2011年4月30日土曜日

英ロイヤルウエディング

英国でロイヤルウエディングがあった。
 英国のチャールズ皇太子と故ダイアナ元妃の長男で、王位継承順位22位
のウィリアム王子と、大学の同級生で中流家庭に育ったキャサリン
(愛称ケイト)・ミドルトンさんが、ロンドンのウェストミンスター寺院で
結婚式を挙げた。英国で「将来の国王」予定者が貴族階級ではない一般家庭
出身の女性と結婚するのは約350年ぶり。これまで愛称の「ケイト」を名乗
ってきたミドルトンさんは、英王室の一員になって「キャサリン妃」と呼
ばれる。

婚約の報道を見ていると互いに名前で呼び合うらしい。
キャサリン妃はウィリアムと呼ぶ映像が流れる。
日本ではありえない。
英国だから、世代だから、同級生だからなのか不明だが、庶民と同じ生活
だから、王室が開かれていると言うらしい。違う気もする。

母親からnoblesse obligeの方針を引継ぎ、実行しているとの報道を見るが、
特権と贅沢を正当化するようになって欲しくない。

世界中の愛を込めて
英国人は嫌われる
メキシコ大使館の抗議


英ロイヤルウエディング目前 記念切手など続々!(11/04/22)


Prince William kissing Kate Middleton


US Wedding Watchers Rise Early for Royal Wedding The Associated Press


---英ウィリアム王子挙式 約350年ぶりに一般出身の妃---
2011年4月30日 00時02分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011042990230444.html?ref=rank


【ロンドン=松井学】英国のチャールズ皇太子(62)と故ダイアナ元妃の長男で、王位継承順位2位のウィリアム王子(28)と、大学の同級生で中流家庭に育ったキャサリン(愛称ケイト)・ミドルトンさん(29)が29日、ロンドンのウェストミンスター寺院で結婚式を挙げた。英国で「将来の国王」予定者が貴族階級ではない一般家庭出身の女性と結婚するのは約350年ぶり。これまで愛称の「ケイト」を名乗ってきたミドルトンさんは、英王室の一員になって「キャサリン妃」と呼ばれる。
 新郎は近衛歩兵連隊「アイリッシュ・ガーズ」の赤い制服、新婦は英国ブランド「アレキサンダー・マックイーン」特注のウエディングドレスを着用。英国国教会・カンタベリー大主教の前で「死が二人を分かつまで」と宣誓した。結婚式には各国王族や英連邦諸国の首脳、サッカー選手のベッカム夫妻ら約1900人が招待された。
 結婚した2人はバッキンガム宮殿までの約2・5キロを1902年型の四輪馬車でパレードし、沿道では観客が振る無数の英国旗が揺れた。2人は宮殿バルコニーにも姿を現してキスを交わし、声援に応えた。式典は全世界で20億人がテレビ放映を見ると推計された。英王室はネットの結婚式特設サイトで中継動画を配信した。
 日本の皇太子ご夫妻は、東日本大震災を受け、結婚式への招待を断っており、林景一駐英大使が参加した。
(中日新聞)


---英国:ウィリアム王子結婚 英国のイメージ刷新=専門編集委員・西川恵---
毎日新聞 2011年4月30日 東京朝刊
http://mainichi.jp/life/today/news/20110430ddm007030132000c.html

 ダイアナ元妃が97年、パリで交通事故で亡くなった時、ローマ特派員だった私は取材応援で現地に飛んだ。連日、事故現場は追悼に訪れる人がひきも切らず、花束が小山をなした。英国でも同様で、世界中がその死を悼んだ。
 それは英王室のチャーミングな元皇太子妃が亡くなったという興味本位の枠を超えた広がりだった。私は取材をしながら、ダイアナ元妃が時代精神を体現したシンボルであったことへの人々の深い共感と哀惜の念を感じたのだった。
 今につながる当時の時代精神とは何か。それは国籍、民族、人種を超えた連帯、一言で言うなら地球市民意識であり、元妃はそれを行動で示し続けた。エイズにかかった子供を抱き、地雷除去キャンペーンに走り回り、地雷で片足を失ったアフリカの子供と一緒に写真に納まる……。
 元妃はインドで貧民救済に一生をささげたマザー・テレサ(97年没)や、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世(05年没)らに連なる、時代精神のメッセンジャーであった。
 そうした母を持ったことは王子にとって大きな財産だ。母の面影を深く宿した王子に、人々は事あるごとにダイアナ元妃を重ねる。古いしきたりに閉じこもらず、広い視野に立って行動するイメージを王子は母から託された。
 英王室が国際社会で占める位置を考えた時、そんな王子とキャサリン妃のカップルは、英国にとって強力な外交カードとなる。
 かつて東欧の外務省高官から「ローマ法王とエリザベス英女王の訪問があって普通の国になる」と聞いたことがある。新しく誕生した国や、体制転換を遂げた国にとり、長い歴史をもつバチカン(ローマ法王庁)と、伝統と権威ある英王室の最高責任者の訪問を受けて初めて国際社会の仲間入りを果たす、というのだ。
 例えば91年にユーゴスラビア(当時)から独立したスロベニア。08年、英女王を国賓として迎えた同国のトゥルク大統領が「これでわが国の国際社会への復帰プロセスが完了した」と語ったのは印象的だった。
 ただ英女王は85歳と高齢。ウィリアム王子とキャサリン妃のカップルは英女王の名代として外遊の機会は増えるだろう。外務省もカップルをフルに活用するはずだ。
 亡き母から託された、古きにこもらずダイナミズムにあふれる開かれた印象を体現する2人は英国のイメージを刷新するだろう。これは技術としての外交を超えて、英国の対外関係に広がりと深みを与えると私は思う。


---Royal wedding: Muted celebrations in Scotland---
Billy Briggs
guardian.co.uk, Friday 29 April 2011 23.31 BST
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/apr/29/royal-wedding-scottish-celebrations-muted

St Andrews University throws a party, but monarchists clash with republican demonstrators in Edinburgh

St Andrews led the festivities in Scotland when the Fife town hosted a colourful celebration of the special relationship local people have with the royal couple.

Pipe bands, highland dancers and an array of singers and musicians entertained about 2,000 guests who attended an event at the University of St Andrews where William and Kate were students between 2001 and 2005.

Guests arrived for a celebratory wedding breakfast at 8am in St Salvador's Quadrangle at the heart of the ancient institution. They listened to live music performed on three stages before watching the wedding ceremony on a large screen. There was a festival atmosphere akin to a tartan Proms with guests attired in summer dresses, full highland regalia, top hats and tails.

Those attending the event included Sir Menzies Campbell, the university chancellor and local Liberal Democrat MP. He said he wished the royal couple a long and joyful life together. "There is a feelgood factor around. You can feel it here today and I could feel it last evening when I was in London. At a time of economic austerity, people look for distractions. This is a diversion, of course, but a diversion that helps people to feel better," he said.

"There is also the global impact and the interest from around the world reflects the fact that the UK and the monarchy still occupy a very significant position in the minds of people around the world. Look at how many Americans are here, from all over the USA, from Kentucky, Minnesota. It's almost as if the Boston Tea Party never happened."

Dr Charles Warren, who taught Prince William geography, said the university had always been very proud of him. "He has such a positive image, they both do, and their marriage today pulls the nation together. That sounds such a cliche but it is really great to have something positive to celebrate," he said.

Owen Wilson, student president, said: "Today is special but and it's town and gown which is important. The university has invited people from all walks of life and it's a real celebration for the whole of St Andrews."

Elsewhere in Scotland, though, celebrations were somewhat muted compared with revelry in England. Far fewer official street parties were organised in Scotland than in England. There were 16 in Edinburgh, seven in East Lothian and four in the Borders. In Glasgow, there was just one road closure for a street party and in a number of areas, including North Ayrshire and West Lothian, there were no official parties registered.

Dundee trades union council held its annual Mayday march and rally and said the royal wedding provided "no feelgood factor" for those facing cuts in jobs, services and benefits.

About 400 watched the wedding on a big screen in Festival Square in Edinburgh, but a group of about 60 republican demonstrators gathered outside St Giles' Cathedral on the Royal Mile. Police did not allow them to march as they had not applied for a licence. The protesters were challenged by a group of about 20 supporters of the monarchy but police kept the two sides apart.

---What stiff upper lip? Nah, it’s lower lip wobble---
By Margie David Collins
Philippine Daily Inquirer
First Posted 06:01:00 04/29/2011
http://newsinfo.inquirer.net/inquirerheadlines/nation/view/20110429-333563/What-stiff-upper-lip-Nah-its-lower-lip-wobble

LONDON—Someone said over 8,000 members of the foreign press are here to cover the royal wedding. And they’ve been paying extortionate sums for prime sites to put up their studio tents.

All the American big hitters—Barbara Walters, Matt Lauer, Diane Sawyer, Katie Couric—are all over the place to report on the nuptials. To our curious shame, Americans are more gung ho about this wedding than we are. They have to appropriate ours because Chelsea Clinton’s wedding was such a blah.

Across the pond, they’ve been running back-to-back documentaries on Wills and Kate (what else could they possibly unearth?) We’re just catching up over here.

Oprah interviewed John Haley, landlord of the pub in Bucklebury where Kate’s parents go for a pint of lager when they’re not making millions selling party poppers for kiddie parties to harried moms. But maybe the Middletons are now too posh for beer they’re ordering Bolly instead. What could Oprah possibly ask him?

She’d be better off scuttling over to Peach’s Store run by India-born Chan and Hash Shingadia; they know never to run out of mint Viennetta ice cream (for Wills) and Haribo sweets for Kate.

Chan and Hash, Haley, the butcher Martin Fidler, and Ryan the postman—they’ve all been invited to attend the wedding ceremony. That’s noblesse oblige for you; classy.

Meanwhile, some grand noses have been put out of joint because they hadn’t been invited. Sarah Ferguson for one, Prince Andrew’s ex—maybe if she didn’t embarrass the royal family so much with her humongous debts and gaffes.

Our former Labor PMs, Tony Blair (TB) and Gordon Brown, are also out. Maybe it’s just that Wills is a natural-born Tory?

Baroness Thatcher was invited but isn’t attending because of poor health. Sir John Major, who preceded TB and is a Tory, he’s attending; the same Sir John who was appointed guardian to William and Harry after their mother died.

Rubberneckers and royalists

The wedding, we know, is our gift to so many people around the world who will take from it so much joyful, unadulterated pleasure.

London—yeah, we know it’s the coolest city on earth—was brought to a standstill at 4 in the morning when 1,500 members of the Armed Forces conducted a full rehearsal of the ceremonial procession. That’s organization for you. It’s the least we can do for our visitors—show them great pomp and circumstance.

London expects over one million spectators, rubberneckers and royalists to line the streets and camp outside Westminster Abbey. British Airways alone expects to fly in 250,000 people into London this week, with the busiest routes from the US.

One early camper was Donna Werner, 56, from Connecticut. “I booked my flight and hotel on the day Kate and Wills announced their engagement. I left my husband and three kids at home. They think I’m crazy.”

Most protected wedding

Walked by Parliament Square in the spring sunshine. Lovely. Except for the security arches and crash barriers everywhere.

The police say protest groups and other spoilsports will target the royal wedding. It’s reassuring to know we’ve deployed snipers, spotters, sniffer dogs and Special Branch to make sure there is no security glitch on the day.

Police say this wedding will be the most protected royal wedding ever. The protection officer who is prepared to take a bullet for Wills was in the morning papers. He seems awfully young to hazard his life for someone else’s, even if it’s our handsome Prince’s.

You know those po-faced Guardsmen you see in postcards wearing industrial-strength scarlet coats and bearskin hats? Well, they will be lining the route of the royal procession and escorting the royal couple. Spare a big urinary thought for them. They have been given orders to “faint to attention” if the heat on Friday proves too much for them.

And if the pressure on their bladder is too much after hours of standing stiffly, the thick Barrathea wool trousers they’re wearing have apparently been designed to “cover their embarrassment,” although as Guardsman Shaun Marsden said, “you might get a few little puddles.” Pissing on your parade takes on a new meaning, doesn’t it?

Dig in the ribs

He may have blue blood coursing through his veins, but he appears to be just like any other nervous groom who doesn’t relish the prospect of over two billion pairs of eyes watching him exchange very personal vows with his Lady Catherine.

“I was telling everyone I did the rehearsal the other day and my knees started tapping quite nervously,” he said. “It’s quite a daunting prospect but very exciting and I’m thoroughly looking forward to it.”

His rambunctious brother Harry, his best man, is said to be writing his best man’s speech with a couple of William’s best friends. “We will make sure we dig him in the ribs a few times and embarrass him, make him lose some more hair. I will tell a few stories, but my grandmother will be there, so I’ll have to be selective, make sure people know the good and the bad that he’s had since he was a nipper,” Harry told the BBC.

We think we know them—the royal family, I mean. Some of us, because as taxpayers we contribute towards the £7.9-million Civil List the queen receives every year for official duties, think we own them, or have a right to them. It’s just biological lottery; they cannot help who they are.

Lunch with ‘outsiders’

As a young boy, Wills wanted to be a policeman so he could protect his mum (from his dad, the press, boyfriends). He couldn’t be anyone else but who he is. His friend, the journalist Tom Bradby, said: “It’s no great secret that William would much rather be getting married in the village church in Bucklebury.”

Or perhaps not. The pretty village at the heart of Middleton country is currently drowning under the weight of tourists, broadcasting vans and Oprah.

You have to feel for the Middletons. Their lives will probably never be their own again.

In January, it was revealed that the queen still had to meet Carole and Michael—Kate’s parents—to sort of break the ice before the wedding. This was a snub, the kind of welcome that “outsiders” can expect if they marry into “The Firm,” harrumphed the tabloids.

So last week, Her Maj and Prince Philip had the Middletons for lunch at Windsor Castle; it was a cozy affair—just the four of them, a private secretary and equerries (they’re like posh servants and personal attendants indentured to the service of the royal household).

Street parties

Great excuse for a knees-up; been invited to a number of parties to mark the big day! There’s a champagne party at a friend’s house in London; a neighbor is hosting a garden shindig and someone from work asked me to join their street celebrations. Local governments have allowed some 5,000 street parties to go ahead on Friday, including 10 Downing Street.

You’d think that number would be higher, don’t you, but there are vast apathetic swathes of the country where Friday will be just another non-event; even the beauteous couple can’t lift the economic gloom afflicting straitened parts of these fair isles.

Crown Jewels condoms

Supermarkets have already run out of bunting, Union Flags, crackers and sparklers—all made in China. At least one country stands to profit! Ditto some of the memorabilia on sale—mugs, tea towels, Kate and Wills dolls, and get this, Crown Jewels condoms. Some crafty entrepreneur in a dusty factory in Guangzhou has a sense of humor, if not history.

Carole and Michael came in for some jolly drubbing from the media this week when their Party Pieces business website advertised a last-minute sales drive urging readers to organize a traditional British street party with themed buntings, platters and flags.

Kate’s brother James was also accused of cashing in on the royal wedding, having registered three new party-organizing businesses in the last two weeks alone.

The Daily Mail, which regards itself as the protector of middle-class values and holder of the high moral ground, ran a piece today on Kate’s embarrassing uncle, Gary Goldsmith, who will be at the wedding. He was the one filmed snorting lines of cocaine in his Ibiza villa, Maison de Bang Bang, and was reported to have offered the News of the World drugs, boasting of his royal connections and claiming that his first words to William, who was visiting with his niece, was “Oi, you f....r!” Never mind the dusty skeletons, there’s always one oik in the family cupboard.

Raiding the royal gardens

The First Grandmother did one better. She has allowed the royal gardens to be plundered (denuded?) to provide foliage and floral arrangements for Westminster Abbey and the receptions at Buck House.

Glorious, gorgeous trees and flowers ... at this time of year, the azaleas and rhododendrons are in indiscriminate bloom; the roses and wisteria; cherry blossoms and magnolias; crab apples, weeping birches and snowdrop trees.

Shane Connolly, artistic director of flowers for the wedding, has been working with Kate to recreate a quintessential English country garden inside Westminster Abbey. He says she’s a dream client with an incredibly good eye.

“The meaning of flowers has been very important to Catherine. The bride is much taken with the language of flowers. Lily of the valley, which may feature in her bridal bouquet (still a secret, like her dress), suggests purity; myrtle, true love; and bindweed means ‘let us unite.’”

After two glorious weeks of unseasonal sunshine, rain is forecast for Friday. But like true Brits, we will be ready with the brolly. There will be jubilant singing, shouting, clapping and cheering—the full bevy of exclamation marks, as most of us wrap ourselves in the Union Flag on Friday morning. What famous stiff upper lip? Nah, more like a tear-stained lower lip wobble.

2011年4月29日金曜日

東電福一原発 責任は誰にあるのか

原発事故の責任が問われる。
東電福一原発放射能漏洩問題で責任を感じている人はいない。
本来は、国家方針として助成したのだから、総理大臣に責任がある。
実質、東電からの献金が無い(?)のだから、突き放せば良いと思うが、
唯一の内閣の友人に影響され、保護するようだ。
内閣の友人は、震災対策と称して、増税で、国家財政の赤字を減らそう
としている。民主党は、物を考える力が無いため、説明を信じ、すぐに
納得してしまう。
政権交代の際は、自民党の国家運営力を持ち、金や欲にまみれていないと
勝手に期待していた人が多かったと思うが、実際、金や欲を目の前にすると、
遠慮することなく、飛びつく。国家運営よりも自分の欲が優先することを
多くの人が感じている。誰が見てもわかる「いい加減な言い訳」で、その場
をやり過ごす。
経験が無いから国家運営は無理と言う時代があったが、未成年者が子供を
生んだとき、初めてだから、子育ては無理と言えることが驚きだ。そんな
親をもった子供は将来生きていけないだろう。

東電が日米金融機関にそっくり。
国家資金が入っても高給は変わらず、悪いのは自分のせいではないと言う。

東電擁護の報道が面白い。
・非常用ディーゼル発電機不起動の確率
 想定外の理由にしているが、共産党(?)の委員会質疑で、国も東電も危険
 を周知しており、巨額の設備投資を必要とするため、避けたと見る方が
 有力。
・地震予知学者達のM9想定外発言
 地震予知学者達は、地震予知は不可能との公表をしており、時期だけで
 なく、場所や大きさに対しても不可能と説明している。
・岩手、宮城、福島3県の津波予防策の不備
 予防対策を含むインフラ設備は一般的に、100年に一度の対策を想定して
 いる。県の一部には巨大津波の史実を発表していた研究者もいたが、
 採用されなかったが、伝承を守った地域もある。
・福知山線事故は国鉄解体のため
 国鉄解体でJR東日本も分割されたが、福知山線事故のような事故は
 見当たらない。社風の問題。
・JAL利用者の信用を失ったのは多発した事故
 経営者が業務内容を知らず、効率化と称して、結果的に整備を簡略化
 したために、起きた人災。整備手法を元に戻したら事故が減った。
・原発は最先端の技術
 製造から40年以上も経つのに、最先端と言う表現は当てはまらない。
 改修を続けることで、設備を最先端にするらしいが、詳細は不明。
 原子炉をまるごと交換したのは3号機だけか?。
・怪しげな扇動
 怪しげな扇動とは、反原発推進派を指すのか、それとも、フジサンケイ
 グループの菅叩きを指すのか。

米金融首脳 犠牲者を主張
グズとクズの集合体


【原発】東電社長が国会に 「初動対応」で追及(11/04/18)


仙台空港を津波が襲う ヘリが流された Tsunami Sendai Airport ,Earthquake


【原発】東京電力が賠償額の上限求める 福島事故(11/04/27)


---菅首相「原発賠償、最後まで国が面倒見る」---
2011年4月29日11時14分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110429-OYT1T00276.htm?from=top

 菅首相は29日午前の衆院予算委員会で、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、「一義的には東電に責任があることは言うまでもないが、原発を推進する立場で取り組んできた国の責任も免れるものでない」と述べ、国の責任を認めた。
 そのうえで、地域住民や農業、漁業の被害について「国としてしっかり補償する責任がある」と明言。さらに、事故の早期収拾と補償に関し、「最後の最後まで国が面倒を見るという姿勢で臨みたい」と強調した。民主党の渡部恒三氏の質問に答えた。


---ジャーナリスト・東谷暁 東電叩きによる「人災」---
2011.4.29 03:04
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110429/dst11042903050002-n1.htm

 もういいかげんに「東電叩(たた)き」をやめてはどうか。たしかに、今回の福島第1原発事故については東京電力にも責任があるだろう。しかし、そのことといま蔓延(まんえん)している陰湿な東電叩きとはほとんど関係がない。
 まず、東電の「想定外」発言を批判して何から何まで「人災」だと言うのは、恐怖に煽(あお)られた短絡にすぎない。この世の危険には確率計算できるリスクと、計算できない不確実性があって、リスクについて東電はかなりの程度まで想定していた。
 最終的に今回の事故の原因となった非常用ディーゼル発電機不起動の確率は1000分の1だったが、東電はこれを2台並列に設置して100万分の1の確率にまで低下させていた。しかも、非常用ディーゼル発電機は頑丈で津波にも拘(かか)わらず一旦は起動したが、この非常用ディーゼル発電機のサブ冷却系が津波にやられていたためオーバーヒートして途中で停(と)まったとの説は有力である。
 なかには、巨大な津波が来ることは分かっていたのに、低い防潮堤しかなかったため事故が起こったのだから、東電が対策を怠ったことになるという人もいる。しかし、これまで14メートルを超えるような津波は三陸海岸のものであって、福島浜通りに来たという記録はない。また、最近おずおずと発言を始めた地震予知学者たちも、口を揃(そろ)えてマグニチュード9は想定していなかったという。それでどうして東電がマグニチュード9によって起こる巨大津波を想定できるのだろうか。
 そもそも、たとえ東電が巨大津波を想定していたとしても、できる対策とできない対策がある。もし想定できることはすべて予防策の対象とすべきなら、岩手、宮城、福島3県の海岸に、巨大防潮堤を建設しなかった県および政府は、あれほど多くの被災者を、最初から見捨てていたことになるのではないのか。
 私が東電叩きをやめろというのは、それが私たちにとって損だからでもある。東電叩きには、東電に責任があるから政府は援助をするなとか、東電を解体しろという主張すらある。しかし、これこそ、私たちに新たなリスクを負わせることになるだろう。
 これまでも高度な技術をもった事業体を解体したさいには、巨大なリスクが生まれた。国鉄解体では組織内の技術が守られたかに見えたが、JR西日本では制御技術と技術者集団の継承性が損なわれて、福知山線事故という悲劇を生み出した。
 また、JALについてはいま給与体系や親方日の丸体質ばかりが論じられるが、最終的に利用者の信用を失ったのは多発した事故だった。この場合も、半官半民から完全な民間企業への変身が強調されるあまり、整備という航空業のコアを外注してしまうことで、組織内に蓄積された安全技術が流出したからである。
 原発という技術は、現代における最先端の技術の塊のようなものであり、ことに安全を確保するための制御技術は、設計者と使用者との間の連携が失われれば機能が低下してしまう。しかも、制御技術は組織そのものによって維持されている。これを東電叩きに乗じた怪しげな扇動によって解体してしまえば、新たな事故を招来しないともかぎらない。そうなってしまえば、今度こそ、東電叩きによる「人災」ということになるだろう。(ひがしたに さとし)


---「菅災だ」「官邸去れ」=野党が辛辣批判---
2011/04/28-21:49
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011042801227

 2011年度第1次補正予算案に関する28日の衆参両院の本会議では、野党議員から菅直人首相に対し「官邸を去るべきだ」「菅災だ」などと、辛辣(しんらつ)な批判が相次いだ。
 自民党の塚田一郎参院議員は、首相が21日に東日本大震災の被災地の福島県を視察した際、一部の被災者に声を掛けず避難所を去ろうとして「もう帰るのか」と非難されたことに触れ、「心の通っていない対応を象徴している。あなたが立ち去るべきは避難所ではなく首相官邸だ」と退陣を求めた。
 みんなの党の小熊慎司参院議員も「統一地方選での民主党の凋落(ちょうらく)ぶりは、菅内閣の震災・原発対応への国民の批判的評価の表れだ。補正予算成立後、首相として最大の貢献となる辞任の決断を期待したい」と迫った。
 公明党の斉藤鉄夫衆院議員も「今回の天災への対応は、初動の誤りと対応の遅さで人災へと広がった。誤った政治主導が招いた政治災害であり、菅首相による『菅災』と言わざるを得ない」と痛烈に批判した。
 首相はこうした批判に直接反論しなかったが、震災対応について「身を引き締めて政策遂行にまい進したい」などと強調した。


---役員報酬半減、大変厳しい数字…東電の清水社長---
2011年4月28日18時49分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110428-OYT1T00914.htm

 東京電力の清水正孝社長は28日午後、常務以上の役員報酬を50%カットすることについて、「50%カットは、大変厳しい数字と考えている」と東電本店で報道陣に語った。
 海江田経産相は同日午前の記者会見で役員報酬カットなどについて「まだ足りない。今の世論、国民感情も考えて欲しい」と述べていた。清水社長は一段のカットについて「現時点では未定」と明言を避けた。
 東電は今月25日、福島第一原子力発電所事故の損害賠償費用を捻出するため、常務以上の役員の年間報酬を50%、執行役員は40%、管理職は年収の25%、一般社員は20%を、それぞれカットする人件費抑制策を発表していた。


---原発賠償、免責あり得る=報酬半減は「大変厳しい」-東電社長---
2011/04/28-17:15
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2011042800761

 東京電力の清水正孝社長は28日、福島第1原発事故の被害補償に関し、巨大災害の場合は電力会社の責任を免除する原子力損害賠償法の規定について「私どもとして、そういう理解があり得ると考えている」と述べ、東日本大震災による大津波が免責理由に該当する可能性があるとの認識を表明した。都内の本社で記者団に語った。
 また、役員報酬の50%カットを決めた東電の姿勢を海江田万里経済産業相が生ぬるいと批判したことに対し、「大変厳しい(リストラ策)と考えている」と反論。ただ、今後の対応は「未定」として、さらなる減額などに含みを持たせた。


---東電、夏のボーナスは「40万1000円」---
2011.04.28
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110428/dms1104281228001-n1.htm

 東京電力が一般職員のこの夏のボーナス支給額を1カ月分とすることで労使が妥結したことが分かった。平均支給額(組合員平均38・2歳)は交渉ベースの40万1000円とみられる。同社の昨夏の平均支給額は83万6000円のため、半額以下となる見込みだ。
 支給額について同社は「福島第1原発事故で被災されたみなさまへの補償や設備復旧等にかかる諸経費の増加による経営状況の大幅な悪化等を踏まえて決定した」と説明している。
 福島第1原発の被災者への賠償に対応するには国などの支援が不可避だが、東電は前提として徹底したリストラを迫られている。
 すでに役員報酬の50%カットや保有資産の売却、新卒採用の見送りなどの方針を決めている。一般職員についても年収20%カットを実施する方針だが、早速夏のボーナスに反映された形だ。
 ただ、原発事故の収束はいまだめどが立たず、賠償額も判明していない。状況次第では今後、さらなるボーナス削減を迫られる恐れも残る。

2011年4月28日木曜日

空き缶要求

F35が欲しいらしい。
 空自のFXの機種選定に向け、防衛省は、関係政府に対する説明会を開き、
米、英両政府の代表が出席した。
 米政府は、F35(米英など9か国が共同開発中)とFA18E/F(米が開発)の
2機種、英政府は「ユーロファイター」(英独など4か国が共同開発)を
それぞれ提案する申し込みを同省にし、計3機種の候補の申し込みが出そ
ろった。同省は3機種の性能などを明示した提案書を受け付け、1機種に
絞り込む方針。

日韓共にF35のフルスペックを要求しているようだが、米国は、ダウン
スペックのものしか販売しない。それはF35開発に出資した国に対しても
同じことだ。

空自は、F35の開発工程が大幅に遅延していた場合、CXの時のように
納期延滞料をボーイングに請求できるのだろうか。請求されたところで、
ボーイングが支払うとは思えない。また、マスメディアから税金の無駄
使いと報道されるだろう。結局旧世代の戦闘機しか選択できないだろう。

殲20 タキシーテスト


Lockheed Martin F/35 Decolagem e Pouso Vertical - Tec Videos Widscreen


---F35:次期主力機候補をめぐる疑惑と真実(上中下)---
2011/04/24 09:25:26
文甲植(ムン・ガプシク)記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20110424000009

大量生産は難しいというが…「段階別に出庫量を増やし、2016年には年産110機」
米国国防長官の圧力説は…「ボーイングのF15SEも候補の一つ。1機種だけに肩入れすることはあり得ない」
武器搭載量が少ないのでは…「ステルス機能を発揮するため、武器を機内に納めなければならない」

 「2020年には、戦闘機が70機ほど不足する。ステルス機を60機導入しなければならない」(パク・チョンホン空軍参謀総長)
 「国民に十分に説明した上で、ステルス機能を備えた戦闘機事業を適切な時期に推進したい」(金寛鎮〈キム・グァンジン〉国防長官)
 「北朝鮮の長射程砲342門が配備された坑道陣地の攻撃は、空軍に依存せざるを得ない」(ソン・テクファン空軍戦力所要処長)
 韓国軍にとって今年最大の懸案は、F35戦闘機の導入をめぐる問題だ。F35は、現在生産と開発が同時に進められている世界唯一のステルス機。「敵のレーダーに捕捉されない」ステルス機は、相手の防空網をかいくぐって攻撃を加えることができる。
 F35の「兄」に当たるのが、F22ラプターだ。2006年、ラプターは圧倒的な強さをアピールした。アラスカ上空で行われた2度の空中戦演習で、F22が加勢した「ブルーフォース」は「レッドフォース」と対戦し、144対0、241対2という驚異的なスコアを出した。
 この演習に参加したF22は12機にすぎなかったが、当時は1機も「撃墜」されなかった。米国国防総省は、この強力な戦闘機を750機導入しようとしたが、187機で生産がストップした。1機当たり1億5000万ドル(現在のレートで約126億円)という高額な値段が問題となったのだ。
 そこで、同じ性能で価格を抑えた「普及型F22」として「F35ライトニング」が開発されたが、これには問題が生じた。「先に発見し、先に撃ち、先に落とす」という性能が過剰だというのだ。いったい何が真実なのか。
 F35のメーカー、ロッキード・マーチンのソウル支社は、63ビル(ソウル市永登浦区汝矣島洞)の46階にある。漢江とソウル市内を見渡せる広いオフィスに、社員はわずか6人。キム・ヨンホ支社長(工学博士)と予備役将官が、本紙の取材に応じた。

-なぜF35なのか。
 国防部(省に相当)は、次世代戦闘機(FX)の導入機を来年決定する。候補としてはF35と、F15を改良したF15SE(サイレントイーグル)、そして欧州で共同開発されたユーロファイター・タイフーンだ。F15SEとタイフーンはステルス機能が限定的な4.5世代、F35は第5世代に分類される。
 韓国内外の環境の変化によって、FX事業への関心が高まった。まずは、北朝鮮による哨戒艦「天安」沈没事件に伴う対北抑止力の強化だ。第二に、2000年当初は500機あった韓国空軍の戦闘機が、老朽化して退役し、20年には430機に減るという問題がある。
 第三に、中国や日本など周辺国がステルス機の開発に着手したという点だ。韓国だけがその流れに乗り遅れれば、戦力バランスが崩れる。空軍首脳部をはじめ、国防部・大統領府(青瓦台)でステルス機関連の発言が相次いでいるのは、こうした現実があるからだ。
 「稲妻」を意味するF35ライトニングには、空軍用(A)、海兵隊用(B)、海軍用(C)の3つのバージョンがある。バージョン別に、それぞれ全長が15.40-15.48メートル、翼の幅が10.67-13.10メートル、高さが4.57-4.78メートルとなっている。海兵隊用は、イギリスが開発した「ハリアー」と同じ垂直離着陸機だ。

-2012年から本格的に生産されるとのことだが、スケジュールに狂いはないのか。
 F35について提起される最も代表的な疑惑の一つが、今年から戦闘機が順調に出庫されるはずなのに、できていないというもの。ロッキード・マーチン・ソウル支社のキム・ヨンホ支社長は「12年から本格生産を開始するという計画に狂いが生じているとの指摘は、話にならない」と反論した。
 キム支社長によると、19機のF35が既に米空軍・海軍・海兵隊でテスト飛行を受けている段階で、その回数は700回に上るという。今年は米空軍に10機が引き渡され、12年(英国・オランダ)、14年(英国・イタリア・オーストラリア)、15年(イスラエル)までの引き渡し計画が整っている。
 ロッキード・マーチン社は、F35を11段階に分けて出庫している。最初は2機、その後も12機、17機と数が少ない。このため単価は高いが、第8段階では、出庫される戦闘機が年間110機になる。この時点から、安く量産できるというわけだ。

-海兵隊用の垂直離着陸機は、開発が中止される可能性もあると言われているが。
 キム支社長は「3つのバージョンのうち、空軍用のA型と海軍用のC型には何の問題もない」と語った。一方、最も難しい垂直離着陸機能を備えた海兵隊用のB型では、リフトファンの部分に致命的な欠陥が見つかり、テスト飛行が遅れた。
 このため、出庫が遅れたり、米国国防総省が開発中止の警告を発令したなどと報じられている。キム支社長は「それは事実。そうした懸念をぬぐい去るため、現在62回予定されているF35Bのテスト飛行の回数を増やし、年末までに101回実施する」と語った。

-米国のゲーツ国防長官が、F35を韓国に押し売りしようとしたとのニュースがあるが、真相は。
 ゲーツ長官の圧力説は、長官が今年1月14日に李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した後に浮上した。十日後に金寛鎮国防長官が、防衛事業庁の業務報告で「ステルス機事業を早期に推進する案を検討せよ」と指示したことが、そうした疑惑を裏付けると主張されている。キム支社長は「韓国軍の次世代戦闘機候補は、F35とF15SE(ボーイング)、ヨーロッパのタイフーンではないのか」と問い返した。「候補として米国製の戦闘機が2機種含まれているのに、米国の国防長官が特定の機種に肩入れすることはあり得ない」というわけだ。

-F35の武器搭載量を現在の空軍主力機と比較してみると。
 F35の武器搭載量は5800ポンド(約2.6トン)。F16よりやや多く、F15よりはやや少ない。F35はステルス機のため、武器搭載量が限られている。ステルス機は、武器をすべて機内に搭載し、レーダーの追跡を避ける。キム支社長は「最初に敵の防空網を無力化した後、武器を外に搭載する。その場合、搭載量は1万8000ポンド(約8.1トン)に増える」と語った。

-F35はソフトウエアが不十分な「空き缶戦闘機」と言われているが。
 F35には、「ブロック」というソフトウエアが付随する。ブロックは0.5→1.0→2.0と続き、3.0で完成する。F35のハードウエアは完成段階にある。一方ソフトウエアは0.5で、初期レベルだ。外見はそれらしく見えるが、能力は不十分な「空き缶」という批判はここから生まれた。
 キム支社長は「年末までに“ブロック1.0”になり、12-14年には2.0、16年には3.0が完成する」と説明した。F35は、注文から引き渡しまでに3年を要する。つまり、13年に注文しても、16年にはブロック2.0ではなく3.0が引き渡されるというわけだ。
 米空軍は今年、ブロック0.5を受領したが、なぜ「空き缶」を買うのか。それは、独自の戦術飛行のためだという。ブロックが高まれば、既に供給されている戦闘機のソフトウエアはアップグレードされる。キム支社長は「空き缶」という批判に対し、このように反論した。
 「F35が本当に空き缶ならば、なぜ米国が2443機も導入し、共同開発国のイギリス(138機)やイタリア(131機)も大量購入し、勇猛なイスラエル空軍が20機も購入するのか。空き缶という言い方は、F35のみならず航空先進国に対する冒涜(ぼうとく)だ」
 では、なぜこうした疑惑が出てくるのか。キム支社長は「戦闘機の開発に欠かせないシステムズ開発実証(SDD)という概念を理解していないからだ」と語った。量産までに多くの時間を要するのは、問題の発見→テスト→問題の発見→テストという手順を繰り返すからだという。

-韓国がF35を次世代機種に決定した場合、受領できる時期は最速でいつごろになるのか。
 キム支社長は「韓国空軍がF35の早期引き渡しを希望し、来年発注すれば、理論的に14年には可能だ」と語った。14年は、F35の共同開発に参加した英国・イタリア・オーストラリアに戦闘機を引き渡す年に当たる。
 これは、条件から考えて不可能とみられる。韓国空軍は、次世代戦闘機の導入を15年から16年へと延期した。低い水準のソフトウエアを搭載した戦闘機を慌てて導入すれば「空き缶」という批判にさらされるため、ブロック3.0が完成する16年まで導入を先送りしたというわけだ。

-韓国空軍は次世代戦闘機を何機導入するのが適正か。
 現在議論されている導入機数は、60機。この程度ならば、北朝鮮との戦力比較は「ゲームにならない」というのが、ロッキード・マーチンの主張だ。北朝鮮は、第3世代の戦闘機が中心で第4世代のものを所有していないため、そもそもランクが異なるというわけだ。


---F35:戦闘機の世代区分とは---
2011/04/24 09:20:15
文甲植(ムン・ガプシク)記者
http://www.chosunonline.com/news/20110424000006

完全ステルスは第5世代、限定ステルスは4.5世代
 1903年、ライト兄弟は12秒間空を飛んだ。5年後には1時間2分にわたり空を飛んだ。その後100年間で、航空産業は目覚ましい発展を遂げた。戦闘機の世界で、第1世代の先駆けとなったのは、6・25戦争(朝鮮戦争)で「ジェット機」と呼ばれたF86セイバーだった。
 ジェットエンジンを搭載したF86は、同じくジェットエンジンを搭載したソ連のミグ15戦闘機によってB29爆撃機がしばしば撃墜されたことを受け「ミグキラー」として開発された。1950年代後半からは、ターボジェットエンジンを搭載した超音速のF104や、フランスのミラージュ戦闘機が「第2世代」として登場した。
 超音速性能に加え空対空・空対地などの多目的戦闘能力を備え、レーダー誘導ミサイルによって視界外戦闘まで可能なF4ファントム、ミグ25は「第3世代」に当たる。現在も各国で主力機種となっているF15、F16などは第4世代に分類される。
 第4世代の戦闘機は、レーダーで探知しにくい標的を探索でき、中・長距離での交戦が可能だ。これに限定的なステルス機能を付与したラファールやユーロファイターなどは、4.5世代と呼ばれることもある。


---F35:戦闘機の価格、どこまで上がるのか---
2011/04/24 09:20:11
文甲植(ムン・ガプシク)記者
http://www.chosunonline.com/news/20110424000005

3年前は6000万ドル、昨年は6500万ド…5年後は?
 F35戦闘機1機の価格は、開発が完了する2016年には9200万ドル(現在のレートで約78億円、以下同)となり、01年当初の予想に比べ2倍近い価格になるのではないか。こんな疑問が一部から出ている。価格の高騰は国民の負担になるのに、安くできていないという主張だ。
 ロッキード・マーチン韓国支社のキム・ヨンホ支社長は「08年に6000万ドル(約51億円)だった単価が、昨年6500万ドル(約55億円)程度に上がったのは事実」と語った。ただし、戦闘機の価格はパイロットの訓練費、部品の調達計画、武器の追加搭載といった要素によって変わるため、一律に語ることはできないという。
 日本やイタリアはF35の「自国内組み立て」にこだわっている。この場合、技術移転費が加わる。従って、費用の総額を機体数で割って戦闘機の価格を算定するのは、ナンセンスというわけだ。9200万ドルという金額も、そうした誤解から出た可能性があるという。


---空自FX、米・英が3機種申し込み---
2011年4月13日21時01分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110413-OYT1T00897.htm

 航空自衛隊の次期戦闘機(FX)の機種選定に向け、防衛省は13日、関係政府に対する説明会を開き、米、英両政府の代表が出席した。
 米政府は、「F35」(米英など9か国が共同開発中)と「FA18E/F」(米が開発)の2機種、英政府は「ユーロファイター」(英独など4か国が共同開発)をそれぞれ提案する申し込みを同省にし、計3機種の候補の申し込みが出そろった。同省は9月末まで3機種の性能などを明示した提案書を受け付け、11月をめどに1機種に絞り込む方針。

2011年4月27日水曜日

ギフォーズ 負傷から回復

ギフォーズ議員が負傷から回復したようだ。
 米アリゾナ州トゥーソンの銃乱射事件で頭部に重傷を負ったガブリエル・
ギフォーズ民主党下院議員が、自分の足で立ち、補助器具を使って歩ける
まで回復した。
 議員は右半身が思うように動かないため、左手で字を書く。買い物用の
カートを使って歩行訓練を行い、山歩きがしたいと話しているが、長い
文章を口にするには時間がかかる状態だという。

ギフォーズ議員は、夫でエンデバー船長のマーク・ケリーの打ち上げに
立会うため、フロリダ州を訪れる外出許可が医師の出たようだ。

リハビリを続けることにより、生活に困らないまでになれば良いと
思う。お大事に。

血の中傷と銃規制


Congresswoman Gabrielle Giffords Will Attend The Next Space Shuttle Launch!


Giffords Standing on Own, Trying to Improve Gait


---ギフォーズ米議員、自立歩行も 乱射事件の負傷から回復---
2011年4月25日 10時09分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011042501000101.html

 【ロサンゼルス共同】1月の米アリゾナ州トゥーソンの銃乱射事件で頭部に重傷を負ったガブリエル・ギフォーズ民主党下院議員が、自分の足で立ち、補助器具を使って歩けるまで回復した。24日の米紙アリゾナ・リパブリック(電子版)が医師らの話として伝えた。
 議員は右半身が思うように動かないため、左手で字を書く。買い物用のカートを使って歩行訓練を行い、山歩きがしたいと話しているが、長い文章を口にするには時間がかかる状態だという。
 議員の回復ぶりは目覚ましく、医師らは脳に同様の負傷をした患者らの中で上位5%のグループに入るとしている。
 先月、事件で6人が死亡したことを初めて知った。夫で宇宙飛行士のマーク・ケリー氏が事件を伝える新聞を読み聞かせていたところ、死傷者に関する部分を読み飛ばしたのに気付いた議員は新聞をつかみ取り、自分で読んだ。そして涙を流し「こんなにたくさんの人が…」と繰り返し、ふさぎ込んだ。
 29日にはケリー氏が船長として乗り込むスペースシャトルが打ち上げられる予定。議員はケネディ宇宙センターで打ち上げに立ち会いたいという強い意思を示しているという。


---ギフォーズ議員に外出許可、夫のシャトル打ち上げに立ち会いへ---
2011.04.25 Mon posted at: 11:10 JST
http://www.cnn.co.jp/usa/30002548.html

 (CNN) 1月に起きた銃乱射事件で頭部に重傷を負ったガブリエル・ギフォーズ3 件米下院議員が、夫の搭乗するスペースシャトル「エンデバー」最後の打ち上げに立ち会うため、フロリダ州を訪れる。関係者が24日、同議員に医師の外出許可が出たことを明らかにした。
 エンデバーは29日にフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げ予定。ギフォーズ議員の夫のマーク・ケリー氏が船長として搭乗する。ケリー氏は妻が1月8日にアリゾナ州トゥーソンで起きた事件で頭部を撃たれて重傷を負って以来、1日に2回、テキサス州ヒューストンの病院を訪れ、回復を支えてきた。
 関係者によると、ギフォーズ議員には看護師1人が付き添う予定だが、医師は同行しないという。出発は27日か28日になる見通し。
 医師や友人によると、ギフォーズ議員は目覚ましい回復ぶりを見せ、短い言葉が話せるようになったほか、歩行具につかまって歩き、左半身は十分に使えるようになったという。
 ケリー氏は25日放送のCBSの番組で、「(ギフォーズ3 件議員の)人格は100%保たれている。現時点で歩くのは難しく、コミュニケーションも難しい」と話した。外出許可が出たと聞くと「すごい」という意味と思われる言葉を発し、こぶしを突き出したという。
 エンデバーの打ち上げにはオバマ大統領一家も立ち会いを予定している。

2011年4月26日火曜日

BP ハリバートン提訴

BPがハリバートンを提訴した。
 BPは、米メキシコ湾での原油流出事故から1年となる20日、爆発した
油井のセメント施工を担当した油田関連サービスの米ハリバートンを
提訴した。同社が事故発生を食い止められた可能性がある重要情報を隠ぺい
したと主張している。

米メキシコ湾原油流出事故
BP 11人の作業員が死亡、約490万バレルの原油が流出。
数百億ドルに上る賠償金の支払いを迫られた。

BP対ハリバートン
・流出事故の総費用、金利分、訴訟費用、懲罰的賠償金の支払い
 420億ドル程度を要求
・ハリバートンによる間違い、脱漏、詐欺、隠匿という不適切行為が、
 ディープウォーター・ホライズン事故を招いた
・ハリバートンは自社が(セメントの)原料の情報をごまかしていることを
 認識していた

BP対トランスオーシャン
・原油流出は、緊急時閉鎖弁(?)による噴出防止が機能しなかったため。
・損害賠償金400億ドルの支払いを求め提訴。

元副大統領チェイニーの前職のハリバートンは民間人を訓練してイラク等
の戦地に派遣する悪名高い会社だが、手抜き工事でも悪名高いようだ。
日本でも土木や建築業界の手抜き工事の報道は、最近こそ減ったが、
無くなったわけではない。世界中で手抜き工事が横行し、その度、事故が
発生している。手を抜けばいつか結果は返ってくる。
考えればわかるのことなのに。

オバマ関係者 CIA暗殺委託暴露か
メキシコ湾原油流出最終報告書


Gulf Residents Reflect on Year-Old Oil Disaster The Associated Press


---英BPが米ハリバートンを提訴、原油流出事故で---
2011年 04月 21日 18:31 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20749020110421

 [ロンドン 21日 ロイター] 英石油メジャーのBPは、米メキシコ湾での原油流出事故から1年となる20日、爆発した油井のセメント施工を担当した油田関連サービスの米ハリバートンを提訴した。同社が事故発生を食い止められた可能性がある重要情報を隠ぺいしたと主張している。
 BPは賠償金の請求額は明らかにしていないが、流出事故の総費用、金利分、訴訟費用、懲罰的賠償金の支払いを要求した。総費用については、BPはこれまで420億ドルとしている。
 裁判書類によると、BPは「ハリバートンによる間違い、脱漏、詐欺、隠匿という不適切行為が、ディープウォーター・ホライズン事故を招いた」と主張。「ハリバートンは自社が(セメントの)原料の情報をごまかしていることを認識していた」とも指摘した。 
 BPは同日、爆発したリグを保有していたスイスのトランスオーシャンを相手どり、賠償金400億ドルの支払いを求める訴えも起こしている。
 同事故では11人の作業員が死亡したほか、約490万バレルの原油が流出。BPは数百億ドルに上る賠償金の支払いを迫られた。


---BP Sues Halliburton Over Gulf Disaster---
APRIL 21, 2011, 7:36 A.M. ET
By GUY CHAZAN
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704071704576276421727774228.html

BP PLC said it had filed a lawsuit against Halliburton Co., claiming its "misconduct" contributed to last year's Deepwater Horizon disaster that led to the worst offshore oil spill in U.S. history.

The lawsuit was filed Wednesday, the first anniversary of the blowout on BP's Macondo well in the Gulf of Mexico, which destroyed the Deepwater Horizon rig and killed 11 men. It came shortly after BP filed suit against two other contractors, Transocean Ltd., the Deepwater Horizon's owner and operator, and Cameron International Corp., which manufactured a critical safety device called a blowout preventer.

Wednesday saw the expiration of a court-issued deadline to make filings preserving the right to sue companies involved in the spill.

Aside from BP, the main owner of the Macondo well, no company has faced more criticism over the disaster than Halliburton. It designed the failed cement seal that experts think allowed explosive gas to flow into the well and reach the Deepwater Horizon. Halliburton doesn't deny the seal failed, but argues BP should have run tests that would have revealed the problem.

In the filing, BP said its action was to hold Halliburton accountable for "improper conduct, errors and omissions, including fraud and concealment." In a statement, it said the President Commission that investigated the Gulf disaster concluded that the cement slurry designed, mixed and pumped by Halliburton failed, that the company didn't provide BP with the results of failed cement tests and that its technicians "missed critical signals that hydrocarbons were flowing into the wellbore."

"The record is clear that Halliburton's misconduct contributed to the accident and spill," it said.

Halliburton said it would "vigorously deny these claims."

A BP spokesman said the company wasn't suing Halliburton for a particular sum, but would ask for damages of up to the total cost of the spill. Last year BP set aside $40.9 billion for spill-related costs.

Earlier BP filed claims against Transocean and Cameron, maker of the blowout preventer-a huge set of valves that is designed to shut down a well in an emergency. BP contended that if the blowout preventer had functioned properly, the spill could have been largely avoided.

The BP complaint said Transocean was responsible for multiple failures of safety devices and well control procedures. It said BP was seeking at least $40 billion in damages. BP also seeks to force Cameron to contribute all or part of the damages that could be levied against the oil giant by the federal government.

Cameron said in a statement that it was "not surprising" that the companies are filing to protect their indemnity rights, adding that in order to protect itself it had filed counterclaims against other parties to the litigation. A Transocean spokesman called the BP lawsuit "specious and unconscionable." It said its contract with BP indemnified it against all claims related to pollution and environmental damage.

2011年4月25日月曜日

ヤンキー原発運転停止提訴

ヤンキー原発運転停止に提訴した。
 原子力発電会社エンタジーは、バーモント州にある同社ヤンキー原子力
発電所の閉鎖を阻止するための訴訟を同州バーリントンの連邦地裁に起こ
した。
 バーモント州は同社ヤンキー原発の2012年3月以降の運転継続に同意しな
いと発表。これに対してエンタジーは、同社との合意に反するとして、同
原発の強制的閉鎖を回避するための命令を同地裁に求めている。

バーモント州
・原発の運転を認める権限を州に移管する法律を可決。

NRC
・ヤンキー原発の運転免許を更新し、2032年3月まで運転を認めた。

エンタジー社
・連邦政府は「原発の運転をめぐる独占的権限」を有する
・バーモント州のシャムリン知事、ウィリアム・ソレル司法長官、
 公共サービス委員会のメンバー3人を提訴。
・同州電力の約3分の1を供給。
・原発の木製の冷却塔が崩壊
・地中パイプから放射性物質トリチウムが漏れていることが判明。
 地中パイプに関する事前説明がなかった。
・原子炉は、福島第一原発1号機と同型
・高額の電気代を払うNH州、MA州へ供給
・売却しようとしたが、買い手つかず

また、地方分権の権力争いとなった。
裁判は最終的に最高裁までいき、民主党よりの裁判官により判決がでる
と思うが、福島ショックは来年まで続くようなので、州政府が勝利する
可能性が高い。認可切れや新設の州は州政府が許可しないことになり、
連邦政府の原発推進とは反対となる。
NRGエナジー社のSTP原発の投資打切りがあったり、NRCも独立していない
との噂がある。当分の間、原発は開発できないかもしれない。
二次電池が、高効率変換でき、安価になれば、電気を蓄えられるが、
現状では難しい。

米テキサス原発開発中止へ
米原発 安全議論


Nuclear Power Company Sues Vermont For Refusing To Renew Plants License


Arnie Gundersen On Democracy Now - Tuesday 19 April 2011


---米NRG、原発投資を中止 合弁相手の東芝は継続見通し---
20110421
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110421/mcb1104210505020-n1.htm

 独立系発電会社で米最大手のNRGエナジーは19日、東芝と合弁で米テキサス州に原子炉2基を建設する事業について、今後の投資を打ち切ると発表した。東京電力福島第1原子力発電所の事故の影響で、米国内の原発事業の将来性が低下していることが理由。同社はまた、これまでの投資分を評価損として処理することも明らかにした。
 NRGが投資を中止するのはサウス・テキサス・プロジェクト(STP)の3、4号機の建設。NRGのクレーン最高経営責任者(CEO)は発表文で、「日本で起きた悲劇的な原発事故は、米国の新規原子力開発においてさまざまな不確実性をもたらし、STPの3、4号機建設が計画通り進む可能性を著しく低下させた」と説明した。
 同プロジェクトでは一部のエンジニアリング作業が先月停止されたが、東芝は3、4号機の建設許可取得に向け投資を継続する見通しだという。
 NRGの発表によれば同社は東芝との原子力合弁事業で2011年1~3月期決算に税引き前で約4億8100万ドル(約400億円)の評価損を計上する。4~6月期にも最大2000万ドルの関連費用が発生する見通し。
 NRGと東芝が共同出資する事業開発会社、ニュークリア・イノベーション・ノースアメリカ(NINA)は、ヒューストンの南約130キロに原子炉2基の建設を計画。出資比率はNRGが88%、東芝が9.5%。
 米証券会社ウンダーリッヒ・セキュリティーズのアナリスト、ジェームズ・ドブソン氏は「悪い予兆はあった。問題は、いつ、経営陣が公表する準備ができたと完全に決断するかだった」と述べた。ドブソン氏によれば、原子力と競合する天然ガスの価格下落によって、すでに今回のプロジェクトの経済性については疑念が生じていたという。
 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の天然ガス価格は今年、100万BTU(英国熱量単位)当たり平均4.197ドルと08年の平均から53%下落している。
 米原子力規制委員会(NRC)は先月、福島第1原発事故を受け、さらなる検証が必要な分野を特定するため、国内施設の審査を90日間凍結する方針を明らかにしている。米情報サービス会社、ブルームバーグ・ガバメントの試算によれば、原子力業界は、火災対策や使用済み核燃料の貯蔵といった安全上の懸念に対処するために100億ドル以上の出費を強いられる可能性があるという。(ブルームバーグ Edward Klump)


---東芝受注の米原発、主導の電力大手撤退 福島事故で---
2011/4/20 11:04
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE0E2E2E3968DE0E2E2E6E0E2E3E39F9FE2E2E2E2

 【ニューヨーク=小川義也】東芝と組んで米テキサス州で原子力発電所の増設を計画していた米電力大手NRGエナジーは19日、福島第1原発の事故で事業の先行きに不透明感が強まったとして、投資を打ち切ると発表した。この事業には東京電力も出資する計画だったが、見送る方向で検討。事業主体であるNRGエナジーの事実上の撤退で、東芝が受注した原発2基の建設は実現が一段と難しくなった。
 NRGエナジーはサウス・テキサス・プロジェクト(STP)原発の3、4号機建設への投資に関連し、1~3月期に約4億8100万ドル(約400億円)の特別損失を計上する。4~6月期にも最大2000万ドルの特損を計上し、追加投資も取りやめる。
 NRGエナジーのデイビッド・クレイン最高経営責任者(CEO)は19日の電話会見で、「事故後、規制当局の動きなど不透明な要素が強まった。3、4号機の建設計画が消滅したわけではないが、株主に対してこれ以上の投資を正当化することが困難になった」と述べた。
 米原子力規制委員会(NRC)は福島第1原発の事故を受け、米国内の原発の安全性の再評価に着手している。今後、原発の建設・運転に必要な認可の取得と、米エネルギー省から事業への債務保証を受けるための手続きの費用は東芝が負担するという。
 NRGエナジーは2008年、自社が88%、残りを東芝が出資する合弁会社を設立。この合弁会社が主体となって3、4号機の建設計画を進めてきた。投資額は100億~110億ドルで、16年から17年にかけて運転を始める計画。東芝は総出力270万キロワットの改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)2基を受注していた。
 STP原発3、4号機は東芝として海外受注の第1号案件だった。東芝は事業を継続する意向とみられるが、新たな提携相手を探す必要がある。


---米の原発売り込み、規制委が関与? ウィキリークス暴露---
2011年4月20日5時2分
http://www.asahi.com/international/update/0419/TKY201104190522.html

 米原子力規制委員会(NRC)の幹部らが、自国の原子炉売り込みに関与していたことが告発サイト「ウィキリークス」が入手した米外交公電で判明した。意図的な行動ではなく利用された可能性もあるが、規制当局であるNRCの独立性を疑わせる内容。ロイター通信が18日、報じた。
 報道によると、2007年2月、原発の導入を計画しているベトナムを訪れたNRCのメリフィールド委員(当時)は、フランスや日本の企業からすでに接触があったとベトナムの規制当局から聞かされ、「(米国の)ゼネラル・エレクトリック(GE)やウェスチングハウス(WH)からも話があるはずだ」と答えたという。
 原発推進中の南アフリカでは08年11月、米仏の企業のほかNRCの技術者も参加して原子力規制に関する会議が開かれたが、現地の大使館発の公電には「今回の会議の非公式の狙いは、WHの南ア進出を支持することだった」と書かれていた。
 またイタリアで09年、クライン委員(当時)が米企業幹部とともに現地大使館も共催するフォーラムに出席。公電は「クライン氏の参加は米原子力企業へのさらなる支持となった」と伝えた。イタリアは、1986年のチェルノブイリ原発事故を受けて原発を凍結しているが、電力不足のため再開を検討している。
 こうした動きは、地球温暖化対策などとして原子力が見直される「原子力ルネサンス」の中、米メーカーが仏アレバなどと激しい受注争いを繰り広げていることが背景にある。現在、GEは日立製作所と連合を組み、WHは東芝の傘下に入っている。
 NRCは75年、原子力の推進と規制が一体だった旧原子力委員会を解体して生まれ、推進側のエネルギー省から独立した存在とされている。(ワシントン=勝田敏彦)


---米バーモント州:原発停止めぐり電力会社と法廷闘争---
毎日新聞 2011年4月19日 18時46分
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20110420k0000m030032000c.html

 福島第1原発と同型の原子炉を持つ米東部バーモント州のバーモント・ヤンキー原発をめぐり、運営する電力会社エンタジーは18日、来年3月で同原発の運転停止を図る州知事らの判断は無効として同州の連邦裁判所に提訴した。
 AP通信によると、バーモント州は原発の運転延長の是非を判断できるとする州法を持つ全米で唯一の州。電力会社と州による異例の法廷闘争に発展しそうだ。
 同原発は1972年11月に運転を開始。来年3月の使用期限を前に米原子力規制委員会(NRC)が東日本大震災後の先月21日に20年間の使用延長を認めた。
 しかし、シャムリン知事は福島第1原発事故を引き合いに、州法に基づき運転延長を認めない方針を表明。これに対し、エンタジーは「原発の安全性は連邦政府が判断する」として、州法は無効と主張している。
 知事は声明で「エンタジーは州法を支持していた」と指摘した。
 この原発では、地中パイプから放射性物質が漏れていることが昨年判明。地中パイプに関する事前説明がなかったことも含め、州側のエンタジーに対する反発が強まっていた。(ワシントン共同)


---米、原発運転停止で提訴 福島と同型、州知事判断無効と---
2011年4月19日 18時15分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041901000790.html

 【ワシントン共同】福島第1原発と同型の原子炉を持つ米東部バーモント州のバーモント・ヤンキー原発をめぐり、運営する電力会社エンタジーは18日、来年3月で同原発の運転停止を図る州知事らの判断は無効として同州の連邦裁判所に提訴した。
 AP通信によると、バーモント州は原発の運転延長の是非を判断できるとする州法を持つ全米で唯一の州。電力会社と州による異例の法廷闘争に発展しそうだ。
 同原発は1972年11月に運転を開始。来年3月の使用期限を前に米原子力規制委員会(NRC)が東日本大震災後の先月21日に20年間の使用延長を認めた。
 しかし、シャムリン知事は福島第1原発事故を引き合いに、州法に基づき運転延長を認めない方針を表明。これに対し、エンタジーは「原発の安全性は連邦政府が判断する」として、州法は無効と主張している。
 知事は声明で「エンタジーは州法を支持していた」と指摘した。
 この原発では、地中パイプから放射性物質が漏れていることが昨年判明。地中パイプに関する事前説明がなかったことも含め、州側のエンタジーに対する反発が強まっていた。


---米エンタジー、原発閉鎖の撤回求めバーモント州提訴-運転継続主張---
更新日時: 2011/04/19 15:05 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=a1DGMtnw77sU

 4月18日(ブルームバーグ):米2位の原子力発電会社エンタジーは18日、バーモント州にある同社ヤンキー原子力発電所の閉鎖を阻止するための訴訟を同州バーリントンの連邦地裁に起こした。
 バーモント州は同社ヤンキー原発の2012年3月以降の運転継続に同意しないと発表。これに対してエンタジーは、同社との合意に反するとして、同原発の強制的閉鎖を回避するための命令を同地裁に求めている。
 同州は06年、同原発の運転を認める権限を州に移管する法律を可決している。
 訴状によると、米原子力規制委員会(NRC)はヤンキー原発の運転免許を更新し、32年3月まで運転を認めた。エンタジーは、連邦政府は「原発の運転をめぐる独占的権限」を有していると主張しており、バーモント州のシャムリン知事、ウィリアム・ソレル司法長官、公共事業を統括する公共サービス委員会のメンバー3人を訴えた。
 エンタジーによると、ヤンキー原発は1972年に運転を開始した同州唯一の原発で、同州電力の約3分の1を供給している。


---Plant Owner Sues Vermont Over License for Reactor---
By MATTHEW L. WALD
Published: April 18, 2011
http://www.nytimes.com/2011/04/19/science/earth/19nuclear.html

The owners of the Vermont Yankee nuclear power plant filed a federal lawsuit against state officials on Monday challenging the constitutionality of a state law giving the Vermont legislature veto power over operation of the reactor when its current license expires next March.

The federal Nuclear Regulatory Commission had granted the 39-year-old reactor a 20-year operating extension last month, setting up a court battle over who will decide whether the plant can operate.

The parties bringing the suit are two subsidiaries of the Entergy Corporation, which is based in New Orleans and sells power on the open market. When they bought the plant from local utilities in 2002, they signed an agreement with Vermont’s regulatory agency, the Public Service Board, agreeing that when the plant’s 40-year federal operating license expired in March 2012, its “certificate of public good,” would also need to be renewed. The state requires such certificates of all big power plants.

Vermont added another layer when it enacted a law forbidding the Public Service Board from granting such a certificate without the legislature’s approval.

In February 2010, the State Senate voted, 26 to 4, to refuse to grant such a certificate to Vermont Yankee, partly at the urging of the governor, Peter Shumlin, who was then a state senator. The House did not vote.

Richard Smith, an Entergy executive, said the legislature had improperly taken the decision out of the hands of experts at the Nuclear Regulatory Commission and given it to “political decision makers.” Only the Nuclear Regulatory Commission can make decisions about safety, he said.

But Mr. Shumlin, a Democrat, said the state legislators thought the plant was too old to operate reliably.

“I don’t talk about safety; it’s not my concern,” Mr. Shumlin said in a news conference in Montpelier after the suit was filed.

Underlying the struggle is that the plant has had embarrassing operational lapses in recent years, and is the same vintage and design of No. 1 reactor at the Fukushima Daiichi plant in Japan, which was damaged in the March 11 earthquake and tsunami.

Mr. Smith said in a telephone conference call: “You will hear that Entergy is going back on its word and breaking the deal it made in the 2002 Memorandum of Understanding. This is not true. We believe the general assembly changed the rules, and left us with no other choice.”

The suit, filed in Federal District Court in Burlington, argues that the federal government has exclusive jurisdiction on nuclear safety questions. But it also says that the state is trying to interfere with the interstate electricity market.

It accuses state officials of having suggested that they would grant a new operating certificate to Vermont Yankee if Entergy offered utility price breaks to Vermont residents. That would violate the federal authority’s exclusive right to regulate interstate commerce, the lawsuit says, because it would result in consumers in New Hampshire and Massachusetts paying higher rates.

The civil suit, filed by the subsidiaries Entergy Nuclear Vermont Yankee and Entergy Nuclear Operations, names the governor, State Attorney General William Sorrell and the members of the Public Service Board as defendants.

Mr. Smith said the plant should be allowed to keep running partly because it had received good ratings from an industry group, but the company refused to release the report.

The plant has had operational problems. A wooden cooling tower collapsed in August 2007. Also, plant officials appearing before two state panels were asked whether the reactor could leak tritium, as other reactors have. They answered that it had no buried pipes, but a few months later, a tritium leak was discovered from an underground pipe.

Entergy officials said the company tried to sell the troubled reactor, but no buyers stepped forward. The company must decide by July whether to order fuel to run the reactor beyond this fall.

2011年4月24日日曜日

Snow White



白雪姫は、英字新聞を読めないと思う。

---毒リンゴは日本産?英字紙漫画に総領事館が抗議---
2011年4月22日18時56分
http://www.asahi.com/international/update/0422/TKY201104220438.html

 国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは21日付で、白雪姫が「放射能の日本」の見出しがついた新聞を手に、毒リンゴを差し出す魔女に「ちょっと待って。あなたは日本から来たの」と問いかける絵柄の一こま漫画を掲載した。
 在ニューヨーク総領事館は「日本の食品に根拠のない不安をあおりかねない。誠に遺憾だ」などとして、同紙を傘下に持つニューヨーク・タイムズ社に抗議した。総領事館によると、同社側は「申し入れを重く受け止めている。今後の対応を慎重に考えたい」と回答したという。(ニューヨーク=田中光)

2011年4月23日土曜日

グズとクズの集合体

母乳からも放射性ヨウ素が検出された。
 市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」が独自に母乳を民間
放射線測定会社に送り分析、その結果を発表した。

放射性ヨウ素(I-131?)
・千葉県柏市      36.3Bq/kg
・茨城県守谷市     31.8Bq/kg
・茨城県つくば市     8.7Bq/kg→8.4Bq/kg
・茨城県つくば市     6.4Bq/kg
・宮城県白石市     未検出
・福島県福島市     未検出
・福島県棚倉町     未検出
・茨城県つくばみらい市 未検出

水道水 放射性ヨウ素 摂取制限
乳児   100Bq/kg
乳児以外 300Bq/kg

内部被曝により、母乳から検出された放射性ヨウ素は36.3Bq/kg。
母乳は、1/4が排出されると言う説によると母親の内部被曝は145.2Bq/kg。
子供は、大人の10倍危険と言う説によると子供制限値は30Bq/kg。
水道水の乳児摂取制限値を10倍すると1000Bq/kg。
基準値の矛盾が見つかる。

放射性ヨウ素による内部被曝は、尿として、大半は、体の外に排出される
と言う専門家の説があるが、1/4は、母乳に浸透すると言う説が有力と
なった。
血液のたんぱく質とミネラル等が浸透して母乳となるため、母親の血液も
内部被曝していることになり、最大8日間は全身を巡回し、そのいくらかは
尿として出るのだろう。

・放射性物質が付着した葉物野菜を1分(?)以上流水で流し検査しているのに、
 購入者は、つけ置き水で二・三回漬けて洗い、煮て食べる。
・生乳を地域単位で混合して検査。販売は個別。濃い放射性物質の入った
 生乳を飲む。

その場しのぎの経済を優先するから、母乳のような問題が報告される。
実際に風評を巻き起こしているのは、行政だろう。
次はどんな問題が発生するのか。

セシウム(Cs137)は筋肉に30年、ストロンチウム(St89,St90)は骨に28年の
時間が留まると言われる。
下水が整備されていても、Cs137やSt89、St90等の放射性物質は、日本周辺を
水を媒介として循環することになる。大気汚染の循環と同様、浄化はできず
汚染がひどくなっただけだ。

政府広報をひいき目にみても、早期に放射能汚染が解決すると期待したの
だろうが、1号機でさえ、メルトダウンとなり、チェルノブイリと比較する
と放出量は少ないものの10年以上の単位で、被曝量を考える必要があると
思う。なぜ、早急に被曝基準の見直しをしないか。

原発の問題は、徴兵の問題に似ている。
戦場の最前線に向かうのは、派遣請負業者や作業員の労働弱者ばかり。
議員は、法律も作らず、口を叩いて、仕事をしている振りをしている。
グズとクズの集まり。好戦的な敵が攻めてこないだけましな話。
福島の最前線で、犠牲になって亡くなっている人達は、行動しない議員の
ために犬死しているようだ。
議員の親族は、徴兵されても最前線に回されないと言われたことがあった
が、現在の状況を見ても議員の子息子女を含む関係者は、戦地で戦わない
ことを証明している。

グズ
・ストロンチウム検出から1か月後に発表
・レベル7は約1か月前から可能性認識
・モニタリングポストでの検出値の平均化と発表の遅延
・復興作業進まず

クズ
・歩く風評被害
・党員資格停止者の不信任案示唆
・震災対策法案に対して党員資格停止者への忠誠発表
・孫がいても親からこづかいをもらい、刷り込み行動する嘘つき
・政治資金献金のため、批判恐れて原発対策会議参加を否定
・景気低迷、食糧・燃料高騰に加え、復興増税
 ジャスミン革命発生原因の理解せず。

「権力にしがみつく者は代償を払うことになる」
「我々は馬鹿ではない」
と米国議員が言うが、多くの日本の国民が同様の意識を持っていること
を復興関係者は理解すべきだ。統一地方選の結果が明らかにしている。

放射性物質測定報道 3/24
1億人の被曝データ
我々を馬鹿だと思っているのか
学校の被曝基準


1/2【原発事故】10年後の日本 2021年(1)


2/2【原発事故】 10年後の日本 2021年(2)


1/10 放射能を噛みしめながら/小出裕章さん1


2/10 放射能を噛みしめながら 小出裕章さん2


3/10放射能を噛みしめながら/ 小出裕章さん3


福島第1原発2号機原子炉建屋の内部


3号機原子炉建屋1階1(1st Floor, Nuclear Reactor Building, Unit 3,1)


3号機原子炉建屋1階2(1st Floor, Nuclear Reactor Building, Unit 3,2)


---「東日本つぶれる」「20年住めない」…首相は「歩く風評被害」---
2011.4.22 23:11
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110422/plc11042223130035-n1.htm

 東京電力福島第1原子力発電所の事故は、放射性物質(放射能)をまき散らすだけでなく「風評被害」という副産物も生んだ。菅直人首相は22日の記者会見で「外国首脳が日本に駆けつけ『ある部分を除いては外国人が来ても大丈夫だ』『いろんなものを食べても大丈夫だ』と発信してくれている」と人ごとのように語ったが、ちょっと待ってほしい。事態をより深刻にしてきたのは首相自身ではないか。
 「思いつき」だけの軽はずみな発言を続ける首相はもはや「歩く風評被害」というほかない。
 「最悪の事態となったとき東日本はつぶれる」
 「(福島第1原発周辺は)10年、20年住めないのかということになる」
 これまで首相はこんな風評を流した。行政の長でかつ「ものすごく原子力に詳しい」と自負する人がこんな無責任な発言をすれば、国内外で「日本、特に福島県の製品・産品は危険なのではないか」と不安が広がっても仕方あるまい。
 後者の発言について、首相は直後に「私は言っていない」と否定したが、それならば、なぜ発言を流布した松本健一内閣官房参与を解任しないのか。枝野幸男官房長官が「適切な対応を検討する」と解任を示唆してもなおかばい続けるのだから「やはり首相の発言だったのではないか」との疑惑が深まっても文句は言えないはずだ。
 15日には、風評被害払拭を求めて首相官邸を訪問したJA福島の代表団からイチゴとキュウリを差し出され、いきなりこう尋ねた。
 「このまま食べても大丈夫ですか?」
 「悪気はなかった」と信じたいが、まるで野菜の放射能汚染にビクビクしているかのような言いぐさではないか。これでは風評被害を払拭するどころか、助長しかねない。
 「福島ナンバーの車が止まっていると『どけ』といわれる。福島県から他県に避難した子供が学校で『放射能がついているんじゃないか』といわれる」
 衆院福島3区選出の玄葉光一郎国家戦略担当相はこう訴えた。私事で恐縮だが、私も自家用車は「いわきナンバー」で義父母は福島県に暮らす。首相はこの窮状をどう受け止めているのか。江田五月法相は「根拠のない思い込みや偏見で差別することは人権侵害につながりかねない」と風評被害を断罪したが、この言葉をそのまま首相にぶつけるべきではないか。
 首相は22日の記者会見で東日本大震災を「危機の中の危機」と断じた。そう認識しているならば毎日国民の前に姿を現して風評被害の根絶を訴えるのが筋だといえる。日本の食料品や製品に海外から疑惑の目が向けられることにも「政府の情報発信のあり方が不信を招いているのではないか」と自問し、誤解を解く努力をすべきだろう。
 にもかかわらず首相は大震災発生以来一度もぶらさがり取材に応じず、官僚や政治家の足が遠のいた首相執務室で、次々に内閣官房参与に起用した原子力専門家らと連日「雑談」に興じているそうだ。自らの説明責任を果たさないまま、参与らを通して風評被害を垂れ流すとは…。
 震災発生後1週間ほど首相が周囲を怒鳴り散らしていたことは有名だが、怒鳴られた秘書官らは「きょうは何ミリシーベルト被曝(ひばく)した」と言い合っていたという。
 極めて不謹慎なジョークではあるが、首相がもはや官邸で「放射能」扱いされていることだけは疑いようがない。(阿比留瑠比)


---「消費税20%引き上げも求められる」 OECDが日本に指摘---
2011.4.21 14:30
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110421/fnc11042114300011-n1.htm

 経済協力開発機構(OECD)は21日、日本経済の財政状況や経済見通しを分析した2011年版「対日経済審査報告書」を公表した。日本の東日本大震災後の財政健全化に向けた取り組みについて、「被害を受けた地域の復興に考慮しつつ、11年度中に税制改革の詳細を公表し、増税はできる限り早く始めるべきだ」と注文、「消費税率は20%程度まで引き上げることも求められる」と指摘した。
 報告書では震災後の日本経済の見通しについても指摘。「震災によって短期的には経済活動が下押しされるものの、その後は復興に向けた民間や政府投資が見込まれるため、経済の低迷が長期化される可能性は低い」とした一方で、「12年の終わりまで需給ギャップを解消させるほどの経済成長は見込まれずデフレ圧力は持続する」と強調した。
 OECDは加盟各国の経済の現状やマクロ経済政策などを相互に審査した報告書を作成しており、日本に対する報告書は1年半ごとに発表されている。前回は09年9月に公表された。


---東電、1号機の燃料溶融の可能性認める 「炉心がドロドロに溶けた状態」---
2011.4.21 07:09
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110421/dst11042107120004-n1.htm

 福島第1原発事故で、東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は、1号機の燃料溶融について「炉心の状態が確認できないが、決して溶融していないと断定して申し上げているわけではない」と燃料溶融の可能性を認めた。20日の記者会見で話した。
 松本部長代理は、炉心溶融のイメージとして「炉心がドロドロに溶けてぼたぼたとたまっている状態。被覆管が割れて燃料棒が飛び出してくる形状もあると思うが、それらを炉心溶融ととらえている」とした上で、燃料が溶融しているか損傷しているかについては「わたしどもとしては急いで定義することは考えていない」とした。


---女性の母乳から放射性ヨウ素…千葉、茨城で---
2011.4.21 05:04
http://www.sanspo.com/shakai/news/110421/sha1104210504009-n1.htm

 おっぱいから放射性物質! 福島第1原発事故で各地の水道水や農作物から放射性物質が検出された問題を受け、市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」が独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析、その結果を20日に発表した。千葉県内居住の女性の母乳から1キログラム当たり36・3ベクレルの微量の放射性ヨウ素を検出、放射性セシウムは検出されなかった。
 同団体は生活協同組合などを通じて呼び掛け、千葉のほか、宮城、福島、茨城県内の女性9人から提供を受けた。3月24日と30日に1人約120~130ccずつ採取した母乳を、文部科学省の放射能測定マニュアルに基づき、民間の放射線測定会社で分析した。
 その結果、千葉県柏市の産後8カ月の女性から36・3ベクレル、茨城県守谷市の女性から31・8ベクレルを検出。茨城県つくば市の女性2人からも、それぞれ8・7ベクレル、6・4ベクレルを検出。守谷市の女性は2回目の検査で8・5ベクレルに低下したという。
 宮城県白石市、福島市、福島県棚倉町、茨城県つくばみらい市の4人からは検出されなかった。福島県郡山市の女性の母乳は分析中という。
 厚生労働省によると、原子力安全委員会は母乳に含まれる放射線量について安全基準の指標を示していない。同省は水道水の放射性ヨウ素が1キログラム当たり100ベクレルを超える場合、粉ミルクなどに入れて乳児に摂取させないよう求めているが、今回検出された数値はそれを下回っている。
 ネットワークの村上喜久子代表は「安全性について判断はまだできないが、母乳は赤ちゃんが口にする。国は早急に広範囲な調査を実施してもらいたい」と訴えている。


---母乳から微量の放射性物質 市民団体の独自検査---
2011/04/20 21:23
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042001001060.html

 市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」は20日、独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析した結果、千葉県内居住の女性の母乳から1キログラム当たり36・3ベクレルの微量の放射性ヨウ素を検出したと明らかにした。放射性セシウムは検出されなかった。
 厚生労働省によると、原子力安全委員会は母乳に含まれる放射線量について安全基準の指標を示していない。今回検出された数値は水道水に関する乳児の摂取基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回っている。
 ネットワークの村上喜久子代表は「安全性について判断はまだできないが、母乳は赤ちゃんが口にする。国は早急に広範囲な調査を実施してもらいたい」と訴えている。
 検査した母乳は生活協同組合などを通じて呼び掛け、千葉のほか、宮城、福島、茨城県内の女性9人から提供を受けた。
 3月24日と30日に1人約120~130ccずつ採取した母乳を民間の放射線測定会社で分析。
 千葉県柏市の産後8カ月の女性から36・3ベクレル、茨城県守谷市の女性から31・8ベクレルを検出した。茨城県つくば市の女性2人からもそれぞれ8・7ベクレル、6・4ベクレルを検出。守谷市の女性は2回目の検査で8・5ベクレルに低下したという。
 宮城県白石市、福島市、福島県棚倉町、茨城県つくばみらい市の4人からは検出されなかった。福島県郡山市の女性の母乳は分析中という。


---東電:幹部・OB、自民に献金 07~09年で2000万円---
毎日新聞 2011年4月20日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110420ddm001020022000c.html

 東京電力の現役幹部やOBらの自民党に対する政治献金が、07~09年の3年間で総額2000万円超に上ることが19日、分かった。献金額は役職に応じて決まっており、組織的な献金と受け取られかねない状況だ。福島第1原発事故を機に経済産業省からの天下り受け入れが批判されているが、政治とのなれ合いの構図にも関心が集まりそうだ。
 自民党の政治資金団体「国民政治協会」の政治資金収支報告書によると、東電幹部の献金は役員以外にも部長やOBまで年70人以上に及び、献金額は役職ごとに分かれ、年間約600万~700万円に上る。東電が約46%を出資し、電力関係の工事などを請け負う関電工は年1380万円を献金していた。
 東電の清水正孝社長は18日の参院予算委員会で、政治献金について「1974年以来実施していない」と説明したが、個人では副社長だった07年に24万円、社長に昇格した08年からは30万円を献金していた。東電の役員OBは「昔からのしきたりのようなもので、役職ごとの相場観はあった。一度献金すると協会からの依頼もあるが、断ることはできた」と説明。別のOBは「前任者から献金の話を聞いた」と話す。
 一方、民主党の政治資金団体「国民改革協議会」には、東電役員からの献金はなかった。ただ、原発推進を提言している産業別労働組合の電力総連は09年、東電出身の民主党議員側に「労働者を守る政策を推進するため」として3000万円を献金。電力総連は「原発推進を働きかける意図はない」としている。
 献金問題に詳しい岩井奉信・日大法学部教授は「公益性が高く、表面的には企業献金をしていない電力会社の以前からの手法だ。組織的な性格がある」と指摘する。
 一方、原発で想定される津波の指針を決めた土木学会で、委員の過半数が電力関係者だったことが分かった。同学会津波評価部会が02年にまとめた指針に基づいて東電が想定した津波は最大5・4~5・7メートルだったが、第1原発の津波は最大14メートルに達したと推定される。同部会の当時の委員30人のうち17人は東電や電力系シンクタンクの出身。同学会関係者は「研究を委託した事業者の意見も聞く必要がある」と話すが、電力会社と研究機関が近すぎるとの批判も出ている。【永井大介、三沢耕平】


---原発収束工程表示したが…「東電・政府 信頼できない」---
2011.4.17 20:35
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110417/dst11041720360037-n1.htm

 福島第1原発事故の収束に向けた工程表を東京電力が示した17日、福島県内では「目標にすぎない」「避難はもっと続くのでは」といった不信やあきらめの声が相次いだ。放射性物質(放射能)の放出で都内に避難している避難者らも東電や政府に不満をぶつけた。
 村民すべてが避難を強いられる「計画的避難区域」に指定される予定の福島県飯舘村。菅野典雄村長は原発事故の対策本部で、東電の会見を伝えるテレビ中継に見入った。
 「少し先が見えてきた。今まで言われていた期間よりも短いが、それでも半年から9カ月間というのは大変長い」と菅野町長。「われわれをこれだけ悩ませ、苦しませてきたのは原発。本当に半年とかで収まった場合は来春の作付けに間に合うかもしれない」とかすかな希望も見せた。 一方、同村北部にある佐須地区の佐藤公一区長(62)は「光が見える発表だが、あくまで目標にすぎない。火をつけた張本人が言っていることを簡単に信じてよいものか」と半信半疑。「それよりも今は、間近に迫った計画避難のことで頭がいっぱい。家は自分で見つけることになっているのだから、何とかしないと」と話した。
 3人の子供を持つ同村八木沢の会社員男性(44)も「国とか電力会社とかは全然信頼していない。避難のために準備してきたことがこれで変わるわけではなく、子供や仕事に影響の少ない避難先を探していくだけ」とそっけない反応。「たとえ原発が安定しても、避難自体は3年くらい続くのでは」と疲れた表情で話した。
 市内中心部が「緊急時避難準備区域」に指定され、子供などの立ち入り制限が求められている南相馬市。数日前に避難していた都内の長女の家から自宅に戻ってきたという同市原町区の小島幸子さん(60)は発表を聞き、「そんなに続くの。すぐには収まらないんだなという感じ。その間にどんなことが起こるかわからないし、そうなったらまた娘を頼ることになるのかも」と困り顔を見せた。
■  ■  ■
 東京都足立区の東京武道館では、福島第1原発事故で避難を余儀なくされた福島県の被災者ら143人が武道場の畳の上で避難生活を続けている。17日の東電の発表を受け、被災者は「いつになったら帰れるのか」「補償問題はどうなるんだ」と不安や怒りの気持ちをあらわにした。
 原発から約30キロ離れた屋内待避地域から避難した同県南相馬市の漁師、濱田卓也さん(35)は妻、洋子さん(38)と2人の子供と同館へ避難した。「政府の発表はこれまで二転三転してばかりで何も信用することができない。原発の状況を事細かに発表し、安心させてほしい」。19日からは東京都千代田区の旧グランドプリンスホテル赤坂に移動する予定といい、「ホテルの受け入れ終了までに自宅に戻ることはできないのだろうか」と不安を漏らした。
 事故翌日、原発から6キロ離れた同県大熊町の自宅から着の身着のままで車で避難した新妻義治さん(61)は同館で一人きりの生活が約1カ月続く。「自宅は原発の目の前。補償問題はどうなるんだろうか」と疲労の色をにじませた。
 原発から約10キロ離れた南相馬市の原発作業員、佐藤恒安さん(54)は「東電は話にならない。プールから燃料棒を抜かなければ放射能は出っ放しだ。早い解決は無理だ」と述べ、いわき市の作業員、西本一弘さん(54)は「政府は放射能被害を受けた子供の将来を真剣に考えてほしい」と訴えた。


---放射線量の大幅抑制へ6~9か月程度…東電---
2011年4月17日16時46分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110417-OYT1T00382.htm?from=nwla

 東京電力の勝俣恒久会長は17日午後、同社本店で記者会見し、「福島第一原子力発電所事故の収束に向けた道筋」を発表した。
 事故収束の目標として「放射線量が着実に減少傾向となっている」ことをステップ1とし、「放射性物質の放出が管理され、放射線量が大幅に抑えられている」ことをステップ2として設定する。目標の達成時期として、ステップ1は3か月程度、ステップ2はステップ1終了後の3~6か月程度を目安としている。
 当面の取り組みとして、〈1〉原子炉の冷却〈2〉使用燃料プールの冷却〈3〉放射性物質で汚染された水(帯留水)の閉じ込め、処理・保管・再利用〈4〉大気・土壌での放射性物質の抑制〈5〉避難指示・計画的避難・緊急時避難準備区域の放射線量の測定・低減・公表――の5つの課題を掲げ、対策を同時並行的に進めるとしている。


---小沢・民主元代表:不信任案、賛成示唆 福島第1原発事故、首相の対応批判---
毎日新聞 2011年4月17日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110417ddm002010075000c.html

 民主党の小沢一郎元代表は16日、インターネットの番組に出演し、新党結成や内閣不信任案に同調する可能性について「今のような状況を政府が続けることは許されない。思い切った政策を菅直人首相がするのであればいいが、そうでない場合は政治家としてどうすべきかを考えないとならない時期だ」と述べた。野党が内閣不信任案を提出した場合、同調する可能性を示唆したとみられる。
 衆院の民主、国民新両党に与党系無所属議員を加えた勢力は313議席で、不信任案が可決されるには73人以上が造反する必要がある。小沢元代表に近い議員からは賛成するとの声が出始めている。
 また、福島第1原発事故への政府対応について小沢元代表は「国内的な実害と、日本政府は本当のことを言っていない、いいかげんだという(国際社会の)評価になり、二重に被害が大きくなった」と厳しく批判。被災者支援でも「政府の対応は非常に遅い」と語った。【葛西大博】


--原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」---
2011/4/16 13:17
http://www.j-cast.com/2011/04/16093099.html?p=all

 東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。
 「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。
大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める
 「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」
 提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘している。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定していることがわかる。
 16人は東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など錚々たるメンバーで、原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした日本を代表する原子力の専門家たちだけに、発言には重みがある。
 特に気になるのは、「当面なすべきことは原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を安定させ、大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない」と述べた点で、有効な解決策を見いだすのが難しいことを自ら認めているとも受け取れる発言だ。
 2011年4月1日、会見した田中俊一氏は「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として、国民に謝らなくてはならないという気持ちは、みんな持っていると思う」と心境を明かした。
 田中氏は提言をまとめた理由について「(我々は)余計なことを言わなくてもいい年齢だけれども、黙っていられないと。とにかく早くこの状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた。学会で地位も名誉もある学者たちが、自分たちのこれまでの仕事を全否定するような今回の提言や会見が、事故の深刻さを物語っている。
原子力安全委員会では、歴代OB、現役首脳も自己批判
 提言は、最後に事態打開策について「当面の難局を乗り切るためには、関係省庁に加え、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である」と指摘する。
 提言に加わっていない原子力安全委員会前委員長の鈴木篤之氏(日本原子力研究開発機構理事長)も4月6日、衆議院経済産業委員会に招致され、「国民にたいへん申し訳ない。私にとって痛恨の極みだ。この事故を反省し、よく考えていかないといけない」などと反省の弁を述べている。
 原子力安全委員会では、歴代OBに限らず、現役首脳も自己批判に追い込まれている。斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった。


---2次補正で「震災国債」検討 償還は復興連帯税---
2011年4月15日 20時41分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041501001015.html

 民主党は15日、2011年度第2次補正予算以降の東日本大震災の復興財源としてまず「震災国債」を発行、将来的に「復興連帯税」などの名目で臨時増税して償還する案について検討に入った。玄葉光一郎政調会長(国家戦略担当相)はこの日の記者会見で2次補正財源に関し、歳出見直しを徹底した上での復興目的の国債発行に言及。将来の増税にも含みを持たせた。
 課税方式としては(1)5%の消費税率を一定期間数%上乗せ(2)所得税や法人税を引き上げ―が有力視されている。臨時増税に関しては14日に初会合を開いた政府の復興構想会議の五百旗頭真議長が「復興税」創設を提唱、会議の中に設けた検討部会で詰める予定。2次補正の編成が本格化するのに伴い、政府、与党内で議論が活発化する。
 震災国債を増税で償還する案は、民主党の税制改正プロジェクトチーム(座長・小沢鋭仁前環境相)などで具体的に検討される見通し。
 ただ景気への悪影響を懸念する声や、党内の増税批判派の反発が強まるのは必至で、実現には難航が予想される。枝野幸男官房長官は復興目的の国債に関して「各界各層にさまざまな意見がある。十分な議論と検討がなされるべきだ」と述べるにとどめた。
 政府、民主党は4兆円規模の第1次補正予算案について、国債の新規発行は見送り、11年度当初予算の予備費や子ども手当の見直しで財源を捻出。しかし総額で数十兆円に上るとの見方もある復旧・復興に充てる財源のめどは立っていない。(共同)


---「復興連帯税」が浮上 2次補正で民主案---
2011/04/15 19:13
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041501001013.html

 民主党内で、2011年度第2次補正予算以降の東日本大震災の復興財源として「震災国債」を発行、将来的に「復興連帯税」などの名目で臨時増税して償還する案が15日浮上した。
 課税方式としては(1)5%の消費税率を一定期間数%上乗せ(2)所得税や法人税を引き上げる―ことが有力視されている。ただ景気への悪影響を懸念する声や、党内の増税批判派の反発が強まるのは必至で、実現には難航が予想される。
 臨時増税に関しては14日に初会合を開いた政府の復興構想会議の五百旗頭真議長が「復興税」創設に言及した。2次補正の編成が本格化するのに伴い、政府、与党内で議論が活発化する。
 震災国債を増税で償還する案は、民主党の税制改正プロジェクトチーム(座長・小沢鋭仁前環境相)などで議論される見通し。玄葉光一郎政調会長(国家戦略担当相)は15日の記者会見で2次補正財源に関し、歳出見直しを徹底した上での「復興債」発行に言及。将来の増税にも含みを持たせた。ただ、枝野幸男官房長官は復興債に関して「各界各層にさまざまな意見がある。十分な議論と検討がなされるべきだ」と述べるにとどめた。
 政府、民主党は4兆円規模の第1次補正予算案について、国債の新規発行は見送り、11年度当初予算の予備費や子ども手当の見直しで財源を捻出。しかし総額で数十兆円に上るとの見方もある復旧・復興に充てる財源のめどは立っていない。


---小沢氏、震災対応で首相に直談判 倒閣視野、来週にも---
2011年4月15日 02時12分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041401001219.html

 民主党の小沢一郎元代表は、東日本大震災や福島第1原発事故への政府対応を不満として、近く菅直人首相に会談を申し入れる方針を固めた。小沢氏周辺が14日、明らかにした。首相の指導力不足を指摘して対応改善を求める見通し。与野党で退陣要求が相次ぐ中、首相が会談に応じない場合も含め、対応次第では小沢氏や支持派議員が倒閣の動きを強めるとの見方があり、緊迫した局面も予想される。
 小沢氏は統一地方選後半戦が投開票される24日までに会談を実現させたい考えだ。13日には周辺に「首相に意見を言うために会う。とにかく信義を尽くしてみる」と表明。「それでも聞いてもらえなかったら仕方がない。後世『あの時の政治家がきちんと対応せずに日本をつぶした』と言われるわけにはいかない」と、倒閣も選択肢から排除しない考えを示唆した。
 側近議員によると、小沢氏が危機感を募らせているのは対応の遅れ。政府や民主党内に会議や対策チームが乱立する一方、権限や目的、組織同士の関連性が不明確だとして「指揮系統をシンプルにして政治主導でトップが責任を持って迅速に判断すべきだ」と提言する見通しだ。挙党態勢の構築も求めるとみられる。
 特に原発事故で状況悪化を受けて徐々に避難区域を拡大した手法を批判。「最初に大きく構え、安全を確認して縮小する方法を取るべきだった」と主張しているという。
 小沢氏は政治資金問題での党員資格停止処分に不服を申し立てている状況。3月11日の震災発生以降、地元の岩手県が被災したこともあって表向きの政権批判を控えてきた。しかし4月10日の統一選前半戦で民主党が敗北したのを受け、12日の鳩山由紀夫前首相との会談で、菅政権では震災に対応できないとの認識で一致。13日には「無責任な内閣の対応は、さらなる災禍を招きかねない」との文書を配布するなど批判を強めていた。(共同)


---東日本大震災:「復興税」構想に、閣僚ら消極発言---
毎日新聞 2011年4月15日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110415dde002040070000c.html

 東日本大震災復興構想会議の五百旗頭(いおきべ)真議長が提起した「震災復興税」構想に関し、15日午前の閣議後会見で閣僚の慎重な発言が相次ぎ、同会議での増税論議がクローズアップされることへの懸念が示された。
 枝野幸男官房長官は、同会議が増税を求める提言をまとめた場合の政府の対応について「国会や内閣の責任で判断すべきことだというのが大前提だが、判断にあたって大変重い提言をいただくことになる」と述べた。
 玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)は「すぐ増税することは現時点で私の頭の中にはない」と述べ「財源として『復興(国)債』のようなものを出さざるを得ない」と語った。【影山哲也】


---「菅」という人災が東北つぶす!責任転嫁の“乱立会議”機能せず---
2011.04.15
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110415/plt1104151602004-n1.htm

 「菅直人」という人災が、東日本大震災で受けた日本の傷口を、さらに広げている。復興の青写真を考える「復興構想会議」(議長・五百旗頭真防衛大学校長)の初会合が14日に開かれたが、菅直人首相(64)が震災後に次々に乱立させた「本部」や「会議」によって、政府はすでに混乱状態だ。不要な会議が組織を弱体化させるのは、サラリーマン社会では常識。「首相交代で政治空白を作るべきではない」との声もあるが、もうそんなことは言っていられない。日本は一刻も早く、菅直人という“がれき”を除去するべきだ。
 「ただ元に戻す復旧ではなく、創造的な復興案を示してほしい」
 菅首相は14日の会合で、こう注文をつけた。被災した岩手、宮城、福島3県の知事や都市計画の専門家、建築家ら15人が委員として出席し、「復興」が動き出した。
 同会議は、6月をめどに緊急性の高い第1次提言、年内にも全体像を示した答申をまとめる方針。しかし、不安材料は多い。メンバーには官僚OBがおらず実務力が疑問視されているほか、菅政権が本部や会議を乱立させているため、「復興構想会議もその中の1つと国民に思われたら、東北がつぶれる」(脚本家の内舘牧子委員)と、早くも埋没が懸念されているのだ。
 そもそも、政府・与党は3月の震災発生後、雨後のたけのこのように20もの「本部」や「会議」を設置した。しかし、1600億円もの義援金の分配さえ始まらないなど災害対策に遅れが出ているほか、東京電力福島第1原発の事故対応では海外から「遅すぎる」との批判を浴びている。
 官僚は資料作りに追われ、西岡武夫参院議長は「会議が踊っている」と嘆くありさま。船頭多くして船山に登る、を地でいっている。
 会議の乱立は国会でも問題視されている。自民党の佐藤正久参院議員は12日の参院外交防衛委員会で、独自に作成した「東日本大震災対策組織図」を示し、「いろいろなものができあがって責任が分散している。会議が多すぎて、何の会議か分からない。誰の指示を聞けばいいのか分からない。みんな困っている」と批判した。名前を見るとなるほど、同じ役割を連想させるものが多い。
 原発事故では、土地を失ったり農産物の流通を規制されるといった直接の被害のほか、風評被害が起きている。これら経済損失の補填を担うとみられるのは「原子力経済被害対応本部」(対応本部)と「原子力損害賠償紛争審査会」(審査会)、「原子力被災者生活支援チーム」(支援チーム)のようだ。だが、このほかに「原発事故賠償チーム」の設置も予定されているという。役割分担はどうなっているのか。
 同委で佐藤氏が「支援チームと対応本部の関係は」と尋ねると、田嶋要経済産業政務官は「すみません、対応本部、どれですか? 対策本部ですか?」と混乱。また、原子力損害賠償法に基づき文部科学省が所管する審査会について、佐藤氏が「所管はどこか」と聞いても、文科省の官僚は「質問通告を受けていないので…」と答えられなかった。
 結局、「支援チームは物資の輸送、補給、被災者への被曝に関する医療などの確保などをする。対応本部は、その本部」(田嶋氏)ということだった。指令本部と実動部隊という区分けのようだが、いずれも本部長は海江田万里経産相。分ける必然性は感じられない。
 一方、“無駄な会議”に数えられているのが、「与野党合同実務者会合」だ。民主党の岡田克也幹事長は「大変、有意義な会議だ」と胸を張るが、野党からは「岡田氏は議論の中身よりも、時間内で終わらせることを重視する」(出席者)と評判が悪い。新党改革の舛添要一代表はテレビ番組で「『協力してほしい』といいながら、野党がいい提案をしても実行しない。ガス抜きとしか思えない」と批判した。
 菅首相が学者を中心とする参与を15人に増やしたことも「責任の所在があいまいになる」(民主党中堅議員)と評判がよくない。「1週間以上、開かれていない会議もある」(政府関係者)という。
 タリーズコーヒージャパンの創業者で、みんなの党の松田公太参院議員は「経営者は会議を増やしたくなるものだが、内容が重なってわけが分からなくなる。こういう企業は必ず失敗する。特に緊急時の会議はひとつにして、そこですべてを決める“鍋ぶた型”の組織のほうが、素早く対処できる。与野党の党首クラスを集めた本部を作るべきです」と提案する。
 政治評論家の浅川博忠氏は「民主党には野党時代から、実行できるかはともかく、議論して結論を出せば仕事をしているという気分がある。『政治主導』で官僚を排除してきた結果、有識者や学者といった人たちによる、実務を離れた机上の空論が横行し、政府が振り回されている。完全に制御不能だ。このままでは、世界から日本が見放される」と話している。
 復興構想会議の五百旗頭真議長は14日の記者会見で、「復興に要する経費を考えると、国民全体が負担する必要がある」と述べ、復興税創設を検討する考えを表明した。
 復興税は「検討部会」(部会長・飯尾潤政策研究大学院大教授)で集中的に議論する方向。五百旗頭氏は早期に与野党や各界から意見を聴取する方針も示した。


---溶融燃料「粒子状、冷えて蓄積」1~3号機分析---
2011年4月14日22時44分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110414-OYT1T00938.htm

 注水冷却が続けられている東京電力福島第一原子力発電所1~3号機について、日本原子力学会の原子力安全調査専門委員会は14日、原子炉などの現状を分析した結果をまとめた。
 3基は核燃料の一部溶融が指摘されているが、専門委は「溶融した燃料は細かい粒子状になり、圧力容器の下部にたまって冷えている」との見解を示した。
 専門委では、東電や経済産業省原子力安全・保安院などが公表したデータをもとに、原子炉の状態を分析した。
 それによると、圧力容器内の燃料棒は、3号機では冷却水で冠水しているが、1、2号機は一部が露出している。1~3号機の燃料棒はいずれも損傷し、一部が溶け落ちている。溶融した核燃料は、冷却水と接触して数ミリ以下の細かい粒子に崩れ、燃料棒の支持板や圧力容器下部に冷えて積もっていると推定している。これは、圧力容器下部の水温が低いこととも合致している。沢田隆・原子力学会副会長は「外部に出た汚染水にも、粒子状の溶融燃料が混じっていると思われる」と説明した。


---「東海地震信仰が3.11被害を大きくした」、米地震学者---
2011年04月14日 09:46 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2795657/7085567?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

 【4月14日 AFP】「日本は、時代遅れの学説に基づいた地震予知を即刻やめるべきだ」と警告する米地震学者による論文が13日、英科学誌「ネイチャー(Nature)」(電子版)に掲載された。
 論文の筆者は、東京大学(University of Tokyo)教授で地震学が専門のロバート・ゲラー(Robert Geller)氏。
 ゲラー教授は、政府主導の地震研究が東海地震の予知に固執しすぎたことが、3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震の被害を大きくしたと指摘する。
 政府は数十年もの間、巨大地震が東海で起きるとの信念に基づき、東海・東南海・南海地震の発生を想定した対策を広く手がけてきた。
 だが、ゲラー教授は、日本の地震予知研究が根拠とする「地震特性」と「地震空白域」の学説は1960年代から70年代に発表されたもので、実証に基づいていない点を指摘。1975年以降、政府研究で「大地震が起きる」と予測された地域では目立った地震が観測されていないのに対し、1979年以降に日本で 10人以上の死者を出した地震は全て、政府研究が「大地震の可能性は低い」と見なした地域で起きているという。
 それでも、政府は積極的に「東海地震」の予知研究を続けた結果、国民の間に「近い将来、マグニチュード(M)8.0級の東海地震が必ず起きる」との誤った認識が植えつけられてしまったと、ゲラー教授はみる。
■福島第1原発事故、「想定外」に疑問
 さらに、ゲラー教授は、研究者たちが過去の地震と津波の発生記録を検証していれば、3月11日の地震で壊滅的な津波被害を受けた東北沿岸が、過去にも数百年単位で巨大津波に襲われていることに気づいたはずだと指摘。これにより、地震の時期は予測できなくても、巨大地震の可能性を考慮した事前対策が福島第 1原発でも可能となったはずだと主張した。
 また、気象庁の地震警報システムについても、1978年に制定された「大規模地震対策特別措置法」の概念や科学的見解を基本としていることから、東海地震しか想定していないと批判した。
 結論として、ゲラー教授は、「日本全土で大地震の可能性はある。特定の地域を想定した現行の予知システムや『大規模地震対策特別措置法』は廃止すべきだ」と主張し、「今こそ、地震は予知できるものではないと、国民に率直に知らせるべきだ」と訴えた。


---「ストロンチウム」検出から1か月後!遅すぎる発表に何があった?---
2011/4/14 15:32
http://www.j-cast.com/tv/2011/04/14093036.html?p=all

「ドンドン出てくるじゃないですか。小出しにしているんじゃないでしょうね」
 政府が福島県下の土壌などからストロンチウム89と90の検出を明らかにしたことに、司会の加藤浩次が噛みついた。
 検出されたのは、福島第1原発から30キロ以上離れた福島県飯館村、浪江町の土壌(16~17日に採取)と同県本宮市、小野町、大玉村、西郷村の4か所から3月19日(2011年)に提供された葉物野菜(番組のナレーションは『植物』と言っていたのが気になる)。
 土壌のサンプルからはストロンチウム90が最大で1kg当たり32ベクレルが検出されている。

体外排出まで18年。骨がん、白血病の心配
 放射線防護学が専門の野口邦和(日大教授)によると、「ストロンチウムはカルシウムに似ていて、飲食物を通して体内に入ると消化器官から骨に移動して骨のがんになります。骨髄が骨の近くにあることから白血病になった例がありますね」という。
 ストロンチウムの半減期は長く28・8年。体内入って排泄などで18年ぐらいに短縮するが、それでも18年間は体内で放射能を出し続ける。
 野口教授は「32ベクレルの数値はそれほど高くはない。きちんと調べて、放射線量の高いところでは無用に食べないなどの注意が必要になってくる」と指摘している。
 それにしてもサンプルを採取してからほぼ1か月後の発表。なんとも間が開きすぎる。放射能検査に詳しい杉山英男(帝京平成大教授)は、「ストロンチウムは技術的に煩雑なところがあり、結果が出るまで1か月はかかる」のだという。
 しかし、キャスターのテリー伊藤は「1か月後に発表して、突然、骨のがんだと言われても…。地元の人たちは『ちょっと待ってくれ、昨日までは聞いていないよ』となる。事前にどんな調査をしているか言うべきだ」と、政府の対応に怒りをぶちまけた。
校庭から汚染土壌―安全委「開校はいかがか」
 さらに、川俣町と浪江町の小学校土壌から高濃度の放射性ヨウ素とセシウムが検出されているのを受けて、加藤は「小学校校庭の土壌からも検出されているそうじゃないですか」
 これに答えたのは日本テレビ解説委員の倉澤治雄。
 「原子力安全委員会は『開校するのはお勧めできないようなところがいくつかある』と言っている。本来、開校すべきでないときちんと勧告の形で考えるのか正しい。子供だから校庭で遊び、体内に吸い込む恐れがある。半端でない量なので、これは行政が対応すべきだ」
 今や原子力安全委や東電の発表をまともに信じる人はあまりいないだろう。コメンテーターの本村健太郎(弁護士)も「今は大丈夫と言われても、あとで本当はダメでしたと言われるのではないか、すごく心配になる」と嘆いた。


---「レベル7」世界で評価二分 尺度見直し論も---
2011.4.14 07:49
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110414/dst11041407520025-n1.htm

 日本政府が、福島第1原発事故について国際原子力事故評価尺度(INES)の評価で最悪のレベル7としたことについて、各国の専門機関の評価が二分している。とくに旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と同列視したことに国際原子力機関(IAEA)や、フランス、ロシアの専門家はそろって間違いとしている。これに対し、米国は日本政府の決定は妥当として、他の国の機関と判断を異にした。ただ、米国の原子力の専門家からは福島の事故をきっかけに、事故評価尺度そのものを見直す必要があるとの声があがっている。(SANKEI EXPRESS)
 国際原子力機関(IAEA)のデニス・フローリー事務次長は12日、ウィーンの本部で記者会見し、「福島の事故とチェルノブイリは全く違う」との認識を示した。ロイター通信によると、同次長はチェルノブイリ原発では原子炉が稼働中だったために巨大な爆発が起こり、大量の放射性物質を高層にまで巻き上げ、世界中にばらまいたが、福島第1原発は、地震のため原子炉が自動停止し、その結果、放出された放射性物質の量もチェルノブイリ原発よりはるかに少なかったことなどを挙げた。
 また、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のパトリック・グルメロン放射線防護局長も12日の記者会見で、福島第1原発事故は、チェルノブイリ原発事故には「匹敵しない」との見解を明らかにした。AFP通信によると、同局長は「現時点で福島事故は極めて重大だが、チェルノブイリ級ではなく、将来そうなることもない」と指摘した。さらに放射性物質の拡散も福島原発周辺の限られた地域にとどまり、欧州への影響もチェルノブイリ事故と比べれば無いと同じだ」としている。
 さらにロシア国営原子力企業ロスアトムのセルゲイ・ノビコフ広報局長は12日、「原子炉の損傷の程度はレベル5を超えていない」として、福島をレベル7としたのは行き過ぎとの認識を示した。
 ニュース専門サイトの「ユーロニュース」のインタビューで同局長は、日本政府の対応について、「最初は事態を過小評価していたのに今度は明らかな誇張で極端すぎる」と批判し、事故の尺度については「レベル6」が適当との認識を示した。
 同局長はまた、今回の決定は、日本政府がこれ以上の批判を避けようという政治的思惑があるのでは、との見方も示した。タス通信が伝えた。
 これに対し、米原子力規制委員会(NRC)のグレゴリー・ヤツコ委員長(40)は12日、「事故が深刻であることは明らかで、決定には驚かない」と述べ、レベル7とした日本政府の決定は適切との認識を示した。さらに、これに先立って出席した上院公聴会で証言し、「まだ安定した状態ではない。原子炉の冷却能力が失われれば、さらに大規模な放射性物質の拡散もありうる」と警告した。
 一方で、米の専門家からは福島原発事故をレベル7に分類したことで、被害の度合いがまったく異なるチェルノブイリ事故との違いを説明できず、混乱を来たしたとの指摘があがる。南カリフォルニア大学のナジュメディン・メシュカティ教授は、ロイター通信に対し「福島をレベル7にするなら評価尺度を見直し、レベル8か9を加える必要がある」と語った。
 事故のレベルを決めるのは事故が起きた国や原発を運転する企業に任されていることが、事態をより複雑にしているようだ。(宮野弘之)


---福島第1原発1~4号機 日立が廃炉計画を提出---
2011.4.13 16:07
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110413/biz11041316070029-n1.htm

 日立製作所は13日までに、福島第1原子力発電所1~4号機の廃炉に向けた長期計画を東京電力に提出した。原子力事業で提携する米ゼネラル・エレクトリック(GE)や、米プラント大手ベクテルなどと共同で作成した。
 計画では、廃炉に要する期間は明示していないが、原子炉の冷温停止後に核燃料を抜き取り、10年ほどかけてプラント内の放射性物質を徐々に低減する。その後、内部の機器や建屋の解体、撤去作業に入る。
 通常はこの一連のプロセスに約30年かかるが、今回の事故ではプラントの破損状態が詳細に把握できておらず、「状況に応じてスケジュールを改定する」(日立)という。
 東芝も先週末、米ウエスチングハウスなどと共同で廃炉案を東電や経済産業省に提出している。


---30キロ圏外の土からストロンチウム---
2011.4.13 05:00
http://www.sanspo.com/shakai/news/110413/sha1104130501006-n1.htm

 文部科学省は12日、東京電力福島第1原発の30キロ圏外で、福島県内の土壌や植物から微量の放射性ストロンチウムを検出したと発表した。今回の事故を受けた調査でストロンチウムの検出は初。同省は「極めて少ない量で、健康に影響はない」と説明している。ストロンチウムはカルシウムに似た性質があり、体内に入ると骨に取り込まれやすい。内部被曝ではガンマ線よりも危険度が高いとされるベータ線を出し続け、骨のがんや白血病の原因になる恐れがあると考えられている。


---原子力安全委、3月23日にレベル7の可能性認識 保安院に見直し求めず---
2011.4.12 20:50
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110412/scn11041220510002-n1.htm

 原子力安全委員会の代谷誠治委員は12日、経済産業省原子力安全・保安院が福島第1原発事故の深刻度を国際評価尺度(INES)の暫定評価で「レベル7」としたことについて、3月23日の時点でレベル7に相当する危険性があると認識していたが、これまでに暫定評価の見直しを保安院に求めなかったことを明らかにした。
 代谷委員は記者会見で「尺度評価は保安院の役割だ。(安全委が評価見直しを)勧告しなければならないとは考えない」とし、原子力安全委は関与しないとの姿勢を強調。事故から1カ月経過してレベル7としたことも「遅くなったとは思わない。われわれの事故への対応は変わらない」と述べ「レベル7への格上げが遅れたのではないか」との批判に反論した。


---「世界中の独裁者への合図」米国務長官---
2011.4.12 08:08
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110412/amr11041208110000-n1.htm

 クリントン米国務長官は11日、コートジボワールで大統領職に居座っていたバグボ氏の身柄拘束について「権力にしがみつく者は代償を払うことになる。世界中の独裁者への合図だ」と述べ、リビアの最高指導者カダフィ大佐を念頭に民衆の蜂起に直面する圧制者らに自発的退陣を迫った。
 長官は、コートジボワールの国民に平和な未来を築くよう呼び掛け、米政府が今後、国際社会が大統領選の当選者と認めるワタラ元首相と協力していく考えを強調した。
 訪米したフィンランドのストゥブ外相と会談後の共同記者会見で語った。(共同)


---Briefing Skipper: Gbagbo, Qaddafi, Syria, China, South Korea---
Posted By Josh Rogin Tuesday, April 12, 2011 - 9:45 AM
http://thecable.foreignpolicy.com/posts/2011/04/12/briefing_skipper_gbagbo_qaddafi_syria_china_south_korea

In which we scour the transcript of the State Department's daily presser so you don't have to. These are the highlights of Monday's briefing by spokesman Mark Toner:

* Secretary of State Hillary Clinton met with Finnish Foreign Minister Alexander Stubb at the State Department Monday, after which she commended the international community for creating the conditions which led to the arrest of former Ivory Coast former President Laurent Gbagbo. "This transition sends a strong signal to dictators and tyrants throughout the region and around the world: They may not disregard the voice of their own people in free and fair elections, and there will be consequences for those who cling to power," Clinton said.
* Clinton also talked about Libya and said there were several "non-negotiable" terms for any settlement there, including a ceasefire, a pullback of Qaddafi forces from occupied cities, the resumption of basic services and access for humanitarian assistance. Clinton said it is also the policy to seek the ouster of Muammar al Qaddafi from power. In the briefing, Toner said Qaddafi's removal was also "a non-negotiable demand."
* The unofficial U.S. envoy to the opposition Chris Stevens remains in Benghazi, where he has been now for about a week. "He continues to talk to the TNC leadership. He's talking about the political structure, as well as what other needs they might have," Toner said. The opposition is making progress, according to Toner. "Now this group is coming together. They're evolving. And, you know, we're still assessing," he said.
* The Turks are helping the U.S. government get information on two American journalists who have been detained in Libya, James Foley and Clare Morgana Gillis, but Toner had no progress to report. "We're limited in what we can do in Libya right now except to make public appeals," he said.
* As for Syria, Toner said the State Department does not have a clear picture of what's happening on the ground in terms of protests and government violence due to restrictions on the media, after dozens were reportedly killed over the weekend. "We call on Syrian authorities to refrain from any further violence against peaceful protesters, as well as arbitrary arrests. And we also urge them to allow this free flow of information that will allow -- that will permit the international community to better follow in fact what's going on on the ground there.
* Chinese State Councilor Liu Yandong is in Washington this week leading a high level delegation for discussions at the State Department. The timing is a little awkward because the State Department last Friday released its country reports on human rights that spoke of the worsening behavior of the Chinese government. But Toner defended the report. "We are candid in our exchanges with China about human rights concerns both from the podium and in our private meetings with them. And certainly we don't regard it as an interference in our internal affairs when any foreign government or individual organization monitors our human rights practices," he said.
* South Korean chief nuclear envoy Wi Sung-lac is coming to the State Department Tuesday and will meet with both Assistant Secretary of State Kurt Campbell, Deputy Secretary Jim Steinberg, Ambassador Stephen Bosworth, and Special Envoy Sung Kim.
* Clinton will leave Wednesday for Berlin where she will attend an information NATO foreign minister's meeting and a memorial service for Richard Holbrooke at the American Academy in Berlin. She'll go on to Seoul April 16 and 17 and meet with President Lee Myung-Bak and then travel to Tokyo for one day and meet with Prime Minister Naoto Kan and Foreign Minister Takeaki Matsumoto.


---Gbagbo arrest sends 'strong signal' to dictators: Clinton---
20110412
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gnjvS4kTpcCpehQwL-ZIZqWK5HuA?docId=CNG.a75eb18b88e9d2bd744da1f674e29b55.151

WASHINGTON - The capture of Ivory Coast strongman Laurent Gbagbo sends a strong signal to the world's dictators that they cannot ignore the will of their people, US Secretary of State Hillary Clinton said Monday.

The chief US diplomat told reporters that his arrest and the political transition it marks "sends a strong signal to dictators and tyrants throughout the region and around the world:

"They may not disregard the voice of their own people in free and fair elections and there will be consequences for those who cling to power," Clinton said in a statement to the news media.

She praised "the government and people of France and other members of the international community who have worked diligently to ensure the safety and security of the Ivorian people throughout this crisis."

Clinton also commended the work of the United Nations, a spokesman Mark Toner said.

"We also call on all Ivorians to remain calm and contribute to building a peaceful future for their country," she said as she stood with Finnish Foreign Minister Alexander Stubb, following their talks in Washington.

"Now the hard work begins," Clinton said.

Clinton added that the United States looks forward to working with the Ivory Coast's internationally-recognized leader Alassane Ouattara "as he implements his plan for reconciliation, economic development and recovery."

Ouattara's forces, backed by French and UN troops, captured Gbagbo in Abidjan on Monday at the climax of a deadly five-month crisis, that began with Gbagbo's refusing to step down after losing November elections.

"It's the end of the Gbagbo era and President Ouattara can finally assume power, power that he won through the election box, and become the rightful president" of the country, Toner told reporters.

He said Ouattara has a good reconciliation plan, while adding that Gbagbo should now be held accountable for the violence that was unleashed in the wake of the elections.


---原乳の放射性物質、基準値下回る 福島---
2011.4.9 00:01
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110409/dst11040900040000-n1.htm

 福島県は8日夜、福島第1原発事故を受けて、7日に実施した原乳の緊急時モニタリング検査(4回目)で、放射性ヨウ素、セシウムが暫定基準値を上回った検体はなかったと発表した。
 県によると、今回から検査方法を改め、前回(3月29日)に暫定基準値を下回った市町村の原乳は戸別検査をせず、県内10の乳業メーカーなどが、他の市町村産と混ぜた後の原乳で測定した。
 県は、約1週間後に予定する次回検査で、基準値を上回らなければ、国と調整して出荷制限を解除していく構えだ。


---福島第1原発「廃炉に10年」 東芝がロードマップを提出---
2011.4.8 11:47
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110408/biz11040811480011-n1.htm

 福島第1原子力発電所の原子炉を製造した東芝が米原子力企業3社と共同で、同原発1~4号機の廃炉に向けたロードマップ(工程表)を東京電力と経済産業省に提出したことが8日、分かった。今後5年をめどに原子炉圧力容器内の燃料棒や貯蔵プール内の使用済み燃料を撤去。10年後にはすべての機器や関連設備も撤去し、更地にする。
 こうした工程表は、日立製作所と米ゼネラル・エレクトリック(GE)のグループも提出する見通しだ。
 東芝の工程表は、米スリーマイル島原発事故の廃炉作業にあたった経験を持つ米ウエスチングハウス、同ショー・グループ、同バブコック・アンド・ウィルコックス(B&W)の3社と共同で作成した。福島の場合、事故発生から半年後には原子炉内が冷温状態で安定化すると想定。この間、ロボットを使って建屋内のがれきを撤去し、廃炉に向けた作業環境を整える。
 5年後には燃料棒や使用済み燃料を撤去し、別の容器に密閉して冷却保存。10年後には機器や建屋の撤去も終える考えだ。
 ただ現時点では、福島第1原発の原子炉内の状況が詳しく把握できておらず、工程表は「あくまでも技術的な提案」(東芝)。状況の推移を見極めながら、スケジュールを改訂する。
 一方、日立とGEのグループも「(原子炉)安定化後の長期的なプランを検討中」(日立の中西宏明社長)としており、近く工程表を提出する考えだ。


---冷えと脱水に注意を---
2011.04.05
http://www.47news.jp/feature/medical/2011/04/post-525.html

母乳「被ばく影響ない」
  被災妊婦に医師がエール
 東日本大震災や福島第1原発事故により、避難所などで不安な生活を余儀なくされている妊婦や新生児を抱える母親は多い。想定外とも言える環境の中、自分たちで気を付けられることはあるのか。専門家に聞いた。

▽赤ちゃんの力
 「避難所にいるときには気が張っていたのか冷静でしたが、自宅に戻った今、いろいろと不安で涙が出ます」。東京都江東区の産科医竹内正人さんの「いのちのブログ 」には、被災地の妊婦が悩みを書き込む。宮城県多賀城市の妊婦は「分娩予定の産婦人科が津波被害に。どこへ行けばいいのか」と戸惑いを見せた。
 竹内さんは「被災地の妊婦で一番心配なのは、冷えと脱水」とアドバイスする。寒さが厳しい東北の被災地では燃料不足が続く。トイレが近くなりがちな妊婦が、避難所のトイレを使いづらく感じて水分摂取を控えた結果、脱水やおなかの張りを訴え病院に運ばれるケースもあったという。
 万が一、病院以外の場所で生まれたらどうしたらいいか。この場合も、竹内さんは「赤ちゃんを冷やさないことが大事」と指摘。「全身をしっかり拭き、抱き上げて温めると良い。へその緒は切らず、胎盤をポリ袋などに入れてそのまま病院へ」。経験上、こうして生まれた赤ちゃんはたいていは元気だという。
 竹内さんは「地震に自然の怖さを見せつけられたが、お産もまた自然。覚悟を決めて自然に委ね、赤ちゃんの生き抜く力を信じて」とエールを送っている。

▽放射線量低い
 「母乳をあげてもいいのでしょうか」。ブログには首都圏の妊婦からの相談も。同様の声は厚生労働省や医療機関、専門家にも多く寄せられる。
 1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故では、汚染された牧草を食べた牛の乳に放射性ヨウ素が多量に含まれていたため、牛乳を飲んだ子どもに甲状腺がんの発症率が高いと報告されている。
 厚労省によると、特に1歳までの乳児は発達段階にあるため甲状腺の細胞分裂が活発で、放射性ヨウ素を取り込みやすいという。
 日本産科婦人科学会や日本産婦人科医会は、今回測定されている放射線量では、妊婦や乳幼児、母乳への悪影響はないとする見解を公表。母乳育児支援のNPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会 代表で、産婦人科医の涌谷桐子さんも「被ばく線量や事故内容からもチェルノブイリ事故と同様に考えるのは不適切」と強調する。

▽ママに配慮を
 「母乳は栄養豊富で、避難所で流行しやすい感染症に対する赤ちゃんの免疫力をつけることもできる。飲ませないデメリットの方が大きい」と話す涌谷さん。被災や避難所生活のストレスから一時的に母乳の量が減る時もあるが「一過性のもの。赤ちゃんに吸わせれば、乳房の中から母乳を押し出すホルモンが再度働き、母乳の量も増えてくる」と説明する。
 被災による食料事情の悪化から母乳の栄養状態を心配する母親には「短期間なら栄養状態が変わることはない」。母乳量の不足を気にする母親も多いが「赤ちゃんの顔が色つや良く、便や尿が普段通りの量、回数なら大丈夫」と太鼓判を押す。
 家族以外の人と長い時間を過ごす避難所では、プライバシーが保ちにくく、赤ちゃんの泣き声などで周囲が悩むケースも。涌谷さんは「赤ちゃんが指や服をしゃぶるしぐさを見せたらおなかがすいたサイン。泣きだす前に授乳できればいい。困難な環境だが、授乳スペースを確保するなど、夫や周囲の人が配慮してあげてほしい」と話している。(共同通信 城和佳子)


---避難所の赤ちゃん、母乳与えて 粉ミルクは紙コップでも---
2011.4.4 22:36
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110404/dst11040422370051-n1.htm

 乳児を抱え、避難所で生活する母親に小児科医らが、感染症予防の観点から「できるだけ母乳を与えて」と呼びかけている。粉ミルクを使う場合は、衛生管理が難しい哺乳瓶ではなく、使い捨ての紙コップの利用を奨励している。
 避難所ではインフルエンザなど感染症の流行が懸念されている。乳児や高齢者などは感染が深刻な症状を招きかねない。
 「日本母乳の会」役員で小児科医の堀内勁(たけし)氏は乳児を抱える母親に「母乳が出る人はできるだけ母乳をあげて」と話す。母親の血液からできる母乳にはリンパ球などの白血球が多く殺菌力があり、感染症予防に役立つからだ。
 母子の触れ合いも大切だという。堀内氏は「乳首から直接吸わせることで、子供に安心感を与えるだけでなく、母親にもオキシトシンというホルモンが分泌され心の安定につながる」と説明する。
 震災のショックで“赤ちゃん返り”した幼児についても「4歳くらいまでなら、母乳が出なくてもおっぱいを吸わせてあげて。少しでも不安を解消することが、後の心の安定につながる」と話す。
 震災のショックで母乳の出が悪くなる母親もいる。同会は「一時的に出なくなっても、根気よく吸わせ続ければ回復する。母乳を出すためにも、周囲の人は母親に優先的に食事を回してあげてほしい」と訴える。
 一方、粉ミルクで授乳している乳児には、使い捨ての紙コップの利用を奨励する声が出ている。
 別の小児科医は「避難所では、消毒が必要な哺乳瓶の衛生管理が難しい。災害時は使い捨ての紙コップを利用するのが一番安全」とし、(1)赤ちゃんの手が紙コップにぶつからないようにタオルで赤ちゃんを包む(2)赤ちゃんを縦抱きにする(3)紙コップ内に少なくとも半分以上の乳汁を入れる(4)赤ちゃんの口元で紙コップを少し傾け、2、3滴を目安に流し込む-という手順を紹介。「3割以上はこぼれるので、多めの乳汁を用意する。コップを下唇に軽くのせ、上唇が乳汁に触れるようにするのがいい」と助言する。


---放射線の専門家が講演 自治医大で200人聞き入る---
2011年4月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20110403/CK2011040302000089.html

 福島第一原発の事故を受けて不安が高まっている放射線への理解を深めてもらおうと、自治医大(下野市)は三日、専門家による講演会を開き、市民ら約二百人が聞き入った。
 同大RI(放射性同位元素)センター管理主任の菊地透氏(61)が講師を務め「県内の環境は問題ない。正しい情報を知り、これまで通りの生活をしてください」と呼び掛けた。
 菊地氏は「瞬間的に出た通常の何十倍という数字に右往左往するのは混乱のもと」と指摘。「放射線量を従来と単純に比較するよりも、健康に影響するかどうかを基準にレベル分けして公表した方が良い」と主張した。
 野菜や牛乳、水道水から基準以上の放射性物質が検出された問題については「一年間毎日食べ、飲み続けて影響が出るかもしれない値。すぐに下がったのだから、心配する方がストレスになって体に良くない」と解説。広島と長崎の原爆のデータを例に、被ばくによるがんリスクにも触れ「放射線量が一〇〇ミリシーベルト以下では胎児も含めて影響はなく、遺伝的な差も出ない」と説明した。
 会場からは質問が相次ぎ、「母乳は放射性ヨウ素が濃縮されるか」との問いには「母体がフィルターとなって逆に薄まる。どんどん母乳をあげてください」と答えた。 (清水祐樹)

2011年4月22日金曜日

学校の被曝基準

学校の被曝基準が発表された。
 福島第一原発事故を受けて、文科省は、福島県内の小中学校や幼稚園
などの暫定的な利用基準を公表した。校舎や校庭を利用できるか判断する
目安として、年間被曝量が20mSvを超えないようにし、校庭の放射線量が
毎時3.8uSv以上では屋外活動を制限することとした。

制限対象 13施設
各施設に線量計を配り、1週間毎に校庭や校舎の放射線量変化を監視。
基準は8月下旬までに再検討。
<福島市>
・市立大波小学校
・聖心三育保育園
・三育幼稚園
・市立御山小学校
・市立福島第二中学校
・福島大付属幼稚園
・福島大付属中学校
・福島成蹊中学校
・市立福島第三小学校
・市立渡利中学校
<郡山市>
・市立薫小学校
<伊達市>
・市立小国小学校
・市立富成小学校

禁止事項
・校庭や砂場での屋外活動は1日あたり1時間程度
・手洗いやうがい
・帰宅時に靴の土を落とす

原子力安全委員会
・(子どもの年間被曝量について)大人の半分の10mSv程度を撤回

中高学校になると校外活動が盛んな学校は、8時間以上校庭にいることが
ある。
サッカーや野球、陸上等の屋外クラブは、休日に8時間以上校庭にいるし、
スポーツ特待生を抱える学校は、平日でも校庭にいる時間が長い。
別に特別なことではなく、現実である。

ICRPの勧告による一般公衆が1年間にさらされてよい放射線の限度は1mSv
以下だが、その20倍を許可している。制限範囲を広げ、校外活動を行う
には、自主的に屋内で活動を続けるよう指導が必要だろう。

震災に麻疹を持込んだ外国人記者がいる。
以前、日本のリトルリーグワールドシリーズ参加者が、米国で発症し、
大騒ぎになったことがあったが、感染病が広がる中、集団感染にならな
ければ良いと思う。
ハイチは、ネパール部隊がコレラを広げて暴動になった。
互いにいい迷惑。

放射線監視モニタまとめ

はしかの感染源は日本
ハイチコレラ 感染源はネパール部隊


子供は年間10ミリSvを目安に~安全委


---東日本大震災:福島県内13校・園の屋外活動制限 文科省「限界線量超す」---
毎日新聞 2011年4月20日 東京朝刊
http://mainichi.jp/life/edu/news/20110420ddm001040008000c.html

◇設定値「毎時3.8マイクロシーベルト」
 文部科学省は19日、福島県内の幼保育園と小中学校の校舎などを通常利用する際の限界放射線量を、1時間当たり3・8マイクロシーベルトに設定すると発表した。通常通りの学校活動を行った場合、年間の線量が20ミリシーベルトを超えるため。現段階で計13校・園が基準値を超えており、文科省は同県教育委員会に対し、この13校・園は屋外活動を1時間程度に制限することなどを通知した。対象園児・児童・生徒は計3560人に上る。
 文科省が14日に行った調査結果に基づき、内閣府原子力安全委員会が示した目安を参考に決定。福島市の10校・園▽郡山市の1校▽伊達市の2校--が対象となった。
 調査では、1日の子供の活動パターンを屋外8時間、木造の屋内16時間に設定。5~7日に、福島第1原発から半径20キロ圏内の避難指示区域など以外の幼保育園と小中学校で行った線量調査で、数値が高かった52校・園を再調査し、活動パターンに当てはめた場合に年間20ミリシーベルト(1時間当たり3・8マイクロシーベルト)を超えた学校について規制対象とした。小学校は高さ50センチ、中学校は1メートルの大気中の線量で判断した。
 通知では屋外活動の制限の他、「屋外活動後は手や顔を洗う」などを要請。対象外の39校・園は「学校施設を通常通り利用して差し支えない」とした。
 13校・園については、8月まで継続する週1回程度の線量調査で、2回連続1時間当たりの線量が3・8マイクロシーベルトを下回ったことが確認されれば通常利用できるとした。また、高校や専修学校、各種学校でも同様の配慮を求めた。学校の限界線量を巡っては13日、原子力安全委員会が「子供は年間10ミリシーベルト以下に抑えるのが望ましい」との見解を示したものの、15日に「委員個人的な見解だった」と撤回するなど混乱していた。【篠原成行】

◇「妥当な目安」安全委結論
 文部科学省が目安としたのは、国際放射線防護委員会(ICRP)が原子力事故の収束時の許容線量とした年間1~20ミリシーベルトの上限値だ。この数字をもとに屋外活動の制限などを求める基準値として、毎時3・8マイクロシーベルト(1マイクロシーベルトは1000分の1ミリシーベルト)以上とした。
 これは1日8時間を屋外で過ごすなどと仮定した上で、年間20ミリシーベルトを超えないように定めた値だが、政府から助言要請を受けた内閣府原子力安全委員会は、今後も放射線量の計測を継続する▽子供の行動様式に近い教職員が線量計を携帯して被ばく量を確認する--と注文を付けた上で、この目安を妥当と結論づけた。放射性物質の半減期も考慮すると、線量の減少が見込まれ、毎時3・8マイクロシーベルトという数字は「かなり安全側に見積もった基準値」(安全委)と言える。
 しかし、今なお福島第1原発を管理できる状態になっていない。今後の計測値によって、基準や対策を柔軟に見直していくことが求められる。【西川拓】
==============
◆屋外活動制限が適当とされた学校など◆
<福島市>
 市立大波小学校▽聖心三育保育園▽三育幼稚園▽市立御山小学校▽市立福島第二中学校▽福島大付属幼稚園▽福島大付属中学校▽福島成蹊中学校▽市立福島第三小学校▽市立渡利中学校

<郡山市>
市立薫小学校
<伊達市>
市立小国小学校▽市立富成小学校


---学校の放射線量、暫定基準を公表 文科省---
2011年4月20日1時36分
http://www.asahi.com/edu/news/TKY201104190598.html

 福島第一原発事故を受けて、文部科学省は19日、福島県内の小中学校や幼稚園などの暫定的な利用基準を公表した。校舎や校庭を利用できるか判断する目安として、年間被曝(ひばく)量が20ミリシーベルトを超えないようにし、校庭の放射線量が毎時3.8マイクロシーベルト以上では屋外活動を制限することとした。
 現在、制限の対象は13施設。各施設に線量計を配り、変化を監視する。基準は8月下旬までに再検討する。
 今回の基準は、国際放射線防護委員会(ICRP)の「緊急事態収束後の年間被曝量は1~20ミリシーベルトの範囲で考える」という目安を参考にした。校庭の放射線量が毎時3.8マイクロシーベルト以上の学校などで屋外活動を制限する。
 この数値は、屋外で同じ線量を24時間、1年間浴びると仮定すると20ミリを超える。だが、木造校舎や室内で16時間過ごせば、被曝量は約6割になり、20ミリにおさまるという。
 この基準を超えたのは、福島市や郡山市、伊達市の13の小中学校、幼稚園、保育園(児童生徒ら3560人)。この13施設では、校庭や砂場での屋外活動は1日あたり1時間程度にとどめる。手洗いやうがい、帰宅時に靴の土を落とす、などを勧める。
 学校の汚染調査から、放射性物質が沈着した砂ぼこりを吸い込むことによる内部被曝の影響は、高い学校でも全体の被曝量の3.5%ほどで、考慮する必要はないと結論付けた。
 今後、1週間ごとに校庭や校舎の放射線量を測り、制限の解除を再検討する。
 学校の基準を巡っては、原子力安全委員会の委員が13日の会見で「(子どもの年間被曝量について)大人の半分の10ミリ程度に抑えるべきだ」との見解を示したが、翌日に正式決定ではないと撤回していた。
 原子力安全委員会の久木田豊委員長代理は19日、現実的には、校庭内の外に8時間以上いる可能性は低いことなどから「毎時3.8マイクロシーベルトを超えても、年20ミリを十分下回る見通しだと理解している」と述べた。(佐藤久恵)


---「屋外活動制限、基準は妥当」原子力安全委---
2011.4.19 23:13
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110419/dst11041923150049-n1.htm

 原子力安全委員会は19日、福島第1原発事故で文部科学省が小中学校などの屋外活動制限の基準値を毎時3・8マイクロシーベルトとしたことについて、妥当であると政府に助言した。
 文科省は、国際放射線防護委員会(ICRP)の被ばく放射線量の基準に従い、年間20ミリシーベルトを目安として毎時間の値を算出。安全委の一部委員は年間10ミリシーベルトを目安にすべきとの見解を示していたが、久木田豊委員長代理は記者会見で、校舎内では放射線量が相当減少することなどから、実際の被ばく線量は20ミリシーベルトを大幅に下回ると説明した。
 その上で、放射線量の測定を継続することや、学校に線量計を配布して教職員が被ばく線量を確認することを求めた。


---外国人記者がはしか、被災地を取材 国立感染研注意促す---
2011年4月19日19時15分
http://www.asahi.com/national/update/0419/TKY201104190416.html

 東日本大震災の取材をしていた外国人記者が4月、麻疹(はしか)を発症したと、国立感染症研究所が発表した。はしかは感染力が強く被災地で広がっている可能性もある。心当たりの症状があれば、受診するよう呼びかけている。
 この記者は熱が出て具合が悪いにもかかわらず、東京都内や近隣の被災地で取材していた。海外で感染し入国したとみられる。避難所のような集団生活の場の立ち入りはないという。
 はしかは人から人へ空気感染し、10~12日間の潜伏期間の後に39度前後の高熱やせき・鼻水・目の充血、赤い発疹などの症状が出る。特別な治療法はない。発症すれば1カ月ほどは免疫力が落ちインフルエンザや肺炎などにかかると重症化する恐れがある。
 はしかは北米などは「患者ゼロ」だが日本では昨年は約450人の患者が発生した。予防は就学前のワクチン接種が有効だという。

2011年4月21日木曜日

耐性菌汚染の米国産肉

米国産肉は耐性菌に汚染しているようだ。
 米国内のスーパーで販売されているさまざまな食肉から、MRSAなどの
耐性菌が検出されたと、米アリゾナ州の研究機関が、感染症の専門誌に
発表した。

研究チーム
・26カ所のスーパーで販売されている牛、豚、鶏等の肉136品を調査。
・47%から黄色ブドウ球菌が見つかった。
 うち52%の菌は3種類以上の薬剤に耐性があり、MRSAも含まれていた。

原因
・家畜や家禽は少量の抗生物質を継続的に餌に投与の可能性。

対策
・十分に加熱したり、食前食後に手洗いをすれば、ただちに健康に問題が
 出るとは考えにくい。
・FDAなどが消費者の安全に影響があるか調査中。

生の牛肉、鶏肉、豚肉、七面鳥等のサンプルを検査した結果、50%も
耐性菌に汚染されたいたようだ。
飼料に抗生物質を混ぜて、病気になりにくくすると指導していたことも
あったようだが、最近は自主的に抗生物質を使わない畜産者業者もいる。
成長ホルモン、BSE、耐性菌と工場で作ったような肉は食べる気がしない。

耐性菌汚染肉の摂取による影響は不明。
米国では、生肉を食べる機会もあるが、良く焼く必要があるようだ。

抗生物質のない世界の終末シナリオ
年次改革要望書と規制仕分け


---米、スーパーの食肉から耐性菌 研究機関が調査---
2011年4月16日 12時08分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041601000308.html

 【ワシントン共同】米国内のスーパーで販売されているさまざまな食肉から、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などの耐性菌が検出されたと、米アリゾナ州の研究機関が15日、感染症の専門誌に発表した。
 米メディアによると、家畜や家禽は餌に混ぜて少量の抗生物質を継続的に与えられており、調査した研究者はこうした餌が原因となった可能性を指摘しているという。
 研究チームは、シカゴやロサンゼルスなどにある26カ所のスーパーで販売されている牛、豚、鶏などの肉136品を調査。47%から黄色ブドウ球菌が見つかった。うち52%の菌は3種類以上の薬剤に耐性があり、MRSAも含まれていた。
 ロイター通信によると、十分に加熱したり、食前食後に手洗いをすれば、ただちに健康に問題が出るとは考えにくいが、米食品医薬品局(FDA)などは消費者の安全に影響があるかどうかを調べている。


---Seattle Lab Finds Tainted Grocery Store Chickens---
by Mary Rothschild | Apr 19, 2011
http://www.foodsafetynews.com/2011/04/seattle-study-finds-contaminated-raw-chicken/

A Seattle microbiologist reports that he found the pathogen Staphylococcus aureus on nearly half, and Campylobacter on more than half, of 100 raw chicken samples collected from area grocery stores.

The contaminated poultry included organic as well as conventionally grown chickens.

Mansour Samadpour, the nationally known food scientist who runs the Institute for Environmental Health (IEH), tested 100 retail chickens at the request of Marler Clark, the food-safety law firm also based in Seattle. Marler Clark is the sponsor of Food Safety News.

Samadpour found S. aurea, or staph, in 42 percent of the samples overall and Campylobacter in 65 percent. The supermarket chicken was contaminated with other pathogens as well: 19 percent of the samples tested positive for Salmonella, one tested positive for Listeria, and 10 percent showed the presence of the multidrug-resistant S. aureus (MRSA).

In an unusual finding, one of the chicken samples tested positive for E. coli 0126, Shiga-toxin producing E. coli (STEC) bacteria more likely to be a contaminant of beef than poultry.

All the chicken in the IEH survey, which included whole fryers and packages of chicken parts, was collected and tested from March 1 to April 4. The chicken was purchased from Fred Meyer, Safeway, QFC, Whole Foods, Costco, Sam's Club, Albertsons, Thriftway, PCC Natural Markets and Ken's Market stores.

Bill Marler of Marler Clark noted that Samadpour's study affirms the findings of other assessments, including results announced last week by the Translational Genomic Research Institute (TGen).

In that report, funded by the Pew Charitable Trusts and published online by Clinical Infectious Diseases, scientists said they found S. aureus on nearly half of 136 raw meat and poultry samples collected from supermarkets in five U.S. cities.

Last year, a Consumer Reports survey found Campylobacter in 62 percent and Salmonella in 14 percent of retail chicken. Earlier this year an investigation by Canada's CBC TV found two-thirds of samples collected at major grocery stores in Vancouver, Toronto, and Montreal had bacteria resistant to at least one antibiotic.

"This says that raw chicken in our grocery stores is far less sanitary than we think," said Marler, adding that poultry processing continues to be problematic, whether or not the chicken is mass-produced on industrial farms.

For example, in the Seattle survey, of the 13 organic chickens tested by the IEH lab, four were positive for Campylobacter, four were positive for Salmonella, and three were positive for staph.

Contamination of meat and poultry, for the most part, occurs during slaughtering, but drug-resistant S. aureus may come from the animals themselves. The TGen researchers implicate the widespread use of antibiotics in industrial agriculture, although the meat industry disputes whether this may be contributing to MRSA.

Last month, the U.S. Department of Agriculture announced stricter standards aimed at reducing Salmonella and Campylobacter contamination of raw broiler chicken and turkey. Under the new rules, which go into effect in July, Salmonella contamination will be allowed in 5 out of every 51 poultry carcasses tested, compared with 12 out of 51 positives under the current standard. A new, first-ever standard for Campylobacter will be no more than 10.4 percent positive samples for chicken.

Salmonella causes approximately 1.4 million illnesses and 400 deaths and Campylobacter is responsible for more than 800,000 illnesses and 76 deaths in the U.S. annually. Staph is the cause of some 240,000 foodborne illnesses a year, according to Centers for Disease Control and Prevention estimates.

Marler says the government's new standards for testing poultry are a step forward, but in his opinion are still too high for allowable contamination. "We need to move toward zero tolerance for pathogens," he said, adding that there is no screening for Staphylococcus aureus.

But Marler doubts whether additional testing or regulatory action can actually do much more to ensure that chicken is safe.

"I see it less as a regulatory response than a response needed from chicken growers and consumers," he explained. "Chicken growers should continue to strive for bacteria reductions - especially in pathogens like E. coli and antibiotic-resistant Campylobacter, Staph and Salmonella.

"And consumers need to be more vigilant and also buy from chicken growers who have the lowest bacterial counts."

Cooking poultry to an internal temperature of 165 degrees, as measured with a tip-sensitive digital thermometer, can help keep it safe. Staph-contaminated meat may be more risky, however. As the germ grows in food it produces toxins that are resistant to heat, although some experts say there would have to be significant growth of toxic organisms for this to be a concern.

Cross contamination is another problem. Raw poultry can contaminate shopping carts, checkout counter conveyor belts, kitchen cutting boards and utensils, and food handlers can contaminate uncooked foods such as salads if they don't wash their hands and take other precautions when working with raw poultry.

Marler said one result of the Seattle chicken tests that startled him was the discovery of E. coli O126.

He said he could only speculate about how raw chicken could become contaminated with E. coli O126 but "to my mind, it is a very large worry."

In 2008, Marler commissioned the Institue for Environmental Health to sample 5,000 packages of ground beef for all strains of E. coli. In that survey, Samadpour found that about 2 percent of the meat was contaminated by non-O157 strains of E. coli. Marler Clark then petitioned the USDA to declare these Shiga-toxin E. coli bacteria as adulterants.


---Staph Bacteria Found in Supermarket Meat---
APRIL 15, 2011, 9:23 P.M. ET
By SHIRLEY S. WANG
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704628404576265073219659968.html?mod=googlenews_wsj

A type of germ resistant to different antibiotics is highly common in meat sold in U.S. grocery stores, according to a new study.

Nearly half of 136 samples of beef, chicken, pork and turkey collected from 26 grocery stores across five U.S. cities tested positive for antibiotic-resistant Staphylococcus aureus, according to a study published Friday in the journal Clinical Infectious Diseases.

Some of antibiotic-resistant staph germs found included forms of the superbug resistant to methicillin known as MRSA, and about half of those bacteria were resistant to multiple forms of antibiotics.

"When the average consumer purchases fresh meat or poultry, they have a 1 in 4 chance of bringing multidrug-resistant staph aureus into the kitchen," said Lance Price, senior author of the study and the director of Center for Food Microbiology and Environmental Health at the Translational Genomics Research Institute in Flagstaff, Ariz.

The health risks these new findings bring up are unclear, Dr. Price said. The main issue isn't ingesting the germs-staph can be killed by cooking meat thoroughly-but rather becoming infected during the handling of food. Staph can cause wound and skin infections through contact and can also be transferred to kitchen surfaces from meat during food preparation. How many people get infected by drug-resistant staph through contact or ingestion with meat isn't known, Dr. Price said.

Bacterial resistance to drugs is a major concern because it decreases the arsenal of medications that could be used to kill the bugs. Staph can cause skin infection as well as more serious conditions such as pneumonia or sepsis, which is blood poisoning.

Some other types of antibiotic-resistant bacteria are routinely measured by the government and have been commonly detected in meat and poultry, but the presence of staph hadn't been previously measured, the researchers said.

The U.S. Department of Agriculture, which is involved in routinely measuring meat for antibiotic-resistant bacteria, didn't immediately return a request for comment.

In the study, researchers found that the bacteria contaminated the meat largely because it was present on the skin and in the guts of the animal, not through human contact during processing of the animal. That suggests that the common use of steady doses of antibiotics in healthy animals is to blame, according to Dr. Price.

Using antibiotics in healthy animals "is so counterlogical," Dr. Price said. "We should be doing all that we can to protect the antibiotics," by saving them for cases of illness and even then using them sparingly.

Medical professionals and public-health campaigns have been advocating the judicious use of antibiotics in people and emphasizing the importance of following through with a course of antibiotics if one is begun.