2011年9月30日金曜日

米国 アラブの春

米国でアラブの春を望む声がある。
 米NY市内のウォール街(金融街)周辺ではも若者を中心に数百人が金融機関
に対する抗議運動を繰り広げた。24日だけで公務執行妨害や公共交通妨害
などの容疑で約80人が逮捕された。

市警察
・身柄を拘束されている者の多くは、通行妨害や政府系機関の建物を襲撃
 した疑い。
・無許可だから、逮捕もできるし、目潰しスプレーの噴射も正当。

デモ趣旨
・「会社の強欲さ」と「社会への不満」。
・ネットでの呼び掛けを通じて反政府デモが広がった「アラブの春」に
 ならい、米国でも市民主導の改革を促そう。

米国が「アラブの春」を使うことに違和感がある。
民主主義とは異なる方針をとっていた政府が、国民の不満に耳を傾けず、
小さな集団が起こしていた行動を不満のはけ口として許していたら、急速に
大規模な反政府運動に変移し、政府が崩壊したのが、アラブの春だったと
思う。急速に広げた道具がネットとネット接続装置。この時、扇動したのが
反政府機関や英米の諜報機関との噂。
米国式民主主義が根付いている米国で、アラブの春と言うのは本質的に異な
ると思う。

デモは、日本、イスラエル、カナダ、欧州にも抗議行動を組織する動きが
広がっていると言うが、日本の場合は、反政府運動ではなく、脱原発や
地上波への規制強化等の主張する行動と思う。

組合活動やデモ行進等は、時代遅れと言われた時代があったが、今は、組合
を組織するのが当たり前になり、デモ行進は流行になったようだ。

イラン BBCはMI6メディア
OPERATION IRAN PROXY
リビア内戦化へ
米陸軍 心理作戦疑惑
米式民主主義強制へ
英国暴動収束
パレスチナ国連加盟キャンペーン


Occupy Wall Street -- America's own Arab Spring?


Yahoo appears to be censoring Occupy Wall Street protest messages


Occupy Wall Street -- Police Brutality, Arrests, MSM blackout


Mainstream ignores Occupy Wall Street


Occupy Wall Street enters tenth day NYDailyNews


---米ウォール街で80人逮捕=金融機関への抗議デモで---
2011/09/26-09:17
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011092600089

 【ニューヨーク時事】米ニューヨーク市内のウォール街(金融街)周辺では24日も若者を中心に数百人が金融機関に対する抗議運動を繰り広げた。米メディアが25日までに同市警の話として伝えたところによると、24日だけで公務執行妨害や公共交通妨害などの容疑で約80人が逮捕された。


---Wall Street Demonstrations Test Police Trained for Bigger Threats---
By JOSEPH GOLDSTEIN
Published: September 26, 2011
http://www.nytimes.com/2011/09/27/nyregion/wall-street-demonstrations-test-police-trained-for-bigger-threats.html

When members of the loose protest movement known as Occupy Wall Street began a march from the financial district to Union Square on Saturday, the participants seemed relatively harmless, even as they were breaking the law by marching in the street without a permit.

But to the New York Police Department, the protesters represented something else: a visible example of lawlessness akin to that which had resulted in destruction and violence at other anticapitalist demonstrations, like the Group of 20 economic summit meeting in London in 2009 and the World Trade Organization meeting in Seattle in 1999.

The Police Department’s concerns came up against a perhaps milder reality on Saturday, when their efforts to maintain crowd control suddenly escalated: protesters were corralled by police officers who put up orange mesh netting; the police forcibly arrested some participants; and a deputy inspector used pepper spray on four women who were on the sidewalk, behind the orange netting.

The police’s actions suggested the flip side of a force trained to fight terrorism, in a city whose police commissioner acknowledges the ownership of a gun big enough to take down a plane, but that may appear less nimble in dealing with the likes of the Wall Street protesters. So even as the members of Occupy Wall Street seem unorganized and, at times, uninformed, their continued presence creates a vexing problem for the Police Department.

In recent weeks, police commanders have been discussing the riots in London this summer, and strategizing how they would stop a similar situation in New York, said Roy Richter, the president of the union in New York that represents officers of captain and higher rank. And since August, investigators with the Police Department and the Federal Bureau of Investigation have monitored the online efforts of activists to bring demonstrations to Wall Street, people briefed on the matter said.

The Police Department conducts an internal review of its response to every large-scale demonstration, and the protest on Saturday appeared to have resulted in the largest number of arrests since the demonstrations surrounding the Republican National Convention in 2004. The events of Saturday are certain to be examined, especially since so many protesters were recording the events with cameras; videos of the pepper spray episode, for example, offered views from several angles.

Paul J. Browne, the Police Department’s chief spokesman, defended the use of pepper spray as appropriate and added that it was “used sparingly.”

But Councilman Peter F. Vallone Jr., chairman of the City Council’s Public Safety Committee, said that in the video clips he had seen, the use of pepper spray “didn’t look good,” although Mr. Vallone cautioned that he wanted to know if any interactions had occurred between the officers and the women in the minutes before pepper spray was used.

“If no prior verbal command was given and disobeyed, then the use of spray in that instance is completely inappropriate,” Mr. Vallone said. On Monday, several Web sites identified the supervising officer who used the pepper spray as Deputy Inspector Anthony Bologna, a longtime commander in Manhattan. Like a number of other officers, Inspector Bologna is a defendant in lawsuits claiming wrongful arrests at protests staged during the Republican National Convention in 2004..

A police official who had spoken to Inspector Bologna following the incident confirmed that the inspector had used the spray. “He did his job and now he’s concerned for the safety of his family,” said the official, who asked to remain anonymous because he was not authorized to confirm the inspector’s name.

According to the Police Department’s patrol guide, officers may use pepper spray under certain conditions, including “when a member reasonably believes it is necessary to effect an arrest of a resisting suspect.” The guide also advises that the spray should “not be used in situations that do not require the use of physical force.”

The Civilian Complaint Review Board, an independent agency that investigates allegations of police misconduct, received 328 complaints in 2010 relating to the use of pepper spray, accounting for about 5.5 percent of the total number of complaints citing improper use of force.

In the past week, the review board has received more than a dozen complaints relating to officers’ interactions with protesters, said a spokeswoman for the board, Linda Sachs.

Although the Police Department has closely monitored the encampment of protesters in the Financial District and stationed officers there, there appears to have been little discussion between the police and the protesters.

Mr. Browne, the police spokesman said that the protesters never sought a permit for Saturday’s march.

The lack of communication between the two sides may have set the stage for the confrontation on Saturday near Union Square.

When groups have permits, “the department is pretty accommodating when it comes to street marches,” said Christopher T. Dunn, associate legal director for the New York Civil Liberties Union. He added that some groups had perfectly good reasons for not wanting to engage with the police, and “that’s certainly their prerogative.”

In interviews, police officials described the lack of a permit and the fact that protesters were obstructing traffic as key factors in the arrests and the department’s decision to end the march.

“If you have a permit, the police will accommodate for things like diverting traffic,” Mr. Browne said. “If you take a street for a parade or protest without a permit, you are subject to arrest.”

Mr. Richter, of the police union, said that from the perspective of the protesters, the Police Department’s decision to suddenly end the demonstration might have appeared arbitrary.

“I can see it from a demonstrator’s view, asking, ‘What changed?’ ” Mr. Richter said. “But there comes a point when the command staff makes a decision that the crowd is too big, and we’re at a breaking point, and we have to take back the street.”


---Wall St. protest gets boost from Michael Moore---
September 26, 2011
http://www.boston.com/ae/movies/articles/2011/09/26/wall_st_protest_gets_boost_from_michael_moore/

NEW YORK-Protesters who have been camping out in lower Manhattan have gotten an unexpected morale boost from filmmaker Michael Moore.

The "Occupy Wall Street" protest is in its second week, as demonstrators speak out against corporate greed and social inequality.

Moore visited Zuccotti Park on Monday evening to cheer the protesters on after they marched through lower Manhattan.

Police made 87 arrests on Saturday during a march north to Union Square. Protesters criticized the police response as heavy-handed and said officers used pepper spray on people who did nothing wrong. Police dispute those claims.

The march Monday remained calm and police said there were no arrests.


---アメリカのメディア、国内の反政府デモに沈黙---
2011年 9月 25日(日曜日) 15:07
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=21350:2011-09-25-10-40-21&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

 アメリカ・カリフォルニア大学のポール・シェルドン教授が、経済危機に抗議するニューヨークでの人々の抗議の波に沈黙している、アメリカのメディアを非難しました。
 プレスTVの報道によりますと、シェルドン教授は、「アメリカの経済不況に対する国民の怒りは、日々高まる一方である。経済状態がよいのは、ごく一握りの人々だけで、大多数の人々は経済難に瀕している」と語ったということです。
 シェルドン教授はまた、「アメリカの中流階級の人々の多くは職を失っており、アメリカの多くの社会階層において現状に対する不満が見られる」としました。
 さらに、「アメリカ国民は、ウォール街占拠と称した抗議デモを開催することで、すべての人々の注目を問題の根本に向かわせようとしているが、アメリカのメディアは、こうしたニューヨーク証券取引所の前で行なわれる抗議デモや、ニューヨークでの集会に全く関心を向けていない」と述べています。
 アメリカ連邦警察は、24日土曜、ニューヨークで、オバマ政権の経済政策に抗議した人々少なくとも80名の身柄を拘束しました。
 ニューヨーク市警察のスポークスマンは、「身柄を拘束されている者の多くは、通行妨害や政府系機関の建物を襲撃した疑いがもたれている」と述べています。
警察による身柄拘束措置の多くは、ニューヨークのマンハッタン地区で行なわれたということです。

---米Yahoo!、ウォールストリートでの抗議デモに関するメール送信をブロック---
ストーリー by headless 2011年09月23日 18時46分
http://it.slashdot.jp/story/11/09/23/098232/%E7%B1%B3Yahoo!%E3%80%81%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%8A%97%E8%AD%B0%E3%83%87%E3%83%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%80%81%E4%BF%A1%E3%82%92%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

 米ニューヨークのウォールストリートでは「Occupy Wall Street(ウォールストリートを占拠せよ)」と銘打ち、金融界と政界に抗議するデモが先週末から行われているが、このデモに関連するメッセージの送信を米Yahoo!がブロックしていたという。
 Think Progressによると、Yahoo! MailでキャンペーンサイトのURL「occupywallst.org」をメッセージ本文に入力すると、疑わしい活動が検出されたなどとして送信できなかったという。しかし、別の抗議活動関連WebサイトのURLを入力した場合には、特に問題なく送信できたとのこと。
 この件に関して米Yahoo!はブロッキングの事実は認めて謝罪した。ただし、意図したものではなく、スパムフィルターの誤動作によるものだとしている。
動画はThink ProgressのLee Fang氏がYahoo! Mailで送信テストしたときの様子。この時点では、メッセージ本文に「occupywallst.org」と入力するとメッセージは送信できず、「疑わしいアクティビティが検出されたので、アカウントを保護するためメッセージは送信されなかった」などと表示されていた。現在では設定が修正されており、「occupywallst.org」はブロックされないようになっている。


---「ウォール街を占拠」デモ、17日は1000人参加-これまで7人逮捕(1) ---
更新日時: 2011/09/20 00:43 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=ahYIDOnhChjQ

 9月19日(ブルームバーグ):ウォール街では19日も、ニューヨーク市警察によって一部の地域への立ち入りが制限されている。週末からの金融機関への抗議行動で、3日目までに少なくとも7人が逮捕された。
 「ウォール街を占拠せよ」と銘打たれた抗議行動の参加者数は19日朝に、チェース・マンハッタン・プラザ近くの200人程度まで減った。17日は1000人ほどが参加していた。
 警察のブラウン報道官が電子メールで明らかにしたところによると、19日には4人が、顔の見えないマスクを付けていたことから逮捕された。2人以上が集まってそのような行動を取ることは法で禁じられている。また、1人は警察が設置したフェンスを飛び越え逮捕に抵抗したことで拘束された。17日には2人が米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)が入居しているビルに入ろうとしたため逮捕されたという。
 デモ参加者は「ワシントンの議員へのカネの影響力」を断つための委員会を設置するようオバマ大統領に求めている。ウォール街を「数カ月間占拠」するよう呼び掛けたグループ、「アドバスターズ」がウェブサイトで説明した。
 警察は週末を通じてウォール街の歩道を分離し、抗議参加者が足掛かりを築けないようにした。デモ参加者はウォール街周辺で、警察がデモのために設置した部分を「一日中、一週間中、ウォール街を占拠せよ」とスローガンを唱えながら行進した。ブラウン報道官によれば、歩行者の通行を妨げる者はただちに逮捕の対象になる。


---ウォール街で抗議デモ、米国にも「アラブの春」を---
2011.09.19 Mon posted at: 11:11 JST
http://www.cnn.co.jp/usa/30004013.html

 (CNN) 米ニューヨークのウォール街で17日、米国の金融界と政界に対する抗議行動が行われた。インターネットでの呼び掛けを通じて反政府デモが広がった中東の「アラブの春」にならい、米国でも市民主導の改革を促そうと企画された。
 抗議行動はカウンターカルチャー誌「アドバスターズ」創業者のカル・ラスン氏が発起人となり、ツイッターなどのウェブサイトを通じて米国金融の中心地であるウォール街に集結するよう市民らに呼びかけた。
 今年に入って北アフリカから中東に飛び火した反政府デモでは、参加者が街の中心部を占拠して経済の停滞や圧政に抗議。チュニジアやエジプトなどの各国で、国民のニーズに応えることよりも権力の温存に固執したとみなされた政権が次々に崩壊した。
 ラスン氏は、米国でもインターネットを使ってこうしたデモを盛り上げたい考えだ。「金融界に対する怒りは強まっている」「ウォール街など世界中の金融街に人々が結集して、世界の金融制度の改善と公正化を促す必要がある」と指摘する。
 アドバスターズは7月にウェブサイトを開設してウォール街でのデモ行進とニューヨーク証券取引所での座り込みに参加者を募った。8月にはハッカー集団の「アノニマス」がこれに賛同してデモへの参加を促す動画を公開し、以後、日本、イスラエル、カナダ、欧州にも抗議行動を組織する動きが広がっている。
 ニューヨークの抗議活動は2万人を集めることが目標だが、ラスン氏は9万人を集めたい考え。「ニューヨークを中心とする世界の金融制度は、ある意味我々をもて遊んでいる感がある」「経済運営、政治運営の在り方は変革が必要だ」と訴える。
 ただし英国で起きたような暴動に発展することは望まないという。「我々が望んでいるのはたくさんの人が集まって要求を掲げ、ウォール街に向けてデモ行進することだ」「平和的な集会を開き、オバマ大統領への要求について討議すれば、徐々にエジプトでの出来事に匹敵するような状況を作り出せる」とラスン氏は話している。


---ウォール街をデモ行進=リーマン・ショック3年で-NY---
2011/09/18-14:27
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201109/2011091800083

 【ニューヨーク時事】「リーマン・ショック」から3年が経過したのを機に、ニューヨークの金融街ウォール・ストリート周辺で17日、若者を中心とする数百人が金融機関に対する抗議行動を行った。ニューヨーク市警は、暴徒化を警戒して多数の警察官を派遣、現場は物々しい雰囲気に包まれた。
 デモ隊は同日午後、ニューヨーク証券取引所近くにある米金融界の象徴、ブル(雄牛)像の周辺に集合。「われわれの未来を売買するな」と訴えるプラカードを掲げるなどして周辺の道路をデモ行進した。市警はウォール・ストリートを封鎖するとともに、ブル像をフェンスで囲み、デモ隊を締め出した。

2011年9月29日木曜日

ウィキリークスで実害

ウィキリークスで実害がでた。
 「ウィキリークス」が暴露したエチオピア関連の米外交公電に名前を
引用されたエチオピア人記者が、同国当局による脅迫を受け、先週末に
国外逃亡したと報じた。

 「アル・ジャジーラ」は、ウェブサイト上に声明を出し、ワダフ・
ハンファル社長の辞任を発表した。
 「ウィキリークス」が最近公開した米外交公電で、ハンファル氏が米国
防情報局と恒常的に接触し、米国側の要請を受けて、ウェブ上の写真削除
など報道内容を抑制していたことなどが暴露されていた。

エチオピアとカタールで実害が出たとのこと。
マスメディアの修正無しでの暴露情報の発表は、アサンジの売名行為と
言われる。
ウィキーリークスに損害賠償請求しようにも、損害を証明できないし、
風評被害の可能性もあり、一部の人にとっては踏んだり蹴ったりの状態。
権力側の裏工作の暴露には納得しても、反権力側の裏工作の暴露には、
納得できない。

Wikileaks パスワード暴露を非難


From Osama to Obama: US praises 'Al-Qaeda TV', boss quits


---報道抑制暴露され…アル・ジャジーラ社長辞任---
2011年9月22日07時10分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110921-OYT1T01396.htm

 【カイロ=長谷川由紀】カタールの衛星テレビ「アル・ジャジーラ」は20日、ウェブサイト上に声明を出し、ワダフ・ハンファル社長の辞任を発表した。
 AP通信などによると、内部告発サイト「ウィキリークス」が最近公開した米外交公電で、ハンファル氏が米国防情報局と恒常的に接触し、米国側の要請を受けて、ウェブ上の写真削除など報道内容を抑制していたことなどが暴露されていた。
 アル・ジャジーラは1996年に放送を開始したニュース専門チャンネルで、2003年のイラク戦争の報道などで国際的な存在感を高めた。今年、アラブ世界に広がった民衆蜂起でもチュニジア、エジプト、リビアなどでの動きを大々的に伝えてきたが、一方で、カタールと同じ湾岸諸国での民主化運動の報道には消極的との批判も出ていた。


---ウィキリークスで実害、記者が脅迫で国外逃亡---
2011年9月17日01時55分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110917-OYT1T00112.htm

 【ヨハネスブルク=中西賢司】AP通信などは15日、内部告発サイト「ウィキリークス」が8月に暴露したエチオピア関連の米外交公電に名前を引用されたエチオピア人記者が、同国当局による脅迫を受け、先週末に国外逃亡したと報じた。
 行き先は本人の希望により公表されていない。米民間団体「ジャーナリスト保護委員会(CPJ)」は、ウィキリークスの暴露による被害が確認された初の事例だとしている。
 この記者はエチオピア当局筋から「政府に批判的な新聞社を黙らせるため、幹部名簿を作成している」と聞きつけ、この話が2009年10月の在エチオピア米大使館発の公電に記された。同新聞は約1か月後に廃刊となり、一部編集者が国外逃亡したという。

2011年9月28日水曜日

米有権者 支持政党の移行

米有権者の支持政党が移行しているようだ。
 米大統領選に向けた共和党候補者への模擬投票が、オーランド市内で
行われ、会社経営者で黒人のハーマン・ケイン氏がトップになる結果と
なった。

18才未満の白人がマイノリティの州
・カリフォルニア州(2008DP) ヒスパニック系の割合が半数
・ニューメキシコ州(2008DP) ヒスパニック系の割合が半数
・ネバダ州(2008DP)
・アリゾナ州(2008GOP)
・テキサス州(2008GOP)
・ミシシッピ州(2008GOP)
・ジョージア州(2008GOP)
・フロリダ州(2008DP)
・メリーランド州(2008DP)
・ハワイ州(2008DP)

支持政党からすると米共和党(GO)Pから米民主党(DP)に移行する可能性が
高い州が4州ある。
景気低迷、高い失業率等による失策で、オバマの支持率を低くなり、
政権交代を期待する有権者が増えたようだ。
最近では、8年毎に政権政党が替わることで、日本では、目標とされた。
マスメディア扇動で流れた浮動票で政権が決まることが多かったが、
実際は、日米共に素人政治に過ぎなかった。
政治はブームではなかったと言うこと。

人種摩擦 アジア対アラブ
OBAMA Black Bus Tour
日雇素人閣僚


---波乱 黒人候補がトップ ペリー氏剣が峰 共和党模擬投票---
2011.9.25 19:44
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110925/amr11092519510005-n1.htm

 【オーランド(フロリダ州)=佐々木類】2012年の米大統領選に向けた共和党候補者への模擬投票が24日、オーランド市内で行われ、会社経営者で黒人のハーマン・ケイン氏(65)がトップになる波乱の結果となった。
 必勝を期したテキサス州のリック・ペリー知事はライバルのミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事を僅差で抑えたものの、ケイン氏にダブルスコアで敗北。8月中旬に彗星(すいせい)のように現れ、指名争いを引っ張ってきたペリー氏が早くも剣が峰に立たされた形だ。
 模擬投票はケイン氏が全体の37%を獲得、ペリー氏15%、ロムニー氏14%。今回は過去2回の討論会でほころびが見え始めたペリー氏がどこまで態勢を立て直せるかが焦点だったが、高齢者年金など社会保障制度や移民問題で「何度も言葉に詰まる姿が支持離れにつながった」(マイアミ・ヘラルド紙)ようだ。ペリー氏から多くの保守票がケイン氏に流れたとみられる。
 模擬投票に先立つ22日の討論会では、ロムニー氏がペリー氏の社会保障政策について、「現行の社会保障制度は憲法違反だと語っている」と批判。移民政策に関しても、メキシコと国境を接するテキサス州はヒスパニック系住民が多く、ペリー氏は知事として「不法移民を優遇している」と他候補から批判されていた。
 立候補表明した直後のご祝儀相場も終わり、ロムニー氏との支持率の差も徐々に縮められ、当初10ポイント近くあった差は、最近ではペリー氏28%、ロムニー氏24%(世論調査会社ラスムセン)にまで肉薄した。
 キニピアック大が最近実施した世論調査結果によると、共和党の大統領候補にペリー氏が選ばれた場合の支持率はオバマ氏44%、ペリー氏42%。逆にロムニー氏の場合オバマ氏40%、ロムニー氏47%。最終的にはロムニー氏がオバマ大統領相手に“勝てる候補”として指名されるとの見方が広がりつつある。
 一方、一躍「時の人」となったケイン氏は、ピザチェーン店元オーナーでテネシー州メンフィス出身。インディアナ州のパーデュー大学院でコンピューター科学を専攻後、数学者として米海軍で弾道ミサイルの軌道を計算していたという異色の経歴の持ち主だ。
 投票会場の州共和党スタッフ(42)は「ペリー氏に不安を感じた支持層の受け皿になったのではないか」と分析してみせた。


---Perry’s Immigration Stance Jeopardizes Lead in Republican Race---
By Julie Hirschfeld Davis - Sep 26, 2011 1:00 PM GMT+0900
http://www.bloomberg.com/news/2011-09-26/perry-s-immigration-stance-jeopardizes-lead-in-republican-race.html

Republican Johanna White was delighted to find herself nodding in agreement with almost everything Texas Governor Rick Perry said after he entered the race for her party’s presidential nomination six weeks ago.

Then he started talking about allowing children of illegal immigrants to attend Texas universities at in-state tuition rates.

“It was a total turnoff,” said White, 51 and unemployed, from Port St. Joe, Florida. “I think it’s totally wrong. I’m almost 100 percent directly a Perry supporter, but I can’t agree with that.”

White, a party activist who doesn’t miss a chance to vote in Republican primaries, personifies an emerging liability for Perry, who has ascended to frontrunner status in the primary contest, eclipsing former Massachusetts Governor Mitt Romney in national primary polls, since declaring his candidacy August 13.

Romney and other Republican rivals have seized on Perry’s support for a Texas law allowing children of illegal immigrants who are admitted to public universities to attend at lower state-resident tuition rates to portray him as lax on an issue that stirs resentment among some Republican voters.

“It can definitely hurt him in a number of states, and it could hurt him nationally,” said Republican polling expert Tony Fabrizio, who is not affiliated with any presidential campaign. Fabrizio points to Iowa, home of the first presidential nominating caucuses, where “Republican caucus-goers believe it is absolutely not fair to give free benefits to illegals.”
Fits Texas Profile

While Perry’s stance fits the profile of his state -- with the nation’s second largest Hispanic population of 9.5 million in 2010 -- and could have broader appeal in a general election with a fast-growing Hispanic population nationally, it threatens to alienate many of the fiscal and social conservatives outside of Texas who hold sway in Republican nominating contests and oppose government aid to illegal immigrants.

“It’s a 90-10 issue for Republican voters,” Fabrizio said in an interview. “You want to see Republican voters go into orbit -- almost to the level of talking about Barack Obama --you mention this.”

Discussions with about two dozen Republican activists gathered at a party convention in Orlando, Florida Sept. 22-24 confirmed Fabrizio’s assessment. Many said the Texas governor’s stance on illegal immigration -- including his contention that building a border fence with Mexico would be impractical -- was the only thing preventing them from supporting Perry, otherwise most appealing to them among Republican contenders.
Florida Hispanic Growth

Florida’s Hispanic population grew 57.4 percent over the past decade to 4,223,806, the U.S. Census Bureau said in March. Latinos comprised 22.5 percent of the state’s total residents in 2010, up from 16.8 percent in 2000.

Perry finished a distant second in a non-binding straw poll conducted at the gathering, drawing 15.4 percent of the 2,657 votes cast, compared with 37.1 percent for the fast-food magnate Herman Cain, whose call to “throw out” the federal tax code brought cheering convention-goers to their feet.

Dorothea Madrigrano, 78, a retired Realtor from Boynton Beach, said she liked ’’Perry right off the bat until I heard about him giving all these kids a free ride.’’ She said: “I absolutely, positively disagree with any benefits that these people are getting, and if it were up to me, I’d round them all up and sweep them out of here.”
Practical, Compassionate

Perry says that in Texas, the policy is both the compassionate and practical one, arguing that the alternative is to deprive children of illegal immigrants of the opportunity for an education, thus increasing the likelihood that they will become a costly drag on society.

Perry’s approach to immigration is similar to that of the Texas governor before him, former President George W. Bush, who campaigned for president in 2000 with pledges to overhaul U.S. immigration laws and cope with a growing illegal population.

The Hispanic populace of Texas grew by 41.8 percent since 2000, according to the San Antonio-based Saber Research Institute. It accounted for 37.6 percent of the state’s population, the center reports, and the 9.5 million total Hispanic count included 3.3 million children 17 and younger.

Perry, during a televised Republican debate in Florida on Sept. 22, said: “If you say that we should not educate children who have come into our state for no other reason than they’ve been brought there by no fault of their own, I don’t think you have a heart.”
Republican Boos

The comment drew boos from the Republican audience. Given the negative response the immigration issue evokes among Republicans, Perry’s competitors are taking every opportunity to raise it. Former Pennsylvania Senator Rick Santorum called Perry “soft” on illegal immigration, and Republican Representative Michele Bachmann of Minnesota proclaimed it “madness” to allow illegal immigrants to receive government benefits.

Romney rejected Perry’s compassion argument in remarks the day after the debate, saying, “If you’re opposed to illegal immigration, it doesn’t mean that you don’t have a heart; it means that you have a heart and a brain.”
$100,000 Question

He cited a figure of $100,000 -- the approximate difference in four-year costs for out-of-state and in-state students to attend the University of Texas. He since has taken to tallying the discrepancy for other states where he and Perry are competing. Romney’s campaign circulated a document Sept. 24, while both men were in Michigan, noting that according to U.S. News & World Report, students from outside the state would have to pay $98,700 more to attend the University of Michigan at Ann Arbor than would state residents, and $75,780 more to attend Michigan State University.

The numbers resonate with Tony Ledbetter, a Daytona Beach retiree, who said Perry “is going to lose based on that issue.”

“The fact that they’re here, that they’re going to school -- fine, but don’t give them $100,000 in taxpayer subsidies so they can go to college,” said Ledbetter, a self-described devotee of the anti-tax, anti-government spending Tea Party who said he wants former Alaska Governor Sarah Palin to enter the race.

Ronald Reagan Invoked

Perry’s allies recognize the issue has the potential to hurt his bid, yet they say his position could be a virtue in a campaign in which the Texas governor is styling himself in the mold of former President Ronald Reagan, adored among core Republican supporters.

Reagan “said it best: We have to be the party of a big tent,” said Florida House Majority Leader Carlos Lopez-Cantera, a Perry supporter. “We are the big-tent party, and I think Governor Perry exemplifies that, and has been the only candidate who has been willing to reach out on this issue.”

In Texas -- much of which used to be part of Mexico -- Perry’s position is in tune with history and tradition, even among Republicans, said Bruce Buchanan, a University of Texas political scientist.

“Even as the Republican Party developed this very hardball stance on immigration, Texas Republicans, including George W. Bush, always resisted that, and always took a different view,” Buchanan said. “That’s where Perry’s coming from. The logic that he laid out on television might not make sense to Mitt Romney, but it makes sense here.”
Softening Hard Edges

If Perry can make it through the Republican primaries, Buchanan said, his immigration position could boost his chances of taking the White House as “one of the hard-edge softeners that could allow him to be successful against Barack Obama.”

First he’ll have to win a nominating contest that elevates voters like White, an unemployed former bank president who with her unemployed husband says she is a month away from declaring bankruptcy and bristles at the fact that illegal immigrants are drawing on benefits she finances through taxes.

“They come over here, they get our health care, they get food programs, their children get it for free, and we’re paying for all this -- they’re not,” White said.

While illegal immigration doesn’t rank near the top of most voters’ concerns, it’s an important issue that can determine whether Republicans believe a candidate is “in tune” with them enough to deserve their vote, pollster Fabrizio said. “Immigration is symbolic to a lot of Republican voters of fairness and economic security and the burden of government on them.”


---Could This Be the Week Sarah Palin Gets in the Race?---
Sep 26, 2011 6:00am
http://abcnews.go.com/blogs/politics/2011/09/could-this-be-the-week-sarah-palin-gets-in-the-race/

It’s an exciting week in politics because this is the week Sarah Palin will tell the world her 2012 intentions. Or not.

At least that’s what she indicated to ABC News’ Jake Tapper at the Iowa State Fair last month, telling him September was “practically speaking … kind of a drop-dead timeline” when it comes to “jumping in the ring.”

With only five days left in the month, that means this week is the “drop-dead timeline,” right?

Not exactly. Since her early August trip to Iowa, she’s backed off on her self-imposed date, but as the days, debates and campaign events creep by and the state filing deadlines loom, the window may be closing.

Since marking the September “drop-dead timeline” at Ames, she’s wavered on a date in interviews on Fox News. Two weeks ago, Greta Van Susteren asked Palin about a “drop-dead date” and the former Alaska governor demurred.

“I’m not going to let the media tell me or dictate when a drop-dead date should be. So I don’t have an answer for you on that one yet,” Palin said, adding that she’s “engaged internally with my family in discussions.”

“And I still have that same old dopey same old answer that I’m sure you guys are getting sick of hearing, and that is: I’m still thinking about it, praying about it, contemplating,” Palin told Susteren. “I’m sick of giving the same answer, believe me. I’m anxious to give an answer and get on with life one way or the other.”

Then last week, Palin told Sean Hannity that she’s “still considering the time factor,” but that “it is going to be an unconventional type of election process.”

When Hannity suggested to the former vice presidential nominee that November is the month she would have to announce because of legal filing deadlines, she conceded that “legally you do, because you have to start getting your ducks lined up to have your name on these ballots.”

So what does it all mean? Is she just stretching it out to stay in the debate without participating in the debates or is she going to jump in right before the filing deadlines at the end of next month and the beginning of November?

The answer: Only she knows. Not even her staff is aware of whether she will pull the trigger or not. According to a source with knowledge of the SarahPAC inner-circle, just as it was six months ago she has not made an announcement to her staff about her intentions. As the days creep toward state filing deadlines, no new staff has been hired. Her core group of about six staffers runs the organization while a volunteer group completely independent of SarahPAC called Organize4Palin or O4P tries to lay the groundwork in states, most notably Iowa.

The same source told ABC News that “there is a developing consensus among former aides with knowledge of SarahPAC that she has decided not to run.”

Of course, they also acknowledge that, like her decision to resign as governor of Alaska in July 2009, the decision is hers to make alone with her husband, Todd, and that she could decide the day before the first filing deadline that she wants to throw her hat in the ring.

Saturday’s P5 or Presidential 5 Conference Straw Poll sponsored by the Florida GOP was a clear rejection of the two frontrunners Rick Perry and Mitt Romney. Despite strong speeches by Herman Cain-who won the poll with 37 percent of the vote-the delegates were definitely looking for another candidate and that is sure to be another signal to Palin that she can still get in. Of course, Perry’s poor performance at Thursday night’s Fox News/Google debate is another sign that getting in to the race late isn’t easy.

Steve Bannon, who made the Palin documentary, “The Undefeated” and remains close to Palin, thinks it’s a “big opportunity” because “the current list of candidates have failed to catch the imagination of either the conservative movement or the general electorate.”

“She’s making her own decision. It’s exactly what she has said 1,000 times. It’s her own decision and it’s in consultation with her family and through prayer, and that’s what I’m sure she’s spending a lot of time thinking about in Alaska,” Bannon told ABC News. “This is a life-altering decision.”

Just last week, SarahPAC sent out a fundraising appeal asking for donations because, as the message put it, Palin was “on the verge of making her decision of whether or not to run for office.”

That money cannot be used for a presidential campaign and, although the PAC will need funds, whether she runs or not it could be seen as a sign that she’s not going to get in the race and the organization is trying to pad the coffers before she lets the world know. Of course, if she does enter the race, money is likely to pour in as soon as she announced.

Despite deadlines Palin has made or backed away from in the past, the state filing deadlines are not negotiable if she wants to get on the ballot.

The early state calendar is still in flux, with Florida making it clear it wants to play a prominent role in the nominating process. Its primary date could be as early as Jan. 31.

Chris Cate, the communications director at the Florida Department of State, said the date will be decided soon, but the state will be in line behind the traditional early states of Iowa, New Hampshire, South Carolina and Nevada.

However, no matter what primary date ends up getting chosen, Florida’s filing date for candidates is one of the first: Oct. 31. That’s the date it receives the candidate list from the state parties. Other states follow quickly after that in the first week of November.

These are the final dates Palin would be dealing with and the unsettled primary calendar doesn’t seem to have any effect.

The first primary state of New Hampshire traditionally has a filing period in the first three weeks of November, but with its primary date not set yet, Secretary of State Bill Gardiner has the power to move that date ahead or even later.

Other states require nominating petitions that would require teams in those states to get petition signatures, another filing step the organization would have to complete if Palin were to jump in the race.

At least in the first caucus state of Iowa, Palin has help outside of the network of grassroots volunteers. A longtime GOP fundraiser in the state who has become a friend of the Palins, Becky Beach is ready to start raising money if Palin pulls the trigger, but even she has no idea if she will get in the race.

“I don’t know if she will or she won’t run, but if she does decide to do it I’ve already had a state senator and a donor with another campaign say if she were to get in they would jump to her,” Beach said.

Becky added that she doesn’t see a deadline ahead of the legal deadlines that Palin needs to announce.

“I know she and Todd will decide what’ s best for them and their family,” Beach said. “If they would like me to be helpful to them I would be happy to.”

Beach added: “She’s a force in her own right. If she runs for president, that’s one thing, but if she doesn’t, she won’t just be in Wasilla or Arizona. She’ll be advocating positions and views and love of country in a different way. She will definitely be doing something.”

One thing sure to encourage Palin towards a yes decision is the McClatchy-Marist poll released last week that put her just five points behind President Obama, with a 49 percent to 44 percent spread in a potential head-to-head contest. That same survey of Republicans and GOP-leaning independents also reported that 72 percent of Republicans don’t want Palin to get in the race.

Peter Singleton, who heads up the volunteer group in Iowa, has spent almost a year in the state campaigning for Palin full time - unbelievably without being told to do so by Palin or SarahPAC. He left his home in California and his job as an attorney to attend county meetings and try to convince caucus goers that Palin is the person for the job, although she hasn’t said whether she thinks she’s the person for the job.

“We don’t care at all when she announces,” Singleton said. “I know some people care, but the people doing what I’m doing, the people doing this pretty intensely, we don’t care. What we care about is why she runs. How she would run.”

He said state activists have been telling him for months that Palin needs to get in the race and meet with them, but he added members of that group are not going to be the people who decide the election. Instead it will be the average GOP caucus-goers in the state.

“Out in the counties, the Republican electorate is wide open,” Singleton said, adding that the caucus-goers in counties and towns outside of the Iowa cities are still undecided. “I’m sure of this.”

Singleton is convinced the answer will be “yes” from Palin, but insisted that despite sacrificing almost a year of his life in the Hawkeye State he will be fine if she says she’s not in.

“I’ll be disappointed because I think she’s the best candidate, but disappointed in her, no absolutely not. She’s her own person and I have a lot of respect for her,” Singleton said.

He added that he thinks a late entry will help Palin because she’s been “leading” by weighing in on different issues through her speeches and appearances on Fox News.

“I’d rather be advocating for someone to be leading than someone running for presidency the last few years and absent from the fray,” Singleton said.

2011年9月27日火曜日

アノニマスメンバー逮捕

アノニマスのメンバーが逮捕された。
recursionが逮捕された。
 FBIは、ソニーの子会社である米SPEにサイバー攻撃を行った共謀容疑で、
ハッカー集団「ラルズセキュリティー(ラルズセック)」のメンバーと
みられる米アリゾナ州の23歳の男を逮捕したと発表した。
 米連邦大陪審の起訴状によると、「recursion(再帰)」という名前で
活動していた男と共謀者らは、SPEのコンピューターシステムに不正侵入し、
機密情報を入手した。
男は有罪となれば、最高で15年の禁錮刑を受ける可能性がある。

recursion
・Cody Kretsinger 男 23才 Al.
・昨年末、サンタクルス郡サーバへDos攻撃を行い、一時サービス妨害
 した容疑(PLF関与)
・SPEへプロキシーサーバを経由して、SQL Injection攻撃した容疑
 (Lulzsec関与)
・SPE攻撃への犯行声明の容疑(Lulzsec関与)

Commander X
・Christopher Doyon 男 47才 Ca.
・昨年末、サンタクルス郡サーバへDos攻撃を行い、一時サービス妨害
 した容疑(PLF関与)

AbsolemまたはToxic
・Joshua John Covelli 男 26才 Oh.
・昨年末、サンタクルス郡サーバへDos攻撃を行い、一時サービス妨害
 した容疑(PLF関与)
・PaypalへDos攻撃を行い、一時サービス妨害した容疑(Anonymous関与)

recursionとdevrandomは、FBI関連サイトを攻撃後、Lulzsecを離脱。
アノニマスとPLFは、関係しているようだ。
テロ集団同様の小グループが、支援を受けて、集団を構成。
技術的、思想的支援はわかるが、金銭的支援はあったのだろうか。
仕事をしながら、サイバーテロをしているとしたら、チームで行動して
いる可能性があり、実行犯以外にも関与している人は多いかもしれない。

Anonymous Topiary逮捕
MHI 軍事情報流出か


SQL Injection -- by the Numbers


LulzSec September 2011 Arrests.


---米FBI、ソニー子会社システムへの侵入容疑で23歳男を逮捕---
2011年 09月 23日 15:42 JST
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK899318420110923

 [ロサンゼルス 22日 ロイター] 米連邦捜査局(FBI)は22日、ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の子会社である米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)にサイバー攻撃を行った共謀容疑で、ハッカー集団「ラルズセキュリティー(ラルズセック)」のメンバーとみられる米アリゾナ州の23歳の男を逮捕したと発表した。
 米連邦大陪審の起訴状によると、「recursion(再帰)」という名前で活動していた男と共謀者らは、SPEのコンピューターシステムに不正侵入し、機密情報を入手した。男らは入手した情報をラルズセックのウェブサイトに掲載したことに関与し、同集団のツイッターアカウントを通じて犯行声明を出したとされている。
 男は有罪となれば、最高で15年の禁錮刑を受ける可能性がある。
 ラルズセックは6月、SPEのウェブサイトに不正侵入。SPEによると、米国市場の顧客の名前、メールアドレス、パスワードなど3万7500人の個人情報が流出した。


---FBI arrests Sony LulzSec hacking suspect---
Reuters
guardian.co.uk, Friday 23 September 2011 05.52 BST
http://www.guardian.co.uk/technology/2011/sep/23/sony-lulzsec-hacking-arrest-fbi?newsfeed=true

Cody Kretsinger, 23, accused over Sony Pictures attack in which thousands of people's details were posted online

A suspected member of the clandestine hacking group LulzSec has been arrested in Arizona by the FBI on charges of taking part in an extensive breach of the Sony Pictures computer system.

A federal grand jury indictment charges Cody Kretsinger, 23, with conspiracy and the unauthorised impairment of a protected computer in connection with the attack in May and June.

Kretsinger is alleged to have used the online name, or handle, of "recursion" as part of the hacking crew.

LulzSec, an underground group also known as Lulz Security, at the time published the names, birth dates, addresses, emails, phone numbers and passwords of thousands of people who had entered contests promoted by Sony.

"From a single injection we accessed EVERYTHING," the hacking group said in a statement at the time. "Why do you put such faith in a company that allows itself to become open to these simple attacks?"

Hackers previously had accessed personal information on 77m PlayStation Network and Qriocity accounts, 90% of which belonged to users in North America and Europe, in what was then the biggest such security breach in history.

The nine-page indictment said Kretsinger and co-conspirators obtained confidential information from Sony Pictures' computer systems using an "SQL injection" attack against its website, a technique commonly used by hackers to exploit vulnerabilities and steal information.

The indictment said that Kretsinger, as "recursion", helped post information he and his co-conspirators stole from Sony on LulzSec's website and announced the intrusion via the hacking group's Twitter account.

The extent of damage caused by the breach of the studio's computer network remained under investigation, the FBI said.

Chat logs obtained by the Guardian reveal that two members of LulzSec, "recursion" and "devrandom", decided to leave the group after 3 June after it attacked an FBI-affiliated site.

There have been four arrests in the UK of people alleged to be associated with LulzSec. Trials of three of them are expected to begin in 2012.

LulzSec, an underground group also known as Lulz Security, at the time published the names, birth dates, addresses, emails, phone numbers and passwords of thousands of people who had entered contests promoted by Sony.

"From a single injection we accessed EVERYTHING," the hacking group said in a statement at the time. "Why do you put such faith in a company that allows itself to become open to these simple attacks."

Hackers previously had accessed personal information on 77m PlayStation Network and Qriocity accounts, 90% of which belonged to users in North America and Europe, in what was then the biggest such security breach in history.

Other high-profile companies targeted by cyber attacks included Lockheed Martin and Google.

Sony officials did not comment on Thursday's arrest.

LulzSec is reputed to be affiliated with the international hackers collective called Anonymous, which has claimed responsibility for cyber attacks on government and private institutions around the world.

Kretsinger faces a maximum sentence of 15 years in prison if convicted. The government is trying to extradite him to Los Angeles, where Sony Pictures' computer system is located and where the case against him has been filed.


---Alleged LulzSec, Anonymous hackers arrested in Ariz., Calif.---
By: Elinor Mills September 22, 2011 1:56 PM PDT
http://news.cnet.com/8301-1009_3-20110264-83/alleged-lulzsec-anonymous-hackers-arrested-in-ariz-calif/

An Arizona man was arrested today for allegedly stealing data from Sony Pictures Entertainment earlier this year, and two others were indicted on charges of participating in a denial-of-service (DoS) attack that temporarily shut down Santa Cruz County servers late last year.

Cody Andrew Kretsinger, 23, of Phoenix was indicted September 2 by a federal grand jury on charges of conspiracy and unauthorized impairment of a protected computer, the FBI said in a statement. Kretsinger could not be reached for comment.

Separately, 47-year-old Christopher Doyon of Mountain View, Calif., was arrested and appeared before Magistrate Judge Howard Lloyd in U.S. District Court for the Northern District of California in San Jose, according to a U.S. Department of Justice statement released this afternoon. Lloyd ordered that a bail study be done and set a court appearance for September 29 at 1:30 p.m. PT.

Doyon, who allegedly uses the alias "Commander X," and Joshua John Covelli, 26, of Fairborn, Ohio, were indicted on charges of conspiracy to cause intentional damage to a protected computer, causing intentional damage to a protected computer, and aiding and abetting by participating in a distributed DoS attack on Santa Cruz County servers December 16, 2010, shutting down the Web site. A criminal summons was issued to Covelli, aka "Absolem" or "Toxic," to appear before Magistrate Paul Grewal in San Jose on November 1.

In the Sony case, Kretsinger is accused of using proxy services via the hidemyass.com site, designed to offer anonymous Internet access, to probe Sony Pictures Entertainment's computer systems in May, according to the indictment, which was unsealed in U.S. District Court in Los Angeles today.

He and other co-conspirators looked for vulnerabilities and exploited them by means of a SQL injection attack between May 27 and June 2, the indictment says. They then allegedly compromised the Sony system, making "tens of thousands of requests for confidential data," and released the information from Sony on a public Web site and on Twitter.

Kretsinger permanently erased the hard drive of the computer he used to conduct the attack, the indictment alleges. He is due to make an initial appearance in federal court in Phoenix today. The U.S. government will request that he be transferred to Los Angeles to face prosecution. He faces up to 15 years in prison if convicted.

He is alleged to have used the hacker handle "recursion" and is believed to be a member of the LulzSec hacker group.

The LulzSec group, believed to be a spinoff of the Anonymous group of online activists, had bragged about breaking into Sony Pictures' system, posting a statement on Pastebin on June 2 and proof of their attack. "We recently broke into SonyPictures.com and compromised over 1,000,000 users' personal information, including passwords, email addresses, home addresses, dates of birth, and all Sony opt-in data associated with their accounts," the statement said. "Among other things, we also compromised all admin details of Sony Pictures (including passwords) along with 75,000 'music codes' and 3.5 million 'music coupons.'"

A week later, Sony said that actually personally identifiable information of 37,500 customers had been exposed in the breach. The breach was one of a series of attacks targeting Sony and its affiliate sites globally that started in May following a legal spat Sony had with a hacker who had modified his Sony PlayStation 3.

In the San Jose cases, the indictments allege that the attack on Santa Cruz County servers was orchestrated by the People's Liberation Front (PLF), which is associated with the Anonymous group. After the city enacted a law restricting camping in city limits, protesters occupied the courthouse premises and several were charged with misdemeanors, the Justice Department said. In retaliation, the PLF organized the DoS attack, the statement alleges.

Covelli is also separately under indictment in U.S. District Court for the Northern District for allegedly participating in a distributed DoS attack on PayPal in December 2010. His next court appearance in that case is set for November 1 at 9 a.m. PT before Judge Lowell D. Jensen in San Jose. Neither Doyon nor Covelli could immediately be reached for comment this afternoon.

The Justice Department and FBI said they could not comment on the San Jose cases beyond the indictments and statements, so it is unclear exactly where Doyon was arrested. Earlier today, Fox News reported that a hacker who is believed to be homeless was arrested in San Francisco on charges of participating in attacks allegedly carried out by activist group Anonymous on Santa Cruz County government Web sites, and that search warrants were being executed in New Jersey, Minnesota, and Montana. An FBI spokesman told CNET that the agency does not typically comment on search warrants.

Arrests of people accused of being part of Anonymous or LulzSec have taken place globally, including 16 in the U.S. in July, as well as in the United Kingdom and Spain.

2011年9月26日月曜日

自衛隊装備拡充へ

自衛隊の装備が拡充するようだ。

・軍事衛星網大幅強化
 2011年 軍事偵察衛星2機 60センチ大の物体まで識別できる性能
     レーダー2機
 2012年 レーダー1機
 2014年 軍事偵察衛星1機 40センチ以下まで分解能
2016年 GPS衛星6‐7機

・F4後継機 FX選定の提出期限 9/26
 F35(B?) 米ロッキード・マーチン
 FA18E/F 米ボーイング
 ユーロファイター 英BAE システムズ

・ヘリ空母
 2011年いせ就役 排水量1万3500トン 哨戒ヘリ11機搭載
 2015年就役予定の22DDH 排水量1万9500トン 哨戒ヘリ14機搭載

・国産ステルス機
 2014年 心神(ATD‐X)試作品完了
 2016年 心神(ATD‐X)開発完了

・無人ヘリ
 陸自に配備済

・無人機
 試作品が4機製作済(TACOM2?)
 B2 フジ・インバック 2機
 スキャンイーグル 米ボーイング 2機
 パックボット 米アイロボット 2機

名目を原発事故、テロ対策とすれば、色々な予算が通りやすいと証明した
ような装備品開発予算。
露、中国等が近代化と称して装備品を配備すれば、周辺国の配備も変わる。
印越のように、南シナ海で経済的に協力すれば、軍事力をある程度押さえ
ることができる。軍事力を行使する国は批判され、国力が落ちるかもしれ
ない。
SM3シリーズ開発、THAAD開発、F35開発も遅れている。
米国まかせの装備品だが、米政府が開発費を削減している。
おまかせで大丈夫なのか、装備品も原油、レアメタル等と似た規制をし
そうだ。

災害支援や事故救助で自衛隊への支援者が増えたのに、寝込みを襲う窃盗
犯もいる。

米偵察衛星SM3で撃墜
宇宙基本法案 衆院通過
ひゅうが 引渡し
周辺国監視体制強化へ
中国 国産空母建造に着手
技本 TACOM2号機を中国へ提供か
国産GPS信号暗号化へ
AVIC 米軍事産業進出へ
露 戦略核戦力強化へ
空母開発
福島原発 UAV撮影映像非公開
米無人機 倍増へ
米国景気後退へ
日本向F35 @6500万ドルか
中国空母 試験航行
日雇素人閣僚
対イラン向MD配備合意


護衛艦DDH182 いせ 進水式 ひゅうが型2番艦 海上自衛隊HPより


---日本が軍事衛星網を大幅強化---
2011/09/22 09:01:24
東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20110922000021

あす「光学4号機」打ち上げ
領土めぐり中国を視野に
 領土をめぐり中国と紛争を抱えている日本は、軍事衛星を利用した情報収集システムを大幅に強化する。日本政府は23日「情報収集衛星」と称する実質的な軍事偵察衛星「光学4号機」を打ち上げる予定だ。さらに、年内にレーダー3号機、来年レーダー4号機、2014年に光学5号機を発射する。
 光学4号機は地上にある60センチ大の物体まで識別できる性能「分解能」を持つ。光学5号機は米国の軍事衛星並みの40センチ以下まで分解能を高めるというのが日本政府の方針だ。日本政府はまた、軍事用にも転用可能な衛星利用測位システム(GPS)衛星を2016年までに6‐7機保有する構想を持っている。日本が独自の軍事衛星網を構築するのは、中国を意識しているためとの見方がある。

■当初は北朝鮮監視が目的
 日本が軍事用衛星を打ち上げたのは、北朝鮮のミサイル「テポドン」発射に対応するためだった。北朝鮮が1998年8月にテポドンを発射すると、日本はそれを待っていたかのように同年12月に軍事衛星打ち上げを正式決定、2003年に2機の衛星打ち上げに成功した。
 日本の軍事用衛星システムは昼間の監視用である光学衛星と、夜間監視用のレーダー衛星を各2機ずつ保有、24時間監視システムを備え、現在までに光学衛星3機とレーダー衛星2機の打ち上げに成功している。日本政府は、衛星の追加打ち上げを急ぐ理由について「既存の衛星の性能が低下し老朽化するため」と説明している。しかし、北朝鮮関連情報を米国と共有している日本が、天文学的な額の投資の必要な独自軍事衛星網構築に熱を上げるのは「領土をめぐり争っている中国を視野に入れているからでは」という見方もある。日本はこれまで、軍事衛星網構築だけで8000億円を投資してきたといわれている。

■宇宙開発戦略本部を本格化
 日本政府は2016年までに6‐7機のGPS衛星も打ち上げる計画だ。現在は米国のGPS衛星を利用しているが、独自のGPSシステムを構築し誤差を最小限にしようというものだ。日本は昨年9月にGPS衛星「みちびき1号」を打ち上げ、軌道に乗せている。
 一部には「財政が厳しいため衛星関連投資を減らすべき」と批判する声もあるが、日本政府は「災害防止などに不可欠」として衛星の打ち上げを急いでいる。08年に設置された宇宙開発戦略本部も、宇宙開発や宇宙防衛に関心が高い野田佳彦首相の就任を機に本格的に運営される見通しだ。


---次期戦闘機選定、近代化進める中国戦力意識---
2011年9月20日11時16分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110920-OYT1T00332.htm

 航空自衛隊の次期戦闘機(FX)選定で、候補となっている3機種の機体性能や価格など具体案の提出期限が1週間後の26日に迫った。
 米国の国防費削減による開発の遅れで、F35(開発主体=米ロッキード・マーチン)の優位が揺らいだとの見方もあり、対抗馬のFA18E/F(同=米ボーイング)、ユーロファイター(同=英BAEシステムズ)の陣営は攻勢を強めている。
 FXは老朽化したF4の後継となる戦闘機で、今後20年以上にわたって、日本の防空体制の中心となる。軍事力の近代化を進める中国は、日本のF15などと同じ第4世代機を量産化すると同時に、敵のレーダーに探知されにくい「ステルス性」を備えた第5世代機「J20」の開発も急いでいる。
 政府はFXの選定にあたり、こうした中国の航空戦力を念頭に置いている。


---印越が南シナ海で油田共同開発、中国は反発---
2011/09/17 09:29:41
崔有植(チェ・ユシク)特派員 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20110917000014

中国外務省「南沙諸島の主権は中国にある」
 インドとベトナムが、南シナ海での軍事協力を強化することを決めたのに続き、海上油田の共同開発も進めていることが分かった。
 北京で発行されている「新京報」は16日、インド・メディアの報道を引用し「インドとベトナムの外務相が同日、ベトナム・ハノイで外務相会談を行い、南シナ海の油田2カ所を共同で開発することを重要案件として話し合う予定」と報じた。両国が開発を進めている油田は、南シナ海にある南沙諸島(スプラトリー諸島)付近の127、128号油田で、中国と、ベトナム・フィリピン・ブルネイなどの東南アジア諸国が、領有権をめぐって争っている海域に属する。
 新京報によると、インドはすでに国営の石油天然ガス公社(ONGC)を通じ、ベトナム政府から両油田に関する探査許可権を取得したという。インド外務省は「中国がこの問題について注目しているのは分かっているが、中国の反対には法的根拠がない。この件についてベトナム側と進めていく方針を、すでに中国政府に伝えている」と述べた。
 これに先立ちインドとベトナムは、今年に入り相次いで高官クラスの会談を開き、両国海軍の軍事協力について話し合ったほか、ベトナムは南シナ海沿岸のニャチャン港へのインド海軍の常時駐屯を要請した。
 これに対し中国は反発を強めている。中国外務省の姜瑜報道官は15日の定例記者会見で「中国は南沙諸島やその周辺海域の主権を有しており、これに論争の余地はない」として「われわれは外国の会社が南シナ海での紛争に介入しないことを願う」と述べた。
 中国国内の軍事問題専門家、張博氏も「インドが南シナ海問題を、中国と対決するカードとして使うのは、賢いやり方ではない上、戦略的にも危険なこと」と指摘した。


---日本が「ヘリ空母」建造へ、中国の空母に対抗か---
2011/09/15 10:58:32
東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/news/20110915000038

日中露に戦力強化の動き
北東アジア軍備競争突入か
 中国メディアは14日「中国の航空母艦(空母)に対抗し、日本は来年、排水量1万9500トンのヘリコプター搭載空母(22DDH)の建造を開始する予定だ」と報じた。日本は既に「ひゅうが」(2009年3月就役)と「いせ」(今年3月就役)というヘリ空母2隻を保有しているが、来年には既存のヘリ空母よりはるかに規模が大きい22DDHの建造を開始するという。さらに、規模や機能の面でより先進的な次世代空母(24DDH)を追加開発するための費用を来年度予算案に反映させる方針だ。

■米軍の最新鋭防空網設置
 2015年就役予定の22DDHは全長248メートルで、建造費は約10億4000万ドル(約797億5000万円)だ。「いせ」など従来の空母よりも甲板の面積が30%以上広く、ヘリを14機搭載できる。「いせ」は全長197メートル、排水量1万3500トンで、ヘリコプター11機の搭載が可能だ。全長302メートルで、航空機50機を搭載できるという中国初の空母に比べれば、規模の面では比べものにならないが、米国の最新兵器を搭載し、防御能力を最大限高める計画だ。この空母には、米国の艦艇にだけ設置されている米軍需製品メーカー・レイセオン社の防空網システムが搭載され、ミサイル発射装置が11基作られる。

■垂直離着陸戦闘機も搭載可能
 日本は第2次世界大戦時に空母で戦争を展開した。このため、日本政府は周辺諸国の警戒心を懸念し、攻撃用とされる戦闘機搭載空母を建造しない代わりに、防御的な性格が強いヘリコプター搭載空母を使用、海軍力を強化している。日本が特にヘリコプター搭載空母の建造に集中しているのは、活動半径を急激に拡大している中国海軍の潜水艦戦力を視野に入れているからとみられる。事実、空母には主に潜水艦攻撃用ヘリコプターが搭載されている。
 日本では「中国の空母に対抗するため、22DDHの設計を変更し戦闘機搭載空母にすべき」という声も上がっている。しかし、日本政府の負債や約4万5000人にすぎない海上兵力を考えれば、ヘリコプター搭載空母の方が現実的だと見られている。中国メディアは「日本は米ロッキード・マーティン社のF35Bを購入し、この空母に搭載する可能性が高い」と報じた。 F35Bは最新のステルス戦闘機。垂直離着陸が可能で、ヘリ空母に搭載できるという。

■ステルス機・無人機の開発も急ぐ
 日本はステルス戦闘機や無人機の開発も急いでいる。日本は09年から390億円を投じ、独自の技術でステルス戦闘機「心神」(ATD‐X)を開発中だ。14年の試作品に続き、16年には開発が完了する予定になっている。日本の防衛省は核・生物・化学(NBC)災害などに備えるという名目で今年は150億円を投入し無人機やロボットを研究・開発している。無人ヘリは既に陸上自衛隊に配備されており、無人機も試作品が4機作られた。


---防衛省、無人機とロボット購入へ 震災教訓、有事投入も---
2011年9月14日15時0分
http://www.asahi.com/national/update/0914/TKY201109140225.html

 防衛省は東京電力福島第一原発事故の教訓を踏まえ、日米のメーカーから無人航空機とロボット計3機種を購入する方針を固めた。当面は陸上自衛隊で試験機として運用し、原発事故などの「有事」への投入も検討する。NBC(核・生物・化学)災害などに対応できる自前の無人機などの研究も本格化させる。
 購入を予定しているのは、2種類の無人機各2機とロボット2台。十数億円を第3次補正予算案に要求する。
 無人機は、横浜市の開発会社「フジ・インバック」の「B2」と米ボーイング社と子会社の「スキャンイーグル」。
 B2は、国内の航空写真撮影会社が同じタイプのものを所有しており、福島第一原発事故では地上300~400メートルからの空撮に成功した。2008年に南極観測、今年2月の九州・新燃岳(しんもえだけ)噴火の際の水蒸気採集などでも使われた。スキャンイーグルは、米海兵隊がイラクやアフガニスタンで偵察などに使っている。
 ロボットは米国製「パックボット」。米軍が爆発物探知などに使用。福島では東京電力に無償提供され、放射線量の測定や画像撮影に使われている。


---自衛官2人、財布抜き取る「基地へ帰る金なく」---
2011年9月10日12時32分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110910-OYT1T00250.htm

 10日午前1時30分頃、名古屋市中区栄の駐車場出入り口で、寝込んでいた同市緑区の男性会社員(23)から男2人が財布を抜き取っているのを、警戒中の愛知県警中署員が発見して窃盗容疑で現行犯逮捕した。
 発表によると、2人は航空自衛隊3等空曹の寺屋龍一(25)、空士長の小玉崇司(24)の両容疑者で、男性会社員のズボンの右後ろポケットから、約1000円入りの財布を盗み取った疑い。
 2人は小牧基地(愛知県小牧市)の所属で、調べに対し、「基地へ帰る金がなかったためやった」と容疑を認めているという。

2011年9月24日土曜日

放射性ヨウ素汚染マップ

放射性ヨウ素の汚染マップが発表された。
 文科省は、東京電力福島第一原子力発電所事故で各地に広がった放射性
ヨウ素による土壌の汚染状況を発表した。
 6月14日時点の結果で、放射性セシウムと同様に、原発から北西方向の
地域で、高い濃度の傾向が確認されたほか、南方向の一部地域でも高い
地点があった。同省では「放射性物質の放出状況の解明や住民の被曝線量
の評価などに活用したい」としている。

文科省
・原発から半径100km圏内を、約2200地点の土壌のI-131を測定
・福島県富岡町の測定地点で、55391Bq/m2
・飯舘村や浪江町、南側の楢葉町などでは5000Bq/m2を超える地点が点在

全国の放射能濃度一覧I-131と放射性ヨウ素汚染マップを比較すると、放射性
ヨウ素汚染マップは、拡散範囲や汚染濃度が異なる。
汚染として発表していたのは、I-131、Cs134、Cs137ばかり、一部では、
Pu238の検出が報道されている。今まで「嘘」ばかりの説明のために、信用
を失っている原子力推進派の人は、これからも嘘をつき続けるのか。

文部科学省による放射線量等分布マップ(ヨウ素131の土壌濃度マップ)の作成について

東電原発公害病の証明


放射性ヨウ素「土壌濃度マップ」公表


---フクシマの教訓共有し原発推進 国連原子力会合が閉幕---
2011年9月23日18時13分
http://www.asahi.com/international/update/0923/TKY201109230266.html

 ニューヨークの国連本部で開かれていた原子力安全に関するハイレベル会合は22日午後、福島第一原発事故の教訓を踏まえた世界最高水準の安全対策を共有することを確認して閉幕した。国際社会は今後も原子力利用を推進していくことで事実上、合意した。
 会合の冒頭、ビデオ出演した国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は、安全強化のための行動計画が承認されたことを報告。「福島事故は原子力の終わりを意味するものではない。多くの国が依然としてエネルギー需要の高まりや気候変動への懸念から原子力利用の拡大を意図している」とし、行動計画の実行が欠かせないと訴えた。
 演説した野田佳彦首相も「脱原発依存」には触れずに、逆に「原子力利用を模索する国々の関心に応える」と語り、原発を導入する新興国には技術協力していく考えを示した。
 会合を主催した潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は、福島第一原発を視察した経験を踏まえ「人々の信頼と信用を取り戻すためには原子力のあらゆる面における透明性と公開性が欠かせない」と訴えた。(ニューヨーク=行方史郎)


---IAEA総会:原発安全強化計画、きょうにも承認 IAEA主導に国家主権の壁---
毎日新聞 2011年9月22日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110922ddm002030093000c.html

◇米など難色、震災前と大差なく
 東京電力福島第1原発事故から半年を経て、ウィーンで開会中の国際原子力機関(IAEA)年次総会で、原発の安全性強化に向けた行動計画が22日にも承認される。しかし、加盟国に対するIAEAの監視機能を強化する計画案は、原発大国の米国などが主張した国家主権の壁を越えることができず、大幅に後退し、骨抜きにされた。一方、米ニューヨークで22日にある国連の原子力安全関連会合で演説する野田佳彦首相も、国際社会に教訓となる具体策を示せず、日本のエネルギー政策が不透明との印象を与えそうだ。
 先週のIAEA理事会で採択された行動計画は、加盟国が多国籍の専門家チームを相互に受け入れ、原発の安全性を評価し合う「ピアレビュー」の強化など12項目。当初案には、加盟国に定期的なピアレビューの受け入れを約束させ、無作為に抽出した世界中の原発に調査団を送ることなどが盛り込まれた。
 しかし、加盟国との協議の結果、最終案から加盟国の義務的要素はすべて削除された。6月下旬のIAEA閣僚級会議で、天野之弥事務局長がIAEAの機能強化を打ち出してから約3カ月。なぜ、行動計画は後退し、震災前と大差ない状況に戻ったのか。
 「私たちは先週の理事会で、多くの国が我々と同じ熱意を抱いていないことに気付いた。実現可能な現実的な行動計画を得るため、中間的な立場を取らざるを得なかった」
 デンマークのベルンハードIAEA大使は毎日新聞の取材に答え、「いくつかの国にとって当初案はあまりに性急だったのだろう」と指摘。「もし当初案に固執したら、行動計画の策定自体が危ぶまれた」と振り返った。
 策定に携わった外交筋によると、IAEAの権限強化に難色を示したのは、世界最大の原発国の米国など「多数の原発に依存する極めて強力ないくつかの国々」だった。最大の理由は、国家主権の完全な維持。エネルギー政策の独自性を維持するため、原発の規制や査察などは各国の責任の下で行われるべきだ、との主張だ。また、原発の新規導入や増設に熱心な国からは、規制強化に伴う「原発運転コストの上昇」や行動計画の実施に伴う「予算増」を嫌う声もあった。
 天野事務局長は、閣僚級会議で提案した加盟国への「抜き打ち的な調査」などが削除されたことに、毎日新聞に「各国の自主性を尊重せざるを得ない」と国際機関の限界を認めた。ただ、19日の総会冒頭演説では「(今後も)新たな教訓を学び、それに従って行動計画は更新されていく」と将来的な計画見直しの可能性につないだ。
 行動計画採択で妥協したデンマークやドイツなども「安全強化に向けた第一歩に過ぎない」と語った。しかし、米国のデービスIAEA大使は理事会で「(IAEAの)既存の枠組みに準じない、いかなる活動も認めない」と語り、IAEAの権限や行動計画の変更を認めない姿勢を見せた。【ウィーン樋口直樹】
◇日本、稼働継続表明へ
 野田佳彦首相は22日午前(日本時間22日午後)に開かれる「原子力安全及び核セキュリティーに関する国連ハイレベル会合」で演説し、原発の安全性を高めたうえで稼働を続けることを表明する。当面の電力確保策として、「原発は必要」との立場を国際社会に対して明確にし、理解を求める方針だ。
 東京電力福島第1原発事故を受け、5月に来日したIAEAの調査団は、津波の危険性が過小評価されていたことを指摘。原子力安全規制部門の独立性の確保などを求めた。
 政府は6月下旬のIAEA閣僚級会議に向け、安全規制の強化など28項目の教訓をまとめた報告書を作成。当時、首相補佐官だった細野豪志原発事故担当相は閣僚級会議に先立ち、米英仏各国を訪問して報告書を説明した。帰国後の記者会見では「好意的な対応が多かった」と語った。
 だが、閣僚級会議の作業部会では、日本の事故対応への批判の声が上がった。IAEA調査団の最終報告書には「日本の複雑な体制や組織が緊急時の意思決定を遅らせる可能性がある」と、日本の原子力安全行政の不備を批判する表現が盛り込まれた。国連が今月まとめた報告書も、事故の可能性の想定が「甘すぎた」とした上で、国際的な安全基準や危機対応に「疑念を抱かせた」と指摘した。これらの「日本への注文」は、22日のハイレベル会合でも議論される見通しだ。
 これに対し首相は、ハイレベル会合直前の20日の米紙ウォールストリート・ジャーナルのインタビューで、停止中の原発の再稼働について「来春以降、夏に向けて再稼働できるものはしていく」と述べ、安全性が確認された原発の再稼働を明言した。
 首相は、原発依存度を低くするための新たなエネルギー政策の方針を示す考えもハイレベル会合で表明するが、「意気込み」にとどまり具体策には触れない見通し。一方、ドイツは22年までに原発を全廃する方針で、再生可能エネルギーへの転換を急ピッチで進め、再生エネルギー分野での優位性確保を狙う。環境技術先進国と言われてきた日本だが、風力発電などの分野で既に欧州から後れを取っているのが現実で、野田演説がかえって「日本のエネルギー政策は不透明」との印象を与える恐れもある。【ニューヨーク高塚保、笈田直樹】
==============
◇天野IAEA事務局長提案と「行動計画」の比較
(1)安全基準の強化と普遍化
   12カ月以内の見直し報告→△(見直し時期は明示せず)
(2)全原発の安全評価
   12~18カ月以内に加盟国が評価後、IAEAが10%を無作為抽出し再評価→△(加盟国は「迅速に」評価を実施し、3年以内に1回以上IAEAの安全運転評価を「自発的に」受け入れる)
(3)規制当局の独立
   IAEA調査団の活用→△(加盟国は「自発的に」、IAEAの規制評価を「定期的に」受け入れる)
(4)緊急時対応システムの強化
   国家緊急対応チームの設立→△(加盟国は「自発的に」国家緊急対応チームの設立を「検討する」)
(5)IAEAの情報共有機能強化
   情報分析機能などの追加→○


---福島第1原発:放射性ヨウ素131 南部でも高い地域---
毎日新聞 2011年9月22日 0時23分(最終更新 9月22日 3時28分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110922k0000m040168000c.html



 文部科学省は21日、東京電力福島第1原発から半径100キロ圏の土壌中の放射性ヨウ素131の濃度マップを公表した。放射性セシウム137は原発北西部で高濃度だったが、ヨウ素は北西部に加え南部でも高い地域があった。ヨウ素はセシウムより気化しやすく、風や雨の気象条件が影響したとみられるが、南にも大量拡散していたことになる。
 調査は6~7月、約2200カ所で実施。ヨウ素は半減期が8日と短いので、解析できた約400地点の数値を6月14日時点に換算してマップに示した。
 それによると、ヨウ素の濃度はセシウム137と比べ、北西部で170分の1だったが、南部では最大40分の1と、セシウムに対する比率に差があった。最も高濃度だったのは、原発から南南西約6キロにある福島県富岡町大菅川田付近で、1平方メートル当たり5万5400ベクレルだった。【野田武】


---放射性ヨウ素汚染マップを初公表 セシウムと同じ傾向---
2011年9月21日23時50分
http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY201109210697.html

 東京電力福島第一原発事故によって放出された放射性ヨウ素について、文部科学省は21日、周辺の土壌の汚染マップを初めて公表した。放射性セシウムの汚染では、原発から北西に放射線量の高い地域が広がることが分かっていたが、改めて同じ傾向を示した。
 調査は6月から約1カ月間、福島第一原発から100キロ圏内の約2200カ所の土壌を採取し、日本分析センターや東京大などが分析した。ヨウ素は量が半分になる半減期が8日と短い。3カ月たつと約2千分の1に減る計算で、検出できたのは約400カ所だった。
 最も濃度が高かったのは20キロ圏内の福島県富岡町の地点で1平方メートルあたり5万5千ベクレルだった。30キロを超えて北西方向に高い地点が広がった。


---放射性ヨウ素、原発北西の土壌で高濃度の傾向---
2011年9月21日22時31分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110921-OYT1T01206.htm

 文部科学省は21日、東京電力福島第一原子力発電所事故で各地に広がった放射性ヨウ素による土壌の汚染状況を発表した。
 6月14日時点の結果で、放射性セシウムと同様に、原発から北西方向の地域で、高い濃度の傾向が確認されたほか、南方向の一部地域でも高い地点があった。同省では「放射性物質の放出状況の解明や住民の被曝(ひばく)線量の評価などに活用したい」としている。
 同省などは、原発から半径100キロ圏内を中心に、約2200地点の土壌のヨウ素131を測定した。
 最も高かったのは、立ち入り制限の警戒区域に指定されている福島県富岡町の測定地点で、1平方メートル当たり5万5391ベクレル。原発から北西に位置する飯舘村や浪江町、南側の楢葉町などでは同5000ベクレルを超える測定地点が点在していた。

2011年9月23日金曜日

対イラン向MD配備合意

対イラン向MD配備を合意した。
 露外務省は、声明を発表し、ポーランドにMDの迎撃用ミサイルを配備
する米国とポーランドの合意文書発効について「米がMD配備を急速に
実現させていることをあらためて裏付けた」と指摘、不快感を示した。

声明
・米がルーマニアやトルコなどと相次いでMD関連施設建設で合意したこと
 に言及。露がNATO側に欧州MDが露の戦略核を標的にしないとの「保証」
 を与えるようあらためて求めた。

ポーランド
・SM3 Block2Aの地上配備に合意。

ルーマニア
・SM3 Block 1Bの地上配備に合意。

トルコ
・MD用のレーダー設置に合意

イランからの攻撃に対処するため、ルーマニアとポーランドに配備され
たSM3をトルコのレーダーと洋上のイージス艦で制御するシステムの
ようだ。

THAADは、AN/TPYレーダーと発射装置からなり、2種類のレーダーで目標
を捕捉し、破壊するシステムとのこと。
光学系ブロックスイッチの設計的問題が見つかり、計画は遅延。
PTSS、SM3 IIBが次の開発。

米国の前政権と現政権による負債が増加し、経費削減。
軍事費も対象となり、戦費だけでなく、開発費も削減されるようだ。

日本のイージス艦に配備される予定のSM3 IIAは、開発が2年遅延。
テポドン対策のTHAADは、米軍への配備でも1年遅れている。
米国頼みで、日本の危機が減るとは思えない。

印 米MD導入検討か
東欧MD 米ロが基本合意へ
チェコ 米MD受入れ
テポドン2迎撃候補
米製兵器 世界の7割
MD東欧配備 米が中止
オバマ NPT方針公表


Romania accepts US missile defence system (14Sept11)


US to deploy missile defence system in Poland by 2018 - RT 110915


US Missile Offence: US real aim to cordon Russia & China - RT 110915


---迎撃ミサイルの共同開発2年延長 米側が日本へ通知---
2011/09/17 02:02
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091601000980.html

 日米両政府がミサイル防衛(MD)の一環として共同開発中の海上配備型迎撃ミサイル(SM3ブロック2A)について、米側が弾頭など担当分野の完了までさらに検証続行の時間が必要として、開発期間の約2年延長を日本側に通知してきたことが分かった。複数の日米関係筋が16日、明らかにした。これにより2020年を予定していた海上自衛隊イージス艦への配備も数年程度遅れる可能性が出てきた。
 この迎撃ミサイルは開発が終われば、海自イージス艦に配備中のSM3ブロック1より防護範囲が広がり、さらに高い高度の弾道ミサイルの迎撃が可能となる。


---ロシアが不快感表明 米ポーランドMD合意---
2011.9.17 21:10
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110917/erp11091721110005-n1.htm

 ロシア外務省は17日、声明を発表し、ポーランドにミサイル防衛(MD)の迎撃用ミサイルを配備する米国とポーランドの合意文書発効について「米がMD配備を急速に実現させていることをあらためて裏付けた」と指摘、不快感を示した。
 声明は、米が最近ルーマニアやトルコなどと相次いでMD関連施設建設で合意したことに言及。ロシアが北大西洋条約機構(NATO)側に要求している、欧州MDがロシアの戦略核を標的にしないとの「保証」を与えるようあらためて求めた。
 米とポーランドは、ポーランド国内に弾道ミサイル迎撃用のミサイルSM3ブロック2Aを地上配備する両国の合意文書が発効したと今月15日に発表した。(共同)


---米ミサイル配備、ルーマニアに続きポーランドも---
2011年9月15日23時24分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110915-OYT1T01141.htm

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国とポーランド両政府は15日、米国が進める欧州ミサイル防衛(MD)計画に関し、ポーランドに2018年までに弾道弾迎撃ミサイルSM3(ブロック2A)を配備するとした、両国による09年の合意が正式発効したと発表した。
 米国とルーマニアも13日、SM3(ブロック1B)を15年までに配備するとの合意書に署名。ロシアの隣国へのミサイル配備が着実に進み、同計画に反対していたロシアが改めて反発を強める可能性がある。


---ロシア、「共同MD」進展なく焦り---
2011.9.14 21:37
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110914/amr11091421390015-n1.htm

 【モスクワ=遠藤良介】米国とルーマニアが米ミサイル防衛(MD)施設をルーマニア南部に建設することで合意したのを受け、ロシア外務省は14日までに「MDをめぐる協議に進展がない中で、欧州における米国の計画が着々と進んでいる」と不快感を示す声明を発表した。米MDの展開を強く警戒するロシアは北大西洋条約機構(NATO)との「共同MD」構築を訴えてきたものの、実質的な展望がないことへの焦りがにじみ出ている。
 通常戦力で米国やNATOに劣るロシアは、米MD網の構築が進んだ場合に自国の核戦力が無力化される事態を恐れている。オバマ米政権がブッシュ前政権期のMD計画を見直し、欧州での短・中距離ミサイルの脅威を主要対象とした後も警戒感は緩んでいない。
 このため、ロシアは欧州のMDが「自国に向けられたものだ」などと引き続きNATO側を牽制(けんせい)。さらに、メドベージェフ露大統領は昨年11月、ロシアとNATOが欧州でのMD計画に対等の立場で参加する「共同MD」を提唱した。
 ロシア側がこれまでに示した案は、(1)ロシアとNATO主要国が情報を共有し、担当空域のミサイル迎撃に責任を負う「セクター方式」(2)米露が単一のMDシステムを構築し、対等の決定権をもつ「統合方式」-に集約される。
 ただ、NATO側には防空の一端をロシアに委ねることや最新の米MD技術がロシアに流出することへの懸念が強く、目標とされる2012年5月までの合意は困難とみられている。

 米MDをめぐっては今月2日、トルコが早期警戒用レーダーを設置すると表明したばかり。露外務省は、ルーマニアに建設されるMD施設が「ミサイルの現実的脅威」と関係なく、「米国による世界的MD戦略の一環だ」と批判した。
 ロシアは今後、「欧州MDが自国の核戦力に向けられたものでないとの法的な保証」(外務省声明)を求め、欧州MDの内容に制約を課すことを狙う。共同MDで合意できなければ「ミサイル戦力を欧州MD施設に向ける」(対NATO外交筋)といった恫(どう)喝(かつ)も強めるとみられる。


---「対ロシアではないとの保証を」 米MDでロシア外務省---
2011年9月14日20時30分
http://www.asahi.com/international/update/0914/TKY201109140498.html

 ルーマニアに米国のミサイル防衛施設を建設する合意を両国が交わしたことについて、ロシア外務省は13日、「ロシアが米国やNATOから、MDがロシアの戦略核に対するものではないとする法的保証を受ける緊急性が高まっている」との声明を発表した。(モスクワ=関根和弘)


---米、ルーマニアとMD施設配備で合意 ロシアは反発---
2011年9月14日20時4分
http://www.asahi.com/international/update/0914/TKY201109140505.html

 クリントン米国務長官とルーマニアのバコンスキ外相は13日、米国のミサイル防衛(MD)施設を、ルーマニア南部に建設する合意文書に米国務省で署名した。地上配備型の迎撃ミサイルSM3やレーダーなどを2015年までに配備する計画だ。
 米国は北大西洋条約機構(NATO)加盟国とともに、イランなど中東からのミサイル攻撃から欧州全域を守るためのMDシステムを構築している。これに対し、ロシアは自国の核戦力を低下させる狙いがあるとみて、東欧でのMD配備に反発している。
 MD施設の建設予定地はルーマニア南部カラカル近郊の空軍の敷地で、広さは175ヘクタール。ルーマニア議会による合意文書の批准承認を経て建設が始まる見通し。(ワシントン=望月洋嗣)


---トルコのMDレーダー設置決定、米が歓迎---
2011.9.3 09:02
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110903/amr11090309040002-n1.htm

 米国務省のヌランド報道官は2日、トルコが米国の進めるミサイル防衛(MD)用のレーダー設置を決めたことについて「北大西洋条約機構(NATO)の極めて重要な任務に対するトルコの貢献に感謝する」と歓迎する声明を発表した。
 報道官は「米国は同盟国やパートナーとともに、弾道ミサイルの脅威に対する防衛に取り組んでいく」と強調した。
 ロシア外務省は2日、米国とNATOに対し不快感を表す声明を発表している。(共同)


---Thaad, SM-3 Tests Continue, GMD Grounded---
Aug 26, 2011
By Amy Butler
Huntsville, Ala.
http://www.aviationweek.com/aw/generic/story_channel.jsp?channel=defense&id=news/awst/2011/08/22/AW_08_22_2011_p24-360700.xml&headline=Thaad,%20SM-3%20Tests%20Continue,%20GMD%20Grounded

Two long-awaited intercept tests are slated for U.S. terminal and ship-based defenses in the coming months, but the Ground-based Midcourse Defense (GMD) campaign remains stalled for at least another year while engineers sort out a problem with the kill vehicle.

The last successful GMD flight test was December 2008, and two attempts to pit the system against a complex target with countermeasures have since failed. The first was due to an Exoatmospheric Kill Vehicle (EKV) quality issue. In the second test, the EKV flew as expected until its last 20 sec., during what was the longest flight ever for the system, says Missile Defense Agency (MDA) Director Army Lt. Gen. Patrick O’Reilly.

During the annual Space and Missile Defense Conference here, he acknowledged the grounding of the Boeing-led program as the “600-lb. gorilla in the room.” A failure review board has finished its analysis of the latest flight-test flop in December 2010, although he declined to identify the root cause. He says a team is giving the Raytheon EKV Capability Enhancement 2 (CE-2) a second design review, and there is time to conduct a third, if needed, before returning to flight in about a year.

At that point, the MDA will conduct its third attempt at a challenging 90-deg. hit-to-kill intercept, geometry simulating a North Korean launch scenario. EKV production will remain suspended pending the outcome of that flight. CE-2 is a new design that incorporates improvements to mitigate parts obsolescence; O’Reilly says the problem with the EKV will not affect the function of CE-1 vehicles now on Ground-Based Interceptors on alert at Fort Greely, Alaska, and Vandenberg AFB, Calif.

“We fly to learn,” O’Reilly says, acknowledging that the EKV issue could not have been discovered without exposing the system to a long flight in the space environment. “I’m not ready to learn any more right now,” he quips, noting the two successive failures.

Agency officials, meanwhile, are preparing for the first flight of the Raytheon SM-3 IB interceptor, which will incorporate a new two-color infrared seeker and throttleable divert-and-attitude-control system. These features are designed for better discrimination between a warhead and a decoy as well as improved maneuverability in the endgame. The SM-3 IB is slated for use in the European Phased Adaptive Approach (PAA) defense architecture; it will first be deployed on Aegis ships and later move to land-based sites in Romania and Poland to guard Europe from an Iranian attack.

The SM-3 IB will be expected to intercept the Aegis Readiness Assessment Vehicle-B target, likely in the 1,000-km (620-mi.) range, in the upcoming trial.

Shortly thereafter, by October, the MDA hopes to demonstrate another step forward by pitting the Lockheed Martin Terminal High-Altitude Area Defense (Thaad) system against its first-ever “raid.” This will consist of two targets-each flying less than 1,000 km-including an air-launched medium-range target made by Orbital Sciences Corp. and a foreign military asset (an actual threat missile procured from abroad) launched from a mobile sea-based platform.

The goal will be for a single Thaad system-including the AN/TPY-2 radar and one launcher-to detect and intercept both targets, which will be lofted within seconds of one another. This trial is designed to test against what O’Reilly says is a likely “raid” attack, or launch of several missiles dispatched together in an attempt to overwhelm U.S. defenses.

One of these interceptors will be a test unit and another will be pulled from Lockheed Martin’s Troy, Ala., production line. The second will include a new optical block switch, a component that encountered design problems last year, delaying deliveries of Thaad missiles to the field. Lockheed is now shipping roughly two missiles per month, with a plan to deliver four monthly in the fall, says Tom McGrath, the company’s Thaad vice president. Ninety-eight are on order. The first 11 have been delivered, says O’Reilly.

Technology development and testing work may not be the MDA’s biggest challenge, however. As deficit-reduction talks place severe pressure on Pentagon R&D accounts, the $8-10 billion of unclassified MDA spending is not likely to emerge unaltered in the next defense budget request.

Jeff Keuter, president of the George C. Marshall Institute, says lawmakers are increasingly talking about a “cost-to-defend” ratio for technologies, as opposed to the price of a particular missile defense program. “This is a framework that needs to come out more clearly” if Congress is going to begin to use it for budget deliberations.

O’Reilly observes that this is an unprecedented time for U.S. missile defense, in that several systems are being designed at once to operate together to support the different increments of the PAA. This is allowing the agency to make design trades among the systems and to avoid overloading any particular system from requiring more technology-and thus costing more-than necessary.

These forthcoming systems include the Precision Tracking Space Sensor (PTSS) satellites, which are slated to carry infrared sensors for pinpointing cold warheads in their midcourse of flight; and the SM-3 IIB, a yet-to-be-defined next-generation ICBM killer. Though a developmental bonanza may be an advantage for engineers eyeing design trades, the timing could be problematic to jump-start these programs for use in the PAA. Projects that have not yet received contract dollars are typically more vulnerable to delays or terminations than those for which the government has already begun paying.

O’Reilly says he hopes to conduct system-requirements reviews for both programs in the fourth quarter of fiscal 2012. Requests for proposals are slated for release for PTSS in the first quarter of fiscal 2014 and for the SM-3 IIB in the fourth quarter of fiscal 2012.

Contract award for the missile is planned for the first quarter of 2015, with fielding anticipated as soon as 2020.

2011年9月22日木曜日

MHI 軍事情報流出か

MHIは、ウィルスによる軍事情報流出した可能性があるとのこと。
 MHIの潜水艦などの生産拠点や本社など計11カ所のサーバーやパソコン
計83台が、コンピューターウイルスに感染していたことが同社や捜査関
係者への取材で分かった。外部から同社を狙った「標的型」と呼ばれる
サイバー攻撃を受けたとみられるが、技術や製品情報の流出といった実害
は確認されていないという。

感染
・神戸造船所、長崎造船所、名古屋誘導推進システム製作所、
 名古屋冷熱製作所等にあるサーバ45台とPC38台。
・ウイルス感染は8月22日に判明。
・「トロイの木馬」等8種類のウイルスを確認。
・サーバー内の情報が流出する恐れもあるが、実害は確認されていない。

MHI
・8月中旬にウイルス感染の可能性が判明
・ウイルスの特性により情報漏えいの危険性も判明
・警察当局に報告、相談するとともに、外部の専門家と共同で調査、
 対応を進める。
・現時点ではウイルス感染による被害拡大は止まった。
・過去に社内一部のネットワークアドレス等が流出した可能性があること
 は、判明しているものの、当社の製品や技術に関する情報の社外への
 データ流出は現在確認されておりません。

警視庁
・ウイルスに感染したサーバーやパソコンの一部が勝手に海外のウェブ
 サイトに接続させられた記録があった。
・不正アクセス禁止法違反容疑などで捜査する方針。

MHI社内のウィルス感染は、8月中旬から8月末まで続いたが、情報漏えい
はなかった。
ロッキード・マーチンは、情報漏えいがなかった。

侵入経路が不明だが、少し前に報道された官僚へのウィルス付メール攻撃
(spear phishing攻撃)はプロハッカーの手口といわれる。
また、USBによる侵入も考えられるが、セキュリティの安全度を高く設定
した場合、送受信共にメールの添付書類は削除されるし、外部接続機器は
一切使用禁止。ネットは、通信内容を監視され、該当するものが、通れば、
警告、切断となるはず。業務としての使い勝手はとても悪い。
ウィルスデータ更新のために外部との接続禁止はできないのが問題か。
役所やMHIはセキュリティの設定はどうしたのだろうか。
報道が正しければ、MHIは、ウィルス感染経路を特定できず、外部への
情報流出も追跡できなかった。自己流だから、内部告発で改善か。

警察庁によるスパイ防止ネットワーク設立後、すぐに、MHIのウィルス感染
が、発覚したが、報道を見ると警視庁(県警)が捜査するようだ。
警察庁はインフラ整備だけか。

米国は、複数あるテロ情報を一元化し、真偽を確かめる部署を創設したが、
結局、大量の情報のため、機能せず、テロは発生し続けている。
コンピュータを使って、情報を連携させ、真偽を判断するとの報道だったが、
技術的には難しいと記憶している。

DigiNotarの不正証明書発行で、認証局の信頼性がなくなった。
Stuxnetにより、外部と接続していないLANであってもウィルス感染が実証
された。Stuxnetの不備は、意図なのか、実験なのかは不明。
PLCとの接続機器をしらなければ、効果は薄い。
産業スパイ、スパイ工作か愉快犯なのかは不明。

「犯行は中国」と名指しされていないのに、中国が関与を否定した。
やっぱりと思う。

米国家情報長官更迭
核兵器開発状況報告
ワンタイムパスワードハック
警察白書 ネット治安深刻
OP Shady RAT
中国空母 試験航行
MHI 改善状況提出へ


三菱重工にサイバー攻撃? 「防衛機密」漏えいか(11/09/19)


---三菱重工の感染サーバー、勝手に海外接続 警視庁捜査へ---
2011年9月21日7時23分
http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY201109200615.html

 三菱重工業がサイバー攻撃を受けた問題で、ウイルスに感染したサーバーやパソコンの一部が勝手に海外のウェブサイトに接続させられた記録があることが同社への取材でわかった。警視庁は同社からの被害届を受理したうえで、不正アクセス禁止法違反容疑などで捜査する方針。
 同社によると、潜水艦を建造する神戸造船所やミサイル関連の製造をする名古屋誘導推進システム製作所(愛知県小牧市)など計11カ所で、ウイルスに感染したサーバー45台とパソコン38台の計83台が見つかった。この一部が、使用者や管理者が知らないうちに、国内外のサイトに不正に接続されていたという。
 同社によると、ウイルスは計8種類。関係者によると、パソコン内部に潜んで情報を盗み出す「トロイの木馬」と呼ばれるものや、パスワードなどの登録なしでパソコン内部に侵入できるタイプのものとみられる。


---IHIと川崎重工にもサイバー攻撃 ウイルス添付メール---
2011年9月20日21時20分
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY201109200416.html

 IHI(旧石川島播磨重工業)と川崎重工業は20日、過去にウイルスが添付された電子メールを送りつけられたことがあり、その情報を警察庁に提供していたことを明らかにした。三菱重工業のサーバーなどがウイルスに感染した問題を受け、防衛産業各社は警戒を強めている。
 IHIによると、一昨年夏ごろからウイルスを添付した電子メールが送りつけられるようになった。メールを開封すると、サーバーやコンピューターが感染し、社内情報が外部に流出する恐れがあった。問題のメールを事前に察知したため感染は見つかっていない。今年4月、サイバー攻撃について問い合わせてきた警察庁に情報提供した。


---中国、三菱重工サイバー攻撃への関与を否定---
2011年9月20日19時00分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110920-OYT1T00989.htm

 【北京=大木聖馬】中国外務省の洪磊・副報道局長は20日の定例記者会見で、総合機械メーカー「三菱重工業」(東京都)が中国が関与した可能性のあるサイバー攻撃を受けた問題について、「中国政府は一貫してハッカー攻撃に反対している。中国も国外からのハッカー攻撃を受けている主要な被害国であり、中国がハッカー攻撃を仕掛ける拠点との見解は根拠がない」などと述べ、中国の関与を否定した。


---三菱重工を含む防衛産業8社が標的型攻撃の被害に、Trend Microが分析---
2011/9/20 15:22
三柳 英樹
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110920_478766.html

 Trend Microは19日、防衛産業の企業に対する標的型攻撃を確認しており、この攻撃の被害を受けたうちの1社が日本の三菱重工業だとして、確認されている攻撃手法などを公式ブログで明らかにした。
 Trend Microによると、標的型攻撃は日本、イスラエル、インド、米国の防衛産業の企業に対して行われていることが確認されており、この攻撃による被害を受けた8社を特定し、各企業に対して通知していたという。攻撃者は、複数の場所に存在する合計32台のコンピューターに侵入。これらのコンピューターによるネットワークは2011年7月から活動を継続しており、さらなる標的に向け悪意のある文書ファイルを送信しているという。
 この攻撃の被害を受けた8社のうちの1社が日本の三菱重工で、Trend Microでは三菱重工を狙った攻撃を正確には特定していないが、同じC&Cサーバー(Command & Controlサーバー、司令サーバー)に接続する攻撃のサンプルを分析しており、三菱重工も同様の方法で侵害されたと思われるとしている。また、三菱重工の他にも攻撃に用いられている、リモートアクセス型トロイの木馬のために特別に構築された、第2段階のマルウェアについても解析を行っている。
 攻撃は、悪意のあるPDFファイルをメールの添付ファイルとして送信し、Adobe FlashとAdobe Readerの脆弱性を利用してバックドアを標的PCに送り込む。バックドアはC&Cサーバーに接続して自身の情報を送信した後、さらなるコマンドを待ち構える。
 攻撃の第2段階は、まずC&Cサーバーからの司令により、標的PCがネットワーク情報と特定のディレクトリー内のファイル名を送信し、さらに別のバックドアをダウンロード。ネットワーク内のマシンに対して、パスワードのハッシュを利用した攻撃方法で侵入を試み、リモートアクセス型のトロイの木馬を送り込む。これにより、標的のシステムをリアルタイムでコントロールすることが可能になるという。
 Trend Microでは、この攻撃ネットワークは比較的少数のターゲットで構成されているが、標的となったマシンは防衛産業の企業の割合が高く、またマルウェアのコンポーネントが特定の企業のために作成されていることは、攻撃者の志向性を示していると分析している。


---具体的被害、今後調査=サイバー攻撃で―三菱重工社長---
2011年9月20日10時6分
http://www.asahi.com/business/jiji/JJT201109200020.html

 三菱重工業の大宮英明社長は20日午前、同社のサーバーやコンピューターがサイバー攻撃を受けたことについて、「あまり大きな被害は出ていないのではないか」との認識を示した。その上で、「具体的にどのくらいだったかは、これから調査する」と述べ、今後、捜査当局と連携して実際の被害の規模や詳細を調べる考えを示した。都内で時事通信の取材に答えた。
 三菱重工では、護衛艦などを生産する国内11事業所のサーバーやコンピューター計83台が、ウイルスに感染したことが判明。同社は不正アクセスによる情報収集を目的としたサイバー攻撃と判断し、警察に届け出るとともに、侵入経路などを調査している。 


---三菱重工業、ウイルス感染の報道でコメント発表---
CNET Japan Staff 2011/09/20 10:15
http://japan.cnet.com/news/society/35007738/

 三菱重工業社内の複数のサーバやPCがウイルスに感染していたと9月18日に複数のメディアが報道した問題で、同社が9月19日にコメントを発表した。
 コメントによると、8月中旬に感染の可能性が判明し、感染したウイルスの特性から情報漏えいのおそれも考えられるという。警察当局に報告し、外部専門家と共同で調査にあたっているという。
 NHKなど複数のメディアが報じたところでは、被害範囲は11拠点83台に及ぶとされている。三菱重工業は、19日朝の時点で同社製品や技術に関する情報の社外流出は確認されていないとしている。


---サイバー攻撃:三菱重に 防衛・原子力拠点、11カ所ウイルス感染---
毎日新聞 2011年9月20日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110920ddm001040054000c.html

 「三菱重工業」(東京都港区)の潜水艦などの生産拠点や本社など計11カ所のサーバーやパソコン計83台が、コンピューターウイルスに感染していたことが同社や捜査関係者への取材で分かった。外部から同社を狙った「標的型」と呼ばれるサイバー攻撃を受けたとみられるが、技術や製品情報の流出といった実害は確認されていないという。届け出を受けた警視庁は情報収集を始めた。
 同社によると、感染していたのは、神戸造船所(神戸市)や長崎造船所(長崎市)、名古屋誘導推進システム製作所(愛知県小牧市)、名古屋冷熱製作所(同県清須市)などにあるサーバー45台とパソコン38台。こうした拠点では、潜水艦や誘導弾といった防衛部門や原子力プラント関連、エアコンを製造している。同社の国内拠点は本社を含め20カ所で、半数が被害を受けた形だ。
 ウイルス感染は8月22日に判明。外部からの操作でパソコンから情報を盗み出す「トロイの木馬」など少なくとも8種類のウイルスを確認した。サーバー内の情報が流出する恐れもあるが、実害は確認されていないという。同社は「現時点ではウイルス感染による被害拡大は止まったと考えている」としている。【竹地広憲】


---三菱重サイバー攻撃:「標的型」対応難しく 手口、年々高度化---
毎日新聞 2011年9月20日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110920ddm002040086000c.html

 本社や複数の生産拠点でサイバー攻撃を受けていたことが19日に判明した三菱重工業の幹部は同日夜、毎日新聞の取材に「重要な情報には十分なセキュリティー対策を施してきた」と述べた。ただ、情報流出の有無は、調査中として明言を避けた。同社へのサイバー攻撃は、4月に世界で1億人を超える個人情報流出の疑いが発覚したソニーと同様、特定企業を狙った「標的型」とみられ、企業サイドの対応の難しさが改めて浮き彫りになった。 今回のサイバー攻撃の発覚は、三菱重工が導入した監視システムが、一部サーバーの異常を8月11日に検出したことがきっかけだ。防衛関連機器を製造する別の大手メーカー幹部は「我が社も100%安全とは言い切れない。(現代は)外部の侵入者との戦争状態。今回もセキュリティーの見直しは避けられないだろう」と語る。
 特定の企業や団体を狙う「標的型」のサイバー攻撃は、国内では07年ごろから見つかるようになったとされるが、攻撃された側が情報流出に気づかないケースも多い。代表的な手口は、ウイルスなどを埋め込んだファイルをメールに添付して送信。このほか、サーバーに直接侵入したり、USBメモリーを媒体としてウイルスに感染させる--などの方法もある。侵入の痕跡を消すなど手口も高度化している。警察庁は、国家機密の流出を防ぐため、民間企業約4000社や都道府県警とともに標的型攻撃の情報を共有するネットワークを8月に始めた。
 対策を導入して初めて、侵入に気づくケースも多いといい、セキュリティーソフト大手のトレンドマイクロは「攻撃にすぐ気づける仕組みを取り入れるべきだ。データの価値を選別し、重要なものには特にきめ細かな対策が必要」と話す。【竹地広憲、鮎川耕史】

◇防衛省、報告受けず
 防衛省幹部によると、自衛隊装備品の製造に関する契約では、企業がサイバー攻撃を受けた場合、防衛省に通報するよう定められている。今回は18日までに報告がなかったため、同省が三菱重工と連絡を取ったところ、詳細な調査結果の判明は9月末になるとの見通しだった。同省は、事実関係の詳しい報告と再発防止を求めたうえで、今後の対応を検討する。【鈴木泰広】


---三菱重工サーバー、勝手に海外通信…スパイか?---
2011年9月20日03時03分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110919-OYT1T00849.htm

 総合機械メーカー「三菱重工業」(東京都)がサイバー攻撃を受け、防衛装備品や原子力プラントなどの工場でサーバーやパソコンがコンピューターウイルスに感染した問題で、その一部が感染後、海外のウェブサイトに勝手に接続し、通信が行われていたことが19日、関係者の話でわかった。
 攻撃者がこれらの海外サイトを中継して、情報を抜き取ったり感染を拡大させたりしていた可能性もあり、相談を受けた警視庁は、スパイ事件の疑いがあるとみて、不正アクセス禁止法違反容疑などを視野に捜査する方針。
 潜水艦や護衛艦の建造を発注している防衛省も同日、同社に説明を求めた。
 関係者によると、委託を受けた情報セキュリティー会社が、感染したサーバーなどの記録を調べたところ、社外に設置されている14サイトに知らない間に接続していたことを確認。このうち少なくとも4サイトについては中国、香港、米国、インドにサーバーの場所が登録されていた。また、通信が行われていたことが疑われるサーバーなどは少なくとも20台に上る。


---三菱重工:サイバー攻撃受け11カ所ウイルス感染---
毎日新聞 2011年9月19日 20時32分(最終更新 9月20日 1時41分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110920k0000m040058000c.html

 「三菱重工業」(東京都港区)の潜水艦などの生産拠点や本社など計11カ所のサーバーやパソコン計83台が、コンピューターウイルスに感染していたことが同社や捜査関係者への取材で分かった。外部から同社を狙った「標的型」と呼ばれるサイバー攻撃を受けたとみられるが、技術や製品情報の流出といった実害は確認されていないという。届け出を受けた警視庁は情報収集を始めた。
 同社によると、感染していたのは、神戸造船所(神戸市)や長崎造船所(長崎市)、名古屋誘導推進システム製作所(愛知県小牧市)、名古屋冷熱製作所(同県清須市)などにあるサーバー45台とパソコン38台。こうした拠点では、潜水艦や誘導弾といった防衛部門や原子力プラント関連、エアコンなどを製造している。同社の国内拠点は本社を含め20カ所で、半数が被害を受けた形だ。
 ウイルス感染は8月22日に判明。外部からの操作でパソコンから情報を盗み出す「トロイの木馬」など少なくとも8種類のウイルスを確認したという。サーバー内の情報が流出する恐れもあるが、実害は確認されていないという。同社は「現時点ではウイルス感染による被害拡大は止まったと考えている」としている。
 標的型攻撃は、政府機関や企業など特定の組織からの情報窃取を目的とするサイバー攻撃。国内で見つかるようになったのは07年ごろとされるが、攻撃された側が情報流出という実害に気づかないケースも多いという。
 代表的な手口は、ウイルスなど不正プログラムを埋め込んだファイルをメールに添付して送信する。このほか、脆弱(ぜいじゃく)な部分を突く形でサーバーに直接侵入する▽USBメモリーを媒体としてウイルスに感染させる--などの方法もある。
 警察庁は、国家機密の流出を防ぐため、民間企業約4000社や都道府県警とともに標的型サーバー攻撃の情報を共有するネットワークを8月につくった。三菱重工に対するサイバー攻撃も、このネットワークに基づく連携で警察当局が情報収集を進めるとみられる。【竹地広憲、鮎川耕史】

◇防衛省、報告受けず
 防衛省幹部によると、自衛隊装備品の製造に関する契約では、企業がサイバー攻撃を受けた場合、防衛省に通報するよう定められている。今回は18日までに報告がなかったため、同省が三菱重工と連絡を取ったところ、詳細な調査結果の判明は9月末になるとの見通しだった。同省は、事実関係の詳しい報告と再発防止を求めたうえで、今後の対応を検討する。【鈴木泰広】


---満州事変80周年でサイバー攻撃 中国のサイトで呼びかけ 人事院など被害---
2011.9.19 15:27
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110919/crm11091915290008-n1.htm

 中国の大手チャットサイトなどで満州事変80周年の18日に日本の政府機関にサイバー攻撃を行うよう呼びかけがあり、人事院など3機関のウェブサイトが一時、閲覧しにくくなったことが19日、警察庁の調査でわかった。
 中国の大手検索サイトの掲示板でも、日本の金融機関や民間企業を攻撃対象として書き込まれ、地方自治体の外郭団体のHPが「China-Hack・愛国同盟」というタイトルの中国語のページに改竄(かいざん)されたことも確認された。
 警察庁によると、チャットサイト「YYチャット」などで攻撃呼びかけがあったのは12~18日。警察庁など約10の政府機関が挙げられ、複数のパソコンから大量のデータを送りつける「DDoS(ディードス)攻撃」とみられるアクセスが確認された。
 このうち、人事院や政府インターネットテレビ、政府広報オンラインのサイトで17日夜~18日夜、最大2時間余りにわたり閲覧しにくい状態になったという。
 警察庁は今後、アクセスの発信元などを分析したうえで、中国に対し、ICPO(国際刑事警察機構)を通じて捜査協力を要請することも検討する。


---Missile and submarine secrets 'may have been stolen' in cyber attack on Japanese defence firm---By Rachel Rickard Straus and Rob Waugh
Last updated at 7:43 PM on 19th September 2011
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2039220/Mitsubishi-Heavy-cyber-attack-Japans-defence-secrets-stolen.html?ito=feeds-newsxml

Some of Japan’s most sensitive defence secrets have been targeted by hackers, who have gained access to up to 80 computers of its biggest defence contractor - in what appeared to be a coordinated attack.

Contractor Mitsubishi Heavy Industries Ltd said today its submarine, missile and nuclear plant component factories had been targeted, according to a report.

Some information could have been stolen in the first known cyber attack on Japan’s defence industry, the company confessed today.

‘We've found out that some system information such as IP addresses have been leaked and that's creepy enough,’ said a Mitsubishi Heavy spokesman.

‘We can't rule out small possibilities of further information leakage but so far crucial data about our products or technologies have been kept safe,’ he said, adding the company first noticed the cyberattack on August 11.

Around 80 virus-infected computers were found at the company’s headquarter, the Yomiuri newspaper reported, as well as manufacturing, research and development sites.

One of these, the Kobe Shipyard, currently builds submarines and makes components to build nuclear power stations. The Nagoya plant, meanwhile, makes guided missiles and rocket engines, according to the publication.

At least eight different kinds of computer virus including trojans were found at Mitsubishi Heavy's main office or production sites, the Yomiuri said.

Such viruses are often used by professional hackers in 'spear phishing' attacks where an email appearing to be from a trusted colleague in fact delivers malicious software.

Mitsubishi Heavy is the country's biggest defense contractor, winning 215 deals worth 260 billion yen ($3.4 billion) from Japan's Ministry of Defense in the year to last March, or nearly a quarter of the ministry's spending that year.

Weapons included surface-to-air Patriot missiles and AIM-7 Sparrow air-to-air missiles.

Mitsubishi Heavy has also been working closely with Boeing, making wings for its 787 Dreamliner jets.

‘It's probably just the first that hacking attacks in Japan have been detected. It's consistent with what we've seen already with big American defence companies,’ Andrew Davies, a cyber-warfare analyst with the government backed defence think-tank, the Australian Strategic Policy Institute, told Reuters.

‘The Japanese make large conventional submarines that are among the world's most sophisticated ... (they) have very nicely integrated solutions with their own mechanical, electronic and control systems, so it a pretty attractive hacking proposition, to get the design of a Japanese submarine,’ he added.

A Japanese defence white paper released last month urged vigilance against cyber attacks after a spate of high-profile online assaults this year that included Lockheed Martin and other U.S. defence contractors.

There were suggestions at the time that those attacks had originated in China.


---Cyberattack on Japanese defence group---
September 19, 2011 4:06 pm
By Lindsay Whipp in Tokyo
http://www.ft.com/cms/s/0/b0f812ec-e2b5-11e0-897a-00144feabdc0.html#axzz1YSIGLZ8f

Computers and servers at Mitsubishi Heavy Industries, Japan’s largest defence contractor, have been hacked in a cyberattack.

One local report described it as Japan’s first known cyberattack on the country’s defence industry. Targets included about 80 personal computers and servers at MHI’s submarine, escort ship, missile and nuclear plant component-making factories.

The company said it discovered the hacking in mid-August and the investigation was likely to continue until the end of this month.

MHI said that, so far, it had not uncovered leakage of important data relating to its technology and production. However, access had been gained to some internet protocol addresses.

The incident follows a recent cyberattack on McAfee, the US security software company. According to McAfee, the attack penetrated 72 government and other organisations, mainly in the US, that copied a range of data from military secrets to industrial designs. Other victims ranged from the UN to governments, including those of Taiwan and South Korea.

Earlier this year hackers accessed data for the SecurID tokens made by security company RSA, on which many government employees and suppliers rely. Lockheed Martin, one of the biggest defence contractors, also said in May it had been targeted but that no data or information had leaked.

Governments have been concerned about cyberspying - particularly by China - for a number of years and the potential loss of intellectual property rights and defence secrets.

Japan’s pacifist constitution bans it from arms exports. However, there are exemptions, including the country’s tie-up with the US for joint research and development of anti-missile defences and the sale of armoured anti-pirate patrol boats in Indonesia.

The US recently unveiled its strategy to deal with cyberattacks on its computer networks that included the potential for a military response, if considered necessary.

Japan highlighted the growing concerns about cyberattacks in its recently published defence white paper, where it was less specific than the US but said it would continue to “pay attention” to cyberthreats.

MHI did not speculate on who might be behind the cyberattack.


---本日の一部報道について---
三菱重工業株式会社
2011年9月19日
http://www.mhi.co.jp/notice/notice_110919.html

本日、当社のコンピューターがウイルスに感染しているとの一部報道がありました。
8月中旬にウイルス感染の可能性が判明し、その後ウイルスの特性により情報漏えいの危険性も判明したことを受け、その旨を警察当局に報告、相談するとともに、以後、外部の専門家と共同で調査、対応を進めております。
現時点ではウイルス感染による被害拡大は止まったものと考えております。
また過去に社内一部のコンピューターのシステム情報(ネットワークアドレス等)が流出した可能性があることは判明しているものの、当社の製品や技術に関する情報の社外へのデータ流出は現在確認されておりません。
これまでウイルス駆除などの被害拡大防止策を講じておりますが、今後とも引き続き調査を進め、対策強化をはかってまいります。

以  上


---防衛航空機技術データの流用に関する告発文書について---
三菱重工業株式会社
2011年9月9日
http://www.mhi.co.jp/notice/notice_110909.html

今般、防衛航空機に関する技術データが流用されているとの告発文書を弊社、防衛省及び関係各所に送付したという内容の文書が、弊社コンプライアンス委員会に送付されました。
告発文書において指摘されている技術データの流用については調査を実施しており、現時点では弊社としては設計に適用したという事実は把握しておりませんが、関係先に確認の上さらに調査をすすめて参ります。また、その旨を防衛省にもご説明しております。
一方、告発文書に社内技術文書が添付されていたことにつきましては、その適否を確認しつつ、情報の管理をより一層徹底し、法令に従い適切に対応して参る所存です。
防衛省及び関係先にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げるとともに、再発防止に努めて参ります。

以  上


---不正証明書発行の認証局、セキュリティ対策の実態は? オランダ政府が中間報告書---
2011年09月07日 16時29分 更新
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1109/07/news075.html

監査の結果、DigiNotarが運営している複数の認証局のサーバが全てハッキングされていたことが判明した。「google.com」用の不正証明書は30万のIPアドレスで利用されていたという。

 サイバー攻撃受けて不正なSSL証明書を発行していた認証局のDigiNotarに対し、オランダ政府が実施した監査の中間報告書がまとまった。
 報告書は監査責任者を務めるセキュリティ企業のFox-ITの最高経営責任者(CEO)がまとめたもので、オランダ政府が公表した。米セキュリティ機関のSANS Internet Storm Centeが9月6日にWebサイトで概略を紹介した。
 それによると、監査の結果、DigiNotarが運営している複数の認証局のサーバが全てハッキングされ、管理者権限でアクセスされていたことが判明。中にはログ記録が一部抹消されていた認証局もあり、どのような証明書が発行されたかをDigiNotarが把握できない原因になっていた。
 「google.com」用の不正証明書は、8月4日からこの証明書が失効する29日までの間に、30万のIPアドレスで利用されていたことが判明した。このうち99%以上がイランのIPアドレスだったという。この証明書を使ってGmailへのアクセスを乗っ取られたユーザーは、認証用cookieやメールの中身を盗み見された恐れがあるとしている。
 DigiNotarのセキュリティ対策に不備があった点も列挙された。基本的なベストプラクティスが機能していなかったり、実装に不備があったり、省略されたりしていたという。2009年に改ざんされたWebページが8月下旬の時点で残っていた問題については、同社が8月にWebサーバを再インストールした際にコピーされた可能性が大きいとしている。


---原発を乗っ取るコンピュータウイルスはどう侵入したのか---
國谷武史,ITmedia
2011年09月02日 18時21分 更新
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1109/02/news080.html

2010年に発見された「Stuxnet」は、イランの原子力発電所の乗っ取りを狙ったといわれ、ITセキュリティの世界を震撼させた。システムへの不正侵入はどのように行われたのかをCheck Pointが解説している。
 2010年のITセキュリティ業界を震撼させた出来事の1つが、「Stuxnet」と言われるコンピュータウイルスの感染被害である。Stuxnetが標的にしたのはイランにある原子力発電所の制御システムだとされ、コンピュータウイルスの脅威がこうしたシステムでも例外ではないことが現実化した瞬間だった。Check Point Software Technologiesでセキュリティエバンジェリストを務めるトーマー・テラー氏が、同社のカンファレンスでStuxnetの分析結果を説明した。
 Stuxnetは、電気やガス、水道といった社会インフラのシステム、また、工場の生産管理システムなどに海外で広く導入されている「SCADA」システムの不正操作を狙ったものと言われている。SCADAのような制御系システムは、通常のコンピュータのようにインターネットに接続されることがなく、ウイルスの侵入が難しいと考えられてきた。しかし現実に感染が明らかになり、セキュリティ業界のベンダーや研究者が分析したところ、幾重もの手順を踏んでSCADAへの感染に成功したことが分かった。
 実際にシステムがStuxnetによって不正に操作されるような事態にはならなかった。しかし、仮に悪意を持つ人物が原子力発電所の制御システムの乗っ取りに成功したとすれば、どのような事態に陥るかは想像に難くないだろう。Stuxnetがもたらす脅威は、幸運にも“一歩手前”で回避されたともいえる。

侵入から感染までは3ステップ
 Stuxnetが標的にした制御システムは、Programmable Logic Controller(PLC)と言われる専用装置で、PLCをWindowsマシンにインストールしたSCADAで制御するという。PLCを制御するマシンはLAN内だけで運用される場合がほとんどであり、外部からそこに至るには幾重にも張り巡らされたセキュリティ対策をかいくぐらなければ不可能である。テラー氏によると、StuxnetがPLCを不正操作できる状態になるまでに、大きく3つのステップが取られたという。
 最初のステップが、外部からネットワーク内への侵入である。侵入経路はUSBメモリなどのリムーバブルメディアの可能性が高いという。ネットワーク上のコンピュータにリムーバブルメディアが接続され、当時は未知であったWindowsのショートカットリンクの脆弱性、もしくはオートラン(自動実行)機能を悪用し、ウイルス本体を隠してネットワーク内に侵入した。
 Stuxnetを格納したリムーバブルメディアがネットワーク内に持ち込まれた理由は定かではないが、「密かに悪意を持った人物が関係者にUSBメモリを手渡しかもしれないし、攻撃者が会社の敷地内にUSBメモリを投げ込んで、それを拾った人物がうっかり接続してしまったかもしれない」(テラー氏)というように、あらゆる可能性が想定されている。
 次にStuxnetは、LAN内で感染先を広げる。インターネットに接続できるコンピュータに感染すると、P2P機能が実行され、外部からのコマンドを受信して実行したり、別のプログラムを密かにダウンロードしたりする。外部にいる攻撃者は、感染したコンピュータを踏み台にしてLAN内での行動範囲を広げながら、PLCを制御するコンピュータに接近し、そして感染させる。
 PLCを制御するコンピュータでは感染の検知が難しいという。上述のように、制御システムは外部から侵入されにくいとみられてきたことから、コンピュータ上の対策が手薄になっている場合が多い。また、StuxnetにはSCADAとPLCとの間で交わされるコマンドを書き換え、ユーザーに気付かれないようにする細工もされていた。最終的にStuxnetのプログラムには不備があり、PLCが不正に操作されることはなかったが、不備さえなければ攻撃者は、いつでもPLCを自在に操れる状態になった。

いつでも実行可能
 Stuxnetがイランを標的したとされるのは、イランで多数検知されたという状況証拠でしかない。Stuxnetの動作や構造、また、同国をめぐるさまざま情勢から原子力発電所が最終目標となったと推測されている。Stuxnet自体は米国や欧州でも検知報告があり、SCADAを利用するシステムはいつでも攻撃者に乗っ取られるリスクを抱えていたことになる。
 同社ではStuxnetを数万件以上検知したというが、1000件ほどについては、ほかのウイルス対策では全く検知できない状況だったという。またStuxnetは、セキュリティ業界で全く把握されていなかった複数の脆弱性を悪用するようにもなっていた。Stuxnetは、このように最終目標に到達するために巧妙かつ複雑な感染手法を備えている点が特徴であるという。
 テラー氏は、「Stuxnetによって極めて重要性の高いシステムへの不正侵入方法が実証されてしまった。今後、攻撃者はStuxnetの経験を応用するようになるだろう」と警鐘を鳴らしている。

2011年9月21日水曜日

米国 貧困層増加

米国の貧困層が増加した。
 米国で昨年、「貧困層」に分類される国民が、過去最多の4618万人
(前年比261万1000人増)に上ったことが、発表された商務省統計局の調査で
明らかになった。人口比では全体の15.1%(同0.8%)。

米貧困層
・平均的な4人家族の場合は年収が2万2314ドル以下など。
・約4割にあたる1907万2000人は南部に集中
・医療保険に加入していない国民が4990万400人で全体の16.3%に上る。

昨年よりも貧困層が増加。
去年は、人種別で報道していたのに、今年は、地域で報道している。
米国は、低所得で医療保険に加入できなくても、メディケアとメディケイド
で、ある程度を補助される。しかし、福祉費だけでなく、国民皆保険でも、
増税となる。ねじれ議会で、対策ができず、現政権への批判は増加。
報道が政府よりの気がする。

世界人口が、もうじき、70億人を突破するとのこと。
食糧や飲料水に始まり、色々なものが高騰。格差はさら広がる。
米国の原油取引のように、人口増加に直接影響する食糧は、取引に規制が
かかるかもしれない。飢餓で死んでいく人を横目に見ながら、働かざる
もの食うべからずと言う人にはなりたくないと思う。

貧困率 15.7%
国 7人に1人が貧困
米国 子供空腹4人に1人
米ギ 債務不履行迫る


UN launches '7 billion actions' initiative ahead of global population milestone


米の「貧困層」 約15%に


---米貧困層 最多に---
2011年9月15日(木)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-09-15/2011091507_01_1.html

4618万人 人口の15%
 【ワシントン=小林俊哉】米国勢調査局は13日、2010年の米国の貧困人口が4618万人で、統計をとり始めて以来の過去52年間で最多となったと発表しました。貧困人口の増加は4年連続。全人口に占める貧困者数の割合は15・1%で、3年連続で上昇し、1993年以来の高水準となりました。
 同調査局は、今回の調査では、4人家族で年収2万2314ドル(171万円)以下の世帯を貧困層と設定しています。昨年の貧困人口は、約4360万人でした。
 人種別では、黒人の貧困率が27・4%、ヒスパニック系が26・6%、アジア系は12・1%、ヒスパニックを除く白人は9・9%でした。
 家族構成別では、母子家庭の貧困率が31・6%(09年29・9%)と突出しています。父子家庭では15・8%(前年同率)となりました。18歳未満の貧困率は22%で、09年比で1・3ポイント上昇しました。
 一方、全米の世帯の年収の中央値(年収を低い順に並べた時にちょうど真ん中にくる年収)は4万9445ドルで、09年より2・3%減少しました。医療保険未加入者は4990万人(16・3%、前年同率)でした。
 統計には、金融・経済危機にみまわれ、高失業率が続くなかでの厳しい生活ぶりが反映しています。


---米国:貧困層が過去最多の4618万人 失業率も高止まり---
2011年9月14日 19時9分
http://mainichi.jp/select/today/news/20110915k0000m030033000c.html

 【ワシントン古本陽荘】米国で昨年、「貧困層」に分類される国民が、過去最多の4618万人(前年比261万1000人増)に上ったことが、13日に発表された商務省統計局の調査で明らかになった。人口比では全体の15.1%(同0.8ポイント増)。金融危機以降の景気対策にもかかわらず、米国の失業率は9%台に高止まりしたままで、米国民の生活実態が厳しさを増していることが改めて裏付けられた。
 調査開始は1959年。今回の調査では、平均的な4人家族の場合は年収が2万2314ドル(約171万円)以下などの世帯を「貧困層」と定義した。約4割にあたる1907万2000人は南部に集中していた。また、医療保険に加入していない国民が4990万400人で全体の16.3%に上ることも判明した。
 オバマ政権は新たな景気対策の実施に理解を求めているが、増税を伴う景気対策に下院多数派の共和党は反対しており、状況改善の見通しは立っていない。


---米国で貧困者の割合が増加、1993年以来最悪に---
2011.09.14 Wed posted at: 12:09 JST
http://www.cnn.co.jp/usa/30003974.html

 ニューヨーク(CNNMoney) 米国の人口に占める貧困者の割合が2010年の統計で15.1%に上昇し、1993年以来最悪となった。13日に発表された国勢調査結果で明らかになった。
 米政府は、家族4人で年収2万2314ドル(約171万円)以下、単身で1万1139ドル(約85万円)以下の層を貧困と定義している。景気低迷が続く影響で、10年の貧困者数は約4620万人と、09年より260万人増加した。09年の貧困者の割合は14.3%だった。
 中間層の世帯年収は4万9445ドルで、09年の4万9777ドルに比べて微減となった。中間層の世帯年収は過去30年の間ほとんど変化がなく、インフレ調整後の数字で比較すると、10年の年収は1980年に比べて11%しか増えていない。これに対して人口の5%を占める富裕層の年収は42%増えた。
 年齢別にみると、18歳以下の子どもに占める貧困者の割合は22%に増え、米国の子どもの5人に1人が貧困状態に陥っている。18~64歳の貧困率も13.7%に上昇、65歳以上は9%と横ばいだった。
 景気低迷の影響で両親から独立して暮らす若者も減少した。両親と同居している25~34歳は景気後退前は470万人だったが、10年の統計では590万人に増えた。
 健康保険に加入していない人も、09年の4900万人から10年は4990万人へと増加した。人口に占める割合は約16.3%で統計的には横ばいとなっている。


---米貧困者4600万人=過去最多、人口比15%-2010年---
2011/09/14-01:39
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201109/2011091400032

 【ワシントン時事】米国勢調査局は13日、2010年の米国の貧困者が4618万人(前年は4356万9000人)と、統計を初めて公表した1959年以降最多になったと発表した。これで4年連続の増加。金融・経済危機の影響は依然消えておらず、オバマ政権や議会に一段の景気対策を求める声が強まりそうだ。
 国勢調査局によると、全人口に占める貧困者数の割合は15.1%(同14.3%)と、3年連続で上昇した。
 今回の調査では、4人家族の場合、年収が2万2314ドル(約172万円)以下の世帯を貧困層と定義。全米の世帯の年収は中央値で4万9445ドル(約381万円)と、前年比2.3%減少した。


---年収170万円以下4人家族、米で4618万人---
2011年9月14日10時48分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110914-OYT1T00394.htm

 【ワシントン=山口香子】米国勢調査局は13日、2010年の米国の貧困者の数が全人口の15・1%にあたる4618万人となり、1959年に統計を取り始めて以来、過去最多になったと発表した。
 前年より260万人増えており、4年連続の増加となった。全人口に占める貧困者の割合も3年連続の上昇となった。経済の低迷を反映した形だ。
 米国では、政府が毎年収入の基準を定め、それを下回る収入の世帯を貧困層と定義しており、10年は、子供2人の4人家族で年収2万2113ドル(約170万円)が基準とされた。


---世界の人口、2011年10月にも70億人を突破へ---
2011年09月07日 12時40分46秒
http://gigazine.net/news/20110907_world_population_7_billion/

 世界の人口は現在爆発的な勢いで増加しており、1999年に60億人を数えましたが、なんと来月には70億人の大台へと到達するそうです。
 国連の推計によると、世界人口は1999年時点で60億人、2011年7月1日の時点で68億9000万人だったそうですが、国連経済社会局人口部のHania Zlotnikさんによると、10月31日には70億人に到達するとみられているそうです。ただし、この日付についてはあくまで話半分レベルだとのこと。
 世界人口は1800年ごろは10億人で、20世紀に入ってようやく20億人にまで増えました(1930年のこと)。しかし、1974年に40億人になるまではわずか44年、60億人になったのは1999年でさらに短い25年しかかかっていないことになります。
 ハーバード大学のDavid Bloom博士がScience誌で公表した「7 Billion and Counting」というタイトルの調査結果によると、死亡率の低下と出生抑制の遅れにより人口隆起の流れはまだ続くとのこと。1950年には世界人口の68%が開発途上国のものでしたが、2050年にはこの割合は86%まで延びる見込みで、2050年の世界人口は23億人増加していると考えられますが、そのうち97%が途上国でのものとなるようです。
 現在、人口が最も多い国は中国で13億5000万人となっていますが、2050年には13億人まで減少。一方で、現在12億4000万人で第2位となっているインドは16億9000万人まで増加、現在第3位のアメリカ(3億1100万人)も4億2300万人に増える見込みで、第4位につけているナイジェリアでも1億6600万人の人口が2050年には4億200万人にまで爆増するとみられています。トップ10に名前の入っている日本とロシアは2050年にはランキングから名前が消えていると考えられています。
 出生率は世界的には5から2.5へと低下していますが、地域格差が存在。「何人の子どもが理想ですか?」という質問に対して、オーストリアでは1.6、イギリスでは2.4という回答が得られたのに対して、ウガンダでは5.3、ニジェールでは9.1という回答が得られています。
 人口増加が進むと、食べ物や水の分配を巡る問題を解決する必要が出てきます。また、住宅やエネルギー供給についての問題もあります。人口を増やさないためには出生率を下げなければいけませんが、途上国での避妊などによる出生率減少政策はなかなか効果が出ておらず、一方で先進国では出生率低下によって高齢化が加速していっています。
 Bloom博士は「これらの難しい問題について見ないふりをしておくのは簡単だが、取り組まなければならない困難な課題は山積みだ」と述べています。