2011年1月21日金曜日

ルノーの解雇通知

ルノーが情報漏えい疑惑者に解雇通知を出した。
 仏自動車大手ルノー社のEV関連の技術情報が社外へ漏えいした問題で、
ルノー社は、経営委員会に所属していたEV開発の最高責任者ミシェル・
バルタザル氏と、その直属の部下のベルトラン・ロシェット氏の2人に
解雇通知文を送付した。

通知文
・「あなたは外国から大金を受け取った。戦略的情報に対する見返りに
 違いないと社は確信した」。

解雇者
・「何の証拠も示されていない。社は思いこみで私を解雇した」
・「不当解雇」でルノー社を提訴する考えを表明。

情報提出報酬
・中国の部品会社が総額63万ユーロを3人に送金。
・中国の電力会社→スイスとリヒテンシュタインに銀行口座(解雇通知を
 受けた2人)を保有。
 スイスの口座には残高50万ユーロ
 リヒテンシュタインの口座には残高13万ユーロ。
・AVIC→キプロスや香港の架空会社が介在→
 スイスとリヒテンシュタインの口座(幹部1人名義)に50万ユーロ
 36万ユーロは入金後、複数の架空会社に送金。

報道では、捜査機関による捜査が見当たらないが、ルノーは捜査権も
ないのに、疑惑者の口座の入金先や額を確認したのだろうか。
報酬金は、正しいければ、中国の部品会社、電力会社、航空機製造会社
から振り込まれており、ひとつの情報を複数先にばらまいていたようだ。

従来の現地生産しなければ現地販売を認めない方針は継続しており、
EVも同様のようだ。電気自転車や電動バイクは中国ではかなり需要があり、
流通市場もあるようだ。

ルノーから流出した技術は、一年も経たないうちに、リチウム・イオン
充電池、リチウム・イオン充電器、ノートPC、電気自転車、電動バイク、
EV等として、突如性能がよくなった製品として販売され、量販店で購入
しているかもしれない。

経済戦争 日産EV電池管理システム流出か


Is Renault spy scandal hot air? - F24 110113


---ルノー漏えい、EV開発責任者ら2人に解雇通知---
2011年1月16日19時18分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110116-OYT1T00436.htm

 【パリ=林路郎】フランス自動車大手ルノー社の電気自動車(EV)関連の技術情報が社外へ漏えいした問題で、ルノー社は、経営委員会に所属していたEV開発の最高責任者ミシェル・バルタザル氏と、その直属の部下のベルトラン・ロシェット氏の2人に解雇通知文を送付した。
 2人の弁護人が明らかにした。それによると、通知文は15日に届き、「あなたは外国から大金を受け取った。戦略的情報に対する見返りに違いないと社は確信した」と書かれていた。
 ロシェット氏は15日、ラジオ番組で、「何の証拠も示されていない。社は思いこみで私を解雇した」と反発。バルタザル氏と共に、「不当解雇」でルノー社を提訴する考えを表明した。漏えい問題をめぐって無期限停職処分となった3人のうち残りの1人にも同様の通知が送付されたかどうかは明らかでない。


---ルノー情報漏えい:2幹部に解雇通告「外国から金銭受領」---
2011年1月16日 18時59分
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110117k0000m030024000c.html

 日産自動車と提携するフランスの自動車大手ルノーから電気自動車(EV)の情報が漏えいした問題で、ルノーは15日、漏えいに関わったとされる経営委員会メンバーら幹部2人に書面で解雇を通告した。
 解雇通告を受けたのは、電気自動車開発事業の最高責任者とその部下。幹部らの弁護士が欧米メディアに語ったところでは、ルノーは2人に対し「外国筋から相当の金額を受け取っており、見返りに戦略的な情報を提供したと判断せざるを得ない」と説明したという。
 ルノーは幹部3人が漏えいに関与したとみて今月3日に無期限の停職処分にしたが、13日にパリの検察当局に産業スパイなどの容疑で告訴した際には、容疑者を「氏名不詳」としていた。
 関与が疑われている3人目の電気自動車開発事業の幹部は解雇通告を受け取っていないという。弁護士らによると、幹部3人はそろって無実を主張、ルノーの決定は違法だとして告訴する意向。
 フランスメディアによると、幹部3人は電気自動車の構造や価格などの情報を外部に漏らし、国外の銀行口座で報酬を受け取っていたとされる。情報の漏えい先は中国企業との報道もあるが、中国側は否定、フランス側も確認していない。(共同)


---仏ルノー:機密漏えい 中国国営企業も浮上 報酬送金の可能性--仏紙報道---
毎日新聞 2011年1月15日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110115dde035020043000c.html

 【パリ福原直樹】フランス自動車大手ルノーの幹部3人が、日産自動車と開発中の電気自動車技術を中国側に漏えいしたとされる事件で、15日付の仏ルモンド紙は、中国国営の大手航空機メーカー名義の口座から、幹部への「報酬」が送金された可能性があると報じた。
 新たな送金元として可能性が浮上したのは、「チャイナ・アビエーション・インダストリー・コーポレーション」(AVIC)。AVICの略称を使う中国国営の航空機メーカーは実在する。
 仏メディアはこれまで、中国の部品会社が総額63万ユーロ(約7000万円)を3人に送金したと報じていた。同紙はルノーの情報として、このうち50万ユーロはAVICから幹部1人のスイスの口座に送られた可能性があると指摘。うち36万ユーロは入金後、複数の架空会社に送金されたという。
 同紙はまた、中国側からの送金に絡み、キプロスや香港の架空会社が介在した可能性にも言及した。
 一方、同紙は、仏情報機関が昨年3回出した警告書で、▽仏の下請け企業の買収を進めている▽電池産業やルノーの技術開発に強い関心を持っている--との中国側の動きに懸念を表明していたことも報じた。


---ルノー情報漏えい、検察当局が事件解明へ決意---
2011年1月14日10時45分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110114-OYT1T00283.htm

 【パリ=林路郎】フランス自動車大手ルノー社の電気自動車(EV)に関する技術情報が社外に持ち出された問題で、パリの検察当局者は13日、記者会見し、「(同社の)告訴は、フランスから外国勢力への大量の産業機密の流出を対象としている」と述べた。
 国際的な組織網による産業スパイ事件の解明を目指す捜査当局としての姿勢を示したものだ。仏政府は今後、米連邦捜査局(FBI)に相当する、仏内務省の中央国内情報局(DCRI)などの捜査機関も動員し、国際捜査を進める方針。
 ルノー社も13日の声明で、一連の情報漏えいが「組織的に行われた」と指摘した。情報漏えいにかかわったとして無期限停職処分を受けている幹部3人の解雇にとどまらず、情報を受け取った側の「外国組織」も告訴の対象に含めた形だ。


---China denies involvement in Renault EV spy case; over $841k found in secret bank accounts?---
by Sebastian Blanco (RSS feed) on Jan 14th 2011 at 2:55PM
http://green.autoblog.com/2011/01/14/china-denies-involvement-in-renault-ev-spy-case-over-841k-foun/

The industrial espionage case involving three top Renault execs and electric vehicle secrets (and maybe China) continues, as the French carmaker has officially filed an accusation against a foreign private company. The company involved was not made public, but the filing does not cite a foreign power, according to Jean-Claude Marin, a Paris prosecutor, in Reuters. In fact, the French government began stepping away from rumors that China is involved with this industrial espionage case. Even still, a member of the conservative UMP party told France-Info radio that, "There are in effect several sources that are typically thought to be serious who consider that a Chinese buyer is in fact behind this operation." That buyer might be a Chinese power company, which French newspaper Le Figaro reported laundered at least 630,000 Euros (around $841,800 U.S.) into bank accounts in Switzerland and Liechtenstein opened by the executives. For its part, China has denied any involvement.

Prosecutor Marin must now make a decision to either oversee his own investigation or to open a judicial inquiry that will go before an independent magistrate. The French intelligence service, Direction Centrale du Renseignement Interieur (DCRI), has also been looking into the case.

We still don't know the details of what was allegedly stolen, but Renault Chief Operating Officer Patrick Pelata tells Reuters that the company's key technology for electric vehicles is still safe. Nissan executive Carlos Tavares said he "completely trusts" Renault in handling the matter. The Renault-Nissan alliance has invested 4 billion euros ($5.17 billion) in electric vehicles.

The three senior Renault executives who have been suspended are denying their guilt. A lawyer for the highest-ranking of the three defendants notes, "He's shocked by it, let's be clear about it... He's going to clear his name." Another described his suspension as Kafkaesque, and that the men are reportedly still trying to figure out what they are being accused of. So are we.


---Industrial Espionage Allegations with Lithium Industry Implications---
By dave | January 14, 2011 10:04 GMT
By Dave Brown
http://www.ibtimes.com/articles/101094/20110114/industrial-espionage-allegations-with-lithium-industry-implications.htm

manufacturer Renault were suspended after being suspected of leaking information on its electric vehicle program to China. The electric vehicle (EV) program is a key factor for the car maker's strategy. Combined together with Japanese partner Nissan Motor Co (TYO:7201) (PINK:NSANY) it is investing billions of euros in the project. A Renault-Nissan alliance was originally established in March 1999, serving as the first industrial and commercial partnership of its kind involving French and Japanese companies. Renault and Nissan announced that they are working together on EV development on December 22, 2006.

Lithium investors will appreciate that the stakes are elevated in these circumstances, with some analysts suggesting that electric and hybrid cars may grab as much as 10 percent of the European automobile market by 2020. In China, the government has already committed to investing heavily in the electric vehicle industry. Many analysts are expecting China to be at the leading edge of demand for these vehicles in the future as the domestic market for electric bikes and electric motorcycles already dwarfs demand from all other regions combined, and consists of 98 percent of the global market, despite being in the early adoption stage.

A senior employee at Renault has since denied any involvement in industrial espionage after allegations that the three executives leaked any such green car technology secrets. Michel Balthazard, who is vice-president of advanced engineering at Renault, said the company had not yet made any decision about whether to fire him. Following a meeting with Renault management on Tuesday, Mr. Balthazard indicated “Renault is bringing very serious accusations against me, which I deny totally”. Renault has said it is studying all legal options and will probably press charges, after meeting all of the suspended employees on Tuesday afternoon.

Conspiracy Theory

Renault Chief Operating Officer Patrick Pelata has said the car maker was the victim of an organized international network. He said vital electric vehicle technology was safe and production of the cars would not be affected. Renault is set to launch its first electric cars later this year. The Financial Times reported that Renault had uncovered evidence of suspect financial transactions involving bank accounts in Switzerland.

A French government source said last week a possible Chinese connection was being explored but had not been substantiated. More recently a French government spokesman Francois Baroin said France was not accusing any country of involvement; however, the serious allegations will be of significant interest. “There is no official accusation by France and the French government towards any country today. An inquiry is under way,” Mr. Baroin told Europe 1 radio. “Renault, like others, is the victim of a war of economic intelligence.”

A foreign ministry spokesman for China, Hong Lei has denied any link to the industrial espionage scandal at the French car maker, dismissing reports of its possible involvement as “baseless and irresponsible." France's car industry has faced similar information leaks as recently as four years ago when a Chinese student doing a work placement at car parts maker Valeo was given a prison sentence for obtaining confidential documents. China has developed a seasoned reputation for commercial espionage, questionable business practices and unconventional strategic resource ethics since the 1980s, particularly in industries where it believes it is lagging behind the West.

The European Union's industry chief called on Thursday for the creation of an EU body to vet foreign investment in the bloc, and possibly block deals that aim to secure valuable technologies. A legislator for the ruling UMP party who is drafting a law on the protection of economic information, Bernard Carayon indicated concern “this is a war which does not stop worsening and which has intensified even more with the emergence of industrial powers like China”. He said the industries most at risk from spying in France were those with long development times like cars, pharmaceuticals and military defense. Many resource and clean energy investors will recall last week's press release from China on a nuclear technology breakthrough which could raise questions regarding credibility or validity.


---ルノー幹部スイス等に口座、中国企業から送金?---
2011年1月11日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/manda/20110111-OYT8T00704.htm

 【パリ=林路郎】フランスの自動車大手ルノー社の幹部職員3人が電気自動車(EV)の技術情報を漏らしたとされる事件で、仏保守系紙フィガロ(電子版)は10日、無期限停職の処分を受けている3人のうち2人が、スイスとリヒテンシュタインに銀行口座を保有しており、中国の電力会社からの送金を受けていた可能性があると報じた。
 スイスの口座には50万ユーロ(約5500万円)、リヒテンシュタインの口座には13万ユーロ(約1400万円)の残高があったという。
 同紙は情報源について、「民間調査機関」としか明らかにしていない。送金主は北京に本拠を置く電力会社で、送金元を不透明にしておく目的からか、送金が香港やマルタの企業を経由して行われた形跡もあるとしている。こうした送金が事実とすれば、中国企業による産業スパイ事件である可能性がより濃厚になる。

0 コメント: