2011年12月31日土曜日

米軍NATO軍 イラク撤退完了

米国NATO軍のイラク撤退を完了した。
 イラクの首都バグダッドで発生し60人以上が死亡した同時テロについて、
国際テロ組織アル・カーイダなどの連合体「イラク・イスラム国」は、
犯行を認める声明をウェブサイト上に出した。
米軍が撤収したばかりのイラクでは、シーア派主導政権を率いるマリキ
首相とスンニ派勢力との対立が激化している。

イラクは、国際連合軍が撤退してから、宗教と人種の派閥が対立。
イランがテロリストを支援との説もある。
米政府は、経済復興や治安維持のために、装備品を提供し、民間警備員
5000人が常駐する予定。
一部の腐った海兵隊員や陸軍兵は去ったが、好き勝手をしていたXe(旧
Blackwater)や派遣先戦地のハリバートン等を代表とする民間警備員が
さらに増員され常駐することになる。
米国の軍による占領を武器供給と軍事訓練も含めて民兵に委託、
イ・イ戦争から何も変わっていない。

テロ特措法・イラク特措法の殉職者数発表
オバマの逆襲 米海兵隊の異常さ
国際貢献と言うイラク侵攻
空自イラク活動は違憲
米軍 外人部隊2万人
自衛隊 イラク完全撤退か
陸自サマワ 着弾による死亡数名か
民間軍事会社 行動規制
イラク撤収 帰国開始
靴投げ記者許し請う
公的殺人集団 イラク内限定で契約失効
米政府 イラク放棄か
イラク駐留軍は北派兵予備か
靴投げ記者 靴を投げられる
米政府 Blackwater契約継続
アフガニスタン 埋蔵鉱脈92兆円
Xe 罰金支払いで合意
米陸軍 戦利品は頭蓋骨
WikiLeaks 新文書公開
ウィキリークス 米外交文書公開
BP ハリバートン提訴
Obama Bin Ladin Dead
米メディア 報道の倫理
米空軍 遺体をゴミ扱い


OBAMA Declares The End of Iraq War FULL UNCUT SPEECH 12/14/2011 (HD)


U.S. troops enter Kuwait after leaving Iraq Dec 18 11.


Iraq Miscalculation: America's greatest mistake?


---イラク同時テロ、アル・カーイダ系が犯行声明---
2011年12月27日19時49分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111227-OYT1T01063.htm

 【カイロ=長谷川由紀】イラクの首都バグダッドで22日に発生し60人以上が死亡した同時テロについて、国際テロ組織アル・カーイダなどの連合体「イラク・イスラム国」は26日、犯行を認める声明をウェブサイト上に出した。AFP通信などが伝えた。
 声明は、イスラム教シーア派大国イランの脅威からイラクのスンニ派を守るためと犯行の狙いを説明した。米軍が撤収したばかりのイラクでは、シーア派主導政権を率いるマリキ首相とスンニ派勢力との対立が激化している。


---Iraqi arms deal stokes fears of civil war
Michael Schmidt and Eric Schmitt
December 30, 2011
http://www.smh.com.au/world/iraqi-arms-deal-stokes-fears-of-civil-war-20111229-1pe9a.html

THE OBAMA administration is moving ahead with the sale of nearly $US11 billion worth of arms and training for the Iraqi military, despite concerns Prime Minister Nuri al-Maliki is consolidating his authority in a one-party Shiite-dominated state and abandoning the US-backed power-sharing government.

The military aid, including advanced fighter jets and battle tanks, is meant to help the Iraqi government protect its borders and rebuild a military that before the 1991 Persian Gulf war was one of the largest in the world.

But the sales of the weapons - some of which have already been delivered - are moving ahead even though Mr Maliki has failed to carry out an agreement that would have limited his ability to marginalise the Sunnis and turn the military into a sectarian force.

While the US is eager to beef up Iraq's military, at least in part as a hedge against Iranian influence, there are also fears that the move could backfire if the Baghdad government ultimately aligns more closely with the Shiite theocracy in Tehran than with Washington.

US diplomats, including ambassador James Jeffrey, have privately expressed concern about the military relationship with Iraq, saying that it could have political ramifications for the Obama administration. There is growing concern that Mr Maliki's apparent efforts to marginalise the country's Sunni minority could set off a civil war.

The program to arm the military is being led by the US Embassy in Baghdad , which, through its Office of Security Cooperation, serves as a broker between the Iraqi government and defence contractors like Lockheed Martin and Raytheon. Among the big-ticket items being sold to Iraq are F-16 fighter jets, M1A1 Abrams main battle tanks, cannons and armoured personnel carriers. The Iraqis have also body armour, helmets, ammunition trailers and sport utility vehicles, which critics say can be used by domestic security services to help Mr Maliki consolidate power.

''The purpose of these arrangements is to assist the Iraqis' ability to defend their sovereignty against foreign security threats,'' said Captain John Kirby, a Pentagon spokesman in Washington.

But some Iraqi politicians and analysts, while acknowledging US military withdrawal had left Iraq's borders and airspace vulnerable, cited many reasons for concern.

Despite pronouncements from US and Iraqi officials that the Iraqi military is a non-sectarian force, they said, it had evolved into a hodgepodge of Shiite militias more interested in marginalising the Sunnis than protecting the country's sovereignty. Across the country, they said, Shiite flags - not Iraq's national flag - fluttered from tanks and military vehicles, evidence of the troops' sectarian allegiances.

''It is very risky to arm a sectarian army,'' said Rafie al-Essawi, the country's finance minister and a leading Sunni politician. ''It is very risky with all the sacrifices we've made, with all the budget to be spent, with all the support of America - at the end of the day, the result will be a formal militia army.''

Mr Essawi said he was concerned about how the weapons would be used if political tension led to renewed sectarian violence. Some Iraqis and analysts said the weapons could give Mr Maliki an advantage in preventing Sunni provinces from declaring autonomy from the central government.

''Washington took the decision to build up Iraq as a counterweight to Iran through close military co-operation and the sale of major weapon systems,'' said Joost Hiltermann, the International Crisis Group's deputy program director for the Middle East.

''Maliki has shown a troubling inclination toward enhancing his control over the country's institutions without accepting any significant checks and balances.''

Uncertainty over Mr Maliki's intentions, and with that the wisdom of the weapons sale, began to emerge even before the last US combat forces withdrew 12 days ago. Mr Maliki moved against Sunni rivals, arresting hundreds of former Baath Party members on charges they were involved in a coup plot.

Then security forces under Mr Maliki's control issued an arrest warrant for the country's Sunni vice-president, who fled to the semiautonomous Kurdish north.

The Americans warned Iraqi officials that if they wanted to continue receiving military aid, Mr Maliki had to fulfil a 2010 agreement that required the Sunni bloc in parliament to have a say in who ran defence and interior ministries.

But despite a pledge to do so, the ministries remain under Mr Maliki's control, angering many Sunnis.


---Weapons Sales to Iraq Move Ahead Despite U.S. Worries
By MICHAEL S. SCHMIDT and ERIC SCHMITT
Published: December 28, 2011
http://www.nytimes.com/2011/12/29/world/middleeast/us-military-sales-to-iraq-raise-concerns.html

BAGHDAD - The Obama administration is moving ahead with the sale of nearly $11 billion worth of arms and training for the Iraqi military despite concerns that Prime Minister Nuri Kamal al-Maliki is seeking to consolidate authority, create a one-party Shiite-dominated state and abandon the American-backed power-sharing government.

The military aid, including advanced fighter jets and battle tanks, is meant to help the Iraqi government protect its borders and rebuild a military that before the 1991 Persian Gulf war was one of the largest in the world; it was disbanded in 2003 after the United States invasion.

But the sales of the weapons - some of which have already been delivered - are moving ahead even though Mr. Maliki has failed to carry out an agreement that would have limited his ability to marginalize the Sunnis and turn the military into a sectarian force. While the United States is eager to beef up Iraq’s military, at least in part as a hedge against Iranian influence, there are also fears that the move could backfire if the Baghdad government ultimately aligns more closely with the Shiite theocracy in Tehran than with Washington.

United States diplomats, including Ambassador James F. Jeffrey, have expressed concern about the military relationship with Iraq. Some have even said it could have political ramifications for the Obama administration if not properly managed. There is also growing concern that Mr. Maliki’s apparent efforts to marginalize the country’s Sunni minority could set off a civil war.

“The optics of this are terrible,” said Kenneth M. Pollack, an expert on national security issues at the Brookings Institution in Washington and a critic of the administration’s Iraq policy.

The program to arm the military is being led by the United States Embassy here, which through its Office of Security Cooperation serves as a broker between the Iraqi government and defense contractors like Lockheed Martin and Raytheon. Among the big-ticket items being sold to Iraq are F-16 fighter jets, M1A1 Abrams main battle tanks, cannons and armored personnel carriers. The Iraqis have also received body armor, helmets, ammunition trailers and sport utility vehicles, which critics say can be used by domestic security services to help Mr. Maliki consolidate power.

“The purpose of these arrangements is to assist the Iraqis’ ability to defend their sovereignty against foreign security threats,” said Capt. John Kirby, a Pentagon spokesman in Washington.

But Iraqi politicians and analysts, while acknowledging that the American military withdrawal had left Iraq’s borders, and airspace, vulnerable, said there were many reasons for concern.

Despite pronouncements from American and Iraqi officials that the Iraqi military is a nonsectarian force, they said, it had evolved into a hodgepodge of Shiite militias more interested in marginalizing the Sunnis than in protecting the country’s sovereignty. Across the country, they said, Shiite flags - not Iraq’s national flag - fluttered from tanks and military vehicles, evidence, many said, of the troops’ sectarian allegiances.

“It is very risky to arm a sectarian army,” said Rafe al-Essawi, the country’s finance minister and a leading Sunni politician. “It is very risky with all the sacrifices we’ve made, with all the budget to be spent, with all the support of America - at the end of the day, the result will be a formal militia army.”

Mr. Essawi said that he was concerned about how the weapons would be used if political tension led to a renewed tide of sectarian violence. Some Iraqis and analysts said they believed that the weapons could give Mr. Maliki a significant advantage in preventing several Sunni provinces from declaring autonomy from the central government.

“Washington took the decision to build up Iraq as a counterweight to Iran through close military cooperation and the sale of major weapon systems,” said Joost Hiltermann, the International Crisis Group’s deputy program director for the Middle East. “Maliki has shown a troubling inclination toward enhancing his control over the country’s institutions without accepting any significant checks and balances.”

Uncertainty over Mr. Maliki’s intentions, and with that the wisdom of the weapons sale, began to emerge even before the last American combat forces withdrew 11 days ago. Mr. Maliki moved against his Sunni rivals, arresting hundreds of former Baath Party members on charges that they were involved in a coup plot. Then security forces under Mr. Maliki’s control sought to arrest the country’s Sunni vice president, who fled to the semiautonomous Kurdish region in the north. In addition, Mr. Maliki threatened to release damning information on other politicians.

With these actions plunging the country into a political crisis, a few days later, Mr. Maliki said the country would be turned into “rivers of blood” if the predominantly Sunni provinces sought more autonomy.

This was not a completely unforeseen turn of events. Over the summer, the Americans told high-ranking Iraqi officials that the United States did not want an ongoing military relationship with a country that marginalized its minorities and ruled by force.

The Americans warned Iraqi officials that if they wanted to continue receiving military aid, Mr. Maliki had to fulfill an agreement from 2010 that required the Sunni bloc in Parliament to have a say in who ran the Defense and Interior Ministries. But despite a pledge to do so, the ministries remain under Mr. Maliki’s control, angering many Sunnis.

Corruption, too, continues to pervade the security forces. American military advisers have said that many low- and midlevel command positions in the armed forces and the police are sold, despite American efforts to emphasize training and merit, said Anthony Cordesman, an analyst at the Center for Security and International Studies in Washington.

Pentagon and State Department officials say that weapons sales agreements have conditions built in to allow American inspectors to monitor how the arms are used, to ensure that the sales terms are not violated.

“Washington still has considerable leverage in Iraq by freezing or withdrawing its security assistance packages, issuing travel advisories in more stark terms that will have a direct impact on direct foreign investment, and reassessing diplomatic relations and trade agreements,” said Matthew Sherman, a former State Department official who spent more than three years in Iraq. “Now is the time to exercise some of that leverage by publicly putting Maliki on notice.”

Lt. Gen. Robert L. Caslen, the head of the American Embassy office that is selling the weapons, said he was optimistic that Mr. Maliki and the other Iraqi politicians would work together and that the United States would not end up selling weapons to an authoritarian government.

“If it was a doomsday scenario, at some point I’m sure there will be plenty of guidance coming my way,” he said in a recent interview.

A spokesman for the United States Embassy declined to comment, as did the National Security Council in Washington.

As the American economy continues to sputter, some analysts believe that Mr. Maliki and the Iraqis may hold the ultimate leverage over the Americans.

“I think he would like to get the weapons from the U.S.,” Mr. Pollack said. “But he believes that an economically challenged American administration cannot afford to jeopardize $10 billion worth of jobs.”

If the United States stops the sales, Mr. Pollack said, Mr. Maliki “would simply get his weapons elsewhere.”


---バグダッドで連続爆弾テロ、65人死亡 政権崩壊の懸念も---
2011.12.23 Fri posted at: 10:17 JST
http://www.cnn.co.jp/world/30005027.html

 バグダッド(CNN) 駐留米軍が撤収を完了したばかりのイラクの首都バグダッドで22日、20件の爆発が相次ぎ、少なくとも65人が死亡、196人が負傷した。同国では宗派間の対立による政治的混乱が深まり、政権崩壊の懸念も強まっている。
 警察によると、同日朝のラッシュアワーの2時間の間に、市内の住宅街やビジネス街、官庁街で自動車を使った爆弾テロが9件、路上爆弾の爆発6件、砲撃1件が相次いで起きた。いずれも市場や学校、喫茶店が標的とされ、市民や通学途中の生徒などが犠牲になった。住宅地ではイスラム教のスンニ派とシーア派の両方の居住地域で爆発が起きた。
 中でも腐敗防止機関の庁舎前で起きた自動車による自爆テロでは少なくとも23人が死亡、43人が負傷し、建物の一部も損壊した。
 市内の病院には爆発物の破片を浴びたとみられる患者が運び込まれ、現地のテレビ局は犠牲者の姿や破壊された店舗、住宅などの様子を映している。
 現時点で一連の犯行を認める声明は出ていないが、過去に起きたスンニ派とシーア派の対立によるテロや、国際テロ組織アルカイダによるテロと同様の手口が使われている。
 イラクではハシミ副大統領がテロに関与した疑いで指名手配されたことをめぐり、シーア派とスンニ派、クルド系議員らの間で政治的対立が深まっていた。
 イサウィ財務相はCNNの取材に対し、今回のテロとこうした対立との直接的な関係はないとしながらも、「テロリストがこうした状況の悪化に付け入る環境は十分にある」との見方を示した。
 同財務相は、事態悪化の恐れがあることは米軍の撤収を前にイラク当局から伝えていたと述べ、「米国に対し、(イラクの)政治状況と治安状況は極めてぜい弱だと何度も伝えたが、残念なことに誰も聞く耳を持たなかった」と話している。
 政治的混乱による宗派対立の激化と政治プロセスの崩壊を懸念する声も出る中で、マリキ首相は「犯罪集団やそれを背後で操る者が、事態の進展や政治プロセスを変えることはできない」と強調した。
 在バクダッド米国大使館もイラクの政治指導部に対し、憲法と法に従い、対話を通じた平和的な問題の解決を呼びかける声明を発表した。


---米軍のイラク駐留終わる…最後の部隊が出国---
2011年12月18日19時03分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111218-OYT1T00530.htm

 【バグダッド=田尾茂樹】イラクに駐留していた最後の米軍部隊が18日、イラクを出国した。
 これで、オバマ米政権が期限と定めていた12月31日を前に、すべての部隊撤収が完了した。
 米CNNテレビなどによると、この日撤収したのは、米陸軍第1歩兵師団傘下の装甲車約110台に乗車した約500人。米大使館警護などのために残る約150人を除き、陸路で隣国クウェートに入ったという。
 オバマ米大統領は14日にイラク戦争の終結を宣言、駐留米軍も15日に首都バグダッドで解散式を行い、任務を終えた。
 フセイン政権崩壊後のイラクでは、宗派間抗争などから一時、内戦状態に陥った。このため米軍は07年に17万人まで部隊を増員するなどして、治安の改善に当たった。10年8月末には戦闘部隊が撤収、残った数万人がイラク治安部隊の訓練や対テロ支援任務を続けてきた。


---軍撤収後、職員1700人派遣へ…米がイラクへ---
2011年12月15日19時46分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111215-OYT1T00920.htm

 【ワシントン=山口香子】米政府はイラク駐留米軍の全面撤収後、外交官らを大量に送り込み、経済復興や治安維持に向けた幅広い支援に乗り出す。
 イラクとの包括的パートナーシップ構築の成否は、マリキ政権が治安悪化を回避し、安定した体制を築けるかにかかっている。
 オバマ大統領は、12日にワシントンで行ったマリキ首相との共同記者会見で「米国はイラクに膨大な生命と財力を投じてきた。米軍が撤退しても、イラクの成功が米国にとって重要なことに変わりはない」と強調。F16戦闘機の供与をはじめとする軍事面から経済面まで幅広い支援の継続を約束した。
 米国務省は米軍撤退を機に在バグダッド大使館など関連11施設に職員1700人を配置し、復興支援にあたらせる。武装勢力の攻撃対象となりかねないことから、民間軍事会社の警備要員5000人も常駐させる。


---NATOもイラク撤収、年内に治安要員育成終了---
2011年12月13日10時25分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111213-OYT1T00303.htm

 【ブリュッセル=工藤武人】北大西洋条約機構(NATO)28か国は12日、イラクで2004年から実施している国軍・治安部隊の訓練支援を年末で完了し、撤収することを決めた。
 ラスムセンNATO事務総長が発表した。イラク駐留米軍は年内の全面撤収が決まっており、NATOも歩調を合わせる形だ。
 NATOは04年に当時のイラク暫定政府の要請で訓練将校を派遣し、国軍兵士と警察官計1万5000人超を育成してきた。10月現在、NATO加盟12か国にウクライナを加えた計13か国が要員170人を派遣している。
 イラク政府はNATOに対し、13年末までの任務延長を求めていた。だが、NATO要員が犯罪に関与した場合の訴追免除が認められないことがネックとなり、撤収に踏み切ったとみられる。


---Iraq: A war of muddled goals, painful sacrifice---
By REBECCA SANTANA, Associated Press - Dec 10, 2011
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5ifqaEfs4WdPGkr_igJWAhouHED4w?docId=d3bc12ceb5944ea498e2f4a9c1041801

BAGHDAD (AP) - In the beginning, it all looked simple: topple Saddam Hussein, destroy his purported weapons of mass destruction and lay the foundation for a pro-Western government in the heart of the Arab world.

Nearly 4,500 American and more than 100,000 Iraqi lives later, the objective now is simply to get out - and leave behind a country where democracy has at least a chance, where Iran does not dominate and where conditions may not be good but "good enough."

Even those modest goals may prove too ambitious after American forces leave and Iraq begins to chart its own course. How the Iraqis fare in the coming years will determine how history judges a war which became among the most politically contentious in American history.

Toppling Saddam was the easy part. Television images from the days following the March 20, 2003, start of the war made the conflict look relatively painless, like a certain type of Hollywood movie: American tanks speeding across the bleak and featureless Iraqi plains, huge blasts rattling Baghdad in the "shock and awe" bombing and the statue of the dictator tumbling down from his pedestal.

But Americans soon collided with the complex realities of an alien society few of them knew or understood. Who were the real power brokers? This ayatollah or that Sunni chief? What were the right buttons to push? America had its own ideas of the new Iraq. Did most Iraqis share them?

Places most Americans had never heard of in 2002, like Fallujah and Abu Ghraib, became household words. Saddam was captured nine months after the invasion. The war dragged on for eight more years. No WMD were ever found. And Iraq drained billions from America's treasury and diverted resources from Afghanistan, where the Taliban and al-Qaida rebounded after their defeat in the 2001 invasion.

In the early months, America's enemy was mostly Sunnis angry over the loss of power and prestige when their patron Saddam fell. In September 2007, the bloodiest year for U.S. troops, Shiite militias - part of a community that suffered terribly under Saddam - were responsible for three-quarters of the attacks in the Baghdad area that killed or wounded Americans, according to the then-No. 2 U.S. commander in Iraq, Lt. Gen. Ray Odierno.

Saddam had not tolerated al-Qaida. With Saddam gone and the country in chaos, al-Qaida in Iraq became the terror movement's largest and most dangerous franchise, drawing in fighters from North Africa to Asia for a war that lingers on through suicide bombings and assassinations, albeit at a lower intensity.

As American troops prepare to go home by Dec. 31, they leave behind a country still facing violence, with closer ties to the U.S. than Saddam had but still short of what Washington once envisioned. Iranian influence is on the rise. One of the few positive developments from the American viewpoint - a democratic toehold - is far from secure.

___

In 20-20 hindsight, the U.S. probably should have seen it coming. By 2003, communal rivalries and hatreds, fueled by years of Saddam's suppression of Kurds and Shiites, were brewing beneath the lid of a closed society cobbled together from the wreckage of the Ottoman Empire after World War I. Saddam's rule of terror kept all these passions in the pot. Lift the lid and the pot boils over. Remove Saddam and a new fight flares for the power that the ousted ruler and his Baath Party had monopolized for decades.

A day after Saddam's statue was hauled down in Baghdad, the U.S. arranged what was supposed to be a reconciliation meeting in the Shiite holy city of Najaf, bringing together prominent clerics from the majority Shiite sect eager for a dominant role in Iraq after the collapse of Saddam's Sunni-dominated rule.

One of them was Abdul-Majid al-Khoie, son of a revered ayatollah. Al-Khoie had fled to Britain during Saddam's crackdown against Shiites after the 1991 Gulf War. Now he and the other clerics were back in Iraq, freed from Saddam's yoke.

As al-Khoie approached a mosque, a crowd swarmed around him. He was hacked to death in an attack widely blamed on Muqtada al-Sadr, a fellow Shiite cleric.

In Baghdad, meanwhile, mobs looted and burned much of the city as bewildered U.S. soldiers stood by.

"Stuff happens," then-U.S. Defense Secretary Donald H. Rumsfeld famously said at the time. "And it's untidy, and freedom's untidy, and free people are free to make mistakes, and commit crimes and do bad things. They're also free to live their lives and do wonderful things. And that's what's going to happen here."

Within months, angry Sunnis had taken up arms to resist what they saw as a Shiite takeover on the coattails of the Americans. Their ranks were bolstered by former soldiers whose livelihood was taken away when the Americans, in a bid to appease Shiite and Kurdish leaders, abolished Saddam's military.

In August 2003, a massive truck bomb devastated the U.N. headquarters, killing the chief of mission, his deputy and 20 other people. Two months later, rockets slammed into the U.S.-occupied Rasheed Hotel in the Green Zone, killing an American lieutenant colonel and wounding 17 people. One of the architects of the war, visiting Deputy Defense Secretary Paul Wolfowitz, barely escaped injury.

By then it was clear: America was in for a long and brutal fight. The triumphant scene of Saddam's statue falling would be replaced by new iconic images: the bodies of butchered Americans hanging from a bridge in Fallujah, military vehicles engulfed in flames, terrified hostages staring into a video camera moments before decapitation, and flag-draped caskets resting at open graves as aging parents and young widows wept for their loved ones.

___

The Americans arrived with their own agenda for the new Iraq. That didn't always mesh with what the Iraqis had in mind.

Phillip J. Dermer, a now-retired U.S. colonel who has returned to Iraq as a businessman, spent the summer of 2003 helping set up a city council in Baghdad.

The idea was to give Iraqis a quick taste of democracy while issues like a constitution and national elections were being worked out.

After months of preparation, the council was elected and got down to its first order of business: To the Americans' surprise, an al-Sadr representative came forward to change the name of the Shiite slum in eastern Baghdad from Saddam City to Sadr City in honor of the cleric's father, who was assassinated by the deposed regime. The measure passed unanimously.

Dermer and his colleagues had been expecting a vote for something like a new budget for water. For Dermer it was a signal. The Iraqis had their own priorities.

"We were so focused on getting this council together and hold their hands up to vote when the whole time something else was happening. We weren't aware of it, and we didn't catch it," he said.

The Americans would soon learn the Iraqis were primarily interested in promoting their own religious or ethnic group at the expense of others.

___

Increasingly, Sunni militants were targeting not just U.S. troops but Iraqi Shiites.

Shiites initially held their fire and did not retaliate. Their highest-ranking cleric, Grand Ayatollah Ali al-Sistani, wanted Shiites to keep focused on the main prize: majority control of the government.

All that changed with the bombing of a major Shiite shrine in Samarra in February 2006.

Newly formed Shiite militias struck back against random Sunnis, often dragging them away in the dead of night. It was now Shiites against Sunnis, neighbor against neighbor.

America was now in the middle of a civil war, partly of its own making, despite intense efforts by the Bush administration to resist that view.

The U.S. seemed overwhelmed. Just keeping count of the death tolls was a challenge, leading to a bizarre U.S. military formula where a body found on the streets was listed as a "sectarian" victim if the fatal wound was in the head. If the wound were in the torso, it was counted as random violence.

___

For Americans back home, Iraq was not a war with morale-boosting milestones that could point to progress. No Pacific islands secured, no heroic storming of the beaches at Normandy. No newsreel scenes of grateful civilians welcoming liberators with flowers.

Instead, the war became a mind-numbing litany of suicide bombings and ambushes. "Progress" was defined by grim statistics such as fewer civilians found butchered today than yesterday. Soon it all began to sound the same, a bloody, soul-killing "Ground Hog Day" of brutality after brutality seemingly without purpose. Pacify one village, move on to another, only to have violence flare again in the first place.

Sen. John McCain summed it up at a congressional hearing three years into the war: "What I worry about is we're playing a game of whack-a-mole here."

A 24-year-old platoon leader in Ramadi expressed the same sentiment in a different way. "Every time we go out, we run," he told an Associated Press reporter in 2006. "If you stand still, you WILL get shot at."

___

It was even worse for the Iraqis. Everyone was a potential target for death. Sunni militants, especially in al-Qaida, considered Shiites as much of an enemy as American soldiers. Shiite militias viewed all Sunnis as Saddam loyalists ready to bring back the old regime.

By such twisted logic, mothers shopping for food in a market were just as legitimate a target as armed, uniformed soldiers. Car bombs and suicide attacks killed thousands. Sons, fathers and brothers disappeared - often without a trace - abducted by death squads and presumably buried in unmarked desert graves. Nearly everyone had a relative or a close friend who died or disappeared - more than 3,700 were slaughtered in the month of October 2006 alone, according to the United Nations.

By the end of 2006, the U.N. estimated that 100,000 Iraqis were fleeing every month for sanctuary in Jordan and Syria.

Death could come at any moment: from a bomb on a bus filled with people heading for work or from an errant shell on a home as a family enjoyed an evening meal. Or from foreigners. In September 2007, Blackwater contractors guarding a U.S. State Department convoy in Baghdad opened fire on civilian vehicles, mistakenly thinking they were under attack. Seventeen Iraqis died. A U.S. federal judge dismissed the charges two years later because the case was built on testimony in exchange for immunity.

A review by the AP in April 2009 showed that more than 110,600 Iraqis had died in violence since the U.S.-led invasion. The actual number was likely higher because many of those listed as missing were doubtless buried in the chaos of war without official records.

"They wanted Iraq to be a model for democracy to be followed by other countries in the region," a Shiite preacher, Sheik Muhannad al-Bahadli, said of the Americans in March 2007. "Look what happened in Iraq after four years of occupation: booby-trapped cars and bombs blowing up and killing Iraqis."

___

In 2007, the tide began to turn, though historians will debate the reason for years. The change was probably a result of a confluence of events. Many Sunni militants concluded that they needed the Americans for leverage against the "real enemy" - the Shiites. Many Sunni insurgents resented al-Qaida's power grab and did not share its vision of a global jihad. Many Shiites recoiled against the brutality and gangsterism of some of their own Shiite militias. And finally the American military surge.

In January 2007, President George W. Bush announced he was sending 30,000 more troops to secure Baghdad and the provinces around it. Talk of a troop withdrawal in 2007, which had been widely expected, disappeared. With the Americans promising and paying for support, more and more Sunni insurgents switched sides and turned against al-Qaida. Eight months into the surge, Shiite militia leader al-Sadr declared a cease-fire and violence began dropping in the capital.

Fighting continued. But the commanding general, David Petraeus, was able to tell Congress by the end of the year that the "military objectives" of the surge were being met. Skeptics, including then-Sen. Barack Obama, acknowledged the trend while noting that the second goal of the surge - to allow the Iraqis to establish a stable, effective government - remained unfulfilled.

"The surge succeeded in those aspects where the Americans had full control, the military aspects," said Marina Ottoway, director of the Middle East Program at the Carnegie Endowment for International Peace. "There was no willingness to compromise. There still is no willingness to compromise."

___

By New Year's Day 2012, America's role in the Iraq war will be over. For Iraqis, however, the war and the struggle to build a functioning democratic state continue. Bombs still explode, gunmen attack police checkpoints. Iraq's government, though far more representative than Saddam's regime, still falls short of an ideal.

Tensions between Sunnis and Shiites, Arabs and Kurds remain unresolved. It's an open question who will ultimately govern in Iraq and whether Iran will in time come to dominate its weakened neighbor.

America will not be abandoning Iraq. The U.S. will leave behind thousands of diplomats and security contractors, whose presence will influence the direction of the country for years to come. Still, the disappearance of uniformed troops will have a profound effect on Iraqis in ways that will take years to define.

For the first time in nearly nine years, Iraq's future will be entirely in the hands of Iraqis.

Less clear is whether America's mission was truly accomplished. Saad Eskander, who heads Iraq's National Library and Archives, said the Americans created as many enemies as they have allies, and are leaving with only part of the job done.

"What the Americans have accomplished in Iraq is a 50/50 project. It's not completed. The other 50 is up to us," he said. "Either we are people who deserve this country or we don't deserve it."

And what of the American legacy?

"They did get rid of the Baathist Iraq state and Saddam Hussein from power. They did succeed in bringing a proto-democracy," said Theodore Karasik, an analyst at the Dubai-based Institute for Near East and Gulf. But the war also "permitted the rise of people who may not share America's point of view."

History will be the judge, but for now many observers believe the costs in dollars and blood dwarf the war's achievements.

"The U.S. and Iraqi forces scored impressive tactical victories against the insurgents in Iraq during 2005-2009, but the U.S. invasion now seems to be a de facto grand strategic failure," wrote Anthony Cordesman, an analyst at the Center for Strategic and International Studies in Washington.

"Its tactical victories - if they last - did little more than put an end to a conflict it helped create."

2011年12月30日金曜日

米防総省 パ検問所攻撃報告書

米防総省がパ検問所攻撃の報告書を発表した。
 NATO軍の誤爆によりパキスタンの兵士24人が死亡した問題で、米国と
パキスタンの主張に食い違いが生じている。この問題をめぐって両国間
の亀裂がさらに深まる恐れも出てきた。

米国防総省
・NATO軍の関係者約60人からの聞き取りに基づく調査報告を発表。
・米軍の行動は、攻撃を受けて応戦した自衛のための措置だったと結論付けた。
・NATO軍がパキスタンとの国境に近いアフガニスタンの村に向かっていた
 ところ、機関銃や迫撃砲による攻撃を受けた。これに対して司令官が
 「武力の誇示」を命じ、F15戦闘機と武装ヘリコプターを出動させて
 照明弾を発射、それでも攻撃が止まなかったため、空爆を実施。
・情報の伝達ミスが原因で、交戦相手の確認に時間がかかった
・米国は空爆開始に先立ちパキスタンに、この地点に同国の兵士がいるか
 どうかを問い合わせた。これに対し「ノー。だが確認する」との返事が
 返ってきたが、「ノー」の部分しか伝わらなかったことから、空爆開始
 に至った。その後も位置確認などをめぐって食い違いが続いた。

パキスタン
・先に攻撃されたのはパキスタン軍と主張
・我々が先に攻撃したという主張は誤りだ。彼らが先に攻撃し、我々が
 応戦した
・(国防総省の)結論は、我々がこれまで米国とやり取りしてきた内容
 と矛盾する

米軍による時系列報告
11/29(?) 米軍とアフガン軍共同で、マヤ村急襲開始
23:09 連合軍が重機関銃砲火を受ける
   NATO AC130が照明弾発射し、F15Eが低速・低空で飛行し味方識別行動
23:24 パ軍からの攻撃が止まなかったので、6分間銃撃
   地上指揮官が、未確認のまま、攻撃地域にパ軍が存在しないと認識
   し、攻撃を許可。NATO軍は現時点で、未確認。
23:44 真夜中までAC130.Apacheによる攻撃を再開

同時期、パ軍は、前線部隊からNATOから攻撃を受けているとの報告を受け、
NATOに連絡。
米軍(?)のNATO連絡係が、地図構成を間違えた上、NATOの攻撃目標の地点を
幅広い範囲で連絡した。

11/30
00:40 検問所よりさらに北側のパキスタンから、銃機関銃による砲火を受ける
01:00頃 米軍がパ軍の位置を確認し、攻撃を終了した。

マヤ村急襲を再開し、爆弾製造工場と地下に隠した武器を押収した。

米国は、殉職者に対して、遺族手当て(?)を送ろうとしたが、パ政府は拒否。
中国は、パを支持。

オリエンテーリングを訓練としている軍もあるようだが、地図を見れない
軍人が、将校(?)では、国を守る軍としても軍内部で不安になるだろう。
パ大統領が頼った米軍はそんなレベルとパ軍が強気なのかもしれない。

パキスタン対決へ


Strike on Pakistani base 'not deliberate'


Pakistani soldier killed by NATO mourned


---パキスタン:「クーデターの可能性」 首相が公言、軍批判展開---
毎日新聞 2011年12月24日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/world/news/20111224ddm007030134000c.html

 【ニューデリー杉尾直哉】パキスタンのギラニ首相は22日、議会で「選挙で選ばれた政府を終わりにする陰謀が進行中だ」と述べ、軍による民政政権打倒の動きがあるとの認識を示した。パキスタン軍と政府との不和が取りざたされてきたが、政権側が「軍事クーデター」の可能性を公言し、軍との緊張関係を認めたのは初めて。
 ただ、47年の建国以来、軍事クーデターが3度繰り返されたパキスタンが再び軍政となれば国際的な批判は免れず、軍がクーデターを起こす可能性は低いとみられている。
 ギラニ首相は「軍が自らを『国家の中の国家』と考えているとすれば容認できない。議会は無意味であなた方(議員)に主権がないことになる」と述べ、異例の軍批判を展開した。
 現政権と軍との緊張関係は今年10月以降、顕在化。ザルダリ大統領が「軍事クーデターの可能性がある」として、「米国の介入」を求めるメモを駐米大使を通じて米軍側に渡していた疑惑が持ち上がったためだ。一方、パキスタン軍筋はロイター通信に対し、「ザルダリにうんざりしてない者がいるだろうか。だが、軍が行動を起こす計画はない」と述べ、合法的な政権交代を望んでいることを明らかにした。


---パキスタン支持を表明 中国の戴秉国国務委員---
2011.12.24 01:20
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111224/chn11122401210000-n1.htm

 中国の戴秉国国務委員(副首相級)は23日、パキスタンを訪問し、首都イスラマバードでカル外相と会談した。
 パキスタン外務省によると、戴氏はアフガニスタン駐留国際部隊によるパキスタン検問所の誤爆事件以降、米国への報復措置を続けるパキスタンへの支持を表明。カル外相は中国の支持表明に対する謝意を伝えた。
 戴氏はこれまでに何度も北朝鮮を訪問し金正日総書記と会談、同国との関係も深いとされる。(共同)


---米の調査報告書に「承諾できない」と」パキスタン陸軍---
2011.12.23 17:28
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111223/asi11122317340004-n1.htm

 【ニューデリー=田北真樹子】米国防総省が出したパキスタン軍の検問所攻撃に関する調査報告書についてパキスタン軍は23日、「報道で伝えられている内容の調査結果には承諾できない。事実関係が不十分だ」とする声明を出した。
 パキスタンは米国から正式な謝罪がなかったことにも不満を持っているとされ、検問所攻撃で一層悪化した米パ関係の改善は期待できそうにない。攻撃直後から報復措置として遮断されているアフガニスタンに駐留する国際治安支援部隊(ISAF)向け補給路の再開も当面なさそうだ。
 パキスタン政府は検問所攻撃を受け、米国や関係国による「テロとの戦い」への協力のあり方を見直す考えとされる。アフガニスタンの安定に欠かせないパキスタンが手を引けば、2014年に部隊撤退を掲げる米国などにとって痛手となりかねない。


---誤爆めぐり米国とパキスタンの主張に食い違い、亀裂深まる恐れ---
2011.12.23 Fri posted at: 15:39 JST
http://www.cnn.co.jp/world/30005033.html

 (CNN) 北大西洋条約機構(NATO)軍の誤爆によりパキスタンの兵士24人が死亡した問題で、米国とパキスタンの主張に食い違いが生じている。この問題をめぐって両国間の亀裂がさらに深まる恐れも出てきた。
 米国防総省は11月26日に起きた誤爆について、NATO軍の関係者約60人からの聞き取りに基づく調査報告を22日に発表。米軍の行動は、攻撃を受けて応戦した自衛のための措置だったと結論付けた。
 調査責任者のスティーブン・クラーク准将によると、NATO軍がパキスタンとの国境に近いアフガニスタンの村に向かっていたところ、機関銃や迫撃砲による攻撃を受けた。これに対して司令官が「武力の誇示」を命じ、F15戦闘機と武装ヘリコプターを出動させて照明弾を発射、それでも攻撃が止まなかったため、空爆を実施したという。
 これに対してパキスタン側は、先に攻撃されたのはパキスタン軍の方だったと主張している。同国の情報当局者は22日、「我々が先に攻撃したという主張は誤りだ。彼らが先に攻撃し、我々が応戦した」と語った。別の情報当局者も「(国防総省の)結論は、我々がこれまで米国とやり取りしてきた内容と矛盾する」としている。
 クラーク准将は、情報の伝達ミスが原因で、交戦相手の確認に時間がかかったことも明らかにした。米国は空爆開始に先立ちパキスタンに、この地点に同国の兵士がいるかどうかを問い合わせた。これに対し「ノー。だが確認する」との返事が返ってきたが、「ノー」の部分しか伝わらなかったことから、空爆開始に至った。その後も位置確認などをめぐって食い違いが続いたという。


---連携不足が原因=パキスタン誤爆調査―米国防総省---
2011年12月22日23時6分
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201112220192.html

 【ワシントン時事】11月に起きた北大西洋条約機構(NATO)軍機による誤爆でパキスタン軍兵士24人が死亡した問題で、米国防総省は22日、誤爆はNATOとパキスタン軍の連携不足と地図の誤情報が原因とする調査結果を発表した。
 調査結果によると、アフガニスタンとパキスタン国境にある米軍とパキスタン軍の調整所での連携が不適切で、パキスタン軍に不正確な地図の情報を提供。その結果、NATOがパキスタン軍を空爆する結果を招いたという。
 一方で、空爆は「(パキスタン軍から)発砲された後、適切な武力による自衛だった」とし、「パキスタン軍を攻撃する意図は全くなかった」と釈明した。


---U.S. Report Faults Two Sides in Deadly Pakistan Strike---
By ERIC SCHMITT and MATTHEW ROSENBERG
Published: December 22, 2011
http://www.nytimes.com/2011/12/23/world/asia/pakistan-and-us-share-blame-in-strike-on-border-posts.html

WASHINGTON - A United States military investigation has concluded that checks and balances devised to prevent cross-border mishaps with Pakistan failed to avert a deadly NATO airstrike last month in part because American officials did not trust Pakistan enough to give it detailed information about American troop locations in Afghanistan.

A report by the inquiry concluded that mistakes by both American and Pakistani troops led to airstrikes against two Pakistani posts on the Afghan border that killed 26 Pakistani troops. But two crucial findings - that the Pakistanis fired first at a joint Afghan-American patrol and that they kept firing even after the Americans tried to warn them that they were shooting at allied troops - were likely to further anger Pakistan and plunge the already tattered relationship between the United States and Pakistan to new depths.

In a statement and at a news conference here on Thursday, the Defense Department said that “inadequate coordination by U.S. and Pakistani military officers” and “incorrect mapping information” that NATO had provided to the Pakistani authorities capped a chain of errors that caused the debacle.

“This, coupled with other gaps in information about the activities and placement of units from both sides contributed to the tragic results,” George Little, a Pentagon spokesman, told reporters.

The episode, the worst in nearly a decade riddled with fatal cross-border blunders, underscored gaping flaws in a system established in recent years to avoid such mistakes. American officials acknowledged that the policy of not divulging to Pakistan the precise location of allied ground troops in Afghanistan - for fear Pakistan might jeopardize their operations - contributed to the accident and underscored what the chief investigator called an “overarching lack of trust between the two sides.”

On Nov. 25, the same day the episode began, Gen. John Allen, the allied commander in Afghanistan, met in Islamabad with Gen. Ashfaq Parvez Kayani, the Pakistani Army chief, to try to improve border coordination procedures.

Pakistan has insisted that its forces did nothing wrong, and that they did not fire the first shots. Rather, senior Pakistani military and civilian officials have accused the United States of intentionally striking the border posts, even after Pakistani officers called their counterparts to complain that their outposts were under allied attack.

Maj. Gen. Athar Abbas, the Pakistani military spokesman, said in a text message on Thursday: “The Pak Army does not agree with the findings of the US NATO inquiry as being reported in the media.”

In an important detail that was not disclosed at the Pentagon briefing but is likely to further aggravate relations with Islamabad, an American officer in Afghanistan said the joint patrol of 120 Afghan and American Special Operations soldiers, operating along the often poorly demarcated frontier between Afghanistan and Pakistan, had come under Pakistani fire as it was entering an Afghan village, endangering civilians as well as the soldiers. The American officer said he believed that the Pakistanis had used night-vision technology because their shooting was unusually accurate, even though there were no casualties.

The Defense Department statement included an expression of regret, though it did not appear to go as far as the apology that Pakistani officials have demanded. “For the loss of life, and for the lack of proper coordination between U.S. and Pakistani forces that contributed to those losses, we express our deepest regret,” it said.


A Pentagon spokesman, Capt. John Kirby, said the United States was prepared to make bereavement payments to families of the Pakistani soldiers who were killed. But a senior Pakistan security official in Islamabad said last week that Pakistan would refuse any “blood money.”

Pentagon officials said Gen. Martin E. Dempsey, chairman of the Joint Chiefs of Staff, and Gen. James N. Mattis, head of the military’s Central Command, called General Kayani on Wednesday to tell him that the inquiry was complete and to offer a briefing. It was unclear when that briefing would happen, American officials said.

In a telephone briefing with reporters here, Brig. Gen. Stephen A. Clark of the Air Force, who conducted the inquiry, said that both sides made mistakes.

According to a chronology by General Clark and other American military officials, the patrol planned to raid the village of Maya, about one mile inside Afghanistan’s Kunar Province and near the Pakistani tribal area of Mohmand. Hiking up steep “goat trails” on a moonless night, the patrol came under heavy machine-gun fire from the ridge above at 11:09 p.m. on Nov. 25.

American officials said the first allied mistake was that NATO had not informed Pakistan about the patrol, so the Pakistani soldiers would not have known to expect allied forces nearby. NATO and Pakistani forces are supposed to inform each other about operations on the border precisely to avoid this kind of mistake.

After the allied ground force came under fire, the Americans tried to let the Pakistanis know that they were shooting at Americans. There was no direct verbal communication, but an AC-130 gunship fired flares and an F-15E fighter jet made a deafening, 600-mile-per-hour low-level pass in an effort to signal who they were.

Whether or not that message was understood was unclear, but the Pakistanis kept shooting.

As the Pakistanis continued to shoot, the AC-130 gunship opened fire for six minutes starting at 11:24 p.m. That was the result of a second error. That strike was set in motion when ground commanders believed they had been told no Pakistani troops were in the area. In fact, NATO was still checking.

From 11:44 p.m. until midnight, the AC-130 and Apache helicopter gunships resumed firing on “rudimentary bunkers,” the report said.

About the same time, Pakistani officials called NATO to say their outposts were under attack. The NATO liaison then gave the Pakistani Army only a general location of the airstrike targets, and a wrong one at that because he had incorrectly configured his digital map.

“This goes back to the opening part of an overarching lack of trust between the two sides as far as giving out specifics, but it’s also a very specific failure that occurred now that we have a firefight on our hands,” General Clark said.

The Pakistanis made mistakes, too, he said. Pakistan never told NATO that it had established the border posts, which had been up for about three months. Pakistan has said it did tell NATO. Each side is supposed to inform the other when setting up new border positions.

Why the Pakistanis were firing remained unclear. Pakistan refused to participate in the inquiry, but General Clark acknowledged that he did not take into consideration news media reports on several detailed public briefings held by the Pakistani military in recent days.

A third engagement took place starting at 12:40 a.m., when a heavy machine gun began firing from the Pakistani side “a little further north” of the first Pakistani shooting. About 1 a.m., American officials finally confirmed the Pakistan presence at the posts, and firing ceased.

The joint patrol resumed its mission in the village, the American officer said, and seized one of the largest caches of weapons in Kunar Province this year, along with a bomb-making factory.

2011年12月29日木曜日

環境影響評価書はチラシの類

環境影響評価書はチラシの類らしい。
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に向けた環境影響評価手続き
で、沖縄防衛局の職員らは未明、県庁に評価書の入った段ボール箱16個を
守衛室に搬入、警備員に預けて立ち去った。県は持ち込む際の手続きに
不備があるとして、仲井真弘多知事ら幹部が取り扱いについて午前9時から
緊急に協議した。兼島規総務部長は協議後、記者団に「県としては7000
ページそろっているので到達はしている」と述べたが、受理するかどうか
については明らかにしなかった。守衛室前には市民ら約150人が陣取り、
受け取りを拒否するよう県に要求している。

警備員
・防衛局職員を名乗る人物から午前4時前に荷物を預けたいとの電話
・県管財課の職員に電話で確認したところ、預かるよう指示。
・同4時すぎ、スーツ姿の数人の職員が評価書の入った箱を運び込んだ。
 真部朗沖縄防衛局長が、指揮を執ったものとみられる。
・警戒していた市民団体のメンバーが搬入に気付き、騒ぎになった
・提出時に必要な部数20部全ては運び込めず、受付時に通常求められる
 持ち込み者の氏名や荷物の宛先なども帳簿に記載しなかった。
・搬入は計16部。

環境影響評価書は、署名捺印があるはずなので、証明書の類と思っていた
が、自民党佐藤正久の報告によれば、総務省情報流通行政局郵政行政部
郵便課より、「一般論として『信書に該当しないと思われる』」とのこと。
署名捺印してもチラシ扱いで良いらしい。配達証明書も要らないようだ。

配達証明書も無いのに、防衛省が送ったつもりで、日付を数えられても、
沖縄県庁は困るだろうし、長野県庁のように、長野オリンピック誘致や
開催にかかった経費の家計簿(出納帳)を焼却処分し、見当たらないとの
報告同様に、沖縄県庁より届いていないと言われた防衛省は困るだろう。
それに、受取人不明の不審物を調査もせずに開封できるのか。
沖縄県庁は、従来のように「粛々と」不審物を調査し、受取人不明として
焼却処分すれば良いと思う。
政府は、自民党時代の成田闘争(成田空港用地買収問題)の再現を狙って
いるようだ。政府がこんなにレベルが低いとは思わなかった。

日本郵便 信書に該当するものを教えてください
日本郵便 信書のガイドライン

ナポレオン親衛隊活動中
東電福一原発 責任は誰にあるのか
民主主義のコスト
無審議 反日教育学校への支援
中国の人権侵害に協力する日本政府
野ブ田とモナ野


けさ早く評価書運び込む 辺野古移設めぐり混乱(11/12/28)


評価書搬入で住民反発も・・・「受理せざる得ない」(11/12/28)


沖縄県評価書受理へ 一川大臣「ほっとしている」(11/12/28)


---在日米軍再編:普天間移設 迷走、辺野古アセス「提出」 防衛省「県庁内届けば完了」 沖縄県は「受理」---
毎日新聞 2011年12月29日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111229ddm001010032000c.html

 防衛省が28日未明、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設に向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書を沖縄県庁に搬入したのを受け、沖縄県は同日付で評価書を受理する方針を固め、同省に伝えた。防衛省は代替施設による環境への評価について「環境保全上、特段の支障はない」と結論づけた評価書の内容を公表。評価書の「提出」を受け、仲井真弘多(ひろかず)知事は90日以内に意見書を提出でき、今後は対応が焦点となる。
 評価書は約6900ページで、大規模な代替施設の建設工事や施設使用による周辺への影響、騒音などを予測し、対応策を記した。垂直離着陸輸送機「MV22オスプレイ」が代替施設に配備された場合、「住宅地への環境基準を超えるような騒音が出ることは予測されなかった」と、騒音は問題ないとしている。
 周辺海域に生息している希少種のジュゴンについても「埋め立て予定地にも海草が若干あるが、4年間近く(の調査)で、ジュゴンが来てえさを食べていることは観察できなかった」とし、影響はないと結論づけている。
 評価書計16部は28日未明、沖縄県庁に搬入された。内訳は埋め立てに関わる環境影響評価法に基づく4部と、飛行場部分に関わる県環境影響評価条例に基づく12部。県条例に基づく評価書は20部の提出が必要で、防衛省は残る8部の提出を急いでいる。
 評価書はアセスの手続きの最終段階。知事は評価書を受け、埋め立て部分は90日以内、飛行場部分は45日以内にそれぞれ意見書を同省に提出する。埋め立て部分は送付が終わり、意見書の提出期限が3月27日に決まった。名護市の稲嶺進市長が辺野古移設に反発し、県外移設を主張していることから、知事意見には厳しい意見が付く見通しだ。
 政府は意見書提出を受け、30日間の公告・縦覧の手続きに入る。政府は来年6月にも辺野古沿岸の埋め立て許可を知事に申請する方針だ。しかし、知事は県外移設を主張しており、許可の見通しは立っていない。
 仲井真知事は28日夜、県庁内で反対派住民に対し「運ばれ方は奇異な感じがするが、アセス手続きは行政組織としてきちんと処理したい」と説明。評価書は当面、守衛室に留め置かれる可能性がある。県幹部は、評価書の受理について、正式手続きは来年1月4日以降になるとの見通しを示した。ただ、その場合も28日付で受理した扱いにする方向という。
 評価書について、防衛省は28日夕、記者団に対し、法と条例では「送付」が求められているとし、「送付は届け出に類する行政手続きで、届け先の事務所に到達したことで完了する。要するに県庁舎の中に送り届けることができれば送付だ」との解釈を示した。【西田進一郎、井本義親】


---【号外】政府、評価書搬入---
2011年12月28日 10時48分
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-12-28_27905/

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に向けた環境影響評価(アセスメント)手続きで、沖縄防衛局の職員らは28日未明、県庁に評価書の入った段ボール箱16個を守衛室に搬入、警備員に預けて立ち去った。県は持ち込む際の手続きに不備があるとして、仲井真弘多知事ら幹部が取り扱いについて午前9時から緊急に協議した。兼島規総務部長は協議後、記者団に「県としては7000ページそろっているので到達はしている」と述べたが、受理するかどうかについては明らかにしなかった。守衛室前には市民ら約150人が陣取り、受け取りを拒否するよう県に要求している。
 受け取った警備員らによると、防衛局職員を名乗る人物から午前4時前に荷物を預けたいとの電話があり、警備員が庁舎管理を担当する県管財課の職員に電話で確認したところ、預かるよう指示があった。同4時すぎ、スーツ姿の数人の職員が評価書の入った箱を運び込んだという。現場には真部朗沖縄防衛局長も姿を見せており、指揮を執ったものとみられる。 ただ現場で警戒していた市民団体のメンバーが搬入に気付き反発、騒ぎになったことから、県条例で提出時に必要な部数(20部)全ては運び込めず、受付時に通常求められる持ち込み者の氏名や荷物の宛先なども帳簿に記載しなかった。
 沖縄防衛局によると1箱に1部の評価書が入っており、搬入は計16部となる。同局幹部は「必要部数が搬入できていないのは事実なので、どう対応したらよいか県の判断を待ちたい」と述べ、残部の追加提出など県の求めに応じて対応する姿勢を示した。


---アセス評価書、手続きに不備 沖縄県、扱い協議---
2011.12.28 09:08
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111228/plc11122809100009-n1.htm

 防衛省沖縄防衛局は28日未明、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先とする名護市辺野古の環境影響評価書を沖縄県庁の守衛室に搬入した。県内移設反対の市民団体による提出阻止の抗議活動を避けるための異例の措置だが、さらに反発を強めた反対派が県庁内に詰めかけ混乱が続いている。
 沖縄県側は、評価書を詰めた段ボール箱に内容やあて先、差出人名が記載されていないなど受け渡し手続きに不備があるとして扱いを協議している。また沖縄県側は、環境影響評価法や県条例で定める必要な部数に予備分を加えた24部の提出を求めているが、16部しか搬入されていないという。ただ、沖縄県側はこうした不備が解消されれば、受理手続きに入る方向だ。
 受理後、仲井真弘多(ひろかず)知事は飛行場の騒音については45日以内、埋め立て部分は90日以内にそれぞれ意見書を提出する。政府は来年6月にも移設に必要な埋め立て申請をする方針だが、仲井真氏は許可しない意向で移設の見通しは立っていない。
 評価書の提出をめぐっては、市民団体が26日から県庁や周辺で抗議活動を展開。沖縄防衛局から委託を受けた配送業者の車が27日に県庁への搬入を試みたが、反対派の激しい抵抗を受けたため、沖縄防衛局は同日中の提出を断念。反対派の態勢が緩んだ28日午前4時10分すぎに搬入に踏み切った。


---防衛省、改めて提出へ対応協議 アセス評価書---
2011.12.27 13:38
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111227/plc11122713400015-n1.htm

 防衛省は27日昼、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先とする名護市辺野古に関する環境影響評価書を仲井真弘多(ひろかず)知事宛てに運送会社を通じて提出しようとしたが、運送会社の車が県庁で県内移設反対派の市民団体などに取り囲まれたため引き返した。防衛省は改めて提出に向けた対応策を協議している。
 評価書は1部約7000ページで、県の関係部局に配布する20部。政府は、平成24年に米軍が普天間飛行場に配備する垂直離着陸輸送機「MV22オスプレイ」の騒音や、ジュゴンの生態環境に与える影響について、いずれも「限定的で問題はない」と結論づけたとみられる。
 今後の環境影響評価の手続きは、仲井真氏が飛行場の騒音については45日以内、埋め立て部分は90日以内に評価書に対する意見を提出する。それを受け、政府は評価書を可能な範囲で補正し、1カ月の公告・縦覧を経て一連の手続きは完了する。
 その後、政府は来年6月にも仲井真氏に辺野古沿岸部の埋め立て承認申請をする方針。仲井真氏は評価書の提出こそ黙認したが、県外移設の姿勢を転換する見込みはなく、許可しなければ着工できない。
 仲井真氏が着工を許可しないまま、普天間移設を強行するには、埋め立て許可権限を国に移管する特別措置法の制定が考えられる。だが、政府は繰り返し「その考えはない」(藤村修官房長官)と否定している。仲井真氏が結論を保留し続ければ、国が県に対して早期に結論を出すよう求める訴訟を提起することも可能だ。


---佐藤正久 @SatoMasahisa---
6:27 PM - 27日 12月 2011年
http://twitter.com/#!/SatoMasahisa/status/151595107395698688

総務省情報流通行政局郵政行政部郵便課に「この環境影響評価書」は信書か否かと問い合わせを実施。同課の回答では一般論として「信書に該当しないと思われる」とのこと。ただし、評価書提出から飛行場に関しては45日以内、埋め立てに関しては90日以内の回答を法律と条例で求められる文書だ ...


---市民オンブズマン福岡 9月例会報告      2005年9月16日---
於:中央市民センター
http://www.ne.jp/asahi/ombuds/fukuoka/gijiroku/2005/0509_reikai.html

(一部抜粋)
「誘致が成功した長野」
 長野県はオリンピック誘致で外郭団体の19億円の会計帳簿が裁判の中で、焼却されていたことが明らかになった。運営費見積りは88年の当初400億円ではじまり、91年には760億円、96年に945億円、開催時には1400億円になった。競技施設の概算事業費1037億円、運営用施設(選手村など)が658億円、五輪関連道路が2479億円など、これは一部。西武の堤が主導した。その後、長野県は、財政悪化から田中知事の誕生につながった。

2011年12月28日水曜日

タミフル 突然死誘発

タミフルは突然死を誘発するようだ。
 09年に流行した新型インフル(当時)で死亡した国内約200人の分析から、
治療薬タミフルの使用で容体が急変して死亡するリスクが高まったとする
研究結果を、薬の安全性を調べているNPO法人「医薬ビジランスセンター」
理事長の浜六郎医師らがまとめ、発表した。

メディアによる医薬ビジランスセンター発表
・2009年8月~2010年3月に当時の新型インフル死亡したとして厚労省公表
 の198人の経過を分析。
・タミフル処方後、死亡119人
 処方後12時間以内に容体が急変 38人
・リレンザ投薬後に容体が急変した例はなかった
・タミフル処方の112人のうち、
 処方後12時間以内の呼吸困難が37人
 治療薬処方されなかった25人で12時間以内の呼吸困難は1人

報道の数値がバラバラだが、速報版151を見る
・処方患者数は、タミフルとリレンザで約10対7(と推定)
・タミフル処方後に死亡した人が119人
 うち38人は12時間以内に急変した後死亡
 うち28人は6時間以内の急変
・リレンザ処方後の死亡は15人
 突然死(12時間以内急変後死亡)はなし

タミフルが突然型死亡を誘発:疫学研究ではじめて指摘

防疫学的に言えば多くの人が助かればと服用推奨と簡単な話だが、
親族に副作用が出た等個人の場合、そんなことを言っていられない。
多くの人に副作用ができるだけ少ないのが一番良い。

NPO理事は、以前からタミフル嫌い(?)の発表を繰り返している。
タミフルの主成分と同様の薬剤は複数あり、製薬会社も複数あるが、
なぜか、タミフルに副作用が多いとのこと。臨床では、タミフル副作用
が見逃せないのだろう。
WHOも金儲けと権力の場であり、政治が働く。公平と安全なんて虚構で
しかないだろう。国連各機関もWHOと対して変わらないだろう。

タミフル 10代ドーパミン異常増加
タミフル異常行動NPO再解析結果は1.3倍
タミフル異常行動半減は誤りか
WHO パンデミック操作か
GSK製インフルワクチンに副作用か
タミフル 小児脳に急速移行性
タミフル効果


---タミフル使用中止、NPOが厚労相に要望---
2011年12月22日13時11分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111222-OYT1T00415.htm

 インフルエンザ治療薬「タミフル」は、処方直後に患者の容体が急変し死亡する危険性が高いとして、薬害を調査研究するNPO法人「医薬ビジランスセンター」(代表・浜六郎医師)が21日、タミフルの使用中止などを求める要望書を小宮山厚生労働相に提出した。
 要望書は、厚労省のデータに基づき、浜代表らが2009~10年に流行した新型インフルエンザで死亡した全患者198人の病状の変化を独自に分析した結果を紹介。タミフル処方後に119人が死亡し、このうち38人は処方後12時間以内に容体が急変していたが、別の治療薬「リレンザ」では、投薬後に容体が急変した例はなかったと指摘し、厚労省にタミフルの副作用の評価を見直すよう求めた。


---タミフルで突然死増加?医師ら国内死亡例を分析---
2011.12.21 21:17
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/111221/wlf11122121190026-n1.htm

 平成21年に流行した新型インフルエンザ(当時)で死亡した国内約200人の分析から、治療薬タミフルの使用で容体が急変して死亡するリスクが高まったとする研究結果を、薬の安全性を調べているNPO法人「医薬ビジランスセンター」(大阪市)理事長の浜六郎医師らがまとめ、21日発表した。
 浜医師らは、21年8月~22年3月に当時の新型インフルエンザで死亡したとして厚生労働省が公表している約200人の経過を分析。タミフルを処方された112人のうち、処方後12時間以内に呼吸困難になった人が37人いた。一方、治療薬を処方されなかった25人で12時間以内に呼吸困難になったのは1人だった。
 これらの結果から、タミフルを処方された人の場合、容体が急変して死亡する危険性が、治療薬なしの場合と比べて、約3・8倍高いと推定されるとしている。タミフルと突然死の因果関係について、厚労省は臨床試験などから「肯定する根拠は示されていない」との立場。


---タミフルで突然死増加? 医師ら国内死亡例を分析---
2011/12/21 20:48
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122101001940.html

 09年に流行した新型インフルエンザ(当時)で死亡した国内約200人の分析から、治療薬タミフルの使用で容体が急変して死亡するリスクが高まったとする研究結果を、薬の安全性を調べているNPO法人「医薬ビジランスセンター」理事長の浜六郎医師らがまとめ、21日発表した。
 浜医師らは、09年8月~10年3月に当時の新型インフルエンザで死亡したとして厚生労働省が公表している約200人の経過を分析。タミフルを処方された112人のうち、処方後12時間以内の呼吸困難が37人いた。一方、治療薬を処方されなかった25人で12時間以内の呼吸困難は1人だった。

2011年12月27日火曜日

エジプト 女性虐待抗議デモ

エジプトで、女性虐待に抗議するデモがあった。
 エジプトの首都カイロ中心部のタハリール広場周辺で、デモに参加した
女性に対する治安部隊の虐待的な行為に抗議して女性らがデモを行い、少
なくとも数千人が参加した。武装した兵士が無抵抗の女性に暴力をふるう
映像が伝えられ、国民に怒りが広がっていた。

軍最高評議会
・非を認めなかった
・一転、兵士に規律違反があった。
 「偉大なエジプト女性に、深い遺憾を示す」と異例の謝罪
・関係者を処罰するとの声明を出した。

映像では、無抵抗になった(?)人に対しても、複数の軍人による暴力が見ら
れる。下着姿になった女性の服装を直した軍人も見られ、統率されて、
虐待をしているわけではなさそうだ。虐待していたのは個人のようだ。
処罰対象者を公表するかによって、評議会への評価が決まると思う。

Egyptian Army attacked Lara Logan
エジプト 軍批判で有罪
エジプト 憲法改正案承認
エジプト 宗教対立再燃


Deadly Cairo clashes stretch into fourth day


Egypt: 'Blue bra girl' atrocity: Military Police more than brutal ~ Shame on YOU Egyptian Military!

---兵士が着衣はだけた女性踏みつけ エジプト、虐待行為に女性ら抗議デモ---
2011.12.21 09:34
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111221/mds11122109350000-n1.htm

 エジプトの首都カイロ中心部のタハリール広場周辺で20日、デモに参加した女性に対する治安部隊の虐待的な行為に抗議して女性らがデモを行い、少なくとも数千人が参加した。武装した兵士が無抵抗の女性に暴力をふるう映像が伝えられ、国民に怒りが広がっていた。
 ムバラク政権崩壊後の暫定統治に当たる軍最高評議会は同日、非を認めなかった姿勢から一転、兵士に規律違反があったとして「偉大なエジプト女性に、深い遺憾を示す」と異例の謝罪を行い、関係者を処罰するとの声明を出した。
 16日に始まった今回の衝突では、女性が路上に倒れて兵士に引きずられ、着衣がはだけたブラジャー姿の上半身を別の兵士が踏みつける映像がインターネットや衛星テレビで伝えられ、保守的なエジプト社会に大きな衝撃を与えた。(共同)

2011年12月26日月曜日

F35選定 決着

F35の配備を正式に決定した。
政府は、空自の次期主力戦闘機に、ロッキード・マーチン社のF35戦闘機を
採用することを正式に決定した。F35は、高度なステルス性能が特徴で自衛
隊は、来年度の予算で4機取得した上で、最終的に42機を導入。主翼や胴体
など機体のおよそ4割が、将来的に日本で生産可能になる見込み。

中国、露共に、ステルス戦闘機の開発を進め、J20、T-50として実績を上げ
ていることから、日本政府は、F35を選定したとのこと。
T-50はまだしも、J20に関して性能が劣ると評価されている。
F22は、雨で、ステルス用塗料が流れると言われた。
ステルス性能は、電磁波レーダで見えにくくなるだけで、赤外線センサ
(レーダ?)では、はっきり機影が写るようだ。

F35のステルス機能をATD-Xへ転用とのことだが、高額な権利を獲得すれば
別だか、無料での複製になるため、公開されても転用はありえない。
中国に情報が流れるのが想像できる。

日本政府のFX選定には、機体性能の理由よりも、日米の政治的な理由が
濃いようだ。飛行中に機体に亀裂が走ることが問題ではなく、米軍と共同
で無ければ、日本を防衛できないことに問題があるようだ。

T50 試験飛行
J20 F117墜落機を複製か
F35 開発計画再検討へ


---日本政府、F35配備を正式に決定---
2011/12/21 09:05
東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/12/21/2011122100821.html?code=t

2016年から段階的に合計42機を配備、中ロのステルス機けん制に向けた布石

 中国とロシアがステルス戦闘機の実戦配備を急ぐ中、日本政府も20日、ステルス性に優れたF35を配備すると正式に決定した。中国と日本が、空母に続きステルス戦闘機までも先を争って配備するなど、冷戦時代を思わせる軍備競争に突入しているのではないかという懸念が浮上している。
 日本政府は20日に安全保障会議を開き、F35の配備(4機)に必要な費用を来年度予算案に反映させ、2016年から段階的に合計42機を買い入れると決定したことを発表した。一川保夫防衛大臣は「F35、FA18E/F、ユーロファイターの3機種の性能を総合評価した結果、F35が最も高い点数を挙げ、自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に決定した」と語った。
 米国ロッキードマーチン社が開発したF35は、レーダーに捕捉されにくいステルス性能に優れている。また、地上レーダーやイージス艦などが収集した敵機に関する情報がコックピットのパネルに表示されるなど、ネットワーキング能力も卓越している。F35には垂直離着陸が可能なタイプ(F35B)もあり、日本が保有するヘリコプター搭載護衛艦(DDH)に積めるのも強みだ。とはいえ、F35は価格が1機99億円(部品交換の費用含む)に達するほど高価な上、テスト飛行で機体の亀裂などの欠陥が見つかるなど、開発が完全には終わっていない状態だ。
 財政難の中にあっても、日本政府が最も高額なF35を選択したのは、周辺国をけん制するためだ。中国とロシアは、それぞれ開発中のステルス戦闘機「殲20」「T50」を2015-16年に実戦配備することとした。従来の戦闘機では相手にならないほどにステルス戦闘機の威力は優れている、というのが専門家の評価だ。06年に米国アラスカで行われた模擬空中戦では、ステルス戦闘機(F22)1機が、米空軍の主力戦闘機F15・F16・FA18合わせて144機を撃墜したと見なせる成果を挙げている。周辺諸国が全てステルス戦闘機を配備するとしたことで、次世代戦闘機(F-X)を来年決定する韓国にも影響が及ぶ見込みだ。
 一方、20日付の日本経済新聞は、三菱重工業とIHI、三菱電機の3社がF35の翼、エンジンなどの部品を生産することになったと伝えた。防衛省側は「全体の40%程度を日本企業が生産することになり、ステルス技術も一部公開されるだろう」と語った。これは、日本が2016年の完成を目標として独自に進めている先進技術実証機(ATD-X)「心神」の開発にも役立つ見込みだ。


---新聞では読めないFX決定の背景---
2011年12月21日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/job/biz/columnpolitics/20111219-OYT8T00906.htm?from=navlc

調査研究本部主任研究員 勝股秀通
 「中国とロシアがステルス機を開発しており、対抗するにはステルス性の高い戦闘機を持つことが不可欠」――。防衛省と航空自衛隊は次期戦闘機(FX)でF35を選定した理由をそう説明する。
 だが、レーダーに映りにくいステルス機に対抗するには、地上のレーダーと上空からの赤外線センサーなどを組み合わせた高度な防空システムを構築し、早期にステルス機の侵入を探知、迎撃することが何より重要だ。ステルス機を撃ち落とすにはステルス機が絶対に必要というわけではない。それは空自の中では常識でもある。
 ではなぜ、そんな的はずれな説明までして、FXを米ロッキード・マーチン社(ロ社)が中心となって開発するF35Aライトニングに決めたのか――。それは今の航空自衛隊にとって、米空軍との連携や連帯感を、これ以上弱体化させてはならないという強い危機感があったからだ。性能比較や価格など総合的に機種を選定すると言い続けてきた以上、米空軍との連携強化や日米同盟のためとは言えなかったのだろう。
 少し時計の針を戻してみよう。FXの選定が事実上始まっていた2008~09年、防衛省は世界最強の戦闘機とされる米国ロ社製のF22ラプターを本命視してきた。当時の航空幕僚長は記者会見で「ノドから手が出ている」と言い、浜田靖一防衛相や空自幹部らは、何度も訪米しては日本への供与を要請し続けていた。
 だが、米国の反応は冷たく、米議会は早々に高度な軍事技術の輸出禁止を決め、しかも「空自に供与するのなら、イスラエル空軍の方が先だ」といった発言まで聞こえてきた。
 1980年代半ば、海上自衛隊が米海軍に門外不出のイージス艦の供与を求めた時とは大違いだ。軍事技術の塊だったイージス艦について、米議会は日本への供与に強く反対した。その反対を押し切ってまで海自への供与が実現したのは、「米空母が日本周辺で行動する際、海自のイージス艦も艦隊護衛の一翼を担う」という米海軍の説明があったからだ。つまり、米海軍と海自の間には一緒に戦うという強い信頼と結束があったのだ。
 それに引き換え、80年代の空自は、年に15回前後も日米共同訓練を実施していたが、今では年1~2回にまで激減している。冷戦後、湾岸戦争(1991年)のような多国籍軍や有志連合(コアリション)が軍事行動の主流となり、共に汗を流すこともなく、せいぜい後方支援の輸送でしか参加できない空自を強くすることなど、米軍の戦略にとって必須の条件ではなくなってしまったからだ。95年には、米空軍が同盟国と実施しているF15戦闘機の戦技研究の場から空自パイロットは閉め出されてしまった。
 しかも、日本を標的とする北朝鮮の弾道ミサイルに対し、ミサイルの発射基地攻撃が現実味を帯び始めながらも、国内では「最も危険な攻撃は米空軍、防空は空自」という意見が大勢で、空自幹部は「米空軍の幹部から『これからも空自と一緒に戦うことはないだろう』とまで皮肉られた」と明かす。
 さらに、ここにきて米軍は、中国の脅威に対抗するため「エア・シー・バトル構想」を戦略の柱に掲げた。構想は煮詰まっていないが、米軍は中国の脅威が及ばない地域までいったん退き、その後、遠方から海空戦力によって反撃するという考え方とみられ、防衛省幹部は「中国の出方次第では、米軍は日本から退く可能性がある」と危機感を強めている。
 FXは、米海軍が使用するFA18、欧州が共同開発したユーロファイター・タイフーンの2機種も候補となった。単純な性能比較であれば、「F35が優位なのはステルス性だけ」(空自幹部)であり、高速飛行能力と運動性能に勝るタイフーンに軍配が上がる可能性もあった。だが、このまま空自と米空軍との関係の希薄さが続けば、〈日本を守れない〉という意識が選定の最大要因となったことだけは確かだ。
 もちろん、民主党の鳩山政権が沖縄問題を含めて米国との関係を軽視し、対米関係を戦後最悪に近い状況にまで陥らせてしまったことも、選定に大きな影響を与えている。しかし、こうした様々な状況の中で、F35は米空軍の次期主力戦闘機であり、それ以外の機種を選ぶ選択肢は、防衛省と航空自衛隊にはなかったのだ。


---F35日本側製造取りまとめ、三菱重工など3社---
2011年12月20日22時10分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111220-OYT1T01139.htm

 航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に「F35」(開発主体=米ロッキード・マーチン社)が選定され、防衛省は日本側の製造取りまとめとして、三菱重工業など3社を選んだ。
 巨額プロジェクトを通じて国内生産基盤の維持につなげられるのか注目される。
 防衛省は将来的にF35を計42機配備することを目指しており、機体整備なども含めて今後20年間で事業費は1・6兆円規模にのぼる。
 日本企業は、ロッキード社から技術に関する情報開示を受け、ライセンス料を支払って機体の一部を製造する。三菱重工が機体、IHIがエンジン、三菱電機が電子機器の一部生産・組み立てを担い、参加割合は4割程度となる見通しだ。
 米政府は主翼や尾翼の製造、エンジン組み立てなどを提案しているが、「単なる組み立てなのかどうかで国内産業界への波及効果は異なる」(防衛関連会社幹部)。詳細は日米両政府などとの交渉次第となる。ただ、日本が開発に参加していない最新鋭のF35は、生産技術の開示が限られるとの見方は強く、交渉は難航も予想される。


---中国、日米両国をけん制 日米印協議も警戒---
2011.12.20 21:41
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111220/chn11122021430008-n1.htm

 日本政府が航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に最新鋭ステルス戦闘機F35導入を決めたことについて、中国外務省の劉為民報道局参事官は20日の定例記者会見で「関係国が中国と同じように地域や世界の平和と安定に努力することを望む」と述べ、日米両国をけん制した。
 また日本、米国、インドによる初めての3カ国局長級協議が19日にワシントンで開かれたことに参事官は「3カ国はいずれもアジア太平洋地域に大きな影響力がある。協議がこの地域の平和と安定につながることを希望する」と述べ、中国をけん制する動きに警戒感を示した。(共同)


---安全保障会議:次期主力戦闘機にF35 16年度導入へ---
毎日新聞 2011年12月20日 11時16分(最終更新 12月20日 15時23分)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111220k0000e010123000c.html

 政府は20日午前、首相官邸で安全保障会議(議長・野田佳彦首相)を開き、航空自衛隊のF4戦闘機の後継となる次期主力戦闘機(FX)として、米国を中心に9カ国が共同開発中のF35(米ロッキード・マーチン社製)を選定することを決め、同日の閣議で了承した。12年度予算案にまず4機分の調達経費を計上し、16年度から導入を目指す。最終的には42機(2飛行隊分)を配備する。12年度の1機あたりの価格は99億円。 
 F35は最新鋭の第5世代機で、敵のレーダーに探知されにくいステルス性能に優れる。中国やロシアも第5世代機を開発中で性能を最重視し採用を決めた。ただ、F35は開発の遅れから、防衛省が求める16年度中の導入に間に合わない可能性も指摘されている。これに関連し、一川保夫防衛相は20日午前の記者会見で「米側から16年度の納入について確約を得ている」と強調した。
 F35以外では、米国が開発したFA18(米ボーイング社)▽英独など欧州4カ国が開発したユーロファイター(英BAEシステムズ社など)が候補だった。空自が保有する戦闘機はF4、F15、F2の3種類で計362機(今年3月末現在)。最も古いF4が老朽化しており、政府は11~15年度の中期防衛力整備計画(中期防)に「新戦闘機」12機の調達方針を明記している。【朝日弘行】


---次期戦闘機にF35決定 生産の4割 日本で---
2011年12月20日
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_12809

政府はきょう、航空自衛隊の次期主力戦闘機に、ロッキード・マーチン社のF35戦闘機を採用することを正式に決定しました。F35は、高度なステルス性能が特徴で自衛隊は、来年度の予算で4機取得した上で、最終的に42機を導入します。主翼や胴体など機体のおよそ4割が、将来的に日本で生産可能になる見込みです。


---F35 空対空ミサイルとステルス性能に疑問 米国防総省内部資料---
2011.12.15 20:06
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111215/amr11121520070013-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として防衛省が採用を内定したF35について、米国防総省が調達・生産計画の再考を提言する内部資料を作成していたことが分かった。資料は、選定に当たり防衛省が最重視したステルス性や空対空の戦闘能力について疑問を呈する内容となっている。
 内部資料は「F35の(開発と生産の)同時遂行に関する簡易調査書」で計20ページ。11月29日付で、報告者は、国防総省のアハーン次官補代理(戦略・戦術システム担当)ら計5人。
 それによると、F35試作機の米英両軍のテストパイロットは、(1)攻撃能力(2)(被弾や事故時の)生存可能性(3)旋回や上昇など飛行性能-について、「運用上深刻な影響を及ぼす可能性」を挙げ、敵戦闘機を攻撃する空対空ミサイルの発射についても問題を指摘した。また、敵防空能力を制圧するF35の電子戦能力についても、「特別な懸念」を示している。
 空対空の攻撃能力に不可欠なステルス性のほか、とりわけ重要なのが、いち早く敵を察知し、ミサイル攻撃できる能力だが、テストパイロットらは、航空自衛隊が最重視するこれらの性能にも疑問を呈していた。
 調査書は「今後の生産を中止するような根本的なリスクは認められなかった」としながらも、これらの問題点により「設計の安定性で信頼に欠ける」と結論。「調達・生産計画の真剣な再考」を促している。
 今回、数々の問題点を指摘した内部資料の存在が明らかになったことで、日本がF35を選定しても、実戦配備の行程には不透明な部分が残されるといえる。

2011年12月25日日曜日

Hitler Stag Party

ヒトラーに乾杯をした独身パーティがあった。
 英運輸省の政務秘書官を務める与党・保守党の若手議員が、参加者が
ナチス親衛隊の制服を着た独身パーティーに参加していたことが発覚し、
政務秘書官を解任された。保守党が明らかにした。

Aidan Burley
・保守党議員 32才
・英運輸省の政務秘書官を解任
・独身パーティーは仏スキーリゾート地で開かれ、一部の参加者が
 ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーに乾杯するなどした
・ナチスの衣装を借りたのは議員本人

英王室の王子も酔っ払って、衣装をつけて怒られたことがあった。
最年少の国会議員も同様のことをした。
未だに、英国の若年層は、スラム文化が浸透していて卒業できないのか
もしれない。

英国 軍は人を腐らす
国連 国家的人種差別の新形態
反米の英雄
右翼東京会議開催
ノルウェー マニュフェストによる殺戮者
英国暴動収束


---英保守党の若手議員、親ナチスパーティー参加でポスト解任---
2011年 12月 19日 14:27 JST
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE7BI03520111219

[ロンドン 18日 ロイター] 英運輸省の政務秘書官を務める与党・保守党の若手議員が、参加者がナチス親衛隊の制服を着た独身パーティーに参加していたことが発覚し、政務秘書官を解任された。保守党が18日明らかにした。
解任されたのはエイダン・バーレー議員(31)で、保守党は声明で、同議員が「攻撃的でばかげた行動を取った」と処分理由を説明。また、キャメロン首相が事態について徹底的に調査するよう指示したと明らかにした。
このパーティーはフランスのスキーリゾート地で開かれ、一部の参加者がナチス・ドイツの独裁者ヒトラーに乾杯するなどしたという。英紙メール・オン・サンデーが、パーティーに参加するバーレー議員の写真を掲載し、議員は先週になって謝罪。18日付の同紙は、ナチスの衣装を借りたのは議員本人だったと伝えている。


---Tory MP Aidan Burley sacked for attending Nazi themed party---
By Holly Watt, Whitehall Editor
7:00AM GMT 19 Dec 2011
http://www.telegraph.co.uk/news/politics/conservative/8964294/Tory-MP-Aidan-Burley-sacked-for-attending-Nazi-themed-party.html

A government aide has been sacked for attending a party where guests dressed up as Nazis and drank toasts to senior figures in the Nazi regime.

Aidan Burley, the Conservative MP for Cannock Chase, was removed from his post as parliamentary private secretary (PPS) to Transport Secretary Justine Greening.

The Prime Minister fired Mr Burley and ordered a full investigation after it was reported that he had been responsible for hiring the offensive uniforms for a stag weekend party in France two weeks ago.

Mr Burley, 32, had apologised for not disassociating himself from “clearly inappropriate behaviour by several of the other guests at the party.”

The Cannock Chase MP issued an ''unreserved, wholehearted and fulsome apology'' over the party in a letter to the Jewish Chronicle earlier this week.

The other guests had raised toasts to the Third Reich during a raucous party in the Val Thorens ski resort.

One guest was heard describing Mr Burley as ‘the candidate for Berlin East’. In France, it is a crime to wear or exhibit in public anything reminiscent of the Nazi era, except in the context of a film, play or historical exhibition.

“Aidan Burley has behaved in a manner which is offensive and foolish,” a Conservative Party spokesman said in a statement. “That is why he is being removed from his post as PPS at the Department for Transport.

John Woodcock MP, chair of Labour Friends of Israel and shadow transport minister, said the MP had “serious questions to answer.”

"It speaks volumes about David Cameron's judgement that he dithered for a week before taking action against his MP,” said Mr Woodcock. "People will rightly conclude he was more concerned with avoiding another round of bad stories than the gross offence caused by this repugnant behaviour.”

Mr Burley was seen as a rising star in the Conservative party before the stag weekend and was already on the most junior rungs of the ministerial ladder. He overturned a large Labour majority to win the Cannock Chase seat.

The behaviour of the Conservatives in the Cannock Chase constituency has raised concerns in recent months.

Local councillor, Jodie Jones was pictured in a series of Facebook photos that showed her drinking from a champagne bottle and partying in a bikini.

The 23-year-old Oxbridge graduate, who is one of Britain's youngest Conservative councillors, was also pictured in provocative clinches with female friends and sitting drunkenly in the street clutching balloons and bottles of alcohol.


---Cameron sacks 'foolish' MP who joined 'Hitler, Hitler, Hitler' stag party...as it is revealed that he was the one who hired groom's Nazi uniform---
By Daily Mail Reporter
Last updated at 2:16 AM on 19th December 2011
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2075984/David-Cameron-sacks-MP-Aidan-Burley-links-Hitler-stag-party.html?ito=feeds-newsxml

A Tory MP who took part in a Nazi-themed stag party has been sacked as a minister’s aide.

Aidan Burley, 32, was caught on camera dining with friends, some of whom were chanting: ‘Hitler, Hitler, Hitler.’ He was jokingly described as the ‘candidate for Berlin East’ and toasts were made to the Third Reich.

The MP for Cannock Chase in Staffordshire was fired as an aide to Transport Secretary Justine Greening when it emerged at the weekend he had hired the SS officer’s outfit for the groom, Oxford graduate Mark Fournier, 34.

A Conservative Party spokesman said: ‘Aidan Burley behaved in a manner which is offensive and foolish.’

The Prime Minister has now ordered a full investigation into the the MP’s conduct.

Mr Burley, 32, MP for Cannock Chase in Staffordshire, had initially clung on to his job by making a public show of contrition in which he regretted not dissociating himself from ‘clearly inappropriate behaviour by several of the other guests’.

However, his explanation started to unravel after The Mail on Sunday was told that Mr Burley had been the ‘driving force’ behind the SS officer’s outfit and paid for its hire.

After No 10 investigated the claims, a Conservative Party spokesman released a statement yesterday which said: ‘Aidan Burley has behaved in a manner which is offensive and foolish.

'That is why he is being removed from his post as Parliamentary Private Secretary (PPS) at the Department for Transport.’

As PPS to Ms Greening - effectively acting as her parliamentary bag carrier - Mr Burley was on the first rung of the ladder towards a ministerial position.

The spokesman added: ‘In light of information received, the Prime Minister has asked for a fuller investigation into the matter to be set up and to report to him.’

Mr Burley refused to discuss the allegation that he had been responsible for hiring the Nazi costume.

The stag party, at a restaurant in the ski resort of Val Thorens in France, was arranged to mark the marriage of Oxford graduate Mark Fournier, 34. Mr Burley agreed to stay away from the wedding, which was due to take place yesterday.

Mr Burley faced intense criticism from Labour MPs and groups including the Board of Deputies of British Jews after film of the event showed him raising a glass moments before offensive toasts were made.

One friend was heard describing Mr Burley as ‘the candidate for Berlin East’ while Mr Fournier paraded around in his uniform. In France, it is a crime to wear or exhibit in public anything reminiscent of the Nazi era, except in the context of a film, play or historical exhibition.

In an effort to make amends, Mr Burley wrote to The Jewish Chronicle, saying: ‘I would like to make an unreserved, wholehearted and fulsome apology to all your readers for the terrible offence this incident has undoubtedly caused.

'There was clearly inappropriate behaviour by several of the other guests and I deeply regret that this happened. I am extremely sorry for the offence that has been caused both to the Jewish community and others, and the terrible repercussions at home from these actions abroad.

‘On reflection, I wish I had left as soon as I had realised what was happening. What was happening was wrong and I should have completely dissociated myself from it. I had a choice, and I made the wrong choice NOT to leave. I apologise for this error of judgment.

‘Whilst being so far away from home made leaving early more difficult, that is what I should have done. I want to make it clear that I have the utmost respect for the Jewish faith and we should never forget the events of the Holocaust.’

Labour MP John Woodcock, who is chairman of Labour Friends of Israel, said: ‘It speaks volumes about David Cameron’s judgment that he dithered for a week before taking action.’

An intermediary acting on Mr Burley’s behalf contacted the Holocaust Educational Trust with a view to arranging a visit to Auschwitz - but it was not enough to save his career.

During the course of this newspaper’s enquiries into Mr Burley’s behaviour, a number of his contemporaries from his Oxford University days have suggested that the stag party may not have been his first brush with public controversy.

While at Oxford Mr Burley left his accommodation in St John’s College during his theology degree following an incident on a dance floor. Alexis Etherington, a close friend of Mr Burley who also studied at St John’s, said: ‘Aidan was living in college before the incident and they said, “I’m afraid, Aidan, you are not now allowed to live in college accommodation.” So he rented a place outside the college.’

A number of Mr Burley’s contemporaries have claimed the incident involved a female student.

When The Mail on Sunday contacted the woman’s boyfriend about the incident, he said: ‘If we want to come to the papers over this, then we know how to. We do not wish to comment on this at this time.’

Mr Burley’s lawyer declined to comment on the specific allegation.
Mr Etherington, who is now a research director, also claimed that Mr Burley was with a group who stole a sign from outside a dentist’s surgery during a night out.

‘I saw the sign,’ Mr Etherington recalled. ‘It was outside his [Mr Burley’s] room, it was bronze and I think it had the dentist’s name on. He didn’t act on his own on that one. He was one of a group.

‘The cleaners found the sign in the house and they obviously realised it belonged to someone else. The police came round. Aidan went over to the dentist’s and the guy was understandably upset. Aidan ended up paying a good lump of money for a replacement.’ Mr Burley’s lawyer declined to comment.

When contacted about Mr Burley’s conduct while at St John’s, Dr Tom Kemp, who was dean of the college at the time, said: ‘I don’t think I’m in a position to comment.’

In a series of photographs sent to The Mail on Sunday, Mr Burley is pictured with a number of women at various parties. In one, taken before he was elected to Parliament at the General Election last year, he is seen licking a woman’s cheek while dressed as Eighties children’s television personality Timmy Mallett.

Mr Burley said in a statement last night: ‘I do not intend to reply in detail to this hotch-potch of student tittle-tattle.’

Mr Burley declined to comment.

2011年12月24日土曜日

水戸黄門に幕

水戸黄門が終了した。
 42年の歴史に幕を閉じた人気時代劇「水戸黄門」の放送最終回スペシャル
の平均視聴率が関東地区で13・9%(関西地区14・6%)を記録し、
全1227回の平均が22・2%だったことが分かった。

勧善懲悪のドラマとして有名だったが、主スポンサーのパナソニックが
テレビ事業縮小を行い、終了したようだ。

一時指摘されたテレビ放送での不適切用語や非常識が最終シリーズでは満載
だった。
視聴率も低かったたために、指摘する人も少なかったのか、気にする人も
少なくなったのかもしれない。
女郎、夜鷹、人さらいに加え、収録済の故人の未放送話、蛇毒の認識等の
放送で復活を考えさせない最終シリーズだったようだ。
再放送は、多くの放送局で繰り返して放送されているようだから、当分の
間は、終わらないだろう。

JORX ヤマカガシは無毒


---水戸黄門最終回SPの視聴率は13・9%---
2011年12月20日
http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/12/20/0004695104.shtml

 42年の歴史に幕を閉じたTBS系人気時代劇「水戸黄門」の19日放送最終回スペシャルの平均視聴率が関東地区で13・9%(関西地区14・6%)を記録し、1969年8月4日から放送を開始した全1227回(最終回スペシャル含む)の平均が22・2%だったことが20日、分かった。
 今年7~12月に放送された最終シリーズ第43部(最終回スペシャル含む22話)の平均視聴率は10・1%。最終回スペシャルは午後7時から約2時間放送し、瞬間最高は午後8時41分、42分、43分、大立ち回りが終わった場面で17・7%(同19・3%)だった。
 水戸黄門は、ご老公一行が全国を行脚し、悪を懲らしめるスタイルが親しまれ、番組終盤で印籠を見せて正体を明かす場面が人気を博した。全体での最高視聴率は、79年2月5日放送の第9部第27話で43・7%。シリーズの平均最高視聴率は、79年8月から80年2月まで放送された第10部の37・8%だった。
 (数字はビデオリサーチ調べ)


---パナソニック TV事業縮小へ 家電メーカー岐路に---
2011.10.20 11:29
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/111020/wec11102011300002-n1.htm

 パナソニックが主力のテレビ事業を大幅に縮小する方針を固めたことが20日わかった。プラズマテレビ用パネルの最新工場である尼崎第3工場(兵庫県尼崎市)の生産を今年度中に中止、液晶パネルの茂原工場(千葉県茂原市)も売却する方向で検討し、千人超の人員を削減する。韓国勢などとの競争激化で赤字が続くテレビ事業を抜本的に見直す。シャープも採算悪化が続くテレビ用液晶パネルの縮小を決めるなど、テレビで一時代を築いた日本の家電メーカーが大きな岐路に立たされている。
 パナソニックはパネル生産の縮小を受け、平成23年度の全世界のテレビ販売を当初の2500万台から2千万台程度に下方修正。24年度も2千万台を下回る水準に縮小する。
 プラズマパネルは尼崎の第1~第3工場で生産しており、21年12月に完成した第3工場の生産能力は42型換算で月33万枚。
 一方、液晶パネルは茂原工場と姫路工場(兵庫県姫路市)で生産。茂原(32型換算で月産60万枚)は、東芝や日立製作所、ソニーなどが新設するパネル会社への売却を軸に検討する。
 日本のテレビメーカーの収益は、サムスン電子など韓国勢の台頭により価格競争が激化、加えて急激な円高も直撃し急激に悪化している。パナソニックのテレビ事業は今年度で4年連続、ソニーも8年連続で赤字の見通しだ。
 採算悪化を受け日本の家電メーカーは、主力に位置付けてきたテレビ事業の縮小を急ぐ。シャープは亀山工場(三重県亀山市)でのテレビ用液晶パネルの生産を、需要が拡大するスマートフォン(高機能携帯電話)向けなど中小型パネルの生産に転換。日立製作所は今年度中にもテレビの自社生産から撤退する方針を固め、ソニーもリストラを検討している。
 各社はハイブリッド車(HV)などに使われるリチウムイオン電池や太陽電池といった今後成長が期待できる環境・エネルギー分野に経営資源をシフトしており、縮小の動きが加速する日本のテレビ産業は、大きな転換点を迎えている。

2011年12月23日金曜日

シティバンク銀 3度目の処分

シティバンク銀が3度目の処分を受けた。
 金融庁は、米シティグループの銀行、証券部門とUBS証券に金融商品
取引法などの法令違反が認められたとして、それぞれの一部業務停止を
命じる行政処分を発表した。シティバンク銀には個人金融部門での勧誘
行為を1カ月間、証券2社には金利取引などの5-10日間停止を命じた。

シティバンク銀処分
・個人向けの投信・外貨預金の勧誘1ヶ月間停止
・同じ主任検査官がいつでも立ち入り検査を実施できる監督体制に切替え

シティグループ証券
・TIBOR等のデリバティブ取引を10営業日停止

UBS証券
・TIBOR等のデリバティブ取引を5営業日停止

個人が被害者だったから、裁判にならなかったようだが、米国では、
団体に同様な問題が起きると裁判となり、懲罰的な判決が出る場合が多い。
法令違反の内容を見れば、詐欺と恐喝をしたように見える。
金融賭博で、詐欺と恐喝の処分を行ったと言うのも異なる気がする。

金融庁 シティグループ証券株式会社に対する行政処分について
金融庁 シティバンク銀行株式会社に対する行政処分について

証取監視委 UBSセキュリティーズ・ジャパン・リミテッドに対する検査結果に基づく勧告について
金融庁 UBS証券会社東京支店及びユービーエス・エイ・ジー在日支店に対する行政処分について

シティ政府管理下へ
高額報酬の果て
シティ ベルギーでまた裁判
シティ元PB責任者脱税
シティ 課徴金命令


---米シティ日本法人2社を処分=投信販売を1カ月間禁止―金融庁---
2011年12月16日17時6分
http://www.asahi.com/business/jiji/JJT201112160064.html

 金融庁は16日、米金融大手シティグループの日本法人、シティバンク銀行(東京)、シティグループ証券(同)の2社で法令違反があったとして、一部業務停止命令を両社に発動した。シティバンク銀に対する業務停止処分は2004年と09年に続いて3度目。
 シティバンク銀では、元本割れリスクのある金融商品の販売時に商品内容を十分に説明しない法令違反が、同庁の立ち入り検査で判明。過去5年にわたり、特定の投信の購入を強引に誘導したり、商品の目論見書を交付しなかったりしていた。


---金融庁:シティ銀の個人業務停止、CEOは日本人に-UBSも処分(4) ---
更新日時: 2011/12/16 20:41 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LWAC400UQVI901.html

 12月16日(ブルームバーグ):金融庁は16日、米シティグループの銀行、証券部門とUBS証券に金融商品取引法などの法令違反が認められたとして、それぞれの一部業務停止を命じる行政処分を発表した。シティバンク銀には個人金融部門での勧誘行為を1カ月間、証券2社には金利取引などの5-10日間停止を命じた。
 処分の具体的な内容は、シティバン銀に来年の1月10日から2月9日まで個人向けの投信・外貨預金の勧誘を、シティグループ証券にTIBOR(東京銀行間取引金利)などのデリバティブ取引を同日から10営業日、UBS証に同様の取引の同日から5営業日、それぞれ停止するよう命じた。シティの処分は3回目。
 また同庁は、法令違反が相次ぐシティバンク銀に対する監視を強化するため、大手邦銀の検査と同様に、同じ主任検査官がいつでも立ち入り検査を実施できる監督体制に切り替えたと発表した。シティバンク銀は、個人富裕層向け業務の問題や内部管理の不備を指摘され、過去7年間で2回にわたり行政処分を受けている。
 シティは処分を受け16日夕、「行政処分を真摯(しんし)に受け止め、深くお詫びする」とのコメントを発表した。今後の対応としてシティバンク銀のダレン・バックリーCEOが2012年1月10日に退任、銀行業務に精通した日本人を後任とする計画を表明。ガバナンス(企業統治)体制の見直しを業務改善計画に盛り込んでいく方針を示した。
 金融庁はシティバンク銀に投資信託のリスク説明に不備があったとして処分を検討していたほか、証券取引等監視委員会は証券2社に金利取引で不適切行為があったとして9日に処分を勧告していた。同庁はシティ銀に1月末までに、シティ証とUBS証に1月16日までに責任の所在や再発防止策などを盛り込んだ計画を提出するよう求めた。

2011年12月22日木曜日

イナゴ集団はPIIGSだけでない

IMFは世界経済見通しが非常に暗いと言う。
 IMFは、日本国債の金利上昇リスクを指摘するスタッフによる報告書を
公表した。それによると、日本国債は国内投資家による旺盛な需要に支え
られているものの、国際金融市場の混乱などの影響を受けた短期的な金利
上昇リスクは排除できないと警告。公的債務残高の安定、さらには削減が
市場の信認維持に重要だと訴えている。

報告書
・日本国債の国内需要は高齢化によって減退
・日本国債の中期的に金利が上昇(価格は下落)するリスクがある
・短期
 (1)企業部門が東日本大震災による損失穴埋めに資金を充てることで日本
   国債を買い入れる余剰資金が減少
 (2)相場の変動の激しさが、金融機関に保有国債を長期から短期のもの
   へと移行させる圧力として作用
 (3)欧州債務危機など国際金融市場の混乱が波及

IMF専務理事
・欧州の債務危機は一つの国家集団では解決できない段階にまで拡大し
 つつある。
・各国が協調しなければ、1930年代と同様の状況に直面する。
・(国際社会が協調しなければ)経済的観点からは後退、保護主義の高まり、
 孤立といったリスクが生じる。

PIIGSは、イソップ寓話のアリとキリギリスに例えられる。
その他でも、バッタ目のイナゴが、収穫間近の食物を食べつくし、飢饉を
招いた時、キリギリスの先頭集団は、意図していたとするExorcist IIも
ある。
PIIGSもキリギリスの頃は、まだ可愛かったが、今では、全てを食べつくす
イナゴの集団のようだ。
イナゴを退治するのに、生かす必要があるのだろうか。
本当は、イナゴは、PIIGS以外にも生息している。
だから、退治しないのだろう。

IMF 日本に増税提言
米国 ねじれで債務不履行か
日本政府 電気代値上げと増税を発表
債務不履行競争
ギリシャ 無責任な自由


---日本は公的債務削減を=国債、短期も金利上昇リスク―IMF---
2011年12月16日14時6分
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201112160045.html

 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は15日、日本国債の金利上昇リスクを指摘するスタッフによる報告書を公表した。それによると、日本国債は国内投資家による旺盛な需要に支えられているものの、国際金融市場の混乱などの影響を受けた短期的な金利上昇リスクは排除できないと警告。公的債務残高の安定、さらには削減が市場の信認維持に重要だと訴えている。
 報告書は、日本国債の国内需要は高齢化によって減退し、中期的に金利が上昇(価格は下落)するリスクがあると指摘。これに加え、短期的にも(1)企業部門が東日本大震災による損失穴埋めに資金を充てることで日本国債を買い入れる余剰資金が減少(2)相場の変動の激しさが、金融機関に保有国債を長期から短期のものへと移行させる圧力として作用(3)欧州債務危機など国際金融市場の混乱が波及―するなどの影響で金利がはね上がるリスクがあると指摘している。 


---日本国債「リスク」指摘、財政再建促す…IMF---
2011年12月16日13時02分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111216-OYT1T00461.htm

 【ワシントン=岡田章裕】国際通貨基金(IMF)は15日、日本の国債市場に対するリスクを分析したスタッフによる報告書を公表した。
 欧州など世界の金融市場の緊張で、日本国債の利回りが急上昇(価格は下落)する可能性を排除できないと指摘し、税収増を含めて財政再建を急ぐよう求めている。
 報告書は、日本国債が抱える三つのリスクとして、〈1〉日本国債を買い入れる資金の元となっている企業部門の余剰資金の縮小〈2〉市場の変動の激しさ〈3〉欧州危機など国際金融市場の波及――を挙げた。
 日本の国債市場は、国内の投資家が9割以上を保有する特殊さがあり、中長期では国債の利回りが上昇するリスクが指摘されるが、短期ではさほど問題ではないという見方が多い。


---世界経済見通しは非常に暗い、各国が行動を=IMF専務理事---
2011年 12月 16日 06:49 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE7BE07F20111215

 [ワシントン 15日 ロイター] ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事は15日、世界経済の見通しは「非常に暗い」とした上で、世界的な不況を招きかねない危機の高まりを防ぐため、欧州を含めすべての国々による行動が必要になる、との考えを示した。
 専務理事は米国務省で「世界経済の見通しは現時点でバラ色でなく、非常に暗い」と指摘。所得や規模の格差にかかわらず、いずれの国も現在の危機の高まりによる影響を免れることはできないと語った。
 さらに「これは一集団の国々が対処して解決する問題ではない。枠組みを超え、すべての国や地域が実際に行動することによって解決することが望ましいだろう」と述べた。


---IMF専務理事:欧州危機は「国際的尽力」が必要な段階まで悪化(1)---
更新日時: 2011/12/16 04:41 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LW983O07SXKX01.html

 12月15日(ブルームバーグ):国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は15日、欧州の債務危機は一つの国家集団では解決できない段階にまで拡大しつつあるとの認識を示した。
 ラガルド専務理事は各国が協調しなければ、世界は第2次大戦突入前の1930年代と同様の状況に直面すると指摘。
 「低所得国であれ、新興国、中所得国、あるいは超先進国であれ、世界の中で今回の危機の影響を受けない国など存在しない。危機は進行しているだけでなく、誰もが何か貢献しなければならないような段階にまで深刻化しつつある」と述べた。
 同専務理事はさらに、国際社会が協調しなければ「経済的観点からは後退、保護主義の高まり、孤立といったリスクが生じる」と発言。「これはまさに30年代に起きたことであり、その後に起きたことは待ち望まれるものではない」と続けた。
 その上で、「現時点では危機の中核から始める必要があり、それは明らかに欧州諸国、特にこの通貨同盟に参加しているユーロ圏諸国だ」と話した。

2011年12月21日水曜日

核闇市場関与の父子起訴

核闇市場関与の父子が起訴された。
 スイス検察当局は、パキスタンの科学者カーン博士が構築した「核の
闇市場」に関与したスイス人技師の父子3人を武器輸出法違反の罪で起訴
した。

起訴
・Friedrich Tinner 74才 父
・Urs Tinner 46才 兄
・Marco Tinner 43才 弟
・遠心分離機に必要な真空技術の専門家
・カーン博士と交流があ
・米国がイタリア沖で貨物船を臨検した際にリビア行きの遠心分離機の
 部品を発見、3人の関与が発覚。
・司法取引に応じ、5年以下の禁錮刑が言い渡される見込み

2000年 Ursは、米CIAにスカウトされた(と主張)。
2003年 伊Taranto港で遠心分離機の部品を押収。
2007年 スイス政府が証拠品の廃棄命令をだす。
    ワシントンからの圧力と偽装説もある。

Kahn Ringと呼ばれる核の闇市場で、核開発名使われる装置を売却した
3人が起訴された。司法取引により、5年の以下の禁錮刑となりそうだ。

CIA関与
・ネットワーク解明のために潜入
・ネットワーク破壊
・ネットワークを利用して工作

が考えられるが、詳細は不明。
検察も「回復できる証拠もあるが、できないもののが多い」と言う。
スイスは、徴兵制度があるから、軍事国家と改めて認識した。

イラン、北朝鮮 小型核兵器の設計図入手か
北核関連施設窓口 南川江貿易
核の闇市場解明 かく乱は米政府
死の商人 ホーコス
中パ関係
北朝鮮 非核でリビア空爆


---核の闇市場関与の父子起訴 スイス検察当局---
2011.12.16 00:39
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111216/mds11121600410000-n1.htm

 スイス検察当局は15日までに、パキスタンの科学者カーン博士が構築した「核の闇市場」に関与したスイス人技師の父子3人を武器輸出法違反の罪で起訴した。
 技師はフリードリッヒ・ティナー氏。核燃料をつくる遠心分離機に必要な真空技術の専門家で、カーン博士と交流があり、闇市場を通じてリビアの核開発に関与したとされている。
 米国が2003年にイタリア沖で貨物船を臨検した際にリビア行きの遠心分離機の部品を発見し、3人の関与が発覚した。3人は現在、行動制限を受けており、司法取引に応じ、5年以下の禁錮刑が言い渡されるとみられる。(共同)

---カーン博士に核技術提供で起訴 スイス人3人を現地当局---
2011年12月15日10時18分
http://www.asahi.com/international/update/1215/TKY201112150118.html

 スイス検察当局は、パキスタンのカーン博士を中心とする「核の闇市場」に核技術を提供したとして、スイス人技術者の親子3人を武器輸出法違反で起訴した。核兵器に使う濃縮ウランを製造する遠心分離器に不可欠な真空状態を作る技術を提供した疑い。
 スイス検察庁が13日付の声明で明らかにした。起訴されたのはウルス・ティンナー(46)とその弟マルコ(43)、父親のフリードリヒ(74)の3被告。被告らはカーン・ネットワークの「技術本部長」として知られ、リビアの核開発に携わったとされる。
 ウルス被告は2004年10月、ドイツ当局が逮捕し、翌05年5月にスイスに引き渡された。マルコ、フリードリヒ両被告も同じ年の9月に逮捕。全員が09年までに保釈されたが、今回、罪を認めるかわりに5年以上の刑はないとする司法取引に応じた。裁判も簡略化する。


---Swiss charge 3 men in nuclear smuggling case---
By FRANK JORDANS, Associated Press
20111214
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jf6wSjVK_6bzo44cg5hga90cdqtA?docId=ae93c8602aa144d7bc230184edde0a69

GENEVA (AP) - Three Swiss engineers - a father and his two sons - have been charged with breaking arms export laws by aiding a Pakistani-led nuclear smuggling ring that supplied Libya's atomic weapons program, prosecutors said Tuesday.

