2011年11月28日月曜日

対イラン包括制裁

対イラン包括制裁が発表された。
 オバマ米政権は、核開発を続けるイランへの圧力強化策の一環として、
イラン中央銀行が「マネーロンダリング(資金洗浄)に関与している」と
指定した上で、同中央銀行と取引のある第三国の銀行に対し、取引見直し
の圧力をかける方針を決めた。

制裁
・米国、英国、カナダが協調
・イラン中央銀行を含む同国の全金融機関を制裁対象
・石油・石油化学等イランの主要産業にも制裁
・仏、独もIAEAの報告による制裁を承認

イランから原油を購入している日本は影響する可能性がある。

イスラエルとイランによる軍事衝突の可能性は以前から続く。
原爆を持つイスラエルが、中東では優位だったが、イランが原爆を開発
していると報道されてから、イスラエルは軍事行動の可能性が強くなった。
イスラエルは、シリアの核施設を空爆したこともあり、最近の国防相は
"Time has come"と言い始めている。
ユダヤ系とつながりが強い政府は、イスラエルと歩調を合わせ始めた。
サウジ王子暗殺未遂やIAEA、資金洗浄等の理由で包括的制裁が始まる。

ヒラリー 「イランを完全に消滅させる」
核弾頭数
米国 イラン制裁へ
米陸軍 心理作戦疑惑
対イラン向MD配備合意
The plot name Chevrolet


---イランに包括制裁=中銀含む全金融、石油化学対象―米英加---
2011年11月22日8時6分
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201111220012.html

 【ワシントン時事】米国のクリントン国務長官とガイトナー財務長官は21日、英国、カナダと協調したイランに対する包括制裁措置を発表した。イラン中央銀行を含む同国の全金融機関を制裁対象とするほか、石油・石油化学などイランの主要産業にも制裁を加え圧力を強める。
 イランの全金融機関と石油化学分野を制裁対象とするのは初めて。イラン核開発への懸念が高まっていることを受けた措置で、イラン経済に大きな影響を及ぼしそうだ。 


---イラン中央銀に「間接的制裁」…米紙報道---
2011年11月21日20時41分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111121-OYT1T01109.htm

 【ワシントン=山口香子】オバマ米政権は、核開発を続けるイランへの圧力強化策の一環として、イラン中央銀行が「マネーロンダリング(資金洗浄)に関与している」と指定した上で、同中央銀行と取引のある第三国の銀行に対し、取引見直しの圧力をかける方針を決めた。
 紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が20日、報じた。
 イランの原油取引の決済は、大部分が同中央銀行を経由して行われており、イラン経済に大きな打撃を与えるとともに、日本の原油輸入にも影響する可能性がある。
 マネーロンダリングへの関与指定は、過去に対北朝鮮制裁の一環などで使用された。直接的な制裁ではないものの、米国との関係悪化を恐れ、同中央銀行との取引を控える企業が出る可能性がある。


---Israel: Time has come to deal with Iran---
Mon Nov 21, 2011 8:39AM GMT
http://presstv.com/detail/211244.html

Israeli Defense Minister Ehud Barak refuses to rule out speculations about a military strike on Iran's nuclear sites, again insisting that the "time has come" to deal with Iran.


“I don't think that that is a subject for public discussion. But I can tell you that the (International Atomic Energy Agency) IAEA report has a sobering impact on many in the world, leaders as well as the publics, and people understand that the time has come,” Barak claimed in an interview with CNN on Sunday without being questioned about Tel Aviv's reported possession of nuclear warheads.

On November 8, IAEA Director General Yukiya Amano circulated his latest report on Iran's nuclear program among the 35 members of the IAEA Board of Governors, claiming that Iran was engaged in activities aimed at developing nuclear weapons before 2003 and added that these activities “may still be ongoing.”

Iran has firmly rejected Amano's latest report on its nuclear program as "unbalanced, unprofessional and prepared with political motivation and under political pressure by mostly the United States."

“People understand now that Iran is determined to reach nuclear weapons. No other possible or conceivable explanation for what they have been actually doing," Barak claimed.

The Israeli minister stated, "And that should be stopped."

The US, Israel and their allies accuse Iran of pursuing a military nuclear program and have used this allegation as a pretext to convince the UN Security Council to impose a fourth round of sanctions on Iran.

Tehran has categorically refuted Western allegations, saying that as a signatory to the Nuclear Non-Proliferation Treaty and a member of the IAEA, it has the right to acquire and develop atomic technology for peaceful purposes.

Barak's remarks came after Iranian Defense Minister Brigadier General Ahmad Vahidi described anti-Iran threats by the US and the Israeli regime as futile attempts to wage a psychological warfare against the Islamic Republic.

The US and Israeli threats stem from their weakness and incapability and they sound more like psychological operations, Vahidi said on Sunday.

Iranian officials have vowed to deliver a crushing response to any military strike against the country, warning that any such measure could result in a war that would certainly reach far beyond the Middle East.


---イランがIAEA決議に反発…関係見直しも---
2011年11月20日07時00分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111119-OYT1T00794.htm

 【テヘラン=五十嵐弘一】イランは国際原子力機関(IAEA)が18日に採択した決議に強く反発し、核開発も継続する方針だ。
 国際社会での孤立が深まる中、IAEAとの関係見直しを求める声も出ている。
 サレヒ外相は、決議採択の前提となったIAEA報告書を、「(イランの核兵器について)確たる証拠は示されていない」などと批判している。
 イラン側は、テヘラン近郊の軍事施設に建設した建物が、核兵器用の高性能起爆装置の実験施設と指摘されたことについて、「建物はトイレ」などと反論。報告書が示した「証拠文書」は電子ファイルであり、「偽造された物」と断じた。
 イランは天野之弥事務局長への不信も募らせており、アフマディネジャド大統領は天野事務局長を「米国の主張を繰り返しているだけ」などと批判している。


---駐米サウジ大使暗殺未遂で国連決議 米、イランに圧力---
2011年11月19日10時23分
http://www.asahi.com/international/update/1119/TKY201111190122.html

 イラン系米国人が駐米サウジアラビア大使の暗殺を企てたとされる事件をめぐり、国連総会は18日、遺憾の意を表明し、イランに捜査への協力を求める決議案を賛成106、反対9、棄権40で採択した。イラン政府の関与を断定するオバマ米政権は、決議採択を追い風にイランへの圧力を強めると見られる。
 決議案はサウジアラビアが提出。イランが事件に関与したかについての言及はないが、「外交使節に対する暴力行為を強く非難する」としたうえで、イランに「国際法の下でのすべての義務を順守する」ように要求し、関与を示唆する書き方になっている。
 採択を前にイランのカザイ国連大使は「(暗殺)計画にはいかなるイラン当局者も絶対に関与していない」と強調。採決では北朝鮮やベネズエラ、キューバなどが反対し、棄権にまわった中ロも「具体的な証拠をもとに議論すべきだ」などとイランを擁護した。


---IAEA報告:米、圧力強化へ本腰 イラン核開発「根拠」---
毎日新聞 2011年11月9日 21時59分(最終更新 11月9日 22時48分)
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20111110k0000m030123000c.html

 国際原子力機関(IAEA)は8日、イランの核兵器開発疑惑について初めて具体的な根拠を示した。これを受け、米国が国連安全保障理事会での対イラン追加制裁決議に向けた協議に本腰を入れるのは確実だ。しかし、中国やロシアは制裁強化になお消極的だ。また、国内の政治情勢が不安定なイランは、「外圧」に妥協できる状況になく、深まる疑惑をよそにイランを取り巻く状況は不透明さを増している。【ワシントン白戸圭一、エルサレム花岡洋二、バンコク鵜塚健】

