2011年11月30日水曜日

大阪官製ネガティブキャンペーン

大阪官製ネガティブキャンペーンが終了した。
 橋下徹前知事の辞職に伴う大阪府知事選と、任期満了に伴う大阪市長選
が投開票され、知事選は地域政党「大阪維新の会」幹事長で前府議の松井
一郎氏が、市長選はくら替えを狙った同会代表の橋下氏が、いずれも他の
候補に大差をつけて初当選を果たした。

大阪維新の会
・松井一郎 当選
・橋下徹 当選

民主党府連
・倉田薫
・平松邦夫
自民党府連
・倉田薫
・平松邦夫
共産党
・平松邦夫

投票率
知事選 52.88%
市長選 60.92%

大阪維新の会の公約
(1)都構想
(2)同じ職務命令に3回違反した職員を免職の対象とする職員基本条例の制定
(3)教育行政に対する首長の権限強化を図る教育基本条例の制定

投票率が示すように、有権者の既成政党への不満が幅広い層から支持された
ようだ。

反橋本派
・民主党、自民党、共産党、財界、関西電力、連合、自治労、日教組、
 公務員、毎日新聞、関西テレビ(フジテレビ)、毎日放送、文藝、文春、
 新潮、フライデー、部落開放同盟、BBC

自民党府連との接触から、「1000%府知事に立候補しない」と言いながら、
立候補し、過激発言で注目を集めて当選。すぐに市長に転進する橋の下徹。
私利私欲しか見えない既成政党に、大阪府中期計画の概要を見せられ、改革
を進めて、今よりはましな生活を期待させた。
橋の下は、保守派の言動が多かったが、いつの間にか革新派に変わったようだ。

大阪都になれば、景気が良くなるとは思えないが、名刺、パンフレット等の
製紙や印刷の需要は確実に増える。
平常時の副首都、大地震時の首都となる可能性もあり、行政区域変更に
伴う経済の活性化はあるかもしれない。
小さな政府を支持する人は、副首都による行政拡大は不要となるはずだが、
なぜか副首都を支持し矛盾している。

いくつかある政令指定都市は、大阪府・大阪市と同様の二重行政のようだが、
財政も同様だろうか。

選挙において、ネガティブキャンペーンによる選挙戦略は、度を越すと、
同情票が多く流れる。有権者である市民・府民の不満を利権維持のために、
現状維持打破の政策を立案できなかった戦略では対抗できないだろう。
「根性無しの平松邦夫」と言うネガティブキャンペーンは当分続くのか。

橋下徹発言「弱者は切捨てる」「皆兵制復活」
病院たらいまわし 橋の下は知ったことではない
あなたはウソ泣きするウソつきで口が軽い
大阪府 新型インフル感染者一部切捨てか
特定域のための政権公約評価
詐称日系中国人 生活保護打切り決定
震災報道の信用性


橋下氏圧勝はなぜ?浮かび上がる3つのキーワード(11/11/28)


---橋下氏の「維新」対応に民自公苦慮…連携?距離?---
2011年11月29日08時12分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20111129-OYT1T00124.htm

 民主、自民、公明各党の執行部は、大阪府知事・市長ダブル選を制した、橋下徹氏率いる大阪維新の会への対応に苦慮している。
 特に、民主党は、維新の会との連携を望む勢力を党内に抱えており、連携すべきか距離を置くべきか、執行部は難しい判断を迫られている。
 民主党の輿石幹事長は28日の記者会見で、選挙結果について「直接的に国政に影響するとは思えない」と強調。「大阪都構想」に関しても、「橋下氏から(協力)要請があった時点で検討すればいい」と淡々と語った。民主党内では、小沢一郎元代表グループを中心に、維新の会と連携し、新党結成につなげようとの動きがある。同グループの若手議員は「消費税増税に踏み切ったら、次の選挙では勝てない」と述べ、同調者を募っている。
 自民党の谷垣総裁は28日、維新の会との関係について、記者団に「都構想を見極めたい」と述べるにとどめたが、石原幹事長は同日、大阪市内での講演で「思い切った試みにチャレンジする覚悟と能力を持った首長誕生を歓迎したい」と述べ、秋波を送った。公明党は、次期衆院選で大阪府の4小選挙区に公認候補を擁立することから、維新の会の動きに神経をとがらせている。

---市長に橋下氏、知事に松井氏=「維新コンビ」が圧勝-「都」構想訴え・大阪ダブル選---
2011/11/28-02:38
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2011112800005&google_editors_picks=true

 橋下徹前知事(42)の辞職に伴う大阪府知事選と、任期満了に伴う大阪市長選が27日投開票され、知事選は地域政党「大阪維新の会」幹事長で前府議の松井一郎氏(47)が、市長選はくら替えを狙った同会代表の橋下氏が、いずれも他の候補に大差をつけて初当選を果たした。橋下氏の仕掛けたダブル選は、府と大阪、堺の両政令市を再編する「大阪都」構想を掲げた「維新コンビ」が、激戦を制した。
 知事選で民主、自民両党府連が推した前同府池田市長の倉田薫氏(63)、市長選で両党府連に加え共産党も支援した現職の平松邦夫氏(63)はともに敗れ、既成政党には大きな打撃となった。野田政権としても、発足後初の大型地方選を落としたことで、今後の政権運営に影響を与える可能性もある。 
 これにより都構想は、実現に向け弾みがついた形だ。全国知事会などによると、都道府県知事経験者が政令市長に当選するのは初めてとみられる。大阪府知事と大阪市長のダブル選が実施されたのは1971年以来、40年ぶり。
 有権者の関心も高く、投票率は知事選が52.88%、市長選が60.92%。それぞれ前回を3.93ポイント、17.31ポイント上回った。
 二人三脚で選挙戦を展開した橋下氏と松井氏は都構想のほか、(1)同じ職務命令に3回違反した職員を免職の対象とする職員基本条例の制定(2)教育行政に対する首長の権限強化を図る教育基本条例の制定-などを公約に掲げ、「脱既成政党」をアピール。有権者の既成政党に対する不満の受け皿として、無党派層を中心に幅広い支持を集めた。
 橋下氏は27日夜、松井氏とともに大阪市内のホテルで記者会見し、「次のステップへのスタート台に足を掛けられた」と述べ、都構想をはじめとする公約の実現に強い意欲を示した。


---Osaka victors' next target: Lower House---
Tuesday, Nov. 29, 2011
By ERIC JOHNSTON
Staff writer
http://www.japantimes.co.jp/text/nn20111129a1.html

ANALYSIS
DPJ, LDP face national-level splits

OSAKA - Sunday's overwhelming victories by Toru Hashimoto and Ichiro Matsui in the Osaka mayoral and gubernatorial elections have put Prime Minister Yoshihiko Noda and the established parties on notice as speculation grows that Hashimoto's local Osaka Ishin no kai group will field candidates in the next Lower House election.

In the closely watched mayoral election, Hashimoto, the former governor, won with 750,813 votes to incumbent Mayor Kunio Hiramatsu's 522,641.

In the governor's race, top Osaka Ishin no kai executive Matsui won with just over 2 million votes, beating his closest rival, Kaoru Kurata, by 800,000.

Osaka Ishin no kai's victories are expected to further splinter the ruling Democratic Party of Japan and the Liberal Democratic Party's Osaka chapters, which backed Hiramatsu and Kurata. But the parties' national chapters, which did not endorse either candidate, are also worried.

On Sunday night, Hashimoto warned Tokyo that it could not sit on the sidelines or attempt to delay Diet discussion of creating one political entity for Osaka. At a joint press conference with Matsui, it was clear the new mayor, not the new governor, is now in charge of Osaka's future.

"Within four years, we want the Diet to change the law to allow the merger of Osaka Prefecture and the city of Osaka. We'll cooperate with the established parties as much as possible. But, if they don't make it happen, Osaka Ishin no kai will get involved in national policy," he said.

"There are 70 Diet members, including direct and proportional representatives, from the Kinki region (including Osaka, Kyoto, Nara and Hyogo prefectures). Unless Tokyo begins discussions by the end of the year on a merger, we'll begin preparations (to field our own candidates in the next Lower House poll)," Hashimoto said.

Chief Cabinet Secretary Osamu Fujimura said Monday morning the government was open to discussing the merger with Hashimoto, but that it also wanted to address the issue within a Diet committee on local government systems established in August.

"There's no law on the books to create one Osaka entity. But the structure of Osaka is of great interest to the Japanese people, and there's lots to discuss," minister of internal affairs Tatsuo Kawabata said Monday morning.

How far beyond Osaka Hashimoto's influence will continue to extend is uncertain. On the one hand, many in the Kansai region back merging the city of Osaka with the prefecture. In the next Lower House election, they would certainly elect Diet members who campaigned with Hashimoto's support.

In addition, Hashimoto has a loose national network of influential friends, ranging from former Miyazaki Gov. Hideo Higashikokubaru to Tokyo Gov. Shintaro Ishihara, to call upon for support and fundraising. Aichi Gov. Hideaki Omura and Nagoya Mayor Takashi Kawamura have also been Hashimoto's allies since they beat established party candidates earlier this year.

Nor is Hashimoto without allies in the Diet. Your Party head Yoshimi Watanabe campaigned vigorously for Hashimoto, while Kokumin Shinto (People's New Party) leader Shizuka Kamei supports Hashimoto's efforts to turn Osaka into a backup capital in the event of a disaster in Tokyo. Both have hinted at some sort of cooperation with Osaka Ishin no kai in the next Lower House poll.

On the other hand, Hashimoto also has powerful foes. Not everybody in the Kansai political world is enamored of Hashimoto or Osaka Ishin no kai.

When he was governor, Hashimoto clashed repeatedly with Hyogo Gov. Toshizo Ido over closing Osaka's Itami airport, which sits partially in Hyogo Prefecture, and with Nara Gov. Shogo Arai over his refusal to participate in the Kansai Unity Project - a group of seven prefectures that eventually aim to turn Kansai into a single political entity.

But the great unknown is how many Diet members from the DPJ or LDP he can win over, and whether they would bolt their party to join some new party with Hashimoto.

"There are a lot of people in the DPJ and LDP, as well as the central bureaucracy, who greatly dislike Hashimoto and worry he's a fascist. But the major parties have discovered just how powerful Hashimoto is and can't afford to ignore him," said Yuji Yoshitomi, author of several books on the city of Osaka's financial situation and Toru Hashimoto's policies.

First, though, Hashimoto must realize that, as mayor, he presides over a municipal assembly in which Osaka Ishin no kai lacks a majority. It has 33 of the 86 seats, and must cooperate with either New Komeito, which has 19 seats, or the LDP, which has 17, to get anything done.

New Komeito didn't back a candidate for either poll but generally has better ties with Hashimoto than the local LDP chapter.


---Hashimoto, Matsui win twin Osaka polls---
Monday, Nov. 28, 2011
By ERIC JOHNSTON
Staff writer
Maverick pair claim mandate to unify city, prefecture
http://www.japantimes.co.jp/text/nn20111128a1.html

OSAKA - Populist reform trounced the status quo in Osaka Sunday evening as former governor and Osaka Ishin no kai leader Toru Hashimoto, 42, won the mayoral election and Ichiro Matsui, 47, a senior leader in the same party and Hashimoto's hand-picked successor, clinched the governor's seat.

The historic double election - the first same-day contest for Osaka's governor and mayor in 40 years - dealt a major blow to the local chapters of the ruling Democratic Party of Japan as well as the conservative Liberal Democratic Party, which backed incumbent Mayor Kunio Hiramatsu, 63, and gubernatorial candidate Kaoru Kurata, also 63.

Turnout for the mayoral election was quite high at 60.92 percent, more than 17 points higher than the 43.6 percent turnout in the 2007 election.

But turnout for the governor's race stood at 41.26 as of 7 p.m., and was expected to match the roughly 48 percent turnout for the 2008 election.

At a joint press conference Sunday evening, Matsui and Hashimoto said the real work had just begun, but noted that their unified message and clear goal of achieving one singular Osaka appealed to the majority of voters.

"From the beginning, when we formed Osaka Ishin no kai last year, our message has been one of concern for all of Osaka, the city and the prefecture, and our policies have taken that into account," said Matsui.

"We're at the starting line. The next step has begun. Our party has had one policy. But politics means dealing with a variety of opinions and values. What everyone (who supported us) had in common was a desire to realize the goal of one Osaka political entity," Hashimoto said.

However, both candidates admitted that more explanations of what unification will mean for local democracy under Osaka Ishin no kai's merger plans are still necessary.

Opposition within the city bureaucracy to Hashimoto is expected to be particularly strong.

The mayoral contest was marked by emotional rhetoric and personal attacks from both candidates, generating fears in both camps that the harsh words could lead to something worse.

Security throughout the mayoral campaign was unusually heavy, with dozens of uniformed and plainclothes police officers guarding both candidates.

By electing both Hashimoto and Matsui, voters sent a strong message of support for the effort to merge the prefecture with the city.

Indeed, an NHK survey Sunday evening said that 62 percent of the public backs Hashimoto's plans to create a unified Osaka.

But the impact of the double election on national politics is less clear. The national headquarters of the DPJ and the LDP did little campaigning for the losing candidates, while the small opposition group Your Party and its leader, Yoshimi Watanabe, campaigned for Hashimoto.

On the other hand, Hashimoto enjoyed the support of local politicians like Tokyo Gov. Shintaro Ishihara, Aichi Gov. Hideaki Omura and Nagoya Mayor Takashi Kawamura, both of whom won elections earlier this year against candidates backed by the established parties.

The victories by Osaka Ishin no kai Sunday are expected to encourage independent, reformist candidates in other prefectures to take on the established parties. Hashimoto has offered to support candidates who share Osaka Ishin no kai's fundamental local reform goals.

Matsui's victory keeps the governorship in the hands of Osaka Ishin no kai, which also holds a majority in the prefectural assembly.


---Gangster son takes on conservative Osaka mayor---
24 November 2011 Last updated at 17:33 GMT
By Mariko Oi BBC News
http://www.bbc.co.uk/news/business-15786798

Sex and gambling don't usually win votes in election campaigns.

But a self-proclaimed son of a gangster is proposing just that as a way to boost the economy in Osaka's mayoral election.

Toru Hashimoto is a 42-year-old lawyer-turned-politician who is running against incumbent Kunio Hiramatsu.

With a population of 8.8 million, Osaka is Japan's third largest prefecture.

It is a city of merchants, known for its salty dialect which many Osakans proudly verbalise even if they leave their hometown.

But for Mr Hashimoto, it is a sin city.

"There is no other city as vulgar and obscene as Osaka," says Mr Hashimoto.

"We should celebrate the image and welcome the development of casinos and red-light districts to attract people."
Back-up capital

His plans do not stop there.

He recently resigned from the Osaka prefectural governor's post to run for the mayor of the city of Osaka; located in the centre of the prefecture.

Why? Because he wants to get rid of the position.

"We need to reform the administrative structure completely," Mr Hashimoto tells voters who gather to listen to him speak.

"I will merge the city and the prefecture, because there's so much overlap in what those civil servants do," he exclaims.

His goal is to make Osaka the back-up capital city of the nation.

The Kansai region, which includes Osaka, Kyoto and Nara, was Japan's capital city for the longest period in Japan's history, so the idea has been floated before.

In 2005, 362 members of parliament formed a federation to study how and where to build an emergency capital city.

But since the 11 March earthquake, there has been a renewed urgency to do so.

"Japan would lose its function as a state if Tokyo gets struck by a big earthquake," says the federation's chairman Hajime Ishii in his blog.
Hashism vs established parties

Mr Hashimoto's competition, Kunio Hiramatsu, is against such radical changes.

The 63-year-old popular former news reader was elected in 2007.

"Hashimoto's Osaka plan is a one-way bus ticket to an unknown location with unfamiliar stops along the way. We have to stop it," says Mr Hiramatsu.

"He wants to change the system so that he can be in charge of Osaka's political power and assets."

"His purpose is to dictate and to loot," he adds.

Mr Hiramatsu is supported by the prefectural chapters of the ruling Democratic Party of Japan and the major opposition Liberal Democratic Party.

The Japanese Communist Party withdrew its candidate and called on supporters to cast their ballots for Mr Hiramatsu.

"It is quite unusual for the Communist Party to back the same candidate as the DPJ and the LDP," says Koichi Nakano, Associate Professor of Political Science at Sophia University.

"Established parties are calling Mr Hashimoto's campaign Hashism - just like fascism - and they are determined to stop him," he adds.

The move, however, has made many voters wary.

"It feels like big political parties versus a passionate individual," says 74-year-old retiree Sachio Ogino.

Dr Ogino worked for the city for more than 40 years until his retirement and he supports Mr Hashimoto's view on the merger.

"I have personally witnessed an incredible amount of inefficiency in the city of Osaka," he says.

"I think Osaka needs someone like Mr Hashimoto to get the local economy back on its feet."
Personal attack

At the national level too, this election is also attracting more attention than usual due to Mr Hashimoto's background.

He was a controversial TV commentator of a popular programme before he became the youngest governor in Japan's history.

"Mr Hashimoto uses mass media well and he has portrayed himself as someone who is different from hereditary politicians," says Professor Nakano.

About 30% of elected members of parliament are second, third, or fourth generation politicians.

But not only is Mr Hashimoto not from a political family, his father was a mafia member.

"You cannot expect a scion of a wealthy family to shake things up," says Mr Hashimoto shrugging off extensive media coverage about his father.

And voters do not seem to mind.

"He's cute, he's smart and he's funny. So what if his dad was a bit naughty," Osaka resident Toyoe Yamamoto laughs.
Tortoise and Hare

And it is not his father's association with the mafia that is in the minds of voters; it is the economy.

"I would actually hate to see the city of Osaka and the prefecture merge," Mrs Yamamoto says, disagreeing with the core of Mr Hashimoto's campaign.

"But our economy is in such a bad shape, it might be what Osaka needs," she adds.

In a recent study by Hosei University, residents have ranked Osaka as the unhappiest place in the country due to a high crime rate and its struggling economy.

Voters want someone who can rescue the economy and create more jobs.

"Mr Hashimoto has always been good at creating a sensation," says Professor Nakano.

"The big question is whether voters think his measures are realistic."

Mr Hiramatsu describes himself as the Tortoise and Mr Hashimoto as the Hare in terms of the speed of their reforms.

"But, however slowly, I am confident that I have made Osaka a better city over the last four years," he adds.

There is no doubt that both candidates know the importance of kick-starting economic growth again.

Both have been assuring the voters that their plan is the one that will do that.

For the residents, the choice is between radical risky change and a conservative approach.


---ネット上で選挙違反続出? 告示後も続く様々な書き込み---
2011.11.18 14:11
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111118/osk11111817010008-n1.htm

 27日投開票の大阪府知事・大阪市長のダブル選に向け、短文投稿サイト「ツイッター」上に、特定候補に対する支持、不支持の態度や演説会に日程などが書き込まれ、選管に違法性を確かめる問い合わせが相次ぐ事態になっている。手軽に扱えるメディア「ツイッター」を含めたインターネットのメディアに対する法整備は、民主党の首相交代劇の影響などもあって後手をふんでいる。一方、これまで積極的にネット上で発信してきた陣営は一斉に声を潜めており、選挙への関心を高めるという視点からは、ちぐはぐさばかりが浮き彫りになっている。
 「演説会の日時をツイッターに書き込んでいる。選挙違反じゃないのか」
 10日の知事選告示以降、府選管には連日そうした問い合わせが寄せられているという。ほかにも特定候補を批判したり、逆に賛美する内容のものも。「自分1人だけでも毎日5件は問い合わせがある」と担当者。
 公選法は、法定ビラなどを除く「文書図画」の配布を禁じており、ネット上の文字や写真も該当する。候補者本人に限らず、選挙期間中にネット上で特定候補への投票を呼びかけたり、演説会日時を告知することは本来「違法」だ。
 しかし、取り締まりを行うのは警察ということもあってか、選管の担当者も「一つひとつの発言が『投票を呼び掛ける』と認定できるのか。過去に参考となるような摘発例も把握しておらず、判断が難しい」と頭を悩ませる。
 一方、今回のダブル選に出馬した主要の5候補は、いずれも告示前にツイッターなどを開設。積極的に情報発信してきたが、府知事選告示の前日、9日に書き込みをストップ。多い日で1日100回以上も投稿、告示後の投稿も示唆していた市長選候補の前知事、橋下徹氏(42)はもとより、現職の大阪市長、平松邦夫氏(63)、知事選に立候補した大阪維新の会幹事長、松井一郎氏(47)、10月下旬にツイッターを始めたばかりの前池田市長、倉田薫氏(63)も停止。わずかに知事選に弁護士の梅田章二氏(61)を擁立した共産系の政治団体が、音声での選挙運動を禁じていない公選法の“隙間”を突いて、告示日の10日に音声データをアップしたくらいにとどまる。
 与野党は昨年の参院選前、候補者と政党によるブログなどの更新に限り認めることで合意したが、首相交代による国会日程のずれ込みで法改正は先送りされたまま。陣営や選管関係者の間から「公選法が現状に合っていない」との批判が相次いでいる。


---橋下氏、おきて破りのツイッター続行宣言---
2011年11月12日9時48分
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20111112-862348.html

 40年ぶりの大阪ダブル選(27日投開票)で市長選に鞍替え出馬する大阪維新の会代表・橋下徹前大阪府知事(42)が11日、おきて破りのツイッター続行を宣言した。同日発売の週刊文春、週刊新潮の記事に対する「反論」で「公選法に抵触するかもしれないが、一方的に言われて反論できないのはおかしい。言論の自由が優先されるべき」として、つぶやく覚悟を見せた。週刊文春は「総力特集 キレる、ワメく『橋下劇場』が始まった」として6ページ、週刊新潮は「『暴力団系企業』の公共工事7億円」として3ページ、いずれも“反橋下”の記事を掲載した。公職選挙法では選挙期間中にネット上の選挙運動を規制しており、明日13日に告示が迫った時期の投稿は抵触する可能性がある。

2011年11月29日火曜日

NoTW 盗聴公聴会

NoTW盗聴の公聴会が開かれた。
 英俳優ヒュー・グラントさんが、廃刊した英日曜大衆紙「ニューズ・
オブ・ザ・ワールド」の盗聴事件を受けた独立調査委員会の公聴会で証言
し、英国の一部マスコミは過去20-30年、有毒であると批判した。

Hugh Grant
・犯罪を警察に通報すれば、警察よりカメラマンの方が先に現れる
・恋人に注目が集まるのを恐れたことで、わが子の誕生に立ち会えなかった
・マスコミの主なやり方は「いじめ、威嚇、脅迫」であり、
 「今回、わが国はやっと勇気を持ってこのいじめに立ち向かった」。

Milly Dowlerの両親
・気持ちを整理しなければならなかったときにも記者が自宅の庭に隠れていた
・一番つらい瞬間を写真に撮られた
・とても個人的な悲しみに土足で踏み込まれた気持ちだった

公聴会証言予定者
Nov.21 Bob Dowler,Sally Dowler,Hugh Grant,Graham Shear,Joan Smith
Nov.22 Steve Coogan,Mary-Ellen Field,Garry Flitcroft,
    Margaret Watson
Nov.23 Sheryl Gascoigne,Mark Lewis,Gerry McCann,Tom Rowland,
Nov.24 HJK,Sienna Miller,Max Mosley,JK Rowling,Mark Thomson
Nov.28 Charlotte Church,Anne Diamond,Ian Hurst,Chris Jefferies,
    Jane Winter

参照
Leveson Inquiry

事件では、メディアスクラム。
ゴシップでは、パパラッチが悪名高い単語。
Paris HiltonやLady Gaga等は、マスメディア戦略により、注目を集めた
と言われている。
持たれ合いや人格軽視が問われる報道もあれば、不正に切り込む報道もある。
マスコミには、持たれ合いや人格軽視の報道も含まれるが、ジャーナリズム
と呼べるかは不明。
御用学者の別称に開き直る見識が足りない学者は、不正が暴露された議員
ようだ。

英国の公聴会審問は1年続く予定だが、マスコミ業界の規制厳格化を勧告
するようだ。
議員のスキャンダル封じとまた言われそうだ。


Leveson Inquiry: McCanns - We Wanted To Shout ' We Didn't Murder Maddy'


Leveson Inquiry: Kate McCann 'Violated'


Leveson Inquiry: Mark Lewis "Eureka"


Leveson Inquiry: Gazza's Wife - There Was No Let Up


Leveson Inquiry: Mark Lewis - Hacking 'More Widespread Than NOTW'


News of the world - November 22nd, 2011

遺産相続VS仇討ち 骨肉の争い@香川
マデリン殺害誤報で謝罪
Amanda Knox NOT GUILTY
NotW 盗聴は周知の事実


---ヒュー・グラントさん証言「携帯盗聴されてた」---
2011年11月22日18時42分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111122-OYT1T00914.htm

 【ロンドン=大内佐紀】ルパート・マードック会長のニューズ・コーポレーション社傘下だった英大衆紙ニューズ・オブ・ザ・ワールド(7月廃刊)の盗聴疑惑を受け、キャメロン英首相が発足させた独立委員会による公聴会が、21日始まった。
初日は、2002年に起きた誘拐殺人事件被害者の少女、ミリー・ダウラーさん(当時13歳)の母サリーさんが証言した。ニューズ・オブ・ザ・ワールド紙の関係者がミリーさんの携帯電話に残されていたメッセージを盗聴し、古いメッセージを勝手に削除していた疑惑を持たれている。証言でサリーさんは、古い録音音声が消されていたことを娘が生存している証しだと勘違いし、「(娘は)生きている。そう思ってしまった」と語って、心に大きな傷が残ったことを打ち明けた。
 英国の人気俳優で、これまで大衆紙に何度も女性関係を暴露されたヒュー・グラントさんも証言した。グラントさんは、自分の携帯電話が、ニューズ・オブ・ザ・ワールド紙のライバル紙である大衆紙メイル・オン・サンデーに盗聴されていたことが「間違いないと思う」と述べ、盗聴が幅広く各紙の手で行われていた可能性を指摘。「メディアの自主規制はあてにならない」などとこれまでの規制のあり方を強く批判した。


---英マスコミの一部は「有毒」、盗聴問題でH・グラントが証言---
2011年 11月 22日 12:46 JST
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-24289220111122

 [ロンドン 21日 ロイター] 英俳優ヒュー・グラントさんが21日、廃刊した英日曜大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」の盗聴事件を受けた独立調査委員会の公聴会で証言し、英国の一部マスコミは過去20―30年、有毒であると批判した。
 過熱報道による被害やメディアのあり方についての証言で、グラントさんは、自分がもし犯罪を警察に通報すれば、警察よりカメラマンの方が先に現れると発言。恋人に注目が集まるのを恐れたことで、わが子の誕生に立ち会えなかったなどと語った。その上で、そうしたマスコミの主なやり方は「いじめ、威嚇、脅迫」であり、「今回、わが国はやっと勇気を持ってこのいじめに立ち向かった」と述べた。
 また、誘拐・殺害された犯罪被害者ミリー・ダウラーさんの両親も証言し、気持ちを整理しなければならなかったときにも記者が自宅の庭に隠れていたり、一番つらい瞬間を写真に撮られたりしたと批判。「とても個人的な悲しみに土足で踏み込まれた気持ちだった」とし、マスコミに追い掛け回されると思うと、家から出るのが怖かったと語った。
 審問は1年続く予定で、マスコミ業界の規制の厳格化につながるような勧告をまとめる。


---英盗聴問題、H・グラントなど有名人が続々証言へ---
2011年 11月 22日 05:08 JST
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-24277020111121?feedType=RSS&feedName=entertainmentNews

 [ロンドン 21日 ロイター] 廃刊した英日曜大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」の盗聴事件を受けた独立調査委員会の公聴会で今週、俳優ヒュー・グラントさんや人気小説「ハリー・ポッター」の作者J・K・ローリングさん、英女優シエナ・ミラーさんなどの有名人が、過熱報道による被害や「メディアのあり方」について証言を行う。
 証言は21日、誘拐・殺害された犯罪被害者ミリー・ダウラーさんの両親から始まる。元サッカー選手ポール・ガスコインさんの元妻マリーエレン・フィールドさんや、モデル出身の実業家エル・マクファーソンさん、俳優兼コメディアンのスティーブ・クーガンさん、自動車レースの最高峰F1を主催する国際自動車連盟(FIA)マックス・モズレー元会長も証言を行う予定。
 また、来週には歌手のシャルロット・チャーチさんも証言する。


---McCanns relive the ordeal: papers said we killed and even sold Madeleine---
Thursday 24 November 2011
http://www.independent.co.uk/news/media/press/mccanns-relive-the-ordeal-papers-said-we-killed-and-even-sold-madeleine-6267106.html

Mother tells of how she felt 'violated' by the press after her daughter's disappearance
James Cusick, Cahal Milmo

Since three-year-old Madeleine McCann vanished from a holiday villa in Portugal in May 2007, her parents have been accused of everything from selling their child to hiding her body in a freezer. Yesterday at the High Court, the "national scandal" of Kate and Gerry McCann's trial by tabloid press was emotionally retraced.

As the couple told the Leveson Inquiry about the accusations, lies, inaccuracies, baseless headlines and virtual blackmail that have characterised coverage of their daughter's disappearance, Dr Gerry McCann attempted to deliver a clinical analysis of two parents who tried always to remain focused on getting their daughter back. But, for his wife, reliving events in Portugal looked and sounded like a painful ordeal.

She told the inquiry of one night in Praia da Luz when, just as she was about to go to bed, her husband learnt of a headline on the front page of the Daily Mirror. "She's dead", the paper claimed. No one in Portugal knew for sure if Madeleine was alive or had been killed. There were no facts. It was all supposition. "It was incredible," Mr McCann told a hushed inquiry room.

Hundreds of journalists and 24-hour television broadcasters had descended on Praia da Luz after Madeleine disappeared and a tabloid siege began, but, under the Portuguese criminal investigation system, the McCanns were required to remain silent. Mr McCann said he suspected the press might leave after a few weeks.

But they stayed and, as the pressure to come up with new stories about the missing girl increased, a "shift in emphasis" became apparent from June. An article in a local newspaper that mentioned a "a pact of silence" between the parents and friends on holiday snowballed into more sinister coverage by the British tabloids.

Identified as "arguido" in Portuguese law, which means "person of interest", Dr McCann said this was translated by the papers as "suspect". The implication was barely disguised.

The inquiry was told of a Mail journalist, David Jones, writing: "From the start a terrible doubt has never left me."

The accusations continued to pile up, and, even when the McCann family returned home, the hounding continued, enough for one of the McCann's twins to tell Mrs McCann, "Mummy I'm frightened".

Mr McCann said even after they had started a campaign to find Madeleine, he felt powerless stop untrue and baseless stories. "We were being tried by the media and couldn't defend ourselves. They were risking our chances of ever finding Madeleine."

The fantasy headlines kept coming: stories about a "corpse" in a car the McCanns had hired after Madeleine went missing, or "body fluids" found in the car. The McCanns named the Express newspapers as serious offenders. A story in the Daily Star read: "Maddy sold" by hard-up McCanns. Mr McCann said the story was "nothing short of disgusting". A story by the same reporter said Maddy's body had been stored by them in a freezer.

Other stories pointed to an "orgy" at the villa; a local priest who had once helped the McCanns removing helpful posters; the McCanns as the "main suspects"; DNA tests confirming Maddy's blood in the hired car; and Maddy sold into "white slavery" by her parents.

There were other stories pointing to the McCanns engaging in "swinging" and "wife-swapping". Mr McCann described their effect as bringing "untold stress".

The coupled hired a team of defamation specialists and successfully sued the Express Newspapers Group for L500,000 and a hard-won front-page apology.

Friends also named in the untrue stories received L375,000. Actions against coverage by the Mail and Evening Standard were settled out of court.

Although there was a change in the coverage after the Express damages, the McCanns' pain didn't stop. Madeleine was still missing, and the story, for many of the tabloids, was still there to bring in valuable readers.

On the first anniversary of their daughter's disappearance, the couple agreed to an interview with Hello! magazine, which sells Europe-wide.

The deal caused outrage in the offices of the News of the World and the paper's then-editor, Colin Myler, phoned them. Mr McCann described him as "irate", describing how he "berated us into giving them an interview. He beat us into submission." Kate McCann said she almost felt guilty about not offering the interview to the paper after the call, but both parents knew the NOTW's focus was not on Madeleine or grieving parents, but on the commercial value of a McCann front page.

In September 2008 the NOTW had another surprise for Mrs McCann. A friend called her and said she had seen her diary in the paper. Mrs McCann said, "When I read it was there, in its entirety, I felt totally violated. It was written just after Madeleine went missing and was my only way of communicating with her."

She described seeing the intimate link to her daughter spread across the NOTW as "traumatic", adding, "It made me feel worthless".

Lord Leveson asked the inquiry's counsel to investigate how the NOTW came to publish the diaries, believed to have been in the hands of the Portuguese police. Lord Leveson said the diary story carried a byline - "Exclusive - Daniel Sanderson" and said that should be the first line of inquiry.

Tabloid targets: The victims in court yesterday

Sheryl Gascoigne

The former wife of Paul Gascoigne said she had to crawl at home under window-level to avoid the unwanted attentions of photographers outside.

Press interest in her persisted long after her divorce from the former England star in 1998. Mrs Gascoigne said she accepted unwanted media attention "went with the territory". But the newspapers had impacted significantly on her life and she was portrayed wrongly as a "money- grabber". Mrs Gascoigne said she had been forced to put her house up for sale to find L200,000 to fund a libel action against the Sunday Mirror in 2009. The case was settled before the sale went through.

Tom Rowland

A mobile phone registered to the News of the World made dozens of calls to the voicemail of business journalist Tom Rowland. The "hub" handset left a five-page log of calls which Mr Rowland said showed he was repeatedly targeted, possibly to obtain details about property deals and yacht sales involving monied public figures and to steal high-profile contacts.

Mark Lewis

The lawyer said he believed phone hacking scandal is "much more widespread" in newspapers. Mr Lewis said journalists had found the task of illegally accessing the voicemails of public figures "too easy to do" and that it was not thought of as being "any worse than driving at 35mph in a 30mph zone".

The solicitor, whose clients include the parents of Milly Dowler, said the NOTW had been caught because its private investigator, Glenn Mulcaire, kept detailed records.

Kate McCann On the publication of her diaries by the News of the World in 2008:

"I felt totally violated. I had written these words at the most desperate time of my life...There was absolutely no respect shown for me as a grieving mother or a human being or to my daughter"

Gerry McCann On the reaction of NOTW editor Colin Myler when the couple gave an interview to Hello!:

"He was berating us for not doing an interview with the News of the World and told us how supportive the newspaper had been. He basically beat us into submission, verbally, and we agreed to do an interview."

Gerry McCann On the practice of British newspapers repeating information published in the Portuguese press:

"They didn't know the source, they didn't know whether it was accurate, it was exaggerated and often downright untruthful and often, I believe, on occasions, made up."

2011年11月28日月曜日

対イラン包括制裁

対イラン包括制裁が発表された。
 オバマ米政権は、核開発を続けるイランへの圧力強化策の一環として、
イラン中央銀行が「マネーロンダリング(資金洗浄)に関与している」と
指定した上で、同中央銀行と取引のある第三国の銀行に対し、取引見直し
の圧力をかける方針を決めた。

制裁
・米国、英国、カナダが協調
・イラン中央銀行を含む同国の全金融機関を制裁対象
・石油・石油化学等イランの主要産業にも制裁
・仏、独もIAEAの報告による制裁を承認

イランから原油を購入している日本は影響する可能性がある。

イスラエルとイランによる軍事衝突の可能性は以前から続く。
原爆を持つイスラエルが、中東では優位だったが、イランが原爆を開発
していると報道されてから、イスラエルは軍事行動の可能性が強くなった。
イスラエルは、シリアの核施設を空爆したこともあり、最近の国防相は
"Time has come"と言い始めている。
ユダヤ系とつながりが強い政府は、イスラエルと歩調を合わせ始めた。
サウジ王子暗殺未遂やIAEA、資金洗浄等の理由で包括的制裁が始まる。

ヒラリー 「イランを完全に消滅させる」
核弾頭数
米国 イラン制裁へ
米陸軍 心理作戦疑惑
対イラン向MD配備合意
The plot name Chevrolet


---イランに包括制裁=中銀含む全金融、石油化学対象―米英加---
2011年11月22日8時6分
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201111220012.html

 【ワシントン時事】米国のクリントン国務長官とガイトナー財務長官は21日、英国、カナダと協調したイランに対する包括制裁措置を発表した。イラン中央銀行を含む同国の全金融機関を制裁対象とするほか、石油・石油化学などイランの主要産業にも制裁を加え圧力を強める。
 イランの全金融機関と石油化学分野を制裁対象とするのは初めて。イラン核開発への懸念が高まっていることを受けた措置で、イラン経済に大きな影響を及ぼしそうだ。 


---イラン中央銀に「間接的制裁」…米紙報道---
2011年11月21日20時41分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111121-OYT1T01109.htm

 【ワシントン=山口香子】オバマ米政権は、核開発を続けるイランへの圧力強化策の一環として、イラン中央銀行が「マネーロンダリング(資金洗浄)に関与している」と指定した上で、同中央銀行と取引のある第三国の銀行に対し、取引見直しの圧力をかける方針を決めた。
 紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が20日、報じた。
 イランの原油取引の決済は、大部分が同中央銀行を経由して行われており、イラン経済に大きな打撃を与えるとともに、日本の原油輸入にも影響する可能性がある。
 マネーロンダリングへの関与指定は、過去に対北朝鮮制裁の一環などで使用された。直接的な制裁ではないものの、米国との関係悪化を恐れ、同中央銀行との取引を控える企業が出る可能性がある。


---Israel: Time has come to deal with Iran---
Mon Nov 21, 2011 8:39AM GMT
http://presstv.com/detail/211244.html

Israeli Defense Minister Ehud Barak refuses to rule out speculations about a military strike on Iran's nuclear sites, again insisting that the "time has come" to deal with Iran.


“I don't think that that is a subject for public discussion. But I can tell you that the (International Atomic Energy Agency) IAEA report has a sobering impact on many in the world, leaders as well as the publics, and people understand that the time has come,” Barak claimed in an interview with CNN on Sunday without being questioned about Tel Aviv's reported possession of nuclear warheads.

On November 8, IAEA Director General Yukiya Amano circulated his latest report on Iran's nuclear program among the 35 members of the IAEA Board of Governors, claiming that Iran was engaged in activities aimed at developing nuclear weapons before 2003 and added that these activities “may still be ongoing.”

Iran has firmly rejected Amano's latest report on its nuclear program as "unbalanced, unprofessional and prepared with political motivation and under political pressure by mostly the United States."

“People understand now that Iran is determined to reach nuclear weapons. No other possible or conceivable explanation for what they have been actually doing," Barak claimed.

The Israeli minister stated, "And that should be stopped."

The US, Israel and their allies accuse Iran of pursuing a military nuclear program and have used this allegation as a pretext to convince the UN Security Council to impose a fourth round of sanctions on Iran.

Tehran has categorically refuted Western allegations, saying that as a signatory to the Nuclear Non-Proliferation Treaty and a member of the IAEA, it has the right to acquire and develop atomic technology for peaceful purposes.

Barak's remarks came after Iranian Defense Minister Brigadier General Ahmad Vahidi described anti-Iran threats by the US and the Israeli regime as futile attempts to wage a psychological warfare against the Islamic Republic.

The US and Israeli threats stem from their weakness and incapability and they sound more like psychological operations, Vahidi said on Sunday.

Iranian officials have vowed to deliver a crushing response to any military strike against the country, warning that any such measure could result in a war that would certainly reach far beyond the Middle East.


---イランがIAEA決議に反発…関係見直しも---
2011年11月20日07時00分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111119-OYT1T00794.htm

 【テヘラン=五十嵐弘一】イランは国際原子力機関(IAEA)が18日に採択した決議に強く反発し、核開発も継続する方針だ。
 国際社会での孤立が深まる中、IAEAとの関係見直しを求める声も出ている。
 サレヒ外相は、決議採択の前提となったIAEA報告書を、「(イランの核兵器について)確たる証拠は示されていない」などと批判している。
 イラン側は、テヘラン近郊の軍事施設に建設した建物が、核兵器用の高性能起爆装置の実験施設と指摘されたことについて、「建物はトイレ」などと反論。報告書が示した「証拠文書」は電子ファイルであり、「偽造された物」と断じた。
 イランは天野之弥事務局長への不信も募らせており、アフマディネジャド大統領は天野事務局長を「米国の主張を繰り返しているだけ」などと批判している。


---駐米サウジ大使暗殺未遂で国連決議 米、イランに圧力---
2011年11月19日10時23分
http://www.asahi.com/international/update/1119/TKY201111190122.html

 イラン系米国人が駐米サウジアラビア大使の暗殺を企てたとされる事件をめぐり、国連総会は18日、遺憾の意を表明し、イランに捜査への協力を求める決議案を賛成106、反対9、棄権40で採択した。イラン政府の関与を断定するオバマ米政権は、決議採択を追い風にイランへの圧力を強めると見られる。
 決議案はサウジアラビアが提出。イランが事件に関与したかについての言及はないが、「外交使節に対する暴力行為を強く非難する」としたうえで、イランに「国際法の下でのすべての義務を順守する」ように要求し、関与を示唆する書き方になっている。
 採択を前にイランのカザイ国連大使は「(暗殺)計画にはいかなるイラン当局者も絶対に関与していない」と強調。採決では北朝鮮やベネズエラ、キューバなどが反対し、棄権にまわった中ロも「具体的な証拠をもとに議論すべきだ」などとイランを擁護した。


---IAEA報告:米、圧力強化へ本腰 イラン核開発「根拠」---
毎日新聞 2011年11月9日 21時59分(最終更新 11月9日 22時48分)
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20111110k0000m030123000c.html

 国際原子力機関(IAEA)は8日、イランの核兵器開発疑惑について初めて具体的な根拠を示した。これを受け、米国が国連安全保障理事会での対イラン追加制裁決議に向けた協議に本腰を入れるのは確実だ。しかし、中国やロシアは制裁強化になお消極的だ。また、国内の政治情勢が不安定なイランは、「外圧」に妥協できる状況になく、深まる疑惑をよそにイランを取り巻く状況は不透明さを増している。【ワシントン白戸圭一、エルサレム花岡洋二、バンコク鵜塚健】

◇イスラエル情勢に配慮…米国
 IAEA報告書公表を受け、米政府高官は8日、記者団に「報告書が提起した問題についてイラン政府が回答できないのならば、我々は追加的な圧力を求めるだろう」と述べ、イランに対する米国独自の追加制裁を追求する方針を明らかにした。さらに高官は、「(追加的な圧力には)他の国々と実施する措置も含まれる」とも述べ、安保理の追加制裁を求める考えも示唆した。
 米国が圧力強化を追求する背景には、イスラエルが対イラン軍事行動の可能性をちらつかせている問題がある。
 イスラエルは以前から、イラン攻撃の可能性を排除していないが、今回の報告書公表を前に空爆に踏み切る可能性を示唆する報道が過熱していた。ペレス大統領も地元テレビで「今こそ制裁強化か、武力行使か。(イランの核保有阻止の)約束を守る時だ」と述べ、国際社会に早急な対応を迫った。
 一方、報告書公表を受けイスラエルのネタニヤフ首相は8日、閣僚に発言を控えるよう指示した。政府の公式コメントも発表していない。報告書が核兵器開発疑惑の根拠を示したことは歓迎しているが、それに続く経済制裁や軍事行動の可能性をめぐる議論で突出したイメージを国際社会に持たれるのを避け、国際世論の動向を見極めるのが狙いだ。
 イスラエル政府は今後も、対イランの経済制裁強化を要求しつつ、単独または欧米と共同での軍事行動をも検討するとみられるが、オバマ米大統領は来年の大統領選を控え、中東情勢の緊張を高める軍事衝突には慎重だ。そのため、米政権はイスラエルに「イランとの軍事衝突は求めていない」(ヌーランド国務省報道官)とのメッセージを送りながら、イランへの外交圧力を強める姿勢を示す必要に迫られている。
 今後の焦点は、安保理での対イラン制裁協議だが、中国やロシアはなお制裁協議に後ろ向きな姿勢を崩していない。米国が思うとおり安保理で新たな制裁協議を進めるのは簡単ではなさそうだ。

◇「強硬」以外道なく…イラン
 【バンコク鵜塚健】核兵器開発疑惑を指摘したIAEA報告書についてイラン政府は、「全く根拠がない。政治的な動機に基づくものだ」と反発している。国際社会からの批判はイランにとって一定の圧力になるものの、イランの国内政治状況は不安定化しており、外交姿勢を転換する状況にない。イランにとって妥協は難しく、欧米との核開発交渉の進展は望めそうもない。
 「IAEAは米国の手先だ。彼(天野之弥事務局長)は米国から受け取った文書をそのまま垂れ流している」。アフマディネジャド大統領は報告書公表前の8日、皮肉を交えてIAEAを非難した。疑惑の根拠となる「情報」の多くが古いことなどから、イラン政府は報告書の信ぴょう性を正面から否定し、「平和利用の核開発」を従来通り主張し続ける構えだ。
 イラン国内では現在、アフマディネジャド大統領と最高指導者ハメネイ師との対立が激化している。イランにとって、核問題解決と欧米諸国との協調は積年の課題だが、政策転換を主張すれば「弱腰」と映り、互いの批判材料にもなる。そのため、本音とは裏腹に「核問題での政策変更を誰も主張できず、強硬姿勢を維持する選択肢しかない」(ジバカラム・テヘラン大教授)状況だ。
 従来の経済制裁がイラン経済に徐々に打撃を与え、米国が検討中のイラン中央銀行への追加制裁はさらに重大な影響をもたらすとの予測もある。しかし、「原油価格の高止まりが続く限り、決定的な困窮を招くことはなく、政策転換につながらない」(ジバカラム教授)。イラン政府の強硬姿勢は当分続きそうだ。

◆イラン核開発を巡る主な動き◆
02年8月 反体制派が核兵器開発疑惑を公表
04年11月 欧州連合との交渉で、ウラン濃縮活動の一時停止で合意
05年8月 アフマディネジャド大統領が就任。濃縮関連活動を再開
06年4月 低濃縮ウランの製造に成功と発表
  12月 国連安保理が経済制裁決議
07年3月 安保理追加制裁決議
08年3月 3度目の安保理制裁決議
09年9月 2カ所目のウラン濃縮施設が判明
  11月 新たに10カ所のウラン濃縮施設の建設を発表
10年2月 ウランの20%濃縮開始
  5月 イランがトルコへの低濃縮ウラン搬出に合意。米欧は受け入れず
11年9月 地下施設への遠心分離機の設置をIAEAが確認
  11月 IAEAが核兵器開発疑惑報告


---Iran Escalates Anti-U.S. Rhetoric Over Nuclear Report---
By ROBERT F. WORTH and RICK GLADSTONE
Published: November 9, 2011
http://www.nytimes.com/2011/11/10/world/middleeast/iran-seeks-to-frame-un-nuclear-report-as-american-bullying.html

WASHINGTON - Angered by the release of an incriminating United Nations report on their nuclear ambitions, Iran’s leaders sought on Wednesday to cast it as an American fabrication.

They denounced its chief author as a Washington stooge and vowed that their country would not be bullied into abandoning its nuclear program.

The tone of their reaction suggested that Iran’s leaders were worried that the report, released Tuesday by the International Atomic Energy Agency, could sway world opinion and deepen Iran’s isolation, complicating its repeated claims that the goal of the nuclear program is energy for civilian use, not weapons.

France, Britain and Germany quickly signaled that they would join the United States in seeking new ways to pressure Iran, although Russia said it was opposed to any new sanctions and China said it was noncommittal.

The report, buttressed by evidence not previously disclosed, concluded that Iran had been secretly engaged in behaviors that suggested that it was seeking to construct a nuclear weapon. The report also asserted that Iran might be researching ways to deliver a nuclear weapon by means of a missile warhead. It was the first time that the agency, an arm of the United Nations, had made such assertions.

President Mahmoud Ahmadinejad of Iran led the verbal assault on the report, saying it had been orchestrated by Iran’s enemies, principally the United States, which he said had dictated the report’s findings.

“Why do you exploit the I.A.E.A. dignity in favor of the U.S. administration?” Mr. Ahmadinejad asked rhetorically in a question directed at Yukiya Amano, the director general of the agency, who oversaw the production and content of the report.

“Some bullying powers are armed with atomic bombs and they claim Iran is seeking such bombs,” Mr. Ahmadinejad said, in remarks reported by Iranian news agencies. “The Iranian nation does not fear you if it wants to make a bomb, but it does not need a bomb.”

Ali Asghar Soltanieh, Iran’s chief delegate to the United Nations nuclear agency, was quoted by Iranian news agencies as saying that Mr. Amano had violated the agency’s charter by asserting false claims in the report and that he would “see consequences of his historical mistake.”

Foreign Minister Alain Juppe of France, an advocate of harsher sanctions against Iran but opposed to a military response, said France and its allies were prepared to impose “unprecedented sanctions” on Iran. Mr. Juppe also said that France wanted to convene the United Nations Security Council, which has already imposed four rounds of sanctions on Iran. “We cannot accept this situation, which is a threat,” he told RFI radio.

Britain’s foreign secretary, William Hague, told the House of Commons that “no option is off the table” concerning Iran penalties and that he would work on persuading Russia and China to view Iran more critically.

Catherine Ashton, the European Union’s foreign policy chief, said that the United Nations report’s findings “strongly indicate the existence of a full-fledged nuclear weapons development program in Iran.”

The European Union, like the United States, has already imposed sanctions on Iran that exceed those specified by the Security Council. They include travel bans and asset freezes on 35 people and 215 entities.

The German foreign minister, Guido Westerwelle, called the new report “alarming” and said more severe sanctions would be inevitable if Iran “continues to refuse to conduct serious negotiations on its nuclear program.” But he ruled out military action.

Whether the weight of evidence in the report could alter the calculus of Russia and China, who have been Iran’s chief defenders against European and American claims about Iran’s nuclear intentions, remained unclear, but Russia quickly signaled that it would not support new or stricter sanctions regardless of what the report suggested.

Before the release of the report, Iranian officials had said it was intended to bolster the case for a pre-emptive military strike on Iran by Israel, which considers Iran its most lethal enemy and has dropped hints of planning such an attack.

Reacting to the report on Wednesday, Prime Minister Benjahim Netanyahu of Israel said nothing about a military response. But in a statement, he said the report “corroborates the position of the international community, and of Israel, that Iran is developing nuclear weapons.”

The reaction among Iran’s Arab neighbors, historically suspicious of Iran’s motivations, clearly reflected worries about a possible military confrontation and economic upheaval. A columnist for the conservative Lebanese daily An-Nahar, Rajeh al-Khoury, wrote that it was not in President Obama’s interests “to slide into a new war that could set the Gulf and Middle East region on fire and push the price of oil to astronomical levels.”

Others expressed skepticism that the report provided enough justification to attack Iran in order to thwart its nuclear ambitions. “There is insufficient evidence to decide whether to go to war,” said Ma’moun al-Husseini, a columnist for Al-Khaleej, a United Arab Emirates newspaper.

Walid Choucair, a columnist for the newspaper Al-Hayat of Saudi Arabia, which has no love for Iran, said the report could even help Iran by validating widespread suspicions that Israel was looking for an excuse to attack. He wrote that such a threat strengthened “the argument by the Iranian regime and its allies in the region that they constitute the formidable ‘resistance’ to the ‘Zionist entity.’ ”

2011年11月27日日曜日

隠蔽体質の経産省と外局

経産省や外局は隠蔽体質のようだ。

在露大使館に「使用済み核燃料の受け入れを提案する露外交文書」が、
届いた文書は内閣府の原子力委員会に渡り、その後エネ庁へ。
エネ庁では一部幹部への配布にとどまり経産省事務次官に渡らなかった

資源エネ庁が試算した原発コストは約5.3円だったが、今回の試算では
物価上昇による建設費の増加などもあり約6.5円。

北電やらせ問題で、エネ庁が北海道の有識者検討会議の議論のペースを
速めるよう求めたとされる。

エネ庁がメディアの原発報道を監視。
原発の推進に反する記事が収集され、「低俗な社説」「勝手な反対派を
勇気づけるだけ」などと中傷。
報告された275件の8八割は、主に原発立地の地方紙
 愛媛新聞 28件、新潟日報が25件、佐賀新聞が21件
ブログやツイッター等ネット情報を対象

経産省の審議官のインサイダー取引

原発開発製造会社から転進した多くの御用学者には、日本科学技術振興
財団も含まれるようだ。

TPPで米国と裏取引。

原発事故とTPPの情報不開示。
不審ばかりで、今の政府や官僚の言うことを誰も信じる人はいない。
欲望で真実を隠せば、そのうち、経産省解体説が出てくるだろう。

近年、日本人のハーバード大学入学生が少ないと報道を見たが、教育と
は、洗脳とのことだから、国内の大学も含めて、自ら落ちぶれ始めた
米国に未だに傾倒する力が強いと言うことか。
そもそも米国を中心としたグローバル経済はありえないだろう。

Trans-Pacific Partnership by USA
福一原発 融解核物質核分裂
マスメディア 広告料を支払う経済界は開国派


---核燃:露文書隠蔽 次官にも報告せず 委員からは怒りの声---
毎日新聞 2011年11月24日 2時30分(最終更新 11月24日 10時57分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111124k0000m040129000c.html

 誰の手で握りつぶされたのか。使用済み核燃料の受け入れを提案する02年のロシアの外交文書。「経済産業省トップ(事務次官)にも報告していない」と証言する資源エネルギー庁関係者もおり、隠蔽(いんぺい)の徹底ぶりが浮かぶ。当時、国の審議会では六ケ所村再処理工場(青森県)稼働の是非が論議されていた。「判断するために貴重な情報。事実ならとんでもない」。委員から怒りの声が上がった。【核燃サイクル取材班】
 「エネ庁には04年初めにファクスが届いた」。関係者が明かす。在ロシア大使館に届いた文書は内閣府の原子力委員会に渡り、その後エネ庁へ。エネ庁では一部幹部への配布にとどまり経産省事務次官に渡らなかったとされる。「六ケ所の邪魔になる。どうせ握りつぶすんだから上に上げる必要はない」。関係者は独自の理論を展開した。エネ庁原子力政策課で課長を務めていた安井正也・経産省審議官(原子力安全規制改革担当)は取材に、文書が存在するかどうか直接答えず「記憶にない」と繰り返した。
 「シベリアに国際管理して埋めるというのはどうか」。03年6月の参院外交防衛委員会で舛添要一参院議員(当時自民)が質問した。原子力委員会の藤家洋一元委員長は「自らの責任において処理すべきだ」と海外処理を否定する答弁をした。藤家氏は取材に対し「『ロシア』という話はこの時に初めて聞いた」と説明、01~04年の在任中、ロシア側から文書による提案は「ない」と語った。原子力委員会には事務局役の職員(官僚)が約20人いる。経産省同様、一部の「官」が握りつぶしたのか。文書の宛先の尾身幸次・元科学技術政策担当相も「(文書は)ない」と完全に否定しており、謎は深まる。
◇  ◇
 「隠蔽が事実だとしたらとんでもない」。経産相の諮問機関「総合資源エネルギー調査会・電気事業分科会」で委員を務めた大阪大の八田達夫・招聘(しょうへい)教授(公共経済学)は憤る。
 六ケ所村再処理工場は当時放射性物質を流しておらず、解体すれば費用は3100億円で済んだ。しかし、使用済み核燃料を処理するアクティブ試験(06年3月)などを経て本格操業した後廃止すれば1兆5500億円かかる。八田氏は04年3月、分科会で「大変な解体コストがかかる。(再処理せず直接地中に捨てる)直接処分という選択肢も考慮すべきだ」と主張。八田氏は「工場を放射性物質で汚すか汚さないかを判断する上でロシアの提案は非常に貴重な情報だった」と語った。

■六ケ所村再処理工場を巡る動き■
80年3月 電力各社が「日本原燃サービス」(現日本原燃)を設立
84年7月 電気事業連合会が青森県と六ケ所村に再処理工場など核燃サイクル3施設の立地申し入れ
85年4月 青森県と六ケ所村が「受け入れる」と回答
89年3月 日本原燃が事業申請。建設費7600億円、97年完成と計画
93年4月 着工
96年4月 建設費1兆8800億円に変更。完成を03年に延期
99年4月 建設費を2兆1400億円に変更。完成を05年に延期
  12月 使用済み核燃料貯蔵施設が操業開始
01年12月 使用済み核燃料貯蔵施設のプールから漏水するトラブル判明
02年10月 ロシアから再処理などを提案する外交文書が届く
04年1月 経産相の諮問機関「総合資源エネルギー調査会」が再処理費用などのコストを約19兆円と公表
   6月 原子力委員会の新計画策定会議が再処理継続などの議論開始
  11月 新計画策定会議が再処理継続の方針を決定
  12月 再処理工場で劣化ウランを用いる「ウラン試験」開始
05年3月 建設費を2兆1900億円に変更。完成を07年5月に延期
06年2月 建設費を2兆1930億円に変更。完成を07年8月に延期
   3月 実際に使用済み核燃料を通す「アクティブ試験」を開始
08年12月 高レベル廃液をガラスで固める工程でトラブル。試験中断
10年9月 完成を12年10月に延期
11年3月 東日本大震災で一時外部電源喪失


---核燃:ロシアの再処理提案文書を隠蔽 「六ケ所」の妨げと---
毎日新聞 2011年11月24日 2時30分(最終更新 11月24日 10時57分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111124k0000m040128000c.html

 ロシアが02年、日本の原発の使用済み核燃料をロシアで一時的に貯蔵(中間貯蔵)したり、燃料として再利用するため処理(再処理)するプロジェクトを提案する外交文書を送っていたことが関係者の話で分かった。内閣府の原子力委員会や経済産業省資源エネルギー庁の一部幹部に渡ったが、六ケ所村再処理工場(青森県)稼働の妨げになるとして、核燃サイクル政策の是非を審議していた国の審議会の委員にさえ伝えなかった。当時、漏水事故の続発で再処理工場の安全性を疑問視する声が高まっており、不利な情報を握りつぶして政策を推し進める隠蔽(いんぺい)体質が浮かんだ。

◇02年、国の審議会にも伝えず
 東京電力福島第1原発事故を受けて設置した政府のエネルギー・環境会議は核燃サイクルを含むエネルギー政策を抜本的に見直す方針。情報隠しが判明したことで、政策決定の妥当性に厳しい検証が求められそうだ。
 文書は02年10月25日付でA4判2ページ。尾身幸次・元科学技術政策担当相宛てで、ロシア語で書かれており、ルミャンツェフ原子力相(当時)の署名がある。受領した在ロシア日本大使館が日本語訳を付け、内閣府原子力政策担当室(原子力委員会の事務局役)幹部らに渡した。大使館はさらに04年初めまでにエネ庁の一部幹部にもファクスで送ったという。
 尾身氏は担当相を務めていた02年9月、モスクワなどでルミャンツェフ氏と会談。文書は「会談は原子力部門における露日の共同活動の最も有望な方向性を明確に示すことを可能にした」とし、「一時的技術的保管(中間貯蔵)および(再)処理のために日本の使用済み燃料をロシア領内に搬入すること」を提案する内容だった。
 03~04年、経産相の諮問機関「総合資源エネルギー調査会・電気事業分科会」や原子力委の「新計画策定会議」が、使用済み核燃料をすべて国内で再処理する「全量再処理路線」継続の是非を審議していた。約19兆円とされる高コストやトラブルの続発を受け、六ケ所村再処理工場に初めて放射性物質を流す「ウラン試験」開始に異論を唱える委員もいたが、ロシアからの提案は知らされなかった。結局、再処理継続が決まり、04年12月にウラン試験が行われた。
 経産省やエネ庁の関係者によると、エネ庁幹部は当時、周辺に「極秘だが使用済み核燃料をロシアに持って行く手がある。しかしそれでは六ケ所が動かなくなる」と語っていた。海外搬出の選択肢が浮上すると、全量再処理路線の維持に疑問が高まる可能性があるため、隠蔽を図ったという。ある関係者は「ロシアの提案は正式に検討せず放置した」、別の関係者も「原子力委とエネ庁の技術系幹部という一部の『原子力ムラ』で握りつぶした」と証言した。
 原子力委は委員長と4委員の計5人。他に文部科学省や経産省からの出向者らが事務局役を務め、重要な原子力政策を決定する。【核燃サイクル取材班】


---原発の発電コスト、従来の4割高 政府データ使い試算---
2011年11月23日3時3分
http://www.asahi.com/politics/update/1122/TKY201111220721.html

 政府の「エネルギー・環境会議」のコスト等検証委員会の公開データで原発の発電コストを試算したところ、発電量1キロワット時当たり約7.7円となり、2004年の政府試算より約4割高となった。検証委は12月中に火力など他の発電コストの試算も終え、来年夏をめどに政府のエネルギー基本方針を見直す。
 朝日新聞は検証委の委員を含む複数の専門家に試算を依頼した。試算に使ったデータは検証委が公開した原発建設費や人件費、燃料費など。経済産業省資源エネルギー庁が04年に行った試算の条件とほぼそろえ、原発出力は120万キロワット、稼働率が80%、稼働年数は40年などと想定。原発から出る使用済み核燃料は中間貯蔵後に再処理するとした。
 計算方法は国際エネルギー機関(IEA)でも一般的に採用されている方法を使い、資本費と運転維持費、燃料費の合計を発電電力量で割ってコストを計算。資源エネ庁が04年に試算した原発コストは約5.3円だったが、今回の試算では物価上昇による建設費の増加などもあり約6.5円になった。


---北海道電力:「やらせ」問題 エネ庁関与なら追加調査 経産相が検討---
毎日新聞 2011年11月23日 北海道朝刊
http://mainichi.jp/hokkaido/seikei/news/20111123ddr041040007000c.html

 北海道電力のやらせ問題を巡り、経済産業省資源エネルギー庁が北海道の有識者検討会議の議論のペースを速めるよう求めたとされることについて、枝野幸男経産相は22日の閣議後会見で「事実ならば由々しき事態」と述べ、「道の第三者検証委員会の結論を受けた上で対応を詰めていきたい」と追加調査を検討していく考えを示した。
 道の出張復命書によると、08年7月3日に行われた道とエネ庁の会合で、プルサーマル計画の安全性を審議していた道の有識者検討会議について、エネ庁側が「検討の速度が鈍っているものと憂慮」と述べたとされる。道の第三者検証委は23日に報告書を公表する。


---【TPPの真実】---
2011年11月21日 掲載
http://gendai.net/articles/view/syakai/133810

TPPの黒幕 経産省女性官僚がやったコト
国を売るのか!
<慎重派が呼んで吊るし上げ>
 マイクを握り、身ぶり手ぶりで説明する女性官僚。彼女こそ、いま、TPPの黒幕と呼ばれる宗像直子・経済産業省通商機構部長(グローバル経済室室長)である。
 なぜ、彼女が黒幕と呼ばれるのか。
 日米で言った言わないでモメている野田首相発言、「日本は全ての物品サービスを(TPPの)貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」というセリフ。これは経済産業省が事前に用意したペーパーに書かれていて、これを作成したのが宗像なのである。
 問題のペーパーはAPECのためにハワイに先乗りした枝野経産相にカーク米通商代表との会談用として渡された。たまたま枝野に密着していたテレビが映したことで、存在がバレた。その後、枝野はカーク通商代表との会談に臨み、あとからハワイ入りした野田首相はオバマ大統領と会談、交渉参加に向けた協議に入ることを表明した。枝野も野田もペーパーに書かれているような発言をしていないと言うが、米国は、野田がこのペーパーに沿ったセリフを表明したと発表。で、宗像は与野党のTPP慎重派から吊るし上げを食らっているのである。
「18日に開かれた民主党の慎重派の勉強会にも呼ばれて、経緯を聞かれていました。宗像氏は首相の会見前に用意した発言要旨だったとし、首相の会見のあと、その趣旨を反映させたものに差し替えなかったため、ペーパーが残ってしまったと言い訳しました。でも、外形的にはTPP参加の旗振り役である経済産業省が極めて前のめりの参加表明文書を作り、それが米国に伝わって、日本の見解として発表されてしまったとしか見えない。それに対して、日本は訂正すらも求めていないのだから、おかしな話です。本当に差し替える気があったのか。経産省が交渉で、そう言わせようとしたのではないか。枝野氏はその通りの発言をしているのではないか。疑惑は尽きないし、“違う”と言うなら、枝野大臣とカーク通商代表との議事録を公表するか、『米側の発表は誤り』と日本から声明を出すべきです。宗像氏本人か、上司か、大臣か。誰かが責任を取らなければ、慎重派も収まらないと思います」(ジャーナリスト・横田一氏)
 今回はたまたまTVが映像を撮っていたからよかったものの、それがなければ、交渉の裏で役人が勝手に何をやっているかわかったもんじゃない。そう思うと、ホント、日本の官僚は恐ろしい。
 宗像氏は東大法卒、ハーバードでMBAを取得した後、1984年通産省に入省した。通商経済政策局経済協力課、総務課課長補佐などを経て、ブルッキングス研究所やジョージワシントン大で研究をした。新自由主義に染まった役人の身勝手な暴走は許されない。


---反原発の記事 中傷 エネ庁への報告 詳細判明---
2011年11月20日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011112002000019.html

 経済産業省資源エネルギー庁(エネ庁)がメディアの原発報道を監視してきた問題で、チェックされた報道の詳細が、本紙が情報公開請求で入手した同庁資料で分かった。エネ庁は事業の趣旨を「不正確な報道の是正」と説明してきたが、事実関係が正しいかどうかにかかわらず原発の推進に反する記事が収集され、「低俗な社説」「勝手な反対派を勇気づけるだけ」などと中傷されていた。 
 資料によると、二〇〇八~一〇年度までの三年間で新聞や週刊誌の記事計二百七十五件が「不正確」として報告された。事業は外部委託で行われ、各年度とも異なる財団法人が受注しており、いずれも電力関係者らが役員を務めている。
 報告記事は、原発に関する日々のニュースを伝える一般記事のほか、社説、読者投稿、広告まで及び、漫画も含まれていた。
 地球温暖化対策として原発推進に言及した環境相に苦言を呈した二〇〇九年九月三十日の南日本新聞の社説に対しては「このような幼稚な社説を掲載する論説委員の質が問われる」と指摘。原発反対を訴え徒歩で旅をする男性を取り上げた同年四月十四日の佐賀新聞の記事には「目立ちたがりの行動をなぜ写真入り、三段抜きで報道するのか。勝手な反対派を勇気づけるだけで、社会の大多数のための政策の推進を阻害する」と報告した。
 同年一月六日の朝日新聞に掲載された電機メーカーの広告は、太陽光発電への取り組みをPRする内容で原発に触れていないにもかかわらず「原子力の数倍の発電量を生み出せるような誤解を招く」と指摘していた。
 報告された二百七十五件の八割は、主に原発が立地する自治体をエリアとする地方紙の記事で、最多は県内に伊方原発がある愛媛新聞の二十八件。以下、柏崎刈羽原発を抱える新潟日報が二十五件、玄海原発がある佐賀新聞が二十一件と続いた。
 新聞や週刊誌を対象とした同事業は昨年度で終了しているが、本年度はブログやツイッターなどのインターネット情報に対象を変更して継続。外部委託費の総額は四年で一億三千万円に上る。エネ庁によると、これまでメディアに訂正を求めたことは一度もない。

◆あくまで検討資料
 資源エネルギー庁原子力発電立地対策・広報室の話 正確な情報の発信が必要かどうかの観点から情報を分析しており、「原発推進に反する記事の収集」との指摘は当たらない。委託先の判断により不正確と思われる情報を当庁に提供してきたものであり、あくまで当庁として正確な情報の発信を検討するための途中段階の資料だ。

◆全てエネ庁に報告
 09年度の事業を受注した日本科学技術振興財団の話 「不正確情報」は外部の原子力の専門家三~四人に作成してもらい、職員が内容を確認した上で、全てをエネ庁に報告した。できるだけ多くの判断材料を提供した方が良いと考えたからだ。何ら間違ったことはしていない。


---エネ庁前次長側 インサイダー全面否定--
2011年11月19日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011111902000179.html

 経済産業省の審議官だった資源エネルギー庁前次長(52)=官房付=による半導体大手「エルピーダメモリ」株のインサイダー取引疑惑で、前次長の弁護士が東京新聞に文書を寄せ、「報道で公になった事実を受けて、妻が判断して株を取引しており、インサイダー取引にはあたらない」と疑惑を全面否定した。
 前次長は、エ社への公的資金注入や台湾企業との業務提携などに審議官として関与した二〇〇九年二~三月、未公表の情報を元に妻名義の証券口座で約一万株を購入し、数百万円の売却益を得た疑いが持たれている。証券取引等監視委員会は六月、金融商品取引法違反の疑いで強制調査し、東京地検特捜部が捜査を進めている。
 文書では、前次長がエ社と台湾企業の提携交渉にかかわり、〇九年二~三月に経産省を訪れたエ社社長に二、三回対応したことを認めた上で、「提携交渉の直接の担当ではなく、局長が面会できない場合、局長の指示で代理で対応したことがある」と主張している。
 また株取引の一週間前には、エ社社長が台湾企業の提携交渉の方針を表明し、複数の報道機関が報じたことも指摘。半導体大手「NECエレクトロニクス」(現ルネサスエレクトロニクス)株でもインサイダー取引が疑われているが、「いずれも報道で公になった事実に基づく取引」と疑惑を否定している。


---How Trade Agreements Can Reform Japan---
By Naoko Munakata | Wednesday, July 10, 2002
http://www.theglobalist.com/StoryId.aspx?StoryId=2560

When it comes to trade, Japan is mainly known for the prowess of its export industries. But the country has begun to join the worldwide movement. That is the move toward free trade agreements (FTAs) Under these arrangements, individual countries agree to eliminate all barriers to their bilateral trade. What is special about the case of Japan, as Globalist contributor Naoko Munakata highlights, is that those free trade agreements may well be the way to reforming Japan itself.

Key Findings
1. Japan has been a latecomer to the process of signing Free Trade Agreements (FTA’s) with other countries. But it recently completed negotiations on an FTA with Singapore.

2. Japan’s next FTAs will be negotiated with Mexico and South Korea. This reflects a firm strategy by Japan’s policymakers to introduce, gradually, the discipline of free trade - especially in the agricultural sector.

3. By gradually adopting FTAs, Japanese leaders hope to break the policy deadlock inside the country - by demonstrating that special interests (such as the agricultural sector) can face competition and reform.

Unblocking the road to reform

Japan is the world’s second-largest economy and aspires to be Asia’s leader in economic and political affairs. But the country faces significant roadblocks - economic, political and historical - on its way to that goal.

The historical roadblocks, of course, are rooted in Japan’s relationship with the countries of Asia before and during the Second World War. As the primary regional power, Japan did not always treat its neighbors gently. The resentments linger on today.

The economic and political roadblocks are intertwined. They arise from Japan’s political system and the power it grants to certain interests - such as farmers.

Creating traction for reforms

Those interests have long been able to block needed economic reforms. Attempts at frontal assault, flanking maneuvers and even cooption from abroad have not succeeded in making the Japanese agricultural sector - or retailing, or other services - more rational.

Given all that, it is hard to imagine how to make reform gain traction in Japan. But Japan’s leaders seem to have come up with a new method: trade policy.

By carefully crafting a set of free trade agreements, Japan’s policymakers are slowly forcing the economic powers-that-be at home to face reality - and loosen their stranglehold on economic policymaking.

The tool of choice

The tool of choice is the Free Trade Agreement (FTA). Under these arrangements, individual countries agree to eliminate all barriers to their bilateral trade.

FTA’s have become quite popular in Europe and in the Americas. The essential idea guiding these arrangements is for two countries that have already built up political trust to simply lower all trade barriers to each other.

Japan’s rivals forge ahead

The United States, for example, started with Canada - and then the two countries brought in Mexico to create NAFTA. And the United States went further down this road, signing an agreement with Jordan and negotiating FTAs seriously with Chile and other Latin American countries.

Meanwhile, the EU - which is already a huge free-trade zone - has been expanding such agreements with a variety of countries in North Africa, Eastern Europe and even Latin America.

While all that happened, Japan basically sat on the sidelines. But recently there are now signs of movement. And those signs are most interesting.

The first FTA

In January 2002, Japan signed its first FTA with another nation. That nation was Singapore. Beside Singapore, Japan’s other candidates for similar agreements are Mexico and Korea. The choice, it turns out, is quite shrewd. Each country’s agreement can contribute to helping Japan to overcome its institutional roadblocks.

The FTA with Singapore - the “Japan-Singapore Economic Partnership Agreement” - represents Phase One. What’s important about Singapore? First, it has a policy of maintaining an internationally competitive business environment. Second, its exports do not include many items that are sensitive to Japanese domestic interests. No surprises so far.

Opening pinholes

What’s surprising about this agreement is that it includes some agricultural items. Believe it or not, although Singapore admittedly is not known for its agricultural prowess, this still required some difficult negotiations back home in Japan.

Why? In essence, the Singapore deal created a “pinhole” for Japan’s policymakers in the barriers surrounding Japan’s agricultural “sanctuary.” Traditionally, the Japanese farm lobby would never have allowed any concessions on agriculture, no matter how small.

The goal was clear: The Japanese negotiators wanted to establish a principle that entire sectors of the economy can no longer be placed off limits by domestic interests fundamentally opposed to free trade agreements.

Common exclusion

The net effect resulting from including the agricultural sector is that from now on, rice farmers and cattle ranchers will have to fight their battles based on the particular issues of their industries - rather than appealing to a common exclusion for all farm products.

Another feature of the Singapore agreement is that it is very broad in scope. It does not just cut tariffs on agricultural and manufactured goods, as a narrowly constructed FTA might do. Instead, it also covers such important areas as liberalization of services, investment, the movement of people, e-commerce and other issues.

Heading for solutions - not a law code

Just as important, the Japanese negotiators working on the agreement with Singapore took an unusual tack. They viewed the entire agreement as a set of hands-on solutions for real problems - rather than simply as a legal template. To achieve that goal, they actively sought business inputs in the process.

All of this is very different from the traditional Japanese thinking about trade. This creative experience opened up new ways of thinking about trade and economic policy in Japan.

True, many critics around the world believe that the Japan-Singapore Free Trade Agreement was a special case. These critics assume that Japan cannot go beyond the minor provisions in the agreement with Singapore because of the agricultural sector’s political power.

After Singapore, cross the Pacific

If that were true, however, one has to wonder why Tokyo’s next negotiating step nevertheless turns out to be attempting to obtain a trade agreement with Mexico. In essence, this turns out to be Phase Two - widening the “pinhole” in the face of real political resistance.

Why is Mexico so important? For starters, it is one of the most active promoters of free trade agreements in the world. It is a member of the North American Free Trade Association (NAFTA) and has an FTA with the European Union - as well as with a number of other countries. As a result, the lion’s share of Mexico’s trade is now governed by the preferential rules of FTAs.

Incentives to support the FTA

Countries that do not have an FTA with Mexico, however, face a stiff 16.5% average tariff on imports to that country. In other words, if you don’t have an FTA with Mexico, you are at a severe disadvantage. That is a real problem for Japan’s exporters - and creates significant momentum in Japan for achieving an FTA with Mexico.

The real importance of choosing Mexico, however, lies elsewhere: About 20% of Japan’s imports from Mexico are agricultural. The World Trade Organization stipulates that FTAs have to cover “substantially all the trade” - which is widely interpreted as more than 90% of trade volume.

Therefore, in reaching a free trade agreement with Mexico, Japan cannot exclude agriculture. It has to face the very real challenge of eliminating tariffs on some agricultural items - which, in turn, could have a significant effect on market share in Japan.

Incentives for an agreement

Can the Japanese government succeed in negotiating such an agreement? The steep tariff imposed by Mexico in the absence of a free trade agreement makes it possible to explain to the Japanese public the benefits of the FTA.

Even on the agricultural side, things are a bit easier than might be expected. Mexican produce - because of geography - tends to be complementary to - rather than competitive with - Japanese produce. Some of Japan’s tariffs on Mexican goods are less than 5% - and so would be easy to eliminate.

Putting Japan’s political process on the line

There seems, therefore, to be a substantial chance that Japan’s government can negotiate a politically acceptable FTA with Mexico.

Ultimately, of course, success depends on whether the Japanese political process can overcome resistance in the agricultural sector in order to advance broader public interests.

Thus, Mexico’s unique trade position gives Japan a potential test of its political capacity for structural reform.

Third in line - but the ulimate priority

Intriguingly, the third country Tokyo chose for an FTA partner is South Korea. Actually, that country has always been the first priority. It is the most natural choice given that it is located so close to Japan - and that both countries are U.S. allies and OECD members. Korea’s experience with deep economic reforms after the 1997 financial crisis also offers Japan a lot to learn from.

Set against these compelling reasons for agreement, there is one major roadblock - as in dealing with many other Asian countries - a deeply-rooted historical antagonism. This is particularly the case with Korea, because that country was a Japanese colony in the first part of the 20th century.

Heading for solutions - not a law code

Now, it appears as if some of that historical baggage is finally going away. South Korea has become a democratic society - and its government does not need to base its legitimacy on an anti-Japanese policy stance any more.

Particularly among the younger people in both countries, sentiments are much more favorable than previously. Thus, Korea is well positioned to urge Japan to face the problems of its past - and, in the process, to become more trusted and accepted in the region.

Thus, the significance of forging a trade agreement with Korea is not limited to economic benefits. It has broader social, political - and especially historical - implications.

A process for reform

At the present time, it is certainly far from certain that Japan will succeed in signing FTAs with Mexico and South Korea.

But it is fair to say that Japanese officials have designed the process carefully in a step-by-step fashion.

Political momentum

No particular challenge is too overwhelming - or politically sensitive. Instead, each potential agreement, if concluded, presents Japan with major rewards that can help overcome the inevitable domestic resistance.

In conclusion, while FTAs are not a comprehensive solution to all of Japan’s economic problems, one can hope that the successful experience with these agreements would change the expectations of the Japanese.

That would create political momentum - opening up opportunities for the more difficult reforms down the road and an ever-higher degree of openness.


---宗像 直子---
http://www.rieti.go.jp/users/munakata-naoko/index.html

宗像 直子
MUNAKATA Naoko

コンサルティングフェロー
大臣官房参事官(通商政策局担当)

研究分野 主な関心領域
地域経済統合、アジア経済、国際貿易システム
学歴
1984年 東大法学部卒業
1990年 ハーバード・ビジネス・スクール MBA取得
職歴
1984年 通商産業省入省(大臣官房企画室)
1985年 資源エネルギー庁原子力産業課
1987年 通商政策局経済協力課
1990年 機械情報産業局電子政策課 課長補佐
1992年 通商政策局南東アジア大洋州課 総括班長
1994年 大臣官房企画室 課長補佐
1995年 通商政策局総務課 課長補佐
1996年 中小企業庁指導課 総括班長
1997年 生活産業局総務課 総括班長・法令審査委員
1998年 通商政策局総務課 総括班長・法令審査委員
1999年 大臣官房政策審議室 政策企画官
2001年 経済産業研究所上席研究員 / ブルッキングス研究所北東アジア政策研究センター客員フェロー 
2002年7月 ジョージワシントン大学シグールアジア研究センター客員スカラー
2004年6月 商務情報政策局情報政策課参事官
2004年12月 製造産業局繊維課長
2008年8月 経済産業省通商政策局通商機構部参事官(総括)
2010年5月 経済産業省大臣官房グローバル経済室長
主な著作物
出版物
「日本のFTA戦略」『日本の東アジア構想』(添谷芳秀・田所昌幸 編)第5章、慶應義塾大学出版会、2004

『日中関係の転機』東洋経済新報社、2001

Transforming East Asia: The Evolution of Regional Economic Integration, Brookings Institution Press and Research Institute of Economy, Trade and Industry (Japan), 2006

"Has Politics Caught Up with Markets? In Search of East Asian Economic Regionalism" (Chapter 6) in Peter J. Katzenstein (Editor) and Takashi Shiraishi (Editor), Beyond Japan: The Dynamics of East Asian Regionalism, Cornell University Press, 2006


論文・寄稿等
「東アジア経済統合へ日本は覚悟を固めよ」『論座』2002年8月号

「通向経済一体化:日本政策的演化」『経済社会体制比較』(中国語雑誌)中央編集局, 2001年(中国語雑誌)

"The U.S., China and Japan in an Integrating East Asia," Brookings Northeast Asia Commentary, No. 35 (published on January 14, 2010)

"U.S. Should Bless the Japan-ROK Free Trade Pact," CSIS PacNet Newsletter, June 9, 2003

"How Trade Agreements Can Reform Japan," The Globalist, July 10, 2002

"Seize the Moment for East Asian Economic Integration," CSIS PacNet Newsletter, February 1, 2002


その他
米中経済安全保障検討委員会の公聴会における証言
"The Impact of the Rise of China and Regional Economic Integration in Asia-A Japanese Perspective" before the U.S.-China Economic and Security Review Commission Hearing on China's Growth as a Regional Economic Power: Impacts and Implications (Washington, D.C., December 4, 2003)


講義
Foreign Service Institute, U.S. Department of State (Washington, D.C., May 15, 2003)
George Washington University (Washington, D.C., November 18, 2002)
The New America Foundation (Washington, D.C., June 10, 2002)
CNAPS, The Brookings Institution (Washington, D.C., May 22, 2002)
Brown Bag Lecture, East Asian Institute, Columbia University (New York, October 16, 2001)
American Chamber of Commerce in Japan (ACCJ) (Tokyo, June 14, 2001)

2011年11月26日土曜日

対中戦略

米国の対中戦略が発表された。
 東アジアサミット(EAS)が、インドネシア・バリ島で開かれ、アジア
太平洋地域への関与を強める米国のオバマ大統領と中国の温家宝首相が、
東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国が領有権を争う南シナ海問題
など、海洋安全保障をめぐる問題で激しく対立した。

米国
・国際法に従って解決を図るべきだ

中国
・EASは南シナ海問題を話し合うのに適した場ではない

米中が緊急会談
・人民元改革等の経済問題、南シナ海の海洋安全保障について意見交換

EAS
・インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、
 ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア、豪州、
 ニュージーランド、日本、中国、韓国、印、米国、露
・海洋法を順守することの重要性を明記した首脳宣言を採択
・政治・安全保障から経済、地域連携までの幅広い問題を協議する場
 として規定。
・2015年のASEAN共同体構想に向け、域内の連結性強化とその支援も確認。

豪州北部の軍事施設を利用して、米海兵隊を駐留させる方針を発表
将来的に2500人規模にまで拡大。
「日本や他の北東アジアの米軍(の役割)に取って代わるものではない」

中国の流行語は、「先手必勝」とのこと。
人口の増加が鈍化しても、中国全国民への食糧確保は難しいと言われる。
経済が好調だから、軍備増強。共産主義でも格差が大きい。
米中対決は、そのうち起きると言われていたが、結局、領有権争い。
名無し空母は、中国近海で、試験航行が続く。そのうち、南シナ海で
外国軍艦に囲まれて立ち往生か。

南沙諸島問題 米中共同作戦か
中国空母正式発表
自衛隊装備拡充へ
TPP水槽のドジョウとめだか


---南シナ海問題 米中首脳が応酬---
2011年11月20日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011112002000021.html

 【ヌサドゥア(インドネシア・バリ島)=寺岡秀樹】東アジアサミット(EAS)が十九日、インドネシア・バリ島で開かれ、アジア太平洋地域への関与を強める米国のオバマ大統領と中国の温家宝首相が、東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国が領有権を争う南シナ海問題など、海洋安全保障をめぐる問題で激しく対立した。 
 外交筋によると、オバマ大統領は、「国際法に従って解決を図るべきだ」と中国をけん制。温首相は「EASは南シナ海問題を話し合うのに適した場ではない」と主張し、あらためて米国などの介入に反対する姿勢を示した。
 野田佳彦首相は「国際法の順守の重要性は共有されていると思う」などと述べた。
 EASは、海上の安全保障で海洋法を順守することの重要性を明記した首脳宣言を採択し、一連のASEAN関連首脳会議を閉幕した。
 宣言は、EASについて、政治・安全保障から経済、地域連携までの幅広い問題を協議する場として規定。
 「東アジア自由貿易圏」構想や「東アジア包括的経済連携」構想など、広域経済連携に向けて取り組むことを再確認し、二〇一五年のASEAN共同体構想に向け、域内の連結性強化とその支援も確認した。
 EASに先立ち、米中が緊急会談し、人民元改革などの経済問題や、南シナ海をめぐる海洋安全保障について意見交換した。EASは、ASEANと日中韓、インドなどの六カ国に加え、今年から初参加した米国とロシアの計十八カ国で構成される。


---クローズアップ2011:東アジアサミット 米中、対立と依存---
毎日新聞 2011年11月20日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20111120ddm003020125000c.html

 米国が初めて正式参加した19日の東アジアサミット(EAS)に先立って行われた、オバマ米大統領と中国の温家宝首相との会談は、南シナ海問題などで決定的対立を避けようと事前調整を狙った中国側の要請に米側が応じたものだった。しかし、オバマ氏は、人民元の切り上げなど経済問題を中心に取り上げ、中国への輸出拡大に依存せざるを得ない疲弊した米経済の現状を図らずも示した。米中が新たな覇権を巡って対立を深める一方で、経済的には相互依存関係で結びついている現実を、今回のサミットは浮き彫りにした。【ヌサドゥア(インドネシア・バリ島)白戸圭一、成沢健一、西尾英之、西田進一郎】

◇米国、対中輸出に活路
 サミットを前に19日午前10時半から始まる予定だった日本、中国、韓国3カ国首脳会談。だが、野田佳彦首相と李明博・韓国大統領は、30分近く待ちぼうけをくらった。温首相が午前10時から、急きょ設定された米国との首脳会談に臨んだからだ。米政府高官によると、米中会談は前日の首脳夕食会で同席した温首相がオバマ大統領に直接持ちかけた。中国側には、サミットの席で米中が激しく対立するのを避けるため、事前調整したい思惑があったとみられる。
 しかし、約50分の会談の大部分は、米中間の経済問題に割かれ、中国側の思惑は空振りに終わった。
 ドニロン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は「大統領は(中国の)胡錦濤国家主席との会談で提起した問題を改めて伝えた」と述べ、温首相にも経済改革に取り組むよう強く要請したことを明らかにした。また「我々の関心は航行の自由、通商の自由、問題の平和的解決の3原則だ」と明言。サミットで大統領が南シナ海問題などを巡って中国に3原則を突き付け、対立も辞さない構えであると強調した。
 ただ、ドニロン氏は、米中関係は「非常に複雑かつ実質的」と語り、「対立」か「融和」かの図式には収まらない点を訴えた。2月の「米大統領経済報告」は、米国の対中輸出が14年まで年率18%の勢いで増えると予測。対中輸出拡大はオバマ政権にとって国内経済回復の切り札となっている。
 ドニロン氏はさらに、「世界のどこに将来的な可能性があるかを議論した結果、アジアに力を注ぐべきだとの結論に達した」と強調した。世界規模の指導力低下が指摘される中で、中国とのあつれきに苦悩しつつもこの地域に活路を見いださざるを得ない米国のジレンマを象徴した。
 「米国には政治的にも経済的にも、欧州を救援する意志も能力もない」。米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)のヘザー・コンリー欧州担当部長が言った。オバマ政権は発足当初からリーマン・ショック(08年)への対応に追われ、巨額の戦費負担で米財政は悪化し、9%超の失業率に直面している。
 オバマ大統領は18、19日、6人の首脳と会談した。しかし、冒頭取材が認められなかったのは温首相との会談のみ。米中両政府が、メディアによって「対立」が強調されることに神経をとがらせていることをうかがわせた。

◇中国、海洋権益譲れず
 前日の夕食会でオバマ大統領と談笑していた温家宝首相だが、19日の米中首脳会談を終えて会場を出た時の表情は硬かった。
 アジア太平洋地域の安全保障を最優先課題に掲げ、海洋安保問題で対中攻勢を強める米国に中国はいらだちを強める。しかし米国やアジア諸国との関係悪化は中国自身の経済成長にも影響が及ぶ。中国もまた難しい立場に立たされている。
 南シナ海を「核心的利益」と位置づけ、強硬姿勢が目立つ中国だが、中国人民大学国際関係学院の金燦栄副院長は「中国は南シナ海での資源開発を自制している」と反論する。高成長を支えるために資源確保を迫られている中国は、海洋権益が絡む領有権問題で譲歩できないという姿勢で一貫している。さらに、軍の発言力が強まるなか、南シナ海の安全保障上の重要性はさらに増している。
 中国外交に詳しい会議筋は「08年のリーマン・ショック以降、存在感を強めた中国に一国で対抗できる国はアジアにはなくなった。そこに登場してきた米国の振る舞いに中国は神経をとがらせている」と解説する。
 だが最大の貿易相手先である欧州連合(EU)が信用不安から抜け出せない中、中国自身の経済成長維持には米国との関係維持は必要だ。来年の最高指導者就任が内定している習近平国家副主席の訪米を控え、対米関係の深刻な対立を避ける必要にも迫られている。
 サミット終了後に記者会見した中国外務省の劉振民次官補はこうした事情を踏まえるようにこう語った。
 「アジアの重要なプレーヤーである米国との協力を期待している。南シナ海は東アジアだけでなく、国際的に重要な航路であり、航行の安全を守るべきだと考えている」

◇日本、はざまで両面作戦
 「我が国の提案を踏まえ、EAS参加国の間で海洋について協力、対話を進めることで理解を得ることができた」。野田佳彦首相はEAS終了後の会見で、成果を強調した。
 日本政府は「米国の初参加でEASはアジア太平洋の安全保障の枠組みを作っていく重要な場になる」(外務省幹部)とにらんできた。海洋進出を強める中国を念頭に、米国の参加を得た多国間の枠組みで中国をけん制しつつ、国際ルールに従わせる形で自制を促したい。そのきっかけとして、首相はEASで、海洋安全保障について政府関係者や有識者による協議機関の設置を提案した。
 南シナ海では、領有権をめぐって中国とフィリピン、ベトナムなどが摩擦を起こしている。日本にとっても南シナ海は海上交通路(シーレーン)として重要。そのうえ、東シナ海では尖閣諸島をめぐり中国との対立も抱えており、「南シナ海で起きることはその後東シナ海で起きる」(政府関係者)とみている。
 ただ、日本側は中国との対立は望んでいない。中国とASEANの領有権争いに介入することは避け、透明性をもって国際法に基づき両者が平和的に解決するよう求めている。EASでも「野田首相は『南シナ海』という言葉は使わなかった」(首相同行筋)という。
 一方、経済連携の枠組みでも米中は主導権争いを展開する。はざまに立つ日本は、米国主導の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)と、中国が目指すASEANを中心とした経済連携の枠組みの両面作戦を取る方針だ。
 安全保障面で米国との連携を強めながらも、中国とは対立を避け、経済面などの連携を強化していく路線は鮮明だ。首相は19日の会見で、EASに初参加した米国について「日米同盟を通じてアジア太平洋地域の平和と安定に貢献をしていきたい」と語る一方、中国についても「日中が連携することは地域と世界の安定、繁栄につながる」と強調した。


--海洋での国際法尊重を宣言…東アジア首脳会議---
2011年11月20日01時54分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111119-OYT1T00801.htm

 【ヌサドゥア(インドネシア・バリ島)=梁田真樹子、中島健太郎】東アジア首脳会議(EAS)が19日、ヌサドゥアで開かれ、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国が領有権をめぐって争う南シナ海問題などが議論され、海洋での国際法の重要性や主権と領土保全の尊重、紛争の平和的解決などをうたった宣言を採択して閉幕した。
 「アジア回帰」を打ち出したオバマ米大統領が初めて参加し、EASは地域全体の安全保障・経済の新たな枠組みとしてスタートした。
 今年から米露が正式参加した会議には、オバマ大統領のほか、ASEAN10か国の首脳と野田首相、中国の温家宝首相ら計18か国の代表が出席。メドベージェフ露大統領は欠席し、ラブロフ外相が参加した。
 南シナ海問題をめぐっては、温家宝首相は18日、ASEAN側との会議で「外部の勢力が介入すべきではない」として、東アジア首脳会議で米国などが問題を持ち出すことを明確に拒否。19日の首脳会議でも「関係のない国がいる場で議論するのは適切でない」と述べた。


---アジアでのプレゼンスは最優先課題…米大統領---
2011年11月17日10時48分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111117-OYT1T00346.htm

 アジア歴訪中のオバマ米大統領は17日、オーストラリア・キャンベラで演説し、アジア太平洋地域を米国の安全保障上の最重点地域と位置づけた上で、この地域への関与を拡大させると強調、軍拡を続ける中国をけん制した。
 17日にはインドネシア・バリ島で、東南アジア諸国連合(ASEAN)による一連の会議が開幕。19日には米中首脳や野田首相も参加して、東アジア首脳会議も開かれる。東アジア地域の安全保障や経済統合の枠組みを巡り、米中の激しい論戦が予想される。

 【キャンベラ=黒瀬悦成】オバマ米大統領は17日、豪議会でアジア太平洋政策に関する包括的演説を行った。大統領は、「アジアでのプレゼンス(存在)と任務は政権の最優先課題だ」と述べ、地域での経済・外交・安全保障上の役割を長期にわたって拡大していく方策を探るよう、国務、国防長官ら政権の国家安全保障チームに指示したことを明らかにした。
 大統領は「安全保障は平和と安定の礎だ」と述べ、「(米国は)国防予算を削減しているが、アジア太平洋が影響を受けることはない」と強調した。さらに、中国の軍事的影響力が強まる南シナ海問題を念頭に「商業と航行の自由が損なわれてはならない」と指摘した。


---米海兵隊、豪北部駐留へ 中国けん制---
2011年11月17日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011111702000021.html

 【キャンベラ=共同】オバマ米大統領は十六日、就任後初めてオーストラリアを訪問し、首都キャンベラでギラード首相と会談した。両首脳は会談後の共同記者会見で、オーストラリア北部に米海兵隊を駐留させる方針を発表した。将来的に二千五百人規模にまで拡大させる。最前線で戦闘任務を受け持つ海兵隊を置くことで、南シナ海で海洋権益拡大を狙う中国をけん制する狙いがある。
 米豪両政府によると、来年半ばをめどに二百~二百五十人の海兵隊員を配置し、段階的に増強していく方針。両国空軍の軍事交流も増やす。米国独自の基地は建設せず、オーストラリアの軍事施設を利用する。
 オバマ氏は会見で「われわれは平和的な中国の台頭を歓迎する」と述べた上で「大国には責任も伴う」と強調、南シナ海で周辺国と摩擦を引き起こしている中国に問題解決への努力を促した。
 米国防総省によると、オーストラリア国内の米兵駐留規模は六月末時点で約百八十人。海兵隊はうち二十五人で、本格的駐留は初めてとなる。どこからオーストラリアに展開するかは不明。日本には現在、約一万七千人の海兵隊が駐留している。
 ローズ米大統領副補佐官は十六日、海兵隊のオーストラリア駐留について「日本や他の北東アジアの米軍(の役割)に取って代わるものではない」と述べ、在沖縄海兵隊の移転計画などには影響しないと説明した。
 今年は米豪とニュージーランドの相互安全保障条約(アンザス条約)締結六十周年。両首脳は安全保障面での協力促進を確認したほか、環太平洋連携協定(TPP)を含む通商課題なども話し合った。


---米委、有事の際の中国軍事行動を予測…日本周辺---
2011年11月16日23時10分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111116-OYT1T01119.htm

 【ワシントン=山口香子】米議会の諮問機関「米中経済安全保障見直し委員会」は16日、南シナ海や東シナ海での領有権争いに関し、中国が有事の際、奇襲攻撃や先制攻撃で米軍の戦力を低下させ、日本周辺を含む東シナ海までの海洋権益を支配する戦略があると指摘する年次報告書を公表した。
 報告書は、中国の人民解放軍が文書で「奇襲」の有効性を論じていることなどから、「中国指導部は米軍への先制攻撃を検討しかねない」との見方を紹介。その上で、「指揮系統をコンピューター・ネットワークに依存する米軍の弱点を突く形」でサイバー攻撃を仕掛け、「米軍の展開能力を決定的に阻害する」作戦に出ると指摘した。
 特に、南シナ海や東シナ海での紛争では、対艦弾道ミサイルや巡航ミサイルを使って、九州―沖縄―台湾―フィリピンを結ぶ「第1列島線」内に「他国の進入を許さない行動」に出ると予測した。
 米軍はこれまで、中国軍が西太平洋で空母や対艦弾道ミサイルにより米空母など米海軍の展開を阻む「接近拒否戦略」の実行能力を高めたと懸念してきた。

2011年11月25日金曜日

iPS細胞 脊髄損傷治療検討へ

iPS細胞による脊髄損傷治療を検討しそうだ。
 iPS細胞(新型万能細胞)研究の最前線を解説するシンポジウム
「再生医学研究の最前線」が、左京区の国立京都国際会館で開かれた。
iPS細胞を開発した京都大の山中伸弥教授らが講演し、市民ら約1700人が、
臨床応用の可能性について学んだ。

山中伸弥
・病気になる前の細胞をつくり出せる
 難病患者の細胞から病気の因子を持つiPS細胞を作ることで、因子を
 たたく薬を探すことにもつながる
・(脊髄損傷治療について、開発時点の)5年前は無理でしたが、今は
 真剣に治療を受けるかどうか考えるレベルに来ている

高橋政代
・iPS細胞からつくった網膜の細胞を使い、加齢黄斑変性症の臨床研究を
 来年度、厚生労働省に申請する計画。2013年度研究開始予定。

京大病院 iPS細胞臨床開発部
・治療法が確立されていない難病患者の細胞を採取し、iPS細胞を作製・
 管理する拠点
・山中伸弥と協力して質の高いiPS細胞の作製にあたり、パーキンソン病
 や糖尿病等の病気での臨床試験を目指す。

慶応大などの研究チーム
・アルツハイマー病患者の皮膚細胞からiPS細胞を作製したと発表。
・iPS細胞を神経細胞に育てることに成功

iPS細胞の研究者は、Geronのようにハイリスクハイリターンを求めず、
確実な効果が期待される加齢黄斑変性症の臨床試験から始めるようだ。
iPS細胞の研究には、資金繰りに困らなかったのか、経営がうまい人が
いたのかもしれない。国立大学とは言え、Geronの経費で比較すれば、
すぐに消えそうだ。

Geron ES細胞臨床試験中止


---京大・山中教授iPS細胞解説 左京でシンポ---
2011年11月20日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20111120-OYT8T00063.htm

 iPS細胞(新型万能細胞)研究の最前線を解説するシンポジウム「再生医学研究の最前線」が19日、左京区の国立京都国際会館で開かれた。iPS細胞を開発した京都大の山中伸弥教授らが講演し、市民ら約1700人が、臨床応用の可能性について学んだ。
 山中教授はiPS細胞について「病気になる前の細胞をつくり出せる」と説明、再生医療に応用できる可能性に言及。「難病患者の細胞から病気の因子を持つiPS細胞を作ることで、因子をたたく薬を探すことにもつながる」と語った。
 会場の参加者から「山中さんが明日、脊髄損傷になったとしたら、iPS細胞を移植するか」と尋ねられた山中教授は「(開発時点の)5年前は無理でしたが、今は真剣に治療を受けるかどうか考えるレベルに来ている」と答えていた。


---iPS臨床 来年度申請へ---
2011年11月20日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011112002000034.html

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の高橋政代チームリーダーは十九日、京都市で開かれた再生医療のシンポジウムで講演し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)からつくった網膜の細胞を使い、加齢黄斑変性という目の病気を治療する臨床研究を来年度、厚生労働省に申請する計画を明らかにした。
 研究開始は二〇一三年度を予定。実現すれば、iPS細胞を人間の治療に使う世界初の研究となる可能性がある。
 当初は加齢黄斑変性の中でも、老化に伴って本来ないはずの血管ができて目の奥にある網膜の色素上皮が傷み、視力が低下するタイプが対象。血管を取り除く通常の手術と同時に、患者自身の皮膚から作ったiPS細胞を成長させた網膜色素上皮細胞を数ミリ角のシート状にしたものを置く。


---京大病院iPS細胞臨床開発部 難病治療法発見に期待大---
2011.11.18 20:46
http://sankei.jp.msn.com/science/news/111118/scn11111820490004-n1.htm

 京大病院が創設するiPS細胞臨床開発部は、通常の外来診療と異なり、治療法が確立されていない難病患者の細胞を採取し、iPS細胞を作製・管理する拠点となる。難病の治療法解明に向けたさまざまな研究に成果をもたらす可能性を秘めている。
 難病患者から作製したiPS細胞は、今までも多くの発見をもたらしている。慶応大などの研究チームは今年9月、アルツハイマー病患者の皮膚細胞からiPS細胞を作製したと英専門誌電子版に発表。このiPS細胞を神経細胞に育てることにも成功しており、その神経細胞に治療薬の候補とされている物質を投与すると、病気の原因とされているタンパクの産出量が大幅に減少したという。
 当時、研究チームは「研究成果は病気のメカニズム解明や治療薬の開発に利用できる」と強調。他の難病でも同様の研究が待たれており、その最初のステップとしてさまざまな難病患者からのiPS細胞作製が求められていた。
 京都大は今年夏、欧州と米国で続けてiPS細胞作製に関する特許を取得。これにより高額なライセンス使用料の負担を免れ、iPS細胞の研究に乗り出す環境が整った。
 臨床開発部の創設について山中伸弥京大教授は「難病に悩む患者の治療法を見つけ出すための第一歩だ」と意義を強調する。今後、臨床開発部と協力して質の高いiPS細胞の作製にあたり、パーキンソン病や糖尿病などの病気での臨床試験を目指す。

2011年11月24日木曜日

Geron ES細胞臨床試験中止

Geronが、ES細胞の臨床試験を中止した。
 ジェロンは、ヒト胚性幹細胞(ES細胞)を使った臨床試験(治験)から撤退
すると発表した。同社は昨年から交通事故などで脊髄を損傷し、手足が
まひしたりした患者に対し、世界初のヒトES細胞を使った治験を手掛けて
いた。

Geron
・経営上の問題で臨床試験から撤退
・脊髄損傷患者5人へGRNOPC1を使った臨床試験を実施中
・15年間の追跡調査を行う
・今のところ重大な副作用は確認されていない
・新たな参加者は募らない
・抗がん剤の開発に集中

韓国車バイオ・アンド・ディオステックと米ACTと共同で開発
・シュタルガルト病治療の網膜疾患治療剤
・網膜損傷患者に幹細胞を移植すると、6週間で効果が確認
 3年程度で第1相から第3相までの臨床試験を終える

新薬開発は巨大な資本が必要と言われていたが、資本が少ないベンチャー
では難しいことが証明された。資金獲得のために、リスクが高い脊髄損傷
への臨床試験を実施。結局、すぐに効果を得られなかった。
ES細胞は、細胞レベルの話で、治療への適用は、もう少し、時間が必要な
ようだ。

ES細胞とiPS細胞


---ES細胞の臨床試験、米社が撤退 経営上の問題で---
2011年11月16日0時58分
http://www.asahi.com/science/update/1116/TKY201111150745.html

 米バイオベンチャー、ジェロン(本社・カリフォルニア州)は14日、ヒト胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を使った臨床試験(治験)から撤退すると発表した。同社は昨年から交通事故などで脊髄(せきずい)を損傷し、手足がまひしたりした患者に対し、世界初のヒトES細胞を使った治験を手掛けていた。
 経営上の問題が理由としている。治験で今のところ重大な副作用は確認されていないといい、すでに開始した治験は続けるが、新たな参加者は募らない。同社は「幹細胞治療計画の進展のため、技術的、財政的なパートナーを探している」としているが、同社は抗がん剤の開発に集中していくという。
 同社の治験はヒトES細胞を使った再生医学の先端例として注目されているが、米紙ニューヨーク・タイムズによると、これまで4人に行われた治験で、効果がみられたとの結果は得られていないという。また米紙ワシントン・ポストは「希望を持たせておいて金銭上の理由でやめるとはひどい」という患者団体側の声を紹介している。


---ES細胞臨床試験、先頭走る米ジェロン社が撤退---
2011年11月16日03時03分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111116-OYT1T00088.htm

 ES細胞(胚性幹細胞)を用いた世界初の臨床試験を行っている米バイオ企業のジェロン社(本社・カリフォルニア州)が15日、再生医療事業から撤退する方針を発表した。
 様々な種類の細胞に変化できるES細胞やiPS細胞(新型万能細胞)は、日本でも実用化を目指した臨床研究が計画されているが、先頭を走る同社の撤退で、事業化の難しさが浮き彫りになった。
 同社は、神経になる細胞をES細胞から作り、脊髄損傷の患者に移植する臨床試験を、昨年10月から進めている。同社は撤退の理由を、「がん関連事業に経営資源を集中するため」とし、ES細胞関連の事業を引き受ける企業を探している。


---Economics, not science, thwarts embryonic stem cell therapy---
November 21, 2011|By Eryn Brown, Los Angeles Times
http://articles.latimes.com/2011/nov/21/health/la-he-geron-stem-cell-20111121

Geron Corp. pulls the plug on its ambitious effort to reverse spinal damage and will focus instead on financially less risky cancer drugs.

For patients paralyzed by spinal cord injuries, Geron Corp.'s stem cell research was the shining hope.

The biotech firm showered scientists with millions of dollars to develop a treatment to reverse spinal damage. The therapy was the first treatment derived from embryonic stem cells to be cleared by the Food and Drug Administration for testing in humans.

But last week, Geron abruptly pulled the plug on its pioneering trial and the rest of its stem cell business, including early work on treatments for heart ailments, diabetes and other diseases. Pursuing futuristic cures through regenerative medicine was financially riskier than focusing on the company's two cancer drugs, which were further along in development, company executives said.

People who had pinned their hopes on stem cells reacted with dismay.

"It was like someone ripped my heart out," said Sabrina Cohen, who was paralyzed in a car accident in 1992 and runs a research foundation in Miami.

At first blush, Geron's decision called into question the plausibility of curing diseases with embryonic stem cells. They have the ability to grow into any kind of cell in the body, and laboratories around the world have spent hundreds of millions of dollars trying to turn them into replacement parts such as insulin-secreting islet cells for people with diabetes.

Industry watchers say the science of stem cell medicine remains sound. It's just the economics that are shaky.

Geron, based in Menlo Park, Calif., was always fighting an uphill battle, seeking funding for a venture fraught with medical and regulatory obstacles at a time when skittish investors wanted certainty. Faced with dwindling resources, Geron had a safer option and ran with it.

"Companies are looking to double down on their most promising programs," said Dr. George Q. Daley, director of the stem cell transplantation program at Children's Hospital Boston.

Geron made history in January 2009, when the FDA allowed it to test the safety of a stem-cell-based product known as GRNOPC1. Scientists hoped the therapy would help rebuild fragile neurons in the spinal cord that were damaged in car crashes, falls and other accidents, restoring sensation and mobility to paralyzed patients. The first of five patients to participate in the Phase 1 safety trial got an injection in October 2010.

Everything seemed to be proceeding smoothly. In May, the California Institute for Regenerative Medicine granted Geron a $25-million loan to support the trial. In October, Geron reported that four patients who had received doses of GRNOPC1 tolerated the treatment well. (Stanford announced Friday that its doctors had treated a fifth patient on Wednesday, even though the trial had been suspended.)

But Geron's funds were running low. Rather than try to raise money in a tight market, the company decided to devote the roughly $150 million it had left to push its two cancer drugs through ongoing clinical trials.

Geron announced last Monday that it would eliminate 66 jobs - almost 40% of its workforce - and seek "partners" to take over its stem cell business. It repaid the $6.4 million it had thus far borrowed from the California institute, plus interest.

That the decision apparently had everything to do with money and nothing to do with the science frustrated patients like Cohen. "We have all the ingredients to cook the omelet, but we don't have the pan," she said.

Others noted that Geron faced special obstacles in getting GRNOPC1 off the ground.

For starters, the company had to invest a great deal of money and effort to figure out how to shepherd a new class of drug through the FDA approval process, said Jonathan Thomas, chairman of the California institute.

What's more, the ethical problems of using cells that were created by destroying embryos compounded the company's difficulties raising capital.

Many biotech start-ups benefit from hefty grants from the National Institutes of Health, but until 2009 the agency largely remained on the sidelines of embryonic stem cell research. Political concerns "certainly dissuaded wider involvement by pharmaceutical and biotech companies," Daley said.

The emergence of an alternative type of flexible cell that isn't made from embryos may have diverted funding and attention from trials like Geron's, he said.

Some pointed to other challenges: Perhaps reversing spinal cord injuries was an overambitious goal for medicine's first embryonic stem cell therapy.

"They selected something at the beginning that may have been very sexy - making Christopher Reeve walk - but the problem is, you have to take reality into account," said Dr. Robert Lanza, chief scientific officer for Santa Monica-based Advanced Cell Technology, the only other company with a clinical trial of a therapy based on embryonic stem cells.

Advanced Cell Technology grows the stem cells into a type of retinal cell that was lost in patients with eye diseases like dry age-related macular degeneration. The replacement cells are meant to pick up where the old ones left off.

"Our cells don't have to do anything spectacular," Lanza said - unlike Geron's therapy, which to get dramatic results would have to rehabilitate neurons that extend from the spine to the brain, he said.

Geron will continue to monitor the five patients who received GRNOPC1 for 15 years. Whether another company will come forward to take over Geron's stem cell business is unclear.

Nessan Bermingham, a managing director of investment firm Bio Equity Capital in Boston, said he thought "a number of key players" in the pharmaceutical industry would at least enter discussions with Geron. Thomas said his agency would welcome any potential buyer with a California presence to apply for a loan "of similar magnitude to what we gave Geron."

Even if economic and scientific barriers ultimately doom GRNOPC1, it would not be a death knell for embryonic stem cell medicine.

Geron may not benefit from its years of investment and trailblazing on the regulatory front, Thomas said, but companies that carry the work forward will reap the rewards.


---胚性幹細胞の臨床試験、韓国企業が先頭に---
2011/11/17 08:08
李永完(イ・ヨンワン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/11/17/2011111700424.html

ライバル米企業が試験中断
 胚(はい)性幹細胞による治療剤開発競争で、韓国のライバルだった米バイオ企業ジェロンが臨床試験の中断を発表した。これにより、韓国企業が胚性幹細胞を使った世界初の治療剤開発競争で先頭に立った。
 ジェロンは14日、胚性幹細胞による治療剤開発プログラムを中止すると発表した。ジェロンは昨年10月、世界で初めて米食品医薬品局(FDA)から胚性幹細胞による治療剤の臨床試験の認可を受け、これまでに脊髄損傷の患者4人に胚性幹細胞を移植した。同社は「資金不足と不安定な経済状況の中、第2相臨床試験を進めている抗がん剤に集中するため、胚性幹細胞の臨床試験を中断した」と説明した。
 ジェロンの臨床試験中断を受け、胚性幹細胞による治療剤で、世界各国の承認を受け、臨床試験が進められているのは、韓国の車病院傘下の車バイオ・アンド・ディオステックが米ACTと共同で開発している網膜疾患治療剤だけとなった。
 両社は昨年10月、網膜が遺伝子異常で損傷したシュタルガルト病の治療に関する米国国内での臨床試験認可を受け、今年1月には網膜の中心にある黄斑が老化で損傷した加齢黄斑変性に関する臨床試験も認められた。韓国でも今年5月にシュタルガルト病に関する臨床試験が認可されている。
 専門家の間では、ジェロンの失敗は予想されていた。英ニューカッスル大のエリソン・マードック教授はニューサイエンス誌のインタビューで「脊髄損傷は非常に複雑な疾病で、医学的に見て、胚性幹細胞による最初の治療剤の開発目標には適していなかった」と指摘した。
 これに対し、網膜損傷は脊髄損傷よりも治療効果を上げられる可能性が高いとみられていた。車病院幹細胞研究所の鄭炯敏(チョン・ヒョンミン)所長(車バイオ・アンド・ディオステック社長)は「網膜損傷患者に幹細胞を移植すると、6週間で効果が確認できる。3年程度で第1相から第3相までの臨床試験を終えることができるとみている」と説明した。
 韓国のバイオ企業、FCBケミカルは今年6月、世界で初めて、体性幹細胞を使った治療剤の販売認可を取得した。仮に車バイオ・アンド・ディオステックが胚性幹細胞の治療剤の認可を取得すれば、韓国は体性幹細胞、胚性幹細胞の双方で世界初の治療剤開発国となる。

2011年11月23日水曜日

AHW試験飛行成功

AHWが試験飛行に成功した。
 米国防総省は、地球上のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる米陸軍の
極超音速兵器「AHW」の試験飛行を初めて実施、成功したと発表した。
 発表によると、AHWはハワイ・カウアイ島のミサイル施設から発射され、
大気圏を飛行し、約4000km離れたマーシャル諸島の目標地点に命中した。
最高速度は公表されていないが、極超音速は音速の5倍以上を指す。

AHWは、報道を見る限り、ミサイル形状をしており、大気圏内をマッハ5程度
で、飛んだ。
Falcon HTVは、大気圏を再突入した際に通信途絶。
CPGSの実験は、空軍系が行ったFalcon HTVと陸軍系が行ったAHW。
HTVの情報がAHWに使われたとのことだ。本当だろうか。
両軍が欲しかったのは、空気力学、航行制御、熱保護技術らしい。
「二回も試験用高速ミサイルを、打ち上げて2億3990万ドルを浪費」と言われ
そうだ

Falcon HTV2 通信途絶


---地球上どこでも1時間…米軍の無人極超音速機---
2011年11月19日08時40分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111118-OYT1T01026.htm

 米国防総省は17日、地球上のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる米陸軍の極超音速兵器「AHW」の試験飛行を初めて実施、成功したと発表した。
 発表によると、AHWはハワイ・カウアイ島のミサイル施設から発射され、大気圏を飛行し、約4000キロ・メートル離れたマーシャル諸島の目標地点に命中した。最高速度は公表されていないが、極超音速は音速の5倍以上を指す。
 オバマ政権は、核弾頭を搭載しない「通常即応型地球規模攻撃兵器(CPGS)」による抑止力維持を図る戦略を進めており、新型兵器の開発に力を入れている。(ワシントン 山口香子)


---米国防総省、極超音速兵器の実験に成功 時速7725キロ---
2011.11.18 Fri posted at: 11:39 JST
http://www.cnn.co.jp/usa/30004638.html

 ワシントン(CNN) 米国防総省は17日、音速の5倍での長距離飛行を目指した極超音速兵器の実験に成功した。
 詳しい速度などの情報は公開されていないが、CNNでは発射地点のハワイ・カウアイ島からマーシャル諸島クワゼリン環礁に30分で到達するための速度を計算。平均時速を4800マイル(約7725キロ)と割り出した。
 実験は技術と性能についてのデータを収集する目的で実施され、実機の製造は計画されていない。国防総省は「収集したデータは将来的な極超音速飛行技術の開発に利用する」としている。
 同省は、世界中のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できるシステムの開発プロジェクトを進めており、極超音速技術の開発もその一環。実験は8月にも行われたが、この時は太平洋に墜落して失敗に終わった。実験にはさまざまな形の機体が使われており、8月の実験機は翼の形、17日の機体は円錐形だった。


---Hypersonic bomb: One-hour delivery?---
by Tim Hornyak November 18, 2011 5:49 AM PST
http://news.cnet.com/8301-13639_3-57327407-42/hypersonic-bomb-one-hour-delivery/

The U.S. Army has successfully tested a hypersonic aircraft that can travel five times the speed of sound and reach anywhere on Earth in under an hour.

Described by the Pentagon as a "glide vehicle, designed to fly within the earth's atmosphere at hypersonic speed and long range," the Advanced Hypersonic Weapon (AHW) was launched aboard a rocket from the Pacific Missile Range Facility in Hawaii.

It hit a target at Kwajalein Atoll in the Marshall Islands, some 2,300 miles away, in less than 30 minutes, according to Department of Defense and AP reports.

Hypersonic vehicles are assumed to fly faster than five times the speed of sound, roughly 3,800 mph. Unlike a missile, the glide vehicle can be maneuvered.

"The objective of the test is to collect data on hypersonic boost-glide technologies and test range performance for long-range atmospheric flight," the DOD said in a release. "Mission emphasis is aerodynamics; navigation, guidance, and control; and thermal protection technologies."

The weapon is part of Conventional Prompt Global Strike (CPGS), a program that would give the U.S. the power to strike anywhere in the world with conventional weapons in less than an hour.

DARPA's Falcon Hypersonic Technology Vehicle 2 (HTV-2) is also part of the program. Although it failed a test in August, data was used in planning the AHW flight.

The Pentagon has spent $239.9 million on the program this year, including $69 million for the AHW, according to a Congressional Research Service report.

"These weapons would not substitute for nuclear weapons in the U.S. war plan," it said, "but would, instead, provide a 'niche' capability, with a small number of weapons directed against select, critical targets, which might expand the range of U.S. conventional options."

2011年11月22日火曜日

放射線量地図改訂

放射線量地図が改訂された。
 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、上空で放射線量調査を
行ってきた文部科学省は、測定結果の改訂地図を発表した。

文科省
・魚沼市の群馬県境部分
 放射性セシウムが30,000~60,000Bq/m2。
・湯沢町、南魚沼市、魚沼市の南部
 放射性セシウムが10,000~30,000Bq/m2



文部科学省による、岩手県、静岡県、長野県、山梨県、岐阜県、及び富山県の航空機モニタリングの測定結果、並びに天然核種の影響をより考慮した、これまでの航空機モニタリング結果の改訂について

内閣府被災者生活支援チーム
・「計画的避難区域」で、車を使って放射線量を調査
・最高値は福島県浪江町井手山田前の98.1uSv/h



別紙6-1 走行モニタリング結果(第一巡)(PDF形式:1,157KB)
別紙6-2 走行モニタリング結果(第二巡)(PDF形式:1,093KB)

空間線量地図が改訂されたが、長野県の西側県境(新潟県、富山県、
岐阜県、静岡県、山梨県)では、放射性カリウム等の影響で、放射線
量が高い。250kmを越えるホットスポットは限定的なようだ。
群馬県の西側県境(新潟県、長野県、山梨県)までが、原発事故の放射性
物質による影響がある。

車両によるモニタを行ったが、航空機による空間線量測定とほぼ一致する
が、双葉町や浪江町では、線量の低い地域も見られる。最初から少な
かったのか、除染したのかは不明。

陸自が除染を始めるようだが、なぜ20km圏内なのだろう。
自主的に作業してもらうのに、贅沢もいえないが、通常時でも危険な
1uSV/hを越える地域も広いが、19uSv/hを越える地域は、比較的狭い。
同人数を投入するのであれば、3.8uSv/hを越える地域を除染したほうが、
民間業者に交代できると思う。

早く除染しないから、職員に廃棄を指示した官房総務課長みたいなのが
増える。福島県民が自宅の土を100gずつでも、モナ野に送付したら、
どう対応するのだろう。発表しているから、多くの人が実施済みか。

250kmを越えるホットスポット


---福島第1原発:3号機で毎時1600ミリシーベルトを計測---
毎日新聞 2011年11月20日 20時25分(最終更新 11月20日 21時00分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111121k0000m040077000c.html

 東京電力は20日、福島第1原発3号機の原子炉建屋1階で毎時約1600ミリシーベルトの放射線量を計測したと発表した。3号機では最も高い。14日にも付近で毎時1300ミリシーベルトが検出されていた。原子炉格納容器内から漏れたとみられる少量の水のふき取り作業とともに再計測した。ロボットによるふき取り作業は難航しているという。【奥山智己】


---除染に自衛隊、便利屋扱い? 防衛省に波紋 「民間でも十分できる」---
2011.11.20 00:40
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111120/plc11112000420000-n1.htm

 東京電力福島第1原発から半径20キロ圏内にある自治体庁舎の除染作業に陸上自衛隊を派遣する政府方針が、防衛省内で波紋を呼んでいる。野田佳彦首相には来年1月から始まる民間業者の作業に先んじて国の機関が取り組む姿勢を示す狙いがあるようだが、本来は国防を担う自衛隊を政治の「道具」「便利屋」扱いする姿勢が透けてみえるからだ。
 政府は、1月から政府直轄の除染事業にあたる民間企業の作業拠点となる自治体庁舎の除染が必要で、専用資機材と専門的知見を有する陸自部隊の派遣が適切と判断した-としている。
 庁舎の除染は環境省が要請する福島県の浪江、富岡、楢葉3町が検討され、側溝にたまった汚泥の除去や放射性物質を洗い流すなどの活動が見込まれる。放射線に対応する陸自化学防護隊など300人程度の派遣が想定され、12月中の2-3週間程度の短期間で活動を完了する予定だ。
 「これは自衛隊でなくても、民間業者でも十分できる内容だ」
 陸自幹部は今回の派遣にこう疑問を示す。一方、一川保夫防衛相は18日の記者会見で「除染事業開始までに拠点場所(の除染)を早急にやるとすれば自衛隊の能力が期待される。民間には難しい」と強調したが、これも疑問符がつく。
 たとえば環境省は当初、町庁舎以外の除染も要請していたのに、防衛省側との協議であっさりと町役場庁舎だけの除染で決着した。民間との役割区分があいまいで、自衛隊でなければならない理由は分からない。
 首相から指示を受けた一川氏はあっさり派遣を了承したが、防衛省幹部によると、渡辺周防衛副大臣は派遣に不満を漏らした。
 渡辺氏は、同省幹部が報告した3町役場庁舎付近の放射線量が記載された資料が約4カ月前の7月時点に計測した数値だったこともあり、環境省の意向を“安請け合い”したのではないかとしてと怒ったとされる。防衛省幹部は「自衛隊を“道具”のように扱うことが許せなかったのでは」と推し量る。
 不十分な事前調査で安易に自衛隊を使う手法は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)への陸自派遣でも同様だった。政権の都合で軽々に自衛隊を使う構図が浮かび上がる。陸自幹部は「自衛官は行けといわれれば行く。だが、私たちは便利屋ではない」と嘆いた。(峯匡孝)


---放射能汚染土が環境省に送付 職員が持ち帰って廃棄---
2011年11月17日14時28分
http://www.asahi.com/national/update/1117/TKY201111170270.html

 環境省は17日、放射能に汚染された土が福島県内から同省に送付され、その土を担当職員が自宅に持ち帰り、近くの空き地に捨てていたと発表した。細野豪志環境相は記者会見し、「不適切な対応で、あってはならないことだ」と謝罪。土を回収し、職員に処分を指示した官房総務課長を更迭する。さらに自身の処分についても「当然必要だと思っている」と述べた。
 細野環境相によると、今月8日、福島市の個人から同省に届いた小型の段ボール箱1個に、ポリ袋入りの土が入っていた。市内の自宅でとった土で「環境省で処分してほしい」と書かれたメモが入っていたという。
 受け取った官房総務課の職員が放射線量を測定したところ最大で毎時0.6マイクロシーベルトが確認された。11日に上司の課長に報告。相談のうえ、12日に土を埼玉県内の自宅に持ち帰り、翌13日に近くの空き地に捨てたという。


---自衛隊が除染 警戒区域で実施へ---
2011.11.17 12:04
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111117/plc11111712050009-n1.htm

 藤村修官房長官は17日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域で陸上自衛隊が除染作業を行うことを明らかにした。民間業者が除染活動を行うための拠点の除染に当たらせる。18日に関係閣僚会合を開いた上で、12月にも作業に入る方向で調整している。
 除染に関し、政府は11日の閣議で放射性物質の除染に関する基本方針を決定し、同日の閣僚懇談会で野田佳彦首相が関係閣僚に協力を指示した。
 藤村氏は会見で「自衛隊、防衛省としてどのような除染協力が可能か検討している」と述べた。一川保夫防衛相も17日午前の参院予算委員会で「協力できるところがあればしっかりと自衛隊として任務を果たしていきたい」と語った。


---文科省が改訂地図 「線量高め」魚沼一部のみ---
2011年11月17日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20111117-OYT8T00100.htm

 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、上空で放射線量調査を行ってきた文部科学省は、測定結果の改訂地図を発表した。
 10月に発表した地図は、放射性物質を含む花こう岩などの影響を考慮しなかったため、一部でやや高めの線量が測定されたが、今回は自然に存在する放射性物質の影響を除いたため、やや高かったのは魚沼市の群馬県境部分のみにとどまった。
 文科省によると、今回の調査で、魚沼市の群馬県境部分は地表の放射性セシウムが1平方メートルあたり3万~6万ベクレルだった。同1万~3万ベクレルとなったのは、湯沢町、南魚沼市、魚沼市の南部。泉田知事は「今回、より実態に近い評価になったのではないか」とのコメントを発表した。
 同省の調査は、ヘリコプターで高度150~300メートルを飛び、上空の空間放射線量を測り、放射性セシウム134と137の地表の沈着量を推測している。放射性物質を含む花こう岩などの影響を考慮しなかったため、10月に発表した地図では、1平方メートルあたり1万ベクレルを超える地点が村上市や新発田市など、県内に複数あった。
 地図は、同省のホームページ(http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/11/1910_111112.pdf)で見ることができる。



---避難区域のカーモニタリング結果を公表 内閣府---
2011.11.16 20:35
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111116/fks11111620470001-n1.htm

 内閣府被災者生活支援チームは16日、福島第1原発から20キロの「警戒区域」と、被ばく線量が20ミリシーベルトを超える恐れがある「計画的避難区域」で、車を使って放射線量を調査した、カーモニタリングの結果を発表した。同区域におけるカーモニタリングの調査結果が公表されるのは初めて。
 8月4日から10月9日まで、車に線量計をつけて、区域内の主要道路計約2千キロを走行しながら測定したもので、最高値は福島県浪江町井手山田前の毎時98・1マイクロシーベルトだった。
 同原発から北西方向に線量の高い地域が広がっており、文部科学省が行っているヘリコプターを使ったモニタリングなどと同様の結果が得られた。結果は経済産業省のホームページ(http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/20111116.html)でも公表している。
 また、建物による放射線の遮蔽(しゃへい)効果を調べた調査結果も公表。屋外の放射線量を1とした場合、鉄筋コンクリートの建物だと屋内中央付近の放射線量は0・06にまで低下。鉄骨は0・2で、木造は0・4だった。同チームは「建物内部の汚染はわずか」と評価している。