The formal indictment follows almost a decade of politically charged investigation by Swiss authorities that lifted the veil on one of the most successful international intelligence operations to stop nuclear proliferation to rogue states.

Urs Tinner, 46, his brother Marco, 43, and their father Friedrich, 74, are accused of providing technology and know-how to the nuclear smuggling network of Abdul Qadeer Khan, the architect of Pakistan's nuclear weapons program, the federal prosecutors office in Bern said in a statement.

The A.Q. Khan smuggling ring sold key equipment such as centrifuges for uranium enrichment to various countries until its operations were disrupted in 2003.

Prosecutors said the Tinners have agreed to ask for a shortened legal procedure, under which defendants admit the basic charges against them but face no more than five years in prison.

If judges at the Federal Criminal Tribunal agree, politically sensitive aspects of the investigation likely won't be publicly aired as further evidence gathering - and therefore cross-examination - would be excluded in court.

An unidentified fourth defendant who prosecutors said played a subordinate role will be charged in a separate legal proceeding with breaking Swiss arms exports laws.

Prosecutors said in their statement the question of the Tinners' cooperation with the CIA remains unresolved, because the Swiss government has denied a request to open a criminal investigation into the issue.

Lawyers representing the Tinners didn't immediately respond to emails and telephone calls requesting comment.

Urs Tinner, who was released on bail in December 2008 after almost five years in investigative detention, claimed in a 2009 interview with Swiss TV station SF1 that he had tipped off U.S. intelligence about a delivery of centrifuge parts meant for Libya's nuclear weapons program. The shipment was seized at the Italian port of Taranto in 2003, forcing Libya to admit and eventually renounce its efforts to acquire nuclear weapons.

The CIA has declined to comment on the Tinner case. But the agency has said in the past that "the disruption of the A.Q. Khan network was a genuine intelligence success, one in which the CIA played a key role."

A book by U.S. investigative reporters Douglas Frantz and Catherine Collins backs Urs Tinner's claim that he was recruited by the CIA as early as 2000.

In 2007, the Swiss government ordered evidence in the case destroyed, citing national security concerns. The decision prompted outrage in Switzerland and accusations that the government had acted under pressure from Washington.

Prosecutors said they were able to recover copies of some of the files, but others - including all electronic records - have been "definitively lost."

2011年12月20日火曜日

放射性物質による汚染なし

保安院は、「放射性物質による海洋汚染はなし」と言う。
 福一原発事故で、何度も放射性物質を含む汚染水が海に漏出したが、
経産省原子力安全・保安院は「緊急事態」を理由に、法的には流出量は
「ゼロ」と扱ってきたことが分かった。今後、漏出や意図的な放出が
あってもゼロ扱いするという。

原子炉等規制法
・総量規制
 電力事業者は、原発ごとに海に出る放射性物質の上限量を定める。
 福一原発の場合、セシウムなどは年間2200億ベクレル。
 年度が変わるとゼロから計算。

福一原発
・高濃度汚染水が漏出
・東電は低濃度汚染水を意図的に海洋に放出
・二件で、原発外に出た放射性物質の総量は4700兆Bq。
 過小評価。
・上限値の二万倍を超える。
・処理済みの汚染水を蒸発濃縮させる装置から、260億Bqの
 放射性ストロンチウムを含む水が海に漏出。
・処理水タンクが来年前半にも満杯になる。
 この水にもストロンチウムが含まれている。
 東電はできるだけ浄化して海洋放出を検討。
 漁業団体の抗議を受け、当面は放出を見送る方針。

保安院
・福一原発は「緊急事態」。
 総量規制を適用せず、4700兆Bqの漏出をゼロ扱いすると説明。
 特例扱いは「事故収束まで」続く。

東電は、漁業団体と折り合いを付けたが、放出する必要がでた時には、
保安院からの行政命令と称して放出する可能性がある。実際に、汚染を
しているのに、隠蔽しようとするから不審を抱く人が増える。
東電関係者も「放射性物質は東電のものではない」と言っていたから、
類は友を呼ぶのだろう。

保安院が東電に提出させた「安全対策マニュアル」には、ペント開放手順
が、事故発生時と同じで、再発防止になっていないとの指摘がある。
そもそも品質管理の段階で、恒久対策、予防措置等により、内部監査で
指摘されるはずだが、内部監査員に加え、審査員や保安院も東電の社風に
慣れているのだろう。東電にISO9001を取得承諾させた機関はどこだろうか。

科学的根拠もないのに、居住区は20mSv/年、学校の再開には、1uSv/h以下
と報告したようだ。チェルノブイリ周辺の自治体は、追跡調査を行い、
がん以外の症状が発生していることを報告しているのに、対象とするのは、
がんばかり、この人達も御友人なのか。
人体実験に興味津々か。

放射性廃棄物の海洋投棄
セシウムの拡散
電力会社の魅力
野ブ田とモナ野


---保安院 海への汚染水 ゼロ扱い---
2011年12月16日 07時06分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011121690070643.html

 福島第一原発事故で、何度も放射性物質を含む汚染水が海に漏出したが、経済産業省原子力安全・保安院は「緊急事態」を理由に、法的には流出量は「ゼロ」と扱ってきたことが本紙の取材で分かった。今後、漏出や意図的な放出があってもゼロ扱いするという。政府は十六日に「冷温停止状態」を宣言する予定だが、重要な条件である放射性物質の放出抑制をないがしろにするような姿勢は疑念を持たれる。
 原子炉等規制法により、電力事業者は、原発ごとに海に出る放射性物質の上限量を定めるよう決められている(総量規制)。福島第一の場合、セシウムなどは年間二二〇〇億ベクレルで、年度が変わるとゼロから計算される。
 しかし、四月二日に2号機取水口近くで高濃度汚染水が漏出しているのが見つかり、同四日には汚染水の保管場所を確保するため、東京電力は建屋内のタンクに入っていた低濃度汚染水を意図的に海洋に放出した。
 これら二件の漏出と放出だけで、原発外に出た放射性物質の総量は四七〇〇兆ベクレル(東電の試算)に達し、既に上限値の二万倍を超える。
 試算に対しては、国内外の研究機関から「過小評価」との異論も出ている。
 今月四日には、処理済みの汚染水を蒸発濃縮させる装置から、二六〇億ベクレルの放射性ストロンチウムを含む水が海に漏れ出した。
 さらには、敷地内に設置した処理水タンクが来年前半にも満杯になる見込み。この水にもストロンチウムが含まれている。東電はできるだけ浄化して海洋放出することを検討している。漁業団体の抗議を受け、当面は放出を見送る方針だ。
 保安院は本紙の取材に対し、事故への対応が最優先で、福島第一は損傷で漏出を止められる状態にない「緊急事態」だった点を強調し、総量規制を適用せず、四七〇〇兆ベクレルの漏出をゼロ扱いする理由を説明した。
 「緊急事態」に伴う特例扱いは「事故収束まで」続くとも説明したが、具体的な期間は「これからの議論」とあいまい。
 今後、仮に放射性物質を含んだ処理水を放出したとしても、ゼロ扱いを続けるという。(東京新聞)


---汚染水「安易に海に放出せず」=地下水流入防止など対策-東電、保安院に計画提出---
2011/12/15-21:32
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011121500944

 東京電力福島第1原発事故で、東電は15日、同原発の中期的施設運営計画のうち、漁業関係者らの抗議を受けて提出を控えていた汚染水などについての部分を、経済産業省原子力安全・保安院に出した。地下水の流入防止など3項目の汚染水増加防止策を示した上で、「海への安易な放出は行わない」「関係省庁の了解なく放出しない」と明記した。
 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は15日の会見で、「漁業関係者にも(汚染水対策の)取り組みはきちんと説明する」と述べた。ただ、対策後も保管能力を超える汚染水が生じた場合は「放出するかしないかは現時点では未定だ」とも述べ、放出の可能性を否定しなかった。


---保安院「老朽化、事故拡大に影響せず」 福島第一1号機---
2011年12月15日21時17分
http://www.asahi.com/national/update/1215/TKY201112150620.html

 東京電力福島第一原発の事故について、経済産業省原子力安全・保安院は15日、運転開始から40年がたつ1号機の高経年化(老朽化)による耐震性の劣化は認められず、事故拡大に影響しなかったとする評価結果を明らかにした。専門家への意見聴取会の会合で報告した。近く2、3号機の評価も報告する。
 東電が1号機の重要な設備について老朽化と今回の地震の影響を計算。その結果をもとに評価した。安全性の余裕が少ない配管や弁などの設備について、60年間の運転による疲労や腐食を仮定して、地震の揺れの影響を計算したが許容値を下回った。原子炉圧力容器は核燃料から出る放射線で運転するうちに次第に劣化するが、今回の地震の揺れを考慮しても「十分な裕度(余裕)が確保されている」(保安院)とした。
 ただ、一部の計算では今回の地震の揺れが使われていなかった。専門家からは「今回の大震災は時間が長いのが特徴。すべて実際の地震の揺れで計算するべきだ」などの意見も出た。


---居住域は年間20ミリSv未満に…政府作業部会---
2011年12月15日19時59分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111215-OYT1T00942.htm

 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う低線量の放射線被曝(ひばく)の健康影響を検討していた政府の作業部会は15日、住民が居住可能な地域の年間の積算放射線量は20ミリ・シーベルトを目安とするのが妥当との最終報告書をまとめた。
 これを受け、政府は現在の警戒区域や計画的避難区域の区分を取りやめ、生活環境の復旧が進めば帰還できる20ミリ・シーベルト未満の地域を「解除準備区域」とするなどの見直し案を固めた。
 政府は50ミリ・シーベルト超で、5年以上帰還が難しい地域は「長期帰還困難区域」、除染で線量が20ミリ・シーベルト未満となる数年後の帰還を目指す20~50ミリ・シーベルト程度の「居住制限区域」も新たに指定する。18日、地元自治体に説明する。
 報告書は、広島・長崎の被爆者の調査結果を根拠に、長期間にわたり100ミリ・シーベルトを被曝すると、がんの死亡リスクが約0・5%増加するとしたが、これ以下の被曝でリスクが増加するかどうかは科学的に証明できないとした。
 理由として、現在避難指示の基準となっている年間20ミリ・シーベルト以下の発がんリスクは、喫煙(1000~2000ミリ・シーベルト相当)や肥満(200~500ミリ・シーベルト相当)などと比べて低く、その影響に隠れてしまうという事情を挙げた。
 さらに、放射線の影響を受けやすいとされる子供を優先した対策を提言。学校の再開には、毎時1マイクロ・シーベルト以下まで下げるとする一段高いハードルを設けた。


---メルトダウンを防げなかった本当の理由---
──福島第一原子力発電所事故の核心
2011/12/15 12:00
山口栄一=同志社大学 教授,ケンブリッジ大学クレアホール・客員フェロー
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20111215/202630/

 福島第一原子力発電所事故の本質を探るという目的でFUKUSHIMAプロジェクト(http://f-pj.org/)を立ち上げたのは、2011年4月のことだった。賛同者から寄付金を募り、それを資金に事故の検証を進め、その結果を書籍というかたちで公表するという枠組みである。この活動の一環として、5月には、日経エレクトロニクス5月16日号で『福島原発事故の本質 「技術経営のミス」は、なぜ起きた』と題する論文を発表し、そのダイジェスト版ともいえる記事を日経ビジネスオンラインで公開した。
 ここで私が主張したのは、電源喪失後も一定時間は原子炉が「制御可能」な状況にあったこと、その時間内に海水注入の決断を下していれば引き続き原子炉は制御可能な状態に置かれ、今回のような大惨事は回避できた可能性が高いことである。つまり、事故の本質は、天災によって原子力発電所がダメージを受けてしまったという「技術の問題」ではなく、現場の対応に不備があったという「従業員の問題」でもなく、海水注入という決断を下さなかった「技術経営の問題」だったと結論したわけだ。その責任の所在を突き詰めるとすれば、東京電力の経営者ということになる。
 そのことを主張した論文と記事が公開された直後、不可解なことが起きた。東京電力が「津波に襲われた直後には、すでにメルトダウンを起こしていた」との「仮説」を唐突に発表したのである。もしこれが本当だとすれば、事故の原因は「地震と津波」に帰されることになる。その天災に耐えられない安全基準を定めたものに責任があったとしても、その忠実な履行者であれば東京電力が責任を問われることはないだろう。
 これは、東電にとって都合の良いシナリオである。マスメディアは、このことに気付き、その「仮説」の妥当性について厳しい検証を加えるであろうと期待した。ところが実際には、ほとんどメディアは東電シナリオをそのまま受け入れ、むしろ「仮説」を「事実」として一般の人達に認識させるという役割を果たしてしまった。そのころメディアは、メルトダウンという表現を避けてきた東電に対して「事故を軽微にみせようとしている」という疑いの目を向けていた。そこへこの発表である。多くのメディアがそれを「ついに隠しきれなくなって、本当のことを言い始めた」結果と解釈してしまったことは、想像に難くない。
そして制御不能に
 改めて、事故について振り返ってみたい。
 2011年3月12日、東電が経営する原子力発電所(原発)の一つ、福島第一原発の1号機では15時36分に水素爆発が起き、19時04分に「海水注入」が始まっていた。
 しかし2号機とプルサーマル炉の3号機は、全交流電源を喪失したにもかかわらず「隔離時冷却系」(RCIC)注1)が稼働しており、「制御可能」な状態(原子炉の燃料棒がすべて水に浸った状態)にあった。この段階でこの日の夜、東電の経営者注2)が経営者として「2号機と3号機に海水を注入する」との意思決定を下していたら、この2つの原子炉がアンコントローラブル(制御不能)になることはなかったはずだ。
注1)Reactor Core Isolation Cooling system。正確には「原子炉隔離時冷却系」という。
注2)実際に経営に携わっていた取締役(社外取締役を除く)および執行役員のこと。当時の東電の場合、代表取締役の清水正孝社長(当時)と勝俣恒久会長、および取締役の武藤栄副社長(原子力・立地本部長)(当時)。清水は「文系」なので「物理限界」を判断する能力がなかったと主張する意見もある。しかしすべての技術企業の最高経営責任者は、当然ながら自社のもつ技術の「物理限界」を知悉し意思決定する「技術経営」の根本能力(コンピタンス)を持っていなければならない。

 ところが実際には、その日の夜、「海水注入」の決定はなされなかった。そして、翌日日曜日の5時までに3号機は「制御不能」の状態(原子炉の燃料棒の一部が水に浸っておらずそこが空焚きになる状態)に陥ったのである。炉心溶融が起きてしまい、そのあとの8時41分にベントを開いたので高濃度の放射性セシウムやヨウ素などが撒き散らされて、福島第一原発の30キロ圏内と福島県飯舘村などから10万人以上の人々が故郷を追われた注3)。12日の夜までにベントを開放していれば、3号機からの放射線被害は防げたはずなのに。
注3)1号機のベント開放によっても、同様に放射性セシウムやヨウ素などが飛散した。しかしエネルギー出力比から推測すると、3号機のベント開放による放射能飛散量は、1号機の約1・7倍だったと考えられる。

 結局、3号機で「海水注入」がなされたのは、翌日日曜日の9時25分であった。遅きに失したといえるだろう。
 しかし、その時点でも、2号機はまだ「制御可能」の状態にあった。にもかかわらず、東電の経営者は2号機に「海水注入」するとの意思決定をしなかった。翌々日の14日月曜日13時22分、2号機の「隔離時冷却系」(RCIC)が機能を停止する。そして、当然のごとく2号機は17時ころ「制御不能」の次元に陥って空焚きになった。それでも「海水注入」はされない。2号機に「海水注入」がなされたのは、19時54分のことだった。
謎解きの発端
 原発事故が起きてから、マスメディアは一貫して、原子力という技術そのものを非難した。
 「原子力で出てくる放射性廃棄物が放射能を失うのは数万年かかる。自分で出した排泄物を処理できない技術は実用に供するべきではない」
 「地震大国の日本に54基もの原子炉をつくったのがまちがいだ」
 「平安時代前期(869年)に貞観地震と呼ばれる大地震が来て、今回とほぼ同じ規模の津波が同じ場所を襲ったのだから、想定外ではなかったはずだ」
 どれもその通りである。ただ、その正論の陰に何か重大なことがかくれていた。
 なぜ、かくれおおせたか。
 これらの報道の根底には一貫して暗黙の前提があったからであろう。それは「津波の到来で全交流電源が喪失して、ただちに3機の原子炉は『制御不能』になった」という前提である。
 しかし、この前提が本当に正しいという証明は、いまだにされていない。あくまで「仮説」なのである。さらに東電は、さまざまな場面で「津波は想定外だった」と繰り返した。しかし、原子炉の設計エンジニアにとってもそれは「想定外」のことだったかどうか、そこは疑問だ。
 筆者は、多くのエンジニアの方と接し、本来、彼らは「想定外」を嫌う人々なのではないかとの思いを抱き続けてきた。「原子炉は絶対に安全だから、その安全を疑ってはならない」という会社の方針自体は「非科学的」である。そうであれば、あればこそ「想定外」のことが起きてもきちんと作動する「最後の砦」を設けなければならない。エンジニアであれば、そう考えるのが当然なのではないかと考えたのである。
「最後の砦」は存在した
 その想像が当たっていたことを知ったのは、3月29日のことだった。「最後の砦」が実はすべての原子炉に設置されていたのである。それは、たとえ全交流電源が喪失したとしても、無電源(または直流電源)で稼働しつづけて炉心を冷やす装置であって、1号機では「非常用復水器」(IC)注4)、2~3号機では前述のように「隔離時冷却系」(RCIC)という。「非常用復水器」の進化形だ。
注4)Isolation Condenser。正確には「隔離時復水器」という。

 前者の「非常用復水器」(IC)は、電源なしで約8時間、炉心を冷やし続けるよう設計されていた。後者の「隔離時冷却系」(RCIC)は、直流電源で炉心を20時間以上冷やし続ける。
 「最後の砦」があれば、地震後にこれらが自動起動したか、運転員が手動で稼働させるのは当然である。それをしなければ、原子炉は「制御不能」になるのは自明のことだからである。そして、「最後の砦」が働いて原子炉を「制御可能」に保っている間に、なるべく早く対策を講じなければならない。冷やし続けられなくなれば、原子炉は「生死の境界」注5)を越えて熱暴走し、「制御不能」になってしまう。
注5)「制御可能」(原子炉の炉心がすべて水に浸った状態)と「制御不能」(原子炉の炉心の一部が水に浸っていずそこが空焚きになる状態)の境界。「最後の砦」が止まってからその境界に至るまでおよそ4時間の猶予がある。いったん原子炉が「制御不能」の次元に陥れば、「制御可能」に引き戻すことは「人知」ではできない。その境界の内側(「生」の側)を「物理限界の内側」、外側(「死」の側)を「物理限界の外側」と呼ぶことにする。

 ただ、地震で外部からの電源がすべて絶たれた状況では、その復旧が数時間でなされるということに大きな期待を抱くわけにはいかない。現実的には、敷地のタンク内にある淡水をまず使って冷やし、同時に「海水注入」の準備をし、淡水がなくなる前に海水に切り替えるしかないだろう。
 簡単な理屈である。けれども、それは実行されなかった。なぜなのか。
2つの可能性があると思う。
 1つ。「最後の砦」は結局のところ動かなかった注6)。あるいは動いている最中にどこかに穴が開いて水が抜けてしまい、努力むなしく原子炉は暴走した。
注6)1号機の非常用復水器については、2系統のうち1系統はほとんど動いていず、もう1系統も断続的に停止していたことが後に分かった。

 もう1つ。東電の経営者が意図的に「海水注入」を避けようとした。理由はある。海水を入れれば、その原子炉は廃炉となり、経済的に大きな損失を被ることになるのだ。
 「原発を終わらせる」1)で、田中三彦は「1号機においては、地震発生直後に、なにがしかの原子炉系配管で小規模ないし中規模の冷却材喪失事故が起きた可能性がきわめて高い」と結論していて、「技術自体の欠陥」により地震直後から冷却水が漏れぬけたのではないかと推測している。これらが疑いなく証明されるならば、第1の可能性が正しいということになる。
参考資料
1)石橋克彦編「原発を終わらせる」 (岩波新書2011年7月21日, ISBN 978-4004313151)

 筆者は、どちらの可能性が真実かを見るために、事故後の公開データ2)3)4)を調べ上げ、原子炉の水位と原子炉内の圧力との経時変化をプロットしてみた。その結果、1号機の「非常用復水器」については設計通り8時間のあいだ稼働していたこと、3号機の「隔離時冷却系」については20時間以上のあいだ稼働していたこと、さらに2号機の「隔離時冷却系」については70時間のあいだ稼働していたことを確信した。
参考資料
2)緊急災害対策本部, 原子力災害対策本部「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震について」(2011年3月15日)
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi/201103151700.pdf
3)原子力災害対策本部「平成23年(2011年)福島第一・第二原子力発電所事故(東日本大震災)について」(2011年4月12日)
http://www.kantei.go.jp/saigai/pdf/201104121700genpatsu.pdf
4)原子力安全・保安院,原子力安全基盤機構「2011年東北地方太平洋沖地震と原子力発電所に対する地震の被害」(2011年4月4日)
日本語版:http://www.nisa.meti.go.jp/oshirase/2011/files/230411-1-3.pdf
英語版:http://www.nisa.meti.go.jp/english/files/en20110406-1-1.pdf

 先に紹介した日経エレクトロニクス5)と日経ビジネスオンライン6)で発表した記事で、そのことを主張している。記事の公開日は5月13日金曜日。繰り返しになるが、その主張は第2の可能性を支持するもので、要点は以下の通りだ。
 3つの原子炉とも「最後の砦」は動いて原子炉の炉心を冷やし続けた。ところが、原子炉が「制御可能」であったときに「海水注入」の意思決定はなされなかった。よって東電の経営者の「技術経営」に、重大な注意義務違反が認められる。
参考資料
5)山口栄一「福島原発事故の本質-「制御可能」と「制御不能」の違いをなぜ理解できなかったのか-」, 日経エレクトロニクス 2011/05/16号 pp. 82-89
6)山口栄一「見逃されている原発事故の本質―東電は「制御可能」と「制御不能」の違いをなぜ理解できなかったのか」 (日経ビジネスオンライン 2011/05/13)
5月15日の豹変

 この記事公開を受け、驚くべき反応が二つあった。一つは、先に述べた東電の発表である。記事が公開された2日後の5月15日日曜日、東電は、緊急記者発表7)を行なった。あらましは、次の通りである。
 1号機について、運転員が計測した原子炉水位データはまちがっていて、実際には原子炉水位は維持できていなかった。しかも、11日15時30分ころの津波到着以降、非常用復水器系の機能は一部喪失していた。
 常用復水器の機能が完全に喪失していたと仮定して解析したところ、原子炉の水位は、1日18時に燃料棒の頭頂部に到達し、19時半ころに燃料棒の底部に到達して空焚きになったとの結論を得た。また炉心溶融は11日19時半には始まったとの結論も得た。
参考資料
7)東京電力「東京電力 福島第一原子力発電所1号機の炉心状態について」(2011年5月15日)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110515k.pdf

 それは、別に「反応」ではなかったのかもしれない。記事公開とはまったく無関係に、たまたまその3日後に記者発表会を開いただけ、という可能性は大いにある。
 そうだとしても、異様な記者発表だった。
 運転員が計測した原子炉水位データがなぜまちがっていたのか。それについては何も述べられなかった。ただ「原子炉水位は維持できていなかった」と語るばかりだ。
 しかも、実はは1号機の2つの非常用復水器のうち1つは断続的ながら動いていた。稼働の詳細を東電は知っていたはずで、後日、非常用復水器の実際の稼働に合わせた解析結果も公表している8)。そうであれば、なぜその事実に近い解析結果の方を発表しなかったのか。実に奇妙である。
参考資料
8)東京電力「福島第1原子力発電所 東北地方太平洋沖地震に伴う原子炉施設への影響について」
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110909m.pdf

 こう勘ぐってみたくなる。「これまで原発は安全だと主張し、事故後もそれを言い続けてきた」ものの、経営責任を問う論説が現われたので、「原発は、地震と津波で暴走するほど危険なものだ」と解釈されることもやむなしとし、「1号機についてはすぐに『制御不能』に陥ったので、事故は経営者の意思決定の不行使のせいではない」と主張し始めた。もしそうであれば、この記者発表は東電の東電都合による「シナリオの書き換え」であり、その目的は「経営責任の回避」である。
 この東電の「豹変」に呼応するかのように、翌日からマスメディアは、東電を叩き始める。曰く「東電は、メルトダウンを隠していた」と。
 こうして「海水注入」の不行使が「過失」の刑事罰に当たるのではないかという法的追及は、「メルトダウンの隠ぺい」という「マスコミの情緒的反応」の陰にかくれることができた。少なくとも、私はそう解釈してきた。
 さらに6月6日、保安院は、独自の解析結果を発表する。彼らは、東電の主張通り「原子炉水位計は誤った値を示していた」と仮定するとともに、「津波到達後は、非常用復水器は作動を完全に停止した」ということを仮定した。その上で、「11日16時40分ころには、水位は燃料棒の頭頂部に到達し18時ころには炉心損傷がはじまった」と解析結果を発表し、東電の解析より1時間半も早く炉心溶融は起きた可能性が高いと報告した。
 この解析以後、「運転員が計測したデータ自体がまちがっており、実際には原子炉水位は維持できていなかった」という東電の説明を疑う第三者は、私の知る限り現れていない。東電の経営者の不行使の「過失」責任を問う報道についても、同様にまったく目にしていない。
日比野靖氏の証言
 もう一つの反応は、旧知の日比野靖氏からである。
 日比野氏は現在、北陸先端科学技術大学院大学の副学長を務めている。菅総理大臣(当時、以下同)の大学時代の「同志」であって、菅がもっとも信頼を寄せていた友人であった。こうした経緯もあって菅総理は、2011年2月の終わりころ、日比野に内閣官房参与を依頼する。日比野氏は、2011年3月20日より参与に就任して科学技術行政を補佐することを菅に約束していた。
 そこに震災と原発事故が起きた。3月12日、参与就任前だった日比野氏は菅総理に「一友人として」官邸に呼ばれ、3月13日にさまざまな助言を行なった。以下は、日比野氏から届いた私信である
 貴殿の福島原発事故の原因に関するご見解(著者注:前出の日経エレクトロニクスの論文と日経ビジネスオンラインの記事を指している)、まさにその通りだと思っております。
 その中で、1号炉の隔離時復水器、2~3号炉の隔離時冷却系の存在を指摘されておられます。
 実は、小生、縁あって、菅直人元祖総理の、内閣官房参与を3月20日より勤めましたが、それ以前に、事故の翌日3月12日の夜、官邸に呼ばれ、緊迫した状況の中で翌日3月13日昼まで過ごしました。
 そのとき、1号炉は既にベントも海水注入も実行されていたのですが、水素爆発をした後でした。
 菅元総理は、2~3号炉も1号炉を同じ経過をたどるであろうことを直感し、先手を打つことを、東電、保安院、安全委員会に何度も指示していたのですが、これらの専門家たちは、隔離時冷却系が動作しているからという理由で、ベントや海水注入に踏みきりませんでした。
 菅元総理は、隔離時冷却系が動いているからといっても、熱が外部に放出されるわけではないので、温度と圧力は時間をともに上昇するはずだ。早くベントと海水注入をするべきだと強く主張していました。
 小生も、東電、保安院、安全委員会のメンバーに、早くベントと海水注入をして冷却を進めるべきだと思ったので、隔離時冷却系が停止するまで待つ理由を東電、保安院、安全委員会のメンバーに質問しています。
 回答はつぎのようなものでした。
 できるだけ温度と圧力が十分上がってからベントした方が、放出できるエネルギーが大きい。一度しかできないので、最も効果的なタイミングで行う。
 そのときは、小生、熱力学の知識が不十分だったので、納得して引き下がってしまいました。翌3月13日は、3号炉は隔離時冷却系が停止し危機的状況をむかえてしまいました。
 しかし、大学に戻り、少し調べてみると、水は沸点を超えるとき大量の潜熱を吸収するが、それより高温の水蒸気の熱吸収は、水をわずかに超える程度であり、特に臨圧21気圧を超えて水蒸気は、水と同じ性質であるとのことを知りました。
 やはり、早くベントし海水注入をするべきだったのです。2号炉はまだ間に合う。ただちに、菅元総理に電話で進言しています。
 この進言、2号炉の隔離時冷却系停止には間に合いませんでした。
 小生の長い間の疑問は、隔離時復水器、隔離時冷却系が動作している間に、なぜ、ベントと海水注入をしなかったのかということでした。この疑問は、貴殿のご指摘で、完全に解けました。
 東電の「過失」が証明される内容を含む、重要な証言である。 
イノベーション不要という病
 再び問いたい。なぜ東電は、このような事故を引き起こしたのだろうか。直接的には「廃炉による巨大な経済的損失を惜しんだ」ということになるのかもしれない。けれども問題の本質は、重大な局面で、そのような発想に陥ってしまったということであろう。
 その根源は、東電が「イノベーションの要らない会社」だからではないかと思う。熾烈な世界競争の中にあるハイテク企業の場合は、ブレークスルーを成し遂げないかぎり生き抜いていけない。一方、東電は独占企業であって、イノベーションの必要性はほとんどない。
 こうした状況下で人の評価がされるとすれば、その手法は「減点法」にならざるを得ないだろう。「減点法」の世界では、リスク・マネジメントは「想定外のことが起きたときに如何に被害を最小限にとどめるか」という構想力ではなく「リスクに近寄らない能力」ということになってしまいがちだ。その雰囲気が、人から創造力や想像力を奪う。
 人が創造力や想像力を存分に発揮できる組織にするためには、事実上の独占環境をなくして競争環境を導入し、人々が切磋琢磨できるようにすることしかないだろう。東電の場合、発電会社・送電会社・配電会社、そして損害賠償会社に4分割する。そして損害賠償会社は、この原発事故の原因が「技術経営の誤謬」にあったのだということを深く自覚し、みずからの「技術経営」の失敗を国民につけ回しすることなく最後まで、自分で自分の尻を拭く覚悟を持つ。
 その上で、「制御可能」と「制御不能」の境界を経営する最高責任者としてのCSO(Chief Science Officer)を新設する。CSOは、通常存在しているCTO(Chief Technology Officer)のように日々の技術とその改善に責任を負うのではなく、「知」全体の「グランド・デザイン」とそのイノベーションに責任を持つ。
 それが達成されないのであれば、独占企業に原発の経営は無理だ。
 実際、東電の経営者は「海水注入」を拒んだあげく、少なくとも2つの原子炉を「制御不能」にもちこんでしまい、ようやく自分たちが「物理限界」の外にいることを悟って、原発を放置のうえ撤退することを要請した。みずからが当事者ではないという意識で経営していたからだろう。
 さらには、現状の原子力経営システムをそのままにしておくことは罪深い。これは日比野氏の指摘によるものだが、そもそも事故後に保安院が東電などにつくらせた安全対策マニュアルによれば、今でも「隔離時冷却系が止まってからベント開放をし、海水注入をする」というシナリオになっている。これこそ事故に帰結した福島第一原発の措置と、まったく同じ手順であり、何の対策にもなっていない。この期に及んでも廃炉回避を優先しているのである。これでは、ふたたびまったく同じ暴走事故がどこかの原発で起きる。この国の原子力経営システムの闇は深い。
 この原発事故が日本の喉元につきつけたもの。それは、「ブレークスルーしない限り、もはや日本の産業システムは世界に通用しない」という警告ではなかっただろうか。電力産業に限ったことではない。農業にしてもバイオ産業にしても、分野ごとに閉鎖的な村をつくって情報を統制し、規制を固定化して上下関係のネットワークを築きあげる。その上下関係のネットワークが人々を窒息させる。イノベーションを求め、村を越境して分野を越えた水平関係のネットワークをつくろうとする者は、もう村に戻れない。それが日本の病だ。
 しかし、世界はもう、「大企業とその系列」に取って代わって「イノベーターたちによる水平関係のネットワーク統合体」が、産業と雇用の担い手になってしまった。だから、私たちが今なさねばならないことは、村を越えた「回遊」を人々に促すことである。そして分野横断的な課題が立ち現われた時に、その課題の本質を根本から理解し、その課題を解決する「グランド・デザイン構想力」を鍛錬する。そのためには、科学・技術と社会とを共鳴させ、「知の越境」を縦横無尽にしながら課題を解決する新しい学問の構築が必要となる。日本は、この事故をきっかけにして図らずもブレークスルーの機会を与えられた。