ジュバを訪れた際、同行記者団からクレームが上がった。ホテルのコンセントの形式が中国式のため、パソコンの電源コードなどが差し込めないというのだ。報道陣が宿泊したのは突貫工事でオープンした中国資本の豪華ホテル。スーダン南部との関係構築に向け大急ぎでかじを切る中国のあわてぶりを示しているようでもある。
 少なくとも昨年初めごろまでは、中国は人権問題などで欧米からの批判を浴びるスーダン中央政府との関係を堅持し、南部独立に懸念を示す姿勢を崩していなかった。台湾、チベットなどの独立を容認しないとの立場を貫く中国は、2008年にジュバに総領事館を開設したものの、控えめな活動にとどまっていた。
 だが、独立の動きは止められないとの見方が加速する中で、80%の石油資源が集中するとされる南部との関係構築に失敗すれば、権益を大きく損なう結果にもなりかねない。
 こうした中国の姿勢が、繰り返しスーダン住民投票の平和的な実行と、その有効性を強調してきた欧米諸国と一致。国連安保理には一見奇妙にさえ映る「協調」さえ生まれている。
 ただし、中部の油田地帯アビエの帰属をはじめ、衝突の火種になりかねない難問は軒並み先送りされた。各国の思惑は、むしろ不透明さを増している。


---中国:スーダン住民投票に歓迎談話 石油権益確保へ容認か---
毎日新聞 2011年1月16日 19時13分
http://mainichi.jp/select/world/news/20110117k0000m030027000c.html

 【北京・浦松丈二】中国外務省の洪磊副報道局長は16日、スーダン南部独立の是非を問う住民投票について「順調に行われた。(05年の)包括和平合意実現に向けた重要な一歩であり、歓迎する」との談話を発表した。
 談話は、中国が国際選挙監視団に要員を派遣したことにも触れ、「中国は国際社会や関係国と共にスーダンの長期的な平和と安定のために積極的な役割を果たしたい」と協調姿勢を示した。
 中国はスーダン国内で活発に油田開発を進め、北部の中央政府と関係を深めてきた。当初、米国が後押しする南部独立には批判的だったが、独立の流れは止められないとみて、石油資源が集中する南部での権益確保のために住民投票を容認したとみられる。
 スーダン情勢は19日にワシントンで予定されている米中首脳会談でも話し合われる。南北の境界にある油田の帰属問題などが焦点になる見込みだ。

2011年1月23日日曜日

英国人は嫌われる

BBCが二重被爆者に謝罪声明を出した
 英BBCテレビのお笑いクイズ番組が、広島と長崎で二重被爆した故・
山口彊(つとむ)さんを「世界一運が悪い男」などと冗談を交えて取り
上げた問題で、BBCと番組制作会社は、連名で「(日本人視聴者の)気分を
害して申し訳なく思う」と謝罪する声明を発表した。

共同声明は、Talkback Thamesから発表された。
在英日本大使館からの抗議に対して1ヶ月の短期間で発表したと言う。
いくつかの英マスメディアも、二度の原爆投下は、戦争を終了させる
ために必要と説明している。
植民地主義で、大戦の原因の種をまいておいて、WMD使用の正当化をして
いる。

英国人の宗教・人種・優生等による差別主義は、多くの国から嫌われて
いる。

BBCの被爆者侮蔑報道は、なぜかキー局で同日に報道された。
働かない在露閣下更迭の報道対策か、油、炭素等で英国と駆け引き中か。

英国人はブタ野郎
欧州で嫌われる英国観光客
米英金融 奴隷ビジネスで一儲け
イラン BBCはMI6メディア
CITES 能無しはクビ
閣下の資質
血の中傷と銃規制


The Unluckiest Man in the World - QI Series 8 Ep 13 Holidays Preview - BBC One


---英BBCが謝罪声明 二重被爆者を笑った放送---
2011年1月22日19時34分
http://www.asahi.com/international/update/0122/TKY201101220228.html

 【ロンドン=伊東和貴】英BBCテレビのお笑いクイズ番組が、広島と長崎で二重被爆した故・山口彊(つとむ)さんを「世界一運が悪い男」などと冗談を交えて取り上げた問題で、BBCと番組制作会社は21日、連名で「(日本人視聴者の)気分を害して申し訳なく思う」と謝罪する声明を発表した。
 声明は「気分を害する意図は決してないが、日本人視聴者にとっての題材の微妙さを考えると、人々が適切でないと感じた理由は理解している」としている。
 番組は昨年12月17日に放映された。在英邦人の抗議を受けた在英日本大使館が抗議し、番組プロデューサーが今月17日付で「気分を害したことは非常に遺憾」とする書簡を大使館に送っていた。


---二重被爆者の不適切放送で謝罪 BBCと制作会社---
2011/01/22 09:35
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012201000117.html

 【ロンドン共同】英BBCテレビのお笑いクイズ番組「QI」が二重被爆者の故・山口彊さん(長崎市出身)を「世界一運が悪い男」などとジョーク交じりに紹介した問題で、BBCの娯楽番組担当広報責任者と番組制作会社は21日、連名で「(日本の皆さまに)不快な思いをさせ、申し訳ない」と謝罪する声明を発表した。
 この問題では、放送は不適切だと抗議していた在英の日本大使館と邦人に対し、番組プロデューサーが「不快な思いをさせ大変残念」などと謝罪していたが、問題が報道された後、日本国内でも強い反発が起き、BBCとしての対応を迫られた。BBCは、大使館に近く書簡を送るとしている。


---二重被爆者笑いのタネに、長崎の関係者「許せない」---
2011年1月22日 読売新聞
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110122-OYS1T00220.htm

 【ロンドン=大内佐紀】英BBC放送が昨年12月放映した人気お笑いクイズ番組で、日本の被爆者が笑いのタネにされ、在英日本大使館が抗議していたことが20日、わかった。
 金曜夜の人気番組「QI」で12月17日、「世界一運が悪い男」として、広島と長崎で二重に被爆し、昨年1月に93歳で亡くなった長崎市出身の山口彊(つとむ)さんを取り上げた。
 司会者が「出張先の広島で被爆し、列車に乗って戻った長崎でまた被爆した」と説明すると、ゲストらが「でも、93歳まで長生きしたなら、それほど不運じゃない」「原爆が落ちた次の日に列車が走っているなんて、英国じゃ考えられないな」などとコメント、会場から笑い声が上がった。
 この間、スタジオには山口さんの写真やきのこ雲が掲げられた。
 番組を見た在留邦人から連絡を受けた在英日本大使館は今月7日、「原爆投下の問題をコメディー番組で取り上げるのは極めて不適切で日本人の国民感情を無視している」と抗議の書簡をBBCと製作会社に送った。
 17日になって製作会社から「配慮に欠けていた」などとする返答があったが、BBCからは回答がないという。

◆「被爆者を愚弄」
 BBCの番組には、被爆地・長崎から憤りの声が上がった。
 山口さんの長女、山崎年子さん(62)は「核保有国に被爆を『運』と片付けられたくない。父だけでなく、被爆者のみなさんを愚弄している」と怒りをあらわにし、「おわびの代わりに、番組で二重被爆者の記録映画を放送してほしい」と求めた。日本原水爆被害者団体協議会の谷口稜曄(すみてる)代表委員(81)は「原爆の被害を笑いものにするとは許せない。日本政府は被爆の実相が知られていない現実を受け止め、被爆者とともに伝える努力をしなければ」と訴えた。


---BBC apologises for Japanese atomic bomb jokes on QI---
2 January 2011 Last updated at 23:22 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-12260577

The BBC has apologised after Japan's embassy complained over jokes on an episode of comedy TV quiz show QI.

Panellists made light of the experience of Tsutomu Yamaguchi who survived the Hiroshima atomic bomb in World War II and the Nagasaki one three days later.

Presenter Stephen Fry described him as "the unluckiest man in the world".

The BBC said it was sorry for any offence caused and would be replying shortly to a letter received from the Japanese embassy in London.

A spokesman for the corporation added: "QI never sets out to cause offence with any of the people or subjects it covers, however on this occasion, given the sensitivity of the subject matter for Japanese viewers, we understand why they did not feel it appropriate for inclusion in the programme."

A joint statement of apology was issued with Talkback Thames, the production company which makes QI.

Japanese viewers reportedly contacted diplomatic staff after the programme, featuring comedians Alan Davies and Rob Brydon as panellists, was broadcast on BBC Two last month.

More than 200,000 Japanese people are believed to have died in the atomic bombings on Hiroshima and Nagasaki in August 1945.

Mr Yamaguchi, who died last year at the age of 93, is the only person to have been recognised by the Japanese government as having survived both.


---Quite Insensitive: BBC quiz's jokes about survivor of both A-bombs outrages Japan---
By Paul Revoir
Last updated at 1:41 AM on 22nd January 2011
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1349517/Quite-Insensitive-BBC-quizs-jokes-survivor-A-bombs-outrages-Japan.html?ito=feeds-newsxml

The BBC is at the centre of a diplomatic row after the Japanese Embassy protested about an episode of comedy quiz show QI.

Tokyo says the show, hosted by Stephen Fry, insulted a man who survived both of the atomic bomb strikes that ended the Second World War.

Panellists and the studio audience were seen laughing and joking about the experience of Tsutomu Yamaguchi, who was described on the programme as ‘The Unluckiest Man in the World’.

The corporation has been described as insensitive over the broadcast, while the man’s family said they could not forgive the show.

The businessman was the only person who has been recognised by the Japanese government as having survived both the bombing of Hiroshima on August 6, 1945, and that of Nagasaki three days later. As many as 200,000 Japanese are said to have died in the bombings.

The blasts hastened Japan’s surrender and the end of the war - averting the need for a land campaign that would have cost tens of thousands of Allied and Japanese lives.

Mr Yamaguchi, who died last year at 93, was badly burned in the first attack but got on a train the next day to go home to Nagasaki.

On the episode of QI, which was first broadcast shortly before Christmas, comedians such as Alan Davies and Rob Brydon were seen joking about his story. Davies, when asked to work out what the man’s link to the nuclear attack was, suggested the ‘bomb landed on him and bounced off’.

When Fry asked whether the man had been lucky or unlucky, Brydon said: ‘Is the glass half-empty, is it half-full? Either way it’s radioactive. So don’t drink it.’

Davies chipped in: ‘He never got the train again, I tell you.’

But the jokes were too much for some Japanese viewers. One contacted diplomatic staff in London while others are understood to have emailed the show. Embassy officials reviewed the footage and sent a protest letter to both the BBC and producers Talkback Thames.

A source at the embassy said that while it recognised that much of the banter was about the British rail service in comparison to the fact that Japan’s trains kept running after the first attack, it had still been inappropriate and insensitive in the way it had treated Mr Yamaguchi’s experiences.

The source said the embassy’s letter had pointed out that the atomic bombs were ‘seared into the Japanese psyche’.

Mr Yamaguchi’s daughter Toshiko Yamasaki, 62, said she could not forgive the show ‘as it looked down on my father’s experience’.

A QI producer said ‘we greatly regret it when we cause offence’ and admitted he ‘underestimated the potential sensitivity of this issue to Japanese viewers’.

The BBC apologised for ‘any offence caused’ and said it would be writing to the Japanese Embassy.


---二重被爆者を笑いの種に 日本大使館、BBCに抗議---
2011/01/21 09:29
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012101000025.html

 【ロンドン共同】英BBCテレビのクイズ番組で昨年12月、広島と長崎で二重に被爆し昨年93歳で死去した長崎市の山口彊さんを「世界一運が悪い男」などとジョーク交じりに紹介したことに対し、在英日本大使館がBBCと番組制作会社に書面で抗議していたことが20日、分かった。大使館と関係者が共同通信に明らかにした。
 大使館は在英邦人の指摘で今月7日に「山口さんをこういう形で取り上げるのは不適切で無神経」と担当公使名で書簡を送ったが、20日現在回答はない。抗議メールを送った複数の在英邦人に対しては、番組プロデューサーが18日に「不快にさせて大変残念」と電子メールで謝罪。一方、第2次大戦中の欧米人の悲惨な経験も「同様に取り上げてきた」とも訴えた。

2011年1月22日土曜日

臓器移植ブーム終焉か

臓器移植ブームが終焉しそうだ。
改正臓器移植法に伴い、十分に検討しないまま、マスメディアの善意(?)と
誘導された結果、事故と死亡による家族の精神的負担は増す。
長い看病の末に死んだ家族であっても、必ずいくつかの後悔は残る。
事故死と病死では、死亡者依存への家族の負担は異なる。

臓器移植は、「死亡者の一部が、人のために生きて役立つ」と説明される
ようだが、死亡者の一部と話せるわけでもないし、面影さえない。
移植者の近況さえ真実は不明のようだ。

死んでしまったら、家族は死亡者のことを忘れるわけでない。
家族は、何かにつけ死亡者との思い出を思い出すことになる。
家族は、思い出を頼りにこれからの生活を送ることになる。
死んで燃やされる体であっても、オガクズやモミガラが入っていて
欲しくはない。

臓器移植可否は、ブームによらず、残された家族も含めて、納得できる
まで話合うしか解決する方法はないと思う。

臓器提供拒否登録大幅増


---クローズアップ2011:改正臓器移植法、施行半年 家族の心、ケアなく---
毎日新聞 2011年1月17日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20110117ddm003040150000c.html

◇「助かる命殺したのでは……」 提供承諾後も悩み続け
 昨年7月に改正臓器移植法が全面施行され17日で半年がたつ。法改正で可能になった、本人の書面による意思表示がなくても家族の承諾で脳死臓器提供をするケースが計30件(16日現在)と急増。昨年の提供数全体は、それまでの最多だった13件(07、08年)をはるかに上回る32件となり、提供臓器の移植件数も大幅に増加した。しかし、提供者の家族をケアする体制整備は進んでいない。また、法改正のもう一つの柱だった15歳未満の小児からの脳死臓器提供は16日現在、実現していない。医療現場からは脳死判定や臓器提供のための準備不足を指摘する声も出ている。【藤野基文】

◇「話せる専門家を」
 「誰かに話を聞いてほしいけれど、そもそもそういうところがないんです。誰にも話せないし、どこに行ったらよいかも分からなかった」。法改正前、交通事故で大学生だった長男が脳死になり、脳死臓器提供に応じた近畿地方の両親は、何年も2人だけで苦しみを抱えてきた。
 長男は、アルバイト先からバイクで帰宅途中、交差点で車と衝突し、車の下敷きになった。救急車が到着した時には心肺停止状態。病院に駆けつけた両親は主治医から状態の説明を受け、長男の荷物を渡された。確認すると、財布の中から臓器提供意思表示カードが見つかった。その数年前、長男に頼まれ、母が家族署名欄にサインしていた。父は事故の直前、長男が「臓器は灰になったら終わり。もしもの時は提供しなくてはいけないよね」と話していたことを覚えていた。長女と次男を加えた家族4人で話し合い、「意思をかなえてあげよう」と提供を決断した。
 脳死状態と分かってから臓器摘出までの約60時間、「提供に向けてまっしぐらに走っていて、何かを考える余裕はなかった」と父は振り返る。しかし、提供後、さまざまな思いが浮かんだ。心臓が動き、体も温かい状態で臓器を提供したことに、母は「助かる命を自分たちが殺してしまったんじゃないか」と苦しみ、父は「100万分の1でも反応や意識が戻る可能性がなかったのか……」と思い悩んだ。
 さらに、事故に関してインターネットで誤った情報を流され、知人からは「臓器提供なんてしなくてもよかったのに」と非難めいた言葉をかけられた。母は不眠症になり、外出もほとんどできなくなった。母はつらさを父にぶつけた。父は自身も苦しみながら、一人で母を支えた。
 「(臓器を提供した)病院に話すのも、(臓器をあっせんする日本臓器移植ネットワークの)コーディネーターに話すのも相手が違う気がして、どうすることもできなかった」と父は話し、「この人に話せばよい、という専門家を作ってほしい」と訴えた。
 現在、家族の精神的なケアは、担当した移植ネットのコーディネーターが担うことになっているものの、四十九日近くに自宅を訪問し、半年後と1年後に移植患者の状況を伝える程度だ。ある都道府県のコーディネーターは「1年も2年も(苦しみを)引きずっている家族は多いのに、移植ネットも提供病院も臓器が提供されればそれで終わり。形式的すぎる」と指摘する。
 移植ネットは今月から、提供者家族のケアについて専門家にコーディネーターへの助言を依頼している。臓器提供では、事故など予期せぬ死別になることが多い。本人の意思が不明の場合、家族は提供について決断するため、背負う「荷」は一層重くなる。助言を依頼された精神科医の平山正実・聖学院大大学院教授は「コーディネーター向けにケアを担えるよう講習会を開いたり、相談に乗ってレベルアップを図りたい」と話す。

◇「15歳未満」0件 小児脳死判定医、育成も課題
 改正法の大きな柱の一つが、15歳未満の小児からの脳死臓器提供が可能になったことだ。改正後、提供者が現れないことについて、移植ネットの小中節子医療本部長は「改正前も可能だった心停止後の15歳未満の臓器提供も、年に7件以下だった。法律が改正されたからといって、すぐに多くの臓器提供者が出るとは考えにくい」と話す。
 さらに、「社会としての受け入れ準備が十分ではない」と指摘するのは、移植ネットから小児臓器提供に関する助言を依頼された聖隷三方原病院(静岡県)の岡田真人院長補佐だ。「日本では脳死になった患者の人工呼吸器などの生命維持装置を止める選択肢が一般的ではない。臓器提供をする場合、親に子どもの死の時期を判断させることになる。親の負担が大きすぎることも一因ではないか」と分析する。
 日本小児科学会(会長、五十嵐隆・東京大教授)は昨年12月、子どもの臓器提供と移植に関する見解を公表し、「小児医療の現場で対応準備が十分できていない」と指摘した。「小児救急体制や、家族への精神的ケアの体制ができている施設は、現在ほとんどない。小児の脳死判定ができる小児科医も限られている」と分析した。五十嵐会長は「移植を必要とする子どもがいることは事実。申し出があった時に対応できる体制が必要だ。ただし、小児科医の中でもさまざまな意見があり、慎重に議論を進めたい」と話す。
 同学会は今後、脳死判定技術を指導する講習会を計画するほか、将来、判定ができる小児科医を地域ごとに登録し、提供施設に派遣して判定に協力する体制作りも検討する。

==============
◆09年と10年の脳死臓器移植件数◆
移植臓器         移植件数
          09年   10年
心臓          6    23
心肺同時        1     0
肺           9    25
肝臓          7    30
膵臓(すいぞう)    0     2
膵腎同時        7    23
腎臓          7    39
         (182) (186)
小腸          1     4
………………………………………………
合計        213   293
 ※カッコ内は心停止後も含めた移植件数

2011年1月21日金曜日

ルノーの解雇通知

ルノーが情報漏えい疑惑者に解雇通知を出した。
 仏自動車大手ルノー社のEV関連の技術情報が社外へ漏えいした問題で、
ルノー社は、経営委員会に所属していたEV開発の最高責任者ミシェル・
バルタザル氏と、その直属の部下のベルトラン・ロシェット氏の2人に
解雇通知文を送付した。

通知文
・「あなたは外国から大金を受け取った。戦略的情報に対する見返りに
 違いないと社は確信した」。

解雇者
・「何の証拠も示されていない。社は思いこみで私を解雇した」
・「不当解雇」でルノー社を提訴する考えを表明。

情報提出報酬
・中国の部品会社が総額63万ユーロを3人に送金。
・中国の電力会社→スイスとリヒテンシュタインに銀行口座(解雇通知を
 受けた2人)を保有。
 スイスの口座には残高50万ユーロ
 リヒテンシュタインの口座には残高13万ユーロ。
・AVIC→キプロスや香港の架空会社が介在→
 スイスとリヒテンシュタインの口座(幹部1人名義)に50万ユーロ
 36万ユーロは入金後、複数の架空会社に送金。

報道では、捜査機関による捜査が見当たらないが、ルノーは捜査権も
ないのに、疑惑者の口座の入金先や額を確認したのだろうか。
報酬金は、正しいければ、中国の部品会社、電力会社、航空機製造会社
から振り込まれており、ひとつの情報を複数先にばらまいていたようだ。

従来の現地生産しなければ現地販売を認めない方針は継続しており、
EVも同様のようだ。電気自転車や電動バイクは中国ではかなり需要があり、
流通市場もあるようだ。

ルノーから流出した技術は、一年も経たないうちに、リチウム・イオン
充電池、リチウム・イオン充電器、ノートPC、電気自転車、電動バイク、
EV等として、突如性能がよくなった製品として販売され、量販店で購入
しているかもしれない。

経済戦争 日産EV電池管理システム流出か


Is Renault spy scandal hot air? - F24 110113


---ルノー漏えい、EV開発責任者ら2人に解雇通知---
2011年1月16日19時18分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110116-OYT1T00436.htm

 【パリ=林路郎】フランス自動車大手ルノー社の電気自動車(EV)関連の技術情報が社外へ漏えいした問題で、ルノー社は、経営委員会に所属していたEV開発の最高責任者ミシェル・バルタザル氏と、その直属の部下のベルトラン・ロシェット氏の2人に解雇通知文を送付した。
 2人の弁護人が明らかにした。それによると、通知文は15日に届き、「あなたは外国から大金を受け取った。戦略的情報に対する見返りに違いないと社は確信した」と書かれていた。
 ロシェット氏は15日、ラジオ番組で、「何の証拠も示されていない。社は思いこみで私を解雇した」と反発。バルタザル氏と共に、「不当解雇」でルノー社を提訴する考えを表明した。漏えい問題をめぐって無期限停職処分となった3人のうち残りの1人にも同様の通知が送付されたかどうかは明らかでない。


---ルノー情報漏えい:2幹部に解雇通告「外国から金銭受領」---
2011年1月16日 18時59分
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110117k0000m030024000c.html

 日産自動車と提携するフランスの自動車大手ルノーから電気自動車(EV)の情報が漏えいした問題で、ルノーは15日、漏えいに関わったとされる経営委員会メンバーら幹部2人に書面で解雇を通告した。
 解雇通告を受けたのは、電気自動車開発事業の最高責任者とその部下。幹部らの弁護士が欧米メディアに語ったところでは、ルノーは2人に対し「外国筋から相当の金額を受け取っており、見返りに戦略的な情報を提供したと判断せざるを得ない」と説明したという。
 ルノーは幹部3人が漏えいに関与したとみて今月3日に無期限の停職処分にしたが、13日にパリの検察当局に産業スパイなどの容疑で告訴した際には、容疑者を「氏名不詳」としていた。
 関与が疑われている3人目の電気自動車開発事業の幹部は解雇通告を受け取っていないという。弁護士らによると、幹部3人はそろって無実を主張、ルノーの決定は違法だとして告訴する意向。
 フランスメディアによると、幹部3人は電気自動車の構造や価格などの情報を外部に漏らし、国外の銀行口座で報酬を受け取っていたとされる。情報の漏えい先は中国企業との報道もあるが、中国側は否定、フランス側も確認していない。(共同)


---仏ルノー:機密漏えい 中国国営企業も浮上 報酬送金の可能性--仏紙報道---
毎日新聞 2011年1月15日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110115dde035020043000c.html

 【パリ福原直樹】フランス自動車大手ルノーの幹部3人が、日産自動車と開発中の電気自動車技術を中国側に漏えいしたとされる事件で、15日付の仏ルモンド紙は、中国国営の大手航空機メーカー名義の口座から、幹部への「報酬」が送金された可能性があると報じた。
 新たな送金元として可能性が浮上したのは、「チャイナ・アビエーション・インダストリー・コーポレーション」(AVIC)。AVICの略称を使う中国国営の航空機メーカーは実在する。
 仏メディアはこれまで、中国の部品会社が総額63万ユーロ(約7000万円)を3人に送金したと報じていた。同紙はルノーの情報として、このうち50万ユーロはAVICから幹部1人のスイスの口座に送られた可能性があると指摘。うち36万ユーロは入金後、複数の架空会社に送金されたという。
 同紙はまた、中国側からの送金に絡み、キプロスや香港の架空会社が介在した可能性にも言及した。
 一方、同紙は、仏情報機関が昨年3回出した警告書で、▽仏の下請け企業の買収を進めている▽電池産業やルノーの技術開発に強い関心を持っている--との中国側の動きに懸念を表明していたことも報じた。


---ルノー情報漏えい、検察当局が事件解明へ決意---
2011年1月14日10時45分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110114-OYT1T00283.htm

 【パリ=林路郎】フランス自動車大手ルノー社の電気自動車(EV)に関する技術情報が社外に持ち出された問題で、パリの検察当局者は13日、記者会見し、「(同社の)告訴は、フランスから外国勢力への大量の産業機密の流出を対象としている」と述べた。
 国際的な組織網による産業スパイ事件の解明を目指す捜査当局としての姿勢を示したものだ。仏政府は今後、米連邦捜査局(FBI)に相当する、仏内務省の中央国内情報局(DCRI)などの捜査機関も動員し、国際捜査を進める方針。
 ルノー社も13日の声明で、一連の情報漏えいが「組織的に行われた」と指摘した。情報漏えいにかかわったとして無期限停職処分を受けている幹部3人の解雇にとどまらず、情報を受け取った側の「外国組織」も告訴の対象に含めた形だ。


---China denies involvement in Renault EV spy case; over $841k found in secret bank accounts?---
by Sebastian Blanco (RSS feed) on Jan 14th 2011 at 2:55PM
http://green.autoblog.com/2011/01/14/china-denies-involvement-in-renault-ev-spy-case-over-841k-foun/

The industrial espionage case involving three top Renault execs and electric vehicle secrets (and maybe China) continues, as the French carmaker has officially filed an accusation against a foreign private company. The company involved was not made public, but the filing does not cite a foreign power, according to Jean-Claude Marin, a Paris prosecutor, in Reuters. In fact, the French government began stepping away from rumors that China is involved with this industrial espionage case. Even still, a member of the conservative UMP party told France-Info radio that, "There are in effect several sources that are typically thought to be serious who consider that a Chinese buyer is in fact behind this operation." That buyer might be a Chinese power company, which French newspaper Le Figaro reported laundered at least 630,000 Euros (around $841,800 U.S.) into bank accounts in Switzerland and Liechtenstein opened by the executives. For its part, China has denied any involvement.

Prosecutor Marin must now make a decision to either oversee his own investigation or to open a judicial inquiry that will go before an independent magistrate. The French intelligence service, Direction Centrale du Renseignement Interieur (DCRI), has also been looking into the case.

We still don't know the details of what was allegedly stolen, but Renault Chief Operating Officer Patrick Pelata tells Reuters that the company's key technology for electric vehicles is still safe. Nissan executive Carlos Tavares said he "completely trusts" Renault in handling the matter. The Renault-Nissan alliance has invested 4 billion euros ($5.17 billion) in electric vehicles.

The three senior Renault executives who have been suspended are denying their guilt. A lawyer for the highest-ranking of the three defendants notes, "He's shocked by it, let's be clear about it... He's going to clear his name." Another described his suspension as Kafkaesque, and that the men are reportedly still trying to figure out what they are being accused of. So are we.


---Industrial Espionage Allegations with Lithium Industry Implications---
By dave | January 14, 2011 10:04 GMT
By Dave Brown
http://www.ibtimes.com/articles/101094/20110114/industrial-espionage-allegations-with-lithium-industry-implications.htm

manufacturer Renault were suspended after being suspected of leaking information on its electric vehicle program to China. The electric vehicle (EV) program is a key factor for the car maker's strategy. Combined together with Japanese partner Nissan Motor Co (TYO:7201) (PINK:NSANY) it is investing billions of euros in the project. A Renault-Nissan alliance was originally established in March 1999, serving as the first industrial and commercial partnership of its kind involving French and Japanese companies. Renault and Nissan announced that they are working together on EV development on December 22, 2006.

Lithium investors will appreciate that the stakes are elevated in these circumstances, with some analysts suggesting that electric and hybrid cars may grab as much as 10 percent of the European automobile market by 2020. In China, the government has already committed to investing heavily in the electric vehicle industry. Many analysts are expecting China to be at the leading edge of demand for these vehicles in the future as the domestic market for electric bikes and electric motorcycles already dwarfs demand from all other regions combined, and consists of 98 percent of the global market, despite being in the early adoption stage.

A senior employee at Renault has since denied any involvement in industrial espionage after allegations that the three executives leaked any such green car technology secrets. Michel Balthazard, who is vice-president of advanced engineering at Renault, said the company had not yet made any decision about whether to fire him. Following a meeting with Renault management on Tuesday, Mr. Balthazard indicated “Renault is bringing very serious accusations against me, which I deny totally”. Renault has said it is studying all legal options and will probably press charges, after meeting all of the suspended employees on Tuesday afternoon.

Conspiracy Theory

Renault Chief Operating Officer Patrick Pelata has said the car maker was the victim of an organized international network. He said vital electric vehicle technology was safe and production of the cars would not be affected. Renault is set to launch its first electric cars later this year. The Financial Times reported that Renault had uncovered evidence of suspect financial transactions involving bank accounts in Switzerland.

A French government source said last week a possible Chinese connection was being explored but had not been substantiated. More recently a French government spokesman Francois Baroin said France was not accusing any country of involvement; however, the serious allegations will be of significant interest. “There is no official accusation by France and the French government towards any country today. An inquiry is under way,” Mr. Baroin told Europe 1 radio. “Renault, like others, is the victim of a war of economic intelligence.”

A foreign ministry spokesman for China, Hong Lei has denied any link to the industrial espionage scandal at the French car maker, dismissing reports of its possible involvement as “baseless and irresponsible." France's car industry has faced similar information leaks as recently as four years ago when a Chinese student doing a work placement at car parts maker Valeo was given a prison sentence for obtaining confidential documents. China has developed a seasoned reputation for commercial espionage, questionable business practices and unconventional strategic resource ethics since the 1980s, particularly in industries where it believes it is lagging behind the West.

The European Union's industry chief called on Thursday for the creation of an EU body to vet foreign investment in the bloc, and possibly block deals that aim to secure valuable technologies. A legislator for the ruling UMP party who is drafting a law on the protection of economic information, Bernard Carayon indicated concern “this is a war which does not stop worsening and which has intensified even more with the emergence of industrial powers like China”. He said the industries most at risk from spying in France were those with long development times like cars, pharmaceuticals and military defense. Many resource and clean energy investors will recall last week's press release from China on a nuclear technology breakthrough which could raise questions regarding credibility or validity.


---ルノー幹部スイス等に口座、中国企業から送金?---
2011年1月11日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/manda/20110111-OYT8T00704.htm

 【パリ=林路郎】フランスの自動車大手ルノー社の幹部職員3人が電気自動車(EV)の技術情報を漏らしたとされる事件で、仏保守系紙フィガロ(電子版)は10日、無期限停職の処分を受けている3人のうち2人が、スイスとリヒテンシュタインに銀行口座を保有しており、中国の電力会社からの送金を受けていた可能性があると報じた。
 スイスの口座には50万ユーロ(約5500万円)、リヒテンシュタインの口座には13万ユーロ(約1400万円)の残高があったという。
 同紙は情報源について、「民間調査機関」としか明らかにしていない。送金主は北京に本拠を置く電力会社で、送金元を不透明にしておく目的からか、送金が香港やマルタの企業を経由して行われた形跡もあるとしている。こうした送金が事実とすれば、中国企業による産業スパイ事件である可能性がより濃厚になる。