◇イスラエル情勢に配慮…米国
 IAEA報告書公表を受け、米政府高官は8日、記者団に「報告書が提起した問題についてイラン政府が回答できないのならば、我々は追加的な圧力を求めるだろう」と述べ、イランに対する米国独自の追加制裁を追求する方針を明らかにした。さらに高官は、「(追加的な圧力には)他の国々と実施する措置も含まれる」とも述べ、安保理の追加制裁を求める考えも示唆した。
 米国が圧力強化を追求する背景には、イスラエルが対イラン軍事行動の可能性をちらつかせている問題がある。
 イスラエルは以前から、イラン攻撃の可能性を排除していないが、今回の報告書公表を前に空爆に踏み切る可能性を示唆する報道が過熱していた。ペレス大統領も地元テレビで「今こそ制裁強化か、武力行使か。(イランの核保有阻止の)約束を守る時だ」と述べ、国際社会に早急な対応を迫った。
 一方、報告書公表を受けイスラエルのネタニヤフ首相は8日、閣僚に発言を控えるよう指示した。政府の公式コメントも発表していない。報告書が核兵器開発疑惑の根拠を示したことは歓迎しているが、それに続く経済制裁や軍事行動の可能性をめぐる議論で突出したイメージを国際社会に持たれるのを避け、国際世論の動向を見極めるのが狙いだ。
 イスラエル政府は今後も、対イランの経済制裁強化を要求しつつ、単独または欧米と共同での軍事行動をも検討するとみられるが、オバマ米大統領は来年の大統領選を控え、中東情勢の緊張を高める軍事衝突には慎重だ。そのため、米政権はイスラエルに「イランとの軍事衝突は求めていない」(ヌーランド国務省報道官)とのメッセージを送りながら、イランへの外交圧力を強める姿勢を示す必要に迫られている。
 今後の焦点は、安保理での対イラン制裁協議だが、中国やロシアはなお制裁協議に後ろ向きな姿勢を崩していない。米国が思うとおり安保理で新たな制裁協議を進めるのは簡単ではなさそうだ。

◇「強硬」以外道なく…イラン
 【バンコク鵜塚健】核兵器開発疑惑を指摘したIAEA報告書についてイラン政府は、「全く根拠がない。政治的な動機に基づくものだ」と反発している。国際社会からの批判はイランにとって一定の圧力になるものの、イランの国内政治状況は不安定化しており、外交姿勢を転換する状況にない。イランにとって妥協は難しく、欧米との核開発交渉の進展は望めそうもない。
 「IAEAは米国の手先だ。彼(天野之弥事務局長)は米国から受け取った文書をそのまま垂れ流している」。アフマディネジャド大統領は報告書公表前の8日、皮肉を交えてIAEAを非難した。疑惑の根拠となる「情報」の多くが古いことなどから、イラン政府は報告書の信ぴょう性を正面から否定し、「平和利用の核開発」を従来通り主張し続ける構えだ。
 イラン国内では現在、アフマディネジャド大統領と最高指導者ハメネイ師との対立が激化している。イランにとって、核問題解決と欧米諸国との協調は積年の課題だが、政策転換を主張すれば「弱腰」と映り、互いの批判材料にもなる。そのため、本音とは裏腹に「核問題での政策変更を誰も主張できず、強硬姿勢を維持する選択肢しかない」(ジバカラム・テヘラン大教授)状況だ。
 従来の経済制裁がイラン経済に徐々に打撃を与え、米国が検討中のイラン中央銀行への追加制裁はさらに重大な影響をもたらすとの予測もある。しかし、「原油価格の高止まりが続く限り、決定的な困窮を招くことはなく、政策転換につながらない」(ジバカラム教授)。イラン政府の強硬姿勢は当分続きそうだ。

◆イラン核開発を巡る主な動き◆
02年8月 反体制派が核兵器開発疑惑を公表
04年11月 欧州連合との交渉で、ウラン濃縮活動の一時停止で合意
05年8月 アフマディネジャド大統領が就任。濃縮関連活動を再開
06年4月 低濃縮ウランの製造に成功と発表
  12月 国連安保理が経済制裁決議
07年3月 安保理追加制裁決議
08年3月 3度目の安保理制裁決議
09年9月 2カ所目のウラン濃縮施設が判明
  11月 新たに10カ所のウラン濃縮施設の建設を発表
10年2月 ウランの20%濃縮開始
  5月 イランがトルコへの低濃縮ウラン搬出に合意。米欧は受け入れず
11年9月 地下施設への遠心分離機の設置をIAEAが確認
  11月 IAEAが核兵器開発疑惑報告


---Iran Escalates Anti-U.S. Rhetoric Over Nuclear Report---
By ROBERT F. WORTH and RICK GLADSTONE
Published: November 9, 2011
http://www.nytimes.com/2011/11/10/world/middleeast/iran-seeks-to-frame-un-nuclear-report-as-american-bullying.html

WASHINGTON - Angered by the release of an incriminating United Nations report on their nuclear ambitions, Iran’s leaders sought on Wednesday to cast it as an American fabrication.

They denounced its chief author as a Washington stooge and vowed that their country would not be bullied into abandoning its nuclear program.

The tone of their reaction suggested that Iran’s leaders were worried that the report, released Tuesday by the International Atomic Energy Agency, could sway world opinion and deepen Iran’s isolation, complicating its repeated claims that the goal of the nuclear program is energy for civilian use, not weapons.

France, Britain and Germany quickly signaled that they would join the United States in seeking new ways to pressure Iran, although Russia said it was opposed to any new sanctions and China said it was noncommittal.

The report, buttressed by evidence not previously disclosed, concluded that Iran had been secretly engaged in behaviors that suggested that it was seeking to construct a nuclear weapon. The report also asserted that Iran might be researching ways to deliver a nuclear weapon by means of a missile warhead. It was the first time that the agency, an arm of the United Nations, had made such assertions.

President Mahmoud Ahmadinejad of Iran led the verbal assault on the report, saying it had been orchestrated by Iran’s enemies, principally the United States, which he said had dictated the report’s findings.

“Why do you exploit the I.A.E.A. dignity in favor of the U.S. administration?” Mr. Ahmadinejad asked rhetorically in a question directed at Yukiya Amano, the director general of the agency, who oversaw the production and content of the report.

“Some bullying powers are armed with atomic bombs and they claim Iran is seeking such bombs,” Mr. Ahmadinejad said, in remarks reported by Iranian news agencies. “The Iranian nation does not fear you if it wants to make a bomb, but it does not need a bomb.”

Ali Asghar Soltanieh, Iran’s chief delegate to the United Nations nuclear agency, was quoted by Iranian news agencies as saying that Mr. Amano had violated the agency’s charter by asserting false claims in the report and that he would “see consequences of his historical mistake.”

Foreign Minister Alain Juppe of France, an advocate of harsher sanctions against Iran but opposed to a military response, said France and its allies were prepared to impose “unprecedented sanctions” on Iran. Mr. Juppe also said that France wanted to convene the United Nations Security Council, which has already imposed four rounds of sanctions on Iran. “We cannot accept this situation, which is a threat,” he told RFI radio.

Britain’s foreign secretary, William Hague, told the House of Commons that “no option is off the table” concerning Iran penalties and that he would work on persuading Russia and China to view Iran more critically.

Catherine Ashton, the European Union’s foreign policy chief, said that the United Nations report’s findings “strongly indicate the existence of a full-fledged nuclear weapons development program in Iran.”

The European Union, like the United States, has already imposed sanctions on Iran that exceed those specified by the Security Council. They include travel bans and asset freezes on 35 people and 215 entities.

The German foreign minister, Guido Westerwelle, called the new report “alarming” and said more severe sanctions would be inevitable if Iran “continues to refuse to conduct serious negotiations on its nuclear program.” But he ruled out military action.

Whether the weight of evidence in the report could alter the calculus of Russia and China, who have been Iran’s chief defenders against European and American claims about Iran’s nuclear intentions, remained unclear, but Russia quickly signaled that it would not support new or stricter sanctions regardless of what the report suggested.

Before the release of the report, Iranian officials had said it was intended to bolster the case for a pre-emptive military strike on Iran by Israel, which considers Iran its most lethal enemy and has dropped hints of planning such an attack.

Reacting to the report on Wednesday, Prime Minister Benjahim Netanyahu of Israel said nothing about a military response. But in a statement, he said the report “corroborates the position of the international community, and of Israel, that Iran is developing nuclear weapons.”

The reaction among Iran’s Arab neighbors, historically suspicious of Iran’s motivations, clearly reflected worries about a possible military confrontation and economic upheaval. A columnist for the conservative Lebanese daily An-Nahar, Rajeh al-Khoury, wrote that it was not in President Obama’s interests “to slide into a new war that could set the Gulf and Middle East region on fire and push the price of oil to astronomical levels.”

Others expressed skepticism that the report provided enough justification to attack Iran in order to thwart its nuclear ambitions. “There is insufficient evidence to decide whether to go to war,” said Ma’moun al-Husseini, a columnist for Al-Khaleej, a United Arab Emirates newspaper.

Walid Choucair, a columnist for the newspaper Al-Hayat of Saudi Arabia, which has no love for Iran, said the report could even help Iran by validating widespread suspicions that Israel was looking for an excuse to attack. He wrote that such a threat strengthened “the argument by the Iranian regime and its allies in the region that they constitute the formidable ‘resistance’ to the ‘Zionist entity.’ ”

0 コメント: