2011年2月28日月曜日

米陸軍 心理作戦疑惑

米陸軍が米上院議員へ心理作戦をした疑惑があがった。
 アフガニスタンに駐留する米陸軍中将が、アフガン戦の予算獲得を働き
掛けるために、視察に訪れた米議会の有力上院議員を対象に、軍事作戦で
協力者を獲得する際に用いられる心理戦を実施するよう部下に命じていた
との疑惑が浮上した。
 アフガン治安部隊育成の責任者であるコールドウェル中将が中心となり、
心理戦や情報戦を展開する部隊指揮官のホルムズ中佐に、議員の人物像の
分析に加え、予算獲得で影響力を持つ議員を心理的に操り、軍の主張に
共感させるよう指示したという。

心理作戦対象者
・John McCain  上院議員
・Joe Lieberman 上院議員
・Jack Reed   上院議員
・Al Franken   上院議員
・Carl Levin   上院議員
・Steve Israel  下院歳出委員会
・Mike Mullen  統合参謀本部の海軍大将
・チェコ在アフガニスタン大使
・ドイツ内務大臣
・有力なシンクタンクアナリスト

国防総省の心理作戦の定義では、敵対的な外国のグループだけを対象とし
実行可能。
州法では、軍による米国民への心理作戦を禁止。

米陸軍が予算獲得のために、軍事作戦を展開したと言う話のようだ。
ロビー活動と違うのは、法律違反を犯したかどうかと言うことらしい。

日本では、野中広務や平野貞夫の暴露のように、金や異性による情報操作
の報道があった。
報道番組や情報バラエティ番組を見ていると、政府方針が変わっても追従
するように政府方針を代弁する評論家(?)を見つけることができる。
一部の業界出身者に、この傾向が強い。評論なのか解説なのか区別ができ
ない。その人達は、人当たりが良くて、歴史や海外の情報を引き合いに
誘導する手段をとる。金や異性をもらっていないと潔白を主張する評論家
もいたが、その人達は沈黙を保つ。
日本では、暴露として発覚したが、別の形でCIAや米政府は工作しており、
米陸軍の一つの工作が発覚したに過ぎないと思うだろう。

イランデモ、ジャスミン革命から派生した中東の市民蜂起は、twitterや
facebook、尖閣ビデオ流出はyoutubeが通信手段として使われているが、
twitter、facebookやyoutube等は米軍や国務省の国外への心理作戦に、
使用しているとの報道もある。
米政府は、中東の市民蜂起を誘導して、経済をとったのだろうか、民主
主義をとったのだろうか。ずる賢いから、両方に加え、プラスαはある
と思う。プラスαとはなんだろう。

イラン BBCはMI6メディア
OPERATION IRAN PROXY
ルーピーキング 間違えてサムズアップか
鼻が利かなかったCNN
リビア内戦化へ


Military Targeted U.S. Senators with Psy-ops - Information warfare on Citizens

---有力議員協力狙い心理戦?=軍高官、アフガン予算獲得で-米政府調査---
2011/02 /25-17:26
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011022500753

 【ワシントン時事】アフガニスタンに駐留する米陸軍中将が、アフガン戦の予算獲得を働き掛けるために、視察に訪れた米議会の有力上院議員を対象に、軍事作戦で協力者を獲得する際に用いられる心理戦を実施するよう部下に命じていたとの疑惑が24日、浮上した。米国防総省が調査に乗り出した。
 疑惑は米誌「ローリング・ストーン」が報じた。アフガン治安部隊育成の責任者であるコールドウェル中将が中心となり、心理戦や情報戦を展開する部隊指揮官のホルムズ中佐に、議員の人物像の分析に加え、予算獲得で影響力を持つ議員を心理的に操り、軍の主張に共感させるよう指示したという。


---Report: Military targeted Franken for 'brainwashing'---
By Larry Bivins | Times Washington correspondent | February 26, 2011
http://www.sctimes.com/article/20110226/NEWS01/102250044/1009

WASHINGTON - Sen. Al Franken was among five U.S. senators targeted for brainwashing by military officers in Afghanistan, according to a report in Rolling Stone.

The magazine reported Gen. William Caldwell, a general in charge of training Afghan troops, ordered Lt. Col. Michael Holmes to engage in psychological operations on visiting officials. Holmes said he was reprimanded when he refused.

The purpose was to convince lawmakers of the need for more troops and funding, according to the article.

Franken, D-Minn., said Thursday that he was briefed by Caldwell and others on a trip to Kabul in January, led by Sen. Carl Levin, D-Mich., chairman of the Senate Armed Services Committee.

“While the briefings provided me with a helpful update on what was happening on the ground, I knew that I would have to cross-check their assessment by talking to other military officials, diplomatic officials, outside experts and troops in the field, and I always raise skeptical questions when discussing this topic,” Franken said.

Others reportedly targeted were Levin and Sens. Joseph Lieberman, I-Conn; John McCain, R-Ariz.; Jack Reed, D-R.I.; and Rep. Steve Israel, D-N.Y. The article also named Adm. Mike Mullen, chairman of the Joint Chiefs of Staff, as a target.

Gen. David Petraeus, commander of U.S. forces in Afghanistan, called for an investigation into “the facts and circumstances that were raised in that story,” Pentagon spokesman Marine Col. Dave Lapan said.


---Military Officials Dispute Claim Army Unit Was Directed to Manipulate Senators---
Published February 25, 2011
FoxNews.com
http://www.foxnews.com/politics/2011/02/25/military-officials-dispute-claim-army-unit-directed-manipulate-senators/?test=latestnews

U.S. military officials are pushing back on an article that claimed a top Army commander in Afghanistan directed a specialized unit to manipulate visiting U.S. dignitaries, as Gen. David Petraeus orders an investigation into the allegations.

Both sides are starting to speak out after Rolling Stone reported that the command of Lt. Gen. William Caldwell, who is in charge of training Afghan troops, tried to tap members of the military's "information operations" unit to use their skills on visiting senators and congressmen, among others. The goal, according to the article, was to convince officials to provide more troops and money.

The accuser, Lt. Col. Michael Holmes, stood by his allegations in an interview with Fox News. He said the top brass ordered his unit to gather information in a way that was "over the line," and provided Fox News with documents detailing his concerns. He said he was "badgered" for months to get information on senators and other visitors.

"It was, 'What are these people wanting from us? What is it that we can tell them that will get them to give us more resources, more people, more money ... make them vote our way in Congress' essentially?" Holmes told Fox News. He said he got a written "directive" from Caldwell's office to find out what dignitaries "did for us" and what "we need to do next time in order to make things better."

Petraeus, the lead U.S. commander in Afghanistan, would not comment on the allegations after ordering an investigation. But other military officials either denied the claim or said Holmes had an ax to grind.

"The NATO Training Mission -- Afghanistan categorically denies the assertion that the command used an Information Operations Cell to influence distinguished visitors," said Caldwell spokesman Lt. Col. Shawn Stroud.

Further, another senior U.S. military official who worked in Afghanistan for the training mission told Fox News that Holmes was disgruntled because his original assignment to influence Afghans was no longer needed when Caldwell took up the training command. Holmes apparently thought he was supposed to use "psychological operations" to find the Taliban and "turn them," according to the officer. But that wasn't what Caldwell's command wanted of him.

"The instructions given to him were to do homework on the visitors and provide prep material for the general," one military official said. "By his own statements, that is not the mission he wanted to do and he became disgruntled. Here is an analogy: I am a combat engineer trained to deal with mines and demolition. I like to do that, but for the past few years I am assigned to do staff work which is boring and not what I think I should be doing."

He never had contact with Caldwell, according to aides.

Holmes reportedly spent much of his time on Facebook setting up a strategic communications firm called SyzygyLogos with the woman with whom he was accused of having an improper relationship in Afghanistan, Maj. Laural Levine. Holmes denies that charge.

The U.S. military officer described the Rolling Stone article and subsequent news items as "a blatant twisting of the facts." Now that the commanders are muzzled because Petraeus has ordered an investigation, they are concerned they can't defend themselves.

"This was a guy who contributed little to the command and then is trying to salvage his reputation by making these allegations," the officer said of Holmes.

One aide who was with Caldwell almost continuously for the past year said, "At no point did Holmes ever provide a product to Gen. Caldwell."

The aide described the questions Caldwell asked of visiting dignitaries as innocuous. "What are their interests? Are they interested in the police, in the Army? In the budget? Let's show them what they are interested in," the aide said. "That's what the strategic communications directorate was tasked with."

The official said Caldwell was given 1,200 people to train the Afghan military in January 2010, though his requirement today would have been 7,000 trainers -- so he was understaffed and reportedly reassigned the "information operations" unit led by Holmes to do other things.

Before this, Holmes had been given a lot of freedom to freelance and conduct so called psy ops in downtown Kabul, which was devoid of the Taliban at the time, according to the official.

The assessment of those who worked with Holmes was that he had an inflated sense of self, was difficult and reluctant to perform his duties, and didn't understand what Caldwell was trying to do.

Holmes was asked to depart the theater early because he "added no value," according to one U.S. military officer.

He reportedly was rarely in uniform and spent much of his time setting up the communications firm with Levine for when they returned to the United States.

One senior military officer expressed concern that the facts had been misrepresented with regard to what Holmes was asked to do.

"Allegations become truth. They whip across the Internet. Judgments are made. That's the travesty," the officer said.

Holmes was not trained in psychological operations per se. According to U.S. military officials he never graduated from psy ops training at Fort Bragg, though he was in "information operations" which can include a psychological component. The task he was carrying out in Kabul before being reassigned included bringing music concerts to Afghans to "influence" their impression of the U.S. military.

But Holmes stood by his claims. He told Fox News the military has since retaliated against him by putting out "spurious information."

Responding to accusations by military officials that he had an "ax to grind," Holmes said:

"Do I have an ax to grind? Yeah. But the ax is this. If they can do this to a lieutenant colonel, what are they doing to the sergeants out there? I have a lot of education and training. ... I knew where to go and what the rules were and weren't."

After first broaching his concerns with higher-ups, Holmes became the subject of an investigation, which cited him for, among other things, going off base in civilian clothes and drinking alcohol.

In a "rebuttal" Holmes sent in June 2010, he claimed he was "tried and convicted by a 'Kangaroo Court.'" The memo, obtained by Fox News, suggested the investigation was biased and that the command was angry with him for resisting attempts to "focus my team on illegally providing themes and messages to influence the people and leadership of the United States."

U.S. lawmakers have played down these alleged operations, suggesting they were not influenced to do anything they didn't already want to do.

Fox News' Jennifer Griffin and Justin Fishel contributed to this report.


---US senators faced ‘psy-ops’, report claims---
By Matthew Green in Lahore
Published: February 24 2011 23:26 | Last updated: February 25 2011 01:50

General David Petraeus, commander of US and Nato forces in Afghanistan, has ordered an investigation into a report that the US army illegally used psychological warfare techniques to manipulate visiting senators into boosting funds for the war.

Rolling Stone, a US magazine, reported on Thursday that Lieutenant General William Caldwell, in charge of training Afghan troops, ordered a military cell devoted to what is known as “information operations” to prepare detailed profiles of visiting dignitaries and senators - including their voting records and their “hot-button” issues - over a four-month period in 2010.

Rolling Stone said the “information operations” unit in Kabul was subjected to a campaign of retribution when it resisted the orders on the grounds that they violated laws prohibiting the use of propaganda against American citizens.

“My job in psy-ops is to play with people’s heads, to get the enemy to behave the way we want them to behave,” Lt Colonel Michael Holmes, the leader of the unit, told Rolling Stone. “When you ask me to try to use these skills on senators and congressmen, you’re crossing a line.”

The magazine reported that Lt Col Holmes received a reprimand after resisting the orders.

Gen Stanley McChrystal, the previous commander, was forced to resign in June after Rolling Stone quoted him and his aides making remarks critical of Obama administration officials.

Rolling Stone said a spokesman for Lt Gen Caldwell had issued a statement that “categorically denies the assertion the command used an information operations cell to influence distinguished visitors”.

Hours after the story was published, the Nato-led force in Afghanistan issued a statement saying Gen Petraeus, who took over from Gen McChrystal in July, was ordering an investigation.

“It would be inappropriate to comment any further at this time,” the statement said.

In an indication of the seriousness of the allegations, however, the Pentagon later said that Robert Gates, defence secretary, believed it was “important to determine what the facts are” and supported the decision to launch a probe.

Michael Hastings, the author of Thursday’s article and the Rolling Stone profile that forced Gen McChrystal to resign, said: “The incident offers an indication of just how desperate the US command in Afghanistan is to spin American civilian leaders into supporting an increasingly unpopular war.”

Rolling Stone reported that targeted visitors included senators John McCain, Joe Lieberman, Jack Reed, Al Franken and Carl Levin. Admiral Mike Mullen, chairman of the joint chiefs of staff, was also on the list.

Carl Levin, chairman of the Senate armed services committee, issued a statement denying he had been persuaded to support the military build-up.

“I have never needed any convincing on this point,” he said.

Additional reporting by Daniel Dombey in Washington


---Another Runaway General: Army Deploys Psy-Ops on U.S. Senator---
By Michael Hastings
February 23, 2011 11:55 PM ET
http://www.rollingstone.com/politics/news/another-runaway-general-army-deploys-psy-ops-on-u-s-senators-20110223

The U.S. Army illegally ordered a team of soldiers specializing in "psychological operations" to manipulate visiting American senators into providing more troops and funding for the war, Rolling Stone has learned - and when an officer tried to stop the operation, he was railroaded by military investigators.

The Runaway General: The Rolling Stone Profile of Stanley McChrystal That Changed History

The orders came from the command of Lt. Gen. William Caldwell, a three-star general in charge of training Afghan troops - the linchpin of U.S. strategy in the war. Over a four-month period last year, a military cell devoted to what is known as "information operations" at Camp Eggers in Kabul was repeatedly pressured to target visiting senators and other VIPs who met with Caldwell. When the unit resisted the order, arguing that it violated U.S. laws prohibiting the use of propaganda against American citizens, it was subjected to a campaign of retaliation.

"My job in psy-ops is to play with people’s heads, to get the enemy to behave the way we want them to behave," says Lt. Colonel Michael Holmes, the leader of the IO unit, who received an official reprimand after bucking orders. "I’m prohibited from doing that to our own people. When you ask me to try to use these skills on senators and congressman, you’re crossing a line."

The list of targeted visitors was long, according to interviews with members of the IO team and internal documents obtained by Rolling Stone. Those singled out in the campaign included senators John McCain, Joe Lieberman, Jack Reed, Al Franken and Carl Levin; Rep. Steve Israel of the House Appropriations Committee; Adm. Mike Mullen of the Joint Chiefs of Staff; the Czech ambassador to Afghanistan; the German interior minister, and a host of influential think-tank analysts.

The incident offers an indication of just how desperate the U.S. command in Afghanistan is to spin American civilian leaders into supporting an increasingly unpopular war. According to the Defense Department’s own definition, psy-ops - the use of propaganda and psychological tactics to influence emotions and behaviors - are supposed to be used exclusively on "hostile foreign groups." Federal law forbids the military from practicing psy-ops on Americans, and each defense authorization bill comes with a "propaganda rider" that also prohibits such manipulation. "Everyone in the psy-ops, intel, and IO community knows you’re not supposed to target Americans," says a veteran member of another psy-ops team who has run operations in Iraq and Afghanistan. "It’s what you learn on day one."

King David's War: How Gen. Petraeus Is Doubling Down on a Failed Strategy

When Holmes and his four-man team arrived in Afghanistan in November 2009, their mission was to assess the effects of U.S. propaganda on the Taliban and the local Afghan population. But the following month, Holmes began receiving orders from Caldwell’s staff to direct his expertise on a new target: visiting Americans. At first, the orders were administered verbally. According to Holmes, who attended at least a dozen meetings with Caldwell to discuss the operation, the general wanted the IO unit to do the kind of seemingly innocuous work usually delegated to the two dozen members of his public affairs staff: compiling detailed profiles of the VIPs, including their voting records, their likes and dislikes, and their "hot-button issues." In one email to Holmes, Caldwell’s staff also wanted to know how to shape the general’s presentations to the visiting dignitaries, and how best to "refine our messaging."

Congressional delegations - known in military jargon as CODELs - are no strangers to spin. U.S. lawmakers routinely take trips to the frontlines in Iraq and Afghanistan, where they receive carefully orchestrated briefings and visit local markets before posing for souvenir photos in helmets and flak jackets. Informally, the trips are a way for generals to lobby congressmen and provide first-hand updates on the war. But what Caldwell was looking for was more than the usual background briefings on senators. According to Holmes, the general wanted the IO team to provide a "deeper analysis of pressure points we could use to leverage the delegation for more funds." The general’s chief of staff also asked Holmes how Caldwell could secretly manipulate the U.S. lawmakers without their knowledge. "How do we get these guys to give us more people?" he demanded. "What do I have to plant inside their heads?"

2011年2月27日日曜日

印 ソースコード開示撤回へ

印政府は、ソースコード開示を撤回するようだ。
 印政府が、国内外の通信設備メーカーに対し、ソフトウエアの機密情報
「ソースコード」の提出を義務づけた規制を撤回する方針を固めたことが
分かった。

印大手企業の得意先である日米欧から規制に対して圧力がかかり、政府へ
反発した可能性もある。
印のソフトウェア技術者は優秀な人が多いと聞く。派遣や受注で経験を
積めば、最先端でなくても、二番手、三番手として製品開発が可能となり、
中国式に合弁企業しか起業できないとした方が規制の幅は広がる。
二番手、三番手程度の技術レベルがあれば、ソースコード開示規制をしな
くても仕様を理解できるから、印はそのレベルまで達したのだろう。
中国製交換機の報道が正しければ、情報保全ができないが大丈夫なのだ
ろうか。

印 ソースコード開示義務付けへ


---インド、ソフト機密情報の提出義務撤回へ---
2011年2月25日12時14分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110225-OYT1T00379.htm

 【バンコク=永田毅】インド政府が、国内外の通信設備メーカーに対し、ソフトウエアの機密情報「ソースコード」の提出を義務づけた規制を撤回する方針を固めたことが25日分かった。
 複数のインド紙が伝えた。ソースコードは、コンピューター用言語で書かれたソフトウエアの詳細な設計図で、内容が漏れると製品開発の成果を他社に使われてしまう恐れがある。日米欧の通信業界はインドの規制に対して強く反発していた。
 インド政府は安全保障を理由にソースコードの提出を義務づける規制を導入したが、各国の反発に配慮して撤回に追い込まれたとみられる。ソースコードの開示を巡っては、中国が昨年に政府が調達する情報技術(IT)製品を対象に導入した。ブラジルも同様の規制を導入する方針だ。

2011年2月26日土曜日

AED作動せず搬送患者死亡

AEDが作動せず搬送患者が死亡した。
 滋賀県の湖北地域消防本部は、救急隊員が心肺停止になった同県長浜市
の男性を救急車で搬送する際、搭載した半自動のAEDが正常に作動しなかった
と発表した。
 同本部によると、男性は病院で死亡が確認された。「機器の不具合と
死亡との因果関係は不明」としている。

日本光電工業 TEC-2503
・トランジスタがショートしてヒューズが溶けたのが原因
・全国で約20台、TEC-2513は約1000台配備

消防本部
・前日点検では異常なし
・通報で駆けつけ電源を入れたが、直後に落ちて作動しなくなった。
・大阪市消防局で、機器の故障で電気ショックが作動しない事例があった。
 患者は死亡。同社の製品だった。

以前リコールになったのは、TEC-2313だった。
助かる命をみすみす逃しているのだから、リコールの方が良いと思う。
二種目の不具合となると製品の信頼が揺らぐ。

追記
結局、自主回収となった。温度が0度で部品が短絡するらしい。
現在の電子部品は民生レベルでも問題無いことが多い。
製品開発時の品質試験をしない会社なのか。

AED不具合

---除細動器を自主改修 日本光電、電源入らない恐れ---
2011年2月24日19時37分
http://www.asahi.com/national/update/0224/TKY201102240425.html

 医療機器製造販売業の日本光電(東京都新宿区)は24日、同社が販売した「半自動除細動器」に不具合が起きる恐れがあるとして、自主改修すると発表した。この機種は、滋賀県で12日に心肺停止状態の男性(69)に使おうとした際、電源が入らないトラブルがあった。男性は死亡したが、同社は因果関係は不明という。
 同社によると、対象は「TEC―2503」と「TEC―2513」の2機種。2008年6月以降、消防本部など全国の516施設に1192台が納入された。滋賀県でのトラブル原因を調査した結果、機器内の温度が零下の状態になると、電子部品の端子がショートする恐れがあるという。同社は納入先に出向き、部品を交換する


---救急車のAED作動せず 滋賀、患者は死亡---
2011年2月18日 21時38分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011021801000764.html

 滋賀県の湖北地域消防本部は18日、救急隊員が心肺停止になった同県長浜市の男性(69)を救急車で搬送する際、搭載した半自動の自動体外式除細動器(AED)が正常に作動しなかったと発表した。
 同本部によると、男性は病院で死亡が確認された。「機器の不具合と死亡との因果関係は不明」としている。
 不具合が起きたのは医療機器製造販売会社「日本光電工業」(東京)が製造している「TEC-2503」。同社は「トランジスタがショートしてヒューズが溶けたのが原因」と説明した。
 同社によると、この機種は全国で約20台、プリンター内蔵型の「TEC-2513」は約千台配備されている。
 今月12日朝、家族の通報で駆けつけた救急隊員が電源を入れたが、直後に落ちて作動しなくなった。11日の点検で異常はなかった。
 大阪市消防局で2010年4月、機器の故障で電気ショックが作動しない事例があった。患者は死亡。このケースも同社の製品だった。
 同社は「今回も大阪の例も救急救命士向けの専門機種。不具合が続いて申し訳ない。2503と2513について、来週にもユーザーと連絡を取り点検を進める」としている。(共同)


---除細動器作動せず、救急搬送の男性死亡 滋賀・長浜---
2011年2月18日22時38分
http://www.asahi.com/national/update/0218/OSK201102180173.html

 滋賀県長浜市の湖北地域消防本部は、救急搬送の際に心肺停止状態になった同市内の男性(69)に対し、心臓に電気ショックを与えて正常な動きに戻す機器を使おうとしたところ、作動しなかったと18日、発表した。男性は搬送先の病院で死亡したが、因果関係は不明という。
 同本部によると、作動しなかったのは、日本光電工業(東京)が販売している医療従事者向けの「半自動除細動器」で、機種名は「TEC―2503」。全国の医療機関や消防機関に同タイプの1060台が納入されているという。
 12日朝、家族の要請で自宅から搬送しようとした男性が心肺停止状態になったため、救急車に備え付けられた半自動除細動器のスイッチを入れたところ、電源が切れて動かなくなった。男性は救急隊員の心臓マッサージを受けながら救急車で長浜市内の病院に運ばれたが、約1時間後に、急性心筋梗塞(こうそく)で死亡した。
 市によると、消防署は毎朝、機器の点検をしており、前日朝は異常なかったという。
 日本光電工業が同消防本部から送られた機器を調べたところ、電子部品(トランジスタ)の端子がショートしてヒューズが溶断していたという。トランジスタの不具合は今年1月にも1件確認されているという。同社で原因を調べている。
 総務省消防庁によると、救急現場で除細動器が作動せずに患者が死亡したケースはきわめてまれだという。
 滋賀県は18日、県内の8消防本部に対し、救急車などに備え付けられた除細動器が正常に機能するか、改めて点検するよう通知した。

2011年2月25日金曜日

リビア内戦化へ

リビアが内戦化しそうだ。
 リビアの反体制派は、北東部に続き西部の制圧を進めた。首都トリポリ
に向け進撃を検討しており、最高指導者カダフィ大佐は首都での決戦を
迫られつつある。同日にはトリポリでさらなる反政府デモが呼び掛けられ
ており、政権側の武力鎮圧による死傷者の増加が懸念される。

ジャスミン革命を発端に中東と北アフリカの市民革命(?)が続く。
当初は、食糧の高騰が直接の起因と言われ、一部の評論家は、リビアは
比較的裕福だから、革命は起きないと言っていたが違った。
革命が成功したいくつかの国は、人口分布が多い世代が、ネットを使った
コミュニケーションにより、秘密裏にデモができたと言う。

亡命先が見つからない(?)カダフィは、現状維持のため弾圧と空爆を命令。
自国の軍隊とは別に、アフリカの傭兵を雇い、強制執行。
市民対傭兵。昔の市内戦のゲリラ対正規軍と言う形なのだろうか。
カダフィの資金が豊富だと内戦化する可能性が高い。

アフリカの傭兵は、欧米が訓練した新兵が、いくつかの経験を経た後、
教官として訓練した兵士かもしれない。

市民蜂起をした国の多くは、独裁主義で、欧米から支援を受けていた。
市民は、これにも反発したようだ。これらの国はイスラム教徒が多い。
やっぱり、エルサレム起源の宗教対立をしているようにしか見えない。

血の中傷と銃規制
Egyptian Army attacked Lara Logan


Libya - Fighter Jets Ordered To Fire On Protesters - Air Force Commanders Defect !!!


Libyan Pilots Ordered To Bomb Protesters! So They Defected To Malta


Al Jazeera English: More Libyan Cities Fall To The Opposition


Libya - 22 Feb 2011, Gaddafi Gives 15-second "speech" on State TV, 22/02/2011


Mercenaries from Africa in Libya


Obama Says All Options Are on Table for Libya Response PBS News Hour


Setback to Gaddafi's African dream Al Jazeera


---リビア「首都決戦」迫る 反体制派、西部制圧進める---
2011年2月24日 17時25分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011022401000449.html?ref=rank

 【カイロ共同】リビアの反体制派は24日までに、北東部に続き西部の制圧を進めた。首都トリポリに向け進撃を検討しており、最高指導者カダフィ大佐は首都での決戦を迫られつつある。同日にはトリポリでさらなる反政府デモが呼び掛けられており、政権側の武力鎮圧による死傷者の増加が懸念される。AP通信などが伝えた。
 APによると、トリポリから西約50キロの地中海沿岸ザウィヤの建物で、反体制派が1969年の無血クーデター以前の王制の旗を振る姿がインターネット上で流れた。ザウィヤは近くに製油所や原油の積み出し港もある要衝。
 さらにチュニジア国境から東約50キロのズワラでは、デモ隊とカダフィ政権から離反した軍が共闘したため警察が逃亡。北東部ベンガジや首都から東約200キロのミスラタも反体制派が制圧しており、カダフィ政権は窮地に追い込まれている。
 ロイター通信によると、大佐の後継者の有力候補、次男セイフイスラム氏は23日に国営テレビで「学校も空港も開いており、日常生活は正常だ」と演説、問題は東部地域にあるとした上で「リビア人は、この戦いを克服しないといけない」と述べた。


---カダフィ氏の娘、脱出図る? マルタ 空港着陸拒否---
2011年2月24日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011022402000195.html?ref=rank

 【カイロ=内田康】リビアで続く大規模な反政府デモによる騒乱で、リビア機が二十三日、地中海の島国マルタの国際空港に着陸許可を求め、航空当局に拒否されたことが分かった。中東の衛星放送アルジャジーラは、リビア機には最高指導者カダフィ大佐の娘が乗っていたとみられると伝えた。
 反政府勢力は二十三日までに、ベンガジなど東部一帯のほか、西部にある第三の都市ミスラタも掌握した。反政府派による包囲網が狭まってきたカダフィ大佐が家族の脱出を図った可能性がある。
 マルタへの着陸許可を求めたリビア機は、事前にマルタ側に飛行計画を知らせていなかった。二十分間、マルタ上空を旋回したが、リビアに引き返した。
 政権側は依然として、首都トリポリとその周辺を勢力下に置いている。AFP通信によると、トリポリでは二十三日、カダフィ大佐を支持する数十人がデモ行進を行った。国営の携帯電話会社はメールで「神は指導者(カダフィ大佐)と人々に勝利を与える」とのメッセージを発信した。
 中東の衛星放送アルアラビーヤは、大佐の家族が率いる私兵部隊が、リビア国内の石油施設を破壊していると伝えたが、状況の詳細は分かっていない。
 赤十字国際委員会は治安状況が改善され次第、騒乱による負傷者の治療のため、医療チームを派遣する方針を決めた。


---リビア危機打開へ制裁検討 原油価格注視と米政府---
2011年2月24日 09時56分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011022401000152.html

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は23日、リビア政府によるデモ隊の武力弾圧について「常軌を逸しており容認できない」と非難し、危機打開に向け「あらゆる選択肢」を準備していると表明した。クローリー国務次官補(広報担当)は、米単独か、国連などと協力した制裁を検討していると述べた。
 リビア情勢の悪化後、オバマ氏による発言は初めて。28日にクリントン国務長官をスイス・ジュネーブで開かれる国連人権理事会の会合に派遣することも発表、国際社会と協調して対リビア圧力を強める姿勢を鮮明にした。
 ただ徹底弾圧を宣言し退陣を拒む最高指導者カダフィ大佐に対し、どの程度の影響力を行使できるかは不透明だ。
 リビア情勢を受けて高騰する原油価格について、カーニー大統領報道官は「注意深く見守っている」と述べた。
 リビア国内には外交官を含め多数の米国人が残っており、オバマ氏は米国人の安全確保を最優先すると強調。国務省によると、救出用の575人乗りのフェリーがトリポリに着いているが「悪天候のため」出港できない状況。航空機派遣も急いでいるが、リビア側が着陸許可を出していないという。


---リビア:「東西二分」伊外相が認識---
毎日新聞 2011年2月23日 23時28分(最終更新 2月24日 1時04分)
http://mainichi.jp/select/world/mideast/news/20110224k0000m030114000c.html

 【カイロ伊藤智永、ローマ藤原章生】反政府デモに揺れるリビア情勢について同国の旧宗主国イタリアのフラティニ外相は23日、「キレナイカ地方(東部地方)は既に政府の統治下にないと理解している」と指摘し、リビア国内が東部と、最高指導者カダフィ大佐が統制を強める首都トリポリなど西部に「二分」したとの認識を示した。サルコジ仏大統領が経済制裁の必要性に言及するなど、長期独裁に抗する包囲網は国内外で一層狭まってきた。
 フラティニ外相は一連の騒乱の推計死者が最大1000人に上ると述べた。「死者数に関する完全な情報はない」としながらも、「推計は確かなようだ」と述べた。
 サルコジ大統領は23日、「リビアとの経済関係を停止すべきだ」と経済制裁が必要との考えを示し、ケリー米上院議員も経済制裁に言及。南米ペルーはリビアが国民への暴力を停止しない限り、外交関係を凍結すると発表した。一方、地域機構のアラブ連盟は、リビアの対応を「人権侵害」と非難し、沈静化するまでリビアの連盟会合への出席を認めない方針を決めた。国連人権理事会は25日にリビア情勢に関する特別会合を開く。
 さらにAFP通信などによると、リビアの駐インドネシア大使が抗議の辞任をしたほか、カダフィ大佐の次男セイフ・アルイスラム氏の側近も職を退いた。また、東部の主要都市ベンガジの攻撃を命じられていたリビア艦艇2隻が命令を拒否し、地中海のマルタに到着したという。
 中東の衛星テレビ・アルアラビーヤなどによると、トリポリでは23日、カダフィ支持派が市街地に通じる幹線道路の入り口などを押さえ、反政府勢力の流入を妨害して「首都死守」に乗り出したという。支持派約150人がトリポリ中心部の緑の広場に集まり、現体制支持を表明したが、反政府デモは起きていない模様だ。
 他の中東地域でも激しい反政府デモは続き、ペルシャ湾岸の島国バーレーンは23日、反政府勢力の要求に応じ政治犯を釈放し始めた。イエメンでは23日、首都サヌアで反政府勢力とサレハ大統領の支持派が衝突し、反政府側の2人が死亡した。
 周辺国でデモが激化しているサウジアラビアは23日、インフレや若者の失業対策などとして、住宅や教育、社会保障関連の予算増額を発表した。また、昨年11月に米国で椎間板(ついかんばん)ヘルニアなどの手術を受けた後、モロッコで療養していたアブドラ国王が帰国の途に就いた。国民の不満を抑える狙いがあるとみられる。


---リビア:アフリカ人雇い兵が市民殺りく カダフィ政権投入---
毎日新聞 2011年2月23日 20時52分(最終更新 2月24日 2時09分)
http://mainichi.jp/select/world/mideast/news/20110224k0000m030076000c.html

 【カイロ伊藤智永、イムサード(リビア北東部)和田浩明】事実上の内戦状態との見方もあるリビアでは、カダフィ政権が雇ったとみられるアフリカ諸国の外国兵が、東部の町で市民を容赦なく殺害、襲撃したとの証言が相次いでいる。独裁政権の冷酷な仕打ちが、市民の怒りを増幅した上、国軍の離反も招いたようだ。
 「これがアフリカ人雇い兵だ」。国境の町イムサードで出会った若者は、携帯電話で撮影した動画を見せてくれた。頭から血を流し、地面に横たわって動かない黒人に見える男が映っている。
 国境警備隊員だというアティヤさん(30)は「やつらは子供や老人まで殺し、女性を暴行した。許せない」と怒りをあらわにした。
 インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」や会員制交流サイト「フェイスブック」にも、アフリカ人雇い兵が捕らえられた様子やこうした雇い兵とみられる死体が複数流されている。全容や実態は不明だが、カダフィ政権が東部の反政府デモを弾圧した初期段階で雇い兵を使ったのは事実とみられる。
 毎日新聞が電話取材した東部のベンガジ、アルベイダ、シャハトの住民たちによると、こうした証言が出てきたのは、デモ開始3日目の17日ごろ。白昼、建物の屋上から、「ピースフル」と唱和しながらデモをしていた市民が次々に銃撃された。住民らが追い詰めた結果、治安部隊にアフリカ兵が交じっていることが判明。リビア軍の戦闘服を着て、カダフィ氏のシンボルカラーである緑のスカーフを首に巻き、ライフルや機関銃を持っていることが多かったという。
 住民の尋問に答えた国籍は、ニジェール、モーリタニア、ギニア、ジンバブエ、ガーナ、ソマリアなどさまざまで、モーリタニアの民間軍事会社のカードを所持していた雇い兵もいた。「日当2000~3000ドル(約16万~24万円)と白状した」との情報もある。中東の衛星テレビ局アルジャジーラは「現在も軍事会社が募集中」と報じた。
 これとは別に、私服でそろいの黄色い帽子をかぶり、デモ隊に周囲から投石する一群もいた。デモ隊が立ち向かうと、拳銃を発射して逃げたという。
 ベンガジの男性住民によると、同市では19日、黄色い帽子の男たち10人を住民が捕らえた。尋問に対し、いずれもモーリタニアとチャドから来た「カダフィ氏の七男ハミス氏の民兵」で、デモをかく乱するために、日当3000ドルで南部から市内に入ったと告白したという。2人は住民に殺害され、8人は住民側に付いたリビア軍に突き出された。
 20日ごろから、東部の国軍が住民側に合流しだした動機の一つは、こうした外国の雇い兵や私兵の投入に嫌気が差したのも影響しているようだ。
 カダフィ氏は、国家を超えてアラブ民族が結束する「汎(はん)アラブ主義」を目指していたが、冷戦後、湾岸地域に親米国家が増えるにつれ、外交の軸足を「汎アフリカ主義」へ移してきた。
 石油から得た豊富な資金を元に、西アフリカ諸国に対して積極的な経済援助を展開。02年のアフリカ連合(AU)創設で主導的な役割を果たし、09年には議長も務め、「アフリカの王」を自称する影響力を拡大してきた。
 独裁者は、自ら築いた体制の危機に、カネにモノを言わせた外国人頼みの本性を露呈し、かえって国民の反感を買ってしまったようだ。


---米国:リビアに具体的行動を オバマ政権に世論の圧力---
毎日新聞 2011年2月23日 20時22分
http://mainichi.jp/select/world/mideast/news/20110224k0000m030059000c.html

 【ワシントン草野和彦】米上院外交委員長で与党・民主党の重鎮、ケリー議員は22日の声明で、反政府デモ隊への無差別弾圧を続けるリビアのカダフィ政権に経済制裁を科すよう、オバマ政権に求めた。暴力を非難するだけにとどまる現在の対応に関し野党・共和党やメディアなどは、こぞって具体的行動の必要性を訴えており、オバマ政権は国内世論の圧力にさらされている。
 ブッシュ前政権は04年、リビアの核兵器開発放棄などを理由に同国への経済制裁を解除。だがケリー議員は声明で、リビア政府の暴力が「卑劣さを超えている」とし、米国を含む国際的な石油会社のリビアでの操業停止や、米独自の経済制裁の再導入を含む「具体的措置」を求めた。
 下院外交委員長のロスレーティネン議員(共和)も同日出した声明で、経済制裁だけでなく、リビアを国連人権委員会から除名することも訴えた。
 またワシントン・ポスト紙は、米国がまず取るべき行動は「リビアの政権交代を公に求めること」とし、保守系ウォールストリート・ジャーナル紙は「リビア軍による国民の殺りくが続けば、西側諸国はリビアの飛行場を空爆するだろう」と警告。外交問題評議会のエリオット・アブラムス氏は「(制裁などを)議論すること自体が、米国がどれだけ暴力を懸念しているかを示す」として、積極対応の必要性を訴える。
 一方、クリントン国務長官は22日、リビアでの暴力を改めて非難しながらも、在リビアの米国人の安全確保が「最優先」と指摘。情報が乏しいリビアの状況が今後明らかになれば「適切な措置を取る」と述べたが、具体的な言及は避けた。
 対エジプトやバーレーンと異なり、軍事・経済関係が薄いリビアに対し、米国が影響力を行使する余地は少ない。中立性を保ったエジプト国軍のように、リビアにはカダフィ体制に代わる安定化の「受け皿」がないことも、オバマ政権は懸念しているとみられる。
 さらにオバマ大統領は民主主義の普遍性を唱えながらも、09年の「カイロ演説」で、イスラム・アラブ社会の反発を招いた前政権の「民主化押しつけ」との決別を宣言。一連の「民主化ドミノ」の中でも、政権交代などは各国民の判断としているが、リビアはこうした「中立性」を貫けるかの試金石といえる。


---カダフィ大佐が退陣拒絶 リビア、弾圧死者800人か---
2011年2月23日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011022302000045.html

 【マナマ(バーレーン)=有賀信彦】反政府デモの続くリビアの最高指導者カダフィ大佐は二十二日、国営テレビを通じて演説し、「私は革命のリーダーであり辞職しない」と述べ、前日深夜のテレビ発言に続き退陣要求を拒絶した。一方で中東の衛星テレビ、アルアラビーヤは、カダフィ氏が四十一年間続いた独裁体制を見直し、地方への権限移譲など大胆な改革案を示す見通しだと伝えた。しかし、デモ隊は同氏の退陣を求めており、抗議活動が収束に向かう可能性は極めて低い。 
 カダフィ氏は続けて「私はベドウィン(遊牧民)であり輝かしい成果をリビアにもたらした」と自らの実績を強調。公式発表ではないがアルアラビーヤは二十二日、リビア全土での反政府デモ鎮圧でこれまでに計約八百人が死亡したと報じた。二十一日は首都トリポリでの衝突が激化し、政権側は市街地を空爆した。治安部隊側は無差別攻撃にためらいのない外国人部隊を増強。トリポリ空港に同日、武装した部隊が到着した。さらに強硬な武力弾圧が行われる恐れがある。
 一方、リビアの駐インド大使を辞任したエサウィ氏によると、軍の部隊が反政府デモ側に加わる動きも出ている。同氏はロイター通信に二十二日、「軍の一部が外国人によるリビア人殺害を見るに堪えず、政権に離反して反体制派に合流している」と述べた。
 在外外交官の間には「抗議の辞任」が相次ぐ。ロイター通信によると、リビアの駐米大使アウジャリ氏は二十二日、「カダフィ大佐の退陣を求める」と述べ、辞職の意向を明らかにした。アルアラビーヤによると、駐仏大使も同日辞職した。


---「デモ隊はネズミ」 カダフィ大佐、強気と焦り---
2011年2月23日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011022302000188.html

 【カイロ=弓削雅人】「このネズミども」-リビアの最高指導者カダフィ大佐は国営テレビを通じた二十二日の演説で、反政府デモ隊をこう決めつけた。
 演説は、首都トリポリ中心部「緑の広場」近くの屋外で行われた。薄茶色の衣装に身を包んだ大佐は、右のこぶしで何度も演台をたたきながら、いつも通りの独演を続けた。
 同氏は「まだ真の武力を使っていない」と厳しい弾圧を示唆。
 さらに「米国は国内で黒人を排除し、イラクでイスラム主義者を排除するため破壊を繰り返した」と、自らの行為を正当化した。
 また「デモ隊は政治のことを知らない中学生集団だ」とすごんだ後、眼鏡を外してカメラをにらみ「ここは私の祖先の土地。去るつもりはない」とたたみかけた。
 ただ、強気な言葉とは裏腹に、自らの政権が危機にひんした怒りと焦りからくる神経質な表情は隠せなかった。
 一時間十五分におよんだ退陣拒否演説の締めくくりは再び演台をたたきながら「革命、革命」の連呼。独裁体制に終止符を求めるデモ隊に対して、自らの政治こそ「革命」と言い放った。


---「デモ隊 根こそぎ掃討」 カダフィ大佐演説---
2011年2月23日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011022302000189.html

 【カイロ支局】反政府デモが続くリビアの最高指導者カダフィ大佐は二十二日の国営テレビを通じた演説で「デモ参加者には死を。根こそぎ掃討する」と述べ、徹底弾圧を続ける姿勢を示した。一方、デモ隊対策の要である公安相が同日、政権離脱を表明するなど閣僚や外交官の離反は日ごとに増えており、カダフィ政権は孤立し、末期的な様相を呈している。 
 演説でカダフィ氏は「最後の血の一滴まで戦う。(中国の)天安門事件のようにデモ隊をたたきつぶす」と徹底抗戦の構えを強調。「あえてこの地にとどまり、殉教者として死ぬつもりだ」とも述べた。
 独裁体制への包囲網は狭まっており、中東の衛星放送アルジャジーラによると、オベイディ公安書記(相)が二十二日、辞任を表明した上で、反政府運動の支持に回り、デモ隊に合流するよう呼び掛けた。閣僚の辞任は二人目。また、駐仏大使は辞職し、駐米大使は辞職の意向を明らかにした。


---リビア国連大使と次席、カダフィ氏巡り意見対立 安保理---
2011年2月23日14時42分
http://www.asahi.com/international/update/0223/TKY201102230183.html

 【ニューヨーク=丹内敦子】国連安全保障理事会が22日に開いたリビア情勢に関する緊急会合の水面下で、最高指導者カダフィ大佐について「私は今も彼と共にある」と一定の忠誠心を保つシャルガム国連大使と、カダフィ氏の辞任を要求するダバシ次席大使との間で、せめぎ合いが繰り広げられた模様だ。
 この日の会合はダバシ氏が書簡を出して要請。ニューヨーク・タイムズ紙などによると、ダバシ氏は会合の前、カダフィ氏らが外国人傭兵(ようへい)やヘリなどを用いてデモ隊を鎮圧したのは「大量虐殺」に当たるとし、カダフィ氏に辞任を要求。安保理には自分がリビア代表として出席する考えを示していた。
 ところが、午前中に開かれた会合にはシャルガム氏も登場。国連外交筋によると、どちらがリビアを代表して説明をするかで折り合わず、午後に改めて開くことに。結局は両者が出席し、シャルガム氏が説明をした。外交筋によると、シャルガム氏は政府を擁護する一方で、改革の必要性も認めたという。
 ダバシ氏は報道声明について「強い内容ではないが、今のリビアにはどんなメッセージでも重要」とし、シャルガム氏との仲については「良い関係だ」とだけ述べた。


---安保理:リビア非難声明…「深刻な憂慮」---
毎日新聞 2011年2月23日 13時05分(最終更新 2月23日 13時19分)
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20110223k0000e030052000c.html

 【ニューヨーク山科武司】国連安全保障理事会は22日、緊急会合を開き、流血の事態を招いたリビア情勢に関し、国民への武力行使を非難する報道向け声明を採択した。
 声明は「事態に深刻な憂慮」を示し、リビア政府に対し、市民の生命を守る責任を果たすよう求めた。
 同時に、リビア政府に対して表現の自由の尊重なども強く求めた。
 この日の会合は、リビア代表部のダバシ次席大使が前日「国民が虐殺されている」などと訴え、最高権力者カダフィ大佐による国民への攻撃を中止させるよう安保理に要請したことを受けたもの。リビア上空での飛行禁止区域設定、雇い兵や武器のリビア入りの停止などを求めていた。
 だが、22日に国連に姿を見せたカダフィ大佐に近いシャルガム首席大使は「空爆は行われていない。流血の事態は非難されるべきだが、責任は政権全体が負う」と述べ、カダフィ大佐を名指しで非難することに難色を示していた。


---反体制デモ、リビア首都に波及 カダフィ体制、存続の危機---
2011年2月21日 12時50分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011022101000037.html

 【カイロ共同】リビアの首都トリポリ中心部の「緑の広場」などで20日夜~21日未明、数千人が反体制デモに参加し、治安部隊は催涙弾などで弾圧した。周囲には激しい銃声が響き、ホテル従業員は「街全体が騒乱状態にある」と話した。ロイター通信などが伝えた。アラブ諸国に広がった民主化要求の波は、中東最長の41年にわたる独裁が続く同国の首都に到達、カダフィ体制は存続の危機を迎えた。
 カダフィ氏の次男セイフイスラム氏は21日未明、国営テレビで演説し、リビアが内戦の危機にあると警告し、デモ終結を呼び掛けた上、近く憲法制定を含む政治改革を実施することを約束。一方で「リビア軍はチュニジアやエジプト軍とは違う」と、軍の武力行使によるデモ弾圧を警告した。「最後の一人」になるまで戦うとも述べ、カダフィ氏は最後まで屈しない姿勢だと強調した。
 治安部隊のデモ弾圧が激化していた第2の都市ベンガジの弁護士らは20日、ロイターの電話取材に、現地の複数の軍兵士が任務を放棄し「民衆の反乱に合流したとわれわれに話している」と言明。デモ隊は中東の衛星テレビ局アルジャジーラに「街は市民の支配下にある」と述べ、治安を掌握したと主張した。
 20日のベンガジでのデモ弾圧で、病院当局者は少なくとも50人が死亡、約200人が負傷したと語った。


---クローズアップ2011:中東・北アフリカ蜂起 「民主化」異なる国情---
毎日新聞 2011年2月19日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20110219ddm003030105000c.html

◇似て非なる東欧革命
 強権・独裁体制に反発する激しいデモが続く中東・北アフリカ諸国。チュニジアやエジプトでの民衆蜂起による独裁体制打倒に触発され、抑圧からの解放を求める点は共通するが、発生理由や社会状況などは国によってさまざまだ。そのため、共産政権を倒した東欧革命(89年)のような民主化ドミノ実現については否定的要因も多い。国情を示すキーワードを軸に、イラン、リビア、バーレーン、イエメンの現状と見通しを探った。【カイロ和田浩明、鵜塚健】

◆イラン
◇政治抗争の側面、拡大可能性低く
 イランの反体制デモは、国内の保守派と改革派による政治抗争という側面が強いのが特徴だ。今月14日にテヘランで発生した大規模デモを巡っても、保守派国会議員からは、デモを主導した改革派のムサビ元首相やカルビ元国会議長らの訴追を求める声が相次ぎ、政治的対立を象徴した。
 イランでは09年6月の大統領選挙で、若者たちが保守派のアフマディネジャド大統領の当選に疑念を持って大規模デモを展開。このとき、選挙で敗北したムサビ、カルビ両氏が運動の象徴となった。デモは結局、治安当局によって弾圧されたが、その後も不満はくすぶり続け今回、エジプト政変に触発される形で、再び爆発した。
 デモ参加者の中核は、中間所得者層以上の若者だ。イランでは、言論の自由が制限され、抑圧的な体制への不満は強いが、他の中東諸国に比べれば生活水準は低くない。相次ぐ経済制裁で経済は衰退傾向だが、政府によるばらまき政策により、貧困層や地方での大統領支持は今も根強い。
 また、市民には、当局の徹底弾圧への恐怖心も強く、デモへの共感がエジプトのように幅広い層に拡大する可能性は低い。「市民対政権」の構図は、政界内の権力抗争にすり替えられ、問題が見えにくくなっているのが現状だ。

◆リビア
◇独裁体制盤石、強硬な取り締まり
 リビアでは最高指導者カダフィ大佐が69年のクーデターで実権を掌握して以来、41年間にわたり強権支配を続けている。指導原理を説く「緑の書」は議会や政党などを「欺まん」と否定し、「人民会議」による直接民主制の実現をうたっているが、実態はカダフィ氏の独裁体制だ。住民は個人崇拝を強要する政権に強い不満を持っている。
 カダフィ支持派の国民は「父や兄のよう」(トリポリ市民)と語る。しかし、表現の自由は厳しく制限され「自分の意見を公に言うのは自殺行為」(20代男性)だ。しかも、カダフィ氏の後継者と目されるのは2人の息子で、「権力世襲」が行われると考える専門家が多い。
 特に同国東部は、政権から差別的扱いを受けてきたとされ、反体制デモも東部を中心に広がっている。長年蓄積した国民の不満が爆発したものだ。だが、当局側は当初から実弾を使用した強硬な取り締まりを行っている模様で、エジプトのように民衆蜂起で独裁者打倒が成功するかは不透明だ。国際メディアが締め出されているため、民意に押されて国際社会が強い圧力をかける状況も生まれにくい。
 リビアは03年以降、核開発計画を放棄し、豊富な原油資源やテロ関連情報の提供をテコに欧米との関係を改善している。これが反体制勢力には逆風となっている。

◆バーレーン
◇「優等生」宗派対立で不安定化
 「国が危機的な宗派間対立に陥る瀬戸際だった」。バーレーンのハリド外相は17日夜、首都マナマでデモ隊を強制排除した理由をこう語った。
 バーレーンはシーア派が多数派だ。しかし、ハマド国王を頂点とするスンニ派が長く権力を握り続け、人口の約6割を占めるシーア派住民は強い被抑圧感を抱いてきた。このため、シーア派住民による政権への不満は常に社会の不安定要素となってきた。94年から98年にかけては、シーア派住民による民主化要求デモが続き、政府は武力で弾圧した。欧米は基本的に現政権を支持しており、当時のデモ弾圧についても冷淡だった。
 その後、バーレーンは段階的に民主化の道を歩んできた。湾岸諸国では民主化の「優等生」とされた同国では、昨年10月の国民議会(定数40)選挙でシーア派野党が18議席を獲得した。それでも本来、多数派であるはずのシーア派住民は、「民意」が反映されているとは感じていない。デモ発生直前にハマド国王は「各家庭に1000ディナール(約22万円)を支給する」と約束したが、こうした懐柔政策は今のところ功を奏していない。

◆イエメン
◇部族社会、政権との関係を維持
 アラブで最も部族社会が色濃く残るのがイエメンだ。共和制で野党も存在し、選挙も行われているが、実質的に政治や社会を動かすのは有力部族長だ。09年の米航空機爆破未遂事件に関与したとされる国際テロ組織アルカイダの現地組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」のアウラキ幹部は、1月に仏人殺害事件で有罪判決を受けたが、出身部族の保護下にあり政府も手が出せないほどだ。
 サレハ大統領は32年間、権力の座を独占。その間「アラブ最貧国」イエメンの経済状況は改善せず、開発の遅れや地域間格差、政府の腐敗に国民の怒りは頂点に達している。
 しかし、イエメン政府は▽北部でのイスラム教シーア派の一派ザイド派との交戦▽南部の分離独立派との衝突▽AQAPのテロ--という「三重苦」に悩みつつ、欧米が懸念する「破綻国家」への転落は避けてきた。「大統領が有力部族長の抱き込みに成功しているため」(地元記者)だ。
 サレハ氏は次期大統領選挙への不出馬も表明。部族長が離反しない限り、反政府デモが体制を崩壊させる可能性は低いとの見方が根強い。
==============
■ことば
◇東欧革命
 旧ソ連のゴルバチョフ書記長によるペレストロイカ(立て直し)の影響を受け、東欧諸国の市民や労働者らが立ち上がり、共産主義政権を次々に倒した一連の民主化革命。ポーランドで89年6月、自由選挙が実施され自主管理労組「連帯」が勝利、東欧で初めて非共産政権が誕生した。また、ハンガリー領内で89年8月に「汎(はん)ヨーロッパ・ピクニック」と呼ばれる政治集会が開かれ、参加した東ドイツ市民が隣国オーストリアに亡命を図り、民主化要求が勢いづき、▽ハンガリー一党独裁放棄(10月)▽東西ドイツ・ベルリンの壁崩壊(11月)▽チェコスロバキア・ビロード革命(12月)▽ルーマニア・チャウシェスク政権崩壊(同月)--とドミノ現象が起こった。

2011年2月24日木曜日

印 ソースコード開示義務付けへ

印はソースコード開示を義務付けするようだ。
 印政府が、携帯電話向け通信設備を政府に納入する日米欧などのメー
カーに対し、機器のソフトウエアの機密情報「ソースコード」の提出を
義務づけたことがわかった。

中国製の電話交換機等の通信設備・機器には、盗聴機能などが備わった
チップが組み込まれており、遠隔操作で機密性が高いネットワークへの
侵入も可能との報道もあったが、日欧では盗聴チップの報道を見たこと
が無い。
米国国内では、治安維持関係者のために、盗聴を義務付けしていると聞く。
国外製品へ適用しているかは不明。

NASAの車を制御する28万行の複数CPUに組込まれたプログラムの解析には
疑問もあるが、電話交換機のプログラム量も同量とすれば、複製すること
が目的だろう。印もブラジルも中国を見習っているのか。

携帯電話は盗聴されているか
ITC報告書


---インド:「設計図開示を」 ソースコード、日米欧は強く反発---
毎日新聞 2011年2月18日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110218ddm008030120000c.html

 インド政府が携帯電話向けなどの通信関連設備の政府調達に絡んで、日米欧などの企業に対して、ソフトウエアの設計図に当たる「ソースコード」の開示を義務付ける通達を出していたことが17日、分かった。インド側は「安全保障上の理由」としているが、日米欧政府は技術情報の流出を懸念して強く反発している。
 日本の経済産業省によると、日米欧の反発を受けて、インド政府はソースコード開示措置の実施を凍結しているという。ただ、実施の構えは変えていない。中国政府も昨年、外国製のIT(情報技術)関連製品に対して、ソースコードを開示させる強制認証制度を導入。ブラジルも検討中で、日米欧には同様の規制が新興国に広がることへの懸念も強い。
 インド政府は昨年7月、通信事業者の免許要件を改正する通達で、携帯電話の基地局など通信設備の納入に関してソースコード開示を義務付ける措置を決めた。「機密情報が外国に傍受される恐れがある」との理由からだが、日米欧は「開示したソースコードが解析されれば、先端技術が流出し、自国企業の競争力が損なわれる」と反発している。
 経産省によると、「安全保障」を理由にした規制の場合、世界貿易機関(WTO)のルール違反に問うのは難しいという。日本がインドと経済連携協定(EPA)を署名した16日、海江田万里経産相は、インドのシャルマ商工相に、ソースコード開示措置に懸念を伝えた。しかし、インド側は撤回する意思は表明していない。【立山清也】


---インド、IT機密開示要求…メーカーに義務化---
2011年2月17日03時04分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110216-OYT1T01125.htm?from=main2

 インド政府が、携帯電話向け通信設備を政府に納入する日米欧などのメーカーに対し、機器のソフトウエアの機密情報「ソースコード」の提出を義務づけたことが、16日わかった。
 インド政府は安全保障が目的としながらも、インド企業への技術移転を求める趣旨の通達も出している。日米欧の電気通信業界が反発しており、通商問題に発展する可能性もある。
 ソースコードの開示については、中国も2010年に、政府が調達する情報技術(IT)製品を対象に導入。経済産業省などによると、ブラジルも現在、同様の規制を導入する方針。

2011年2月23日水曜日

武富士損害賠償集団提訴へ

武富士に対して損害賠償を集団提訴するようだ。
 武富士の元会長夫妻からの贈与をめぐり、元会長の長男で、同社元専務
の武井俊樹氏への追徴課税処分取り消しが確定したの上告審判決を受け、
「武富士の責任を追及する全国会議」の弁護士らは会見した。

「武富士の責任を追及する全国会議」の弁護士
・2千億円が戻ることになったが、これは過払い金によってなされた財産だ。
 資産を投じて、過払い金返還に充てるのは当たり前。
・会社更生手続きが進んでいるので、一義的には管財人が責任追及すべきだ。
・原告は1万人規模
・過払い金でもうけた金を贈与されたもので、賠償義務も引き継がれる
 べきだ。大変な訴訟だがチャレンジしたい。
・最高裁はこれまで過払い利息などには厳しい判断を下してきた。
 被害救済をこれでやってくれ、というメッセージではないか。

最高裁は、当時は有効だったが、現在は失効した法律だったので、譲歩し
たとの見方もあるが、違法な取立てや経営破綻での専務の責任を弁護士が
立証できるかにかかっている。
未請求の過払い利息債権者は最大で200万人、金額で2兆円程度らしい。
2000億円でもまだ足りない。
武井俊樹が伊達直人になったら、売名行為と批判されても世間の目はかなり
変わるだろう。

武富士元会長贈与訴訟判決見直しか


---武富士元会長・生前贈与訴訟:元専務課税取り消し 借り手、過払い金返還求め提訴へ---
毎日新聞 2011年2月19日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110219ddm041040132000c.html

◇「2000億円を救済に」
 消費者金融大手・武富士創業者の長男、武井俊樹元専務(45)への巨額の課税処分が取り消されたことを受け、同社に払いすぎた利息(過払い金)の返還を求めている借り手側の弁護士らが18日、記者会見で「元専務に返される約2000億円を借り手の救済に充てるべきだ」と訴えた。5月にも元専務ら旧経営陣を相手に損害賠償を求めて提訴する準備を進めているという。
 会社更生手続き中の武富士の管財人に過払い金弁済を求めて届け出た借り手は、1月末現在で約33万人に上る。だが破綻した同業他社の場合、弁済額は過払い金の約3%にとどまったといい、全額が戻る可能性は極めて低いとみられている。
 このため、弁護士らでつくる「武富士の責任を追及する全国会議」は、元専務らを相手取った「1万人規模」の集団提訴を呼び掛けている。判決後に会見した新里宏二代表は「我々よりも先に、管財人が元専務らの責任追及をすることを求めたい」と話した。
 原告に加わる予定の東京都内の男性(70歳)は、武富士に計約120万円の過払い金がある。昨年11月から仕事が見つからず、月約15万円の年金だけを頼りに生活している。唯一の家族である長女(29)はうつ病で入退院を繰り返しており、医療費負担もあって「ぎりぎりの生活」を強いられているという。
 2月末には6畳一間のアパートの契約更新が控えているが、約10万円の更新料を支払えるめどはたっていない。男性は「裁判は時間がかかる。元専務は納めた税金が戻ってくるなら、自主的にでも過払い金を返してほしい」と訴えている。
==============
■解説
◇法解釈に限界、苦渋の最高裁
 今回の最高裁判決は、贈与当時(99年)の法律に基づけば、課税処分は違法だと結論付けた。海外に生活拠点を置く「課税逃れ」を容認する結果となったが「法解釈には限界がある」とも述べ、苦渋の判断だったこともにじませた。
 00年の租税特別措置法改正で、贈与する側か贈与を受ける側が、5年以内に一時的にでも国内に住んでいた場合は課税対象とされるようになった。現在は海外への「逃げ得」は許されない仕組みができている。
 だが、法改正前には同様の規定はなく、訴訟で元専務側は「海外滞在による税回避は当時、合法的な節税方法だった」と主張。判決も「生活拠点は客観的要素で決めるべきだ」との判例を踏まえて処分を違法とした。
 裁判長を務めた須藤正彦裁判官は補足意見で「著しい不公平感を免れない」と指摘したが、「安易に法律を拡張解釈するなどして課税をすることは許されない」と、国税の姿勢にも注文を付けた。
 国税幹部は「国際的な税回避スキームの退治に力を入れている時だけに残念」と述べたが、敗訴確定で国は約400億円の「利子」を上乗せして元専務側に約2000億円を返すことになる。法整備の遅れと国税の法解釈のつけが、巨額の税金で穴埋めされる形だ。
 富裕層の海外での資産運用が増え、国税当局には厳格な法解釈と、脱法行為への厳しい姿勢が求められる。【伊藤一郎、加藤隆寛】


---武富士元専務に還付加算金400億円 「過払い金返還の基金に」---
2011.2.19 00:03
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110219/trl11021900040000-n1.htm

 課税処分の取り消しが確定した武富士の元専務の武井俊樹氏(45)には、納付済みの追徴税や延滞税以外に、国から“利子”にあたる還付加算金約400億円が上乗せして支払われる。贈与資産が膨れあがった格好だが、その一方で武富士への過払い利息の返還を求める利用者は少なくなく、税務関係者からは「加算金全額を救済基金に充てるべきだ」といった声も上がっている。
 俊樹氏は平成17年3月、追徴課税処分を受け、延滞税などを含め約1585億円を納付した上で、国に対し課税処分取り消しを求める訴訟を起こした。今回の勝訴確定で、追徴分など以外に、国側から新たに還付加算金も支払われる。年利は4~5%の範囲で、還付加算金だけで約400億円に上る。時期は不明だが、還付額を確定させた上で、速やかに手続きが行われる見通しだ。
 最高裁の判断について、都内の税理士は「実務現場から見れば妥当」と指摘。ただその一方で、「一般の納税者からすれば、グレーゾーン金利で荒稼ぎした武井家による巨額の租税回避が、結果として容認された今回の判断は理解に苦しむところだろう」と話す。
 還付加算金は雑所得として課税されるため、「400億円のうち、半分ぐらいは税金で持っていかれる」(国税OB)という。最高裁で傍聴した税理士は「社会的イメージを悪化させないためも、俊樹氏は加算金分を過払い金返還の基金として寄付すべきではないか」と話した。


---「2千億円で過払い金返還を」 武富士へ原告1万人で損害賠償請求も---
2011.2.18 22:21
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110218/trl11021822230020-n1.htm

 「2千億円が戻ることになったが、これは過払い金によってなされた財産だ。資産を投じて、過払い金返還に充てるのは当たり前」。武富士の元会長夫妻からの贈与をめぐり、元会長の長男で、同社元専務の武井俊樹氏(45)への追徴課税処分取り消しが確定した18日の上告審判決を受け、「武富士の責任を追及する全国会議」の弁護士らは会見で、こう主張した。
 同会議代表の新里宏二弁護士は「会社更生手続きが進んでいるので、一義的には管財人が責任追及すべきだ」とする一方、損害賠償を求める訴訟も準備していることを明らかにした。管財人による責任追及が進まない場合、5月をめどに訴えを起こす予定で、「原告は1万人規模になるのではないか」(新里弁護士)としている。
 ただ、還付される2千億円は俊樹氏の個人資産となるだけでなく、違法な取り立てや経営破綻について、俊樹氏の責任を立証する必要があり、賠償が認められるのは困難との見方もある。
 新里弁護士は「過払い金でもうけた金を贈与されたもので、賠償義務も引き継がれるべきだ。大変な訴訟だがチャレンジしたい」と意欲を見せた。この日の最高裁判決については、「最高裁はこれまで過払い利息などには厳しい判断を下してきた。被害救済をこれでやってくれ、というメッセージではないか」と話した。
 同会議などによると、武富士が会社更生法を申請した昨年9月時点で、未請求の過払い利息債権者は最大で200万人、金額で2兆円程度とみられるという。


---1330億追徴取り消し 武富士元専務巨額贈与税訴訟で逆転勝訴---
2011.2.18 22:16
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110218/trl11021815110006-n1.htm

 経営破綻した「武富士」の武井保雄元会長(故人)夫妻から平成11年に贈与された外国法人株をめぐり、約1650億円の申告漏れを指摘された長男で元専務の俊樹氏(45)が、約1330億円の追徴課税処分取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は18日、「処分は違法」と判断、適法とした2審判決を破棄し、処分を取り消した。元専務側の逆転勝訴が確定した。
 元専務に返還されるのは納税分のほか、利子にあたる還付加算金など計2千億円。個人への還付では過去最高額となる見通し。
 12年度の税制改正前の11年当時、海外居住者への海外財産の贈与は非課税扱い。争点は元専務の「住所」が日本国内か香港かで、元専務側は「約3年のうち65%程度を香港で過ごし、生活の実態があった」と主張。国側は「滞在は贈与税回避目的で、仕事上の本拠も日本」としていた。
 同小法廷は「住所」について、過去の判例を踏まえ「客観的に生活の本拠としての実態を備えているか否かによって決めるべきだ」と指摘。贈与前後の期間の3分の2を香港で過ごし、業務に従事していたことなどを挙げ、「贈与税回避の目的があったとしても客観的な生活の実態が消滅するものではない」とした。
 補足意見で須藤裁判長は、元専務の香港滞在などを「贈与税回避スキーム」と呼び、「法廷意見の結論は一般的な法感情の観点からは違和感も生じるが、やむを得ない」と述べた。


---武富士:借り手「2000億円を救済に」 課税取り消しで---
毎日新聞 2011年2月18日 21時08分
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110219k0000m040079000c.html

 消費者金融大手・武富士創業者の長男、武井俊樹元専務(45)への巨額の課税処分が取り消されたことを受け、同社に払いすぎた利息(過払い金)の返還を求めている借り手側の弁護士らが18日、記者会見で「元専務に返される約2000億円を借り手の救済に充てるべきだ」と訴えた。5月にも元専務ら旧経営陣を相手に損害賠償を求めて提訴する準備を進めているという。
 会社更生手続き中の武富士の管財人に過払い金弁済を求めて届け出た借り手は、1月末現在で約33万人に上る。だが破綻した同業他社の場合、弁済額は過払い金の約3%にとどまったといい、全額が戻る可能性は極めて低いとみられている。
 このため、弁護士らでつくる「武富士の責任を追及する全国会議」は、元専務らを相手取った「1万人規模」の集団提訴を呼び掛けている。判決後に会見した新里宏二代表は「我々よりも先に、管財人が元専務らの責任追及をすることを求めたい」と話した。
 原告に加わる予定の東京都内の男性(70歳)は、武富士に計約120万円の過払い金がある。昨年11月から仕事が見つからず、月約15万円の年金だけを頼りに生活している。唯一の家族である長女(29)はうつ病で入退院を繰り返しており、医療費負担もあって「ぎりぎりの生活」を強いられているという。
 2月末には6畳一間のアパートの契約更新が控えているが、約10万円の更新料を支払えるめどはたっていない。男性は「裁判は時間がかかる。元専務は納めた税金が戻ってくるなら、自主的にでも過払い金を返してほしい」と訴えている。

2011年2月22日火曜日

米赤字 137兆円

米赤字が137兆円を超えた。
 オバマ米大統領は、2012会計年度予算教書を議会に提出した。大統領は
21年度までの十年間に財政赤字を計1兆1千億ドル削減する方針を表明、
財政再建を重視する姿勢を鮮明に打ち出した。ただ、11年度の財政赤字は
昨年末に成立した包括減税法の影響で、過去最悪の1兆65百億ドルに達し、
GDPに占める割合は10.9%に上昇する見通し。

社会保障や公的医療保険の経費削減は多くないと言っても、化石燃料産業
等の減税措置を廃止し、年収25万ドル超の富裕層に対する減税する。
オバマが恩恵を受ける新自由主義は継続される。

米国会議員には、財政赤字が大きいため、「米国に世界の警察を務める
金はない」と在日米軍を「過去の遺物」と言う人もいる。この人は、
日米安保を理解していない。
日本の借金は、919兆円を超えた。
沖縄返還に6.5億ドルを払っている。
日本の借金を考えれば、米軍を思いやる助成金はない。
自衛隊が北東アジアを監視すれば良いと言うが一番懸念を持つのは米国。

元総理大臣は、普天間問題の「在沖縄海兵隊の抑止力」は方便と言う。
この人の政権は、全てが方便だったと言うことだろう。

核と普天間、両方ともパー
ルーピーキング 間違えてサムズアップか
矛盾する政府


Defense budget cut? Where?


DoD Operations Near Crisis Without New 2011 Budget


Inside Story - The US Defence Budget


Interview: US budget battle looms


「真意伝わっていない」鳩山氏「方便」発言を釈明(11/02/16)


菅総理「私の認識と違う」 鳩山氏「方便」発言に(11/02/16)


---沖縄返還の財政密約、米要求は6.5億ドル 外交文書---
2011/2/18 10:00
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3E5E2E0E48DE3EAE2E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

返還協定超える負担
 外務省は18日午前、1972年の沖縄返還に関する日米交渉記録などの外交文書ファイル606冊を一般公開した。沖縄返還時の補償費や基地使用をめぐる生々しいやりとりが明らかになった。
 69年10月の沖縄返還を巡る日米交渉で、米側が6億5千万ドルの財政負担を算出方法があいまいな一括方式で求めていたことが18日午前に公開された外交文書で分かった。これまでに日本の財政負担として沖縄返還協定に明記した「3億2千万ドル」を超える負担を日米が密約していたことが判明している。
 69年10月22日付の下田武三駐米大使発の極秘電文によると、バーネット米国務次官補代理が同日、吉野文六駐米公使に、沖縄の米資産買い取りなど日本側負担額について「ケネディ財務長官とレアード国防長官が一括方式で合意し、東京に申し入れるよう指令した。(金額は)極秘の含みで6億5千万ドルだ」と伝えた。
 吉野公使は「沖縄に値札をつけることになる。国会で内訳を説明するのに苦労する」と反対したが、バーネット氏は「議論を尽くした末に一括方式よりほかに手がないという結論だ」と押し切ったうえで「日本側が数字をどのように処理しても拒否しない。根拠を作り出すため助力してもよい」と付け加えた。
 バーネット氏は1カ月後に佐藤栄作首相とニクソン大統領の首脳会談が控えていたことを踏まえて「今後の日米関係のあらゆる問題に沖縄の財政問題がつきまとう。日米国交を害する」と早期決着を促した。


---有事の核持ち込み、日米が小笠原返還時に秘密協定---
2011/2/18 10:00
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819481E3E5E2E0838DE3EAE2E0E0E2E3E39C9CE2E2E2E2;bm=96958A9C93819481E3E5E2E0E48DE3EAE2E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 1968年の小笠原諸島の返還時に、米軍による核兵器の持ち込みを巡り、日米両政府が秘密協定を結んでいたことを示す文書が見つかった。在米日本大使館の関係者と米国務省のフィン日本部長との懇談から判明した。
 この文書は沖縄返還が決まった日米首脳会談の約2週間前の69年11月5日の「特秘公電」。在米日本大使館から愛知揆一外相へ送られた。フィン部長は沖縄から核を撤去した後の有事の際の核再持ち込みに関して「緊急持ちこみをどう表現するかということであり、オガサワラのような秘密協定も一つの方法であるが、これも100%満足すべきものではない」と言及している。
 小笠原返還時の日米合意が「密約」であるとの米国側の認識を示したもので、小笠原返還の際の「秘密協定」が、返還後の沖縄への核の再配備を認める密約の先例になった可能性もある。
 米海軍施設があった父島には65年まで、米空軍基地があった硫黄島には56~59年の間、それぞれ核が貯蔵されていたとされる。日米両政府は小笠原返還時に、両島への核再配備を日米間の事前協議の対象とすることで合意。米国側はこの合意を「密約」とみなし、有事の核再持ち込みが可能であると判断していたもようだ。


---Gates hopes for Japan-US base progress in months---
20110216
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5imLCDFAy0n3wCt_eONxmE65Xvq_w?docId=CNG.cf88f624a89cb6ef996e074922a948f5.971

WASHINGTON - US Defense Secretary Robert Gates on Wednesday praised Japan's efforts to find a solution to a dispute over a US base on Okinawa and said he hoped for progress "later this spring."

"I feel like the Japanese government is making a serious effort to resolve the Futenma issue," Gates told the US House of Representatives Armed Services Committee, referring to Marine Corps Air Station Futenma on the island.

"My hope is that we will get resolution, particularly on the configuration of the airfield or the runways perhaps later this spring. And that would then allow us to go forward with our planning," he said.

Japan and the United States squabbled for much of the past year over the relocation of the base after a new government in Tokyo pledged to take a fresh look at the US military alliance.

But Gates warned that "without resolution" of the issue of finding a replacement site, "troops don't leave Okinawa; lands don't get returned to the Japanese, to the Okinawans" and said he had made those points to the Japanese.

The base lies in an urban area of Okinawa, where residents have long complained about aircraft noise and the risk of accidents, and is set to be relocated to a coastal, less developed location on the island.

As part of the 2006 deal, some 8,000 US Marines and their families would leave Okinawa for the US Pacific territory of Guam.

Yukio Hatoyama, who took office in 2009 as the first prime minister from the center-left Democratic Party of Japan, initially pledged to scrap the accord and move the base off Okinawa or out of Japan altogether.

But Hatoyama backtracked as Washington ramped up pressure for the base to stay put, eventually stepping down last year having managed to offend both Okinawans and the United States.

Japan and the United States reaffirmed they would move the base to Henoko as originally agreed, despite local opposition and concerns the offshore runways would spoil a fragile marine ecosystem.


---米議員「在日米軍は撤収すべき」 財政赤字で---
2011/02/15 18:19
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011021501000615.html

 【ワシントン共同】米下院のロン・ポール議員(共和党)とデニス・クシニッチ議員(民主党)は15日までにそれぞれ共同通信との単独会見に応じ、日本駐留を含む米軍の前方展開戦略が「財政上の問題になっている」(ポール氏)と述べ、米財政赤字が最悪規模に膨らむ中、在日米軍は撤収すべきだとの考えを示した。
 孤立主義外交を唱えるポール氏は保守層に人気があり、クシニッチ氏は民主党内で最もリベラル派の一人として支持を集める。いずれも過去に大統領選に挑戦した経験を持つベテラン議員で、在日米軍を維持する「余裕はない」(クシニッチ氏)と共通認識を訴えた。
 米軍は、8日発表した指針「国家軍事戦略」で「北東アジアの戦力を今後数十年間堅持する」と明記。米議会内にも台頭する中国や核問題を抱える北朝鮮を念頭に、在日米軍の重要性を説く声が依然としてある。
 しかし、ポール氏は「日本がすべての責任を自ら負う時だ」とし、平和と安全を確保する上で米軍依存をやめるべきだと主張。在日米軍は抑止力だとする議論は軍事的プレゼンスを維持するための「口実だ」と一蹴した。
 クシニッチ氏も「米国に世界の警察を務める金はない」と強調。在日米軍を「過去の遺物」と呼んだ上で「移転して軍事優先政策から脱却すべきだ」と述べた。


---米軍、14兆円超を効率化へ 大型調達や文民昇給凍結---
2011年2月15日 10時51分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011021501000210.html

 【ワシントン共同】米国防総省は14日公表した2012会計年度(11年10月~12年9月)の予算案で、5年間で総額1780億ドル(約14兆8千億円)の予算を効率化するため、海兵隊の次世代水陸両用戦闘車両(EFV)など大型装備の調達中止を含む具体策を明らかにした。
 効率化総額のうち780億ドルは削減。文民の昇給2年間据え置きや、兵士と退役軍人向けの医療保険改革など、戦闘と関係しない組織運営経費を中心にひねり出す。
 残り1千億ドルは使途を見直す。調達が中止される大型装備はEFVのほか、陸軍の高性能中距離対空ミサイル、海軍のイージス艦に搭載されるSM2ミサイル(ブロック3B)が列挙された。浮いた支出は、無人偵察機の調達や新型長距離爆撃機の開発、サイバー戦対策費などに回る。
 ゲーツ国防長官は2年前からF22戦闘機の調達中止など予算改革を進めている。14日の記者会見では「国防総省の仕事の仕方を改革し、将来の戦闘に必要な(装備の)近代化計画に資金を回す」と強調した。


---米赤字 最悪の137兆円 予算教書提出---
2011年2月15日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011021502000038.html

 【ワシントン=岩田仲弘】オバマ米大統領は十四日、二〇一二会計年度(一一年十月~一二年九月)予算教書を議会に提出した。大統領は二一年度までの十年間に財政赤字を計一兆一千億ドル(約九十二兆円)削減する方針を表明、財政再建を重視する姿勢を鮮明に打ち出した。ただ、一一年度の財政赤字は昨年末に成立した包括減税法の影響で、過去最悪の一兆六千五百億ドル(約百三十七兆円)に達し、国内総生産(GDP)に占める割合は10・9%に上昇する見通し。
 一二年度も一兆一千億ドル(対GDP比7%)と高い水準が続くが、一七年度には六千二百七十億ドル(同3%)に低下すると見込む。大統領は「任期中に財政赤字を半減させる公約は堅持する」と強調した。
 財政赤字削減のうち三分の二は歳出削減、残る三分の一は税制改革で工面する。一二年度の歳出総額は三兆七千三百億ドル。政府職員の旅費や事務費、主要空港関連の補助金削減などで計三百億ドル節約できるとしている。
 国防費を除く政策的経費を今後五年間、現行水準に据え置き、十年間で四千億ドル以上の赤字削減を見込むほか、国防費も五年間で七百八十億ドル削減する方針。ただ、赤字の最大の要因である社会保障や公的医療保険といった義務的経費の大幅削減には踏み込んでいない。
 一方、一二年度は医療をはじめ最先端の研究開発に計一千四百八十億ドル計上するなど、国際競争力の強化に向けた技術革新や一部の教育関連支出は拡大する。石油、ガス、石炭産業などを対象とした十二の減税措置を廃止することにより、十年間で四百六十億ドルの歳入増を見込む。大統領はまた、包括減税法のうち年収二十五万ドル超の富裕層に対する減税は一二年に期限切れ以降、延長しない考えも示した。


---普天間問題 海兵隊の抑止力「方便だった」 鳩山氏は「政権最大の難敵」---
2011.2.14 22:36
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110214/plc11021422380010-n1.htm

 鳩山由紀夫前首相が沖縄県地元紙のインタビューで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の県外移設を断念する理由として「在沖縄海兵隊の抑止力」を挙げたことを「方便だった」と語った。民主党政権の外交・安全保障政策の信頼性を著しく損ね、政府の沖縄県との移設交渉はさらに難航するのは確実。ただでさえ国会運営に行き詰まり、内閣支持率の低迷で青息(あおいき)吐息(といき)となっている菅直人首相にとって鳩山氏は最大の「難敵」と化している。(阿比留瑠比)
 「(鹿児島県)徳之島もダメで(沖縄県名護市)辺野古となったとき理屈付けをしなければならなかった。抑止力は方便といわれれば方便だが、広い意味で使えると思った」
 鳩山氏は13日付の琉球新報、沖縄タイムスのインタビュー記事でこう語った。
 鳩山氏は昨年5月4日、首相として沖縄訪問し、県外移設断念を表明。その理由を「学べば学ぶにつけ、海兵隊のみならず、沖縄の米軍がすべて連携しており、その中で抑止力が維持できる」と説明した。これが「方便」にすぎなかったというわけだ。
 琉球新報は激高し、社説に「これほど言葉の軽い政治家を見たことがない。そして自らの言葉に無責任な人も。万死に値する」と記した。
 慌てた鳩山氏は14日、都内で記者団に「『方便じゃないですか』と聞かれたから『そう言われたらそうかもしれない』と答えた」と釈明。「後付けで学んでいくとこういうふうに解釈できるな、という発想で言った」とも語った。
 政府は火消しに躍起となった。首相は14日夜、記者団に「海兵隊を含む在日米軍全体はわが国の安全に重要な役割を果たしている」と強調。枝野幸男官房長官も「海兵隊が沖縄にあることが極東の安全に寄与する」と語った。
 鳩山氏は昨年6月の首相退陣時に任期限りの引退を表明し「首相たるもの影響力を(退任の)その後行使しすぎてはいけない」と語った。にもかかわらず引退を撤回し、首相の足を引っ張る形でひたすら影響力を行使する。事例は枚挙にいとまがない。
 首相が民主党の小沢一郎元代表の排除を狙うと小沢氏と連携して対抗。沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で日中間がぎくしゃくすると「(日中関係は)私の首相時代に非常によくなってきた」とあてこすった。党執行部がマニフェスト(政権公約)見直しを検討し始めると衆院解散の必要性に言及。首相がメドベージェフ露大統領の国後島訪問を「許し難い暴挙だ」と批判すると「強硬姿勢ばかりではダメだ」といさめた。
 首相の施政方針演説も「(自らが提唱した)東アジア共同体構想のメッセージが消えた」と皮肉り、自らを「平成の脱税王」と呼んだ与謝野馨経済財政担当相の起用にも強い不快感を表明した。
 なぜ鳩山氏は首相の後ろから鉄砲を撃つような発言を続けるのか。
 鳩山氏周辺は「菅氏は副総理だったのに鳩山氏が普天間で一番苦しんでいる時に『われ関せず』と逃げ、ちゃっかり後継に納まったからだ」と打ち明ける。「私と小沢氏が身を引いたから首相になれた恩を忘れている」との思いもあるようだ。ある野党幹部は「鳩山氏は民主党のオーナー意識が抜けない。消費税率引き上げなど自分が示した方向と異なることをやるのは許せないのだ」と解説する。
 今月9日、鳩山氏は日印関係の国際会議への協力要請のため、安倍晋三元首相と会談した際、首相についてこう愚痴った。
 「あの人は本当に何を考えているのか。変な人です。せっかく(自分の政権で)よいことをやっていたのだから、それを続けていただきたい」


---米国:大統領が予算教書提出 財政赤字、過去最大規模に---
毎日新聞 2011年2月14日 19時37分(最終更新 2月15日 0時26分)
http://mainichi.jp/select/world/news/20110215k0000m030049000c.html

 【ワシントン斉藤信宏】オバマ米大統領は14日、12会計年度(11年10月~12年9月)の当初予算にあたる予算教書を議会に提出した。予算総額は3兆7300億ドル(305兆円)。大統領は予算教書の中で、11年度の財政赤字が1兆6500億ドル(約138兆円)と過去最大規模に膨らむとの見通しを示し、米国の財政状況が一段と悪化していることを明らかにした。10年末に期限切れの予定だったブッシュ前政権時代の大型減税を2年間延長したことなどに伴う税収減の影響を加味した。
 オバマ大統領は、今後10年間で財政赤字を計1兆1000億ドル(約92兆円)縮小する方針を表明。「政権1期目の終わりには赤字を半減させる」との従来方針は堅持した。
 米政権は今後10年間での赤字縮小分のうち3分の2を歳出削減で賄う計画で、1月の一般教書演説に盛り込んだ国防費を除く政策的経費の伸びを12年度から5年間凍結するとの方針を堅持し、10年間で最大4000億ドルの節約につなげたい考えだ。ただ、11~12年度には、失業保険の給付延長措置などで歳出が膨らむほか、公的医療保険や年金といった義務的支出が、高齢化の進展で今後10年、大幅に膨らむ見通しで、大統領の目算通りに歳出削減を実現できるかは不透明だ。
 米政府は、ブッシュ減税を2年間延長したものの、11年度の税収については景気回復などによる大幅な伸びは期待できないと慎重な見方を示した。ブッシュ減税については、中低所得層に限り12年末の期限をさらに延長し、年収25万ドル超の富裕層は除外する方針だが、米国内では「中低所得層の減税廃止を合わせて実現しない限り、財政赤字を大幅に削減するインパクトはない」(米エコノミスト)との指摘が大勢を占めている。
 大統領は予算教書で、国内総生産(GDP)に占める財政赤字の割合を17年までに3%をやや上回る水準に低下させるとの財政健全化目標を示したが、12年度も赤字が高止まりすると予想される中、目標達成は難しくなりそうだ。


---「抑止力は方便」断念理由後付け 鳩山前首相、普天間で証言
2011年2月13日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-173438-storytopic-3.html

 【東京】鳩山由紀夫前首相は12日までに琉球新報などとのインタビューに応じ、米軍普天間飛行場の移設交渉の全容を初めて語った。「県外移設」に具体的な見通しがなかったことを認めた。「県外」断念の理由とした在沖米海兵隊の「抑止力」については「辺野古しか残らなくなった時に理屈付けしなければならず、『抑止力』という言葉を使った。方便といわれれば方便だった」と述べ、「県内」回帰ありきの「後付け」の説明だったことを明らかにした。在沖海兵隊の「抑止力」の根拠の薄弱さを浮き彫りにした前首相の歴史的証言は、県民の反発と波紋を広げそうだ。
 海兵隊の抑止力については「一朝有事のときに米国人を救出する役割だから、存在自体が直接、戦争の抑止、攻撃の抑止になるわけではない。全体として4軍そろっていることが必要で、全て連関している中での抑止力となる」と説明。
 米側とは「県外移設」に向けた具体的交渉はなく、「最後はオバマ米大統領との間でやるような話だったと今、後悔している」と述べた。「県外」困難視の閣僚や辺野古案支持の官僚を最後まで統率できなかったことを力量不足と振り返った。
 訓練区域の一部解除など2010年5月の日米共同声明に盛り込んだ沖縄の負担軽減策は「ほぼ同じものが既に09年12月には(了解を)取れていた」と説明。09年内に「辺野古」決着に一時傾きかけたとも明かした。
 10年5月の2回目の来県で仲井真弘多知事に日米と沖縄で協議のテーブルに着いてほしいと打診したが、知事選を理由に断られたという。県外移設を実現できなかったことに「県民に申し訳ない」と謝罪した。
 新基地の使用期限設定を事務方に指示したことにも言及した。だが事務方は米側が期限を区切ることに強く難色を示していると説明し実現しなかった。「辺野古」回帰に向かう中、元首相補佐官の岡本行夫氏から何度も辺野古移設に向けた説明を受けたという。
 嘉手納統合案を掲げた岡田克也外相(当時)や「県外」困難視の北沢俊美防衛相など閣内不一致だった状態は「大いに自由闊達(かったつ)に議論し合おうと進めてきた」と政権方針で放任していたと弁明。一方、自らが進める「県外」に集約できなかったことに「統率を取ってできなかったのは悔やまれる」と反省した。決着期限の10年5月は、3月の予算成立後で7月の参院選の争点化を避けたタイミングだったと説明。5月の大型連休にオバマ大統領と直接交渉も検討していたという。
 鳩山氏は、1月下旬と2月上旬の2度、計3時間、東京都内の衆院議員会館でインタビューに応じた。

<用語>抑止力
 軍事・外交戦略上の用語として、一般的に部隊や武器を保有し、いつでも報復できる構えを維持することで、相手国からの攻撃や侵略を未然に抑え込む能力。鳩山前首相は米軍普天間飛行場の沖縄県外移設を断念した理由を「学べば学ぶにつけ、海兵隊のみならず沖縄の米軍が連携して抑止力を維持していると分かった」と説明していた。


---919兆1511億円に達す、借金大国日本の12月末総合計額---
2011年2月11日 21:30
http://www.spotlight-news.net/news_dG2VpD8iiU.html?right

 10日、財務省がいわゆる「国の借金」を示す国債と借入金、政府短期証券を合計した資金規模を発表した。同発表によると総合計額は2010年12月末時点で919兆1511億円に達した模様。
 同数字は3か月前の前期(10年9月末)と比べて10兆2894億円増加しており、今尚膨らみ続けている状態。これは普通国債の発行額が増えた事に原因があり、普通国債の残高は628兆1558億円で前期比14兆3424億円の増加を示している。一方、政府短期証券は減少。
 総務省1月20日発表の人口推計(1億2737万人)で単純計算すると、国民1人あたりの借金は約722万円という数字に。予断の許されない財政状況が続いている。

2011年2月21日月曜日

判決 犯行主導は木村剛

 日本振興銀行(破綻)の検査妨害事件で、銀行法違反に問われた
元社長・西野達也被告ら3人の判決が、東京地裁であった。

登石郁朗裁判長
・元会長木村剛被告が犯行を主導
・「行政処分を避けようと組織的、計画的に行われた犯行で、金融行政
 に 深刻な悪影響を生じさせる恐れもあった」
・西野達也、山口博之、関本信洋ら3人に懲役6月、執行猶予3年
・法人として罰金700万円
・元専務執行役山口博之、関本信洋
 電子メールの削除や検査官への虚偽説明は、いずれも木村剛の指示
 による

判決を受けた3人は社長に従い、罪を認めて反省しているとして求刑より
も軽く、会社も再発防止策の整備をしたとして罰金も軽くなったようだ。

ペイオフ適用の始めたの案件。
木村剛は記者会見で、犯行を大筋で認めているが、主導性や取引は争う
とのこと。
3人の判決から、木村剛は、独善的に会社を経営していたようだ。

日本銀行と民間銀行とは経営方針がかなり異なっていることは明らかと
思うが、日本銀行出身者が民間銀行を経営することは「似て非なる」
ことが明確になった。日銀出身者が民間銀行へ天下った際、日銀対策と
自覚するべきだろう。

ペイオフ発動後の預金処理


日本振興銀行の検査妨害事件 元社長らに猶予判決(11/02/14)


---振興銀元社長ら有罪「犯行主導は木村剛被告」---
2011年2月14日21時11分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110214-OYT1T00822.htm

 日本振興銀行(破綻)の検査妨害事件で、銀行法違反に問われた元社長・西野達也被告(55)ら3人の判決が14日、東京地裁であった。
 登石郁朗裁判長は、同行元会長・木村剛被告(48)(起訴、公判前整理手続き中)が犯行を主導したと認定した上で、「行政処分を避けようと組織的、計画的に行われた犯行で、金融行政に深刻な悪影響を生じさせる恐れもあった」と述べ、3人に懲役6月、執行猶予3年(求刑・懲役6月)、法人としての同行に罰金700万円(求刑・罰金1000万円)を言い渡した。
 ほかの2人は、元専務執行役・山口博之(49)、同・関本信洋(39)の両被告。判決によると、両被告は2009年6~8月、金融庁の立ち入り検査を受けた際、検査対象の電子メール計約720通をサーバーから削除。また、3被告は同年9月、検査官に「メールは担当者の過失で削除された」などと虚偽の説明をした。判決は、電子メールの削除や検査官への虚偽説明は、いずれも木村被告の指示によるものだったと認定した。


---元会長の検査妨害指示、地裁が認定 振興銀元社長ら有罪---
2011年2月14日19時20分
http://www.asahi.com/national/update/0214/TKY201102140239.html

 金融庁の検査に際して不都合なメールを削除したとして、銀行法違反(検査忌避)の罪に問われた日本振興銀行(破綻〈はたん〉)元社長の西野達也被告(55)ら3人に対し、東京地裁は14日、いずれも懲役6カ月執行猶予3年(求刑懲役6カ月)の有罪判決を言い渡した。
 登石郁朗裁判長は、共犯で起訴された元会長・木村剛被告(48)=公判前整理手続き中=が、不適切な取引実態を隠すために元社長らにメールの削除を指示したと認定。法人としての同行は罰金700万円(求刑罰金1千万円)とした。ほかに判決を受けたのは、元専務執行役・山口博之(49)、同・関本信洋(39)の両被告。
 判決は、振興銀が検査前に行っていた商工ローン大手「SFCG」(破綻)などからの大量の貸し出し債権の買い取りや、「中小企業振興ネットワーク」加盟企業への大口融資が、出資法や独占禁止法に抵触する疑いのある取引だったと指摘。金融庁の立ち入り検査でこうした不適切な取引が発覚して業務改善命令や停止命令を受けるのを避けるため、木村元会長が関係するメールを削除するよう元社長らに指示したと認定した。
 木村元会長は昨年12月の保釈後の会見で、検査忌避の事実は大筋で認めつつ、自分が主導したことや、取引自体の違法性は争う姿勢をみせている。振興銀をめぐっては、ネットワークを利用して自行の不良債権を隠した疑いや、SFCGからの買い取り債権が信託銀行に二重譲渡されていた問題が発覚している。
 判決によると、西野元社長らは、検査直前の2009年6月と検査中の同年8月に計723件のメールを削除。同年9月にメールの欠落に気づいた検査官には、担当者のミスだと虚偽の説明をした。


---日本振興銀元社長ら有罪判決 「木村前会長の指示」認める---
2011年2月14日 17時20分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011021401000459.html

 経営破綻した日本振興銀行の検査妨害事件で、銀行法違反(検査忌避)の罪に問われた元社長西野達也被告(55)ら元役員3人と法人としての振興銀の判決で、東京地裁は14日、前会長木村剛被告(48)=公判前整理手続き中=との共謀を認定し3人にいずれも懲役6月、執行猶予3年、振興銀に罰金700万円を言い渡した。
 登石郁朗裁判長は「振興銀の融資には、出資法や独占禁止法に抵触する疑いがある取引が含まれており、立ち入り検査で発覚した場合は行政処分を受ける恐れがあったため、前会長の指示で(検査妨害の)対応方針を決定した」と判断した。
 ほかの元役員2人は元専務執行役山口博之(49)、同関本信洋(39)の両被告。検察側は3人にそれぞれ懲役6月、振興銀に罰金1千万円を求刑していた。
 判決は、振興銀が08年ごろから、債権買い取りを増加させるとともに、取引先企業をグループ化した『中小企業振興ネットワーク』を組織し、貸出総額を大幅に増やしていく中で、組織的、計画的に検査妨害が敢行されたと指摘。
 その上で、西野被告ら3人は従属的立場で、罪を認めて真摯に反省しているとして刑を猶予。会社に対しては、経営管理態勢や法令順守態勢の甘さを原因とする一方で、再発防止策の整備に努めたとして求刑より罰金を軽くした。(共同)

2011年2月20日日曜日

Egyptian Army attacked Lara Logan

ララ・ローガンさんが暴行などを受けたらしい。
 ローガンさんは、スタッフとともに、市中心部のタハリール広場で
ムバラク大統領辞任のニュースを取材していた。興奮した約200人の群衆が
取材班や同行の警備チームを取り囲んだ。ローガンさんは取材班とはぐれて
殴られ、性的暴力を受けたが、女性グループや約20人のエジプト軍兵士に
助けられた。取材班と合流してホテルへ戻り、帰国して入院した。

現在は、ブロガーや市民ジャーナリスト等による現地取材やフリーライタ
による危険地帯への派遣により、専属記者が直接取材することが減り、
副効果として経費削減もある。しかし、組織に属さないため、記事内容は
独特なものになり、編集者が記事の判断をするため、負担が増えるようだ。

ローガンさんへの性的暴力については、強姦ではないとの報道もある。
過去に派遣先で女性記者が強姦に遭い、仕事を失いたくないために、
上司に報告しない場合もあるようだ。
護身できないのは自身の問題と言うフェミニストもいる。
W杯サッカー南ア大会で治安の悪さから、多くの報道機関は、「女性は
不向き」として取材から外した。
安藤優子は、エドゥサ革命や湾岸戦争の際、レポータとして、取材した
ことは有名な話だ。
タハリール広場では、男女問わず、140人以上の記者が死傷している。
一般的に、危険地帯とわかっている場所に人を行かせれば、何かあった
際に、批判は返ってくる。生命と視聴率は天秤にはかけられない。
CBSやローガンさんは、危険度の認識が甘かったかもしれない。

ローガンさんらは、暴行される前に、イスラエルのスパイ容疑で、陸軍に
拘束され、尋問を受けている。勝ち馬に乗りたい陸軍の対応と言う。
タハリール広場の米国記者を見て「イスラエルのスパイ」、暴行中に
「ユダヤ」と叫んでいたとの報道もある。
ローガンさんによると陸軍に拘束される前は、デモ隊から暴行も無かった
と言う。皮肉なことに助けてもらったのも陸軍の有志。
混乱期に「米国記者らがイスラエルのスパイとして軍が拘束」との報道
がエジプト国内であったとは思えない。あったとしても、解放されて
いるので、顔写真はでないはず。推察を進めると、暴行は、エジプト
陸軍の一派となる。どさくさに紛れてやりたい放題か。

アルジャジーラは、エジプトの革命で起きたローガン暴行事件を報道せず、
反米行動を扇動しないが、黙認はするようだ。
ムスリム差別への米国の工作と考えた場合、アルジャジーラが報道しない
のはおかしいので、イスラム教徒の一部や反米主義者(反イスラエル)が
扇動した可能性が高い。
米国内では右翼によって、ムスリム叩きに拍車がかかる。

エジプト教会爆弾テロ 過激派を逮捕
英露 北極海開発で提携


Lara Logan Discusses "Terror" Of Egypt Before Sexual Assualt


CBS News' Logan Recovering After 'Brutal' Attack


Nir Rosen resigns over Lara Logan tweets


EDSA 20 (part 1)


EDSA 20 (Part 2)


---米CBSテレビの女性記者、エジプトで襲撃される---
2011.02.16 Wed posted at: 09:44 JST
http://www.cnn.co.jp/world/30001816.html

 (CNN) 米CBSテレビのララ・ローガン記者(39)が先週、エジプト・カイロ市内で群衆に取り囲まれ、性的暴力などを受けていたことが分かった。同社が15日の声明で明らかにした。
 声明によると、ローガンさんは11日、スタッフとともに、市中心部のタハリール広場でムバラク大統領辞任のニュースを取材していた。興奮した約200人の群衆が取材班や同行の警備チームを取り囲んだ。ローガンさんは取材班とはぐれて殴られ、性的暴力を受けたが、女性グループや約20人のエジプト軍兵士に助けられた。取材班と合流してホテルへ戻り、12日に帰国して入院したという。
 ローガンさんは南アフリカ出身で2002年からCBSの番組で記者を務め、08年から外交問題担当の責任者。今月3日には、カイロで取材中に拘束された。


---Lara Logan attack turns spotlight on female reporters---
19 February 2011 Last updated at 00:37 GMT
By Katie Connolly BBC News, Washington
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-12510289

The assault on CBS News chief foreign correspondent Lara Logan in Egypt stunned the news community, but it also drew attention to a growing problem: the world is becoming a far more dangerous place for reporters.

Logan was reporting from Cairo's Tahrir Square on the day Hosni Mubarak stepped down when she was separated from her crew.

In a statement, CBS News said that she was "surrounded by a dangerous element amidst the celebration" and suffered "a brutal and sustained sexual assault and beating" at the hands of a mob.

The Committee to Protect Journalists (CPJ) reports that 44 journalists were killed in 2010. In addition, 145 were imprisoned - the highest number since 1996.

Joel Simon, executive director of CPJ, says the increasing dangers to journalists are in part because of the changing way the media does its business.

News organisations have faced dramatically reduced budgets in recent years, with many cutting foreign bureaux and instead relying on stringers and freelances.

At the same time, more journalism is being done by bloggers and citizen journalists.

These reporters, like freelances, have less institutional support. They often work entirely alone, with little or no safety training.

They don't have editors checking in on their movements regularly. And many are more opinionated that traditional reporters, raising the ire of dangerous types.

"The internet has changed the rules of the game," Mr Simon told the BBC.

"Journalists were once the only way rebels and militants could get their message out, so journalists were cultivated even by nasty individuals and groups."

Now, dissidents and terrorists alike can use chatrooms, websites and social media to communicate. They're in control of their own message.

"Journalists have become dispensable," Mr Simon says soberly.

Women in danger zones

But Logan isn't a freelance operating on a shoestring. She's the face of a major news network, travelling with a crew and an extensive support structure both regionally and in the US.

Logan's experience demonstrates the risks of conflict reporting, even for seasoned reporters who have taken the right precautions.

BBC world news editor Jon Williams, noting the horror of Ms Logan's ordeal, says that managing the risks of conflict reporting is a complex challenge.

No two places are the same, he says, and editors must analyse both history and conditions on the ground when making coverage judgements.

"No story is worth a life but you can never eliminate risk. You can only manage it down to what you believe is an acceptable level and that is what we try to do," Williams said.

But part of the shock over Logan's attack was that she was sexually assaulted. No details of the sexual violence have been released, but the Wall Street Journal reports that she was not raped.

That has sparked debate about the particular dangers to women in volatile environments.

Williams says it's naive to assume that gender is irrelevant when making hostile environment deployments. But that doesn't mean women shouldn't be sent to cover conflicts, just that the threats need to be appropriately assessed.

"Changing the gender of the person doesn't eliminate risk, it just makes it different," he says.

"The threat is there and real, how it manifests itself may be different for men and women, but it doesn't eliminate the threat."

Williams notes that woman journalists at the BBC have been extraordinarily successful in dangerous places.

The BBC has had successive women in the role of Pakistan correspondent, numerous women reporters in Jerusalem, Beirut and across the Middle East, and as Baghdad bureau chief.

"In many places women are treated far better than men," Mr Williams says, recalling that BBC world affairs editor John Simpson became one of the first foreign reporters to enter Afghanistan in 2001 after crossing the border disguised as a woman.

But the BBC, like other major news organisations, develops its hostile environment training on the basis of experience and the particular threats of the moment.

And for women, therein lies the problem: sexual assaults are rarely reported.
Silence on rape

In a widely-cited article for the Columbia Journalism Review, Judith Matloff writes that women are subjected to a range of sexually harassing behaviours in dangerous environments - from groping and lewd come-ons to rape - but rarely tell their superiors.

"Even when the abuse is rape, few correspondents tell anyone, even friends," Ms Matloff writes.
"The shame runs so deep - and the fear of being pulled off an assignment, especially in a time of shrinking budgets, is so strong - that no one wants intimate violations to resound in a newsroom."

Mr Simon from the CPJ says that echoes his experience.

"We don't have a lot of data because people are reluctant to talk about it," he says, adding that when women have shared their stories, they usually requested privacy or anonymity.

"We know that it happens and we know that it is more widespread than we've been able to document."

Ms Matloff, who teaches a war reporting course at Columbia University's prestigious school of journalism, says that one result of this silence is that news organisations in general do a poor job of preparing women for the dangers of sexual violence.

She is critical of the CPJ, saying it doesn't even address sexual assault in its safety handbook. The CPJ told the BBC that it was currently updating the guide to include it.

"They have stuff about how to protect your wallet, but they don't have stuff about how to protect your virtue," Ms Matloff told the BBC.

She says there are numerous common-sense steps that women journalists would be more likely to take if news organisations had more open, frank discussions about preventing sexual assault.

"I think if it were out there on the table, women would be better informed and their supervisors would be more sympathetic," she says.

As for the BBC, Williams says he is looking to learn from the experience in Cairo.

"I think we do have to reflect on what the learning lessons are from Cairo and whether that is one of them."


---Hilary Clinton calls on Egypt to hunt down Lara Logan's attackers---
By Daily Mail Reporter
Last updated at 11:29 PM on 18th February 2011
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1358383/Capture-Lara-Logan-CBS-sex-attackers-paramount-Hilary-Clinton.html

Hilary Clinton has dispatched a team of diplomats to help in the hunt for Egyptian protesters who sexually assaulted CBS news reader Lara Logan.

According to the State Department, Mrs Clinton has turned up the heat on Egyptian authorities searching for the attackers, and is said to be taking a personal interest in the case.

The Secretary of State has made violence against women a top priority since she took office, and the latest incident is said to be of 'paramount' importance to her.

tate Department spokesman Mark Toner said: 'I know the secretary is obviously aware of the case and very concerned by it.'

He called the situation 'paramount' to Clinton and referred to the attack as a, 'horrific incident'.

'Obviously the safety and well-being of journalists has been a concern throughout this entire situation in Egypt,' he said.

'This entire process has been of paramount importance to us.

'We have engaged with the Egyptian government and in multiple cases we've tracked the whereabouts and safety of journalists throughout.'

Miss Logan was on assignment in Cairo's Tahrir Square - the centre of last week's protests - when she was beaten and sexually assaulted while covering celebrations following the resignation of then President Hosni Mubarak.

CBS News indicated that she was overwhelmed along with her camera crew and security staff: 'It was a mob of more than 200 people whipped into frenzy. In the crush of the mob, she was separated from her crew,' the network said.

'She was surrounded and suffered a brutal and sustained sexual assault and beating before being saved by a group of women and an estimated 20 Egyptian soldiers.'

After reconnecting with her team, the 39-year-old returned to her hotel and was flown out of the country within hours on a chartered network jet.

The New York Post spoke to one of Miss Logan's former bosses, who said it was likely the foreign correspondent would return to reporting in the Middle East.

Janet Leissner, a former Washington bureau chief for CBS said: 'I wouldn't be surprised.

'Lara is very tough, very courageous and very, very smart. She wants to report the story correctly, and that means being on the ground.'

Miss Logan's attack happened just days after CNN's Anderson Cooper and his crew were punched and kicked by an angry mob while reporting from the country.

The attack has raised debate over the use of female journalists in hostile situations.

Hours after details of the attack on Miss Logan emerged, Nir Rosen, a New York University fellow, wrote on Twitter that she was 'probably just groped like thousands of other women'.

He added: 'Lara Logan had to outdo Anderson.

'Yes yes it's wrong what happened to her. Of course. I don't support that. But it would have been funny if it happened to Anderson too.'

The comments caused Mr Rosen to resign his position at New York University.

Political commentator Debbie Schlussel also faced fierce criticism for comments she made on her blog.

Mrs Schlussel posted a picture of Miss Logan on her blog, under the headline: 'Islam Fan Lara Logan Gets a Taste of Islam', before adding 'How fitting that Lara Logan was 'liberated' by Muslims in Liberation Square while she was gushing over the other part of the 'liberation'.'


---Sexually assaulted CBS reporter Lara Logan could become target for copycat attacks: Ex boss
Submitted by Jamie Williamson on Fri, 02/18/2011 - 07:12
http://www.topnews.in/usa/sexually-assaulted-cbs-reporter-lara-logan-could-become-target-copycat-attacks-ex-boss-27767

New York, Feb 18: Lara Logan's former boss has said that the sexual assault and brutal beating of the CBS foreign correspondent could "turn her into a target" should she return to war reporting.

Janet Leissner, who ran the CBS Washington bureau for eight years until 2009, said that Logan may risk copycat attacks now that she''s "very well known," reports the New York Post.

She told London''s Daily Mail: "[Logan''s] tough as nails and a very tenacious woman and I have no doubt she will be thinking about coming back. But CBS has to sit back and ask: ''Will she become a target?''"

Leissner said Logan had once been "roughed up" in Baghdad and left with broken teeth and a bloody mouth, but carried on with her work.

"Lara is a very strong woman and I wish the best for her," she added. "I think she's going to have to take a very strong measure of herself, she has a family to consider and I don't know how that's going to weigh on her in terms of her responsibilities as a mother." (ANI)


---Lara Logan in Cairo - 'I will never forget how scared I was’---
by Janine di Giovanni 7:00AM GMT 18 Feb 2011
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/8331713/Lara-Logan-in-Cairo-I-will-never-forget-how-scared-I-was.html

Women correspondents are often at greater risk in certain trouble hotspots, says veteran war correspondent Janine di Giovanni

The ordeal of the former GMTV presenter Lara Logan in Tahrir Square last week is one that everyone who reports war and conflict dreads, but it is a particularly painful one for a woman. Logan, who is a senior correspondent for the American news station CBS, was reporting from the crowded square minutes before Hosni Mubarak stepped down.

Separated from her crew, the jubilant moment turned ugly. She was suddenly surrounded by a mob of 200 people. CBS said later that Logan suffered “brutal and sustained sexual assault” and beating.

For both women and men, reporting in a mob scene or crowd, particularly in the Middle East or Africa, is one of the most harrowing experiences.

I have worked as a foreign correspondent for nearly 20 years and worse than being shelled is the feeling of a crowd, whether an angry mass in Gaza or a group of soldiers in Liberia, approaching you and surrounding you, and you not being able to escape. This is particularly so for a woman, where the risk of abuse or rape is high.

Logan was saved by Egyptian soldiers and a crowd of women, but others have not been so lucky. In 1993, the 23-year-old Reuters reporter Dan Eldon, was ripped apart and murdered by a frenzied mob in Mogadishu along with three of his colleagues.

In my career as a war correspondent, I have endured mock executions and being marched at gunpoint into woods by paramilitary soldiers, but my worse memory is of being surrounded by a drugged-up gang of Kalashnikov-wielding child soldiers in Sierra Leone. I wasn’t thinking about being shot: I was thinking about being raped.

My driver was hysterical and could not move through the crowd. The soldiers were opening the car door, trying to yank me out. In the end, we managed to drive forward and I escaped unharmed, but I will never forget how scared I was.

Is reporting war more perilous for women? It is always hazardous for women to work in places where they are not usually seen in public, and often men are angered to see a female reporter, particularly if she is not veiled (as Logan was not).

The Middle East and Afghanistan are not easy places for women to work, but no war zone is. Try sleeping in a tent with 20 soldiers, or being the only woman embedded in a camp with them.

Afghanistan, shortly after the fall of the Taliban, was a nightmare for women reporters. The Northern Alliance soldiers we were travelling with in the autumn of 2001 had not seen a woman’s face unveiled for years and, even though we wore headscarves, they would stare at us repeatedly. One told me: “There are two kinds of women. Good ones who stay at home and cover their faces and bad ones who show theirs. With those women, we assume: Tonight you are mine.”

I watched this treatment of women for two months until one morning, in Tora Bora, fed up with being groped, I slugged a soldier. Everyone was shocked because he was carrying a rifle, but I had simply lost it. I had had enough.

Lara Logan, a 40-year-old mother of two, was just trying to do her job. Much has been made of the fact that Logan also happens to be strikingly beautiful, but the psychology of rape is not about sexual attraction: hence the hundreds of women, including elderly grandmothers, raped in the Congo. Sexual assault and rape is about power.

In 2001, the British journalist and mother Yvonne Ridley came under attack when she was caught and imprisoned by the Taliban for riding a donkey into Afghanistan during the American bombing. She was criticised for taking the risk. Later Ridley pointed out that John Simpson had done the same thing as her and no one had criticised him.

I was on a panel with her at the Imperial War Museum, and I was heavily pregnant at the time. Ridley was defending herself. I remember she asked me: “I wonder what you will do when that baby is born and you have an assignment?”

Logan is a mother, and has spoken about the risks she takes and how she dreads the thought of leaving her children without a mother. Logan was not the only journalist attacked in Tahrir Square - according to reports, 140 have been assaulted or injured.

All were doing their jobs - which is bearing witness. The fact that Logan is a woman makes it harder, but not more or less courageous.


---CBS’ Lara Logan called ‘Jew’ in attacks by Egyptian thugs---
February 18, 2011
http://www.jta.org/news/article/2011/02/18/2743036/cbs-lara-logan-called-jew-in-attacks-by-egyptian-thugs

NEW YORK (JTA) -- The Egyptians who attacked and sexually assaulted CBS reporter Lara Logan last Friday reportedly yelled "Jew! Jew!" while setting upon her.

A CBS source told The New York Post about the screams of Logan's attackers. Logan told Esquire that the Egyptian soldiers bothering her and her CBS crew while they tried to report from Cairo's Tahrir Square had accused them of being "Israeli spies." Logan, a reporter for "60 Minutes," is not Jewish.


---The Lara Logan Case---
By BINOY KAMPMARK
February 18 - 20, 2011
http://www.counterpunch.org/kampmark02182011.html

Sexualizing Violence

"We can forget those curvy 34D-cups, and the inverted commas. This correspondent has earned her battle honours." So ends a piece in The Scotsman (May 25, 2002) on the promotion of Durban-born Lara Logan from British breakfast television to CBS network’s 60 Minutes reporter. Farewell sofa journalism, and welcome to the dust of conflict.

Such willed amnesia has not, however, taken root when it comes to the exploits of the daring reporter, who found herself brutally assaulted by protesters while covering the Egyptian unrest. The official press reaction was one of shock, but dig deeper, and a good deal of misogyny bubbled to the surface. On moving to GMTV after the attacks of September 11, 2001, the comments came and the eyes rolled. ‘Men, women, Afghans,’ noted an unspecified American reporter, ‘just stare with their jaws to the sand as she walks by, even though she’s wearing the same dirty clothes we are. She is quite ravishing’ (Scotsman, May 25, 2002).

Julian Manyon, long serving correspondent for ITN, was even more blunt on the assignment to the Middle East. ‘Some of our jealous competitors have unkindly suggested that the unique access we have hitherto enjoyed to Bagram [is due to] the considerable physical charms of my travelling companion, the delectable Lara Logan of GMTV, who exploits her God-given advantages with a skill that Mata Hari might envy.’

With each bit of success, various parts of Logan’s various colleagues died with it. The envy quotient sky rocketed. Having given exclusives to the Mirror Group, rival papers duly dumped on her. She was merely a ‘war reporter’ with an appealing bod and expensive tastes.

Logan has shown herself to be plucky and determined to get her story, whatever respectable or saucy Mata Hari means these might have been. Journalism is a dirty business, and some find it objectionable that women might be as adept at securing their stories as men do. In 2002, she was arrested near Sangatte in France attempting to enter the UK with asylum seekers. From working with British breakfast television, her career was catapulted across the Atlantic, where she joined the CBS network. Again, the same Scotsman piece noted how, ‘There, the flagrant Ms L will present a version of the news show 60 Minutes, basking in the reflected glory of regular host, Dan Rather, and reaching a vast worldwide audience.’

Enter then, the events of February 11, when Logan found herself critically assaulted on being separated from her crew in Tahrir Square. Empathy, notably amongst certain colleagues, was lacking. Simone Wilson, writing for LA Weekly, could not help but mention Logan’s ‘shocking good looks and ballsy knack for pushing her way to the heart of the action’. With ‘Hollywood good looks’, the insatiable protesters duly found their target. As a furious Mary Elizabeth Williams explained in Salon (Feb 15), noting Wilson’s jab, ‘how else do Egyptians celebrate anyway but with gang assault? It’s like not like she deserved it, but well, she is hot, right?’ Sexualise the subject, and the boundaries vanish. The victim is effectively erased.

The reactionary Debbie Schlussel came up with a true, right wing corker, focusing on the brutality of Islam and its apologists (a not to veiled attack on Logan herself). ‘Lara Logan was among the chief cheerleaders of this “revolution” by animals. Now she knows what Islamic revolution is really about’ (Debbieschlussel.com, Feb 16). The fact that ‘Islam’ was rarely mentioned as a motive for revolution by most of the protest movement is a sure sign that Schlussel has avoided her own caveat of RIF - ‘Reading is Fundamental’. Thankfully, RIF is not something that has ever bothered Schlussel. Nor, it seems, many commenting on Logan’s fate.


---Attack On Lara Logan Unleashes Victim-Blaming and Islam-Bashing---
posted by: Laura Smith-Gary 20110218
http://www.care2.com/causes/womens-rights/blog/attack-on-lara-logan-unleashes-victim-blaming-and-islam-bashing/

Anyone who has spent time poking around on the internet will not be surprised that a story involving sexual assault, Muslims and a blonde reporter who once did part-time work as a swimsuit model unleashed a torrent of venom and vulgarity all over the web.

In the wake of CBS’s report that their reporter Lara Logan had been the victim of a "brutal and sustained sexual assault and beating," many news consumers reacted with empathy and support -- and many others reacted with vitriol and vicious mockery.
Hundreds of comments on this Yahoo News story, for instance, are variations of slurs against Muslims and Arabs, calls to "eradicate" them and assertions that anyone who goes into the presence of a Muslim man deserves to be raped. (Never mind, of course, that we do not know for sure who the attackers are, and never mind that Logan was rescued by an intrepid group of women and members of the Egyptian army, many of whom were no doubt Muslims and/or Arabs.)

Hundreds more commenters crudely speculate about Logan's body and the details of the attack. They call her "stupid," "arrogant," a "tramp," a "bimbo," a "professional victim," and a "liar," who was "flashing her titties," and should be "grateful" and "grow up" -- along with a laundry list of other invectives, many of them unprintable.
Several say the attack is “karma!” for the presumed advantages she has gained as a reporter with her "super-model looks," or her just deserts for her presumed liberal politics.

At NPR, the comments got so bad that not only were dozens deleted, one correspondent wrote a post reiterating the comment policy and writing "There's much we don't know about what happened. Until we learn more, for example, jumping to conclusions about her attackers adds nothing to the discussion. They're criminals. Period." He continues, "Blaming the victim is an old, tired game. Please don't."

"It Kinda Warms My Heart"
But the victim-blaming and Muslim-bashing wasn’t a phenomenon only of the nastiest sort of anonymous internet commentators.

Nir Rosen, a left-wing writer and former NYU fellow -- who resigned after being widely denounced for his reaction to this story -- tweeted that she was "probably groped," and that the attack was "wrong...but it would have been funny if it happened to Anderson too." (The last tweet is quoted by several news sources, but has been deleted from Rosen's twitter feed.) While Rosen didn't directly blame Logan for the assault, he seemed to suggest that her previous political positions made her less worthy of sympathy and defense, tweeting, "jesus christ, at a moment when she is going to become a martyr and glorified we should at least remember her role as a major war monger." Rosen has since apologized several times.

A few right-wing pundits seem to agree that the attack on Logan was a just -- or at least, inevitable -- consequence of holding ideas they find objectionable.

Debbie Schlussel captioned a picture of Logan "Alhamdillullah [praise allah] [sic, she's spelling it wrong], Islam Fan Lara Logan Gets a Taste of Islam." She writes, "it bothers me not a lick when mainstream media reporters who keep telling us Muslims and Islam are peaceful get a taste of just how 'peaceful' Muslims and Islam really are. In fact, it kinda warms my heart." She's since updated the post to say those who read that statement as saying she supports sexual violence are "morons."

At GatewayPundit, Jim Hoft suggests that the attack on Logan was the result of "political correctedness," writing, "Why did this attractive blonde female reporter wander into Tahrir Square last Friday?...Did she not see the rock throwing? Did she miss the camels?...What was she thinking? Was it her political correctness that about got her killed?"
Logan has "wandered" through many war zones, and I think it's safe to say she noticed that Egypt was in turmoil. Hoft's inference, of course, is that by not giving up on the story she is partly to blame for being attacked -- and that "political correctedness" in the only conceivable reason a pretty female reporter would want to report on one of the most important stories in the world.

Stand Against the Tide
Many internet writers and media figures have criticized the rampant victim-blaming and Muslim-bashing swirling around the story. Just a few stories critiquing the uproar include "What Not to Say About Lara Logan," by Mary Elizabeth Williams at Salon, "Trigger Warning: The Lara Logan Case on the Net" by Echidne of the Snakes, and "After Lara Logan's Assault, Media Helpfully Discuss Her Hotness," at Jezebel. In addition, no matter how vile comment sections on the news stories get, there are always commenters who stand up to those who are making rape jokes and comparing Muslims to insects.

None of the blaming, shaming and attacking happening on the internet around this story is new; the nonsensical arguments, the slurs and the crude jokes are all too frequently employed when it comes to news stories about sexual assault.
Victim-blaming is distressingly common in the mainstream media, among political figures, and in the courts.

However, because the public is paying attention to this story, it's an opportunity to bring these arguments out into the light and expose their nastiness and their foolishness. If we can make a case for not victim-blaming Lara Logan, and not using an assault on her as an excuse to stigmatize Muslims, then hopefully we can encourage people to question victim-blaming and racist or Muslim-bashing rhetoric in other cases that are less high-profile.


---Adding insult to Lara Logan's injury---
Amanda Marcotte
guardian.co.uk, Thursday 17 February 2011 15.13 GMT
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/cifamerica/2011/feb/17/lara-logan-assault-cbs

Some blame the CBS reporter for her assault; others condemn Egypt as a society of sexual violence. Neither is the real problem

Most people, regardless of political affiliation, reacted with simple horror and sympathy to the news that journalist Lara Logan had been sexually assaulted by a mob that took advantage of the tight-packed conditions in Tahrir Square during the post-Mubarak celebrations, which Logan was covering for CBS. Unfortunately, as anti-rape activists could have told you, there's no such thing as a sex crime too brutal that some folks won't try to use it for political score-keeping.

In this case, rightwingers who have an interest in stoking fear and loathing of Muslims worldwide pounced at the opportunity to smear all Egyptians with this crime. Popular rightwing bloggers Debbie Schlussel, Robert Stacy McCain, and Sister Toldja were among those who immediately used the attack to reinforce their anti-Muslim, anti-revolution arguments. But the real cause of sex crime is power, and its abuse, and that is a problem in all the nations on this planet.

While the reaction was entirely predictable, it should be resisted. Not to cover up or deny that sexual violence is a very real problem in Egypt, which is notorious for its high levels of street harassment, but because it's wrong to blame Egypt for this and pretend that it isn't a worldwide phenomenon that crosses cultural and religious boundaries. If street harassment and sexual assault in a culture precludes the people having a right to self-government, then there is no nation on the planet that can be a democracy.

In her otherwise good response to this tragedy, the Washington Post's Alexandra Petri does regrettably also give the "us v them" narrative some juice, arguing that in the United States, unlike Egypt, women can walk the streets "unmolested". But the very website she uses correctly to identify the problem of street harassment in Egypt also has studies that show up to 100% of American women suffer street harassment, as well. It's not uncommon in the US for groups of men to take jubilatory occasions and crowds as permission to sexually assault and rape women, either. Such attacks occur at college parties, high school dances and rock concerts, usually with a crowd of onlookers who don't intervene, as happened with Logan until the army and a group of women saved her.

The response from some quarters in the US should quell any notion that we've somehow grown past our issues with sexual violence that still plague Egypt. This attack also proved that there's apparently no sexual assault so brutal and no victim so clearly innocent that some people won't find an excuse to suggest the victim "had it coming". Journalist Nir Rosen used this as an occasion to complain that Logan will somehow be basking in the attention - as if there's a human alive who wants to be remembered for crime that is basically about humiliating, if not destroying, the victim. (Following an outcry about his remarks, Rosen has resigned his post as a fellow at the New York University centre for law and security.) But another blogger, theblogprof, objectified Logan in an attempt to blame CBS for allowing pretty female journalists to take the important assignments. The Gateway Pundit went the same route, suggesting that the response to sexual assault should be to institute formal discrimination against female journalists, keeping them at home and restricting their possibilities for raises and promotion.

In other words, men use sexual violence to put women in their place, and then a chorus of voices rises to blame women who get attacked for not knowing their place. Sadly, it wasn't just rightwing channels that used this as an opportunity to call for more limits on women's freedoms and opportunity. Simone Wilson of LA Weekly pounced to cast aspersions on Logan's professionalism and to imply she asked for it by taking tough assignments.

As feminists have forever said, sexual violence is a crime of power, committed to control and intimidate women. When people react to sexual assault and rape by suggesting women brought it on themselves, they finish the job the attacker started. It's sad to say that the assault on Lara Logan didn't end when she was rescued in Egypt, and to note that it's now being expanded as an assault on all women who have ambitions, or who are willing to be out in public while looking attractive. This response to Logan's attack should make it clear that the US and Egypt differ on the issue of sexual violence perhaps only in degree but not in kind. That there are differences in degree between cultures should tell us that sexual violence is not inevitable, that it can be curbed and even stopped - and we should never write men off as animals who cannot be expected to control themselves.


---Al-Jazeera's silence on Lara Logan---
Posted at 3:09 PM ET, 02/17/2011
By Jonathan Capehart
http://voices.washingtonpost.com/postpartisan/2011/02/al_jazeeras_silence_on_lara_lo.html

Writing about the horrifying sexual assault on Lara Logan, my colleague Alexandra Petri stated that "[t]his sort of story has a pernicious staying power...." And that would be true if you're getting your news from American outlets, especially the New York tabloids.

But if you want to know how the Logan attack is playing in the Arab world you'll be sorely disappointed. I was alerted to this by my friend Paul Chamberlain in Las Vegas. "I have an interesting observation for you," he wrote in an instant message. "I am one the many who fell in love with Al Jazeera's coverage [during the Egypt crisis] - Its app is a staple on my iPad - I watch their stream daily." Chamberlain is among those Americans who flocked to al-Jazeera for on-the-ground reporting on the Cairo protests from Arab reporters in the cultural capital of the Arab world.

"I was curious how they would handle the Lara Logan incident," Chamberlain continued. "Go here http://english.aljazeera.net/ and search 'Lara Logan.' " When you do it, your reaction might be the same as mine to Chamberlain, "um.....crickets." There was and continues to be nothing there. Or at al-Jazeera's Arabic-language site. Wow. He did note that BBC, Times of India and Le Monde all carried stories on Logan's assault.

Marc Lynch, professor of Middle East Studies at George Washington University, told Reuters this month, "Al Jazeera has probably achieved a revolution in its perception in the United States through its coverage of Egypt." A perception that is not helped by completely ignoring the Logan assault story.


---Nir Rosen discusses Lara Logan, Egypt attack tweets on Anderson Cooper: I was a 'jerk'---
BY Aliyah Shahid
DAILY NEWS STAFF WRITER
Thursday, February 17th 2011, 10:40 AM
http://www.nydailynews.com/news/national/2011/02/17/2011-02-17_nir_rosen_discusses_lara_logan_egypt_attack_tweets_on_anderson_cooper_i_was_a_je.html

Shamed journalist Nir Rosen told Anderson Cooper on Wednesday night that he felt like a "jerk" for mocking CBS News correspondent Lara Logan's sexual assault in Egypt.

Besides tweeting on Tuesday that Logan is a "warmonger," Rosen had written that she was trying to "outdo Anderson," who was beaten up while reporting in Egypt.

"I don't have an explanation. I was a jerk," said Rosen, an NYU fellow, who has since resigned from the university's Center on Law and Security. He said he was tweeting at 2 a.m. "I was being thoughtless, forgetting that I wasn't just talking to a couple of people."

Rosen, who has written for publications like Time magazine and The New Yorker, insisted that at the time, he didn't know Logan had been a victim of sexual assault, though he said it was "no excuse."

Cooper, though, wasn't convinced, noting Rosen had linked to a CBS News statement on Twitter, which said the assault was sexual.

Rosen had previously tweeted, "Yes, yes, it's wrong what happened to her, of course. I don't support that. But it would have been funny if it happened to Anderson too."

Anderson told Rosen, "You said she had to outdo me, so clearly you knew I had just been, you know punched a couple times, or roughed up a little bit. So you knew the attack was worse than that.… I can only assume you meant a sexual assault [on me] because I had already been roughed up."

Still, Rosen insisted he had not fully read the statement. "No matter what I say, it doesn't look good."

Lara Logan, CBS News Chief Foreign Correspondent and "60 Minutes" correspondent was sexually assaulted in Egypt, the network said. (Blankenhorn/CBS)

Cooper said Rosen sounded like a "bitter, jealous reporter who is angry at another reporter who is more well-known."

Last week, Logan, a "60 minutes" correspondent, endured a "brutal and sustained sexual assault by a mob of men while covering the Egyptian uprising," CBS News said on Tuesday. The 39-year-old was eventually saved by a group of women and about 20 Egyptian soldiers, the network reported. She is currently recovering at her home in Washington.

Shortly after Rosen's rant, he apologized profusely to Logan and her family on Twitter and to other media outlets, insisting, "The plan going forward is to redeem myself and show that my statements were not representative of my beliefs."

Rosen told Cooper that at the time, he thought Logan's assault would wrongly shift the focus from events on the ground.

"Dozens of women suffered from this attack, and one of them is going to get all the attention because she's white and she's a celebrity correspondent. I'm not, again, I'm not defending myself here or justifying it, but just explaining," he said.


---Lara Logan gets call from Obama as story details emerge---
Feb 17, 2011 08:36 AM
By Ann Oldenburg, USA TODAY
http://content.usatoday.com/communities/entertainment/post/2011/02/lara-logan-gets-call-from-obama-as-more-of-her-story-emerges/1

Lara Logan, who is continuing her recovery after being sexually assaulted in Egypt, got a phone call from President Obama yesterday.

The president wanted to offer Logan his good wishes. As she recovers in Washington at home with her husband and two children, Logan remains the subject of much conversation.

Nir Rosen, the journalist whose tweets joking about Logan's assault caused an uproar and forced him from his position as an NYU fellow on Wednesday, appeared on Anderson Cooper's show last night and told Cooper he was a "jerk" for writing his tweets, but insisted that he had not known the full details of what had happened to Logan when he first tweeted.

"I heard the word assault," said Rosen. "I figured, OK, many journalists are being pushed around and roughed up. Here's one more."

He said he was frustrated that "dozens of women suffered from this attack, and one of them is going to get all the attention because she's white and she's a celebrity correspondent. I'm not -- again, I'm not defending myself here or justifying it, but just explaining."

Meanwhile, the Los Angeles Times is wondering why CNN -- during Cooper's broadcast -- blurred out the faces of men surrounding Logan before she was attacked.

And in other Logan news this morning, Boston Herald writer Michael Graham, is questioning why CBS didn't report on its own Logan story sooner -- and with more detail. He notes that Logan was sexually assaulted by thugs yelling, "Jew! Jew!" -- a detail that was reported by The New York Post, not CBS. (Logan isn't Jewish.)

Reports the Post: CBS went public with the incident only after it became clear that other media outlets were on to it, sources said. "A call came in from The [Associated Press]" seeking information. They knew she had been attacked, and they had details. CBS decided to get in front of the story."

And finally, early this morning, ABC News correspondent Miguel Marquez was beaten in Bahrain. It's the latest attack on journalists covering violent protests across the Muslim world.


---Sex attacks are shameful secret job hazard faced by female war reporters---
By ASHLEIGH BANFIELD, ABC News Correspondent
Last Updated: 1:20 PM, February 17, 2011
Posted: 2:40 AM, February 17, 2011
http://www.nypost.com/p/news/international/reporters_attacks_are_shameful_secret_VW9OleSSgrhAQ3XGITlPwI

It ain't pretty being a war correspondent.

No one need remind Americans of the hazards that foreign correspondents face almost daily. But it's a sad little secret shared by many female war reporters that there's an additional nasty welcome awaiting us at many demonstrations and rallies populated predominantly by men.

There's a good chance we will be groped, pinched, slapped and/or experience severe molestation in a discreetly sinister way.

It's unpleasant . . . it's humiliating . . . and sometimes a painful nuisance -- but it's not something that's likely to change anytime soon. And it's something many of my female colleagues simply endure in order to carry on doing the job they love.

It doesn't often escalate to the kind of atrocities meted out upon Lara Logan in Egypt, but it can, and it does.

The truth is, the garden-variety rally in predominantly Muslim countries is strictly male. A woman's voice and presence is often muted in many of the places where the streets are erupting in political consternation right now.

Frequently, those rallies are frenetic and angry. The arrival of TV cameras is fuel on the fire.

The proximity of women, particularly Western women, can be a recipe for disaster.

One of my former Pakistani colleagues confided in me that she would never cover a political street rally because the predominantly male crowd would likely whip themselves quickly into a frenzy and confuse their political angst with sexual opportunity.

In short, they would grope anything that gets close -- be she foreign or local. It was at that very rally in Islamabad, after being pelted with fruit and small stones, that I experienced that of which my colleague was warning me -- an extraordinarily personal grope that can't be described on these pages.

Without question, it enlightened me as to the lengths some Muslim men, in some very strict societies, would go to defy their God for a fleeting thrill.

It also left me extremely uncomfortable covering crowded marches and demonstrations in Islamic nations.

Don't get me wrong, there are bad apples in every barrel, and I would like to think that the majority of men who congregate in these democratic assemblies in search of freedom adhere to the tenets of their faith.

But the risk remains . . . and the threat is real. And much as the violent death of Daniel Pearl chastened foreign correspondents to the realities of kidnappings and beheadings -- the violent and immoral crime perpetrated on our colleague Lara Logan will remind us all of a new normal that eclipses the humiliating frustrations that, until now, we simply believed we could brave.

I've often heard complaints while abroad of disdain for Americans and their "boorish" behavior. Perhaps a healthy dose of international coverage of what happened to Lara might serve to silence some of our Eastern critics. But I doubt it.


---Lara Logan's Egypt Interrogation Tell-All: "The Army Is Not on the Peoples' Side. The Army Is on Its Own Side."---
February 11, 2011 at 11:47AM by Foster Kamer
http://www.esquire.com/blogs/politics/lara-logan-egypt-5219471

UPDATE (2/15) /// Lara Logan Assaulted: Notes from the Night Before >>

Lara Logan has, so far, not been declared insane. This despite arriving in Cairo today, just as President Mubarak was leaving, just a week after her driver was beaten there and she - a CBS News reporter, one of America's most visible foreign correspondents - was detained and interrogated in secret along with her crew, by the army, in an undisclosed location, and told to leave the country, post-haste. Because Mubarak was about to step down, and chaos would break out anew. And yet, a voice comes on in the background over the phone Thursday night: an airline pilot reminding Logan and her fellow passengers that they're in for what should be a smooth, overnight flight to Egypt.

But Lara Logan, you see, is not afraid. "There's no doubt in my mind that the situation we were caught in before, we are now arriving into again," she tells The Politics Blog. And about that situation, which resulted in Logan and her crew's widely reported secret detention for a night: What the hell happened? For starters, the government flipped the circuit breaker on standard procedure and started using checkpoints that foreign journalists could breeze through, in order to interrogate them. This change took place over the course of a day. "Those suddenly became like running the gauntlet," Logan says. She excuses herself, she bumped into someone. On the jetway. "They searched the journalists until they found the cameras. My producer got through that checkpoint because he didn't have any cameras with him, but I was with one, and when they found the cameras, that was it."

"It" being the start of a very bad way to end one's business trip. She continues: "One guy got in our car, then the next check point they climbed all over the car, then the next check point we went higher and higher and higher up the chain. They don't tell you what's going on because they don't want you to have any defense. They don't want you to be able to help yourself."

And just so we're clear, who are "they"? Are "they" the mobs in city squares of thousands? The police we first saw in clashes? No, Logan fumes. Try again. Try the same group that is about to take control of the thirteenth largest country in the world. "We were not attacked by crazy people in Tahrir Square. We were detained by the Egyptian army. Arrested, detained, and interrogated. Blindfolded, handcuffed, taken at gunpoint, our driver beaten. It's the regime that arrested us. They arrested [our producer] just outside of his hotel, and they took him off the road at gunpoint, threw him against the wall, handcuffed him, blindfolded him. Took him into custody like that."

And if that's not enough of a reason to go back to Egypt, then the luxurious accommodations of her - Lara Logan, the stunning CBS News correspondent, that same person - surely are. Because this is Egypt. An American ally! There's nothing savage about this government, clearly. Except for the blindfolds. And the vomit.

"We were all blindfolded," Logan shuffles a bag into an overhead bin, shuts it. "They blindfolded me, but they said if I didn't take it off they wouldn't tie my hands. They kept us in stress positions - they wouldn't let me put my head down. It was all through the night. We were pretty exhausted." And then what? They let Logan go. She's an American journalist, not an enemy of the state. American journalists don't spend much time in conditions like this. Even Al Qaeda can get along with these guys. American journalists kidnapped by the Taliban were treated with dignity and respect. That's just how it goes.

Except that didn't happen in Egypt, either. "We were accused of being Israeli spies. We were accused of being agents. We were accused of everything." Not exactly turndown service. "I was violently, violently ill. I'd been ill for a few days - I hadn't mentioned it to anyone at CBS." So they gave you medical attention, this American ally? "Not at first, until I vomited so much that they did have a medic see me at this secret facility - they wouldn't tell us where we were. Then I was begging for an IV, and at first they wouldn't," as in, wouldn't give Lara Logan an IV, but then, "I vomited up everything that the medic gave me. I vomited all over the interrogation cell. I vomited all over this office they put me in after that, and so eventually they put me on an IV." And now you know what it takes to get a hydration IV in the middle of a regime upheaval in Cairo, and that's if you're an American and a journalist.

Logan has to get off the phone. She apologizes profusely. We want to know, one last thing before we wish her Godspeed, and safe travels, and all the things insane people should be wished before they do insane things: What don't we know? What doesn't the world understand about this situation that isn't being articulated in the news right now?

Before we can finish the question, Logan fires back: "The army as an institution is not on the peoples' side. The army is on its own side. They want to be with the winners. That's who they're going to stand with. If it looks like it's going to be the people, they're with the people. If it looks like it's going to be Mubarak, they're with Mubarak." That can get ugly, quickly. "Oh, it can. There could be a military coup on the way and we don't even know it at this point. The army's playing to win." Lara's gotta go. Cell phones off. Besides, Logan knows, as we touch upon a last point: She'll need that thing where she's going. "This is the Tiananmen Square of the cyber age. There's no question." She's doing the duck-and-answer on the plana, the one where you avoid a flight attendant on the prowl for deviants like her. We can't help but get one more question in: Is CBS insured for this shit? Are you insane? "You know," Logan smiles - probably a psychotic one simultaneously charming and otherworldly opaque - "I don't worry about things like that," she says. Among other things, like a cozy desk job, sane decisions, punditry, reluctance, and other luxuries she doesn't really have time for, "that's fortunately not in my lane."