2011年1月13日木曜日

米中軍事交流

米中軍事交流を強化するようだ。
 中国訪問中のゲーツ米国防長官は、中国の梁光烈国防相と北京で会談し、
両国の軍事交流を1年ぶりに本格再開することに合意した。中国側が昨年
1月の米政府による台湾への武器売却決定に反発して中断していた。
胡錦濤国家主席訪米を前に交流拡大を求める中国と、景気回復に中国の
協力を必要とする米側の思惑が一致した形だ。

合意内容
・軍事交流の枠組み作りやシーレーンの安全を協議する作業グループ設置。
・陳炳徳総参謀長の今年上半期の訪米に合意。
・反テロや救難、海賊対策、平和維持活動なども協力。

研究内容
・核戦略やミサイル防衛などを話し合う戦略対話設置。

交流障害
・米国による台湾への武器売却
・米軍機・艦艇による中国沿岸の偵察
・対中交流を制限する米国内法の存在

米ソ冷戦末期の頃、互いに軍事費がかさみ、チキンレース状態。
ソ連崩壊により、経済的には、社会主義対資本(市場原理)主義では、
資本主義が強いと言われた。
中国は、複製ながら、空母、原潜、戦闘機、兵器等の装備を充実させ、
米国は、アフガン戦争、イラク戦争で米国民を疲弊させた。
経済的には、中国も米国も同様の資本主義である。
軍事的優位のために競争し、装備費を増加する。競争は果てしない。
最近の米国の競争相手は、ブラジル、露、印、中国である。
多くの国は、資本主義で、反米として知られる。NATOやSCOに属さない
国もある。

軍事交流と言っても表向きは、報道どおりだと思うが、実際には、人物の
分析や情報収集らしい。各国情報機関による情報の再確認と再分析が中心
のようだ。要するに幹部の弱みや未公開情報の収集。
中国は、事務担当にまで、ウィルス混入のおみあげをくれるようだ。

日米自動車構造協議で、CIAが産業スパイをしたと報道された頃から行わ
れている盗聴や盗撮、漏洩電磁波等は、スクリーニングも知らなかった
し、テンペストさえわからなかった時代。最近の民間技術では、電磁波
走査で壁の先の人数や会話も明瞭のようだ。
スクリーニングはどこまでやるのだろう。

中国は、GDPが世界二位の経済大国と自慢しながら、都合が悪い時は、
開発途上国と言い訳。安易に複製できるハードウェアを増やしても、
理屈がわからないと作れないソフトウェア。
殲20は技術力を誇示するために、ゲーツ訪中に飛行試験をしたようだ。
C130も複製するのだろうが、複製装備品の改修さえ不可能と思う。

多くの人からみれば、中国の現状は「放蕩者が大金を手にし、品位に
欠けた状態」に見える。品位さえわからない国に、どう接すれば良い
のだろうか。

日米同盟無効を示唆したゲーツは、退任すると言いながらまだ止めて
いない。

イージス情報漏洩逮捕はカウンターインテリジェンス
英 中国でハニートラップ
米国防長官 日米同盟無効を示唆か
GDP 中国世界3位
親中米国 人権批判してもC130輸出許可へ
殲20 タキシーテスト


U.S./China Military Relations


China and America: A second Cold War? - RT 110110


中國殲20隱形戰鬥機升空飛行測試


---ステルス「殲20」が試験飛行、米国防長官訪問中---
2011.1.11 17:18
http://sankei.jp.msn.com/world/china/110111/chn1101111719002-n1.htm

 中国の次世代ステルス戦闘機「殲20」の試作機は11日、四川省成都で試験飛行を行った。中国の軍事動向に詳しい民間研究機関、漢和情報センター(本部・カナダ)が明らかにした。同センターによると試験飛行は初めて。約15分間のフライトの後に着陸し、トラブルはなかったもよう。
 中国紙、環球時報(電子版)も同日、消息筋の話として、殲20が試験飛行を行ったと報じた。
 ゲーツ米国防長官の中国訪問中に試験飛行を行ったことは、中国の空軍技術の進展ぶりを米側に見せつける狙いがあるとみられる。
 同センターなどによると、離陸は午後0時50分(日本時間同1時50分)ごろ。中国が実戦配備している戦闘機「殲10」が飛行の様子を記録するため一緒に飛んだという。(共同)


---米中、軍事交流強化で合意 中国は台湾武器輸出批判---
2011年1月11日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011011102000026.html

 【北京=安藤淳】中国を訪問中のゲーツ米国防長官は十日、北京で梁光烈国防相と会談した。新華社電によると「健全かつ安定的な軍事交流発展を維持することは双方の共通の利益」との認識で一致、米中両軍の偶発的な衝突を防ぐため軍事交流の強化を協議する作業部会の年内設置などで合意した。ただ、中国側は軍事交流中断の原因になった昨年一月の台湾への武器売却を批判し、米国側にくぎを刺した。
 ゲーツ長官は「両軍の持続的な交流は相互信頼を増進し、誤解や誤った判断を軽減させることに寄与する」と述べ、米側は政治に影響されない持続的な軍事関係の構築と、軍事衝突を回避する重要性を訴えた。これに対し、梁国防相は「意見の相違を解消し、両軍関係の健全かつ安定的な軌道に沿った発展を確保する必要がある」と応じた。
 だが梁国防相は会談後の記者会見で、台湾への武器売却について「中国の核心的利益が害された。二度と起きてほしくない」とあらためて批判した。
 中国は胡錦濤国家主席の訪米を十九日に控え、ゲーツ長官の訪中を「氷を溶かす旅」と表現し歓迎ムードを演出する一方、東アジアでの米軍の動向に神経をとがらせる軍内部の対米強硬派や世論に配慮したものとみられる。
 会談では、軍事交流の指針策定やシーレーン(海上交通路)の安全確保を協議する作業部会の年内設置のほか、船舶護衛や反テロ、人道支援などの分野での協力で合意。また、朝鮮半島問題についても協議した。
 ゲーツ長官は中国の次期最高指導者が確実な習近平国家副主席とも会談。十日付の中国人民解放軍機関紙、解放軍報は、国防長官の訪中が在任中二度目であることを称賛するなど中国側の厚遇ぶりが目立っている。


---米中国防相会談:軍事交流、再開に合意 反テロなど協力---
毎日新聞 2011年1月11日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20110111ddm002030109000c.html

 【北京・浦松丈二】中国訪問中のゲーツ米国防長官は10日、中国の梁光烈国防相と北京で会談し、両国の軍事交流を1年ぶりに本格再開することに合意した。中国側が昨年1月の米政府による台湾への武器売却決定に反発して中断していた。胡錦濤国家主席訪米(18~21日)を前に交流拡大を求める中国と、景気回復に中国の協力を必要とする米側の思惑が一致した形だ。
 両国は、軍事交流の枠組み作りやシーレーン(海上交通路)の安全を協議する作業グループ設置で合意。梁国防相は会談後の共同会見で「対話強化は両軍関係の発展に重要な意義を持つことを双方が認識した」と述べた。
 また、中国軍の陳炳徳総参謀長の今年上半期の訪米に合意。反テロや救難、海賊対策、平和維持活動など新たな分野でも協力することで一致した。
 梁国防相は米政府の台湾への武器売却は「軍事交流の発展を害する」とクギを刺した。米側から提案された核戦略やミサイル防衛(MD)などを話し合う戦略対話設置については「研究する」と態度表明を避けた。
 ゲーツ長官は会談後、報道陣に「政治に影響されない強固で持続的な軍事関係が重要だ」と強調。会談に先立ち、氷点下の寒風が吹く野外の歓迎式典にはコートを脱いで出席し、米中の「雪解け」を演出してみせた。
 中国側はオバマ政権が支持率回復のために人民元切り上げなどで中国の協力を必要としていると判断。主席訪米に合わせた大型買い付けなどをちらつかせ、台湾問題など安全保障分野で米側から譲歩を引き出そうとしている模様だ。
 中国紙・環球時報は10日付の社説で「中国は米国と(勝ち目のない)軍拡競争に入るべきではなく、少なくとも一種の均衡に導くべきだ。中国の得意分野は経済競争だからだ」と主張。香港のフェニックステレビに出演した中国軍事科学学会の羅援・副秘書長(少将)は、両国交流の障害として(1)米国による台湾への武器売却(2)米軍機・艦艇による中国沿岸の偵察(3)対中交流を制限する米国内法の存在--を挙げた。
 中国は欧州連合(EU)とも関係改善を進め、天安門事件(89年)後にEUが発動した対中武器禁輸措置の解除を強く働きかけている。米軍との交流再開は「EUなど他地域への波及効果も期待されている」(外交筋)とみられている。


---Gates Meets China's President on Defense Ties Ahead of U.S. State Visit---
By Bloomberg News - Jan 11, 2011 9:26 AM GMT+0900
http://www.bloomberg.com/news/2011-01-10/china-considers-gates-proposal-for-defense-dialogue-as-hu-plans-u-s-visit.html

U.S. Defense Secretary Robert Gates meets China’s President Hu Jintao today after Chinese commitments for stabilizing military relations fell short of setting specific timelines in talks yesterday.

In Gates’s first day of discussions in Beijing yesterday, Chinese Defense Minister Liang Guanglie agreed to consider a proposal to begin regular strategic security talks, a year after China cut military ties to protest arms sales to Taiwan. Liang didn’t commit to a timeframe for starting such talks nor for reaching agreement on a structure for more regular contacts.

Links between the two countries’ armed forces shouldn’t be “subject to shifting political winds,” Gates said after meeting Liang for more than two hours in Beijing. The two agreed to resume high-level exchanges and cooperate in counter- terrorism, anti-piracy and disaster relief.

“Sustained, reliable” discussions will help reduce “misunderstanding and miscalculation,” Liang said, adding that the talks were “candid” and “helped lay down a very solid foundation for the settlement of our differences.”

Yesterday’s meeting brought U.S.-China military relations back to implementing terms agreed to in October 2009, without binding the Chinese leadership to specific dates. Presidents Barack Obama and Hu Jintao had tasked their defense chiefs to strengthen ties commensurate with other elements of relations, such as dialogue on trade, currency valuations and the inflationary impact of America’s stimulus policies.

Gates and Liang met a week before Obama is due to host Hu for a state dinner at the White House.

Chinese Visit

Chinese General Chen Bingde, chief of the Army General Staff, will visit the U.S. at an “appropriate time in the first half of 2011,” Liang said. The two nations also will form a committee to discuss principles for better military relations and agree on a framework “in due course,” he said.

Severed military ties have shown in friction over China’s support for North Korea and U.S. drills in the region.

China has refused to join in international condemnation of its ally North Korea over two attacks in which 50 South Koreans died last year. General Guo Boxiong, one of the two highest ranking generals in China’s armed forces, traveled to North Korea in October for the 60th anniversary of China’s entry into the Korean War on the north’s side. He spoke about their joint effort to fight “imperialist aggression” led by U.S. troops.

‘Short-Term Fix’

“I don’t think the Chinese have made any strategic decision that they are going to now work closer with the U.S.” to bring North Korea in line, said Paul Haenle, who served as China director at the National Security Council for the George W. Bush and Obama administrations and is now director of the Carnegie-Tsinghua Center for Global Policy in Beijing. “It is probably more of a tactical short-term fix to make sure Hu is not embarrassed during his visit to the United States.”

Gates said North Korea and Iran, both countries that are subject to United Nations sanctions over their nuclear programs, are among areas where the U.S. and China share common interests. China, the world’s biggest consumer of energy, has resisted U.S.-led efforts to punish oil-rich Iran.

The U.S. defense secretary also cited common interests in addressing the potential threats of nuclear, space, cyber and missile technology. A strategic security dialogue would touch on those fields and elevate relations beyond maritime and defense policy talks that have occurred occasionally in recent years.

The Pentagon and the U.S. Department of Energy plan to build a nuclear security training center in China to help reduce the threat of terrorists obtaining atomic material. The Defense Department issued a notice last month seeking companies to build the center, which was announced by Chinese President Hu Jintao during his U.S. visit in April.

Second Visit

Gates’ second visit to Beijing as defense secretary is the latest U.S. effort to improve military relations that soured again a year ago with the Obama administration’s announcement of a $6.4 billion arms sale to Taiwan.

Liang called on the U.S. to “pay sufficient attention to the concerns of the Chinese side.” China regards Taiwan as part of its territory, and has also bridled at U.S.-South Korea military drills in the Yellow Sea, saying they inflame tensions in the region.

“Some are playing with knives and guns while China is criticized for calling for dialogue, is that fair?” Foreign Ministry spokeswoman Jiang Yu said on Dec. 2.

Military Budget

The U.S. has watched China increase its military budget, which ranks as the world’s second biggest, according to the Stockholm International Peace Research Institute. China announced in March that it planned to raise defense spending by 7.5 percent last year, after increases of at least 10 percent annually for the previous decade.

Gates has struggled to persuade China to reveal more about the intent of its weapons build-up. Last year, he said Chinese political leaders appeared to be more interested in improving defense links than the leadership of the People’s Liberation Army.

“I come away from the meetings this morning optimistic and confident that the leadership of the PLA is as committed to fulfilling the mandate of our two presidents as I am,” Gates said in Beijing yesterday.

The Pentagon has said that China’s development of ballistic missiles potentially capable of striking an aircraft carrier at sea and a stealth jet fighter may be further advanced than previously believed.

Chinese officials say the purpose of their military modernization is purely defensive and they have no aspirations toward regional hegemony.

“We can by no means call ourselves an advanced military force,” Liang said. “The gap between us and that of advanced countries is at least, I think, two to three decades.”

--Viola Gienger and Michael Forsythe in Beijing. Editors: Ben Richardson, Peter Hirschberg


---米中、軍事交流強化へ 国防相合意 年内に新指針---
2011年1月10日22時43分
http://www.asahi.com/international/update/0110/TKY201101100271.html

 【北京=村山祐介、峯村健司】中国を訪問しているゲーツ米国防長官は10日、北京で梁光烈国防相と会談した。両氏は米中軍事交流を持続的で信頼性のある形に強化する考えで一致。国防当局者による実務者協議で、新たな枠組み構築に向けた指針を年内にまとめることで合意した。
 昨年1月の米国による台湾向け武器売却決定で約9カ月にわたって中断した軍事交流を再開し、両軍関係の再構築を目指す。ただ、この関係修復には、18日から始まる胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席の公式訪米の環境整備の側面もあり、中国側が再び、台湾問題を理由に交流を中断する可能性は残る。
 ゲーツ長官は、閣僚級で外交や経済問題を話し合う既存の「米中戦略・経済対話」の一環として核ミサイルや宇宙、サイバー分野を含む安全保障戦略対話を提案した。ただ、梁国防相はこの提案については「検討する」と述べるにとどめた。
 また、両軍が海難捜索・救助や人道支援、海賊やテロ対策などで共同訓練を実施することで合意。海洋の安全確保を協議する実務者協議の開催でも一致した。米側の招待で、中国軍の陳炳徳・総参謀長が今年前半に訪米することも決めた。


---ゲーツ米国防長官が訪中「北朝鮮問題が中心」---
2011/01/10 08:03:58
ワシントン=イム・ミンヒョク記者
http://www.chosunonline.com/news/20110110000019

韓中日のアジア歴訪を開始
 ロバート・ゲーツ米国防長官は8日、北京での米中国防相会談を前に「会談は北朝鮮問題が中心になるだろう。米国は、北朝鮮の追加挑発を防ぐことで韓半島(朝鮮半島)の安定を構築し、北朝鮮の非核化を進展させるために中国とどのように協力できるか議論したいと思っている」と述べた。
 韓・中・日の東アジア3カ国歴訪を開始したゲーツ長官は、米空軍の専用機内で記者団に対し「中国が昨年下半期に、韓半島の緊張緩和に向けて建設的な役割を果たした事実を認識している」とした上で、冒頭のように述べた。
 ゲーツ長官は、中国が最近、次世代ステルス戦闘機の独自開発を終えたとの報道について、「中国は、確実に米国の能力を脅かすほどの潜在力を持っているため、注目している」と述べた。
 一方、米国務省は同日、カート・キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)も9~11日の日程で北京を訪問すると発表した。北朝鮮による延坪島砲撃や中国の胡錦濤国家主席の訪米などを前後し、米国はここ1カ月で、ジェームズ・スタインバーグ国務副長官やホワイトハウスのジェフリー・ベーダー米国家安全保障会議(NSC)上級アジア部長、スティーブン・ボズワース北朝鮮担当特別代表など高官の訪中が相次いでいる。


---ギブズ報道官が上級顧問に昇格? オバマ氏人事刷新へ、大統領選モード全開---
2010.12.28 18:07
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101228/amr1012281810008-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】2012年の米大統領選での再選に向け、オバマ大統領は年明け早々、ホワイトハウスの人事刷新に着手する。毎日の記者会見を担当し「政権の顔」ともいえるギブズ大統領報道官を上級顧問に昇格させる案が軸。今月退任するサマーズ国家経済会議(NEC)委員長の後任人事も焦点だ。
 人事刷新は、年明けの議会で共和党が下院多数派という「ねじれ」のため新たな議会対策が必要なためだ。新鮮な顔ぶれで、再選に向けて民主党内の政権基盤を固め直したいとの思惑もある。
 ニューヨーク・タイムズによると、オバマ大統領は今月8日に今年最後の閣議で各閣僚に進退を尋ねたが、退任を表明しているゲーツ国防長官以外、退任の意向を示した閣僚はいなかった。ギブズ氏は上級顧問への昇格のほか、大統領選に備えてメディア対策を担当する可能性も指摘されている。後任として、バートン大統領副報道官やジェイ・カーニー副大統領補佐官らが取りざたされている。
 一方、大統領選に専念するため来月の退任が決まっているアクセルロッド上級顧問の後任には、08年の大統領選でオバマ陣営の選対責任者だったデービッド・プラフ氏が内定した。プラフ氏は10年1月にホワイトハウスに呼び戻され、大統領の演説草稿を担当するなどしていた。
 サマーズ氏の後任として、ニューヨーク・タイムズはガイトナー財務長官顧問のジーン・スパーリング氏や元財務副長官のロジャー・アルトマン氏の名前を挙げている。
 ギブズ氏は26日、CNNテレビで「大統領は(1月5日の)新議会招集後、1~2週間以内に新NEC委員長を発表する」との見通しを語った。
 オバマ政権ではラーム・エマニュエル首席補佐官がシカゴ市長選への転出のためにすでに退任。後任に白人の父親と日系人の母親を持ち、議会対策に明るいピート・ラウス上級顧問が就任している。
 ラウス氏は大統領が冬季休暇でハワイに行く前、いくつかの人事案を大統領に提示したといい、これを元にオバマ氏は人事構想を練っているとみられる。
 11月の中間選挙で歴史的な敗北を喫した後、オバマ大統領はクリントン元大統領やレオン・パネッタ中央情報局(CIA)長官だけでなく、レーガン政権下で首席補佐官を務めたケネス・デュバスタイン氏らと再選戦略について非公式に協議した、という。
 大統領はこのほか、新議会で不正追及や無駄遣いなどに関し共和党の攻勢を見越して、多数の法律家を雇用し始めている。


---女、盗聴…中国の罠にどう対処する? 元松下取締役が語る回避術---
2010.11.4 21:00
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101104/biz1011042105029-n1.htm

 沖縄・尖閣諸島問題をめぐり、日中両国では「反中」「反日」デモが続発するなど、緊張状態が続いている。菅直人政権が「弱腰外交」に終始する中、中国で働く日本人ビジネスマンはどうすればいいのか。松下電器産業(現パナソニック)の現地法人で、出向取締役として5年間勤務した高田拓氏(65)が、反日デモへの対応やハニートラップ、盗聴などに対する同国での危機回避術を語った。(夕刊フジ)
 「中国は共産党支配の国で、行政や立法、司法、軍、マスコミも党の指導下にある。『政治がすべて』の国だ。歴史認識もまったく違い、歪曲もひどい。日本の常識は世界の非常識。自分の身は自分で守るしかない。覚悟が必要だ」
 こう語る高田氏の著書「今、あなたが中国行きを命じられたら」(ビーケーシー)は日中緊張の中、評判を集めている。在職中も苦労は多かったが、退職後の2006年8月、語学留学した北京語言大学で、小泉純一郎元首相の靖国神社参拝に直面した。
 「参拝前日に『小泉首相が行くようだ』との情報が入った。私は『授業でこの話題が出る』と思い、日本の主張や立場を説明する中国語の文書を用意した。若い中国人は政治的反日教育を受けており、議論をしても平行線だが、黙っているのは良くない。相手の話も聞くが、こちらも冷静かつ堂々と主張した。大切なのは、相手に『自分たちと違う世界があるのだな』と考えさせることだ」
 当然、頭に血が上っている反日デモには近づかないが、現職時代は現地法人の中国人社員に心を配ったという。
 「反日ムードが高まると、日系企業で働いている中国人社員たちは世間で肩身の狭い思いをしている。そこで、私は『みなさんご苦労様。ただ、われわれは日中友好のもと、人民の社会生活向上のために仕事をしています。仕事に自信を持って正々堂々とやりましょう』と話しかけた。すると中国人社員たちの表情がパッと明るくなる。日本でもそうですが、まず、相手の立場を考えることです」
 中国漁船の衝突事件直後、ゼネコン「フジタ」の社員4人が拘束された。高田氏は「党や軍の施設の近くは要注意。通常は見逃していても、問題が起こるとやられる(=拘束される)ことはあり得る」といい、こう続けた。
 「軍事施設は、外国人の立ち入りは禁止。ただ、普段は間違って撮影しても、フィルムやデータを没収されるだけで終わる。フジタのケースは尖閣問題への対抗措置だろう。私も以前、北京の中南海(共産党や政府、要人の居住区がある地区)を、隣接する公園から見ていただけで、『見るな。撮影するな!』と怒鳴られたことがある」
 「中国でカラオケに行くと、女性が隣に座ってくる。本来、これは法律違反だが、見逃されている。ただ、当局などとの関係が悪くなると、摘発される危険が出てくる。中国が共産主義の国であることを忘れてはならない。北京の地図には縮尺が付いていない。地図=軍事機密という認識なのだ」
 週刊誌などでは、日本の政治家や官僚らが、中国当局が仕掛けたとみられるハニートラップにひっかかった話題が報じられている。日本人ビジネスマンは大丈夫か。
 「単身赴任のビジネスマンが、付き合っていた中国人女性とモメて100万円単位のお金を取られるようなケースはある。『援助してもらっているお金が少ない』といった個人的理由が大半だが、政治家や官僚、特殊技術を持っていたり、戦略的事業を行う企業のビジネスマンはハニートラップなどに警戒した方がいい。現に、盗聴されていた某大手企業幹部もいた」
 今回の尖閣問題で、日本人の中国に対する見方は大きく変わった。中国とのビジネスを知り尽くした高田氏は最後にこう語る。
 「レアアース(希土類)の禁輸でも明らかなように、中国一辺倒はリスクが高すぎる。政策の突然の変更、模倣品の横行に加え、電力不足や水質汚染は深刻。反日教育も当分変わらない。中国進出はグローバルな視点の中で、企業コスト面から厳然と判断すべき。中国のコスト優位性はどんどん低下している。『中国+1』は安全保障面からみても現実的選択肢だ」
 菅首相にも、ぜひ聞かせたいものだ。
 ■たかだ・ひらく 1945年、福島県郡山市生まれ。67年、福島大学卒業後、松下電器産業に入社。97年、松下電器(中国)有限公司取締役として北京勤務。2001年から上海勤務。02年退社。現在、執筆活動のほか、中国セミナーや各種企業の中国派遣社員研修を手がける。

0 コメント: