2011年11月23日水曜日

AHW試験飛行成功

AHWが試験飛行に成功した。
 米国防総省は、地球上のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる米陸軍の
極超音速兵器「AHW」の試験飛行を初めて実施、成功したと発表した。
 発表によると、AHWはハワイ・カウアイ島のミサイル施設から発射され、
大気圏を飛行し、約4000km離れたマーシャル諸島の目標地点に命中した。
最高速度は公表されていないが、極超音速は音速の5倍以上を指す。

AHWは、報道を見る限り、ミサイル形状をしており、大気圏内をマッハ5程度
で、飛んだ。
Falcon HTVは、大気圏を再突入した際に通信途絶。
CPGSの実験は、空軍系が行ったFalcon HTVと陸軍系が行ったAHW。
HTVの情報がAHWに使われたとのことだ。本当だろうか。
両軍が欲しかったのは、空気力学、航行制御、熱保護技術らしい。
「二回も試験用高速ミサイルを、打ち上げて2億3990万ドルを浪費」と言われ
そうだ

Falcon HTV2 通信途絶


---地球上どこでも1時間…米軍の無人極超音速機---
2011年11月19日08時40分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111118-OYT1T01026.htm

 米国防総省は17日、地球上のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる米陸軍の極超音速兵器「AHW」の試験飛行を初めて実施、成功したと発表した。
 発表によると、AHWはハワイ・カウアイ島のミサイル施設から発射され、大気圏を飛行し、約4000キロ・メートル離れたマーシャル諸島の目標地点に命中した。最高速度は公表されていないが、極超音速は音速の5倍以上を指す。
 オバマ政権は、核弾頭を搭載しない「通常即応型地球規模攻撃兵器(CPGS)」による抑止力維持を図る戦略を進めており、新型兵器の開発に力を入れている。(ワシントン 山口香子)


---米国防総省、極超音速兵器の実験に成功 時速7725キロ---
2011.11.18 Fri posted at: 11:39 JST
http://www.cnn.co.jp/usa/30004638.html

 ワシントン(CNN) 米国防総省は17日、音速の5倍での長距離飛行を目指した極超音速兵器の実験に成功した。
 詳しい速度などの情報は公開されていないが、CNNでは発射地点のハワイ・カウアイ島からマーシャル諸島クワゼリン環礁に30分で到達するための速度を計算。平均時速を4800マイル(約7725キロ)と割り出した。
 実験は技術と性能についてのデータを収集する目的で実施され、実機の製造は計画されていない。国防総省は「収集したデータは将来的な極超音速飛行技術の開発に利用する」としている。
 同省は、世界中のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できるシステムの開発プロジェクトを進めており、極超音速技術の開発もその一環。実験は8月にも行われたが、この時は太平洋に墜落して失敗に終わった。実験にはさまざまな形の機体が使われており、8月の実験機は翼の形、17日の機体は円錐形だった。


---Hypersonic bomb: One-hour delivery?---
by Tim Hornyak November 18, 2011 5:49 AM PST
http://news.cnet.com/8301-13639_3-57327407-42/hypersonic-bomb-one-hour-delivery/

The U.S. Army has successfully tested a hypersonic aircraft that can travel five times the speed of sound and reach anywhere on Earth in under an hour.

Described by the Pentagon as a "glide vehicle, designed to fly within the earth's atmosphere at hypersonic speed and long range," the Advanced Hypersonic Weapon (AHW) was launched aboard a rocket from the Pacific Missile Range Facility in Hawaii.

It hit a target at Kwajalein Atoll in the Marshall Islands, some 2,300 miles away, in less than 30 minutes, according to Department of Defense and AP reports.

Hypersonic vehicles are assumed to fly faster than five times the speed of sound, roughly 3,800 mph. Unlike a missile, the glide vehicle can be maneuvered.

"The objective of the test is to collect data on hypersonic boost-glide technologies and test range performance for long-range atmospheric flight," the DOD said in a release. "Mission emphasis is aerodynamics; navigation, guidance, and control; and thermal protection technologies."

The weapon is part of Conventional Prompt Global Strike (CPGS), a program that would give the U.S. the power to strike anywhere in the world with conventional weapons in less than an hour.

DARPA's Falcon Hypersonic Technology Vehicle 2 (HTV-2) is also part of the program. Although it failed a test in August, data was used in planning the AHW flight.

The Pentagon has spent $239.9 million on the program this year, including $69 million for the AHW, according to a Congressional Research Service report.

"These weapons would not substitute for nuclear weapons in the U.S. war plan," it said, "but would, instead, provide a 'niche' capability, with a small number of weapons directed against select, critical targets, which might expand the range of U.S. conventional options."

0 コメント: