2011年1月14日金曜日

新型インフル予防抗体発見

新型インフル感染者に予防抗体が発見された。
 シカゴ大とエモリー大などの研究チームが、2009年に流行した新型の
豚インフルエンザにかかったが回復した患者が広い範囲のインフルを
予防できる抗体を持っていることを突き止めた。
ウイルスの変異によらず効く「万能ワクチン」の開発につながる可能性が
ある発見。

抗体
・21~45歳の患者9人の血液から抗体の遺伝子を特定。
 遺伝子から86種類の抗体を作り、ハツカネズミに各種のインフルの
 ウイルスを与えて反応を確認。
・5種類の抗体では、過去10年ほどの間に流行したすべてのH1N1型ウイルス
 に対して予防効果。
 「スペイン風邪」を起こした型や、毒性が強いH5N1型(鳥インフル)にも
 効果があった。

最近欧州分析
・H1N1ワクチンの一回の服用(注射)で保護する確率は71.9%
・65才未満では、78.4%
・慢性疾患がない総年齢では72.9%

天然痘の人痘法に始まり、ジェンナーによる天然痘ワクチンがワクチン
接種の始まり。以降、ワクチン開発と予防・治療で、人間が根絶した
感染症となった。

新型インフル感染者の持つ抗体が、万能ワクチンの開発につながるらしい。
ウィルス表面たんぱく質の軸に効くため、ウィルス変異に効果があるようだ。
しかし、経済的効果を生むために、アジュバント(免疫増強剤)が添加され
ワクチンとアジュバントによるアレルギー反応が懸念される。
臨床試験、販売となると先はまだ遠い。

インフル混合ワクチン接種で死亡者


---インフル万能ワクチン開発に期待 新型患者から抗体発見---
2011年1月11日15時1分
http://www.asahi.com/science/update/0111/TKY201101110091.html

 【ワシントン=勝田敏彦】米国のシカゴ大とエモリー大などの研究チームが、2009年に流行した新型の豚インフルエンザにかかったが回復した患者が広い範囲のインフルを予防できる抗体を持っていることを突き止めた。ウイルスの変異によらず効く「万能ワクチン」の開発につながる可能性がある発見で、10日発行の米専門誌ジャーナル・オブ・エクスペリメンタル・メディスンに発表した。
 チームは、新型インフルのワクチンを開発するため、21~45歳の患者9人の血液から抗体の遺伝子を特定。その遺伝子から86種類の抗体を作り、ハツカネズミに各種のインフルのウイルスを与えて反応を確かめた。
 その結果、5種類の抗体では、過去10年ほどの間に流行したすべてのH1N1型ウイルスに対して予防効果があった。また、「スペイン風邪」を起こした型や、毒性が強いH5N1型(鳥インフル)にも効果があった。
 インフルのウイルスの型は、表面に突き出る棒のようなたんぱく質の形状で決まるが、今回見つかった抗体は、変異しやすい先端部ではなく、あまり変化しない「軸」の部分に反応しやすく、広範囲のウイルスに効くらしい。
 チームのパトリック・ウィルソン博士は取材に「すべてのウイルスに反応するわけではないが、万能ワクチンができそうだ」と答えた。
 季節性インフルに感染すると、体内に抗体ができるが、別の型が流行すると予防効果は期待できず、次の流行期に広がる型をあれ予想して製造されるワクチンを接種する必要がある。「万能ワクチン」ができれば、抗体の効き目が残っている間は新たな接種の必要がなくなって副反応のリスクが減るほか、製造コストの低減などが期待される。

 田代真人・国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長の話 軸に作用する抗体があることは以前から分かっていた。万能ワクチンを作るという方向性を支える一つの要素にはなるが、実現には、形状が複雑な最近の季節性インフルに効くか、ワクチン自体がアレルギー反応を起こさないかなど、課題が多く時間がかかるだろう。


---Last year's flu vaccine: All in all, not so bad---
By Melissa Healy, Los Angeles Times
January 11, 2011, 3:21 p.m.
http://www.latimes.com/health/boostershots/la-heb-flu-vaccine--01112011,0,1337194.story

It was thrown together in a hurry, only aimed to protect against one strain of influenza, and arrived on the market well after the novel flu virus had gained a foothold in the general population. But last year's vaccine against the novel H1N1 flu, in the final analysis, worked pretty well, according to a European study published Tuesday in the journal Public Library of Science (PLoS) One.

The study, which tested the effectiveness of the H1N1 flu vaccine at surveillance sites scattered across Europe, found that a single dose of H1N1 flu vaccine, which was offered as a shot and in mist form, was 71.9% effective in protecting against infection with the H1N1 virus. In patients younger than 65 years old, that effectiveness level rose to 78.4%; for patients of all ages who were free of chronic disease, it stood at 72.9%.

That compares well to the average effectiveness of seasonal influenza vaccines, which, in a healthy population under 55 years old, are thought to protect against influenza infection between 70% and 90% of the time. The performance of the H1N1 vaccine is especially remarkable because the H1N1 virus emerged as a public health threat suddenly in April 2009, giving world health officials and manufacturers only a few months to design, produce and distribute the vaccine against it.

By late October and early November, when the 2009-2010 novel H1N1 vaccine became widely available, the virus was spreading quickly throughout Europe and North America. As a result, many patients were likely exposed to the virus after getting the vaccine but before their bodies were able to mount an immune response -- a process that takes at least two weeks. That timing hitch may have driven down the vaccine's apparent effectiveness, said Lone Simonsen, an epidemiologist with George Washington University and an expert on influenza, in an interview Tuesday.

"Still, said Simonsen, "that is a good result for a pandemic vaccine program." She added that the current season's flu vaccine, which was designed to protect against the H1N1 flu as well as two other strains of influenza virus widely circulating, will likely be more effective because it has been on the market longer. That allows patients who get the vaccine more time to develop immunity against circulating strains of flu.

In the United States, the Centers for Disease Control and Prevention estimates that between 43 million and 89 million people became ill with the H1N1 flu during the 2009-2010 season, with 12,470 dying and 274,000 hospitalizations.

0 コメント: