2011年1月12日水曜日

経済戦争 日産EV電池管理システム流出か

日産とルノーらが開発した電池管理システムが情報漏えいしたようだ。
 ルノー社は、日産自動車と共同開発中の電気自動車に関する技術を
社外に漏えいした疑いがあるとして、経営陣1人を含む幹部社員3人を
無期限の停職処分とした。
 電気自動車部門で世界的リーダーの地位を目指すルノー・日産両社が
電気自動車開発に投じた費用は40億ユーロ(約4400億円)。

内部告発
・約5か月にわたって調査(8月~12月)。
・電気自動車の電池やモーターに関する極秘情報が漏れた可能性。

パトリック・ペラタCOO
・「核心部分は何も漏れていない」
・「国際的な組織の犠牲になった」

別情報
・3人は海外の銀行口座で報酬を受け取っていた。
・漏洩した情報は、「電池製造の設計図」などに関するもので、
 特許出願を控えた技術も含まれていたとしている。

カルロス・ゴーンが電気自動車の開発計画を発表した裏では、中国企業と
思われる競争相手から産業スパイの調査をしていた。
中国の産業スパイは、多くの例がある。
開発費に40億ユーロを使えないから、産業スパイをするのだろうが、出来
上がった製品の複製は一時的には良いが、結局、使えないものしか残ら
ない。殲シリーズ戦闘機が良い例だろう。
技術開発の過程には副産物が多い。40億ユーロ以上の価値があることを
中国は、そろそろ知るべきだろう。

中国系米国人 産業スパイで逮捕
米国 スペースシャトルスパイに判決
携帯電話は盗聴されているか
ITC報告書
殲20 タキシーテスト


Carmaker Renault Involved in Spy Scandal


ルノー事件 中国の演じた役とは――華やかな世界の裏の激しい暗闘


---「重要情報は漏れず」ルノーCOOが仏紙に 国際組織の関与も示唆---
2011.1.8 22:38
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/110108/biz1101082241015-n1.htm

 【パリ=山口昌子】仏自動車大手ルノーの電気自動車(EV)に関する情報漏洩(ろうえい)問題で、パトリック・ペラタ最高執行責任者(COO)は、8日発行の仏ルモンド紙のインタビューで、「核心部分は何も漏れていない」など語り、心臓部である電池やモーターなどの重要情報は流出していないとの見解を明らかにした。
 同氏は、漏洩した情報について、「車の構造部分」とした上で、「申請済みや申請中の約200件に上る特許を含め、技術的、戦略的な核心部分は何一つない」と強調した。
 さらに、漏洩した疑いのある3人の幹部について、「国際的な組織の犠牲になった」とし、組織的な事件の可能性を示唆した。ただ、7日の仏フィガロ紙が報じた中国への漏洩の可能性には言及しなかった。
 一方で、フランス週刊誌ルポワンの8日付電子版は、ルノーの下請け業者が幹部3人と中国の自動車業界を仲介し、3人は海外の銀行口座で報酬を受け取っていたと伝えた。漏洩した情報は、「電池製造の設計図」などに関するもので、特許出願を控えた技術も含まれていたとしている。
 同社は、3人を告訴する方針を固めており、仏政府情報機関の国内中央情報局(DCRI)が本格捜査に乗り出す見通しだ。


---ルノー幹部停職処分、「産業スパイ事件」と産業相---
2011.01.08 Sat posted at: 09:13 JST
http://www.cnn.co.jp/world/30001442.html

 (CNN) フランスの自動車大手ルノーの幹部3人が「不正行為」を行ったとされる問題で、ルノーはその幹部らを停職処分にしたと発表した。
 ルノーの法務・倫理担当の最高責任者であるクリスチャン・ユッソン氏は6日、処分の理由について「極めて戦略的地位にある幹部らによる深刻な不正行為であるため、対策を講じることにした」とし、さらに「今回の停職処分は正当な処分であり、その第1の目的はルノーの戦略的、知的、技術的資産の迅速な保護にある」と述べた。
 ルノーは労働法を理由に事件に関与したとされる幹部らの氏名は公表せず、また停職処分を下した時期も明らかにしなかった。
 ユッソン氏は「数カ月間に及ぶ捜査で、3人の幹部がルノーの倫理規定に反する行為を行い、意識的かつ意図的に会社の資産を危険にさらしたことを示す多数の証拠を発見した」と述べた。
 ルノーの株主である仏政府も今回の事件を「産業スパイ事件」と見ている。ベッソン産業・エネルギー担当相は、ルノー幹部と会談したことを6日明かした。
 ベッソン氏は「今申し上げられるのは、事態は深刻ということだ。フランス企業は産業スパイや経済情報活動など、さまざまな危険にさらされており、今回の事件でそれが改めて浮き彫りになった」と語った。


---Renault Electric Car Leaks Said to Pose Risk to Nissan, LG Chem Technology---
By Laurence Frost - Jan 8, 2011 8:57 PM GMT+0900
http://www.bloomberg.com/news/2011-01-07/renault-leaks-said-to-pose-risk-to-nissan-lg-chem-secrets.html

Suspected leaks of Renault SA electric-car secrets may have compromised Japanese affiliate Nissan Motor Co.’s battery blueprints, as well as designs by LG Chem Ltd. and Better Place, two people with knowledge of the matter said.

Three executives accused by the French carmaker of knowingly passing on strategic data had access to designs for Nissan and LG power packs and battery-management systems supplied by California-based Better Place, the people said. They asked not to be identified because the investigation is ongoing.

Renault has fallen victim to an “organized, international ring,” and while the carmaker believes data on vehicle architecture and costs may have been passed to foreign competitors, battery technologies appear not to have been leaked, Chief Operating Officer Patrick Pelata told Le Monde in an interview. Pelata discussed the matter at length with his Nissan counterpart Toshiyuki Shiga and “reassured him about the technology we share,” he was quoted as saying.

“We continue to be updated by Renault on their internal processes and will handle accordingly if there is any impact to Nissan,” Nissan spokesman Simon Sproule said today in an e- mailed statement.

Chinese Link

LG Chem is checking whether its technologies were compromised, said Brandon Song, a spokesman for the Seoul-based unit of LG Group. Better Place spokeswoman Julie Mullins declined to comment.

The investigation so far points to possible Chinese involvement, Bernard Carayon, a lawmaker who has advised the French government on counter-espionage policy, told Agence France-Presse yesterday. France owns about 15 percent of Renault, based in the Paris suburb of Boulogne-Billancourt.

Renault-Nissan has invested about 4 billion euros ($5.1 billion) in electric vehicles and batteries. Nissan developed batteries in a venture with NEC Corp. for the Leaf electric car and models planned by its French alliance partner, while South Korea-based LG has a contract to supply batteries to Renault to meet demand in excess of the alliance’s manufacturing capacity.

The Renault leaks show that “French companies need to protect themselves better,” Industry Minister Eric Besson said today on Europe 1 radio. “The economic war is intensifying.”

Better Place

Better Place, founded by former SAP AG executive Shai Agassi, is in partnership with Renault to build and operate electric-car charging networks and battery-exchanging stations in Denmark and Israel. It is not clear whether any of the Renault partners’ designs were actually leaked, the people said.

Renault said this week it had suspended three senior executives after a five-month internal investigation. Michel Balthazard, a Renault vice president in charge of long-term product development, is the highest-ranking of the three managers now awaiting a decision on permanent sanctions, two people with knowledge of the matter said Jan. 5.

Another of the suspended executives, Matthieu Tenenbaum, previously worked at Nissan before overseeing the Better Place partnership and development of four battery-powered cars as deputy head of Renault’s electric-vehicle program.

In a statement released yesterday by his lawyer, Thibault de Montbrial, Tenenbaum said he was “stunned” by his suspension and did not understand the company’s accusations.

Renault spokeswoman Caroline De Gezelle and the interior ministry declined to comment on a report in Le Figaro that France’s DCRI domestic intelligence services were probing possible Chinese involvement.


---Car spy case: Renault's Patrick Pelata remains upbeat---
8 January 2011 Last updated at 11:53 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-12142299

Renault's chief operating officer says the impact of industrial spying on the carmaker could have been much worse.

Patrick Pelata told Le Monde newspaper data about Renault's electric car programme may have leaked, but its vital technology secrets were safe.

Renault suspended three senior managers on Monday after an investigation into the possible leaking of electric vehicle secrets to rivals.

France's industry minister refused to speculate whether China was involved.

Eric Besson had previously described the case at Renault, which is 15% state-owned, as "economic warfare", and French President Nicolas Sarkozy has asked the intelligence service to investigate.

Sources within Renault suspect the final recipient of the stolen information was likely to have been a rival in China.

Advanced technology

Without pointing fingers, Mr Pelata said the theft, which was detected last August and led to four months of internal investigations, was "the work of professionals".

"Renault is the victim of an organised international network," he told Le Monde's weekend edition.

"After a few weeks, we came to the conclusion that we were facing an organised collection of economic, technological and strategic interests located to serve abroad," added Mr Pelata.

He said the theft may have included details about the costs and economic model of Renault's high-profile multi-billion euro electric vehicle programme, but not the "golden nuggets" of its technology, including some 200 patents that are being lodged.

Mr Pelata said the theft involved three key Renault executives, whose identities he did not wish to confirm.

One of the three - whom he said would face a preliminary hearing before facing a likely dismissal and possible criminal charges - is reportedly a member of the carmaker's management committee.

The right-leaning Le Figaro newspaper had reported earlier that the information passed on relates to the technology in the battery and the engine of electrical vehicles that will be rolled out after 2012.

But Mr Pelata said "nothing critical" about the company's innovative technology had been leaked.

"It's serious, but not as bad as if it had been the technology," he said. "Whether it's the chemistry of the electrodes, the structure of the batteries, the different elements of assembling, be it the charger or the engine itself, we feel ok."

He added that the programme had not lost "one day" as a result of the theft and was still on schedule.

The BBC's Christian Fraser, in Paris, says it is a mark of how seriously the French government is taking this breach of trust that it has asked the intelligence service to investigate.

Car manufacturing is an important part of the French economy, and a major employer, our correspondent says.

One of the biggest advantages that Western carmakers have is their advanced technology, which enables them to compete against cheaper labour costs outside Europe.

The carmaker, alongside its partner Nissan, has invested heavily in electric vehicle technology.

Both plan to launch a number of new electric vehicles over the next two years.


---ルノーの機密漏洩 「経済戦争」-狙われるEVの心臓部---
2011.1.7 21:10
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/110107/biz1101072112031-n1.htm

 ルノー幹部らによる機密漏洩(ろうえい)疑惑の背景には、電気自動車(EV)をめぐる激しい技術開発競争がある。日本メーカーはEVの心臓部である電池などの基幹技術で強みを持ち、ライバル社への情報流出は競争力を阻害する要因になる。今回の問題は、国境を越えた共同開発が進む自動車開発の現場に、情報管理面で大きな教訓を突き付けた。
 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、ルノー会長を兼務する。機密は経営委員会のメンバーからも流出し、「EV分野で世界のリーダーを目指す」(ゴーン社長)とする経営トップの足元をすくいかねない事態だ。ルノーの大株主のフランス政府も、「『経済戦争』という表現が適切だ」と危機感をあらわにした。
 機密の流出先として浮上した中国は、国内の原油依存からの脱却政策を背景に、約1千億元(約1兆2600億円)を投じてEV開発などを支援する構想をぶち上げる。比亜迪汽車(BYDオート)など中国自動車大手は、2015年までに相次いでEV量産を開始する計画だ。
 EV開発で鍵を握るのは動力を生み出す電池技術だ。世界の自動車メーカーやタッグを組む電機メーカーなどは、1回の充電でより長い距離を走行できる高性能電池の開発に巨費を投じている。日産は1992年から高性能電池の開発に取り組み、99年にルノーから日産に乗り込んできたゴーン社長が、経営危機下でも研究を継続させた経緯がある。
 そんな「虎の子」の技術に対し、中国政府は電池などの基幹部品を現地生産しなければEVの現地販売を認めない方針を打ち出し、日本メーカーも、「日本の技術が標的」と神経をとがらせていた矢先だった。
 日産・ルノー連合は両社で2016年までにEVを計8車種投入し、累計200万台以上販売する青写真を描く。ルノーは日産に44・3%、日産もルノーに15%それぞれ出資するなど両社の結びつきは強く、今回の問題で即両社の関係に亀裂が入る可能性は低いが、国境を越えた提携に潜むリスクを浮き彫りにした。


---ルノー産業スパイ、中国に情報流出か---
2011年1月7日10時41分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110107-OYT1T00278.htm

【パリ=林路郎】フランスのメディアが6日伝えたところによると、仏自動車大手ルノー社は、日産自動車と共同開発中の電気自動車に関する技術を社外に漏えいした疑いがあるとして、経営陣1人を含む幹部社員3人を無期限の停職処分とした。
 電気自動車の最新技術をめぐる産業スパイ事件と見られ、ルノー社は法的措置を講じる方向だ。フィガロ紙は、ルノー社および仏当局が中国に流出情報が渡った可能性について調査していると報じた。
 内部告発を受け、同社が約5か月にわたって調査を進めていた。3人のうち1人が電気自動車の電池やモーターの開発にかかわっていたとされ、電池やモーターに関する極秘情報が漏れた可能性がある。
 電気自動車部門で世界的リーダーの地位を目指すルノー・日産両社が電気自動車開発に投じた費用は40億ユーロ(約4400億円)に達するという。ルノー社は今年半ばに、電気自動車2モデルを新たに発売する予定になっている。
 エリック・ベッソン産業担当相は、「経済戦争という表現が今回は当てはまる」と事態の深刻さを強調。産業界に「企業秘密の保護強化を求める」と呼びかけ、ルノー社の株式の約15%を保有する仏政府としても事件への対応に乗り出す方針を表明した。


---仏ルノーでの機密漏えい疑惑、日産の電池などの設計図流出か-関係者---
更新日時: 2011/01/08 11:00 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=ahZQrKrdz5iI

1月7日(ブルームバーグ):フランスの自動車メーカー、ルノーで電気自動車に関する機密漏えいが疑われている問題で、資本・業務提携関係にある日産自動車の電池の設計図に加え、韓国のLG化学と米ベタープレイスの設計図が流出した可能性がある。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。
 同関係者が調査は継続中だとして匿名を条件に語ったところによると、機密漏えいが疑われているルノーの幹部3人は日産とLG化学の電池とベタープレイスが供給する電池管理システムの設計図を入手できる立場にあった。
 日産の広報担当グレゴリー・ネベ氏とベタープレイスの広報担当者はともにコメントを控えた。LG化学に営業時間外に電話をかけたが返答はなかった。ルノーの広報担当キャロライン・ドガゼル氏もコメントを控えている。
 日産は機密漏えいに関してルノーからの追加情報を待っている状況だ。同関係者の1人が明らかにした。


---日産:次世代EV開発へ--ゴーン社長---
毎日新聞 2011年1月1日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110101ddm008020063000c.html

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は31日までに毎日新聞などのインタビューに応じ、成長の柱と期待する電気自動車(EV)について、13年末までに提携する仏ルノー分も含めて計8車種にラインアップを拡大する計画を示した。その上で、現在の主力EV「リーフ」より性能を向上させた次世代EVの開発を検討していることを明らかにした。
 ゴーン社長は次世代EV計画に絡んで「リーフの受注好調に自己満足することなく、(性能の)改善に努めていく」と説明。計画の詳細には触れなかったが、電池の性能向上や車両の軽量化で1回の充電当たりの走行距離を伸ばすことや、国の補助を勘案して298万円程度の現行のリーフに比べて低価格化することなどを検討していると見られる。
 ゴーン社長は10年12月に日米で発売したリーフの反響について「需要は力強いがバッテリーの生産能力が販売台数増に向けたネックになっている」とし、今後は搭載するリチウムイオン電池の生産体制の早期増強が課題になるとの認識を示した。また、12年に日産・ルノー連合のEV世界生産台数を50万台に引き上げて「EV市場で日産がリーダーになる」と改めて強調した。【米川直己】

0 コメント: